現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
冨本 和男弁護士

( とみもと かずお ) 冨本 和男

法律事務所あすか

現在営業中 07:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,477 件/匿名回答数:64件

すぐではありません。まず警察から出頭を求められ,任意で事情を聞かれると思います。出頭を拒否していると逮捕されるかもしれません。任意で事情を聞かれ,逮捕されないまま捜査が進む場合もあります。逮捕される...

回答日 2021年06月13日 11:01
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

被害金額が大きく,被害者の処罰感情が強い場合には初犯でも実刑の可能性はあります。

回答日 2021年06月12日 14:25
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

横領した本人は逮捕される可能性はあります。 示談・被害弁償をすれば起訴猶予とか執行猶予で刑務所に入らずに済むかと思います。

回答日 2021年06月12日 11:02
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

逮捕の要件は,①逮捕の理由と②逮捕の必要性の存在です。 ①逮捕の理由は,罪を犯したと疑うに足りる相当な理由(相当の嫌疑)が存在していることです。 ②逮捕の必要性は,逃亡または罪証隠滅のお...

回答日 2021年06月11日 16:56
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

「証拠がない」という理由では逮捕されないと考えます。

回答日 2021年06月11日 16:50
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

面会交流は子の監護に関する事件ですので,子供の住所地を管轄する家庭裁判所でやることになります。 家事事件手続法第150条 次の各号に掲げる審判事件は,当該各号に定める地を管轄する家庭裁判所の...

回答日 2021年06月11日 10:18

一緒に暮らしていてもあなたが親が横領したお金で生活していたとしても,あなたが横領であることを知らなかったのであれば大丈夫だと思います。 あなたの方で親の横領を知らなかったことを証拠によって証明する...

回答日 2021年06月11日 10:12
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

親の返済義務を相続によって引き継ぐ必要はあるかもしれませんが,あなた自身が横領していたわけではないのであなたが逮捕されたり刑務所に入れられたりすることはないと考えます。

回答日 2021年06月11日 09:37
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

違法ではありません。 民法586条 交換は,当事者が互いに金銭の所有権以外の財産権を移転することを約することによって,その効力を生ずる。

回答日 2021年06月09日 10:58
この回答がある質問
インターネット

契約不適合を知った時から1年以内に契約不適合を売主に通知すれば権利が保全され,5年間は契約不適合責任に基づく請求ができます。裁判まで起こさなくてもいいでしょうが,1年以内であることを証明できるように...

回答日 2021年06月09日 09:53
この回答がある質問
マンション

質問2について 地裁で裁判を起こされる可能性がありますが,必ずしも併合されるわけではありません。

回答日 2021年06月06日 13:50
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

質問1について 必ずしも移送されるわけではありませんが,民事訴訟法17条の移送(遅滞を避ける等のための移送),民事訴訟法18条の移送(簡易裁判所の裁量移送)の可能性があります。 なお,反訴を...

回答日 2021年06月06日 13:42
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

質問1について 弁護士との契約書に期限の利益喪失条項があり,その条件に当てはまるのでなければ,一括請求となりません。 法律上,一括請求となる場合は,債務者が破産手続開始決定を受けたとき,...

回答日 2021年06月02日 11:11
この回答がある質問
任意整理

あとAがBに請求できない場合,Aの立場としてはCに対する不当利得返還請求(703条~)を検討することになるかと思います。

回答日 2021年05月18日 09:55

第三者弁済(民法474条)による代位(民法499条)とか事務管理(民法697条)に基づく費用償還請求(民法702条)とか不当利得返還請求(703条~)といった規定も検討する必要があるかと思います。

回答日 2021年05月18日 09:24

【質問1】について 連帯債務であったことの立証責任はAにあります。 立証責任は,事実が真偽不明の場合にその事実の存在ないし不存在とされることによって一方当事者が被る不利益ですが,立証責任をど...

回答日 2021年05月17日 11:12

すいません。県民共済からの入院給付金について,差押えの対象外との法律の規定は見当たりませんでした。

回答日 2021年05月15日 11:13
この回答がある質問
自己破産

傷病手当金の支給は健康保険法による「保険給付」に当たりますので(健康保険法第52条2号),差押えの対象になりません(健康保険法61条)。

回答日 2021年05月14日 10:34
この回答がある質問
自己破産

【質問1】について 「特別受益」に当たるかどうかということですね?「特別受益」というのは,共同相続人の中に,被相続人から生計の資本として贈与(生前贈与)を受ける等した者がいる場合に,相続人間で公平...

回答日 2021年05月14日 10:20
この回答がある質問
生前贈与

差押命令の申立ては,当事者本人であれば弁護士資格を持っていなくても対応可能です。 ただし,代理人として申し立てる場合,弁護士資格がないとできません。 また,請求債権目録や差押債権目録の作成も...

回答日 2021年05月14日 09:57
この回答がある質問
強制執行

正当な理由がある場合としては,法令によって告知義務を負う場合,重要な第三者の利益を保護するために緊急かつやむを得ない場合(医師が患者の家族に伝染病感染の差し迫った危険を指示するような場合等),本人の...

回答日 2021年05月11日 10:22

会社厚生担当や健康管理従事者は「治療」を行うわけではありませんので「医師・看護士・検査技師など」に含めて考えるのは無理があると考えます。

回答日 2021年05月11日 10:13

質問1について 弁護士が債権者に辞任通知を送るか,あなたの方で債権者に弁護士の解任通知を送るかするまでです。 質問2について あまりないと思いますが,不貞行為の目的が「配偶者へに精...

回答日 2021年05月10日 09:23

契約当事者が期限の利益喪失条項を削除することに合意する場合,削除可能です。 その場合,期限の利益については,民法137条が適用されます。 民法137条 次に掲げる場合には,債務者は,期限の利...

回答日 2021年05月07日 13:13

婚姻費用請求に関しての証拠としては,源泉徴収票や確定申告書等の収入に関する書類の提出を求められ,特別の事情があるかどうかを判断するために,必要に応じて家計収支表の提出も求められるのではと思います。 ...

回答日 2021年05月06日 09:49
この回答がある質問
審判離婚

会社の任意整理でも,クレジット会社の判断次第ですので,事情・状況を説明して分割払いにできる可能性はあります。

回答日 2021年04月28日 13:09

金融業者に取引履歴の開示を請求し,開示された履歴を元に,利息計算ソフトに日時・借入額・返済額を打ち込めば確認できます。 ご自身で難しいようであれば,開示請求・利息計算を弁護士に依頼されてはと思...

回答日 2021年04月25日 12:52
この回答がある質問
借金

例えば,先の清算価値が261万円の例で,住宅ローンを除いた負債額が1400万円だったとします。 1400万円の20%は280万円で,清算価値の261万円を上回りますので,1400万円を減額でき...

回答日 2021年04月22日 12:32

はい。住宅ローンを除いた負債額が500万円超1500万円以下の小規模個人再生事件であれば,①100万円,②負債額(住宅ローン除く)の5分の1,③清算価値の3つの金額を比較し,一番多い金額までしか減額...

回答日 2021年04月22日 12:29

いいえ。現金については,99万円を超える分が清算価値になると思います。 例えば,資産として現金が160万円,住宅ローンの余剰価値が200万円があるとします。 そうすると,破産になった場合, ...

回答日 2021年04月22日 12:15

1 - 30 件を表示/全 1,476 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 07:00 - 24:00

冨本 和男弁護士へ面談予約

電話番号 050-5861-8990
メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日祝07:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【電話予約】
平日10:00〜19:00
※原則上記時間に限るが、時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※事前予約いただければ、休日対応可
設備
完全個室で相談