現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
長島 充明弁護士

( ながしま みつあき ) 長島 充明

弁護士法人長島法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【相続のご相談多数】【大森駅徒歩2分】【弁護士歴30年以上】【1500件以上の実績と信頼】相続問題や家族信託/遺言書作成/遺産分割調停/遺留分減殺請求などお気軽にご相談下さい。
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 分割払いあり

ご相談者様との信頼関係を構築することを「基本」と考えております。
完全個室でのご相談が可能ですので、安心してご相談いただけます。
◎ご家族間のもめごとに困っている方
◎相続の手続きの進め方が分からない方
◎遺言書の作成を考えている方
などから、相続や遺言・家族信託のご相談がとても多く寄せられております。

まだ考えるには早いと思っていても、先々の事を考えておくことは重要なことです。
残されるご家族のことも考えて、問題が起きないようにするための準備をお手伝いいたします。

===========================================================
法律の事で困っているが、
「相談したことがないのでどうすればいいかわからない」
「どのように相談すればよいのかわからない」
など、なかなか相談できずに困っていらっしゃる方、相談のみで解決することもあります。
まずは、ご相談ください。
------------------------------------------
<ご相談の流れ>
詳しくは、当事務所HPをご覧ください。
https://www.lawyer-m-n.com/

===========================================================

■これまでのご相談者様からは、
「話をしっかりと聞いてくれる」
「説明が丁寧でわかりやすい」
「柔軟に対応してくれる」
等のお声を頂戴しております。
あなたのお気持ちをしっかりとお聞きして、ご要望を叶えられるよう誠心誠意尽力いたします。

■このようなお悩みがあれば、経験豊富な弁護士にぜひご相談ください。
「遺産分割の話し合いがまとまらない・・・」
「そろそろ遺言書を作成したいと思うのですが、よく分からない」
「相続の手続きが必要なのですが、何から始めたらいいのか分からない」
「どんな遺産があるのか、関係者が多すぎて分からない」
「遺産分割調停を申し立てられてしまった」
「遺言書の内容に疑問があるのですが、どうにもならないのでしょうか?」
「認知症になる前に自分の思うように自分の資産・会社を特定の家族に継がせたい」(家族信託)

■【出張相談】も行います。
下記の注意項目を満たす場合は、弁護士がご自宅、病院、施設などにお伺いして、法律相談をいたします。ご希望の方はお申し出ください。
【出張相談のご注意】
・来所が困難な方
・お伺いする場所が大田区、品川区内
・ご相談内容が弁護士に相談することが相当であると判断できる場合
※出張相談は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただいております。

■選択できるお支払方法
・分割支払い可能

■アクセス
・JR大森駅から徒歩2分です。
・駐車場は事務所向かいのラズ大森(商業ビル)にあります。駐車料金はご負担願います。
・全国出張可能

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税込)
1時間10,000円(税込)

※※出張相談の場合は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただきます。
着手金/報酬金 下記「旧弁護士報酬基準」に準じます。

<旧弁護士報酬基準>
経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円


※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
内容証明郵便作成料 基本料 3万円
公正証書遺言作成 基本料15万円と資産の額に応じた加算額
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

不動産の評価と遺留分侵害

相談前

父が亡くなり公正証書遺言があることがわかり、その遺言に従うと、兄は実家の不動産(相続税評価額約5000万円)と預貯金約1000万円、私は預貯金約2000万円を取得することになります。兄は父の遺言が私の遺留分(遺産総額の4分の1=2000万円)を侵害していないから、この内容で遺産分割協議書を作成することを求めてきました。私としてはどう対応したらよいでしょうか。

相談後

遺留分の算定に際しては、不動産の評価が必要ですが、不動産の評価は『時価』で行ないます。
『時価』とは、相続税評価に使われる土地の路線価や建物の固定資産税評価額ではなく、公示価格や不動産業者の査定する実勢価格が『時価』に近いというのが通例です。
 
したがって、実家の不動産を時価評価して5000万円以上の評価となり、遺産総額の4分の1が2000万円以上の金額になれば、あなたの場合、遺留分を侵害されたことが認められます(例えば、実家の不動産の時価が8000万円とした場合は、遺留分は遺産総額の4分の1=2750万円であり、あなたは遺言書では2000万円の取得しか認められてないので、不足の750万円について兄に請求が可能です)。
そこで、兄との話し合いが困難であれば、家庭裁判所に遺留分侵害の調停を申し立てることになります。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

相続や遺言のご相談はとても多く、様々なご相談が寄せられています。
ご家族間のもめごとに困っている方、相続の手続きの進め方がわからない方、遺言書の作成を考えている方、お気軽にご相談ください。
まだ考えるには早い、と思っていても先々のことを考えておくことは重要なことです。残されるご家族のことも考えて、問題が起きないよう配慮しましょう。

遺産相続の解決事例 2

法定相続人が多数の甥姪である場合の相続手続

相談前

伯父伯母に子供がおらず兄弟も全員亡くなっており、法定相続人が兄弟姉妹の子ばかり10人以上いますが、不動産や相当額の預貯金があります。どのように遺産分割したらよいでしょうか。

相談後

まず、このような場合、相続人を確定するために弁護士に戸籍調査を依頼して、相続人を確定させるのがスタートです。
相続人が確定した段階で、法定相続分に応じて遺産を分配することを全相続人に提案すれば、通常の場合は円滑にその後の相続財産の分割ができますが、一部の相続人が独断で動いているように思われないように第三者の弁護士に手続きを依頼するのが賢明です。
この場合の弁護士費用などは、換価した相続財産から支払われますので、弁護士に依頼しても個人的な持ち出しは通常の場合はありません。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

相続や遺言のご相談はとても多く、様々なご相談が寄せられています。
ご家族間のもめごとに困っている方、相続の手続きの進め方がわからない方、遺言書の作成を考えている方、お気軽にご相談ください。
まだ考えるには早い、と思っていても先々のことを考えておくことは重要なことです。残されるご家族のことも考えて、問題が起きないよう配慮しましょう。

遺産相続の解決事例 3

亡くなった母の遺言と遺留分

相談前

母が亡くなり(父は20年前に他界)、長女の私と弟の2名が相続人ですが、母は全ての財産を弟に相続させるという公正証書遺言を作成していました。私はどうしたら母の財産を相続できるでしょうか?

相談後

お母さんが遺言によっても自由に処分できない財産(遺留分)があなたには認められます(具体的遺留分は、子が相続人の場合、相続財産の2分の1に法定相続分【本件では2分の1】を乗じた割合)。
但し、遺留分を認めさせるには、遺留分権を行使する意思表示を相続開始及び遺言等を知ったときから1年以内に配達証明付内容証明郵便等で(後の訴訟等で証拠とするため)、行う必要があります。相続人の遺留分を侵害する遺言等があることを知って放置すると、相続することができなくなります。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

相続や遺言のご相談はとても多く、様々なご相談が寄せられています。
ご家族間のもめごとに困っている方、相続の手続きの進め方がわからない方、遺言書の作成を考えている方、お気軽にご相談ください。
まだ考えるには早い、と思っていても先々のことを考えておくことは重要なことです。残されるご家族のことも考えて、問題が起きないよう配慮しましょう。

不動産・建築

分野を変更する
【不動産のご相談多数】【大森駅徒歩2分】【弁護士歴30年以上】【1500件以上の高い実績と信頼】借地権、建物賃貸借・共有不動産などの問題にご対応します。
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 分割払いあり

不動産・建築問題はお任せください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士になって30年、数多くの様々な事件のサポートを行ってまいりました。
”何がご依頼者様によって最良の解決策なのか”を一番に考え、判例や実際に経験した事件の内容をもとに、多角的な視点からサポートすることが可能です。

長年弁護士をしてきたからこそできる、「質の高いリーガルサービス」をご提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

よくあるご相談
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記のようなご相談を多くいただいております。

『隣地との境界が確定できずにもめてしまっている。どうすれば解決できるのか。』(境界確定手続き)
『賃貸人が家賃を滞納しているので、建物を明け渡して欲しい。』(建物明渡訴訟)

詳しくは、当事務所HPをご覧ください。

https://www.lawyer-m-n.com/

===========================================================

■【出張相談】も行います。
下記の注意項目を満たす場合は、弁護士がご自宅、病院、施設などにお伺いして、法律相談をいたします。ご希望の方はお申し出ください。

【出張相談のご注意】
・来所が困難な方
・お伺いする場所が大田区、品川区内
・ご相談内容が弁護士に相談することが相当であると判断できる場合
※出張相談は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただいております。

===========================================================

■選択できるお支払方法
・分割支払い可能

■アクセス
・JR大森駅から徒歩2分です。
・駐車場は事務所向かいのラズ大森(商業ビル)にあります。駐車料金はご負担願います。
・全国出張可能

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税込)
1時間10,000円(税込)


※出張相談の場合は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただきます。
着手金/報酬金 下記「旧弁護士報酬基準」に準じます。

<旧弁護士報酬基準>
経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円


※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
内容証明郵便作成料 基本料 3万円
顧問料 法人及び個人を問わず、月額2万円以上
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(3件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

親が居住していた土地借地権売買

相談前

親が借地契約で土地を借りて居住していましたが、いずれ相続する借地について地主に買い取ってもらうか、又は、第三者に処分して買い取ってもらうことはできますか?

相談後

例えば、親が介護施設に入所するなどして既に居住していない借地と建物について、地主さんとの交渉で地主さんが買い取りをしてくれる場合もありますが、買い取りを拒否される地主さんの場合には、買い取りをしてくれる第三者(不動産業者等)に譲渡することについて、地主さんの承諾を求めることになります。
但し、承諾をしてくれない地主さんの場合には、裁判所に対して地主さんの承諾に代わる許可申請を行い、裁判所の定める承諾料の支払いと引き換えに裁判所の許可が出ますので、最終的に借地権の売買は可能です。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

借地契約は、法的問題が多く、小さな食い違いから大きなトラブルへ発展してしまうことも珍しくありません。地主さんとの交渉に不安があればご相談ください。

不動産・建築の解決事例 2

共有物分割―請求される場合

相談前

兄弟、親類と共有の不動産に居住しており、共有持分の買取りまたは不動産売却換価を求められていますがどうしたらよいですか?

相談後

他の共有者の持分全部の買い取りが困難な場合、現物分割が可能であれば、まず現物分割を求めた上で、自分の持分を超える部分を買い受ける方法を検討されてはいかがでしょうか。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

共有不動産は、法的問題が多く、相互の思惑から大きなトラブルへ発展してしまうことも珍しくありません。不安があればご相談ください。

不動産・建築の解決事例 3

不仲な兄弟が共有する不動産の売却

相談前

兄弟仲の悪い複数の兄弟が、親から相続した共有不動産を売却するにはどうしたらよいですか?

相談後

裏取引の懸念があるとか、相互の疑心暗鬼から不動産業者のみでは共有者間の売却に向けた意見の調整ができない場合には、それぞれが弁護士に売買代理を依頼する方法がベストです。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

共有不動産は、いづれも法的問題が多く、親族間の感情から大きなトラブルへ発展してしまうことも珍しくありません。他の親族との交渉に不安があればご相談ください。

借金・債務整理

分野を変更する
【債務整理のご相談多数】【大森駅徒歩2分】【弁護士歴30年以上】【1500件以上の高い実績と信頼】借金のお悩みを一人で抱えず、ぜひ弁護士へご相談ください。
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所
弁護士法人長島法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 分割払いあり

借金・債務整理はお任せください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士になって30年、数多くの様々な事件のサポートを行ってまいりました。
”何がご依頼者様によって最良の解決策なのか”を一番に考え、判例や実際に経験した事件の内容をもとに、多角的な視点からサポートすることが可能です。

長年弁護士をしてきたからこそできる、「質の高いリーガルサービス」をご提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

よくあるご相談
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記のようなご相談を多くいただいております。

『債権者から督促がきているが支払えない。』(分割弁済交渉)
『支払いはしているが元金がなかなか減らない。』(任意整理)
『会社に知られないように自己破産したい。』(自己破産)
『過去に支払った過払い金があるのか調べたい。』(過払金返還請求)
『自宅を手放さずに借金を整理する方法はあるか。』(民事再生手続)

詳しくは、当事務所HPをご覧ください。

https://www.lawyer-m-n.com/

に関するご相談を重点的にお受けしております。もちろん上記以外のご相談も幅広くお受けしておりますので、お問い合わせください。

===========================================================

■【出張相談】も行います。
下記の注意項目を満たす場合は、弁護士がご自宅、病院、施設などにお伺いして、法律相談をいたします。ご希望の方はお申し出ください。

【出張相談のご注意】
・来所が困難な方
・お伺いする場所が大田区、品川区内
・ご相談内容が弁護士に相談することが相当であると判断できる場合
※出張相談は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただいております。

===========================================================

■選択できるお支払方法
・分割支払い可能

■アクセス
・JR大森駅から徒歩2分です。
・駐車場は事務所向かいのラズ大森(商業ビル)にあります。駐車料金はご負担願います。
・全国出張可能

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税込)
1時間10,000円(税込)

※出張相談の場合は、法律相談料以外に、出張費用として1万円(税込)をいただきます。
着手金 ●多重債務者の任意整理のケース
3万円×債権者数(最低5万円)
報酬金 ●多重債務者の任意整理のケース
債権者について3万円に下記金額を加算した金額
・債権者主張額と和解金額との差額の10%相当額(減額報酬金)
・過払金返還を受けたときは返還額の25%相当額(過払金報酬金)
内容証明郵便作成料 基本料 3万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(2件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

債務整理のための不動産売却(任意売却)

相談前

借金の返済のため不動産を処分して返済に充当したいのですが、不動産の処分のためには賃借人の明け渡しが必要です。どうしたらよいでしょうか?

相談後

賃借人との賃貸借を終了させる交渉を弁護士に依頼して、併せて不動産処分のため、債権者との交渉も依頼されるとよいと思います。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

『債権者から督促がきているが支払えない。』(分割弁済交渉)
『支払いはしているが元金がなかなか減らない。』(任意整理)
『会社に知られないように自己破産したい。』(自己破産)
『過去に支払った過払い金があるのか調べたい。』(過払金返還請求)
『自宅を手放さずに借金を整理する方法はあるか。』(民事再生手続)

様々なご相談をお受けしています。ぜひお気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

消費者金融への過払い金の返還請求

相談前

長年、消費者金融と取引があり金利分をたくさん支払っています。
過払い金が発生していると思うのですがどうしたらよいですか?

相談後

弁護士に依頼して、取引のあった消費者金融から取引履歴の開示を受けて、過払いが発生しているか否か、計算してもらうのが出発点です。

長島 充明弁護士からのコメント

長島 充明弁護士

『債権者から督促がきているが支払えない。』(分割弁済交渉)
『支払いはしているが元金がなかなか減らない。』(任意整理)
『会社に知られないように自己破産したい。』(自己破産)
『過去に支払った過払い金があるのか調べたい。』(過払金返還請求)
『自宅を手放さずに借金を整理する方法はあるか。』(民事再生手続)

様々なご相談をお受けしています。ぜひお気軽にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人長島法律事務所
所在地
〒143-0016
東京都 大田区大森北1-9-3 シルク大森ビル4階・5階
最寄り駅
大森駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5355-5589

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

長島 充明弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-5589

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談