現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大平 雄介弁護士

( おおひら ゆうすけ ) 大平 雄介

OLC総合法律事務所

現在営業中 10:00 - 20:00

労働問題

分野を変更する
【無料相談/夜20時まで/365日】解決・相談実績において経験豊富な弁護士が,365日対応,リーズナブルな弁護士報酬にて,依頼者様を全面サポートいたします。
OLC総合法律事務所
OLC総合法律事務所
OLC総合法律事務所

アットホームな雰囲気でお迎えいたします。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

労働問題のお悩みは相談料無料のOLC総合法律事務所にお任せください。
正当な理由なく解雇された,残業代が支給されない等,労働基準法に反する不利益な取り扱いを受けてはいませんか?
泣き寝入りする前にまずはお電話ください。

【強み】
・通訳人と提携しておりますので,外国人の方からのご相談もお受けいたします(英語、中国語、スペイン語等)。
・簡明な案件は迅速に,難解な案件は粘り強く取り組むことで,事案に応じた適切な解決を実現いたします。

【取扱い内容】
不当解雇(雇い止め),残業代請求,労働保全(執行)
 
【解決事例】
・外資系:地位確認等訴訟(地位確認・残業代請求・パワーハラスメント)を提起した事案
・外国人:地位確認請求に加えて残業代請求をした事案
・女 性:違法解雇を請求原因として,損害賠償請求労働審判を申し立てた事案
・管理職:残業代の支払を求めて,労働審判を申し立てた事案

【これまでの依頼者の声】
皆様には「安心して全てをお任せできました」と喜びの声を頂いております。

アクセス
東武東上線成増駅(北口)から徒歩3分
地下鉄成増駅(5番出口)から徒歩4分
有料駐車場有り100円/40分

この分野の法律相談

2週間前に転職しました。 面接時に人間関係は問題のないとの説明でしたが、いざ入ってみると女性従業員8名のうち4人から挨拶されない、仕事をさせない、教えないのにミスばかりを指摘してくる、といった行為を受けています。その他は傍観者で、1番上の立場の方も私と同じく聞こえよがしに悪口をいわれていま...

(ご質問1について) 就業規則等で特段の定めがない場合には、退職の2週間前までに退職の意思を示す必要がありますが、一方で、実際に退職するまでの給料は支払ってもらえます。 つまり、ご質問に対する回答としては「働ける」となります。 (ご質問2について) そもそも労働者には、退職届に退職理由を記載する義務はありませんので、会社から退職理由を求められても無視して結...

大平 雄介弁護士

質問宜しくお願い致します。 内容が複雑なので簡単に流れを書きます。 入社6年目。 入社1年目に会社が行政処分される。 それでも営業所内では不正が続く。 所長に書面で改善を求める質問書。 本社からの返事を待てと説明される。 1ヶ月間連絡なし。 再度所長に質問書。 前回同様に本社からの返事を待...

労働審判申立書の記載ですが、未払賃金につきましては、「申立の趣旨」として申立時点において支払期(給料日)が経過しているにもかかわらず未払の賃金額を記載します。 基本賃金については、付加金の請求は認められませんので、あくまでも割増賃金の未払額に対応した付加金を請求してください。 慰藉料請求が認められるか否かについては、ご質問の記載だけではパワハラの内容が判然と...

大平 雄介弁護士

アルバイトを複数掛け持ちで生計を立てています。その際、契約の会社全てに副業することを告げて働いていましたが、法律で一日8時間労働と定められていると、自主退社に持って行かれようとしています。アルバイト複数掛け持ちの労働時間に関する法律と、某会社の自主退社を促すこのおこないは法律違反にならないか...

労働基準法の建前としては、使用者が労働者に1日8時間を超えて労働をさせた場合には、割増賃金を支払わなければなりません。 複数掛け持ちの場合、8時間を超えた時点で働かせていた使用者に割増賃金の支払義務が発生します。 したがって、会社がmicalin46さんに掛け持ちをして欲しくないという気持ちを持つことは当然といえます。 また、就業規則上、兼業禁止や競業禁止の...

大平 雄介弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
通訳人の必要な方は,日当として1万円(税込11,000円)をご負担いただきます。
着手金 不当解雇:1か月の賃金の50%(着手金については応相談)
未払残業代(賃金):無料
パワハラ等:20万円 (税込22万円)
過 労 死:30万円 (税込33万円)
成功報酬金 (解決の段階による)%は経済的利益に対するもの
不当解雇・雇止め:交 渉10% (税込11%)
         裁 判15% (税込16.5%)

未払残業代・賃金:交  渉20% (税込22%)
         労働審判25% (税込27.5%)
         訴  訟30% (税込33%)
        ※但し最低報酬額20万円(税込22万円)

パワハラ・セクハラ:一律10% (税込11%)

過 労 死:一律8% (税込8.8%)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

会社の違法な時間外労働・解雇処分・パワーハラスメントを徹底糾弾!!

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇
依頼主 40代 女性

相談前

管理職の女性からの相談。
会社は,女性が管理職であることを理由として残業代を全く支給しないばかりか,就業規則の規定に反して試用期間の延長を繰り返し,遂には女性を解雇処分とした事例。

相談後

解雇処分後,直ちに地位確認・割増賃金請求・パワーハラスメントに対する損害賠償請求訴訟を提起。
会社の違法行為を徹底的に糾弾し,女性を復職させたうえで,会社に対し未払賃金・未払割増賃金等の請求額のほぼ全額を解決金として支払わせることで和解成立。

大平 雄介弁護士からのコメント

大平 雄介弁護士

労働者にとって,不当解雇は将来の賃金を得る機会を喪失することに止まらず,人生設計そのものを根本的に否定されることを意味します。したがって,会社による悪質な解雇処分に対しては毅然として立ち向かうべきです。
このケースでは,依頼者の女性が解雇処分を受ける前の段階から当職に法律相談をしていたことから,早期の段階から継続的に助言をすることができました。
労働問題において労働者が早期に行動を起こすことは,会社に勝利するための1つの要素であることを改めて実感した案件でした。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
OLC総合法律事務所
所在地
〒175-0094
東京都 板橋区成増3-1-13 ヴェルデューラ201
最寄り駅
成増(地下鉄成増)駅
受付時間
  • 平日10:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
12:15~13:00は休憩時間です
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川

九州・沖縄

  • 鹿児島

電話で問い合わせ
050-5257-4064

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 20:00

OLC総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-4064

※OLC総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
12:15~13:00は休憩時間です