現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
仲川 悦央弁護士

( なかがわ よしお ) 仲川 悦央

明石中央法律事務所

現在営業中 09:00 - 17:00

交通事故

分野を変更する
◆初回相談30分無料◆年間60件以上の解決実績◆事故に遭われた方にとっては、保険会社と交渉は一大事です。被害者の方のストレスを軽減し問題を適切に解決致します。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交通事故が起こってしまったら

事故が発生しまった場合、どのような対応やお手続きが必要なのか、ご存知な方は多くありません。
お困りの際は、弁護士へご相談ください。
依頼者の負担を最小限に減らし、解決を図ります。

案件への対応姿勢

  • 弁護士費用特約の利用

ご自身で加入されている任意保険の弁護士費用特約に入っている被害者の方の場合には弁護士特約を利用して頂くことが出来ます。
この場合、弁護士費用・報酬は原則的に保険会社が全額を負担しますので、ご依頼者様自身が負担をすることはほとんどありません。
また、弁護士費用特約の利用がないご依頼者様の場合であっても初回相談を無料で実施していますので、安心して相談して頂けます。

弁護士に依頼するメリット

【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い対応と豊富な解決実績
物損事故、軽微なむち打ち事故から後遺障害が残る重大事故、死亡事故まで、多数の解決実績があります。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、保険金の見込み額と弁護士費用といった相談者様が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

このようなお悩みはありませんか?

よくあるご相談

  • 事故にあって治療中だが、今後どうすればよいのか聞きたい。
  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
  • 後遺障害等級の認定に納得できない。
  • 保険会社の対応に不満があるので、弁護士に対応してほしい。
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。

などこのようなご相談はお任せください。

重点取扱案件

示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求、
自賠責保険金の請求、交通事故裁判

事務所のサポート体制

  • レスポンスが早いです。
  • 説明が丁寧で、活動報告も小まめに行います。
  • 依頼者様のご相談にじっくりと耳を傾けます。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談30分無料
その他費用(着手金、報酬等) 案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(5件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【左足関節部外果骨折等,後遺障害等級14級,自転車対自動車の事故で当初の保険会社提示額から120万円以上の増額を獲得】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

交差点内を自転車で走行中,左方からきた自動車と接触し,依頼者様が負傷された事案において,当初相手方保険会社からの提示額は,既払い金24万円を除き,138万円でした。当該金額が妥当なものかを知りたいとご相談に来られました。

相談後

当職の方で,相手方保険会社の提示額の内訳を徹底的に精査した結果,主婦としての休業損害,入通院慰謝料,後遺障害逸失利益に増額の可能性があると判断し,既払い金24万円を除き,255万円を提示したところ,相手方保険会社は満額認め,解決しました。受任後約2週間での解決でした。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

主婦の方が交通事故に遭われた場合,家事従事者としての休業損害(主婦休損)の評価が問題になることが多いです。保険会社の代理人の経験や訴訟での経験等を駆使し,考えられ得る最も高い金額で解決できました。相手方保険会社から損害賠償金の提示が来た場合,一度弁護士に相談されることをお勧め致します。

交通事故の解決事例 2

【頚椎捻挫等,後遺障害非該当,自動車対自動車の追突事故で当初の保険会社提示額から58万円以上の増額を獲得】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

依頼者様が追突事故に遭われた事案において,当初相手方保険会社からの提示額は,既払い金を除き,66万円でした。当該金額が妥当なものか知りたいとのことでご相談を受けました。

相談後

当職の方で相手方保険会社の提示額を徹底的に精査した結果,休業損害,通院慰謝料に増額の可能性があると判断し,交渉を行ったところ,既払い金を除き,125万円で解決しました。受任後約2週間での解決でした。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

依頼者様は兼業主婦の方で,相手方保険会社は,給与取得者としての休業損害を算定し,提示しておりましたが,当方で住民票等を提出することで依頼者様が家事従事者であることを立証し,家事従事者としての休業損害が認められ,当初提示額12万円から46万円と休業損害だけでも34万円の増額が認められました。

交通事故の解決事例 3

【右膝打撲捻挫等,後遺障害等級12級,歩行者対自動車の事故で1051万円を獲得】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

ご依頼者様が横断歩道を歩行中,相手方車両がご依頼者様に衝突し,ご依頼者様が負傷された事案で,ご依頼者様の治療中にご相談に来られました。

相談後

ご相談後,相手方保険会社から治療費の一括対応が打ち切られましたが,医師の指示の下自費で症状固定日まで通院され,後遺障害等級認定を行ったところ,12級を獲得しました。その後,相手方保険保険会社と賠償額の交渉を行いましたが,まとまらず,交通事故紛争処理センターに申立を行った結果,当方の主張がほぼ認められ,既払い金344万円を除き,707万円(うち,通院慰謝料131万円,休業損害133万円,後遺障害逸失利益393万円,後遺障害慰謝料290万円など)で相手方保険会社と示談が成立致しました。受任後1年半での解決になりました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

相手方保険会社から治療費の一括対応が打ち切られても,その後の対応次第で,医師が後遺障害診断書に記載する症状固定日までの治療費が認められることもよくあります。相手方保険会社から治療費の一括対応が打ち切られたときは,一度弁護士にご相談下さい。

交通事故の解決事例 4

【頚椎捻挫等,後遺障害等級14級,自動車対自動車の事故で320万円を獲得】

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

相手方保険会社の交渉態度に困惑され,治療中に相談に来られました。人身損害に加え,物的損害(評価損)も受任しました。

相談後

人身損害については,一度相手方保険会社から治療費の一括対応打ち切りの打診が来ましたが,ご依頼者様の治療経過等を説明することで打ち切りは受け入れられない旨主張し,最終的に通院期間全期間である8か月一括対応を行ってもらいました。その後,後遺障害等級認定を行い,14級が認められ,相手方保険会社と交渉したところ,既払い金70万円を除き,250万円を獲得しました。
物的損害については,初度登録後数カ月での事故ということで,最終的に1割の評価損が認められ,示談しました。なお,本件事故の過失割合はご依頼者様10:相手方90であったため,結果的に修理費全額を相手方から回収することに成功しました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

相手方保険会社の担当者から高圧的なものの言い方をされ萎縮したり,交通事故賠償実務における知識の差を不安に感じ相談に来られる場合も多いです。相手方保険会社の担当者との交渉に不安なときは是非弁護士にご相談く下さい。

交通事故の解決事例 5

【右寛骨臼骨折等,後遺障害等級8級,自動二輪車対自動車の事故で当初の保険会社提示額から700万円の増額(合計3660万円)を獲得】

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

当初の相手方保険会社の提示額が既払い金260万円を除く2700万円であり,その妥当性を知りたいと思い,相談に来られました。

相談後

相手方保険会社の提示について,特に後遺障害逸失利益が低額であったため,後遺障害逸失利益を中心に交渉したところ,最終的に既払い金260万円を除く3400万円(合計3660万円)で示談が成立しました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

後遺障害等級が重度になると,相手方保険会社の支払額も多額になるため,被害者側が十分な立証を行わないと,基準に比して低額な提示しか受けることができなくなります。それでは客観的にみて適正な損害賠償が行われたとは到底言えませんので,後遺障害等級が重度になればなるほど,より弁護士に相談されることをお勧め致します。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回相談30分無料】【休日・時間外も対応】ストレスも大きくなりがちな相続問題について、遺産分割協議書作成、遺産分割調停等の適切なサポートをします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

案件への対応姿勢

  • 将来起こりうる紛争も視野に入れて、解決を図ります。
  • 司法書士,税理士及び行政書士等の他士業との連携で手続きをスムーズに行い、ご依頼者様に余計な時間や費用がかからないよう配慮しております。

安心の費用設定

気軽に相談していただけるよう、初回相談料は30分無料で対応しております。
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、
ご依頼者様の経済状況に合わせて相談に応じております。

弁護士に依頼するメリット

【1】相続開始前であれば、専門的知識を前提としたアドバイスにより適切な遺言書作成を行い将来の相続問題発生を防止することが可能です

【2】相続問題発生後であれば、専門的知識をもとに遺産分割についての適切な内容を的確に判断することが可能です。

【3】弁護士であれば、任意交渉による遺産分割協議書作成の段階から、遺産分割調停、審判を通して代理人として相手方と交渉することが可能です。

このようなお悩みはありませんか?

よくあるご相談

  • 遺言書の内容に納得がいきません。
  • 遺産を相続したのは自分だと思っていたが、相続人から異議が出ている。
  • 亡くなった父には多額の借金があり、相続放棄の手続をとりたい。
  • 行方不明の相続人がおり、遺産分割の話合いができない。
  • 土地を売ろうとしたところ相手から古い抵当権の登記を抹消してくれと言われた。

重点取扱案件

遺産分割協議(調停,審判)、遺言書作成、相続放棄

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談30分無料
その他費用(着手金、報酬等) 案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺産分割協議書を作成した事例】

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

お父様の相続の件で疎遠になっている遠方の兄弟と連絡が取れなくなっているため,お父様の遺産分割について委任したいということで相談に来られました。特にお父様の不動産の名義をご依頼者様,遠方の兄弟どちらかに確定させたいという強い想いがおありでした。

相談後

相手方の兄弟と連絡を取るべく,受任通知書を郵送するとともにお父様にご依頼者様,相手方の他に相続人が存在しないか戸籍謄本を取得して調査しました。最終的に相続人がご依頼者他に相手方しかいないことが明らかになったので,その相手方と遺産分割協議を行い,無事遺産分割協議書を作成し,遺産分割が完了しました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

ご両親の相続に関して,相続人であるが,疎遠になっている兄弟姉妹と連絡を取ることが事実上できないことも多く,遺産分割について二の足を踏んでしまうこともあるかと思います。そんなときは,弁護士が代理人になって兄弟姉妹に連絡を取り,遺産分割協議を進めていくこともできますので,そのようなときは,一度弁護士に相談して下さい。

遺産相続の解決事例 2

【所有権移転請求権仮登記を抹消した事例】

  • 相続人調査
  • 相続登記・名義変更

相談前

遺産分割の対象となっている土地に第三者の所有権移転請求権仮登記が残存していたので,その仮登記を抹消してほしいということで相談に来られました。

相談後

仮登記の名義人と連絡を取るべく,仮登記記載の住所に通知を送るなどしたところ,名義人の相続人の方から連絡があり,交渉を始め,その方の協力もあり,無事仮登記を抹消することができました。仮登記を抹消できたことで,当該相続対象になっている土地については,無事売却できる状態になりました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

仮登記の抹消については,訴訟で解決することも可能ですが,相手方の方と任意で交渉を行い双方合意の下で解決した方が適切であると考えております。また,本件は司法書士,税理士,行政書士の専門職も共同で携わった事案です。登記関係で悩まれた際,他士業との連携も積極的に行っておりますので,是非弁護士にご相談下さい。

遺産相続の解決事例 3

【遺産分割調停において相続人の一人の寄与分の主張を排斥した事例】

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

お父様の相続の件で,相続人の一人が多額の寄与分を主張し,遺産分割協議がまとまらないとして相談に来られました。

相談後

受任後,相続人の方と交渉を行いましたが,そこでも多額の寄与分の主張をされるので,家庭裁判所に遺産分割調停を申立てました。当方は,調停において,その相続人の方の行為について,寄与分の要件を摘示し,寄与分は到底認められない旨の主張を行い,最終的に裁判所の説得もあり,その相続人の方の寄与分を0とする形の調停が成立しました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

相続人当事者間で遺産分割協議を行う際,他の相続人から寄与分を主張され,それが原因で協議がまとまらないことも多いかと思います。その様な時は是非弁護士にご相談下さい。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【フットワークの軽さに定評】「離婚したいけど相手に話し合いにならない」など離婚でお悩みの相談者に寄り添います。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

ご相談者様のお話を徹底的に聞きます。

離婚は人生の中での非常に大きな岐路であり、大きな悩みとストレスを伴うものです。
そもそも離婚すべきなのか、離婚できるのか、離婚するとしたらどのような条件で
離婚すべきなのか、人によってその悩みは様々です。
こんな悩みを弁護士にぶつけていいのだろうかなどと思わず、そのまま相談してみて下さい。
お話を徹底的に聞き、話し合う中でお客様が本当に求めているもの、解決方法が見えてきます。

メッセージ

離婚は人生の中の重大な決断であり、ご自身のため、お子さんのために、離婚の手続自体はもちろん、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料等の条件を適切に決めることが大切です。
離婚をしたい方、離婚を要求されている方、それぞれに適切なサポートが可能です。

弁護士に依頼するメリット

【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】円滑に解決します
本人同士での話し合いは感情的になりがちであり長期化します。
弁護士が交渉することにより円滑な解決を行うことが可能です。

【3】ベストの解決策をご提案します
子どもに関する問題(親権、養育費、面会)やお金、財産の問題(慰謝料、財産分与)について、また、離婚そのものについて、豊富な経験に基づきベストの解決を行います。

離婚しようと決めている方はもちろん、離婚するかどうか悩んでいる方も、
まずは一度相談してみませんか?

このようなお悩みはありませんか?

◆女性のための離婚サポート◆

  • 子どもの養育費はいくら支払ってもらえるか知りたい
  • 離婚したいけれどすぐに怒鳴り合いになり話が進まない

◆男性のための離婚サポート◆

  • 不貞行為を理由に慰謝料請求を受けているが妥当な金額かわからない
  • 面会を拒否されていて子どもに会わせてもらえない
  • 妻のモラハラ発言に耐えられず精神的に追い詰められている

不貞行為の慰謝料(請求する側、請求される側)、財産分与、子どもをめぐる紛争(面会交流・親権・連れ去り)など、ご相談に迷ったら、一度ご連絡ください。
相談時間にお悩みのご相談者には休日・夜間の相談もお受けすることも可能です。(要事前相談)
みなさまの不安を少しでも解消できるよう、『現状の整理』からお手伝いします

安心の費用設定

着手金・報酬金は、事案に応じてご相談に応じます。
当事務所にご依頼いただいた場合の費用の見積りは無料で行っています。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)をいただきます。
その他費用(着手金、報酬等) 案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【協議離婚,協議離縁,子の氏の変更】

  • 別居

相談前

ご依頼者様は相手方と離婚,離縁,解決金の額で折り合いが合わないということでご相談に来られました。

相談後

相手方に受任通知書を発送し,交渉を始め,相当な範囲内の解決金を支払い,協議離婚,協議離縁(子の氏の変更を含む。)が成立しました。受任後2か月で全ての手続が終わりました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

当事者同士ではなかなか話が進まないときでも第三者である弁護士が間に入ることにより,紛争をスムーズに解決できるときがあります。お相手の方の立場に立って,両者のからまった糸をほどくような交渉姿勢が大切であると考えております。

離婚・男女問題の解決事例 2

【裁判離婚(婚姻関係の破綻が別居日より前に認められた事例)】

  • 別居
  • 離婚請求
  • 離婚回避
依頼主 60代 男性

相談前

別居後1年しか経過していない状態で,相手方と離婚したいとご相談に来られました。

相談後

相手方は調停では離婚に応じないということで不調になり,訴訟提起することになりました。訴訟において,別居日より4年前に既に婚姻関係が破綻していたという主張を証拠に基づいて行い,婚姻関係破綻後相当な期間が経過していることを主な理由として,離婚が認められました。

仲川 悦央弁護士からのコメント

仲川 悦央弁護士

通常,別居後1年しか経過していない状態で,離婚は認められにくいですが,ご依頼者様のご協力もあり,別居日より4年前に既に婚姻関係が破綻していたことを立証できた点が離婚に繋がりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
明石中央法律事務所
所在地
〒673-0892
兵庫県 明石市本町1-1-32 明石商工会館ビル308
最寄り駅
明石(山陽明石)駅
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
午後0時から午後1時は昼休みのため電話は繋がりませんので,ご了承下さい。ご理解の程宜しくお願い致します。

受付時間以外はメールにてお受け致します。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山

中国

  • 岡山

電話で問い合わせ
050-5355-5679

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 17:00

仲川 悦央弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5355-5679
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
午後0時から午後1時は昼休みのため電話は繋がりませんので,ご了承下さい。ご理解の程宜しくお願い致します。

受付時間以外はメールにてお受け致します。