菅野 光明弁護士 かんの みつあき

菅野 光明弁護士

菅野綜合法律事務所

東京都千代田区神田神保町3-23新聞之新聞ビル305
現在営業中 07:00 - 22:00
電話番号 050-5355-0560
分野を変更する

遺産相続

【弁護士登録20年以上 相続問題における豊富な経験と実績】遺産分割、遺留分、遺言、財産管理契約など 依頼者の精神的負担を軽くし、円満解決できるようお手伝いします
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所

九段下駅から至近距離にあり、事務所内は落ち着いた雰囲気にしています。

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言 解決事例あり
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求 解決事例あり
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

 相続と財産管理は、当事務所で最も重点的に扱っている分野です。
 弁護士登録から20年以上、トラブルを抱えた依頼者からよく話を聞いて気持ちを受け止め、冷静に問題点を整理し、法的な観点から解決策をアドバイスし、一緒に最適な解決を目指して、相応のご満足をいただいてきたとの自負があります。
 依頼者に対するていねいな説明ときめ細やかな対応、経験に裏付けられた冷静な判断に基づく方針の決定、依頼者との信頼関係の構築を重視し、常に心掛けてきました。

【過去の取扱実績】
・遺産分割(交渉、調停、審判)
・遺留分減殺請求(交渉、調停、訴訟)
・寄与分
・特別受益
・特別代理人(遺産分割)
・遺言書作成
・遺言書検認
・遺言執行
・遺言無効確認
・相続放棄
・限定承認
・事業承継
・推定相続人廃除
・祭祀承継
・財産管理契約
・信託
・死後事務委任
・特別縁故者に対する相続財産分与
・相続に伴う不動産売却
・相続に伴う不動産登記
・相続に伴う税務対応
・相続財産管理
・相続に関連して、成年後見、成年後見監督、保佐、任意後見監督、不在者財産管理

 相続や財産管理につきましては、他士業専門職との連携が不可欠です。当事務所では、自身が培ってきた登記、税務に関する知見に加え、司法書士、税理士等信頼できる他士業との太い連携が事件処理の質を担保致します。不動産の評価や売却については専門性の高い不動産業者とのネットワークがあり、時宜に応じた適切な対応が可能です。

 相続は全ての人に必ず発生する法律問題です。しかし、事前に対処できず、トラブルになってから慌ててご相談にお見えになる方が多い分野でもあります。「こんなことを相談していいのだろうか」、「弁護士に相談する費用的な心配がある」などさまざまな不安をお持ちのことでしょう。悩み苦しんでいた心が軽くなるよう親身に対応します。
 相続への事前の備えとしての遺言書作成、財産管理契約、信託、死後事務委任などにも力を入れて取り組んでいます。

 相続を中心にした法律問題を詳しく取り上げているサイト(相続問題の道標(みちしるべ))も自ら運営していますのでご覧ください。
 http://kanno-sogo.com/blog-souzokumondai/

【よくあるご相談】
・遺産の分配でもめていて解決してほしい
・どのように相続の手続きを進めればよいかわからない
・相続人の住所を調査してほしい
・親が残した借金を引き継ぎたくない
・家族がもめない遺言書を作成したい
・他の相続人によって隠匿された遺産を調査して返還させたい
・最低限保証されている相続分があると聞いたが、どうすればよいか分からない
・早いうちから相続の対策をしておきたい
・自分の財産に不安があるので信頼できる人に管理を頼みたい
・家業を次の世代にうまく引き継ぎたい
 上記以外でもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【重点取扱案件】
遺産分割、遺留分減殺請求、遺言書作成、遺言執行、相続放棄、事業承継、財産管理契約、信託、死後事務委任、相続財産管理

【相談料】
   30分 5,000円(税別)
   初回(30分)は無料
   出張相談にも対応可能です。
    相談料のほかに、移動時間1時間につき出張日当10,000円(税別)

【アクセス】
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 
 九段下駅6番出口を出て、徒歩約2分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線
 神保町駅A1番出口を出て、徒歩約5分                 


菅野弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 不動産・建築 2017年12月に解決

共同住宅におきまして生活音が発生することは、物理的にある程度仕方無く、お互いの思慮や配慮によって平穏に生活させていただいておりますが、今回の件は当事者間の受け止め方や対応がそれぞれ異なり、非常に複雑な状況でした。
問題発生当初は、各関係者へ改善方法や折衷案を提案するも受け入れられず、途方に暮れた状態で先生の所へお伺いしました。
今回は各人の説明が若干異なり、事実関係の把握が困難だった事も対応に苦慮しましたが、先生は状況や事実関係の正確な把握に努め、各人のお気持ちやお立場を慮りながら現実的な解決への道標を提示し、以後着実に一つずつ問題を解決しながら事態は収束しました。
上記以外の事に関しましても、気掛かりな事や困った事がある際、随時ご相談にお伺いさせていただいておりますが、いつも私の事情や心情を汲み取り、適切なアドバイスやご指示をいただいております。
今後も都度、先生の所へご相談にお伺いさせていただきたく存じます。

相談した出来事
賃貸に転用していた区分所有マンションにおいて、同マンションの他の居住者から居住賃借人への生活音に関する苦情。
当初は当事者間での話し合いや対応により解決を模索していたが、双方の理解や対応に齟齬があり、事態が悪化。
マンション管理会社より所有者としての対応を求められた際、双方の話し合いによる改善はこれ以上望めなかった為に調停を行い、事態は収束した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 騒音・振動

この分野の法律相談

<前提> 被相続人・贈与者:祖父(H30.12月死亡) 相続人:祖母、母 受贈者:私(S50年代出生)   ●贈与に関する事項 昭和57年3月下旬に贈与契約公正証書作成 第1条 贈与者は、昭和56年10月1日受贈者に対し、A土地を無償で贈与することを約し、受贈者はこれを受諾した。 第2条 贈与者は、受贈者から...

不動産の名義人である贈与者(登記義務者)が、不動産を贈与した後に、受贈者へ名義を移す前に亡くなってしまった場合にあたります。 贈与は、「昭和56年10月1日受贈者に対し、A土地を無償で贈与することを約し、受贈者はこれを受諾した。」ことにより成立していますので、その時点で不動産の所有権も移転しています。 他方、「贈与者は、受贈者から請求があったときは遅滞な...

菅野 光明弁護士

所得税の準確定申告・納税の期限に関してなのですが ・死亡を知ってから4ヶ月以内 ・相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内 ・死後4ヶ月以内 と、税理士や弁護士の方の監修記事等でそれぞれ見受けられますが、明確な言い方としてはどれになるのでしょうか?

法律(所得税法)の規定は、「相続の開始があつたことを知つた日の翌日から四月を経過した日の前日・・・までに」となっています。 「相続の開始」とは被相続人が死亡したことを言いますから、「死亡を知った」とは「相続の開始があったことを知った」をわかりやすく表現したものでしょう。また、被相続人が死亡した時点と相続人がそれを知った時点とはそれほど時間的間隔がないことが...

菅野 光明弁護士

独身の弟がマンションを所有しています。彼が死んだ時、兄弟が皆相続放棄したらマンションの権利はどうなるのでしょうか?相続放棄しても管理責任は残るというような書き込みを見ましたが 本当でしょうか?

相続放棄をした場合の空き家に対する相続放棄者の責任については、民法第940条第1項で「相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。」と定められておりますが、この条文に対する裁判所の確定的な解釈はなく、議論が錯綜しています。 ...

菅野 光明弁護士

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
法律相談料 30分 5,000円(税別)
初回(30分)は無料

出張相談の場合
 出張相談にも対応可能です。
 相談料のほかに、移動時間1時間につき出張日当10,000円(税別) 
弁護士費用 ・遺産分割 着手金10万円~  
  通常の民事事件の場合に準じます。
  着手金・報酬金の計算をご覧下さい。
・遺留分減殺請求 着手金10万円~ 
  通常の民事事件の場合に準じます。
  着手金・報酬金の計算をご覧下さい。
・遺言書の作成   20万円~
  定型的なものか、遺産の額、複雑・特殊な事情があるか等に応じて協議により定める額
・遺言執行費用  30万円~
  遺産の額、不動産の売却があるか、複雑・特殊な事情があるか等に応じて協議により定める額
  遺言執行に裁判手続を要する場合は、別途裁判手続に要する弁護士費用がかかります。
・相続放棄    10万円
・限定承認    30万円~
  遺産・負債の額、複雑・特殊な事情があるか等に応じて協議により定める額
・財産管理契約  月額2万円~
  管理する財産の額、複雑・特殊な事情があるか等に応じて協議により定める額
・その他については、個別にお問い合わせください。
※上記の金額に対し別途消費税がかかります。
※上記の金額には事件処理のための実費(印紙、郵券、交通通信費、謄写費用、鑑定費用など)は含まれません。
着手金・報酬金の計算 ・経済的利益が300万円以下の場合
 着手金8% 報酬金16%
・経済的利益が300万円超、3,000万円以下の場合
 着手金5%+9万円 報酬金10%+18万円
・経済的利益が3,000万円超、3億円以下の場合
 着手金3%+69万円 報酬金6%+138万円
・経済的利益が3億円超の場合
 着手金2%+369万円 報酬金4%+738万円
 
備考  弁護士費用の支払いにつきましては、事案の内容やご事情に応じて、当初の費用(着手金)の割合を少なくして解決時に報酬金でその分を精算する、事案の内容によって減額する、分割払いとする等、依頼者の方のご負担を考慮して柔軟に対応しておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

【弁護士歴20年以上 培ったノウハウと安心の実績】不倫慰謝料請求、財産分与、養育費・婚姻費用など 長年の経験をもとに、心の痛みをしっかり受け止め、法的解決へ
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所

九段下駅から至近距離にあり、事務所内は落ち着いた雰囲気にしています。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与 解決事例あり
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

 離婚に関わるトラブルは、単に男女の夫婦関係の解消というだけでは片づけられず、離婚後の生活面、経済面での課題の解決が重要なポイントになります。
 財産分与、慰謝料、婚姻費用、年金分割、未成年のお子さんがいらっしゃる場合には親権や養育費も、それぞれが重要な解決課題となります。
 こうした様々な課題が精神的なもつれと絡み合って問題をより一層複雑化させます。

 当事務所では、依頼者の「なぜ」、「どうして」、「許せない」という気持ちを大切にしています。
 トラブルを抱えた依頼者からよく話を聞き、依頼者の気持ちを受け止め、冷静に問題点を整理し、法的な観点から解決策、対応策をアドバイスし、一緒に問題の最適な解決を目指します。
 依頼者に対するていねいな説明ときめ細やかな対応、経験に裏付けられた冷静な判断に基づく方針の決定、依頼者との信頼関係の構築を重視し、常に心掛けてきました。
 当事務所では、やみくもに訴訟を行うのではなく、依頼者の意向を尊重しつつ、依頼者の将来の生活面、経済面を考慮しながら、事案に応じた解決策を常に模索します。
 依頼者の希望に応じ、離婚後の再スタートのお手伝いをさせていただきます。

 さらに、離婚に伴う財産分与に際しては、住宅ローンや税務上の問題に対する配慮、対策が必要となってくる場合があります。当事務所では、40代から70代までの年齢層の離婚案件を今までに多数取り扱ってきましたが、これらの方の中には、住宅ローンがまだ残っていたり、比較的高額な不動産を所有されておられる方もあって、財産分与に際して、住宅ローンや税務上の問題を考慮しながら解決の方向性を考える必要のある案件が少なからずありました。これらの問題についても、今までの経験で専門性を培ってきました。

 離婚問題の解決にあたっては、法律面だけでなく、心理的な面や税務上の問題にも目を配りながら、全体を把握した上で、将来を予測し見据えつつ、適切な処理を行うことが必要になるため、やはり、経験豊富な弁護士に依頼するメリットが大きいと感じます。
 精神的な負荷を軽くし、将来に向けて前に一歩進めるよう力になれればと思っています。
 ぜひ安心してお気軽にご相談ください。

【過去の取扱実績】
・離婚・夫婦関係調整(交渉、調停、訴訟)
・親権(母親はもちろんのこと、父親の親権を獲得した実績があります)
・面会交流
・養育費
・婚姻費用
・財産分与
・離婚慰謝料請求
・年金分割
・内縁
・不貞行為(不倫)慰謝料請求
・保全処分(接近禁止命令)

【よくあるご相談】
・夫が生活費をくれない
・離婚するかどうか迷っているが、離婚するなら有利に進めたい
・お互いに親権を争っており、困っている
・夫が不倫していることが分かったので、慰謝料請求したい
・お互い離婚意思はあるが、財産分与、養育費、慰謝料の点で折り合いがつかない
・財産分与の対象とならない財産があるが大丈夫か
・養育費の負担が重く、月々の負担を減らしたい
・夫又は妻から虐待(経済的虐待を含む)を受けている
 上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【重点取扱案件】
不倫慰謝料請求、財産分与、親権、養育費、婚姻費用、離婚慰謝料

【相談料】
30分 5,000円(税別)
初回(30分)は無料

【アクセス】
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 
 九段下駅6番出口を出て、徒歩約2分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線
 神保町駅A1番出口を出て、徒歩約5分                 

菅野弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 不動産・建築 2017年12月に解決

共同住宅におきまして生活音が発生することは、物理的にある程度仕方無く、お互いの思慮や配慮によって平穏に生活させていただいておりますが、今回の件は当事者間の受け止め方や対応がそれぞれ異なり、非常に複雑な状況でした。
問題発生当初は、各関係者へ改善方法や折衷案を提案するも受け入れられず、途方に暮れた状態で先生の所へお伺いしました。
今回は各人の説明が若干異なり、事実関係の把握が困難だった事も対応に苦慮しましたが、先生は状況や事実関係の正確な把握に努め、各人のお気持ちやお立場を慮りながら現実的な解決への道標を提示し、以後着実に一つずつ問題を解決しながら事態は収束しました。
上記以外の事に関しましても、気掛かりな事や困った事がある際、随時ご相談にお伺いさせていただいておりますが、いつも私の事情や心情を汲み取り、適切なアドバイスやご指示をいただいております。
今後も都度、先生の所へご相談にお伺いさせていただきたく存じます。

相談した出来事
賃貸に転用していた区分所有マンションにおいて、同マンションの他の居住者から居住賃借人への生活音に関する苦情。
当初は当事者間での話し合いや対応により解決を模索していたが、双方の理解や対応に齟齬があり、事態が悪化。
マンション管理会社より所有者としての対応を求められた際、双方の話し合いによる改善はこれ以上望めなかった為に調停を行い、事態は収束した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 騒音・振動

この分野の法律相談

私は、結婚前に車のローンが残っており、結婚後、夫婦で働いた給料から支払いをしていました。 また、車については、お互いが働いていたことから結婚前にお互いが持っていた車をそのまま使用していました。 今度離婚に際して、妻から結婚前のローンは個人的な借金だからその分を返せと言われたのですが、納得がい...

財産分与は、基準時(通常は別居時)において存在する夫婦共同で築いた財産の清算をするものです。婚姻後にローンを支払ったことにより、その支払いによって得たものやその売却代金が残っていれば財産分与の対象になるでしょうが、残っていなければ、存在しない財産を存在するものとして分与せよということになり、基本的にそのような請求は成り立たないでしょう。 本件では、車が残っ...

菅野 光明弁護士

妻から離婚調停を申し立てられ、金銭面の話に進みました。 調停委員より、◯月△日現在の貯金残高がわかるように、通帳のコピーを持ってくるよう言われました。 ところが、しばらく通帳記入をしていなかったため、合計記帳されてしまいました。 したがって、◯月△日の残高が読み取れません。 あいにく、調...

 取引履歴か残高証明を取り寄せて提出する方法があります。調停の期日に間に合わなければ、取寄せ中であることを伝えれば、通常は、その次の期日まで待ってくれるでしょう。

菅野 光明弁護士

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 法律相談料 30分 5,000円(税別)
初回(30分)は無料
弁護士費用 着手金10万円~
報酬金20万円~
※事件の内容に応じて異なりますので、個別にお問い合わせください。
※財産分与等、財産的給付のある事件については、着手金・報酬金の計算による算出された額が別途かかります。
※上記の金額に対し別途消費税がかかります。
※上記の金額には事件処理のための実費(印紙、郵券、交通通信費、謄写費用、鑑定費用など)は含まれません。
着手金・報酬金の計算 ・経済的利益が300万円以下の場合
 着手金8% 報酬金16%
・経済的利益が300万円超、3,000万円以下の場合
 着手金5%+9万円 報酬金10%+18万円
・経済的利益が3,000万円超、3億円以下の場合
 着手金3%+69万円 報酬金6%+138万円
・経済的利益が3億円超の場合
 着手金2%+369万円 報酬金4%+738万円
備考  弁護士費用の支払いにつきましては、事案の内容やご事情に応じて、当初の費用(着手金)の割合を少なくして解決時に報酬金でその分を精算する、事案の内容によって減額する、分割払いとする等、依頼者の方のご負担を考慮して柔軟に対応しておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる 解決事例をみる

不動産・建築

【弁護士歴20年以上 積み上げてきた実績と安心】不動産会社/物件オーナー様/地主様など 不動産賃貸借、売買、建築等に関わるトラブルを長年の豊富な経験で解決します
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所
菅野綜合法律事務所

九段下駅から至近距離にあり、事務所内は落ち着いた雰囲気にしています。

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動 解決事例あり
  • 土地の境界線

不動産・建築の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

 弁護士登録から20年以上の間、不動産・建築の分野に関しては多くの事案に関わってまいりました。
 弁護士登録から間もないころは、金融機関の代理人として明渡しに関する事件を多く手がけ、その後も、明渡請求のほか、賃貸借、使用貸借、マンション等区分所有建物の管理、境界確定、通行権、建築関係、日照権、騒音などさまざまな事件を多数手がけてきました。また、裁判所から選任される破産管財人、相続財産管理人、不在者財産管理人、成年後見人等の業務を継続的に多数行っており、これらの業務の中で日常的に不動産の管理、売却を自ら行っております。
 不動産・建築に関する分野の案件の処理には、登記、税務、不動産の評価、建築に関する専門的知識等も必要となり、これらの専門家(司法書士、税理士、不動産鑑定士、建築士、不動産業者等)との連携も重要です。
 また、管理業務にも精通した弁護士に依頼する方がコミュニケーションもとりやすく、迅速な解決が図れることがあります。
 当事務所のスタンスとして、トラブルを抱えた依頼者からよく話を聞き、依頼者の気持ちを受け止め、冷静に問題点を整理し、法的な観点から解決策、対応策をアドバイスし、一緒に問題の最適な解決を目指します。依頼者に対するていねいな説明ときめ細やかな対応、経験に裏付けられた冷静な判断に基づく方針の決定、依頼者との信頼関係の構築を重視し、常に心掛けてきました。

 こうした長年の積み重ねによる経験、実績、関係士業等の専門家とのネットワークをもとに、依頼者との信頼関係を大切にしつつ、適正かつ迅速な不動産トラブルの解決にあたります。
 ぜひ安心してお気軽にご相談ください。
 賃貸借等の案件では、貸主側の相談、事件の依頼を受けることが多いですが、借主側の相談や事件の依頼も受けております。

【過去の取扱実績】
・不動産管理
・契約(売買、農地売買、賃貸借、抵当権設定等)
・賃貸借(賃料請求、契約解除、解約申入、テナント契約の中途解約申入等)
・使用貸借
・原状回復義務
・立ち退き料
・土地収用
・明渡請求(交渉、訴訟、引渡命令、強制執行)
・妨害排除請求(交渉、訴訟、強制執行)
・登記請求(移転、抹消)
・競売
・共有物分割請求
・区分所有建物(マンション等)管理組合に関わる業務
・境界確定
・所有権確認
・通行権
・瑕疵担保責任
・リフォーム
・請負代金請求
・説明義務違反(仲介業者)
・日照権
・騒音・振動

【ご相談内容】
●不動産賃貸借を巡るトラブル
 賃料・地代請求/建物明渡請求/建物収去土地明渡請求/原状回復義務など
●不動産売買を巡るトラブル
 契約違反/売買代金請求/契約解除/損害賠償請求/瑕疵担保責任など
●近隣トラブル
 境界確定/通行権/日照権/騒音・振動など
●建築を巡るトラブル
 契約違反/建築請負代金請求/瑕疵担保責任/リフォーム/損害賠償請求など
他上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【相談料】
30分 5,000円(税別)
初回(30分)は無料

出張相談にも対応可能です。
 相談料のほかに、移動時間1時間につき出張日当10,000円(税別)

【アクセス】
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 
 九段下駅6番出口を出て、徒歩約2分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線
 神保町駅A1番出口を出て、徒歩約5分                 

菅野弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 不動産・建築 2017年12月に解決

共同住宅におきまして生活音が発生することは、物理的にある程度仕方無く、お互いの思慮や配慮によって平穏に生活させていただいておりますが、今回の件は当事者間の受け止め方や対応がそれぞれ異なり、非常に複雑な状況でした。
問題発生当初は、各関係者へ改善方法や折衷案を提案するも受け入れられず、途方に暮れた状態で先生の所へお伺いしました。
今回は各人の説明が若干異なり、事実関係の把握が困難だった事も対応に苦慮しましたが、先生は状況や事実関係の正確な把握に努め、各人のお気持ちやお立場を慮りながら現実的な解決への道標を提示し、以後着実に一つずつ問題を解決しながら事態は収束しました。
上記以外の事に関しましても、気掛かりな事や困った事がある際、随時ご相談にお伺いさせていただいておりますが、いつも私の事情や心情を汲み取り、適切なアドバイスやご指示をいただいております。
今後も都度、先生の所へご相談にお伺いさせていただきたく存じます。

相談した出来事
賃貸に転用していた区分所有マンションにおいて、同マンションの他の居住者から居住賃借人への生活音に関する苦情。
当初は当事者間での話し合いや対応により解決を模索していたが、双方の理解や対応に齟齬があり、事態が悪化。
マンション管理会社より所有者としての対応を求められた際、双方の話し合いによる改善はこれ以上望めなかった為に調停を行い、事態は収束した。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 騒音・振動

この分野の法律相談

私は、分譲マンションの貸主です。 マンションの壁が破損しており、修繕したいのですが借主が協力してくれません。 1ヶ月ほどで賃貸借契約を解除したいのですが、可能でしょうか? よろしくお願いします。

賃貸人としての修繕が賃貸物の保存に必要である場合は、修繕を行うことは賃貸人の義務であるとともに、権利でもあります。民法は「賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。」(606条2項)と規定しています。契約書にも同様の文言が記載されている場合があるかと思います。賃借人は修繕のため一時明渡しを求められたらそれに従わ...

菅野 光明弁護士

アパートの大家をしております。 現在、借主さんには家賃債務保証(滞納保証)に入ってもらって おります。 保証は、取扱い店である現在の管理会社から紹介を受けた、 大手の保証会社のものです。 実は、諸処の問題があり、管理委託を解約しようと考えており、 保証契約のその後を心配しています。 ...

(1) について  契約書の体裁の詳細が不明ですが、「保証契約」は、家主と保証会社との間の、借主の債務を保証会社が家主に対して保証しますという契約であり、「保証委託契約」は、保証会社と借主との間の、保証会社の家主に対する保証を借主が保証会社に委託する契約です。あなたの契約書の場合は、それらが合体されているということでしょうか。  上記の理屈からすれば、「...

菅野 光明弁護士

固定資産税は年の途中で建物滅失登記をしても1年間分を支払わなければいけないのでしょうか? 例えば4月に建物の滅失登記をしても1月1日に所有していたら、丸1年分の固定資産税を 支払わなければいけないのでしょうか? よろしくお願いします。

1年分支払うことになります。  固定資産税は、毎年1月1日を賦課期日として、その日時点での土地、家屋等の所有者に対し、その固定資産の所在する市町村が課税する税金だからです。  したがって、例えば、3月から所有者になった人にはその年度の課税はされないということにもなります。

菅野 光明弁護士

不動産・建築の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,000円(税別)
初回(30分)は無料

出張相談にも対応可能です。
 相談料のほかに、移動時間1時間につき出張日当10,000円(税別)

着手金/報酬金 ・経済的利益が300万円以下の場合
 着手金8% 報酬金16%
・経済的利益が300万円超、3,000万円以下の場合
 着手金5%+9万円 報酬金10%+18万円
・経済的利益が3,000万円超、3億円以下の場合
 着手金3%+69万円 報酬金6%+138万円
・経済的利益が3億円超の場合
 着手金2%+369万円 報酬金4%+738万円
備考  弁護士費用の支払いにつきましては、事案の内容やご事情に応じて、当初の費用(着手金)の割合を少なくして解決時に報酬金でその分を精算する、事案の内容によって減額する、分割払いとする等、依頼者の方のご負担を考慮して柔軟に対応しておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

所属事務所情報

所属事務所
菅野綜合法律事務所
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-23新聞之新聞ビル305
最寄り駅
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 九段下6番出口を出て 徒歩約2分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線 神保町駅A1番出口を出て 徒歩約5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
1 人
所員数
1 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5355-0560

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
受付時間は電話受付時間です。留守番電話のメッセージが流れた場合には、お名前、ご連絡先、ご希望の面談日時を録音して下さるようお願いします。折り返し連絡をいたします。
メールは24時間受付可能です。いただいたメールに対しては、1~2日程度で返事をいたします。
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
菅野綜合法律事務所
所在地
東京都千代田区神田神保町3-23新聞之新聞ビル305
最寄駅
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線 九段下6番出口を出て 徒歩約2分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線 神保町駅A1番出口を出て 徒歩約5分
現在営業中 07:00 - 22:00
菅野 光明弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5355-0560

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
受付時間は電話受付時間です。留守番電話のメッセージが流れた場合には、お名前、ご連絡先、ご希望の面談日時を録音して下さるようお願いします。折り返し連絡をいたします。
メールは24時間受付可能です。いただいたメールに対しては、1~2日程度で返事をいたします。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験
不動産鑑定士・宅建
不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談