現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
甲野 裕大弁護士

( こうの ゆうだい ) 甲野 裕大

弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間・土日も対応】【複数弁護士のチーム体制】経験豊富な離婚チームが解決後の未来も見据えて、ご依頼者様にとって最良の解決となるようサポートします!ご相談者様ひとりひとりにあったサポートプランをご用意しております!
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 東京・新宿エリアでの離婚に関する実績多数!

現在、離婚分野のマネージャーとして、新宿区を中心に東京エリアからの離婚に関するご相談を数多く担当させていただいております。
離婚には、婚姻関係の解消だけではなく、婚姻費用・財産分与・慰謝料・養育費・親権などさまざまな問題があります。おひとりで悩みを抱え込まずに、ぜひご相談ください。
当事務所では、豊富な経験と実績を有する弁護士が、専任チームを組んで対応にあたり、様々な視点からの検討を重ねますので、安心してご相談ください。

■ 初回相談60分無料/ひとりひとりにあったサポートプランをご用意しております!

離婚・男女問題について初回のご相談(60分まで)が無料です。ご状況に合わせて最良のアドバイスを丁寧に分かりやすくお話しいたします。
※正確な問題把握と的確なご提案ができるよう、お電話でのご相談は行っておりませんので、予めご了承ください。

ご要望に合わせた様々なサポートプランをご用意しております。
【離婚交渉・調停プラン】
【離婚交渉プラン】
【不倫相手への慰謝料請求プラン】
【認知/養育費 交渉・認知調停プラン】
【子の引渡しと監護者の指定の審判に関するプラン】
【バックアップセットプラン】
【公正証書作成プラン】
【バックアッププラン】
【アフターサポートプラン】

料金は、初回相談時にわかりやすくご説明いたします。詳細は、HPをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/

■ よくあるご相談内容

  • 配偶者と話し合ってもまとまらないので、弁護士にお願いしたい
  • 子どもの親権や養育費について取り決めたい
  • 配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したい
  • 配偶者からの暴力やモラハラがひどいため、直接話し合いができない
  • 離婚が成立するまでの生活費を請求したい

■ Authense法律事務所の特徴

多くの離婚問題を取り扱った経験豊富な弁護士チームが、ご依頼者様の気持ちに寄り添って対応いたします。単に離婚することを目的とするのではなく、離婚後の新生活も見据え、ご依頼者様にとってベストな解決方法をご提案します。
また、ワンストップ型のリーガルサービスを実現すべく、提携の探偵事務所やカウンセラーのご紹介も行っております。スムーズな解決を目指すとともに、これからの生活を支援いたします。

弁護士業界でも数少ないといわれる女性弁護士が数多く所属していることも当事務所の特長のひとつです。
「女性の方が話しやすい」など、ご希望がある場合は女性弁護士が担当いたします。
初回の面談予約時にお気軽にご相談ください。
※男性弁護士の希望も可能です。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://rikon.authense.jp/fee/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚に応じない夫と離婚し、子どものために自宅を残したい。

  • 財産分与
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

A子さん(30代女性)は日常生活で頻繁に夫のモラハラに悩んでいました。
そんななか、夫の不倫が発覚し、離婚を決意しました。
幼い子どもと家を出て別居し、婚姻費用の調停を申し立てていましたが、夫が離婚に応じないことから離婚調停も申し立てることになりました。
A子さんご本人で調停を進めていたのですが、夫の理不尽な主張や調停委員からの心ない発言にショックを受け、精神的なストレスから病気を発症。ひとりでは解決できないと考え、当所にご依頼いただきました。
A子さんの希望は、購入した自宅を子どもの将来のために手元に残したいということでした。
しかし、夫はそれを拒否。
間に入っていた調停委員も「財産分与は1/2で分けるのが当然。あなたの主張はワガママで、裁判でも認められない」の一点張りで、こちらの話を聞いてもくれなければ、相手方にこちらの主張やその意図を伝えようともしてくれません。
複数回の調停が終わり、いよいよ次回の調停ですべてが決まってしまいそうだ、ご相談にお見えになったのはそんなタイミングでした。

相談後

すでに始まっていた離婚調停の途中から弁護士として入ったため、まずはA子さんと何度もお打ち合わせを重ねました。
夫婦の財産状況とするべきことを整理し、養育費はいくらにするのか、慰謝料はどうするのかを確認すると同時に、最大の懸案だった自宅についてどうするべきかをお伺いしました。
夫は、養育費や慰謝料については支払う意志を示していたものの、自宅に関しては「ローンが残るのが嫌だ」という理由からA子さんに渡すのではなく、自宅を売ってローン自体をなくしてしまいたい、そう考えていることがわかりました。
A子さんは「残ったローンに関しては自分で支払っても良い」と考えていたのですが、調停委員に話を聞いてもらえなかったために、その意思が夫に伝わっていないようでした。
また、自宅を譲り渡して欲しいという主張に関しても、A子さんは幼い子どもの将来のために残しておきたい一心だったのですが、「養育費や慰謝料を取り、さらには不動産までよこせというのか」との誤解もあったようです。
調停には弁護士である私も同席し、A子さんに代わって正当な権利を主張しました。
調停委員も人間ですから個性があります。
このケースでは自身の「常識」に凝り固まった方で、依頼人に対しても終始冷たい態度で接する調停委員でした。
弁護士として毅然な対応を貫き、その性格に応じたコミュニケーションをとることでA子さんの主張を夫に適切に伝わるよう働きかけました。
また、並行して夫とも連絡を取り、A子さんの想いや主張について説明し、合意を取り付けていきました。

甲野 裕大弁護士からのコメント

甲野 裕大弁護士

自宅に関しては、A子さんが残りのローンを負担すること、残して欲しいというのはお互いの子どものためであることを伝えると、夫の態度は急激に軟化。自宅をA子さんに譲ることに同意しました。
調停委員を介してのコミュニケーションが機能しておらず、意図が伝わっていなかったことが原因でした。
また、夫側は当初、A子さんが請求していた慰謝料に対して相場と比べて不当に低い金額までしか認めようとしませんでした。そこで、慰謝料も分割で支払えること、分割して養育費との支払いと合算すればすでに支払いを開始している別居時の婚姻費用と金額が変わらないこと、このまま認めずにいれば裁判になってしまうとすれば、裁判上での相場では夫側の主張する金額は過去の裁判例に照らして認められないであろうことなどを書面と電話で伝えると、納得してくれました。その結果、当初夫が主張していた金額の約3倍の慰謝料で着地することができました。

これらの合意に至ったポイントは、

①最後まで抵抗していた夫でしたが、こちらから提示した条件が合理的なものであると説明を尽くしたこと
②当初A子さんに冷たい態度だった調停委員を、調停に同行してこちらの主張の合理性を強く説明することで、A子さんの条件について夫を説得する方向に向けさせたこと
③相手方に離婚原因があるため、訴訟も辞さない意思であることを強く示したこと
などが考えられます。

ご本人で離婚調停に臨むことはできます。
しかし、調停まで進むほど相手とのコミュニケーションが断絶してしまっている場合、条件を合意させるためのやり取りには多大なストレスが掛かってしまいます。
そのストレスに心が折れてしまい、正当な権利を主張することなく「これで終われるのなら」と、希望する条件とはかけ離れた結果に着してしまうことも往々にして起こります。
また、今回のように調停委員がボトルネックになってしまうこともあるでしょう。
正しく権利を主張する、無用なストレスを被らないためにも、離婚問題にお悩みの際は、一度弁護士にご相談されることをおすすめします。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間・土日も対応】実績ある弁護士とパラリーガルによる専門チームで遺産相続問題を解決いたします!
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス
弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィス

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■ 東京・新宿エリアでの遺産相続に関する実績多数!

現在、新宿区を中心に東京エリアからの遺産相続に関するご相談を数多く担当させていただいております。
遺産相続のトラブルは、誰にでも起こり得る問題です。相続にはさまざまな法律的な知識や手続きが必要になるため、大変な労力と時間がかかります。また万一、不備があった場合には、後々のトラブルの原因にもなりかねません。
当事務所では、遺産分割協議や遺留分侵害額請求などの交渉、相続人調査などの基本手続きや相続にともなう不動産関連の手続きなど、ご状況に応じた最良のアドバイスを丁寧に分かりやすくお話ししますので、是非ご相談ください。

■ 初回相談60分無料/ 専門チームによる対応

遺産相続・遺産分割問題について初回のご相談(60分まで)が無料です。ご状況に合わせて最良のアドバイスを丁寧に分かりやすくお話しいたします。
また相続問題については、経験と実績ある弁護士とパラリーガルによる専門チームが対応します。蓄積した専門的知見を活用し、迅速かつ的確に対応します。

料金は、初回相談時にわかりやすくご説明いたします。詳細は、HPをご覧ください。
https://www.authense.jp/souzoku/fee/

■ よくあるご相談内容

  • 相続人同士での話し合いがまとまらない
  • 遺言書に納得できない
  • 相続放棄をしたい
  • 被相続人の借金を肩代わりしたくない
  • 自分の死後、家族が揉めないように遺言書を作成したい

■ Authense法律事務所の特徴

Authense法律事務所は、「すべての依頼者に最良のサービスを」をミッションに掲げ、刑事、一般民事全般、企業法務全般、不動産法務のあらゆるお悩みに最良のサービスを提供いたします。

当事務所の強みの一つは、業界トップクラスの不動産法務における実績です。
不動産分野における豊富な実績と知見により、複雑な手続きを要する不動産相続においても、ご依頼者様にとってベストな相続の実現に向けて当事務所の弁護士が支援いたします。

また、遺産の分割方法や割合でもめてしまったり、遺産分割協議が納得できない結果になってしまった場合、遺産分割調停や調停不成立後の遺産分割審判など、相続が「争族」となってしまうケースもあります。
当事務所には、相続のご依頼をはじめとした一般民事裁判において、数多くの解決実績がありますので、法廷弁護の実績を通して培われた交渉力で、ご納得いただける解決を目指します。

相続税の申告や不動産登記など、相続に関わる手続きは多岐にわたります。
Authense法律事務所では、ご依頼者様の多様な相続問題にワンストップで対応するため、税理士や司法書士といった他士業と連携し、1つの窓口で相続に関する幅広いお悩みをご相談いただけるよう、全面的にサポートする体制を整えております。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回60分のご相談は無料ですので、お気軽にご予約ください。
※60分を超えた場合は、30分につき5,000円(税抜)を頂戴しております。
着手金・報酬金・その他の手数料等 詳細はコチラをご覧ください。
https://souzoku.authense.jp/fee/
※ 相続発生前のご相談 相続発生前のご相談は、60分10,000円(税抜)を頂戴しております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

送られてきた遺産目録に不審点があるので調査してほしい。

  • 財産目録・調査
依頼主 30代 男性

相談前

経営者のA男さん(30代)のお母様が亡くなると、父親から遺産相続に関しての書面が届きました。
弁護士から送られた書面を確認すると、遺産の総額やその内容、その金額に基づく遺産分割の提案内容が入っていたのですが、明らかにA男さんに譲渡される金額が低いことに不信感を覚え、当所にご相談にお見えになりました。
できるだけ早く解決したいと考えていたA男さんは裁判にまで進むことは希望しておらず、協議で迅速に解決したいというご希望でした。

相談後

相手方から送付された提案内容を確認すると、不動産の評価額が時価ではなく「路線価」で出されたものでした。
通常、路線価で不動産評価額を出した場合、金額が安く出ます。
そこで、こちらでも簡易査定を取って比較してみたところ、やはり先方からの提案額が安く抑えられていることがわかりました。

不動産以外の財産についても調査を進めました。
不動産の漏れはないか、預貯金や有価証券、保険などについても漏れがないかなど、被相続人であるお母様の過去の言動や、自宅への郵便物などもチェックし、正しい内容が記載されているかなどを調べました。
預貯金の履歴の調査によって、相手方から提出された財産目録の預貯金の金額と、実際の金額が異なることがわかりました。
さらに、相手方がお母様の相続開始時の前後で使途不明な出金が数百万円あることや、相手が生命保険金を受け取っていたと思われることなどもわかってきました。
相手方に対して弁護士からこれらのうち、不適切な点を指摘。
使途不明金について回答を求め、相手に不利な事情を追及していきました。
なお、生命保険金は「遺産」に該当しないこともありますが、その判断のためには、そもそもどのような保険の内容であったのか、実際にどのぐらいの金額を受け取ったのかなどの情報が必要となるため、相手方にこれらの点を問合せしました。
これらの財産の調査を終え、相手方と交渉を開始しました。
協議では相手方からさまざまな反論が出てきます。
そこで、相手方の主張のおかしい点や、相手方に不利な内容の指摘をこちらから積極的に行いました。

甲野 裕大弁護士からのコメント

甲野 裕大弁護士

協議の結果、当初相手方が提示してきたA男さんの取得額の倍額に近い金額で合意することができました。
遺産相続に際しては、先方から提出された内容をそのまま鵜呑みにすることはできません。
しっかりと内容を吟味し、正しい内容が記載されているのか検討する必要があります。
ただし、財産調査を行うかどうかについては慎重な判断が求められます。
財産調査を行うと2ヵ月、3ヵ月掛かってしまうことは珍しくありません。
早期に解決したい場合にはどうするのか、ご依頼者様のご要望を伺いつつ進めていくことになります。
このケースでは遺産目録を調べたところ、不審な点が多々見つかりました。
その点を先方に回答を求め、追及していくことで正当な権利を主張することができました。

また、相手方の弁護士とのコミュニケーションのなかで、合理的な理由を説明していくことで「このまま無理筋な主張を続けてもあなたのためにはならない」と、先方を説得してもらうことも早期解決のためには重要です。
協議での解決のポイントとして、すべての事柄を争うのではなく、協議で解決できずに裁判に発展してしまった場合、多大な時間と費用がかかってしまうことを念頭に置いて、相手方に対しても本当にそれでよいのか?相手方としても早期の解決を望んでいるのではないのか?と問いかけ、説明を尽くすことで早期の解決へと導いていくことを意識しています。
協議の段階で解決まで至れるかどうかは、相手方の考え次第でもあるので、「運」の要素も絡んできますが、なるべく「運」の要素を減らすために、多くの交渉材料を事前にできるだけ集めておくことで有利に交渉を進めることができます。
遺産相続は協議の過程で互いの感情が絡み合い、複雑化してしまいやすい分野です。
個人で解決しようとする前に、一度、弁護士にご相談にお見えになってください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人Authense法律事務所
所在地
〒160-0023
東京都 新宿区西新宿1-3-17 新宿第1アオイビル8階
最寄り駅
都営地下鉄 大江戸線「新宿西口駅」D4出口から徒歩1分/JR各線・都営地下鉄 新宿線・東京メトロ 丸の内線・私鉄 小田急線・私鉄 京王線「新宿駅」西口から徒歩6分/西武鉄道 西武新宿線「西武新宿駅」正面口改札から徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日祝09:30 - 18:30
定休日
なし
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で面談予約
050-5355-9799

メールで面談予約

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィスへ面談予約

電話番号 050-5355-9799

※弁護士法人Authense法律事務所新宿オフィスでは、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日祝09:30 - 18:30
定休日
なし
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談