現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
佐藤 祐介弁護士

( さとう ゆうすけ ) 佐藤 祐介

高円寺法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談料無料】【駅徒歩1分】♦夫婦関係の修復,離婚や不倫の解消まで経験豊富♦まずはお悩みをお聞かせください。お気持ちを整理し最善の解決策をご提案いたします。
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

~離婚・男女問題は感情面の要素も多いため,お一人で悩まずにご相談ください~

△▼当事務所について△▼
--------------------------------------
【1】離婚・男女問題について取り扱い多数,引き出しが豊富です
【2】時間を確保してじっくりご相談内容をお聞きします
【3】事件の最初から最後まで同じ弁護士が一貫して対応します

△▼こんなお悩みありませんか?▼△
--------------------------------------
 ・離婚に迷っており気持ちを整理したい
 ・離婚したい(したくない)が相手が話に応じてくれない
 ・離婚条件で折り合いがつかない
 ・離婚後子供のことでもめている
 ・不倫相手に慰謝料請求したい(されている)
 ・不倫相手が交際解消に応じてくれない

 ※当日のご相談,夜間・土日祝日のご相談もお気軽にご相談ください

△▼費用について▼△
--------------------------------------
 ・初回相談料は無料となります。
 ・着手金や成功報酬については,ご相談後,お見積もりを差し上げます

△▼ご相談の流れ▼△
--------------------------------------
 ①お電話又は「メールで問い合わせ」
 ②日程調整のあと法律相談
 ③方針や見積もりをご提案
 ④ご依頼いただければ契約書作成
 ⑤着手金お支払い
 ⑥弁護活動開始

△▼最後に▼△
--------------------------------------
最後までお読みくださり,ありがとうございます。
このページを読んでくださっている方は,何かしらのモヤモヤを持ち,それを少しでも解消できたらと悩んでいらっしゃると思います。
ただ,その気持ちを整理できず,どのように動いたらよいか分からない方も多いはずです。プロとして,それらの点を整理し,取れる選択肢やそれらのメリット・デメリットをご提案させていただきます。

※なお,新型コロナウイルス影響下における当事務所の対応は以下の通りです。
https://koenji-law.jp/blog/2020/06/09/新型コロナウイルス影響下における当事務所の対/

この分野の法律相談

夫にもう帰ってくるな!と言われたから別居したとなると悪意の遺棄にはなりませんよね? 喧嘩のたびに離婚だ!出ていけ!帰ってくるな!などと言われて精神的に疲れました。 夫の性格的に私から実際に別居しようと言えばイヤだ!と言うと思うので、合意の上で別居するのは不可能だと思います。 でも喧嘩のた...

以下回答させていただきます。 相談者様の仰るご事情のもとであれば,別居しても悪意の遺棄とは見なされないと思います。

佐藤 祐介弁護士

婚姻期間5年半。子供2人の場合は別居期間が何年で離婚できるようになりますか? 別居理由は性格の不一致。モラハラです。

以下,回答させていただきます。 離婚が認められる別居期間の相場は3年から5年です。 そこに,相談者様のおっしゃる,性格の不一致やモラハラが立証できれば,上記相場よりも短い別居で離婚が認められることもあります。

佐藤 祐介弁護士

妻からモラハラに関して精神科の医師によるうつ病の診断書などで離婚を求められております。 その際に、妻の職場で揉め事があったようで、妻の同僚からその件に巻き込まれた妻が悩んでいたという証言をSNSから得ております。 その証言はモラハラによるうつ病を否定する材料になるでしょうか? 宜しくお願...

以下,回答させていただきます。 > その際に、妻の職場で揉め事があったようで、妻の同僚からその件に巻き込まれた妻が悩んでいたという証言をSNSから得ております。 > その証言はモラハラによるうつ病を否定する材料になるでしょうか? そのSNSの内容から証明できるのは,あくまでも,「奥様の職場でもめ事があり,奥様がその件に巻き込まれて悩んでいた」...

佐藤 祐介弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料です。
着手金 事件着手時にいただく費用です。
  22万円~(税込)
報酬金 事件終了時にいただく費用です。
  22万円~(税込)
備考欄 具体的な費用はご相談後にお見積りいたします。
また,その内容は経済事情等のご相談に応じます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚に伴う財産分与において,夫からの当初提案額より,およそ3000万円の増額に成功した事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
依頼主 50代 女性

相談前

夫から離婚を求められました。言い分を聞くと,不倫相手と再婚したいとのこと。離婚自体は受け入れようと思っているのですが,夫から出された離婚条件が納得いきません。確かに夫には住宅ローンがありますが,それを考慮しても,分けられる財産があるのではないでしょうか。また,慰謝料は考慮することはできないのでしょうか。離婚後の経済不安を考えると,離婚に応じるかどうか悩んでいます。

相談後

弁護士に交渉を依頼しました。夫に対して財産開示や慰謝料の請求などを行ってもらい,結果,当初提案の離婚条件より,およそ3000万円の増額することができました。おかげで経済的な不安を解消することができ,離婚に踏み切ることができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

旦那様は会社を経営しているという事情がありました。そのため,旦那様に対して,会社の決算書の提供を求めました。そうしたところ,株式やその他財産分与の対象となる財産が判明しました。また,旦那様は他の女性と不貞関係にありましたので,慰謝料の請求やその他解決金の請求を行いました。その結果,トータルとして旦那様の当初提案額よりも,およそ3000万円の増額請求を行うことができ,旦那様も早期離婚を希望していたということも相まって,このような内容で離婚を成立させることができました。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫による子供の連れ去りを受け,裁判所から,妻を監護権者とし,子供を妻へ連れ戻す判断を獲得した事例

  • 親権
  • 別居
依頼主 30代 女性

相談前

夫が子供を連れて家を出ていってしまいました。夫側に子供との面会を求めても応じてもらえません。一刻も早く子供を連れ戻したいです。

相談後

弁護士に依頼し,裁判所へ,子供を直ちに返すよう夫に対して求める申立てをしてもらいました。審理の結果,裁判所は,夫に対し,監護権者を私とし,子供をこちらへ返すよう命じる判断をしてくれました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

お子様が連れ去られてしまった状態を維持してしまうと,裁判所は,その状態(旦那様の元に子供がいる状況)を維持する判断をしてしまう可能性があります。そのため,裁判所へ迅速に申し立てを行う必要がありました。本件は,裁判所に対し,迅速に申立を行うだけでなく,奥様のこれまでの監護実績を根拠とともに主張することで,上記判断を獲得することができました。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

離婚・男女問題の解決事例 3

既婚男性が不倫相手との別れることができず,弁護士を介することで無事に交際解消をすることができた事例

  • 不倫・浮気
依頼主 40代 男性

相談前

私には家庭がありますが,数年前より不倫関係にある女性がいます。ですが,最近,その女性から結婚を迫られたため,別れを告げたところ,女性が激昂し,不倫関係を私の妻や私の職場に言うと主張したり,私の自宅や職場に訪問すると言っています。

相談後

弁護士に,相手の女性と交渉してもらい,交際解消に関する合意書を取り交わして関係を解消することができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

こういったケースでは,男性の方が女性に対し,交際解消の意思を告げているつもりでも,相手の女性に伝わっていない可能性もあります。そのため,もう交際を継続する意思がないという男性の意思を,女性に対し明確に伝える必要がありました。また,相手の女性には,ご自身の言動には法的問題があることを指摘しました。更に,相手の女性の話に耳を傾け,気持ちを整理していただきました。このようなやり取りのすえ,合意書を作成して交際を解消することができました。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

離婚・男女問題の解決事例 4

別居後,滞っていた面会交流を実現した事例

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

別居後,子との面会交流ができていません。妻からは色々な理由を言われ,子に会わせることを拒否されています。ですが,私は子に暴力等を振るったことは無く,同居中,子との関係は問題ありませんでした。私は子と面会することはできるのでしょうか。

相談後

弁護士に依頼をし,調停の申し立てを行いました。そして,調停の話し合いの後,月1回の他,子が長期休みの際はもう1回の面会交流を実施,という形で和解が成立し,面会交流を実現することができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

調停を申し立て,第三者を交えて話し合いをすることで,冷静なやり取りをすることができました。相手方である奥様の面会交流に対する考え方を知ることで,解決の糸口を見つけ,試行面接(試験的に面会交流を行うことです。)を何度か実施した後,上記面会交流を実現することができました。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

離婚・男女問題の解決事例 5

離婚後,面会交流のルールを明確化した事例

  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

離婚時,面会交流のルールを特に決めませんでした。その後,元妻が面会交流を頻繁に求めるようになり,夜の遅い時間まで面会をするなど,必ずしも子にとって良い影響ばかりではなくなってきたように思います。面会交流のルールを明確化できないでしょうか。

相談後

弁護士に依頼をしました。話し合いでの解決は難しかったので,調停を申し立てましたが,そこで毎月1回7時間の他,学校行事に参加を認める,といったルールを決めることができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

調停を利用することで冷静な話し合いをすることができました。相手方である元奥様の希望を踏まえつつ,粘り強く交渉をし,当初ルールを明確化することに抵抗していた元奥様も上記内容を受け入れてくれることとなりました。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

離婚・男女問題の解決事例 6

一方配偶者からの婚姻費用請求について,諸般の事情を考慮することで,当初請求額から減額に成功した事例

  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 40代 男性

相談前

別居後,妻から婚姻費用の請求がなされました。私は支払いは応じるつもりです。ただ,妻は,私が住宅ローンを支払っている家に住んでおり,また,就業可能で収入が見込めます。私の方も,今年はボーナスが良かったですが,安定しない状況です。このような事情があるため,算定表どおりの妻の請求は高いと感じます。

相談後

弁護士に依頼をしました。最終的には調停となりましたが,上記事情を踏まえた主張を行い,算定表を単純に当てはめるだけでなく,現状に即した適正額で和解をすることができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

婚姻費用の算出において,算定表通りにならないケースも少なくありません。本件も裁判所の考えに照らすと,算定表からシンプルに算出できる事案ではありませんでした。そのため,調停で当事者の事情を説明することで,実態に即した形で婚姻費用を決めることができました。

離婚・男女問題の解決事例 7

不貞相手の配偶者からの慰謝料請求に対し,減額に成功した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

既婚者の女性と交際していましたが,交際事実がその女性の配偶者の方にばれ,慰謝料請求をされました。たしかに,その女性と配偶者の方は後に離婚していますので,私としても責任を感じています。ですが,元配偶者の方からの請求額を全額支払う必要はあるのでしょうか。

相談後

本件は既に訴訟になっており,弁護士に訴訟対応を依頼しました。そして,結果として,もともとの請求額より数百万減額した額で和解することができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

裁判において,こちらの主張を裏付ける証拠を提出することができました。それにより,裁判所には,相手方の夫婦は不貞行為の前から破綻に近い状態にあったという心証を与えることができました。これが減額につながったと考えられます。

※上記事例は個人の方が特定出来ないよう,事情を一部変更するなどしております。

労働問題

分野を変更する
【駅徒歩1分】【労働者側・使用者側 双方対応可】◆労務は労使共に重要な問題です◆まずはお気軽にご相談ください◆
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

~働き方改革等,労働に対する意識が変化しています。依頼者のニーズに合わせたサポート・解決を目指します~

△▼当事務所について△▼
--------------------------------------
【1】労働者側・使用者側の経験を生かして対応します
【2】時間を確保してじっくりご相談内容をお聞きします
【3】事件の最初から最後まで同じ弁護士が一貫して対応します

△▼こんなお悩みありませんか?▼△
--------------------------------------

※労使双方の案件を取り扱っています。

 ・残業代を請求したい(請求された)
 ・解雇された(したい)
 ・問題社員に対し,どのように対応したらよいか分からない
 ・ハラスメントに対し,どのように対応したらよいか分からない
 ・職場に労基署がきたが,どうしたらよいか
 
 ※当日のご相談,夜間・土日祝日のご相談もお気軽にご相談ください

△▼費用について▼△
--------------------------------------
 ・相談料は,30分ごとに5500円(税込)となります
 ・着手金や成功報酬については,ご相談後,お見積もりを差し上げます

△▼ご相談の流れ▼△
--------------------------------------
 ①お電話又は「メールで問い合わせ」
 ②日程調整のあと法律相談
 ③方針や見積もりをご提案
 ④ご依頼いただければ契約書作成
 ⑤着手金お支払い
 ⑥弁護活動開始

△▼最後に▼△
--------------------------------------
最後までお読みくださり,ありがとうございます。
労働問題は,労使共に重要な問題です。
労働者側とすれば,日々の生活に直結するため直ちに解決したいが,一人で対応するには煩雑で,多くの負担がかかります。
また,使用者側とすれば,最近の労働に関する意識の変化により,様々な対応を迫られるケースが増えるとともに,問題が深刻化しないうちに早期に解決することが求められます。
当事務所は,このような双方の立場のニーズに合わせたサポート・解決を目指します。
まずは,お気軽にご相談ください。

※なお,新型コロナウイルス影響下における当事務所の対応は以下の通りです。
https://koenji-law.jp/blog/2020/06/09/新型コロナウイルス影響下における当事務所の対/

この分野の法律相談

お世話になります。 現在、フリーランスのシステムエンジニアとして、仕事をさせて頂いております。 お陰様で、一人の手では仕事がすべて回らなくなってきたので、仕事の一部をアウトソーシングしたいと思っております。 今まではアウトソーシングを代行してくれるサービスなどを使っていたのですが、知り合...

以下,回答させていただきます。 > 1. フリーランスから法人に仕事を依頼する場合も契約書を交わした方がよろしいでしょうか? 契約書作成の目的は,約束内容を明確にして後のトラブルを防止することと,後にトラブルになった際の指針を明らかにすることにあるので,ご質問のケースでも作成したほうがよろしいかと思います。 > 2. また、交わす場合は法人...

佐藤 祐介弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに5,500円(税込)
着手金 事件着手時にいただく費用です。
  22万円~(税込)
報酬金 事件終了時にいただく費用です。
  22万円~(税込)
備考欄 具体的な費用はご相談後にお見積りいたします。
また,その内容は経済事情等のご相談に応じます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

労働審判において退職金の支払いが認められた事例

依頼主 40代 男性

相談前

ある会社を退職しましたが,会社が退職金を支払ってくれません。会社の担当者とやり取りをしましたが,埒が明かなかったため弁護士に相談しました。

相談後

労働審判を申し立て,ほぼ全額の請求が認容されました。会社も裁判所の判断を受け,支払ってくれました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

就業規則等の資料を精査し,裁判所へ提出することで,退職金が発生していることを立証することができました。
また,労働審判を選択することで早期解決につなげることができました。

労働問題の解決事例 2

労働者からの残業代請求を減額した事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 女性

相談前

会社を経営している者ですが,辞めた従業員から内容証明がとどき,残業代の請求がなされました。私は業務に追われ,対応することが難しいため,弁護士に相談しました。

相談後

弁護士に交渉を依頼しました。そして,最終的には労働審判において,向こうの請求額を減額することができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

本件は,依頼者の方が一定の残業代を負担することは致し方ない状況だったのですが,その金額が客観的な証拠に照らして妥当なものではありませんでした。労働審判においてその点を指摘し,相談者の方の納得できる金額で和解をすることができました。

労働問題の解決事例 3

従業員からのセクハラ申告に対する対応

  • パワハラ・セクハラ
依頼主 30代 男性

相談前

従業員から,別な従業員からセクハラを受けたとの相談を受けました。会社としては,どのように対応・判断して良いか分からずに相談をしました。

相談後

弁護士に対応していただき,公平な対応をすることができました。また,私たちも弁護士に任せることで,本来の業務に集中することができました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

弁護士が,当事者双方から事情を聴き,事実認定をしたうえで,会社が下すべき判断についてアドバイスを行いました。

労働問題の解決事例 4

問題社員の解雇に対するアドバイス

依頼主 40代 男性

相談前

私の会社には,協調性がなく,業務の指示にも従ってくれない,いわゆる問題社員がいます。この社員を解雇するため,その方法を弁護士に相談しました。

相談後

現段階で解雇することが難しいこと,そして解雇した場合のリスクを教えてもらいました。それだけでなく,今後会社がとるべき対応方針も知ることができましたので,迷いが解消されました。

佐藤 祐介弁護士からのコメント

佐藤 祐介弁護士

お聞きした事情からでは,解雇は早急な事案でした。そのため,今解雇した場合の法的リスクをご理解いただき,今後の取るべき対応について,具体的なアドバイスを行いました。

遺産相続

分野を変更する
【駅徒歩1分】♦遺言の作成や遺産分割協議,遺留分の減殺等,幅広く対応◆感情の対立が生じやすい分野だからこそ専門家をご利用ください
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所
高円寺法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

~相続は,財産を引き継ぐだけではなく,想いも引き継ぐもの。だからこそ丁寧にサポートいたします~

△▼当事務所について△▼
--------------------------------------
【1】法的観点だけでなく,士業間で連携し,保険や税務もサポートします
【2】時間を確保してじっくりご相談内容をお聞きします
【3】事件の最初から最後まで同じ弁護士が一貫して対応します

△▼こんなお悩みありませんか?▼△
--------------------------------------
 ・保険や税務のことなどもあり,誰に相談していいか悩んでいる
 ・遺言を作りたいが,どのように作るか悩んでいる。
 ・遺言がでてきたが,その内容に納得できず,モヤモヤしている。
 ・相続人間で遺産分割の話し合いがまとまらずに困っている。
 ・終活(ご相談者様が亡くなれられた後の細やかな手当て)を考えたい
 ・会社を経営しているが,子供にどのように事業を承継したらいいか分からない。

 ※当日のご相談,夜間・土日祝日のご相談もお気軽にご相談ください

△▼費用について▼△
--------------------------------------
 ・相談料は,30分ごとに5500円(税込)となります。
 ・着手金や成功報酬については,ご相談後,お見積もりを差し上げます

△▼ご相談の流れ▼△
--------------------------------------
①お電話又は「メールで問い合わせ」
②日程調整のあと法律相談
③方針や見積もりをご提案
④ご依頼いただければ契約書作成
⑤着手金お支払い
➅弁護活動開始

△▼最後に▼△
--------------------------------------
最後までお読みくださり,ありがとうございます。
遺産相続に関する分野は,人と人の感情が対立しやすいと感じます(もしくは,将来そのように発展する可能性が高いと感じます)。
そのような絡まりあった紛争の糸をほぐすには,依頼者の方のお話をしっかりとお聞きし,その方のお気持ちはもちろんですが,時には周囲の関係者の方の気持ちをも考える必要があります。
私は,これまでに離婚・男女問題を多く取り扱い,その中で,多くの方々の感情を踏まえた解決策を模索してきました。このような経験がこの遺産相続の分野でも活かすことができると考えています。
まずは,お気軽にご相談いただければと思います。

※なお,新型コロナウイルス影響下における当事務所の対応は以下の通りです。
https://koenji-law.jp/blog/2020/06/09/新型コロナウイルス影響下における当事務所の対/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
遺言書作成費用 ・11万円~
※税込
遺産分割協議 ・着手金 22万円~
・報酬金 22万円~
※いずれも税込
備考欄 上記料金はあくまでも一般的な目安となります。具体的な金額はご相談後にお見積りさせていただくと共に,ご相談内容に応じて柔軟に対応させていただきますので,お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
高円寺法律事務所
所在地
〒166-0002
東京都 杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビル501
最寄り駅
JR高円寺駅北口から徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
当事務所の電話受付時間
平日:9時から18時
※メールフォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。
※ご相談に応じて,夜間・休日もご対応可能ですので,まずはご連絡ください。
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 医療
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5347-1799

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

佐藤 祐介弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5347-1799
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
当事務所の電話受付時間
平日:9時から18時
※メールフォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。
※ご相談に応じて,夜間・休日もご対応可能ですので,まずはご連絡ください。
交通アクセス
駐車場近く