現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
村上 裕一弁護士

( むらかみ ゆういち ) 村上 裕一

さぎぬま法律事務所

遺産相続

分野を変更する
弁護士が相続の問題を解決します。子・孫のための遺言、元気なうちに。なかなか解決しない遺産分割は、相談が解決への第一歩です。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 遺産相続のトラブルはお任せください ***********

■遺産相続のトラブルについて
遺産を分割する際には、遺産の種類、遺言の有無、相続人同士の関係性などによって、様々なトラブルが起こります。話し合いが長期化している場合は、無理に当事者で解決しようとせず、一度、当事務所に相談してみてください。家族同士のトラブルは、他人に話しづらいものですが、弁護士は秘密を厳守しますので、気兼ねなくご相談いただけます。

■重点取扱い案件について
・遺言書作成
・遺留分減殺請求
・遺産分割協議
・成年後見
など、遺産相続に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・相続人の一人である兄が相続開始前に預金を取り崩して独り占めしている。
・父の遺言書に「すべての遺産を兄に譲る」と書いてあるが納得できない。
・遺産分割の協議を行っているがなかなか進まない。
・借金の相続を放棄したいがどうすればよいか。
・姉が亡くなった母の預金通帳を見せてくれず信用できない。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
着手金/報酬金 【経済的利益の額】  【着手金】(税別)    
300万円以下の場合  8%  
300万円を超え3000万円以下の場合  5%+9万円  
3000万円を超え3億円以下の場合  3%+69万円  
※着手金の最低額は20万円  

【経済的利益の額】  【報酬金】(税別)
300万円以下の場合  16%
300万円を超え3000万円以下の場合  10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合  6%+138万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺留分減殺請求】 遺言書上、相続財産を一切受け取ることができなかった方が、不動産と現金を取り戻した事例

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 女性

相談前

 夫の遺言書に、「全ての財産を長男に相続させる。」と書かれていた奥様の代理人としてお手伝いさせていただいた事例です。

 依頼者様は、夫と婚姻関係にあったものの、家庭内別居の状態にありました。夫から生活費をもらうこともできず、経済的に苦しい状況にありました。
 夫が亡くなった後、夫の遺言書が見つかりました。そこには、「全ての財産を長男に相続させる。」と書かれていました。

 依頼者様は、自分は何も相続できないのか、何か方法はないのか、ということでご相談に来られました。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

 私は、依頼者様に対し、「遺留分」についてご説明いたしました。

 遺留分とは、遺言書でもっても侵害することができない、法律上保障された相続財産の割合のことを指します。例え、夫が全ての相続財産を長男に相続させる旨の遺言書を書いたとしても、妻は、遺留分の範囲で相続財産を取得することが可能です。

 そこで、当方は、直ちに長男に対して、内容証明郵便を送り、依頼者様の遺留分が侵害されていること、遺留分の範囲で相続財産を返還するよう求めました。

 交渉の結果、依頼者様は、長男より、遺産全体の4分の1に相当する不動産及び現金を取得することができました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

 遺留分を回復するためには、①相続が開始及び遺留分の侵害があったことを知った時から1年以内、かつ、②相続の開始から10年以内に遺留分減殺請求権を行使する必要があります。
 そのため、遺留分が侵害された場合、早期に対応する必要があります。
 しかし、遺留分の計算、行使の方法等は、専門的な知識が不可欠です。

 今回の事例では、依頼者様が早期に相談に来られたため、最良の結果を得ることができました。


参考条文:民法第1042条
 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

遺産相続

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
多くの方に気軽に利用してもらいたいという理念から、日々の弁護士活動に励んでおります。交通事故のアフターフォローは徹底しておりますので、当事務所へお任せください。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 弁護士特約に対応
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約に対応しています。
弁護士費用特約制度を利用した場合は、自己負担なしでご依頼いただくことが出来ます。

(4) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 交通事故に関するトラブルはお任せください ***********

■交通事故に関するトラブルについて
保険会社が提示する慰謝料等は、裁判で認められる金額よりも低額の場合が多く見られます。
弁護士が介入すると多くのケースで交通事故の賠償額は大幅に増額します。
まずはお気軽にご相談ください。

・保険会社との示談交渉
・自賠責保険金の請求
・後遺障害の等級獲得
・損害賠償請求のための訴訟提起
・任意保険の弁護士費用特約を利用した事件処理
・財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構などを利用した調停、ADR
・業務上過失致死傷罪、自動車運転過失致死傷罪
・危険運転致死傷罪、道路交通法違反等による刑事手続
・免許停止や免許取消し・反則金等の行政手続
など、交通事故トラブルにおいて生じる様々な問題について法律相談に応じております。

■このようなご相談はお任せください
「保険会社から示談を提示されたけど、この金額が正しいのか分からない」
「まだ治療中なのに保険会社に打ち切られようとしている」
「後遺障害の認定を受けたが納得できない」
「保険会社との交渉が負担なので任せたい」
「損害賠償請求の訴訟を行いたい」

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますのでまずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
着手金/報酬金 【経済的利益の額】  【着手金】(税別)    
300万円以下の場合  8%  
300万円を超え3000万円以下の場合  5%+9万円  
3000万円を超え3億円以下の場合  3%+69万円  
※着手金の最低額は20万円  

【経済的利益の額】  【報酬金】(税別)
300万円以下の場合  16%
300万円を超え3000万円以下の場合  10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合  6%+138万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【自転車との衝突事故】 過失割合3:7から9:1になった事例

  • 過失割合
依頼主 男性

相談前

 依頼者様は、「自動車を運転中に、自転車と衝突してしまった」ということで相談に来られました。

 自転車は、法律上、軽車両に該当しますが、過失の判断にあたっては、バイクと歩行者の中間に位置づけられています。そのため、自動車を運転していた側に過失が多く認められる傾向があります。
 本件でも、依頼者様は、相手方から、過失割合3:7(依頼者様が7割)の主張がなされていました。

 依頼者様は、自分は低速で走行しており、自転車が自分の車に衝突してきたのであるから相手方の主張には納得できないとして、裁判を起こすことになりました。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

 現場が事務所に近かったこともあり、私は2回、事故現場を訪れました。
 その結果、相手方の主張に矛盾点があることが分かり、依頼者様の主張が正しいと確信しました。

 私は、依頼者の主張を裏付ける証拠を多数作成し、裁判所に提出しました。
 その結果、裁判所は、相手方の過失が9割以上であると判断せざるを得ないとの考えを示し、相手方の主張していた過失割合3:7ではなく、過失割合9:1(依頼者様が1割)に沿った内容での和解が成立しました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

 交通事故は、その事件の多さから、大量処理の必要があり、数々の基準を前提に実務が動いています。
 しかし、実際に起きる事件は、その事件ごとに、事件の内容が異なっています。

 私は、今回の事例では、現場を2回訪れ、依頼者様から何度も話を聞くことで、実際に起きた事故を正確に裁判所に伝えるよう努力しました。
 その結果、実務で示されていた過失割合の基準以上の成果を獲得することができました。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
離婚希望者の多くは、離婚の手続をどのように進めたらいいのか知らないという方がほとんどです。後悔せず有利に離婚するには、弁護士に相談することをおすすめします。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 離婚問題に関するトラブルはお任せください ***********

■離婚問題のトラブルについて
離婚の相談に来られる方の多くは、そもそも離婚の手続をどのように進めたらいいのか知らないという方がほとんどです。そのために、離婚の際、決めるべきことを決めず、後日トラブルになっている方が多くいらっしゃいます。そのようなことのないよう、どのような手続で離婚を進めたらいいのか、どのような対策を取るべきか、弁護士に相談することをおすすめします。

■重点取扱い案件について
・DV(家庭内暴力)
・親権問題
・財産分与
・養育費
・婚姻費用
など、離婚問題トラブルにおいて生じる様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・離婚したいけど、何から始めたらいいのか分からない。
・配偶者との話し合いを弁護士にお願いしたい。
・離婚をすることが決まったので財産分与を行いたい。
・子どもの親権や養育費について取り決めたい。
・離婚にあたり年金を分割したい。
・暴力・暴言などのDVを受けており、一刻も早く離婚したい。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
手続の種類 着手金/報酬金(税別)
離婚協議 基本  各30万円
事件が特に重大又は複雑な場合  各50万円以内の額
離婚調停 基本  各30万円
事件が特に重大又は複雑な場合  各50万円以内の額

※離婚協議から引続き受任する場合、着手金は上記金額の半額になります。
※財産上の請求は、上記とは別になります。
離婚訴訟 基本  各40万円
事件が特に重大又は複雑な場合  各60万円以内の額

※離婚調停から引続き受任する場合、着手金は上記金額の半額になります。
※財産上の請求は、上記とは別になります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【離婚】 夫から離婚を迫られた妻が、婚姻費用と財産分与を獲得した事例

  • 財産分与
  • 婚姻費用
依頼主 女性

相談前

 依頼者様は、夫から無条件で離婚するよう迫られ、家を追い出された女性でした。

 依頼者様は、夫と長期間家庭内別居の状態にありましたが、未成年の子供がいたため、夫とは離婚できずにいました。
 ところが、子供が成人し、家を出ていった途端、夫は、依頼者様に対し、無条件で、直ちに家を出るよう求めました。さらに、夫は、自分はどのような名目であっても、金銭の支払はしないとも告げました。

 依頼者様は就労が困難な状況にあったため、当面の生活費にも困っている状況でした。そのため、依頼者様は、今後どのように夫と交渉すればいいのか、夫のいう条件で離婚を進めるしかないのか、ということで相談に来られました。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

 まず、依頼者様には、正式に離婚が決まるまでの間は、夫から生活費の支払を受けられることを説明しました。
 夫婦の一方は、収入の少ない他方配偶者に対して、その生活費として婚姻費用を支払う義務があるからです。
 そこで、当方は、直ちに、夫に対して婚姻費用の支払を求めました。これにより、依頼者様は、当面の生活費を確保することができ、冷静に離婚に向けての話し合いに臨むことができるようになりました。

 次に、私は、依頼者様に対し、財産分与について説明しました。
 財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で築いた財産を、離婚時に清算することをいいます。
 例え、専業主婦であったとしても、家庭に貢献している以上、夫が婚姻生活中に築いた財産について、その分与を受ける権利があります。
 そこで、私は、夫に対して、婚姻生活中に築いた財産の半分を支払うよう求めました。

 協議、調停、訴訟と、離婚に至るまでに時間はかかりましたが、一切支払う意思がなかった夫から、1年以上にわたる生活費および婚姻生活中に築いた財産の半分を財産分与として受け取ることができました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

 今回の事例では、婚姻費用と財産分与が問題になりました。
 しかし、離婚には、他にも、親権、養育費、面会交流、損害賠償請求等、検討しなければならない法律問題が多数存在します。
 また、どのように手続を進めるのが依頼者様にとって有利なのか、という問題もあります。

 このように、一口に離婚といっても、検討しなければならない事項が多数あり、拙速に事を運ぶことは、後々に大きな問題を残す可能性があります。

 今回の事例では、依頼者様が、夫から追い出された直後にご相談に来られたため、問題に対して素早く対処することができました。そのことが、依頼者様の権利を最大限確保する結果に繋がりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
企業のトラブルにすぐに対処できるよう万全の体制を整えると共に、事前の予防にも努めております。顧問弁護士のご依頼も的確に対応いたしますので、まずはお電話ください。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 顧問契約について
経営者を支えるサポート役として、常にパトロールをに努めます。
どんな不安なことでも事前の予防が重要ですので、徹底に対応して参ります。

(2) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 企業法務に関するご相談はお任せください ***********

■重点取扱い案件について
・契約書の作成
・売掛金の回収
・労務問題
・労災事故
・契約や取引
・コンプライアンス
など、企業法務に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・顧問弁護士をお願いしたい。
・コンプライアンスについて教えて欲しい。
・契約書のチャックをして欲しい。
・社員から残業代未払いで訴訟を受けている。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 相談1時間5,000円(税別)
※法人、事業者の方は初回相談でも相談料がかかります。
顧問料 事業者  月額5万円(税別)~
個 人  月額5000円(税別)~
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(1件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

【契約書作成・リーガルチェック】 新規顧客との契約締結交渉

  • 不動産・建設
依頼主 60代 男性

相談前

 依頼者様は、事業用賃貸物件の管理を行っている会社でした。
 今回、初めての大手会社との取引にあたり、相手方から提示された契約内容について、その内容の精査及び適切な契約条項のあり方について相談に来られました。

 依頼者様は、これまで、比較的小規模の会社等しか取引がなく、契約締結に際してトラブルもなかったため、非常に簡素な契約書しか作成してきませんでした。
 しかし、今回の取引先は、依頼者様に対する要求が多岐にわたり、契約書の内容も複雑であるため、自分では対処できないとのことでした。

相談後

 今回、相手方から提示されていた契約書の条項は、その大半が合理的なものであり、依頼者様にデメリットはありませんでした。
 そこで、私は、依頼者様に対して、それぞれの条項がどのような意味を持っているのか、どのような局面で意味を持ってくるのかなど、相手方がその契約書を作成した意図を丁寧に説明しました。
 一方、依頼者様にとってデメリットになりそうな条項については、相手方が納得しやすい形で条項を作り替えるよう努めました。

 その結果、無事、依頼者様は相手方と契約締結に至ることができました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

 中小企業にとって、経営上のリスクの顕在化は、会社の存続に関わります。
 そのため、問題が生じないように努める予防法務は、非常に重要です。
 法律に明るい優秀な従業員を新規雇用するのに比べ、顧問弁護士という選択肢は、リスクは低いものの、得られるメリットは大きいと思います。

 本事例は、契約書の作成という取引の入り口の問題ですが、この段階で適切に対処することで、新規顧客を獲得することができました。
 また、契約締結後の問題、リスクの顕在化を防ぐこともできました。

 煩わしい法的な判断は弁護士に任せ、事業に専念していただければ幸いです。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
不動産・建築に関するトラブルは、長期化が予想されますので、巻き込まれてしまった際は、早期に弁護士へご相談ください。そこから迅速かつ的確に対処して参ります。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 不動産・建築に関するご相談はお任せください ***********

■重点取扱い案件について
・滞納家賃の取り立てと立退き
・不動産の瑕疵
・土地の境界紛争
など、不動産・建築に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・所有している土地の境界についてトラブルとなっている。
・新築した家に欠陥があるようなので、相談したい。
・借主が賃料を滞納しているので、立ち退いてもらいたい。
・突然、家主から賃貸借契約の解約と立退きを求めてしまった。
・家主から内容証明郵便が届き、賃料増額を求められた。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
着手金/報酬金 【経済的利益の額】  【着手金】(税別)    
300万円以下の場合  8%  
300万円を超え3000万円以下の場合  5%+9万円  
3000万円を超え3億円以下の場合  3%+69万円    

【経済的利益の額】  【報酬金】(税別)
300万円以下の場合  16%
300万円を超え3000万円以下の場合  10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合  6%+138万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

【使用貸借】土地の使用借権の相続

依頼主 50代 男性

相談前

依頼者様は,お父様が親族から借りている土地に、お父様と二人で暮らしていました。
お父様も高齢になり,いつ亡くなってもおかしくないという状況になったとき,ふと,このまま自分はこの家に住み続けることができるのだろうか,ということが気になって相談に来られました。

お父様は,「土地賃貸借契約書」と書かれた書面を保管していました。
しかし,お父様は,その土地の固定資産税を負担していましたが,それ以外の金銭的な負担はしていませんでした。

相談後

お父様が有している権利は,使用借権と判断される可能性が高いことを前提に,親族と慎重に交渉することを勧めました。
使用借権の場合,仮にお父様がお亡くなりになったときには,原則として,依頼者様に相続されません。

しかし,今回の事例では,所有者である親族が,お父様から依頼者様への名義変更を認めてくれました。
そのため,依頼者様は,今後も安心して住み続けることができるようになりました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

土地の賃貸借・使用貸借契約に限った話ではありませんが,当該契約の性質は,契約書のタイトルでは決まりません。
今回の事例のように,タイトルが「土地賃貸借契約書」となっていても,実質が使用貸借であれば,法的な判断としては「使用貸借契約」と評価せざるを得ません。

仮に,今回の事例で,賃貸借であることを前提に強気の交渉をしてしまったらどうなっていたでしょうか。
親族とトラブルになり,自宅から追い出されてしまったかもしれません。

自分が置かれている状況を正確に理解した上で,どのように交渉に臨むのがよいのか。
そのことを常に考えなければいけません。
今回の事例では,依頼者様は,その判断を誤らずに済んだため,よい結果が得られたのだと思います。

不動産・建築

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
不当解雇・パワハラ・賃金未払・労働災害、あきらめていませんか?より安心して、より安全に働きたい方は、当事務所までご相談ください。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 労働問題のトラブルはお任せください ***********

■労働問題のトラブルについて
労働事件の特色は、使用者と労働者が対等の立場で交渉することが難しい点にあります。
そのため、多くの労働者が泣き寝入りをしているのが現状です。

近年、使用者と個別の労働者との間の紛争(個別労働紛争)が増加しています。その理由は、労働組合に頼ることができない労働者が増加したことだけでなく、国民の権利意識の向上や紛争解決手段が多様化したことなどがあります。

労働問題は、泣き寝入りをしてはいけません。
弁護士が、最善の解決方法を提案いたします。

■重点取扱い案件について
・残業代未払い
・不当解雇
・パワハラ、いじめ
・労働災害
など、労働に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・会社に一方的に解雇された。
・長時間労働にも関わらず残業代が出ない。
・業務中にケガをしたが会社が労災を認めてくれない。
・就業規則の改定を行いたい。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますのでまずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
着手金/報酬金 【経済的利益の額】  【着手金】(税別)    
300万円以下の場合  8%  
300万円を超え3000万円以下の場合  5%+9万円  
3000万円を超え3億円以下の場合  3%+69万円  
※着手金の最低額は20万円  

【経済的利益の額】  【報酬金】(税別)
300万円以下の場合  16%
300万円を超え3000万円以下の場合  10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合  6%+138万円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【退職勧奨・パワハラ】 役員からの執拗な退職勧奨に対し、慰謝料を獲得した事例

  • パワハラ・セクハラ
依頼主 女性

相談前

 会社役員から執拗な退職勧奨やパワハラを受けていた女性からの相談です。

 依頼者様は、会社の方針が法令に違反していたため、そのことを会社役員に進言しました。しかし、その役員は、法令を遵守しないどころか、依頼者様に対し、会社を辞めるよう、数か月にわたって退職勧奨を続けました。
 その結果、依頼者様はうつ病を患い、休職せざるを得なくなりました。
 会社は、依頼者様が会社に復帰できないことを逆手に取り、依頼者様を解雇しました。

 依頼者様は、職場への復帰を望み、裁判を起こすことになりました。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

 依頼者様は、会社役員の退職勧奨やパワハラの状況を証拠としてきちんと記録していました。
 そのため、裁判所は、会社に責任があることを前提に、当方の請求内容に沿った和解案を提示しました。

 しかし、会社側は、慰謝料の支払は受け入れたものの、依頼者様の職場復帰は受け入れませんでした。
 最終的には、一般的な相場よりも多額の解決金及び会社役員による謝罪文を条件に退職することで和解が成立しました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

 労働問題は、強い立場にある会社と、弱い立場にある労働者の間で発生します。
 また、小規模・閉鎖的な会社であればある程、問題が公になりにくい性質があります。

 そのため、今回の事例のように、退職勧奨やパワハラの証拠をきちんと確保することが、有利な結果を勝ち取るためには必要といえます。
 不当解雇の事例は、職場復帰を果たすには、会社の規模等によっては難しいケースもあります。それでも、今回の事例のように、会社の責任が明らかに認められるような事例では、和解交渉を有利に進めることができます。

労働問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
借金のトラブルは、深刻になる前に弁護士へご相談ください。苦しんでいる方の半数は、冷静な判断を失っていることが多いため、弁護士による早期の対処が解決に繋がります。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) お支払いは柔軟に対応
費用面がご心配な方はご相談ください。分割払いでの対応が可能な場合もあります。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 借金・債務整理のトラブルはお任せください ***********

■借金問題のトラブルについて
法律を知ることで解決できる問題があります。その一つが借金やローンのトラブルです。
借金に苦しんでいる人は、借金の返済で頭がいっぱいになり、冷静な判断を失っています。

弁護士に依頼することで、借金の取立は止まります。
冷静になって、どのように解決したらいいのか一緒に考えましょう。
病気の治療と同じく、借金の問題も、早期の対処が早期の解決につながります。

■重点取扱い案件について
・自己破産
・個人再生
・任意整理
・ヤミ金への対応
・過払金返還請求
・高金利や執拗な取立て
・多重債務
など、借金に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・自己破産したいので手続きをお願いしたい。
・過払い金を回収したい。
・闇金の取立てに困っているので、対処して欲しい。
・住宅ローンの返済方法を変えたい。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
手続の種類 着手金/報酬金(税別)
破産/民事再生 個人  30万円~
法人  50万円~

※基本、報酬金は発生しませんが、事件が重大又は複雑なときは、発生する場合があります(10万円~)
任意整理 【着手金】
個人  30万円~
法人  50万円~

【報酬金】
解決金報酬金      1社あたり2万円
減額報酬金       減額分の10%以下
過払金報酬金(交渉)  回収額の20%以下
      (訴訟)  回収額の25%以下
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【破産】カードローンからの脱却

  • 自己破産
依頼主 女性

相談前

借金の支払が難しくなった方からの相談です。

依頼者様は,普段の買い物をクレジットカードで支払っていましたが,自分の収入よりも多く使うようになってしまったため,徐々に借金が増えてしまいました。
事務所に相談に来られたときには,借金の総額は500万円近くになっていました。

支払が滞り始め,自宅や自分の携帯電話に消費者金融からの連絡が入るようになりました。

依頼者様は,夫や勤務先に借金の事実を知られたくない,どうしたらいいのかということで相談に来られました。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

ご相談者様には,債務を完済できるほどの収入はなく,破産を勧めました。
破産手続を取り,債務が免責されれば,借金を支払う必要がなくなるからです。

一方,破産をした場合の一番のデメリットは,自身の財産を失ってしまうことです。
依頼者様には,自分名義の傷害保険契約があり,解約返戻金が150万円ありました。
依頼者様には,原則として保険契約は解約されてしまうこと,保険契約を維持したい場合には破産管財人に対して一定の支払が必要であることを説明しました。

また,勤務先に破産の事実が伝わる可能性は低いものの,家族に隠し通すことは難しいことも説明しました。

その他,破産手続のメリット,デメリットを説明し,内容を十分理解してもらった上,依頼者様は破産手続を選択しました。

破産手続において,依頼者様は,破産管財人に一定の支払をして保険契約を維持しました。
また,依頼者様には,免責が問題となるような事情もなかったため,無事,免責許可となりました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

破産手続は,破産者の経済的な再生,更生も目的とした制度です。
借金の理由,返済ができなくなった経緯等にも因りますが,破産手続を取ることで借金を免れる可能性があります。

借金の問題は,病と同様,放置することで悪化します。
借金に苦しみ,正常な判断ができなくなった結果,犯罪を犯してしまう人もいます。

今回の事例では,依頼者様は支払が滞ってからすぐに相談に来られたため,問題なく手続を終えることができました。

借金・債務整理

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
時間が限られている中で活動しなければならないのが、刑事弁護の特色といえます。当事務所は、刑事弁護に熱心に取り組んでいます。お悩みの方は今すぐご相談ください。
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所
さぎぬま法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

---------------------------------
さぎぬま法律事務所の強み
---------------------------------
(1) 初回相談無料(60分)
初回相談は無料ですので、「相談料が心配」という方も安心してお越しください。

(2) 逮捕直後から接見可能
刑事事件は早期に弁護士に相談することが解決のキーポイントとなります。
接見には即時対応いたしますので、まずはお電話ください。

(3) 個室の相談室
相談の機密を守るため、相談室は落ち着いた個室です。
周囲を気にせずリラックスしてご相談ください。

*********** 刑事・犯罪弁護はお任せください ***********

■犯罪・刑事弁護のトラブルについて
通常、逮捕されてから処分が決まるまで、最大で23日間しかありません。対応の仕方が分からないと、時間は無駄に過ぎてしまいます。
ご依頼いただければ、弁護士はすぐに弁護活動を始めます。

■重点取扱い案件について
・犯罪、弁護
・少年事件
・冤罪弁護
・警察、検察への被害届、告訴
・検察審査会への申立て
など、犯罪弁護に関する様々な問題について法律相談に応じております。

■このような場合は弁護士にご相談ください。
・家族が突然逮捕された。
・早く身柄を解放してほしい。
・家族と連絡が取れなくて心配だ。
・仕事を続けられるか不安。
・被害者と示談したい。
・前科がつくのを防ぎたい。

ご相談に応じて最善の解決策をご提案させていただきます。
全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

■Webサイト
https://saginuma-law.com/

■便利なアクセス
東急田園都市線 鷺沼駅より徒歩4分

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談1時間無料
2回目以降は1時間5,000円(税別)
着手金 基本  30万円(税別)
※事件が特に重大又は複雑な場合、依頼者との協議によります。
報酬 【起訴前】
不起訴・処分保留の場合  基本40万円(以下税別)
略式起訴の場合      基本30万円

【起訴後】
無罪の場合        基本50万円
執行猶予判決       基本30万円
求刑より減刑された場合  基本30万円
その他の場合       基本20万円
※事件が特に重大又は複雑な場合、依頼者との協議によります。
備考欄 準抗告や保釈請求など、個別の弁護活動毎に費用は発生しません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【少年事件】振り込め詐欺の受け子で保護観察

  • 少年事件
  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

息子が振り込め詐欺の受け子で逮捕されたご両親からのご相談でした。

依頼者様は、息子が逮捕されて慌ててご相談に来られました。
なぜ逮捕されたのか、これから息子がどうなってしまうのか、学校はどうしたらいいのか、分からないことばかりで困り果てたご様子でした。

(※個人の特定を避けるため、一部事例を変更しています。)

相談後

私は、状況を整理するため、翌朝、警察署に行き、少年と接見しました。
少年は振り込め詐欺の現金受取役、いわゆる受け子で逮捕されたことが分かりました。
少年との面会は制限されており、弁護士しか会うことが許されていませんでした。

私は、依頼者様に状況を伝え、被害弁償のため、示談金の用意をお願いしました。

そして、同時に、少年が少年院に行かずに済むよう、少年の周囲の環境を整えることにしました。
依頼者様が今後どう少年と接するべきか、少年の学校生活をどう考えるべきか、少年にどう反省を促すべきか等、少年の処分を決める審判期日までにやるべきことはたくさんありました。

最終的には、ご家族の協力、被害者家族のご配慮、少年自身の努力など、目標としていた事項を全て達成でき、無事、保護観察となりました。
少年は、審判が出た直後、依頼者様と共に自宅に帰ることができました。

村上 裕一弁護士からのコメント

村上 裕一弁護士

少年事件は、刑事事件とは異なり、少年の更生に重きを置いています。
そのため、事件の被害者だけでなく、加害者である少年自身への配慮も非常に重要になります。

非行の原因は、少年自身だけでなく、家族、友人、学校における人間関係など、周囲の環境に依るところが多いように思います。
そのため、少年を取り巻く環境をいかに調整するか、というのが課題になります。

今回は、依頼者様が早期にご相談に来られたため、環境調整に十分配慮した活動ができました。
また、私の問題意識と裁判所の問題意識が一致したため、効果的な弁護活動を行うことができ、最善の結果を出すことができました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
さぎぬま法律事務所
所在地
〒216-0004
神奈川県 川崎市宮前区鷺沼3-5-18 鷺坂第一ビル1階西
最寄り駅
鷺沼駅
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5257-7816

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

村上 裕一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7816
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
受付時間外は、メールでお問い合わせください。