現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野条 健人弁護士

( のじょう けんと ) 野条 健人

弁護士法人かがりび綜合法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆高評価口コミ・感謝の声多数◆初回相談無料◆離婚問題に関しては、安易に妥結してしまうと後々トラブルや後悔の原因になります。最後まで粘り強く闘っていきます!
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所

ご依頼者様の話を親身に聞き、お悩みごとと誠実に向き合います!

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり

◆高評価口コミ・感謝の声多数◆

「感謝の声」をぜひご覧下さい。
https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27106/l_339217/voice/

◆後悔のない解決のために

これまで多岐にわたる離婚問題を解決し、男性からの依頼、女性からの依頼ともに数多く担当させていただいております。

離婚・男女問題はメンタル的にお辛い状況から出発することがほとんどですので、そういう方々に配慮できるよう、不安を少しでも解消できるよう弁護士・スタッフ一同取り組んでおります。特に、離婚は結婚と同じく人生の大きな決断の一つですので、安易に妥結することのないようサポートさせていただいております。

今何をすべきか、今後どうしていくべきか、初回相談の中で出来る限りのアドバイスをさせていただきますので、お一人で悩まずにご相談ください。

◆安心・充実のサポート体制

【1】お子様連れも安心のキッズスペースあり!
【2】利用しやすい法律事務所として初回相談無料
【3】精神的に寄り添ったサポートを重視
【4】完全成功報酬制メニューもご用意
【5】当日・休日・夜間相談(20時まで)の相談に対応


法的な問題以外にも離婚・男女関係にまつわることがございましたら、一度ご相談ください。

◆弁護士費用について

初回法律相談料は無料とし、身近で敷居が高くない、利用しやすい法律事務所を目指しております。相談時に今後の弁護士費用については丁寧にご説明いたしますので、ご安心ください。

◆このようなお悩みはありませんか?

・上手く離婚の話ができずに困っている。
・モラハラ的・パワハラ的被害を受けて離婚したい。
・相手が離婚に応じない
・慰謝料請求をしたい。
・慰謝料請求をされたが、相場的に妥当なのか分からない。
・不動産の財産分与ってどうするの?
・親権をとりたい。子供を返してほしい。
・慰謝料と養育費の妥当な金額がわからない。

【重点取扱案件】
・不倫相手に対する慰謝料請求(請求する方・される方)
・離婚による慰謝料請求(請求する方・される方)
・モラハラ・パワハラが原因による離婚問題

ーーーーーーーーー
◆アクセス
・四ツ橋線 『 本町 』 1 分
・中央線 『 本町 』 2 分
・御堂筋線 『 本町 』 3 分

この分野の法律相談

【相談の背景】 40代夫婦、小学生低学年の子供が2人います。夫の暴言がひどく、精神的に参ってしまい離婚を決意しました。 暴言を録音した音声はありますが、聞き取りずらかったりして証拠らしい証拠はありません。 夫婦で離婚について何度か話し合いをしましたが、夫に謝罪や改善する態度はなく、子供が可哀...

大変お困りだと思いますのでお答えします。 なるほど、お子様への愛情がよく感じ取れます。すごくお子様を大切にされてきているのですね。でも、無理は禁物です。無理はなされないでくださいね。 監護権をあえてこちらで指定する必要がないかなとは思います。これまでお母さんが監護していたのは実際そうでしょうし、お母さんがいないと成り立たないでしょうから。 そう...

野条 健人弁護士

【相談の背景】 主人の不倫により離婚調停中です。子供が一人います。 不倫発覚後、主人を自宅から追い出したので、主人は現在までの2年間、近所の自分の実家に居候しています。 現在住んでいる自宅は二世帯住宅で、持分1/2は私の両親がキャッシュで購入、残りの持分1/4が主人と私で、購入時に夫婦でペアローン...

「ローンの支払を止める。お前が払え。払わないなら競売にかけられることになる」と言っています。 なるほど、モラハラをするような方がよく言う言葉に変わりありません。このようなことが実際に起きるのか、本当にローンまでとめると、彼が支払義務を怠り、ブラックリストにのるということになるのでしょうから、そこまでの覚悟があって本当にいっているのかは見定める必要があり...

野条 健人弁護士

【相談の背景】 妻に財産も何もいらないから離婚してと言われました。検討は別にして後で、通常通り半分の財産を請求されそうな気がするのですが、お互いの持分だけ持って後で反故にされないように離婚する方法はあるんでしょうか。 【質問1】 具体的な書類など例はありますか?

大変お困りだと思いますので、お答えします。 清算条項っていいまして、その合意書以外に何ら債権債務がないことを確認する条項をいれることをおすすめします。

野条 健人弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回法律相談無料/2回目以降は30分5,000円(税別)
(ご依頼頂いた際には法律相談料は頂戴いたしません)
備考欄 不貞による慰謝料請求を行う場合には完全成功報酬制のメニューを用意しております。また、ご費用を捻出できない場合に備えて分割払い制もありますので、ご相談・ご依頼しやすいようにさせて頂いております。費用につきましては案件内容によってプランニングさせて頂きますので、お気軽にご相談くださいますようお願いいたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(20件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

◆スピード解決◆解決金有り◆親権・養育費獲得◆離婚協議事件 慰謝料請求とともに親権&養育費獲得 スピード解決案件

  • 養育費
  • 親権
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者様は夫と子供2人で生活していましたが、夫の日頃から夜遊びとモラルハラスメントで辛くしんどい日々を送っていました。そういうなかで弁護士に相談しました。

相談後

弁護士がお話を聞きますと、ラインのスクリーンショットの内容からすると男女関係が窺わせること、モラルハラスメントの内容からうつ状態になってもおかしくない内容でありました。
依頼者様と協議を重ねて慰謝料請求も行い、親権と養育費をきちんと行使しました。養育費について依頼者様が強く履行の担保を求めていましたので、慰謝料の代わりに養育費をかなり多めにした上で公正証書にまとめてもらい、無事に円満に解決することにしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

離婚事件については依頼者様が何を求め、我々に出来ることを適切に説明します。そのなかでやれることを一所懸命に取り組むようにします。例えば、モラルハラスメントととか嫌がらせなどによる慰謝料請求したい方もいれば、とにかく別居して離婚することに重きを置く方もいます。何に重きを置くかはともにお話を決めていきたいとおもいます。

離婚・男女問題の解決事例 2

◆交渉解決大幅減額◆不貞による慰謝料請求(請求される側)金500万円から70万円で解決したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

相談者様は職場の上司と男女関係にあり、その上司の奥さんより慰謝料請求され、500万円もの慰謝料が請求されました。

相談後

相談後に依頼を受け、相手方の夫が引っ張り込んで不貞を誘発してきた経緯、不貞の回数、不貞の期間や夫への請求がなされていないこと等を反論し、最終的70万円で解決することにしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

不貞請求を多く扱ってきたため、請求側の弱点や反論をする箇所もよく理解しております。多額な請求についたは減額出来る場合もありますので一度ご相談いたただければとおもいます。

離婚・男女問題の解決事例 3

協議離婚 男性側から離婚請求してスピード解決した事案

  • 別居
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は妻と子供2人がいましたが、相談前より性格の不一致により別居中でありました。離婚について財産を正確に分与したかったのですが、妻側がパワハラ的性格で話し合うことができずにいたところ、相談がありました。

相談後

弁護士に相談した後に相談者様と協議して、慰謝料請求も考えられましたが、とにかく急ぎで解決したいということで迅速な解決を目指して取り組みました。交渉してから3ヶ月で協議離婚が成立しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

男性側からの離婚請求の御依頼も意外と多いというのが感想になります。なかには本件のように妻側の方がパワーバランスが強くなかなか離婚協議自体の申し入れもできないままのこともあります。本件での相談者様も精神的に疲弊しており、相談なされた後に少しずつ明るさを取り戻して元気になられていたことが印象的です。
話してみることだけで楽になることもあります。一度お気軽にご相談されてみませんか。少しは気が楽になることもあるかとおもいます。

離婚・男女問題の解決事例 4

男性側から離婚調停申立 面会交流の実現と解決金が得られて離婚が成立したケース

  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

相談者様は妻と子供らと住んでいましたが、妻側の日に日に喧嘩が多くなり家に居場所がなくなるようになり、最終的には追い出されてる形で別居することになりました。このため、離婚調停を申し立てるため、相談がありました。

相談後

相談後に弁護士に依頼があり離婚調停を申し立てました。幾つか争点がありましたが、相談者様は子の成長を楽しみにし、離婚しても子供達の成長や面会を楽しみにしておりましたので、面会交流の実現、その内容にはこだわって対応していきました。また諸問題のなかでも長年婚姻関係にありましたので財産分与等の論点がありました。最終的には標題のとおり解決することが出来ました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

相談者様も妻側と性格不一致でなかなか精神的にもメンタル的にも苦しい状態でありました。そのなかでも子供達の成長を見守りたいという想いが相談者様を勇気づけて最後まで闘う気力になったのだとおもいます。依頼者様と最後まで諦めずに取り組むことを勉強させていただきました。

離婚・男女問題の解決事例 5

◆慰謝料150万円◆求償権放棄◆妻側から夫の不貞相手に慰謝料請求 150万円で解決したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
  • 親族関係
依頼主 30代 女性

相談前

妻側は探偵会社に夫の素行調査を依頼されていましたところ、夫の不貞女性がいることが判明し、これまでの楽しい人生が裏切られたと考えるようになり、悲しみにくれていたところ、離婚のご相談とともに弁護士に相談がありました。

相談後

心痛なお気持ちを聞かせていただき、離婚自体は夫の対応次第としてその不貞女性に対しては慰謝料請求を行っていくことにしました。そこで、弁護士より内容証明郵便を送付して交渉を行いました。相手方も反論してきましたが、客観的な証拠で再反論して最終的には上記の結論にいたりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この方は法律事務所に電話することをとても緊張されていました。法律事務所は人生でお世話になることがあまりないのが通常ですから緊張されることもよくわかります。弊所では安心してお話できるようにいつも優しく丁寧対応することにしております。女性の御依頼様も多く、若い方から年配の方まで幅広くご相談いただいています。ご安心してご相談くださいますようお願いします。

離婚・男女問題の解決事例 6

調停解決 不倫による慰謝料請求&離婚成立

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は、妻が不倫を知って許せないとの思いで慰謝料請求と離婚がしたいと思い、自分なりに話し合いをされましたが、上手くいかずに弁護士へ相談がありました。

相談後

依頼を受け、弁護士が相手弁護士と交渉を行いましたところ、不貞した事実は認めるものの、なかなか離婚成立に向けての条件が整いませんでしたので、希望の慰謝料獲得と離婚成立に向けて調停を起こし無事に成立しました

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

本件では確実に不貞の証拠がありましたので交渉で時間を費やすよりも調停という裁判所での話し合いに持ち込み対応するのが得策でした。依頼者とともに協議して最後まできちんと話し合うことができたのが良かったです。

離婚・男女問題の解決事例 7

モラハラ夫との離婚事案

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は夫がモラルハラスメントが続いておりそもそも別居したいのですが、なかなか別居まで踏み出せずに弁護士に相談がありました。

相談後

弁護士に継続的しながら別居のタイミングを伺っていました。別居後に婚姻費用の申し立てで生活費を確保して離婚成立しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

モラルハラスメントをされている場合にはなかなか別居に踏み切ること自体が難しいことが多いです。別居まで多くの相談がありましたが、無事に最後まで対応して離婚成立ができました。悩んでいるところからのサポートもしておりますので一度ご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 8

ーマザコン夫との離婚ー親権及び養育費取得&慰謝料含めた納得解決

  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

相談者様は地元を離れて夫の仕事上夫のご両親家族の近くに子供らと住むことになりました。ところが、徐々に夫のモラハラや暴言等が数多くなり、ときには相談者様に危害が加わるようになりました。また、夫との喧嘩に義母が介入することもあり、夫が義母をかばったりすることも多く精神的に負担が多くなるようになりました。そこで、ネットを通じてご相談頂き、調停を起こすことにしました。

相談後

相談者様は「とにかく夫から離れたい」との一心でお話なされていましたが、よく聞いてみますとお子様のことも心配で、親権や養育費の取得も望んでいました、引越し代や当面の生活費等も請求するよう助言しました。
その結果、調停では、親権と適切な金額の養育費と慰謝料含めた解決ができ、依頼者様も納得しておられました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この相談者様は、「上手く離婚の話ができずに困っている。どうしよう。」というところから相談されました。はじめは本当にお悩み相談というよりも心の交通整理をさせて頂き、どのような状況で今後どうされていきたいかを丁寧にお聞きさせて頂きました。
なかなか初めの一歩が踏み出せない方も多くおられると思いますが、一緒にお悩み共有してどうするか考えていきませんか?まずはご相談されることが解決への一歩になると思います。

離婚・男女問題の解決事例 9

不倫した夫との離婚ー慰謝料300万円請求&スピード解決

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

相談者様は夫が不倫したことを発見し離婚を決意しましたが、なかなか夫にはそのことが言えませんでした。夫は典型的な亭主関白でモラハラのような言動が多く、踏み込んだ話ができなかったのです。
このため、どうしようか考えていたところ、一度軽く話を聞いて欲しいとのことでウェブサイトを通じて相談がありました。

相談後

確かによく聞きますと不倫の事実が明確ですし、平たくいえば「好き勝手している」という態様でしたので、ご相談者様とよく相談しあってとにかく離婚して慰謝料を300万円請求し、相談者様が満足するかたちでスピード解決しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

離婚相談を受けるにあたって戦略や法律論も大事ですが、その前にご相談者様が置かれた状況やお辛いお気持ちを理解するようにつとめております。
離婚問題は今後どのように自分自身が歩んでいくか、まさに人生にかかわる重要な局面と言えますので、そのような方々の気持ちを理解するように努めております。この相談者様もなかなか踏み込んだ考えができなかったのですが、弁護士と相談して勇気を出して前に歩んでいけることになりました。その勇気を出して前に歩んでいけるお力になっていけるよう精進していきたいと思っております。

離婚・男女問題の解決事例 10

財産分与で家を勝ち取った案件(妻側)

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 性格の不一致
依頼主 女性

相談前

相談者様は、夫と子供らと住んでいたところ、夫のあたりが徐々に厳しくなってきて、夫と性格が合わないようになってきました。夫には女性の影もありましたが、ある日夫が別居することになりました。そういう状況で、今後どうしたらよいのかということで、電話相談という形でお話を聞かせて頂くことになりました。

相談後

お電話で聞かせて頂くと養育費と財産分与で争いになってきそうということと、今後の生活費を確保するということで、離婚調停と婚姻費用請求の調停を起こしました。最終的には、調停が成立するまで夫側は婚姻費用を支払い続けて、慰謝料の代わりに財産分与として居住する家の夫の持ち分を全て得ることができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この案件は依頼者と協同して「最後まで闘うマインド」で財産分与を勝ち取った案件です。特にお子様のためにも家を手放したくないという気持ちが出て、相手に譲歩を引き出したものだと思っております。
よくご相談のなかでも、「モラハラ的被害・パワハラ的被害を受けて離婚したい」「不動産の財産分与ってどうするの?」っていうご相談があります。弊所では電話相談もやっておりますので、お気軽にお電話くださいますようお願いします。それが今回の事案のように解決の一歩になるかもしれません。宜しくお願い致します。

離婚・男女問題の解決事例 11

熟年離婚ー妻に離婚を応じさせたケースー

  • 性格の不一致
依頼主 男性

相談前

ご相談者様は会社経営者でしたが、長年妻との間で夫婦生活や性格が合わず、別居も考えている状況でした。妻の急に性格が変わったり変貌するところから精神的負担で、体にも支障が出てきてる状況でした。
そうしたところ、ネットを通じて電話相談があり、弁護士が対応していくことになりました。

相談後

ご相談後も相談を重ねて戦略を練ることから考えていきました。別居するにあたっても手順をどうするのか、今後の生活費をどうするのか等も重要な点です。また何より精神的負担でお体に負担がかかならないように手続を進める必要があります。
そのような状況において、最終的には離婚調停のなかで、これまでの言動やこちらの要望を主張することによって、離婚が成立することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

弁護士の中には、一旦依頼を受けてしまえば、その後あまり連絡をよこさず、ご依頼者様を不安にさせる人も少なからずいます。しかし私は、ご依頼いただいた後もこまめに連絡をするように心がけています。なぜなら、きちんとコミュニケーションを取ることで、信頼関係が担保され、ご依頼者様も弁護士に守ってもらっているという安心感が得られると思うからです。
このケースでも受任してから多くの時間をかけていき、本当に離婚が成立できて、相談者様が最後笑顔を取り戻すことができて良かったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 12

長年の苦痛からの解放ー妻側からの離婚請求が認められたケースー

  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

ご相談者様は夫と長年一緒に住んでおりましたが、あるときより妻への当たりが強くなり、時には激しく罵倒したり夜遊びが多くなったりして妻だけではなく家族にも被害が出る状況でした。ただ、夫が商売を営んでいる関係があったり子供さんらが小さいこともあったりしてなかなか離婚というところまでは踏み出せず、とにかく大変な状況を送っていられました。
そうした状況において、一度話だけでも聞いて欲しいということで、電話相談からスタートすることになりました。

相談後

相談を頂いてからもなかなか踏みきれなかったのですが、心の交通整理をして「大丈夫だ」「前に進めそうだ」という前向きな気持ちになっていただき、離婚調停を起こすことにしました。
その調停のなかでは、これまでの経緯や慰謝料のこと家のことなども主張して無事に調停で離婚が成立することになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

このご相談者様は経緯を聞かせて頂くと「自分は我慢しなければならない」と思い込んでいたようです。しかし、理不尽な扱いを受けている方が「我慢する必要は全くありません」
ご相談者様自体が弁護士と話をしながら心の交通整理をしていただき、少しでも「大丈夫だ」「前に進めそうだ」という気持ちになって頂くことも法律相談の重要な役割だと思っております。
これをご覧になっている方で、「弁護士に相談しようか迷っている」「こんなことを言っても大丈夫かな?」と心配されている方がいましたら、「全く心配しなくて大丈夫です」「一度気軽に話をしてみてくださいね」とお伝えしたいです。

離婚・男女問題の解決事例 13

◆亭主関白的な夫からの離婚◆ー相手方の家族からも冷たくされるー

  • 別居
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 親族関係
依頼主 30代 女性

相談前

ご相談者様は、ご相談時より別居なされておりました。とにかく夫が亭主関白的、ややもすればパワハラ的な扱いを受けていることに悩んでらっしゃいました。別居した理由についても、相手のご家族からも冷たくあしらわれており誰も守ってくれない状況で精神的負担が大きくなっている現状でした。
そうした状況において、弁護士が「親身に相談を聞いてくれた」こともあって、相談後に離婚調停の依頼がありました。

相談後

確かに離婚調停の際には相手方の言動からご依頼者様が悩まれていた状況がよく分かりました。ご依頼者様の希望としては離婚成立ということが一番の目的でしたので、そこに向けて早期解決できるように取り組ませて頂きました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

男性・女性問わず、これまで様々な男女問題や離婚問題に取り組ませて頂きました。手前みそになりますが、「なぜご依頼くださったのですか?」と依頼者様に聞かせて頂いたところ、「いくつかの事務所に相談してみましたが、一番話しやすかった」とか「親身に相談を聞いてくれたから」という嬉しいお言葉を頂きました。

法律論も重要ですが、離婚問題などは心のケア、一緒に悩んでともに解決できるように取り組むことが重要だと思っております。一度気軽に連絡してみてくださいね。

離婚・男女問題の解決事例 14

◆夫側からの離婚対応案件◆ー妻の不当な要求に応じず協議離婚で早期解決ー

  • 別居
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者様は、妻が突然別居して弁護士を立ててきて困っている状態から電話相談がありました。休日ということもありましたが、急ぎで対応してお話を聞かせて頂く必要があると判断して迅速に対応させて頂きました。その後、依頼を受けて対応しました。

相談後

どうやら妻側が言っている内容は誇張した内容ばかりで証拠もなかったため、それらには応じませんでした。毅然とした対応した上で依頼者様が納得する合意案で合意することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

法律相談というとどうしても敷居が高く感じられるかもしれませんが、本当に気軽に無料相談を利用してください。おそらくこのページをご覧になられている方のなかにも、「今の状態がいやだな」とか「どうしよう」とかストレスを感じている状況の方がいると思います。
そのような状況から少しでも離れるように心の交通整理をなされることをおすすめします。相談の中に愚痴が入っても何ら問題ないです。ゆっくり話をしてみて次どうするか、を一緒に考えていけたらと思っております。

離婚・男女問題の解決事例 15

◆モラハラからの脱出◆親権・養育費獲得◆不安・心配で一杯だった依頼者様が無事に離婚できたケース

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • セックスレス
  • モラハラ
依頼主 女性

相談前

相談者様は夫との関係が悪化しており離婚したいもののなかなか一歩が踏み出せず、ただ夫の顔色をうかがいながら生活する日々を送っていました。子供さんもいるので、今後のこともあるため、とにかくどうしようか迷っていたときに、無料相談で弁護士に問い合わせをすることになりました。

相談後

相談するまではとにかく不安で心配だったようで、初回相談の際は緊張していましたが、徐々にお茶を飲みながらゆっくり話ができるようになりました。そして、離婚調停を起こして、相談者様も調停内容に同意することができました。不安と心配がなくなってよかったと思います。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

実際にこれまで多くの離婚相談を受けてきましたが、はじめは緊張ぎみだったご相談者もお話が進むにつれ緊張が和らいでいくのが分かります。そうしてご相談者様が今後どうしていきたいのかを聞きながら、弁護士として解決方法をアドバイスさせていただきます。
費用のことも柔軟に対応させて頂きますので、お気軽にお問合せください。

離婚・男女問題の解決事例 16

◆精神的虐待を行ってくる妻と早期離婚解決◆

  • 別居
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
依頼主 50代 男性

相談前

相談者様は会社役員でありましたが、精神的な虐待を行う妻と上手く婚姻生活を営むことが難しい状況でした。時には激しく罵倒されたり喧嘩することも多々あり、子供たちとの会話もできなくなってきている状況でした。このため、まずは電話相談と思い、弁護士に連絡することにしました。

相談後

ご相談頂き、相談者様と二人三脚で離婚成立に向けて取り組むことにしました。別居の段取や子供たちとの面会交流のこともありましたが、早期に解決することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

離婚問題は、お一人おひとりに様々な事情があり生じております。特に離婚で弁護士に相談される方々は、あなたと同じように悩みを抱えていらっしゃる方ばかりであり、
出来る限り早い段階で弁護士と相談することで解決がスムーズになっていきます。
ともに最後まで解決を目指していきたいと思いますので、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 17

◆有責配偶者からの離婚成立◆決してあきらめずに粘り強く交渉した結果離婚成立ー

  • 不倫・浮気
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • 借金・浪費
依頼主 男性

相談前

相談者様は有責配偶者でありましたが、元々は妻の浪費癖等もあって上手く夫婦生活がいっていない状況でありました。このため、精神的負担が非常に多い日々を過ごしており、精神科へ通うほどに体調が悪くなっていきました。そういう状況において、まずは妻と離れたいということで、電話相談がありました。

相談後

相談を何度も継続相談して、なかなか依頼まで踏み込めませんでしたがようやく決心して依頼をしました。とにかく何度も打ち合わせをして離婚という目的を達成するために話合いました。最終的には調停にて離婚が成立することになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

有責配偶者からの離婚請求は平たくいえば相手方の同意がなければ原則的に認められないことが多いです。しかしながら、逆に言えば相手方の同意さえあれば離婚調停や協議離婚で成立することは可能です。いくつもの難しいハードルや条件もありますが、ねばり強く対応していけばゴールは見えてきます。今回の相談者様も何度も打ち合わせして、不安を払拭したり心配を除去したりどちらかといえば法律論の手前のところでのお話が多かったと思いますが、ねばり強くあきらめずにいればゴールには近づいていくものだと考えております。

離婚・男女問題の解決事例 18

◆慰謝料150万円◆接触禁止条項有り◆不倫への相手方への慰謝料請求 離婚しないケースでも金150万円獲得事例・スピード解決

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
  • 親族関係
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者様(夫)は、妻の帰りが遅いことを以前から気にしていました。こっそり妻の携帯を見たところ、残念なことに会社の同僚と不倫関係に至っていることに気づきました。夫としては、子供もいるので妻と離婚までは考えていませんでしたが、相手のことは許されずどうするか悩んでいました。
そうしたところ、ネットの口コミやページを見て当職のところに問い合わせがありました。

相談後

まずはご相談者様の希望を聞きました。どちらかというと妻の慰謝料請求も重要なのですが、相手に今後妻と連絡をとらないこと等を求めており、関係を修復したい、そのためにもきちんと妻と不倫相手との清算をさせたいというお話でした。
このため、相手方へ内容証明郵便で通知書を出して、相手と交渉しました。その結果、示談金としては金150万円、今後接触や面会等も行わない旨で解決することにしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

不倫の相手方への慰謝料請求とお考えのときに、離婚する場合に請求するもの、と思われている方もいるかもしれません。ただ、必ずしも離婚しないといけないものではないです。不倫の相手方との関係と自分のパートナー(妻、夫)と見直すことも重要です。このような不倫の問題はときには様々なことを幾つも同時に考えることになるかと思います。
その際は、遠慮なく弁護士に相談されてみてはいかがでしょうか。幾つもの問題を一つずつ論点整理していくことによりクリアになります。これだけでも弁護士に相談する価値はあるかと思います。一度弊所の不倫問題の初回無料相談制度を利用してみてください。

離婚・男女問題の解決事例 19

◆慰謝料220万円獲得◆不倫への相手方への慰謝料請求 証拠で心配だったけれども・金220万円獲得事例・スピード解決

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 性格の不一致
  • モラハラ
  • 親族関係
依頼主 女性

相談前

ご相談者様(妻)は、あるとき残念ながら夫のLINEから不倫の疑惑を持つことになってしまいました。内容から男女関係があると推測できますが、ネット上ではこれだけの証拠で足りるのか、というものに触れて泣き寝入りするのか、非常に悩んでいました。
また、ご相談者様としては、まずは夫が相手の連絡をとらないでほしいというところにも力点がありましたが、弁護士さんへ相談するハードルが高くてどうしようか悩んでいました。そうしたところ、弁護士ドットコムやグーグル検索で弊所を見て一度問い合わせがありました。

相談後

ご相談者様のお話を丁寧に聞かせて頂き、LINEの内容を拝見させて頂きました。当職としては常識的に考えても男女関係があると思いましたので、ご依頼を頂き相手方と交渉をしていきました。
内容証明を送ってからすぐに返事があり、LINEの内容を伝えると不貞関係を認めるに至り、最終的には220万円の示談金と、今後連絡、接触等も行わない旨の内容も含めて示談するにいたりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

不倫の相手方への慰謝料請求では証拠上で悩んでいる方が多いと思われます。ただ、その段階で悩まれているのは正直お辛い状況なのかなと思います。当職では、常識的に考えても慰謝料請求すべき事案かどうかをお伝えいたします。不倫の相手方への慰謝料請求では、初回は無料相談とさせていただいていますので、お気遣いはいりません。一度遠慮なく相談してみてください。前に踏み出す一歩が見つかればと思います。

離婚・男女問題の解決事例 20

◆解決金200万円◆親権獲得◆別居段階から御相談・戦略的に調停離婚(財産分与・年金分割)で円満解決した事案

  • 財産分与
  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

ご相談者様は妻側です。ご相談者様は、日ごろより夫のモラハラ、亭主関白的な部分で悩んでいました。子供を産んでからもずっと我慢する日々でしたが、子供をある程度成長したので離婚する決断をしました。ところが、決断までは良かったのですが離婚等するといいだすと、いろんな暴言を言われるのでなかなか前に進みませんでした。このため、どうすればいいのか、ずっとこのままの状態になってしまうのか、悩んでいたところ、かがりび綜合法律事務所を見つけていただき一度ご相談を聞くことにしました。

相談後

どうやらお話を聞きますと、要するに離婚の決断はできているが、別居のお話をされると暴言がひどくなる等のことでした。このため、ご依頼を頂き、別居のタイミングを決めて、それまでに離婚への用意周到を行い、別居するタイミングで弁護士から通知を入れて、離婚調停、生活費の請求を同時に行うという方法をしました。
このため、別居からの定期的に打ち合わせを行い、いざというところで弁護士から通知をいれて、ご相談様は離婚調停が成立するまで相手方と顔をなるべくあわさない形で離婚することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

離婚のお話を聞いていますと、離婚したいが別居することの一歩が踏み出せないという方がたくさんいらっしゃいます。確かに別居するというのは不動産物件を探してその物件への引っ越し、相手方への連絡、または何か嫌がらせされるのではないかとかいろんな不安が出てきます。離婚調停から弁護士を入れるというのでは、なかなか一人この一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。かがりび綜合法律事務所では、別居の段階から御相談を聞いてサポートすることもできます。一度ご相談してみて一歩を踏み出せるように頑張っていただければと思います。

借金・債務整理

分野を変更する
◆高評価口コミ・感謝の声多数◆借金問題は何度でも相談無料◆完全個室・秘密厳守◆当日・休日夜間相談可◆借金問題を解決に導けるよう全力でサポートをいたします。
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所

ご依頼者様の話を親身に聞き、お悩みごとと誠実に向き合います!

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆高評価口コミ・感謝の声多数◆

「感謝の声」をぜひご覧下さい。
https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27106/l_339217/voice/

◆迅速な解決を目指してサポート!

前事務所では、借金問題を全国規模で多数扱う事務所に所属し、たくさんの事件を解決してきました。このため、自己破産案件(管財案件も含む)でも個人再生案件でも裁判所がどのような視点を重視しているのか、これを前もって相談段階からアドバイスできます。

まずはご相談にお越しいただき、現状をお話ください。借金の状況によっては、借金返済の辛い状況から解放できる方法をご提案させていただきます。ご相談者様の実情に応じて経緯を説明して多くの交渉・報告を行ってきましたので、これまでの経験を踏まえて適切にサポートいたします。

一日も早い解決を目指して尽力いたしますので、安心してお任せください。

◆安心・充実のサポート体制

【1】早期解決のためにも初回相談は無料!
【2】状況に応じて分割払いや後払いに対応
【3】当日・休日・夜間(20時まで)の相談に対応
【4】電話相談も可能です!
【5】メール予約は24時間いつでも受付!


借金問題は、生活の基盤を揺るがす問題ですので、早い段階で弁護士にご相談いただくことをお勧めしております。
少しでもお困りの際は、一度当事務所へご相談ください。

◆弁護士費用について

借金問題・トラブルはなるべく早期の段階で弁護士に相談することが大切だと考えているため、初回法律相談は無料としております。
費用につきましても、経済的に余裕のない方には特段の配慮をさせていただいたり、分割対応もしておりますので、初めての方でもお気軽にご相談ください。

◆このようなお悩みはありませんか?

・2社以上から借入をしてしまい滞納、返済ができなくなっている。
・借金がいくらなのか分からない。
・借入の審査に落ちて、今月の返済すら危ぶまれている。
・長期間返済が続いていて、一向に借金が減らずに悩んでいる。
・消費者金融や銀行からの督促があって困っている。
・滞納して一括請求がきたり、裁判所からの通知がきてしまった。
・借金生活よりも少しでも余裕のある生活がしたい。

【重点取扱案件】
・自己破産
・過払い請求
・ヤミ金対応
・任意整理
・個人再生

ーーーーーーーーー
◆アクセス
・四ツ橋線 『 本町 』 1 分
・中央線 『 本町 』 2 分
・御堂筋線 『 本町 』 3 分

この分野の法律相談

【相談の背景】 障がい者で生活保護、自己破産の免責が確定しました 【質問1】 引っ越しする際、家族や親戚に自己破産はばれるのでしょうか?

【質問1】 引っ越しする際、家族や親戚に自己破産はばれるのでしょうか? 大変お困りだと思いますので、お答えいたします。 普通は自己申告をしない限り、知られないでしょう。

野条 健人弁護士

【相談の背景】 コロナ禍で収入が安定せずそこから始めてしまったギャンブル(パチンコ等)が原因で消費者金融3社から合計200万ほどの借入有り。 そこで一年前に司法書士の方へ自己破産の相談を行い、受任通知をし債権者からの催促をストップしている状況です。 また精神的に不安定になりその間にギャンブルを...

大変お困りだと思いますのでお答えいたします。 司法書士の先生が辞任された後でも、ご依頼を引き受けれる弁護士先生がいれば問題ないでしょう。確かに浪費行為ですし受任通知後というところはありますが、これが直ちに免責にならないこともなく、最後まで反省されていたら問題ないです。 少額管財になるかどうかは、資力等も含めて総合的に判断されることになりますから、その司法...

野条 健人弁護士

【相談の背景】 自己破産について質問お願い致します。 現在自己破産を考えて手続きしています。 携帯を自分名義で3台持っており、母、兄、自分、の携帯です。 自分と母の分は破産の申請をしようと思い、兄だけ名義変更をしました。 そこで質問ですが、名義変更する日までの1ヶ月間の携帯料金を破産手続きに入れ...

既に弁護士の先生が言われているとおりだと思います。 ただ、大変お困りな状況ですので、一度弁護士さんにご相談されることをおすすめいたします。

野条 健人弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回法律相談無料/2回目以降は30分5,000円(税別)
(ご依頼頂いた際には法律相談料は頂戴いたしません)
備考欄 ご費用を捻出できない場合に備えて分割払い制もありますので、ご相談・ご依頼しやすいようにさせて頂いております。費用につきましては案件内容によって費用のご説明させて頂きますので、お気軽にご相談くださいますようお願いいたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(20件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【任意整理・将来利息のカット 毎月の返済額減少】

  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は、ショッピングによるカード浪費をしており、銀行による借入に連帯保証人をつけていたため、なかなか債務整理の相談に踏み切れずにいましたが、徐々に返済が苦しくなり弁護士に相談をしました。

相談後

債務整理の選択肢を説明した後、どうしても連帯保証人の方に迷惑をかけられないということでありましたので、効率よく返済をしていくために任意整理という方法を選択し、将来利息等をカットする和解契約を行い、毎月の返済額も大きく減少しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

債務整理(借金の整理)には幾つものの方法があります。置かれている立場や状況を詳細に聞き取らせて頂きよりよい方法をご提案し対応させて頂きますのでご安心してご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

【自己破産(個人経営) 既に営業せず負債のみが残っているケースで免責決定が出たケース】

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

相談者様は、個人経営で建築業を営んでいましたが、不況により建築業を廃業し別の仕事についていました。建築業で抱えた借金は残っていましたが、別の仕事に就いていたため少しずつですが返済していました。ところが、別のお仕事も体調により長く続けられなくなってきたため、不安になりご相談がありました。

相談後

相談後、負債の金額も相当大きく今後返済を継続していくことは不可能と判断し、自己破産という方法をとりました。最終的には自己破産により負債(借金)は返済しなくてもよくなりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

自己破産と聞くと皆さん嫌なイメージを持たれますが、債務整理(借金整理)をするにあたっては多くの方がこの選択をとられています。また、現実的にも生活用の財産は確保できたりしますので、弁護士に相談しながらどの選択をとっていくのが良いか共に決めていきましょう。

借金・債務整理の解決事例 3

【自己破産・ゲームによる課金が原因・免責決定が下りたケース】

  • 自己破産
依頼主 10代 男性

相談前

相談者様はサラリーマンですが、携帯ゲームに依存してしまい、次々と課金を行ってしまい、いつのまにか多重債務者になってしまっていました。総額500万円の近くの借入になってしまい、毎月の返済も大変苦しくなってきたところ、弁護士に相談がありました。

相談後

相談後、収支のバランスが著しく偏っており、支払不能状態といえましたので自己破産の依頼として依頼を受けました。今後の家計収支を適切にするようにアドバイスをさせて頂きました。確実に携帯ゲームによる浪費が原因ですので、裁判所には今後携帯ゲームを行わない等の報告を行い、無事に免責決定が出て、債務(借金)は返済しなくてよくなりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

法律論的には難しい議論がありますが、ここでは割愛させて頂き、どのような借金の問題でも粘り強く報告したり、依頼者と協働したりすると解決は見えてきます。ともに解決を目指して取り組んでいきましょう。

借金・債務整理の解決事例 4

【任意整理・滞納が始まり不安になってきたためご相談したケース・将来利息のカット・毎月の返済額減少】

  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

相談者様は仕事上クレジットカードで支払もすることがあり、その際に時より生活費を補うために複数のカードを利用していました。ところが、仕事による収入が減ってしまい、支払を滞納しました。督促の電話が一気にかかってきたため、弁護士に相談をしました。

相談後

債務整理の選択肢を説明した後、自己破産という選択もありましたがご自宅を失いたくないということから任意整理という方法をとりました。弁護士に依頼した後に督促の電話は鳴らなくなり、将来利息のカットができ、毎月の返済額も減少しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

滞納してしまうと、督促の電話や一括請求の通知が来るようになります。また、支払いが遅れたとして遅延損害金が発生したりします。また、このような状況になると他のカードを使ったりして借金で借金を返済するという最もよくない返済をすることにもなりかねません。弁護士に債務整理の依頼を行うと、一括の請求の通知や督促をストップできます。このような方はお気軽に一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 5

【自己破産・借金がいくらか分からなくなっているから相談から始まり・免責決定が出たケース】

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

相談者様は年金生活者ですが、10年以上前に病気がちになったこともあり毎月の返済額より非常に少ない金額だけを少しずつ返済していましたが、残りの借金がいくらになっているか、それも分からない状況で債務整理をしたいと考え、相談がありました。

相談後

相談後、債務整理案件として受任し債権調査(借金の総額を調査)すると、1000万円近くあることがわかりました。相談者様は元金を支払っておらず、これまでの遅れていった損害金がどんどん積もっている状況でありました。このため、自己破産の方法をとり、最終的には免責(借金)がおり、現在は年金暮らしのままで借金を返済しないでもよい状態になっています。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

ご自身の借金がいくらになっているか不明の場合は危険です。今回のように、利息しか払っていなくて元金が減っていないケースや滞納していた遅延損害金もプラスされていることもあります。債務整理(借金の整理)はこれ以上借金を増やさないために、できることがたくさんあります。一度お気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 6

【任意整理・主婦で生活費を補うための借入・将来利息のカット&毎月の返済額の減少】

  • 任意整理
依頼主 40代 女性

相談前

相談者様は主婦ですが、生活費を補うために借入を始めました。家族の大黒柱である夫が体調を崩した時期にさらなるカードの借入を隠れて行う等して、家族には秘密のなかで多重債務者となってしまい悩まれていました。そこで、弁護士に相談がありました。

相談後

本人と相談後、自己破産は避けたいが債務整理はしたいということでありましたので任意整理という方法をとりました。毎月いくらなら返済できるか等の相談を行い、将来利息のカットができながら毎月の返済額も減少しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

任意整理をとる場合には幾らであれば毎月返済できるのかということを我々は考えます。債務整理を行う以上借金を効率よく返済していってほしいからです。また相手方との関係ではご事情を踏まえた主張を行っていき、分割払いの期間の交渉も行います。弁護士に依頼すると、基本的には一度借金やローン、クレジットの返済はストップしますのでご安心してご相談してください。

借金・債務整理の解決事例 7

【任意整理・滞納が始まり不安になってきたためご相談したケース・将来利息のカット・毎月の返済額減少】

  • 任意整理
依頼主 40代 男性

相談前

相談者様は仕事上クレジットカードで支払もすることがあり、その際に時より生活費を補うために複数のカードを利用していました。ところが、仕事による収入が減ってしまい、支払を滞納しました。督促の電話が一気にかかってきたため、弁護士に相談をしました。

相談後

債務整理の選択肢を説明した後、自己破産という選択もありましたがご自宅を失いたくないということから任意整理という方法をとりました。弁護士に依頼した後に督促の電話は鳴らなくなり、将来利息のカットができ、毎月の返済額も減少しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

滞納してしまうと、督促の電話や一括請求の通知が来るようになります。また、支払いが遅れたとして遅延損害金が発生したりします。また、このような状況になると他のカードを使ったりして借金で借金を返済するという最もよくない返済をすることにもなりかねません。弁護士に債務整理の依頼を行うと、一括の請求の通知や督促をストップできます。このような方はお気軽に一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 8

【自己破産・借金がいくらか分からなくなっているから相談から始まり・免責決定が出たケース】

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

相談者様は年金生活者ですが、10年以上前に病気がちになったこともあり毎月の返済額より非常に少ない金額だけを少しずつ返済していましたが、残りの借金がいくらになっているか、それも分からない状況で債務整理をしたいと考え、相談がありました。

相談後

相談後、債務整理案件として受任し債権調査(借金の総額を調査)すると、1000万円近くあることがわかりました。相談者様は元金を支払っておらず、これまでの遅れていった損害金がどんどん積もっている状況でありました。このため、自己破産の方法をとり、最終的には免責(借金)がおり、現在は年金暮らしのままで借金を返済しないでもよい状態になっています。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

ご自身の借金がいくらになっているか不明の場合は危険です。今回のように、利息しか払っていなくて元金が減っていないケースや滞納していた遅延損害金もプラスされていることもあります。債務整理(借金の整理)はこれ以上借金を増やさないために、できることがたくさんあります。一度お気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 9

【任意整理・主婦で生活費を補うための借入・将来利息のカット&毎月の返済額の減少】

  • 任意整理
依頼主 40代 女性

相談前

相談者様は主婦ですが、生活費を補うために借入を始めました。家族の大黒柱である夫が体調を崩した時期にさらなるカードの借入を隠れて行う等して、家族には秘密のなかで多重債務者となってしまい悩まれていました。そこで、弁護士に相談がありました。

相談後

本人と相談後、自己破産は避けたいが債務整理はしたいということでありましたので任意整理という方法をとりました。毎月いくらなら返済できるか等の相談を行い、将来利息のカットができながら毎月の返済額も減少しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

任意整理をとる場合には幾らであれば毎月返済できるのかということを我々は考えます。債務整理を行う以上借金を効率よく返済していってほしいからです。また相手方との関係ではご事情を踏まえた主張を行っていき、分割払いの期間の交渉も行います。弁護士に依頼すると、基本的には一度借金やローン、クレジットの返済はストップしますのでご安心してご相談してください。

借金・債務整理の解決事例 10

【自己破産・ショッピング等での利用が原因・家族とかにも言えずに悩まれる日々であったが、自己破産により免責したケース】

  • 自己破産
依頼主 20代 女性

相談前

相談者様はOLさんで、ショッピングや交際費等で次々とカードを利用していたため、どれくらいの借金になっているか考えていませんでした。そして、明細を見ると驚くとともに返済が難しい状況になってきました。ただ、借金問題のことを家族や友人に相談できずに悩まれていたため、借金が膨れ上がり、多重債務者になってしまいました。この段階で弁護士に相談しました。

相談後

債務整理の選択肢を説明した後、自己破産という選択を行いました。借金問題での弁護士費用については分割払いにしておりますので、分割払いにして対応させて頂きました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この方は借金問題について誰にも相談できずにいたため非常に不安になられていました。弁護士相談というのは人生上経験するかしないかという方が多いので心配なされる方もいると思いますが、我々弁護士はこのような相談者様と同じような悩みをもたれている方からたくさん相談を受けてきましたので、一人で抱え込まれずにご相談いただけばと思います。

借金・債務整理の解決事例 11

【自己破産・ギャンブルによる浪費が原因・免責決定が出たケース】

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

相談者様はギャンブルによる浪費が原因でカードローンやクレジットカードにより借入を行いました。最初は返済できていましたが、徐々に無理がかさなり出来なくなりました。滞納を続けていると裁判所や債権回収会社からの通知がきてしまって、どうしようかご不安になられているところ、弁護士に相談しました。

相談後

ギャンブルによる浪費は法律上免責不許可不事由に該当しますが、最終的には今後の更正やこれまでの経緯をきっちり説明することにより債務は免責となり支払をしなくてもよくなります。相談者様もこの後弁護士に依頼して対応していったことで免責決定が出て、無事に解決となりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

ギャンブルによる浪費は、今後同じようにならないようにするため裁判所に特に報告することがあります。このため、相談段階から色々とお話を聞かせて頂き対応する必要があります。また、この方のように裁判所や債権回収拐取から通知が来て放置をしておくと、電話が次々とかかってきたり、裁判による判決が出て銀行口座の差押え等もなされてしまう可能性があります。このような危険な状態を放置していることもよくありませんが、こうなってしまっている方も少なくありません。ですので、一度思いあたることがありましたら、ご相談頂ければと思います。

借金・債務整理の解決事例 12

【自己破産・主婦で生活費を補うための借入・免責決定が認められたケース】

  • 自己破産
依頼主 40代 女性

相談前

相談者様はパート兼専業主婦の方ですが、生活費を補うために借入を行っていました。子供の入学式や病気等の家庭的にお金がいる状況になるとカードで借入を行って乗り切っていましたが、徐々に債務の金額も大きくになり立ちゆきできなくなってきたため、弁護士に相談がありました。

相談後

本人と相談後、借金は一度リセットして今後の生活をまず立て直したいということがありましたので、自己破産という選択をとりました。借金の金額は200万円弱でしたが、収入からするとなかなか容易に返済はできない状況でした。破産に至った経緯も細かく記載することが必要な案件でしたので、細かく記載を行い最終的には免責決定が出て無事に終了しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

消費者金融の利息は高いので、カードローンも幾つも抱えるとあっという間に返済ができなくなることがあります。主婦の方でもたくさんのご相談を受けております。また、この方は自動車が生活必需品のため自動車を手放す必要はありませんでしたので、一度ご不安な場合でもご相談頂ければと思います。

借金・債務整理の解決事例 13

【任意整理・家族に内緒での借入・将来利息カット&毎月の支払金額の減少】

  • 任意整理
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様はサラリーマンの方ですが家族には内緒でお小遣いに代わって自己のカードを作成して借入を行っておりました。ところが、収入が減少したため容易に返済することができずに困っていたところ、弁護士に相談しました。

相談後

金額的にも大きな金額ではありませんでしたが、滞納したことにより一括請求がなされている状況でしたので、相手方と交渉して分割払いにしてもらい、将来利息カット&毎月の支払金額の減少での和解が成立しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

借金問題は金額の大きな問題というわけではありません。相談者様が借金の問題で悩まれているということであれば、それは総じて借金問題になります。本件でも滞納して一括請求がなされていた場合であっても、交渉によっては将来利息をカットして毎月の支払金額の減少での和解ができることもありますので、一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 14

【自己破産・交際費の増加と生活費を補うため・闇金対応有・免責決定が出たケース】

  • 自己破産
  • ヤミ金対応
依頼主 50代 男性

相談前

相談者様は仕事の交際費の増加と生活費を補うためにカードローンによる借入を行っていましたが、それでは十分に対応できずに闇金まで手を出してしまいました。毎月の返済に余裕がなく借りては返しの繰り返しでいたところ、以前のご相談者の紹介でご相談を頂きました。

相談後

闇金に対しては暴利行為と思われる行為もあったため、内容証明郵便にて警告をし、同時に債権調査も行い、最終的には無事に免責決定が出ました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この相談者様は毎月の返済のことをいつも考えており、大変お辛い状況だったと思われます。また、闇金からも不当に請求がなされ、電話越しで厳しい態度をとられたりしていましたが、弁護士が介入するとその行為はおさまりました。弁護士にご依頼頂けば、基本的には消費者金融などの貸し側からの督促や取り立てはストップします。ご本人様の精神的負担も大きく軽減されますので、一度ご不安やご心配の方はご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 15

【自己破産・クレジットカードの多重債務・免責決定が認められたケース】

  • 自己破産
依頼主 30代 女性

相談前

相談者様はクレジットカードの多重債務者でしたが、ご相談前に気にしていた大きなことが弁護士費用のことでした。

相談後

当職が弁護士費用の分割払いの説明を行い、そこで安心してご依頼をされました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

当事務所では債務整理の費用は分割払いが可能です。初期費用としても入金なしで手続が可能で分割払いとなります。なので、今すぐまとまったお金がなくてもご依頼していただくことは可能です。弁護士に依頼すると一旦借金の返済はストップしますのでその間に弁護士費用の分割払いをしていただくことが可能です。一度、費用の点でお悩みの方でもご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 16

住宅ローン特約付き個人再生手続の活用にて、借金圧縮しながら住宅を守る

  • 個人再生
依頼主 男性

相談前

ご相談者様は、会社員ですが以前幾つか大きな借金をしないといけないことがあり、カードローンを利用することになりました。ところが、カードローンの利息がつもっていき、リボ払いもしていったことによりますます借金が膨らんでいきました。
ただ、住宅については子供たちがまだ幼く住宅を守る必要もあったところ、自己破産しかないのかなとあきらめがちなところでご相談がありました。

相談後

ご相談者様は定期的な収入がありましたので、きちんと圧縮した借金を支払っていけるという計画をたてて認可がおり、住宅を守りながら債務整理ができることになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

意外にも住宅を守りながら借金が圧縮できるという制度があることを初めて知られた方もいるかもしれません。この制度は幾つもの要件があってハードルが高いと思われがちですが、きちんと要件を充足していれば住宅を守りながら債務を圧縮できます。同様の心配をお抱えの方は一度ご相談くださいますようお願いします。

借金・債務整理の解決事例 17

働き方改革により支払困難に 住宅ローン特約付個人再生の利用で再建

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

ご相談者様は世帯主の大黒柱でありましたが、これまではカードローン等も使っても支払可能でしたが、働き方改革で給料が相当減ってしまい、住宅ローンですら支払うことが難しくなってきました。このため、かがりび綜合法律事務所へ相談がありました。

相談後

計画案を作成して認可がなされるよう依頼がありました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

「個人再生」は裁判所に申し立てることによって、一定の財産を処分することなく、債務を大幅に軽減してもらうことが可能になる手続です。なかでも大きなメリットは、「住宅特別条項」の活用によって、住宅ローン以外の債務を大きく圧縮できる点です。住宅ローンを払い続けることで、マイホームを失うことなくそのまま住み続けることができるわけです。

つまり個人再生は、破産によって自宅などの財産を失ってしまうことなく、債務負担を大きく軽減できる方法として有用性は高いものです。ただし、裁判所に対して綿密な支払い計画の提出が必要であるなど、確かな経験をもつ弁護士のサポートが欠かせませんから、どうぞご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 18

二度目の自己破産のケース

  • 自己破産
依頼主 女性

相談前

ご相談者様は過去に20年前あたりに自己破産したことがありましたが、再婚なされて健全な生活をしていました。ところが子供たちの成長に伴って相当費用が支出することになり、再度カードローンで借入することになりましたが、雪だるま式に借金が膨らんでしまい、二度目の自己破産をしたいと思い、ご連絡がありました。

相談後

ご依頼があり、手続すすめていき二度目の自己破産が認められました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

新しい生活をスタートするために必要な前向きな手段
任意整理では解決が難しいほど借金の額が大きく、継続して返済できない状態になった場合に、裁判所に申し立てる法的整理が「自己破産」です。破産による免責が認められると、それまでの借金がなくなるという大きなメリットがあります。

一方で自己破産については、言葉のイメージからか、必要以上にネガティブにとらえる方が少なくないようです。もちろん、選択の際に留意すべき点はいくつかありますが、破産後の生活が大きく変わるわけではありません。あくまでも、新しい生活をスタートするための前向きな手段であることをぜひ知っていただきたいと思います

借金・債務整理の解決事例 19

ギャンブル・FX原因でも自己破産ができた事例

  • 自己破産

相談前

ギャンブルやFXが原因の場合、自己破産ができないのではないかと悩んでおり、この相談がありました。

相談後

相談後も適切に対応して自己破産ができることになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

◆ 借金問題、弁護士に相談すればメリット多数!
━━━━━━━━━━━━
積み重なった借金。「返せる気がしない」と、お悩みを一人で抱えていませんか?
そんな時は、まずはご相談ください。
これまで、沢山の方から借金のご相談をお受けしてきました。その多くが、「もっと早くに相談すればよかった!」とおっしゃっています。

【債務整理のメリット】
(1)最短で即日、金融業者からの催促が止まります
鳴り止まない催促の電話、自宅への業者押しかけ・・・あなたを悩ます借金の催促から、最短で即日、解放されます!

(2)家族や職場にバレにくい対応が可能です
弁護士には守秘義務があります。また、様々な案件を担当してきましたので、極力、家族や職場にバレにくい対策を講じた上で、借金問題を解決へと導きます!

(3)返済額を大幅減額できる可能性があります
債務整理には様々な手法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。お話を伺う中で、あなたに一番合った債務整理の方策を、一緒に考えていきましょう。
どの方策を取った場合でも、現在払っている月々の返済額は、減額できる可能性が高いです。たとえば自己破産であれば借金はゼロになりますので、もはや返済の必要性はなくなります。また、個人再生であれば債務総額が圧縮されますし、任意整理であれば利息部分の一部を免除してもらえることが通常です。

借金・債務整理の解決事例 20

働き方改革により給料減少 自己破産へ(管財にならなくて済んだ・家族にも内緒で済んだ事例)

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者さんは、これまで特に問題がない生活を送ってきました。消費者金融から生活費を補ったり交際費に用いたりする等していましたが、特に返済もできておりました。ところが、以前からの働き方改革により残業代が減少して、支払いが難しくなり、借金で借金をするようになってきました。
このため、野条先生のところに相談をすることにしました。

相談後

先生のところに相談すると、家族にも内緒にご対応いただき、電話も時間が指定できるということもあり依頼をすることにしました。その後、退職金や賞与の関係もありましたが、管財事件にはならない形で無事に自己破産をすることができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

一方で自己破産については、言葉のイメージからか、必要以上にネガティブにとらえる方が少なくないようです。もちろん、選択の際に留意すべき点はいくつかありますが、破産後の生活が大きく変わるわけではありません。あくまでも、新しい生活をスタートするための前向きな手段であることをぜひ知っていただきたいと思います。

ベテラン事務局長と弁護士が二人三脚で迅速に対応
当事務所では経験豊富な弁護士が、手続を滞留させることなく2名の事務員と二人三脚で迅速に処理を進めてまいります。当事務所の事務局長は30年以上のキャリアをもつベテランでもあり、スタッフ全員が常に債務整理の研鑽を積んでおります。弁護士はもちろんスタッフも裁判所ごとのスタンスの違いや手続の特性などもよく理解しています。

破産に関して裁判所に納める費用の面でも、依頼者の方にとって最もメリットのある形で手続を進めていくことができますので、どうぞ安心してお任せください。

交通事故

分野を変更する
◆高評価口コミ・感謝の声多数◆初回相談無料◆出張相談可◆増額結果多数◆見通しや流れも丁寧に説明して少しでもご不安が取り除けるようにサポートさせていただきます!
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所

ご依頼者様の話を親身に聞き、お悩みごとと誠実に向き合います!

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆高評価口コミ・感謝の声多数◆

「感謝の声」をぜひご覧下さい。
https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27106/l_339217/voice/

◆どのようなお悩みもご相談ください!

これまでに500件以上の交通事故案件に関わってきました。
事故に巻き込まれてケガをしたので今後どうすればいいのか不安に思っている方、治療の終了時期や後遺障害の認定方法について相談したい方、保険会社からの示談金額に納得できずにお困りの方など、どなたの相談でも受け付けております。また、交通事故案件については、医師や整骨院などの医療者や損害保険代理店からのご紹介もいただいており、上記の件数にもありますように、これまでの豊富な経験を生かして対応しております。

交通事故のご相談者様は、突然の事故で大変苦しい思いをされている方がほとんどであり、今後のお身体や賠償についてご不安な気持ちを多くもたれています。
そのため、ご相談者様に寄り添って迅速な対応を行っていくことが重要だと考えています。特に、被害者様は犯罪被害者でもあります。過去には犯罪被害者制度を利用した対応も行ってきましたので、刑事手続に参加したいとお考えの方も、まずは一度ご相談ください。

◆安心・充実のサポート体制

【1】怪我の状態等によって出張相談を実施
【2】気兼ねなく相談いただけるよう初回相談無料!
【3】弁護士費用特約の利用も可能!
【4】電話受付は20時まで対応(相談は事前予約制です)
【5】精神的に寄り添ったサポートを重視


賠償金の増額を目指して被害者救済を行っていく姿勢とともに、交通事故に遭われた方の多くは、大きなストレス、不安などに悩まされます。ご自身で解決を図るには証拠の収集、事実関係の争いなどの多くの調査を行ったり、保険会社との交渉などで労力も多いことになりますので、少しでもストレスや労力から解放できればと思い日々執務に取り組んでおります。

◆弁護士費用について

お金の心配をせずに気兼ねなくお話頂くため、初回相談は無料です。
弁護士費用特約保険に加入されている場合には原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。また、弁護士費用特約保険に加入されていない場合であっても、交通事故被害者を救済するために、完全成功報酬制を取り入れ、全面的にバックアップする体制を整えております。

◆このようなお悩みはありませんか?

・初めての事故でどうしたらよいか分からない。
・保険会社から専門用語を色々と言われ不安なので、トータル的なサポートが欲しい。
・しびれなどで体の調子が以前と異なって違うため、補償をきっちりしてもらいたい。
・交渉でしっかりと補償をしてもらいたい。
・示談提示がきたが、これが相場なのか分からずに困っている。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
・法律相談に行きたいが、怪我で行くことが難しくまずは電話相談してみたい。
・自分や家族が事故にあい、大変な状態なのでまずは話を聞いてもらいたい。

【重点取扱案件】
・示談交渉
・自賠責保険金請求
・後遺障害等級認定
・交通事故裁判
・被害者参加制度

ーーーーーーーーー
◆アクセス
・四ツ橋線 『 本町 』 1 分
・中央線 『 本町 』 2 分
・御堂筋線 『 本町 』 3 分

この分野の法律相談

【相談の背景】 2020年12月に知人のエンジンのかかった停車中の車と私(車外)の人身事故がありました。救急搬送された病院とは違う病院で治療を受けていました。診断結果は肩関節唇損傷とCRPSであると診断され可動域は3分の1もない状態でした。担当医からは、これ以上改善できない治療できないと伝えられました。...

異議申し立ての審査によって違うのかと思いますが、何かしら不服があったのだと思いますが、相手方保険会社が異議申し立てをするというのはなかなかケースとしては珍しいと思います。 質問3は慰謝料等で考慮されるべきことだと思います。案件によっては弁護士対応も考えてもいいかと思います。

野条 健人弁護士

【相談の背景】 交通事故により腰椎ヘルニア、脊柱菅狭窄症と頚椎ヘルニア、脊柱菅狭窄症、OPLLとの診断ですが、腰は術後すぐに再発(原因不明)を繰り返して神経障害が残ってます。首は手術予定だが腰の回復が遅いので、このまま症状固定しようと思ってます。特に首の痺れ、痛み、睡眠障害、上腕三頭筋萎縮と膝反射...

大変お困りだと思いますのでお答えします。 後遺障害診断書にはOPLLは記載してもらった方が良いのでしょうか? 実際に記載してもらえるのであれば記載してもらう方が良いと思います。 この場合は首の神経障害12級を目指すのか? 12級13号を目指すことになると思います。 運動障害の異常も記載すれば上位等級も対象になるのでしょうか?回答...

野条 健人弁護士

【相談の背景】 1年半前に交通事故に合いましたが、信号のない交差点で当方二輪車、相手は車で一時停止線を無視しこちらを確認しないで当たって来ましたので、過失割合は相手方100%、当方は0%となりました。事故で手首骨折、前歯の根本が割れる怪我となり、手首はすぐに手術して金属を入れて1年後に取り出しとな...

大変お困りだと思いますのでお答えいたします。 以下でお答えいたします。まずお体無理なされないでくださいね。 【質問1】 最近相手方の保険会社から、私の健康保険を使って欲しいとの申し出がありました。今まで通り相手方の保険会社が全額負担するのと、私の健康保険を使って3割を保険会社に負担してもらうのとどちらがいいのでしょうか →健康保険治療され...

野条 健人弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回法律相談は無料/30分以降は30分毎に5,000円(税別)
着手金・報酬金 【弁護士費用特約に加入している場合】
着手金 経済的利益の8%(ただし、最低着手金100,000円)
報酬金 経済的利益の16%(約款によっては最低報酬金200,000円)

 【弁護士費用特約に加入していない場合】
着手金 0円
報酬金 20万円+経済的利益10%(税別)
備考:(弁護士費用特約保険に加入されている場合には直接保険会社にご請求させて頂きますので、殆どの場合がお客様でご費用負担していただかなくて済む場合が多いです。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(21件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【後遺障害14級9号(神経症状)認定 大幅に後遺障害による逸失利益と慰謝料が増額したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

美容師の依頼者様は追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負い、むち打ち症で悩んでられていました。そこで、治療の打ち切りと後遺障害認定の申請、慰謝料増額のサポートを希望し、弁護士の当職に相談されました。

相談後

相談後に依頼を行い、弁護士が保険会社との交渉窓口になり、治療の打ち切りや後遺障害認定の申請の全般的にサポートしてもらえました。その結果、後遺障害14級9号が認定され、美容師としての仕事がうまくできなかったことによる補償については、弁護士さんが相手方保険会社と交渉し、当初の提示額より大幅に増額してもらい、無事に円満示談が成立しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

加害者保険会社側が労働能力喪失率とその期間を争うことは少なくありません。労働能力喪失率の認定に当たっては昇進、昇給等における不利益、業務への支障、退職・転職の可能性、本人の努力、勤務先の配慮等が考慮されることになります。
本件では、業務への支障と勤務先の配慮について特に主張を行いました。Xさんは美容師であり、長時間同じ態勢を取ることが辛く、長時間カットすることが困難になっていること、勤務先もこれらの事情を斟酌してカットが難しくなっている場合には他のスタッフに代わってもらったり配慮してもらったりしていること等の主張を行い、上記の案で解決することになりました。
個人的には労働能力喪失の程度は他の職に比べて大きいと思いましたが、Xさんが裁判ではなく示談交渉の中で迅速な解決を求めていたため、示談ということで解決しました。
交通事故でお困りのかたは一度ご相談いただければと思います。

交通事故の解決事例 2

【後遺障害12級13号(神経症状)・後遺障害による逸失利益が問題となったものの、総額1100万円で円満示談したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

配達会社にお勤めの依頼者様は追突事故に遭い、頚椎損傷等の傷害を負い、長期にわたりリハビリをされていました。今後の補償について不安が出てきて、しっかりとサポートをして欲しいという要望により、弁護士に相談することにしました。

相談後

相談後、弁護士に依頼を行い、後遺障害認定の結果12級13号として認定されました。依頼者様は配達業の従業員でしたが、交通事故により大きな減収はなく、当初は後遺障害による補償といわれる逸失利益について、あまり認定してくれませんでしたが、弁護士さんが懸命に交渉を行ってくれたため、当初の金額より高い総額1100万円で示談しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

依頼後に依頼者様より事情を詳細に聞き取りしました。確かに減収はありませんが以前の仕事に比べて内勤が多くなっていること事故により仕事量が減少し職場の上司より昇給が難しくなっていること、配達業での力作業が出来なくなり転職が考えざるを得ないこと等が分かりました。これら聞き取り内容を分析して主張を行ったり、職場の上司に聞いてもらったりした内容を証拠として提出したりしました。粘り強い交渉の結果、Xさんの満足が高い結果で解決できました。

実際の減収がない若しくは低下している金額が少ない場合にはよく争いになります。
一つの考え方として、賠償の対象となる損害を交通事故がなかったなら被害者が得られていたであろう収入と事故後に現実に得られる収入との差額であるとみる考え方です。この考え方に立つと事故後に被害者の減収がない場合には、後遺障害逸失利益は認められないことになります。

しかしながら、実際には後遺障害が残存している場合には労働能力の低下や仕事の能率も低下したり、今後被害者が昇給できなくなったり不利益を受けたりすることもあります。また、被害者自身がストレッチや病院に通っている努力があるからこそ、減収していないという評価も成り立つことがあります。

このため、一概に減収していないからといって後遺障害による逸失利益が認められないという発想に立つのではなく、後遺障害による労働能力が低下し、その低下が被害者の損害にどのように寄与しているのか等も考慮して主張していくべきであると考えています。

少しでも関連することでご相談のある方は一度ご連絡頂きますようお願いします。

交通事故の解決事例 3

【示談前に後遺障害申請を行い、後遺障害第8級2号「脊柱に運動障害を残すもの」と認定され、総額約3000万円近くで円満示談したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 10代 男性

相談前

コンビニエンスストア店員の依頼者様は、お母様とともに事務所を訪れました。お母様より依頼者様がまだ腰を痛がっている様子ですが、治療の効果もあまりないので少し上澄みで示談できないかという相談でありました。

相談後

弁護士が診断書等の内容を検証し、依頼者様の腰の痛みの様子から後遺障害申請を強く進めるように助言し、依頼を受けました。そうすると、後遺障害申請の結果、後遺障害第8級2号「脊柱に運動障害を残すもの」に該当し、交渉の結果、相手方保険会社と約3000万円近くで示談することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

本件は控えめな依頼者様と交通事故について全く知識がないお母様が相手方保険会社の進め方で進められ、あやうく示談までする一歩手前でした。実際にはこのようなケースがありますが、早めに弁護士に相談して頂き、方針を立てて交渉したり後遺障害申請をすることにより適切な賠償が受けられることがあります。
本件では後遺障害による逸失利益も争点となり、依頼者様の労働能力喪失率が争われた際にも依頼者様から丁寧に聞き取り、どのような職務が事故前後で出来なくなっているか等を主張立証してきました。 このように、弁護士が介入することにより為すべきこともありますので、まずはお気軽にご連絡くださいますようお願いします。

交通事故の解決事例 4

【自営者の休業損害が裁判により認められて勝訴的和解で解決したケース】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

電気工の依頼者様は事故により肋骨骨折等の傷害を負い、6か月間休業していましたが、相手方保険会社より休業の必要性に争いが生じ、依頼者様の希望する休業損害や慰謝料が認められない状態でした。このため、弁護士に相談がありました。

相談後

弁護士が依頼を受け、相手方保険会社と交渉しましたが形式的な回答に終始したため提訴しました。その結果、休業損害は認められるべきであるとして勝訴的和解で解決致しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

事業所得者の収入減少額については、一般に確定申告や添付資料の控えによって認定がなされます。ところが、自営業者の場合は、申告書上減収が見られないケースや申告が過小であるため実際の減収額が割に合わない、減収期間(休業期間)の整合性がよく分からない等の理由により休業損害が認定されないケースがあります。

もっとも、減収については、被害者側が主張する事業の内容、証拠上明らかな売上と売上原価及び経費の存在を立証し、それが認められると裁判所は実態を斟酌した休業損害を認めるケースがあります。

休業の期間については、その仕事が客観的に休業する必要があることを医証(カルテ)に基づいて丁寧に主張する必要があります。

その際に重要なのがその仕事がどうして出来ないのかを丁寧に論ずることです。仕事によって休むべきものか休むべきではないかは大きく変わってきます(デスクワークと力仕事関係の仕事でも想像すれば歴然だと思います。)

さらに、本件では事故により代替の労働費用(依頼者様が仕事ができなくなったことによる外注に出した費用)の明細を揃えて証拠にしたり、現場関係の仕事内容や写真を揃えて裁判官に分かりやすく説明したことも効果的だったと思います。

必ずしも認識していた休業損害の金額が認められなくとも、慰謝料が増額されることもありますので、一度弁護士までご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 5

【神経症状(後遺障害第14級9号)・紛争処理センターでの後遺障害逸失利益、通院慰謝料、後遺障害慰謝料の満額解決】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者様は、頚椎捻挫、腰椎捻挫等で治療を行っていました。この頃は違う弁護士先生に依頼を行っていましたが、治療打ち切られた後に、今後の治療と補償を徹底してサポートして頂きたいということで、ご相談がありました。

相談後

相談をお聞きしますと、まだ痛みがあり医師より治療を行う必要があるということでしたので健康保険での治療にし、後にその治療費を立て替えてもらうこと、後遺障害の申請や慰謝料の増額等のサポートをするため、依頼を受けました。その後、相手方保険会社と示談交渉しましたが、後遺障害逸失利益と慰謝料は裁判所基準の8割程度しか認めないため、紛争処理センターで和解斡旋を申立て、当職の言い分どおり後遺障害逸失利益と慰謝料は満額認められ、円満に示談することにしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

交通事故紛争処理センターによる和解斡旋は、簡単に言いますと、交通事故の専門委員が当事者の主張を聞いた上で和解斡旋をしてもらえます。法的評価や算定基準の金額に主な争いがある場合には有効です。

何よりも斡旋提示が比較的に早く早期に解決できる可能性が高いこと、賠償額算定が裁判基準に準じて行われること、審査結果に事実上の拘束力があることが主なメリットとして挙げられます。

当職も同センターをよく利用させて頂きますが、本件のように保険会社側ことさらに理由なく訴外であるため慰謝料を裁判所基準の8割などで譲らず、時間が一定かかっても構わない場合には、紛争処理センターでできる限りの補償を認めてもらうことも想定されます。

依頼者様は事故による頚椎及び腰椎の痛みにより仕事がうまく行かず非常に辛い状況になっており、少しでも補償内容を充実させたいということで紛争処理センターまでの申立てを行いました。

もっとも、早期解決であれば示談交渉での解決も考えられるため、どのような手段が良いのか、一度弁護士までご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 6

【追突事故で5か月間治療、慰謝料・主婦休業損害の増額し、合計140万円近くで円満示談したケース】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

主婦の依頼者様は追突事故に遭い、約5か月間にわたり治療を行い、慰謝料の増額などの交渉全般をしてもらいたいとのことで相談がありました。

相談後

相談の際に主婦としての休業損害も請求できることも助言しました。依頼者様は主婦であり、家事が十分に出来なくなっていることを丁寧に主張するようにしました。依頼者様から家事従事者として家族構成の聞き取りや住民票の提出を立証するとともに陳述書としてⅩさんの家事がいかに制約を受けているのかを証拠として提出しました。

そうすると、相手方保険会社は上記内容を汲んでもらい、大幅に増額しⅩさんの希望どおり示談することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

弁護士に依頼すると慰謝料が増額する傾向にあるということをご存知の方はおられますが、主婦(家事従事者)による休業損害が補償されることは知らない方も多く、示談後に知って泣き寝入りすることもあります。

また、実は「主婦の手当を出しておきます」と保険会社に言われ、安堵している場合であっても、その金額の妥当性に問題があることもしばしば見られますので、一度示談提示額が出られた場合、出る前でも大丈夫ですのでお気軽に弁護士までご相談頂ければアドバイスさせて頂きます。

交通事故の解決事例 7

◆TFCC損傷◆後遺障害14級9号が認定◆休業損害全額認定◆総額400万円近くで円満示談◆

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

土木作業員の依頼者は事故に遭い、TFCC損傷等の傷害を負い、約1年近く治療をしていましたが、完治までせずに手首に違和感が残りました。弁護士に相談する前は治療段階のときでしたが、後遺障害申請の時期、打ち切り対応、慰謝料増額、後遺障害認定のサポートや相談を行っていきたいということで弁護士に相談がありました。

相談後

弁護士が依頼を受けた後は、依頼者様と協議しながら後遺障害の申請時期を決めていきました。後遺障害の認定よりも土木作業員としての仕事が十分できるようになりたいとのことでしたので、治療状況にこだわり打ち切りされないようにしていきました。そして、依頼者様と協議して、後遺障害の申請を行った結果、神経症状(後遺障害14級9号)の結果になり、その後休業損害も全額認められ、自賠責保険の損害賠償金も含めると、約400万円で円満示談いたしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

TFCC損傷については医学的に説明すると難しいところもありますが、かいつまんで述べると小さな骨がいくつも集まっている手首のくるぶし側にある骨と骨の間にある集合体が傷つくことです。
バイクを運転中に転倒して手首をとっさに手をつけたり、手首を使う野球やテニスでも激しい動きをしたりすることでTFCC損傷が生じることがあります。
TFCC損傷はレントゲン写真でも他覚所見が見当たらないこともあり、TFCC損傷を立証するためには、MRI検査や関節造影検査を行うことが必要になります。また、これまで医療記録にないのに事故後しばらくたってTFCC損傷と言われた場合でも、事故との因果関係が争われる場合がありますので注意が必要です。
依頼者様は治療段階より当職に相談し、専門医にTFCC損傷か診察を受けるように勧めてきました。そして、十分な治療を受け、殆ど回復していましたので、後遺障害にまでならない可能性がありましたが、痛みが残存していたため、後遺障害14級9号と認定される結果になりました。
このように初期対応が重要になることもありますので、同じようなケースまたは後遺障害でお悩みの方は弁護士まで一度ご相談されることをお勧めいたします。

交通事故の解決事例 8

【併合9級(9級外貌醜状&14級神経症状)逸失利益が大幅に増額し、円満示談したケース)】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

自営業(建築業)の依頼者様は自動車運転中に出合い頭に衝突し、乗っていた自動車のハンドル部分等に顔を打ち、右前額面に線状痕の傷ができました。事故による傷が後遺障害にならないのか、なるとして後遺障害の認定サポートと今後の交渉とともに過失割合についてもご不安に思われておりましたので、弁護士に相談をしました。

相談後

後遺障害の認定サポートと今後の交渉とともに過失割合についても全面的にサポートをさせて頂くため、弁護士が依頼を引き受け、保険会社と全面的な交渉を行っていきました。そして、右前額面に線状痕の傷が最終的には後遺障害9級と認定されました。
もっとも、交渉段階において、相手方保険会社は後遺障害による逸失利益は認めない主張を行い、ねばり強く交渉していきました。
その結果、後遺障害による逸失利益の増額が認められて、円満示談したケースです。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

頭部、顔面部、頸部のように、上肢及び下肢以外の日常露出する部位に醜状痕が残ったものを外貌醜状といいます。細かい議論はここでは致しませんが、内容によりランク分けされており、以下のように位置づけられています。
・外貌に著しい醜状を残すもの   7級12号
・外貌に相当程度の醜状を残すもの 9級16号
・外貌に醜状を残すもの     12級14号

外貌醜状は、嗅覚障害や味覚障害は、一般的に事務作業や肉体労働に影響を与えませんので、後遺障害による逸失利益は発生しないと主張されることがあります。
しかしながら、顔に傷が残っていることにより、例えば容姿が重要視される芸能人、モデル関係の職業につかれている方 であれば、ファンが減ったりすることもありますし、営業職の方であれば営業利益が少なくなったり、営業職から内勤に命じられたりする不利益があります。

このように、被害者の職業、年齢、性別を前提として被害者の外貌醜状がその労働に与える影響を考慮して決定される必要があります。
また、仮に外貌醜状が直接的に労働への影響がないとしても、間接的には対人関係や対外的活動により不利益があったりすることもありますので、慰謝料としての増額要素になる場合があります。この際の慰謝料の増額はケースによりますが100万円から200万円となる傾向であると思っております。
本件では、依頼者様は自営業で営業がしにくくなったことを強調していき、上記の結論になりました。本件の依頼者様は出張させて頂き法律相談を聞きました。
出張相談につきましても場合によっては無料でさせて頂いている事例もたくさんございますので、一度お気軽にご連絡頂ければと思います。

交通事故の解決事例 9

【脊髄損傷(後遺障害12級13号)・労働能力喪失率等が争われ当初より大幅アップで解決、当初の提示より2.5倍近くで円満示談が成立したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者様は、横断歩道中に左折する自動車に巻き込まれ転倒し、頚椎損傷等の傷害を負い、半年間の治療を行いました。治療が終えた段階で。今後の補償(慰謝料の増額)のこと、後遺障害認定の申請についてきっちりと行っていきたいということで、弁護士に相談がありました。

相談後

相談後、弁護士が依頼を受けて後遺障害の申請とともに示談交渉を行ってきました。相手方保険会社は後遺障害12級の程度も懐疑的で争ってきましたが、最終的には12級で逸失利益も大幅に認められ、示談提示の2.5倍近くで示談が成立しました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

この事案では、相手方保険会社が顧問医の見解として後遺障害14級程度であることを述べてきましたので、主治医の見解と自賠責で認定された12級13号の理由付けや実際の労働能力喪失内容を具体的に主張していきました。
それでも解決案が提示されず、こちらの言い分も認めなかったため、交通事故紛争処理センターに和解あっせんを求めました。
交通事故紛争処理センターでは交通事故に詳しい専門委員が和解斡旋がなされ、訴訟よりは迅速でかつ柔軟な解決案が出されます。ここで我々が述べている内容を概ね認めていただき示談となりました。
このようにさまざまな解決手段が用意されておりますのでそれぞれの事案に適して対応に当たり、依頼者様のニーズに応えていきたいと思います。
一度お気軽にご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 10

【車線変更による事故 0:100に修正させ示談したケース】

  • 過失割合
  • 物損事故
依頼主 60代 男性

相談前

依頼者様は、大通を自動車で直進していたところ、相手方が急に車線変更がなされ、依頼者様の自動車ミラー、ボディに大きな損傷が生じました。相手方保険会社より、形式的に過失割合3:7の提案がなされましたが、依頼者様は納得がいかず弁護士に相談がなされました。

相談後

弁護士が依頼者様に代わって交渉を行い、相手方が付けていたドライブレコーダーの開示を求めました。その結果、開示がなされ、ドライブレコーダーを確認すると、相手方が急な車線変更をしていることや依頼者様の車体に指示器の蛍光が反射されていないことに鑑み、指示器を出していないことを主張しました。さらには現場状況から依頼者様が進路変更車を避けようとしても避けることができない車間距離や相手方の落ち度も指摘し、粘り強く交渉した結果、0:10で示談が成立することになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

保険会社の主張・考え方は時には形式一辺倒の場合もあり、事故態様や内容を正確にかつ詳細に主張していくことで依頼者にとって有利な内容で過失割合が定まることも少なくありません。依頼者様はお怪我はいわゆる高級車に乗っており過失割合の内容によっては自分で修理費の金額が相当大きくなることも考えられ、凄く感謝の言葉を頂きました。弁護士費用特約に入られていましたので、結果としてⅩさんは弁護士費用を保険会社に払ってもらったのも大きいと思います。
過失割合でお悩みの方は一度弁護士までご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 11

【事故時に失業者であっても後遺障害逸失利益と過失割合での修正が認められ、交渉時の提示額の3倍程度上昇し、勝訴的和解に至ったケース】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者様は事故当時失業者でありましたが、後遺障害により労働ができなくなっている現状であるのにその分の補償が得られないという保険会社の説明に納得できず、弁護士に相談がありました。

相談後

弁護士が依頼を引き受け、事故時に失業していましたが事故がなければ事業展開を行うことを予定しており、その事業展開に係る計画や資料も残存していたため、これを立証資料として主張していくことになりました。

裁判所としては、事故後の収入は依頼者様が思い描いていたとおりとまではいかないとしても控えめに見ても一定の後遺障害逸失利益と過失割合での修正が認められ、交渉時の提示額の3倍程度上昇し、勝訴的和解となりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

失業者は事故時において仕事を行っていないとされるため、事故後に得られたであろう利益もないとされがちです。しかし、事故時は失業していただけであって、今後労働して収入を得られたにも関わらず事故により収入が得られなくなったと言える場合には後遺障害は認められて然るべきだと考えます(法律論では、差額説と労働能力喪失説の立場があってこのあたりは別途言いたいところが沢山ありますが省略します)。

本件では依頼者様の労働能力及び意欲、就労の見込みの蓋然性を立証していきました。裁判所においても、立証が成功した場合には失業前の現実収入の金額、予測される将来の職業、性別、年齢、学歴等を参考にして賃金センサスをベースに控えめながらも基礎収入金額を認めていく傾向にあるのではないかなと思っております。
このような方は一度我々にお気軽にご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 12

【死亡事故・近親者慰謝料の大幅増額とお墓代等を満額認められたケース】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者様はお母様の事故で悲しみにくれながらもご自身で交渉されていましたが、なかなか相手方の対応が遅れていることに悩んでおられたところでご相談がありました聞くところによりますとまず精神的に疲弊なされていたため、ご詳細内容を詳しく聞かせて頂き、サポートできる内容を丁寧に弁護士よりご説明させて頂きました。

相談後

内容について聞きますと、近親者慰謝料とお墓代が宙ぶらりんのままであったため、これらも補償対象になるように交渉していきましょうとのことで、当職が受任致しました。その結果、殆どこちらの言い分どおりで円満示談できました。
(その後、依頼者様は弁護士の弁護活動ぶりを見て頂き、依頼者様の会社顧問弁護士に就任させて頂き、現在にまで至っております。)

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

死亡事故や重傷事故の場合には被害者だけでなく被害者の父母、配偶者や子(実質的にこれらと同視できる者も認められる傾向にあります)は被害者の死亡や死亡と比肩すべき傷害がある場合には甚大な精神的苦痛を受けたとして、近親者慰謝料が認められます。

交通事故の知識がなければ近親者慰謝料という概念自体見落としまい支払いがされないままになってしまっていることもあります。
また、近親者慰謝料の金額の妥当性についてもよく吟味する必要があります。慰謝料という限り被害者との関係性、精神的苦痛の内容、程度も立証していくべきです。
お墓代については、事故との相当因果関係が争われるケースがあります。これについてもきちんと主張していく必要があります。

死亡事故の解決には時間がかかりますが、何より被害者のご家族皆様が疲弊なされています。少しでも精神的にもサポートして迅速に解決できるようにしていきたいと思います。

交通事故の解決事例 13

【異議申立により神経症状(後遺障害14級9号)が認められ、休業損害も全額認められ、約400万円で円満示談したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

介護職員の依頼者様は追突事故に遭い、頚椎捻挫等の傷害を負い、6ヵ月間治療をしていましたが、相手方保険会社より休業損害も1ヵ月分しか支払われないという現状で、今後の慰謝料の増額はもちろん、後遺障害の認定、申請時期や精神的にも事故後のサポートを求めている状況で、相談がありました。

相談後

お悩みを聞かせて頂き、慰謝料の増額はもちろん、後遺障害の認定、申請時期などの全面的な支援を行っていくため弁護士に依頼をしました。当初は、後遺障害も非該当という結果に至りましたが、弁護士は、依頼者様の主治医に医療照会や医療面談を行い、後遺障害の異議申立を行った結果、神経症状(後遺障害14級9号)の結果になり、その後休業損害も全額認められ、自賠責保険の損害賠償金も含めると、約400万円で円満示談いたしました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

神経症状による後遺障害については、第12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」又は第14級9号「局部に神経症状を残すもの」のいずれかとなります。
このうち、14級9号は神経学的検査所見や画像所見などからは証明できないが、受傷時の状況や治療の経過などから、連続性や一貫性が認められ、医学的に説明可能な症状であることが必要とされます。
特に異議申立てするに際しては、新たな検査結果や結果を提出したり主治医に意見を求めたりするなど、後遺障害の内容や程度を明らかにすることが必要です。

本件では、依頼者様の主治医に医療照会も行い、意見書を書いてもらい医療面談まで行うことにしました。その結果、異議申立てが認められました。
休業損害については、休業の事実があれば無条件で休業損害の発生が認められるわけではなく、傷害の内容・程度、治療内容、被害者が従事している業務内容等を勘案して相当な期間が休業期間として認定されます。

本件では、後遺障害14級9号が認定されたとともに、依頼者様が従事している介護施設の職員の仕事内容を効果的に主張したことが良い結果に結びついたのだと思います。
依頼者様より、「野条にしてよかった」「結果に満足している」旨の連絡がきた際には、自分としても有難いお言葉として胸に刻んでいます。
このように粘り強く交渉することにより得られるものもありますので、同じようなケースまたは後遺障害でお悩みの方は弁護士まで一度ご相談されることをお勧めいたします。

交通事故の解決事例 14

◆併合11級(12級嗅覚障害&神経症状)◆1050万円で示談◆嗅覚障害による逸失利益が大幅に増額し、1050万円程で円満示談したケース】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

主婦の依頼者様は横断歩道を渡っている最中に自動車に追突され、緊急搬送されました。相当大きな事故でありましたので、依頼者様の親族様が今後のサポート全般的に不安を覚えており、当職が出張相談を行い、お話を聞かせて頂きました。

相談後

意識が回復され、今後のサポート全般的に不安だということなので弁護士が依頼を引き受けました。前提として依頼者様は緊急搬送され奇跡的にも整形の治療は順調でしたが、嗅覚が失われていることに気づき、残念ながら回復にいたりませんでした。このため、嗅覚脱失の後遺障害も申請することにしました。

嗅覚障害については、嗅覚の脱失・減退が「頭部外傷に基づくものである」場合に、嗅覚の脱失(においが全く感じられなくなった)には12級相当、「嗅覚の減退」(「においの感じ方が鈍くなったりする場合」には14級相当となります。
問題は嗅覚脱失・減退の立証ということになります。これについては診療記録等の医療経過による立証とともにアリナミンテストやT&Tオルファクトメータの検査結果などにより立証していく必要があります。
本件では、依頼者様に別の病院へ行って頂き、専門的な検査を受けて後遺障害12級に該当する結果となりました。
本件での最大の論点は、依頼者様の嗅覚障害による逸失利益が認められるのか、という点でした。簡単に言えば、嗅覚に障害が残ることでどうして依頼者様が得られたであろう利益が喪失するのか、という点になります。

この点については、依頼者様が主婦であること、そして嗅覚が喪失したことにより家事労働への支障の程度が大きいことを主張していきました。Xさんは嗅覚がなくなったことでお味噌汁の味にも影響していたり、料理が怖くてできなくなったりして家族の迷惑をかけていたのです。このような事実を幾つも列挙していき、嗅覚脱失による家事労働への影響を強く主張し、神経症状の後遺障害とともに合わせ技で大幅に増額した結果となりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

嗅覚障害や味覚障害等の後遺障害を認定してもらうためには専門的な検査が必要であり、これを怠ったままで自覚症状だけで主張したとしてもあまり良い結果が得られない場合が多いです。その際には医師や弁護士に相談される方が良いです。

また、嗅覚障害や味覚障害は、一般的に事務作業や肉体労働に影響を与えませんので、後遺障害による逸失利益を認めない、仮に認めたとしても減額される傾向にあります。これに対しては、現実の労働への影響が生じていることを主張していくことが肝要です。

最後に、この方は病院から直接事務所に連絡をかけて頂き、事務所に来ることができないため出張相談をさせて頂きました。出張相談につきましても場合によっては無料でさせて頂いている事例もたくさんございますので、一度お気軽にご連絡頂ければと思います。

交通事故の解決事例 15

◆慰謝料増額◆【悪質運転により慰謝料増額がされたケース】

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者様は、追突事故に遭い頚椎捻挫、腰椎捻挫等の傷害を負い、半年間の治療を行いました。本件事故は加害者による轢逃げによるものであり後々加害者も逮捕されるという内容であり、依頼者様は本来の慰謝料では納得できず、このことも含めて弁護士に相談されました。

相談後

交渉の結果、相手方より本来の慰謝料に増額した慰謝料の提案がなされるに至りました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

入通院慰謝料や後遺障害慰謝料は裁判所基準(弁護士基準)が定められており、原則としてはこれをベースに検討がなされます。このため、これらを増額した慰謝料で解決されることはあまりありません。

もっとも、例外的に悪質運転や重過失による運転がなされている場合には被害感情や被害状況に鑑みて増額されることは有り得るところです。

また、仮に慰謝料が増額されないケースでも、最終的に支払金額で調整されることもあります。本件でも休業損害が本来的には争点でありましたが、当職より被害者のお気持ちや今回の事故態様(轢逃げ以外も問題となった運転行為態様がありました)も斟酌してもらい、休業損害についても満額認定して頂く提案がなされました。

このように、慰謝料自体が増額できなくても、相手方の悪質な運転態様を斟酌してもらい全体の合計金額で良い提案がなされるケースもございますので、一度お気軽にご相談頂ければと思います。

交通事故の解決事例 16

◆むち打ち事例で後遺障害14級9号獲得◆100万円近く合計慰謝料増額◆

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

ご相談者様は、追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負いました。徐々に痛みが悪化し頭痛やしびれが出るようになりました。保険会社の高圧的な対応もあって、弁護士先生に相談することになりました。

相談後

弁護士先生に相談してから弁護士費用特約もありましたので依頼することにしました。
後遺障害14級9号が認定され、示談案も提示されていましたが、とにかく交渉を頑張って頂き、100万円近く増額してもらい、スムーズに示談ができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

◆ むち打ち症対策で実績があります
━━━━━━━━━━━━
交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。
むち打ち症は、交通事故の立派な後遺症です。しかしながらレントゲン撮影を介しても、注意深く見なければ事故による因果関係を発見することが難しいこと、見た目から明らかな後遺障害でないことも多いことから、本来もらえる後遺障害等級よりも低い等級で妥結してしまい、低い示談金で終了してしまうケースが大変多く見られます。
当事務所の弁護士は、これまで多くの交通事故案件に関わってきました。中でも、医学的な部分の詳細を聞き取ったり、画像診断まで踏み込んだアプローチで、より高い後遺障害等級認定を受けた実績も多数あります。
(詳細は「解決事例」もご覧ください。)
むち打ち症でお悩みの方、あきらめる前にぜひ一度、ご相談にいらしてください。

交通事故の解決事例 17

◆過失割合の修正に変更◆5:5→1:9に大幅有利に◆ 適切な賠償金額を取得したケース

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

ご相談者様は、二車線ある車線レーンを走行中に左側からきた自動車が大きく膨らみ追突した上でお怪我をなされました。ところが、相手方はこちらが寄ってきたためであるともいえる主張を行ったため、弁護士に依頼して対応を一任することになりました。

相談後

弁護士が現場にも行き視認検証を行うと同時に事故の接触から想定される事故内容は、ご相談者様の認識と合致するものであるということが認められました。その結果、適切な賠償金額を取得することができました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

◆ むち打ち症対策で実績があります
━━━━━━━━━━━━
交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。
むち打ち症は、交通事故の立派な後遺症です。しかしながらレントゲン撮影を介しても、注意深く見なければ事故による因果関係を発見することが難しいこと、見た目から明らかな後遺障害でないことも多いことから、本来もらえる後遺障害等級よりも低い等級で妥結してしまい、低い示談金で終了してしまうケースが大変多く見られます。
当事務所の弁護士は、これまで多くの交通事故案件に関わってきました。中でも、医学的な部分の詳細を聞き取ったり、画像診断まで踏み込んだアプローチで、より高い後遺障害等級認定を受けた実績も多数あります。
(詳細は「解決事例」もご覧ください。)
むち打ち症でお悩みの方、あきらめる前にぜひ一度、ご相談にいらしてください。

交通事故の解決事例 18

◆弁護士費用特約なし◆打切延長◆後遺障害14級9号獲得◆ 弁護士費用を差し引いても利益が出たケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

御相談者様は、弁護士費用特約はありませんでしたが、追突事故にあい、その痛みから交渉もいやになってきました。弁護士さんに相談したところ、治療期間も一定期間があったため、依頼して弁護士費用を引いたとしても利益になると助言され、依頼することにしました。

相談後

その結果、弁護士費用を差し引いてもプラスになりました。保険会社からの高圧的な対応も取り扱わなくてよくなり大変助かりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

━━━━━━━━━━━━
弁護士費用特約保険に加入されていない場合であっても、初回のご相談は無料です。
着手金も無料で承ります。
また、弁護士費用特約保険に加入されていない場合であっても、交通事故被害者を救済するために、完全成功報酬制を取り入れ、全面的にバックアップする体制を整えております。
ご依頼いただく際は、その後の費用についても分かりやすくご説明致します。ご不明な点は、お気軽にお尋ねください。

交通事故の解決事例 19

◆休業損害・慰謝料等が全額獲得◆過失割合も0:10で示談◆支払われたケース(過失割合も0:10)に

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
  • 人身事故

相談前

ご相談者様は、治療段階から保険会社の高圧的な態度に精神面もやられていき、弁護士費用特約保険があるということで弊所にお問合せがありました。

相談後

よく聞いてみると、過失割合のところではこちらに過失割合の主張がなされていますが、裁判所の事例からすると明らかに過失がないケースといえるものでした。そこで、弁護士が代理で交渉を始めました。休業損害や慰謝料等も減額主張してきましたが、こちらは折り合うことをせずに最終的には紛争処理センターの方で毅然と交渉することになり、当方の言い分が全面的に認められることになりました。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

◆ 今後の見通しを丁寧に説明します
━━━━━━━━━━━━
交通事故に遭われた方、心身共にお辛い状況にあることとお察しします。
怪我の具合に加えて、事故後の流れはどうなるのだろうかと不安を持たれている方も多くいらっしゃると思います。そんな時は私達にご相談ください。
ご相談者様の未来を照らす「かがりび」になるべく、これから起こりうること、注意しなければならないポイントについて、一つ一つ丁寧にご説明します。
お怪我を追われて動けない、という方も、まずはお電話にてご連絡ください。ご相談は早ければ早いほど、より良い解決が望めます。お困りの際は、遠慮なさらずにぜひご相談ください。

交通事故の解決事例 20

【解決事例】【14級9号に認定されて、約300万円(自賠責からの後遺障害による賠償も含めると375万円)の事例】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

第1 はじめに
 Xさんは事故により頚椎捻挫、腰痛捻挫等の傷害を負い、約6ヶ月の治療期間を経て、後遺障害申請を行い、非該当の結果でしたが、納得できないことから依頼がありました。

相談後

当職が異議申立を行い、14級9号に認定されて、約300万円(自賠責からの後遺障害による賠償も含めると375万円)で円満示談したケースです。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

何度か取り上げさせて頂いている神経症状のケースです。この方は腰椎については亀裂骨折の疑いを見られ、追突された自動車も全損扱いになされており、後遺障害診断書にも長期の立ち仕事が難しいとか、痺れの症状が具体的に記載されていますが、後遺障害に該当しない判断でありました。
後遺障害14級か否かは被害者にとっては得られる補償が異なり、この方の場合は後遺障害に認定されなければ80万円であり、痛みが残存しており好きなジョギングができなくなった本人の精神的苦痛を鑑みると、なかなか納得できない結果でありました。
このため、依頼者様と協議して、事故による依頼者様の自覚症状を聞き取り、どのような痛みが原因でどのようなことができないかを異議申立書にまとめました。後遺障害となる以上は労働能力が喪失しているということですから、具体的にどのような力が失われているのか、これをきちんと主張していくことが肝要です。
結果としては、異議申立が通り、無事に依頼者さんの納得する結果で解決することができました。
同じようにお悩みの方は一度ご相談いただけますよう御願い致します

交通事故の解決事例 21

◆約375万円解決 後遺障害獲得大幅増額◆【14級9号に認定されて、約300万円(自賠責からの後遺障害による賠償も含めると375万円)の事例】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

第1 はじめに
 Xさんは事故により頚椎捻挫、腰痛捻挫等の傷害を負い、約6ヶ月の治療期間を経て、後遺障害申請を行い、非該当の結果でしたが、納得できないことから依頼がありました。

相談後

当職が異議申立を行い、14級9号に認定されて、約300万円(自賠責からの後遺障害による賠償も含めると375万円)で円満示談したケースです。

野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士

何度か取り上げさせて頂いている神経症状のケースです。この方は腰椎については亀裂骨折の疑いを見られ、追突された自動車も全損扱いになされており、後遺障害診断書にも長期の立ち仕事が難しいとか、痺れの症状が具体的に記載されていますが、後遺障害に該当しない判断でありました。
後遺障害14級か否かは被害者にとっては得られる補償が異なり、この方の場合は後遺障害に認定されなければ80万円であり、痛みが残存しており好きなジョギングができなくなった本人の精神的苦痛を鑑みると、なかなか納得できない結果でありました。
このため、依頼者様と協議して、事故による依頼者様の自覚症状を聞き取り、どのような痛みが原因でどのようなことができないかを異議申立書にまとめました。後遺障害となる以上は労働能力が喪失しているということですから、具体的にどのような力が失われているのか、これをきちんと主張していくことが肝要です。
結果としては、異議申立が通り、無事に依頼者さんの納得する結果で解決することができました。
同じようにお悩みの方は一度ご相談いただけますよう御願い致します

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人かがりび綜合法律事務所
所在地
〒550-0004
大阪府 大阪市西区靱本町1-4-17 ACN信濃橋ビル2階
最寄り駅
◆アクセス
・四ツ橋線 『 本町 』 1 分
・中央線 『 本町 』 2 分
・御堂筋線 『 本町 』 3 分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は平日9:00-18:00です。事前にご予約頂ければ、土日祝日・夜間も対応させて頂きます。
土日祝日・夜間などはすぐにお電話に出られない場合もございますが、その場合には折り返しお電話させていただきます。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5366-8531

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人かがりび綜合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5366-8531

※弁護士法人かがりび綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は平日9:00-18:00です。事前にご予約頂ければ、土日祝日・夜間も対応させて頂きます。
土日祝日・夜間などはすぐにお電話に出られない場合もございますが、その場合には折り返しお電話させていただきます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。