現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
本間 大寿弁護士

( ほんま だいじゅ ) 本間 大寿

弁護士法人みずほ法律事務所

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料】【着手金無料あり】残業代請求、労災の慰謝料請求、不当解雇等。労働に関する問題をトータルサポートいたします。お悩みを抱え込まず、まずはご相談を
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

使用者側(企業),労働者側(個人)双方からご相談・ご依頼をいただいています。

労働問題はお任せ下さい

これまで、企業側・労働者側双方の立場の労働事件に数多く対応してきたため、双方の立場から考えることができ、問題に応じた解決手段を提案することが可能です。
とくに鹿児島は残業代の未払いが多い印象です。残業代請求をしたい個人の方,給与体系をチェックしたい企業の方は,私たちにご相談ください。
お悩みに応じて、迅速に解決できるよう、丁寧に説明いたしますので、安心してご相談ください。

ご依頼いただく上で大切にしていること

私たちは,いずれの側の代理人として活動する場合も,必要以上に相手を敵視することは慎むことを心がけています。
職場は人生の大部分の時間を過ごす場所ですので,法令が遵守された状態で,使用者・労働者ともに快適に働くことができる環境が整備されることが,
皆様が目標を実現するための近道として最も望ましいと考えているからです。
もちろん,相手方が法令や契約を守る意思がないと思われる場合は,目標に向かっている依頼者の前に本来無用なトラブルが立ちはだかっている状態ですので,徹底的に闘いますし,その準備も整えています。

じっくりお話をお伺い致します

弁護士は法的な側面から、お客さまに安心と安全を提供するサービス業です。そのため、当事務所は親身な対応とわかりやすい説明を重視し、難しい専門用語を噛み砕いて伝えています。
また依頼者の方の心情を理解し、状況を正確に把握するためにも丁寧なヒアリングは欠かせません。
じっくりと話をお聴きし、不安を取り除くためのアドバイスに努めます。

夜間・土日の相談も可能

事前に予約していただければ、平日夜間や土日祝日の相談にも対応していますので、まずはお気軽にご連絡ください。

明朗会計・安心の費用体系

  • 当事務所では、直接ご相談者様と顔を合わせてお話を伺うことを大切に考えており、ご相談は面談形式にて行っております。

初回相談は無料にてお伺いしておりますのでお気軽にご利用ください。

  • 初回無料相談でお見積もりを提示し、納得いただいたうえで委任契約を締結します。わかりやすい報酬体系と丁寧な説明で安心してご依頼いただけます。

ご依頼いただく場合は受任時にしっかりとした費用のご説明をさせていただきます。

企業からのご依頼もお受けしております

就業規則の作成や、従業員とのトラブルなどにも対応してきた経験から、
労働者・使用者いずれの立場においてもノウハウがあり、早期解決・予防策の提案が可能です。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 退職勧奨,解雇通告を受けたが、明らかに不当だ。
  • 長時間の残業を強いられている。
  • 残業をしているのに残業代が支払われない。
  • 管理監督者に該当するという理由で残業代をもらえていない。
  • 会社から退職するように圧力を受けている。
  • 業務中や通勤中に事故・怪我をした。等

特に力を入れている案件

  • 残業代請求
  • 不当解雇,整理解雇,懲戒解雇,内定取消,雇止め
  • 就業規則,労使協定
  • 労災関係(通勤災害,業務上災害など)

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料です。
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

数か月分の労働時間の立証資料から全体の労働時間を推認して残業代請求が認められた事例。固定残業代を支払った旨の会社の主張を全て排斥した事例。

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代

相談前

会社にサービス残業を強いられている。タイムカードや業務日報もなく,出勤日に押印するだけの勤怠管理システムのため,毎日の残業時間が計算されない。会社は固定残業代を支給しているから問題ないと主張するが,あまりにも少なすぎる。会社を辞めたいが,残業代を請求できないか。

相談後

◆労働時間の推認について
労働時間を立証する資料が乏しい状況でした。パソコンのログを抽出することも困難で,可能性があるとすればスマートフォンのGPSログ程度ですが,残業が深夜にも及んでいたため,置きっ放しにしていた等と反論される可能性もあり,決定的な証拠にはならないと思われました。そこで,幸い相談者がまだ退職届けを提出していなかったので,退職を少し延期していただき,その間に労働時間の証拠を作成するよう指導させていただきました。相談者のご協力もあり,数か月分の確たる証拠が揃ったので,これをもとに2年分の労働時間を推認する方法で訴訟を提起しました。訴訟では会社側も抵抗を示しましたが,当方の主張が通る形で裁判所からの和解案が出されました。
◆固定残業代について
会社側は,就業規則で固定残業代の制度を定めている旨の主張をしました。これに対し,当方から固定残業代制度が有効となる要件を満たしていないことを丁寧に主張した結果,当方の主張が通る形で裁判所からの和解案が出されました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

従業員の労働時間を管理・把握することは会社側の義務です。にもかかわらず,その管理体制に不備があるために従業員が残業代の請求を諦めることは,本来あってはならないと思います。
また,固定残業代制度が有効となる条件はかなり厳しく要求されています。
不当な長時間労働が強いられていると感じている方は,既に心身に相当な疲労が蓄積していると思われます。安心して働き続けるためにも,早期に弁護士にご相談されることをお勧めします。

労働問題の解決事例 2

複数の従業員の残業代を請求した事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

会社が残業代を支払わない。労基に通報して指導してもらったが,より会社の態度が硬化し,以前より待遇が悪化するなどした。多くの従業員が会社に対して不信感を抱いている。

相談後

従業員がどんどん退職し,順次残業代請求をご依頼いただきました。
会社の対応があまりにも悪質で,中には真偽を疑うような内容もありました。また,会社側からは請求する方の就労状況が悪かったとか,無断で残業していたといった責任逃れの主張をする可能性が窺われました。
しかし,同じ会社の元従業員が皆様同じ証言をしていること,協力して証拠資料を集めていただいたことから,主張・立証を十分に行うことができ,それぞれ主張通りの金額を回収することができました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

複数の方から同一の相手に対する請求のご依頼を受けることは,依頼者間で公平な解決にならない可能性がある(途中で相手の資力が尽きる場合など)というデメリットもありますが,主張・立証を補完し合うという上記のようなメリットもあります。
お一人で悩んでいる方も,他の従業員の方と相談し合っている方も,まずは会社外の弁護士にご相談ください。様々な観点から解決策を探るお力添えができると思います。

労働問題の解決事例 3

労災事故を全て従業員の責任にしようとする会社の主張を排斥した事例

  • 労災認定
依頼主 30代 女性

相談前

仕事中,機械に巻き込まれて指を切断してしまった。最初は痛くて何も出来なかったし,1年経っても事故前の生活は戻ってこない。まだ幼い子供たちを抱っこするのも難儀する。労災保険は支払われたが,会社からは,私の不注意が原因だからといって雀の涙の見舞金しか支払われなかった。会社の指示通りに作業していて起きた事故なのに,全て自分のせいにされるのは納得できない。

相談後

事故態様を聴取し,過去の裁判例に照らして検討したところ,会社に責任があることは明白と判断されました。速やかに訴訟を提起し,事故現場の検分や管理者の尋問を実施して丁寧に主張・立証を行った結果,概ね当方の主張通りの内容で裁判所から和解案が示されました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

労災事故で会社の責任が否定される例はあまり多くありません。その意味で,労災事故の場面では会社の姿勢が問われます。政府保証の労災保険金の支給により全ての損害が填補されるわけではありませんので,会社の対応に疑問を抱かれたときは,弁護士にご相談ください。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間・土日相談予約可能】遺産分割、遺言作成等、相続に関するトラブル全般お任せください。ご依頼者の気持ちに寄り添い、想いを実現する相続となるようサポート致します。
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

想いを実現する相続となるように

生前にご自身の想いを形にしたい方,相続発生後に他の相続人との紛争が生じてしまった方,いずれのケースもお任せください。
生前にご自身の想いを形にしたい方は,ご自身にとって価値ある目標に近づかれた方や達成された方が多いと思われます。その過程で築かれた財産をどのように残していくのか,思い出話も交えながら一緒に最適なプランを検討させていただけますと幸いです。

他の相続人との紛争が生じてしまった方は,目標へ進む傍らでトラブルが生じている形になります。そして親族間の紛争は感情が入ることが多く,経済合理性で割り切れない争点に振り回されることもあります。ですが,本来遺産分割は論理的に解決される側面が強いものである,論理は弁護士が得意とする部分です。相続人間で紛争が生じてしまった方は,ご自身の本業に集中していただくためにも,早い段階で私たちにご相談ください。

あなたにあったプランをご提案します

遺産分割では
株式の帰趨が激しく争われたケース、障害を持った子供がいるケース、相続人が多人数に渡るケース、
先妻との間の子供が現れたケース等複雑な案件も多数取り扱っております。
とくに,障害を持った子供がいるケースでは,子供に安定して財産を残すために遺言と信託を組み合わせるプランをご提供するなど,
他業種と連携して柔軟な対応をしております。
ご依頼者の気持ちに寄り添い,想いを実現する相続となるような提案をすることができるよう心掛けております。

遺産分割,遺言作成,信託など,相続に関するご相談全般お任せください。

ご依頼者の方々のお声

「親しみやすい人柄が相談しやすい。」「フットワークが良い。」といったお声を頂戴しております。
一人ひとりに合わせて親身にご相談を伺いますので、まずはお気軽にご相談ください。

相談して頂きやすい環境

  • 完全個室相談なので、周囲を気にせずリラックスしてご相談ができます。
  • 鹿児島県内各地の他、他の相続人との交渉にあたっては東京等遠隔地まで出張可能です。

専門家と連携した幅広いご提案が可能です。

調査会社 /信託銀行 /地元信用金庫 /生命保険会社 /税理士 /司法書士 /社労士 /FP /土地家屋調査士 /不動産鑑定士など
様々な機関や専門家と連携しております。

安心の費用体系

初回のご相談は無料

小さな悩みでもお気軽にご相談ください。
「どれくらい弁護士費用がかかるか不安・・・」という方も、面談時にご相談させていただいております。
詳しくはお問い合わせください。

柔軟にお支払いにも対応しております。

分割や、後払いでのお支払いにも対応しております。
費用にご不安な方はご相談ください。

ご相談時間はお忙しい方にも柔軟な対応

土日祝日のご相談や、お急ぎの方への即日相談も可能です。
夜間19時まで受付をしておりますので、平日がお難しい方はご相談ください。

安心のサポート体制

遠方で来所が難しい方に配慮し、メールでのやり取りを積極的に取り入れ、当事務所に来て頂く負担を軽減しております。

便利なアクセス

  • 市役所前電停から徒歩2分
  • 複数のコインパーキングあり(※徒歩1分の場所です)

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料です。
着手金/報酬金 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。

備考 ※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

他の相続人による使い込みを取り返した事例

  • 財産目録・調査
依頼主 60代 男性

相談前

ご相談者は息子さんで、「父が亡くなったが、通帳を見ると不審な出金がたくさんある。父の生前に父の財産を管理していた弟が使い込んだのではないか。」という相談内容でした。

相談後

お父様の認知症がかなり進んだ状態(専門職の成年後見人を依頼する直前の時期)にも数百万円単位の出金があったことから、弟による不正出金がかなり強く疑われた。
金融機関から出金伝票を取得したり、弟が経営する会社の資金繰りを精査するなどして丁寧に不審点をあぶり出した結果、不審な出金のうち相当額は弟による不正出金であることが判決で認容された。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

相続人による使い込みの事例は後を絶ちません。特に鹿児島では多いようです。
銀行の出金履歴や被相続人のお金の使い方、使い込みが疑われる相続人の資金繰りなどを、丁寧に主張・立証することで愚直に不正を炙り出すことが結果的に一番の近道です。

遺産相続の解決事例 2

障害のある子供に財産を残すための信託を設定した事例

  • 成年後見
依頼主 70代 女性

相談前

夫は既に亡くなっており,自身の相続人は子供3人。内1人は重度の障害があり,自分がこれまでずっと面倒を看てきた。自分もその子も高齢となり,自分が死んだときは他の子供に障害のある子供の面倒を看てもらいたい。候補者の方の子供とは話が付いているが,もう1人の子供がお金に汚いところがあり,折角障害のある子供のために残した財産を消費してしまうのではないか不安。

相談後

障害のあるお子様については成年後見を申し立て,面倒を看る候補者のお子様に後見人になっていだきました。そのうえで,不安視されている方のお子様が財産関係に口出しするのを防ぐため,相談者と障害のあるお子様のために信託を設定して財産の保全をし,遺言作成,生前贈与を組み合わせて相続対策を行いました。結果的に節税効果も生じました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

生前の相続対策というと相続税の節税ばかりに目が行きがちですが,被相続人の想いを正しく実現するには,税法よりもまずは民法,(事業承継を含む場合は)会社法といった実体法をまずは考慮すべきです。弊所がご提案した仕組みにより,看護する親族は金銭面での不安や無用な疑いをかけられる不安から解放されて介護に専念することができるようになり,障害があるお子様も相談者の死後も親族の看護を受けて安心して生活していただけるようになりました。

遺産相続の解決事例 3

独り身の叔父の相続で,不明な財産関係を全て精査・整理して相続人に引き継いだ事例。

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

叔父が亡くなった。生涯独身で子供もおらず,また叔父の兄弟(相談者の親)世代もほとんど亡くなっているため,相続人は相談者ら甥・姪の世代が多い。高給取りだったが質素な生活をしていたので,かなり遺産があるように聞いているが,全容は不明。相続人間で,法定相続分できっちり分配することで話は付いているが,遺産の調査や換金の手続きは手に負えない。弁護士に間に入ってもらいたい。

相談後

遺産を調査した結果,不動産,車,預貯金,有価証券,債権等,遺産が多額かつ費目が多岐に渡っていました。
その一方で相続税も発生することが予想されたため,申告期間内に全ての処理を終わらせる必要がありました。
関連業者とも連携しながら弊所にて全て換金処理を行い,一部の相続人による立替金等も含め,公平な相続となるよう調整して遺産を配分し,申告期限に余裕を持って税理士に引き継ぎました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

遺産の費目が多岐に渡る場合,相続人,特に現役で働かれている世代の方や生前の被相続人とあまり交流がない方がそれを調査し換金することは,相当大変です。被相続人の住所地が相続人の皆様の住所地と離れている場合はさらにハードルが上がります。特定の相続人が処理できたとしても,他の相続人から手続きの公正さを疑われる可能性もあります。今回のケースは,遺品整理を除き相続手続きは全て弊所にて行い,疎明資料を添えた財産目録を作成し,法定相続分通りに遺産の分配内容を調整しました。法的な議論というよりは手続きの透明性確保の見地からですが,皆様にご納得いただけるよう弊所がお役に立てた事例と思います。

交通事故

分野を変更する
【初回相談料・着手金は0円】【夜間・土日の相談も可能】スピード対応による早期解決を目指します。現場や医師面談にも足を運びます。交通事故トラブルは早期段階で弁護士にご相談を。
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所
弁護士法人みずほ法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

被害者側,加害者側(保険会社側)双方からご相談・ご依頼をいただいています。

交通事故に関するトラブル全般お任せください

交通事故は突発的に発生するものですので,目標へ進む過程を阻害されたと感じる程度が強くなりがちです。
それがお怪我を伴ったり,不幸にも後遺障害が残ってしまうような重大な事故であった場合はなおさらです。
そのうえ,交通事故は専門的な要素が強く,適正な賠償を認定するにはどうしても弁護士の関与が必要となります。
ですので,ご自身の本業に集中していただくためにも,交通事故に遭われた方は早い段階で私たちにご相談ください。
なお,相手の保険会社によっては受任できない場合がございます。お問い合わせいただいた際にご確認をさせていただきますので,ご了承ください。

スピーディーに対応、早期解決を目指します。

実況見分調書の分析から事故態様を割り出し、現場に足を運ぶ等、スピーディーに対応いたします。
訴訟での解決にこだわらず、交渉も積極的に対応しています。
後遺障害の認定に当たっては、医療機関に同行させていただき後遺障害診断書の作成について医師と協議するなど、積極的にサポートいたします。

わかりやすく丁寧に説明を心がけています。

当事務所は丁寧な対応とわかりやすい説明を心がけています。難しい専門用語を噛み砕いて伝えています。
また、親身な姿勢で相談を聞き、依頼者の心情を理解するように努めています。事故やケガの状況を正確に把握するためにも、丁寧なヒアリングは欠かせません。
その結果、多くの依頼者から「聞いてもらって肩の荷がおりました」「心が晴れました」といった感想をいただいています。

ご依頼者の方々の声

「親しみやすい人柄が相談しやすい。」「フットワークが良い。」といったお声を頂戴しております。
一人ひとりに合わせて親身にご相談伺いますので、まずは気軽にご相談くださいませ。

相談して頂きやすい環境

  • 完全個室相談なので、周囲を気にせずリラックスしてご相談ができます。
  • 鹿児島県内各地の他、東京等遠隔地まで出張可能です。

安心の費用体系

交通事故の初回相談・着手金は無料

小さな悩みでもお気軽にご相談ください。
「どれくらい弁護士費用がかかるか不安・・・」という方も、面談時にご相談させていただいております。
詳しくはお問い合わせください。

柔軟にお支払いにも対応しております。

分割や、後払いでのお支払いにも対応しております。
費用にご不安な方はご相談ください。

弁護士費用特約を活用しましょう

保険加入者の親族が被害者となったときも弁護士費用特約を使えるケースがあります。
まずはご自身、そしてご家族が加入している保険会社に契約内容を確認してください。

ご相談時間はお忙しい方にも柔軟な対応

土日祝日のご相談や、お急ぎの方への即日相談も可能です。
夜間19時まで受付をしておりますので、平日がお難しい方はご相談ください。

安心のサポート体制

事故に遭われた方に配慮し、メールでのやり取りを積極的に取り入れ、当事務所に来て頂く負担を軽減しております。
ご来所が難しい場合もご安心ください。

便利なアクセス

  • 市役所前電停から徒歩2分
  • 複数のコインパーキングあり(※徒歩1分の場所です)

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料です。
着手金 着手金は無料です。
報酬金 22万円+回収額の11%(税込)
備考欄 ※弁護士費用特約利用で実質無料
※報酬等は事案により異なりますので,詳細はご相談の際にご説明いたします。
※料金はすべて税込み価格です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害非該当から12級を認定(医学的見地からの丁寧な主張・立証が認められた事例です)

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

追突事故に遭い、左手の薬指と小指に力が入らなくなった。後遺障害等級認定申請をしたが非該当とされた。

相談後

症状から正中神経麻痺が疑われた。
また、事故状況、その際の依頼者の姿勢、衝撃の加わり方等を詳細に聴取すると、シートベルトにより左肩を圧迫され、胸郭出口症候群の可能性が見いだされた。
よって、胸郭出口症候群により正中神経が損傷したために左手の症状が現れていると考えられた。
神経内科の医師からも検査や意見書の協力を得られ、訴訟にて受傷機序や医学的見地からの説明を丁寧に行った結果、後遺障害等級12級を前提とする和解を勝ち取った。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

後遺障害等級を争うには医学的見地からの丁寧な主張・立証が必要不可欠です。
当事務所は、被害者側、加害者側双方で多数の交通事故事案を取り扱っており、後遺障害等級を争う事例も多数経験しています。本件はその経験が生かされた事例と考えています。

交通事故の解決事例 2

異議申立により後遺障害等級が繰り上がり,賠償金を1,700万円増額した事例。

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

事故により片方の足の神経が麻痺し,足首と足指の可動域が狭くなった。事前認定により後遺障害等級併合8級と認定され相手保険会社から賠償額の提示が為されたが,その金額が適正か判断してほしい。

相談後

症状を聴取し,実際に足首,足指の可動状況を拝見すると,診断書の記載よりも残存症状がひどいことが窺われた。カルテを精査したり主治医にヒアリングするなどした結果,後遺障害診断書の記載に誤りがあったことが判明した。正しい診断書を作成してもらい,被害者請求により異議申立を行った結果,後遺障害等級併合7級に変更された。これをもとに相手保険会社に請求を行い,裁判外にて裁判基準での示談を成立させた。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

後遺障害等級の系列や可動域制限に関する弊所の見立て,勘所が活きた事例です。可動域制限の症状から神経が麻痺している神経を推測し,診療録を適切に読み解いたうえで主治医と協議できたことが,診断書の修正に繋がったと思われます。

交通事故の解決事例 3

被害者が将来目標とする職業を示談に反映させた事例。

  • 過失割合
  • 人身事故
依頼主 10代 男性

相談前

(親族からのご相談)娘が自転車通学中に車に跳ねられ,後遺障害が残った。娘は事故の記憶がなく,相手保険会社からは娘の過失が大きいかの如く主張がされている。また,後遺障害逸失利益も低く算定されている印象がある。

相談後

◆過失割合について
実況見分調書を精査し,また事故現場道路の状況や普段の娘さんの運転態度等をご親族から丁寧に聴取した上で相手保険会社と交渉しました。その結果,基本となる過失割合は相手保険会社が前提としている事故類型ではなく当方が前提とする事故類型であることを認めさせました。その上で,相手当事者の過失を加重修正すべき事案であることを粘り強く主張した結果,最終的に当方が主張する過失割合で合意しました。
◆逸失利益について
後遺障害等級は適正と思われました。しかし,相手保険会社は,女子平均賃金を算定の基礎に用いる旨主張していました。しかし,女性の社会進出が進んでいく傾向や,娘さんが将来の目標に繋がる進路に進んだことを丁寧に主張した結果,その職業の平均賃金を算定の基礎に用いることで合意しました。

本間 大寿弁護士からのコメント

本間 大寿弁護士

逸失利益については,弊所の実績というよりも,娘さんが事故後もハンデを抱えながらも将来の目標に向けて努力し続けたことが非常に大きかったと思われます。弊所としても,娘さんの努力が適切に評価されるお手伝いができ,その後娘さんがみずみずしい気持ちで実り豊かな社会生活を送るきっかけに立ち会えたことを嬉しく思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人みずほ法律事務所
所在地
〒892-0815
鹿児島県 鹿児島市易居町1-34 リミビル4階
最寄り駅
市役所前電停
受付時間
  • 平日09:00 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約をいただければ,土日祝日も対応可能な場合があります。お気軽にお問い合わせください。
対応地域

九州・沖縄

  • 鹿児島
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5572-2296

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

本間 大寿弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5572-2296
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
事前にご予約をいただければ,土日祝日も対応可能な場合があります。お気軽にお問い合わせください。
設備
完全個室で相談