弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2019年01月21日 18時38分

「制服通学」私服より痴漢被害多く ハラスメント調査で明らかに

「制服通学」私服より痴漢被害多く ハラスメント調査で明らかに
会見した小島さん

中学時代に制服をきていた女性は、私服通学していた人よりも、電車やバス、道路などで体を触られるなどの被害に多くあっているーー。

世の中からあらゆるハラスメントを無くそうと有志で活動している「#WeToo Japan」が行った調査で、こうした傾向がわかった。1月21日、#WeToo Japanが東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見し発表した。

調査に協力した荻上チキさんは「痴漢被害に気をつけましょうと(女性側の)態度や服装について言われるが、コントロールできない環境要因がハラスメントのあいやすさを高めてしまっている」と指摘した。

●通勤時間、長いほど痴漢被害経験多く

調査は、調査会社を通じて2018年8〜9月の約1カ月間、東京、千葉、埼玉、神奈川に住む15〜49歳の男女を対象にインターネットで行った。1万1876人の回答を分析した。

その結果、通勤通学している人で、過去1年間に電車やバス、道路などで痴漢被害にあった女性は、通勤通学時間が1〜20分の人で8.3%だったのに対し、60分以上は19%と、通勤通学時間が長いほど、被害経験が多かった。

同様の場所で、中学時代の「体を触られる」被害経験を、制服の種別ごとに尋ねたところ、ブレザーが48.7%、セーラーが47.2%だったのに対し、私服は28.9%だった。

●セックスしてもいい→「キスをする」が64%

また、性行為についてお互いの意思を確認する「性的同意(セクシュアル・コンセント)」に関連して、「『セックスをしても良い』という同意が成立しているのは、どの場合か」について選択肢を用意し尋ねたところ(複数回答)、「キスをする」が64.4%ともっとも多く、「手を繋ぐ」が16.4%、「二人きりで飲酒」が13%と続いた。

他に「露出の多い服装をしている」「二人きりで車に乗る」「二人きりで食事」の項目があったが、「どれも該当しない」と答えたのは31.7%だった。

荻上さんは「特定のアクションをしたから合意を得られると考えることは誤り。こうしたものは合意ではないと啓発を進めていくことが大事だと思う」と指摘した。

●露出高い服で痴漢、女性の方が「仕方がない」回答多く

また、ハラスメントにまつわる誤解や幻想についても調査した。「露出が高い服を着ている人は、痴漢にあっても仕方がない」について賛否を尋ねたところ、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた男性は計39.2%だったのに対し、女性が計45.6%と女性の方が上回る結果となった。

荻上さんは「蓋を開けてみれば、女性が女性を非難していて地獄だった。一定程度、加害が存在するものだから、個人が備えなければいけないという考えが根深い」と話した。

永田さん(左)と荻上さん

調査に協力した、兵庫教育大学大学院講師の永田夏来さんは「この調査は男女のレッテルばりではない。そこからどういう風に相互コミュニケーションをとるのかという基盤として使ってもらいたい」。

エッセイストの小島慶子さんは「自分にとっての正しさを考えることがとても大事。もしかしたら思い込みかもしれないということを人の意見として考える貴重な資料だ」と話した。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」