現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
尾崎 祐一弁護士

( おざき ゆういち ) 尾崎 祐一

尾崎祐一法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【電話相談可】
33年の経験を踏まえて離婚,男女間を巡る法律問題についてあらゆる相談に応じております。お気軽にご相談ください。
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■■弁護士歴33年の実績と経験■■

◎これまで多数の案件(33年間に常時3件程度)を扱っており,各事案の要点を素早く把握いたします。
◎若年者の離婚もいわゆる「熟年離婚」も多数扱っております。
◎離婚自体だけではなく,婚姻届けの提出されていない「準婚関係」に関するトラブルも扱っております。
◎離婚に伴う慰謝料額や財産分与額についても早めの判断が可能です。

■■よくあるご相談■■

  • 自分の事件で離婚ができるだろうか。
  • 別居中に生活費がもらえるだろうか。
  • 離婚後に子供と面会ができるだろうか。
  • 財産分与には離婚後の生活保障も含まれるのだろうか。
  • 既婚者である男性と不貞行為に及んだことが発覚し、男性の妻から慰謝料を請求された
  • 元妻から婚姻費用及び養育費を請求された
  • 誓約書条項違反を理由に,不貞の相手方配偶者より慰謝料請求をされた
  • 妻から、一方的に、離婚・生活費・慰謝料の請求をされていた
  • 浮気したDV夫と離婚したい
  • 突然の離婚請求に対して対抗したい
  • 子供の教育が心配。充分な養育費をもらいたい。
  • 別居している妻と離婚したい
  • 離婚したいが子供は自分が育てたい。養育費をちゃんともらいたい。
  • 相手の浮気が原因で離婚をすることになったので、慰謝料を請求したい。

その他にも離婚・男女問題に関するトラブルは、遠慮なくご相談ください。

■■ご相談・ご依頼費用について■■

◎「弁護士ドットコムを見た」で初回相談無料◎
上記以外は30分毎に5000円(税別)の相談料がかかります。
事件としてお受けする場合には,着手金及び成功報酬については当事務所の基準をご説明させていただき,その上で依頼者様の状況に合わせて具体的に決めさせていただきます。

■■離婚・男女問題でお悩みの方へ■■

離婚・男女問題は人の感情が絡み、問題が複雑になっていることが多数あります。そのため、私は、問題の経緯だけではなく、ご相談者・ご依頼者の方のお気持ちもしっかりおうかがいしております。お一人で悩まず、まずはご相談ください。
また、プライバシー配慮された場所に事務所がございますので、安心してご相談にお越しいただけます。

■■特に力を入れています■■

  • 離婚それ自体の成立
  • 慰謝料,財産分与
  • 婚姻費用,養育費請求
  • 親権の帰属
  • DVに対する慰謝料

■■アクセス■■

地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
但し,お電話にて相談を予約いただく際に「弁護士ドットコムを見た」旨お伝えいただければ,初回相談料は無料といたします。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 上記は一応のものであり,事案に応じて柔軟に対応いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

熟年夫婦の離婚事案での慰謝料及び財産分与

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 50代 女性

相談前

30年以上連れ添った夫婦でしたが,夫が妻に対して暴言を振るったり,妻以外の女性と関係を持ったりした事案でした。妻のほうが耐えられなくなって家を出て夫に対して離婚を求め,併せて慰謝料と財産分与の請求をしました。受任した上でこれらについて家庭裁判所に調停を申し立てました。

相談後

相手方にも弁護士が代理人として就きました。当初,夫側は離婚について難色を示していたのですが,調停委員や相手方代理人の説得もあり,離婚に同意しました。
その上で,財産を全て2分の1ずつ分けることとなりました。財産には既に受領していた退職金も含まれます。さらに不動産の価値について双方に争いがあったので,慰謝料の金額を調整財源にして解決しました。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

妻側が離婚を決意して早期に弁護士を代理人に依頼して直ちに法的手段をとり,また,相手方にも代理人が就いて互いに言い分を尽くし,財産関係の資料もお互いに早めに提出したことから双方が納得いく解決をすることができた事案と考えます。当事者同士で話し合いをしても解決は極めて困難だったでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 2

若い夫婦で妻のほうが不貞を働いた事案で夫が離婚を勝ち取った至った事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 男性

相談前

20代の夫婦で恋愛結婚でした。しかし,婚姻後に妻が不貞行為に及んでしまいました。そこで,夫は離婚を考えて相談に来ました。夫としては妻のことを許すことができなかったのですが,不貞の証拠が少し足りない事案でした。

相談後

受任後,これまでに依頼したことのある興信所を紹介し,妻の行動を調査しました。すると,ある日妻が不貞相手と一緒にラブホテルへ一台の車に乗ってチェックインしたことが明らかになりました。そこで,家庭裁判所に離婚及び慰謝料請求の訴訟を提起しました。妻側には訴訟の早い段階で離婚を認め,相当額の慰謝料を支払って離婚に至りました。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

夫のほうが離婚の決意を固めて直ぐに弁護士を依頼したことから,証拠固めを早めにすることができました。時間をおいていたら相手方が夫の行動を察知して不貞相手との行動を控えることにより証拠固めができなくなったかもしれません。夫の決断が功を奏したといえるでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 3

婚姻予約(婚約)の不当破棄

  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

恋愛関係にあった20代の男性と女性が婚約し,結婚式場の予約までしました。ところが,男性のほうが急に女性を嫌いになったとして婚約を破棄してきました。女性は直ちに代理人を依頼しました。

相談後

相手方にも代理人が就いたのですが,話し合いでは解決しないので家庭裁判所に慰謝料請求の調停を申し立てました。調停委員が話をうまくまとめてくれて女性側が相当額の慰謝料を手にすることができました。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

当事者同士で解決しようとしても泥沼にはまるだけだったでしょう。双方に代理人が就いたことや調停委員が解決に向けて尽力してくれたことにより早期解決ができました。

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【電話相談可】
弁護士業務33年の経験を活かして相続人の確定から遺産分割の具体的な実施,争いを回避するための遺言書作成などあらゆる相続問題に対応しております。
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

弁護士歴33年の実績と経験

①このような案件はお任せください!

  • 「遺言の作成」
  • 「遺言が存在しない遺産分割」
  • 「遺産分割に伴う寄与分や生前贈与の問題」
  • 「遺産分割に伴う不動産や動産の売却のお手伝い」
  • 「ペット信託であるアニライフ年金のご相談」

②遺言作成もスムーズに!
年配の方の遺言作成に際しては公証人を帯同して遺言作成のお手伝いをしています。

③費用についてもしっかりご説明!
弁護士費用を分かりやすく説明しています。

よくあるご相談

  • 相続人のうちの一部の者が遺産を独り占めしようとしている。
  • 相続人を調べていたら,被相続人に関して相続人が関知していない相続人のいることが判明してしまった。
  • 遺産が共有物であるために相続関係が複雑になってしまった。
  • 亡くなった親の面倒を一切看なかったのに権利だけは主張している。
  • ペットのために、相続財産を自分の死後もペットのために利用できるようにしたい。
  • 法定相続人同士の仲が悪く、遺産分割協議が進まない。
  • もしものときに頼れる人がいない。
  • 法定相続人でない人に遺産を残したい。
  • 特定の親族に多く遺産を残したい。
  • 土地を多く私有しており、後で相続人が揉めないようにしておきたい。
  • 登記や銀行など相続にまつわる手続をすべてお任せしたい。
  • 株式や不動産などをどのように残すべきかわからない。
  • 会社を経営していた者が亡くなった。今後の手続きなど、どうすべきか。
  • 親の亡くなる直前直後に、兄弟姉妹が親の預金を無断で引き下ろしていた。
  • 子供達が相続で揉めないように遺言書や信託契約書を作成しておきたい。
  • 会社を経営しているが、後継者に相続させるか、会社を売却しようか迷っている。

ご相談・ご依頼費用について

◎「弁護士ドットコムを見た」で初回相談無料◎

  • お話をじっくり伺い,さらに質を確保するために相談料は1時間1万円(税別)とさせていただいております。
  • 着手金及び成功報酬は,当事務所の報酬規程に基づいて丁寧にご説明いたします。ご要望があれば費用見積書を作成いたします。
  • 事案によっては,着手金を少なめにしてその分成功報酬を多めにするなど実際の弁護士費用については依頼者の方の状況に応じて柔軟に対応させていただきます。

遺産相続問題でお悩みの方へ

人生には沢山の悩みや困りごとが生じます。私は,弁護士として33年業務を行い,この間多数の相続問題をサポートしてきました。
その中でも「遺言の作成」や「遺言が存在しない遺産分割」,「遺産分割に伴う寄与分や生前贈与の問題」,「遺産分割に伴う不動産や動産の売却のお手伝い」など相続に関する問題に習熟しております。安心してご依頼ください。

アニライフ年金について

「アニライフ年金」とは、飼い主様にもしもの事があった時に備えられる仕組みです。
あらかじめ財産の管理を信頼できる人に託し、自分がペットを飼えなくなったときに、その財産から新しい飼い主様に飼育費を支払い、ペットが幸せな生涯を送ることができるようにします。
あなたの大切な家族だからこそ、しっかりと老後の事まで考えてみませんか?

★詳しくはこちらをご覧ください
https://pet-nenkin.com/

特に力を入れています

  • 遺産分割協議
  • 遺言書作成
  • 遺言執行
  • 遺留分減殺請求

アクセス

地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
但し,予約時に「弁護士ドットコムを見た。」旨お伝えいただくと,初回相談料は0円になります。
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金は相談者の方の状況により柔軟に対応いたします。お気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

被相続人の存命中に他の相続人が生活のために被相続人から受け取った現金が「特別受益」=遺産のさきもらいとして考慮された結果,遺産である土地建物全てを受け取れた例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

遺産として若干の預貯金と建物1棟及びその敷地が残された。相続人は2人であり,そのうちの1人が依頼者である。遺言がなかったのでこのままでは預貯金を半分ずつ分けた上で不動産についてはどちらかが取得して価格の半額を賠償するか売却して代金を半分ずつ分ける以外に解決方法はない。

相談後

依頼者の主張をよく聞いてみると,もう一人の相続人に対して被相続人が相当額の援助をしていることが明らかになった。そこで,依頼者に関係資料を持参してもらったところ,被相続人の自筆でもう一人の相続人に対する援助の金額及び日付が記載されていると思われる書面が存在した。
この書面を家裁での調停の場で証拠として提出したところ,調停委員会は援助分を特別受益と認めて依頼者が不動産全てを取得し,預貯金を相続人2人で半分ずつ取得する調停案を提示してくれた。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

相続の案件では,被相続人が生前に残した古い資料を丹念に検討することが重要である。単に「親から○○○と聞いていた。」というだけでは調停や審判の場ではなかなか言い分を通すことは難しい。直接的な証拠ではなくても被相続人の預貯金の古い取引履歴などを調べていくと依頼者の主張と符合することがあるので,弁護士に相談することが肝要である。

遺産相続の解決事例 2

相続人の一人が相続分を超えた多数の遺産を取得しようとして他の相続人である依頼者に少額の遺産で納得するように迫った。

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者は不安に感じて自ら家裁に遺産分割調停の申立てをした。しかし,調停の場では相手方のペースに巻き込まれてしまい,不安になって弁護士を依頼することとした。

相談後

依頼者から被相続人の財産に関する資料を全て持参していただき,不動産の名義上は被相続人の所有であっても実質的な所有者が依頼者の配偶者であるものなど遺産とそうでない財産とを明確に峻別して遺産の範囲を明確にした上で調停の場に臨んだ。
その結果,調停において依頼者が納得する調停案が示されるに至った。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

家裁の遺産分割調停では,弁護士を依頼している側や声の大きい当事者の言い分が通りそうになることがある。紛争性のある遺産分割事件では早めに代理人として弁護士を依頼して正当な権利を主張しないと調停で不利な案を受諾させられてしまうことがある。

遺産相続の解決事例 3

相続人の人が被相続人の預貯金の大半を他の相続人に無断で引き出して領得してしまった。

  • 遺産分割
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者としては到底納得がいかなかったので,勝手に預金を引き出した相続人に対して電話やメール等で連絡を試みたが一切の反応がなかった。そこで,公平に分割する方法を求めて弁護士を依頼した。

相談後

勝手に預金を引き出した相続人に対して自己の相続分を超えて取得した預金は取得する理由がないので返還するよう求めて訴訟を提起した。相手方は,被相続人が残したメモのようなものを自筆証書遺言であるかのような主張をしたのであるが,裁判所は認めずに当方の言い分どおりの判決を言い渡し,控訴審でも維持された。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

相続人の中には自分だけで遺産を処分してしまったり預貯金を引き出して領得する者がいる。このような場合には法的な手段をとらなければどうしようもない場合も多々あるので早めに弁護士に相談することを勧める。

交通事故

分野を変更する
【弁護士歴約33年】【初回相談無料】保険会社の言いなりにならずに権利を主張しましょう。そのために全力でサポートいたします。料金についてもお気軽にご相談ください。
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

■■プライバシーへの配慮と業務での心がけ■■

約33年の弁護士経験の中で、常時3件ないし5件の事案(圧倒的多数が被害者側からの依頼)を扱っております。依頼者の方のために「保険会社の言いなりにならずに正当な権利を主張すること」が弁護士の役割と考えております。話し合いで解決しなければ裁判も辞さない、という気持ちで事案処理にあたっております。

①プライバシーを守りながらご相談へ!
街中やオフィス街ですと、どうしても「誰か知っている人がいたらどうしよう・・・」「事務所に入りにくい・・・」など、人目が気になることがあるかと思います。当事務所は住宅地にあるので、借金問題を抱えていることを周りに知られずに相談にお越しいただくことができます。

②解決のための選択肢を複数ご提示!
納得の解決に向けてサポートさせていただきたいという想いから、複数の選択肢をご提示出来るよう心がけております。

③費用についてもしっかりご説明!
弁護士費用を分かりやすく説明しています。

■■よくあるご相談■■

  • 怪我が治らないのに治療を打ち切られた。
  • 過失割合について保険会社側と争いがある。
  • 被害者が提示した損害額について保険会社が認めない。
  • 後遺障害が残ってしまった。
  • 怪我で仕事ができず生活に困っている。
  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
  • 後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
  • 後遺障害の認定結果がきたが,納得いかない等

■■ご相談・ご依頼費用について■■

◎「弁護士ドットコムを見た」で初回相談無料◎
費用の総額は丁寧にご説明いたしますので、まずはご連絡ください。

ご自身が契約されている自動車保険に弁護士費用担保特約が付帯している場合には、原則として弁護士費用のご負担はありません。

■■交通事故でお悩みの方へ■■

依頼者の方のお話をよく聴くことを重要視しています。そして、どのようなこと、どのような解決を希望されているのかを明らかにして事案の解決に当たるよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。

■■特に力を入れています■■

  • 示談交渉
  • 損害賠償請求
  • 交通事故訴訟

■■アクセス■■

地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間ごとに1万円(税別)
着手金 15万円~(税別)
報酬金 30万円~(税別)
備考欄 料金については受任時に具体的にお話いたします。柔軟に対応しますのでお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

停車中の自動車に乗っていたら追突されて左下半身が不自由になったが当初は後遺障害非該当だった事案について訴訟で後遺障害9級が認定された。

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は,信号待ちで停車中の自動車に乗っていて鞄の中を整理していたところ,追突されてしまった。全く予期せぬ出来事であった。そのために左半身が損傷してしまい。歩行が不自由になった。左足を引きずるように歩き,50メートルくらい歩いたら2ないし3分休まなければ歩き続けられなくなった。保険会社を通じて後遺障害の認定を申請したのであるが,結果は「非該当」であった。

相談後

当職は,依頼者本人から事情を聴いた後,主治医の意見を聴いた。そして,主治医から訴訟になれば証人になってもらう旨の了解を取り付けた上で,本件は後遺障害7級相当である旨の訴訟を提起した。主治医の証人尋問も行った。その結果,地裁では9級に該当する旨の判決が言い渡され,高裁でも維持された。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

早めに弁護士に相談し,主治医の協力も得られたことから依頼者にとって良い結果がもたらされた事案である。交通事故や労災案件は,主治医や周りの人たちの協力が必要である。弁護士から依頼することによって協力が得られることもあるので,相談の際には経緯や事情をできるだけ詳しく話すことが大切である。

交通事故の解決事例 2

青信号に従って横断歩道を渡っていたのに自動車に跳ね飛ばされて後遺障害を負ったが保険会社の提示額が極めて低廉であったのを訴訟で相当額を認めさせた。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者は,青信号に従って横断歩道を渡っていたところ右折車に跳ね飛ばされてしまい,自力で動くことも話すこともできないような障害を負ってしまった。しかし,加害者側保険会社から提示された賠償金額は極めて低廉な額であった。

相談後

受任後加害者に対して訴訟を提起した。請求する金額は弁護士会で公刊している書籍に基づいて算出した金額である。訴訟では被害者について一生介護が必要であることを立証することができ,その結果,当初加害者側保険会社からの提示額が5000万円程度であったのに,約1億円の賠償額で訴訟上の和解により解決することができた。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

保険会社の示談案に納得いかなければ裁判所を利用することを躊躇すべきではない。保険会社は自社の基準で早めに示談をしようとするが,そのような時こそ弁護士に相談して適正な賠償額を算出してもらって請求するのが相当である。そうでなければ泣き寝入りである。

交通事故の解決事例 3

保険会社からの医療費の支払打切りの通告の相当性について裁判所が認めなかった例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

依頼者は,自動車の後部座席から降車しようとしたところ後続車に追突され,頚椎と腰椎を痛めてしまった。痛みが3カ月以上経過しても治らないのに,加害者側保険会社からは医療費の支払打切りを通告された。
しかし,痛みが続いたので健康保険と自費で病院に通った。その後,正当な医療費及び通院中の慰謝料等の請求をすべく受任して訴訟を提起した。

相談後

訴訟では医療記録を取り寄せて被害者の痛みが事故後から間断なく継続している事実及び最終の通院では症状が相当よくなっている事実を立証して治療行為が必要でありかつ相当であることを立証しいた。その結果,被害者側の請求金額の約8割で和解することができた。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

交通事故によって被った損害は被害者側が立証しなければならない。それ故医療記録は重要である。また,被害者が訴える症状について,弁護士は虚心坦懐に耳を傾けなければならない。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【当日相談可】
33年の経験を活かして相談者の方に最良の方法をご提示したいと思います。一人で悩まずにご相談ください。
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

■■プライバシーへの配慮と業務での心がけ■■

①プライバシーを守りながらご相談へ!
街中やオフィス街ですと,どうしても「誰か知っている人がいたらどうしよう・・・」「事務所に入りにくい・・・」など、人目が気になることがあるかと思います。
当事務所は住宅地にあるので,借金問題を抱えていることを周りに知られずに相談にお越しいただくことができます。

②解決のための選択肢を複数ご提示!
納得の解決に向けてサポートさせていただきたいという想いから、複数の選択肢をご提示出来るよう心がけております。

③費用についてもしっかりご説明!
弁護士費用を分かりやすく説明しています。

■■よくあるご相談■■

  • 消費者金融業者や銀行から借受けと返済の繰り返しで返済に追われており,ノイローゼ状態にある。
  • 軽い気持ちで保証人になったが借主本人が破綻してしまい責任を追及されている。
  • 返済に追われて、滅入っている
  • 取り立ての連絡が、職場までくるのではないかと心配だ
  • 昔の借金が、過払い請求出来るのか相談したい
  • 何年も前に借り入れが終わっている会社から督促がきたが、どうしたらいいか
  • 巨額の借金を抱え、返す見込みが立たない
  • 毎月の返済で生活が成り立たないので自己破産を考えたい

■■ご相談・ご依頼費用について■■

◎「弁護士ドットコムを見た」で初回相談無料◎
事案の性質上着手金の分割についてもご相談ください。
生活保護を受給されている方にについては,着手金については日本司法支援センターの援助を受けるお手伝いをいたします。

■■借金問題でお悩みの方へ■■

弁護士登録依頼,33年間借金問題を多数取り扱ってきました。これまでに自宅を残すかたちで債務整理をした件数も多数あります。
また,裁判所の依頼により破産管財人の仕事もしておりますので,裁判所が問題にする箇所も十分理解しております。
借金問題は,時間が経てば経つほど問題が深刻になってしまいます。まずはお気軽にご相談ください。

■■特に力を入れています■■

  • 法人・個人破産申立
  • 過払請求
  • 任意整理
  • 個人再生(法律の規定により自宅を残す方法も用います。)

■■アクセス■■

地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(税別)
但し,ご予約時に「弁護士ドットコムを見た。」お伝えいただくと初回相談料は無料にさせていただきます。
着手金 ■任意整理:債権者1社について3万円(税別)
■破産・個人再生:30万円(税別)
※但し,個人再生で自宅を残す場合は50万円(税別)
報酬金 過払金が生じた場合には過払金額の20パーセント(税別)
備考 実際の成功報酬は状況に応じて柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

仕事上の付き合いのある人から投資を勧められたのであるが,お金がなかったのでクレジット会社から100万円単位での多額の借入をしてしまった。

  • 自己破産
依頼主 30代

相談前

仕事が順調であれば返済することができた可能性もあったのであるが,失業してしまったのでどうしようもなくなり弁護士に相談した。

相談後

失業して就職の目途もなかったので裁判所に破産・免責(借金を0円にしてもらう裁判)の申立てをした。借りたお金で投資をしたことが問題になりそうであったが,投資をせざるを得なかった経緯や投資の勧誘の仕方が相当でなかったことなどを強調して申立てたところ,免責が許可されて借金の残高は0円になって解決した。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

多額の借金を抱えてしまった場合には,早めに弁護士に相談して相当な手を打たなければ泥沼にはまってしまう。早めに弁護士に相談することをお勧めする。

借金・債務整理の解決事例 2

リストラのために給料が下がってしまったところに子供の教育費が必要となったので多額の借入をしてしまったが給料では約定どおり返済できなくなってしまった。

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者としては何とかやりくりしようとして返済のための借入までしていたのであるが,二進も三進もいかなくなり弁護士に相談した。

相談後

依頼者としては,自分が借受けた借金は何とかして返済する方向で解決することを希望し破産を望まなかった。そこで,借金の中身を整理すると金額を圧縮すれば返済できそうな金額(500万円)だったので,民事再生手続の中の個人再生手続を申立ててることとした。
これは,借金の額が上記500万円であればその5分の1である100万円を36回払いで返済すれば残額は免除してもらう,というものである。申立後は裁判所の指示に従って弁済計画を立案して提出し,認可を得た。そして,認可を得た弁済計画どおり返済して解決した。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

法的整理としては破産だけではなく上記のような個人再生手続もあるので,自らに相応しいのはどの手続なのかを早めに弁護士に相談して選択すべきである。

借金・債務整理の解決事例 3

自己が経営する会社の借入金について保証人になったのであるが,会社が倒産してしまい保証債務の履行を迫られた。

  • 自己破産
依頼主 70代 男性

相談前

会社も営業の続行は不可能であり,依頼者も1000万円単位の保証債務の履行は全くできない状況であり,途方に暮れて弁護士に相談した。

相談後

このような場合は,会社と会社代表者双方について破産申立をすることによって解決するのが相当である。そこで,会社と会社代表者から依頼を受けて裁判所に破産の申立をした。
このような場合,裁判所に相当額の予納金を納付しなければならないが,それは親戚から用立ててもらった。裁判所から選任された破産管財人(会社と個人について同一の弁護士)が会社の資産の売却や売掛金の取立等の業務を行って未払税金を支払って回社債権者に配当して会社の整理をし,代表者については免責(保証債務を0円にする)相当の意見を提出した。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

このような事件の場合も早めに手を打たなければ会社債権者に迷惑をかけるばかりでなく,会社代表者個人も泥沼にはまってしまい不幸な結果になりかねない。弁護士費用や裁判所への予納金も含めて早めに弁護士に相談すべきである。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【弁護士歴約33年】【初回相談無料】被疑者が逮捕されたらできるだけ早く接見にいくことにしております。人権侵害の捜査がなされないように被疑者を支えていきます。
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所
尾崎祐一法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

■■プライバシーへの配慮と業務での心がけ■■

弁護士経験約33年の間、常時刑事事件を手掛けてまいりました。検察官ともすぐに話をして事件の見通しを明らかにします。被害者側の弁護もおこなっております。

①プライバシーを守りながらご相談へ!
街中やオフィス街ですと、どうしても「誰か知っている人がいたらどうしよう・・・」「事務所に入りにくい・・・」など、人目が気になることがあるかと思います。当事務所は住宅地にあるので、借金問題を抱えていることを周りに知られずに相談にお越しいただくことができます。

②解決のための選択肢を複数ご提示!
納得の解決に向けてサポートさせていただきたいという想いから、複数の選択肢をご提示出来るよう心がけております。

③費用についてもしっかりご説明!
弁護士費用を分かりやすく説明しています。

■■よくあるご相談■■

  • 身内が逮捕されたがどうすればいいのか。
  • 身柄を開放するための手段があるのか。
  • 被害者側と示談はできるのか、示談の仕方はどうするのか。
  • 釈放・保釈してほしい
  • 前科をつけたくない
  • 執行猶予にしてほしい
  • 職場に知られたくない
  • 無実を証明してほしい
  • 逮捕されそうなので助けてほしい

■■ご相談・ご依頼費用について■■

◎「弁護士ドットコムを見た」で初回相談無料◎
費用の総額は丁寧にご説明いたしますので、まずはご連絡ください。

十分な時間を確保することが必要なので、相談料は1時間ごとに1万円(税別)としております。着手金・報酬金については相談の上決めさせていただきますが、その他にも保釈手数料等が必要となる場合にあります。勿論、その場合は都度説明いたします。

■■犯罪・刑事事件でお悩みの方へ■■

ご依頼者のご状況をよく聞いて、ご納得いただいた状態でご依頼いただけるよう、話し合いの時間を大切にしております。まずはご相談ください。

■■特に力を入れています■■

  • 違法薬物
  • 飲酒による傷害事件

■■アクセス■■

地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(税別)
但し,ご予約時に「弁護士ドットコムを見た。」お伝えいただくと初回相談料は無料にさせていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(3件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

少年が他人の什器備品を盗んで古道具屋に売却して金銭を得たが逮捕されて家庭裁判所に送られたものの保護観察で返された事例

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

少年は,悪い友達と一緒になって建設現場から大工道具を盗んで古道具屋に売却した。それが警察に見つかって少年は逮捕されて家庭裁判所に送られ,家庭裁判所で観護措置がとられて少年鑑別所に送られた。少年の父親から相談を受けて受任することとなった。

相談後

早速少年の付添人となって活動を始めた。父親は被害者に対して弁償する意思があったので被害者側と接触したところ被害弁償を受けてもよいとのことであった。
そこで,少年と会って①今回の事件を犯した原因をどのように考えているのか,②父親が被害弁償をしたことをどのように考えているのかについて反省文を書かせて家庭裁判所の調査官に読んでもらい,少年の反省が深まっているので再び同じような事件を犯す危険性は極めて低い旨の意見を述べた。審判の結果,「今回は少年院へ送ることなく保護観察にするので自力で立ち直るように。」と言われて家庭に返された。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

少年の事件であっても成人の事件と同じように被害弁償は大切である。但し,少年の場合は被害弁償ができたこと自体に加えて,親が被害弁償をしたことをどのように考えて反省を深めているのかが重視されるので,鑑別所に入っている短期間の間に少年の内省を深めて家庭裁判所調査官の少年に対する印象をよくすることが付添人である弁護士にとっても大切である。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

暴走族同士の争いから相手方暴走族を襲撃し,死者まででたのであるが刑事処分を免れた事例

  • 少年事件
  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

少年は暴走族の特攻隊長であった。同じ暴走族の仲間と対立する暴走族を襲撃したところ,仲間の1人が相手方暴走族の1人をナイフで刺して殺してしまった。少年は傷害致死で逮捕されて家庭裁判所に送られた。事件当時は別件で保護観察中であった。

相談後

人一人死亡しているので,家庭裁判所から検察官に送致されて成人と同じように刑事裁判を受けてるようにされる可能性が高い事案である。付添人の弁護士としては,少年の家庭環境や暴走族に入ることになった経緯,暴走族内での役割,犯行時の役割に鑑みて,保護処分で十分立ち直ることができる旨過程裁判所の調査官や裁判官に訴え,その旨の意見書を提出した。結果的には少年院送致で終わった。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

刑事処分だけは避けたいと思い,鑑別所において少年の内省を深めるよう努めた。結果的には少年も暴走族が反社会的で危険な存在であり社会にどれだけ迷惑をかけているのか自覚するまでになり,審判においてその旨自分の言葉で裁判官に対して述べることができたことがよかった事案である。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

見知らぬ女性にわいせつな行為をして怪我をさせたが,被害弁償をして執行猶予になった。

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 30代 女性

相談前

通りすがりの女性と些細なことから口論となり,女性にわいせつな行為をして怪我をさせた。警察に逮捕された時点で被疑者の婚約者から弁護の依頼を受けた。

相談後

被疑者に会って話を聴いてみると,最初から女性にわいせつな行為をしてやろうと考えていたのではなく,口論の結果立腹した勢いで女性を襲ってしまったということであった。
女性の代理人は女性の父親だったので,父親と会って事件の経緯を説明して治療費と慰謝料の支払の申入れをしたところ受け入れてくれ,寛大な措置で済ませてほしい旨の裁判所宛の歎願書を書いてくれた。弁護人として歎願書を証拠として提出した結果,被告人は執行猶予になった。

尾崎 祐一弁護士からのコメント

尾崎 祐一弁護士

被疑者の婚約者が早めに弁護の依頼してくれ,また,被疑者の父親も被害弁償に必要な資金を快くだしてくれたことと,女性の父親も被疑者のことを理解してくれたおかげで執行猶予の判決に至った事案であり,被害弁償ができなければ実刑判決が想定された事案であった。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
尾崎祐一法律事務所
所在地
〒005-0005
北海道 札幌市南区澄川5条6丁目1-8
最寄り駅
地下鉄自衛隊前駅から徒歩7分
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
①受付時間はお電話の受付時間となります。
(事務所の営業時間は平日9:00 - 17:00です。)
②メールでの面談予約は,土日祝日を含め,24時間受け付けております。
③ご面談のキャンセルの場合は必ずご連絡ください。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5288-2369

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 20:00

尾崎 祐一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5288-2369
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
①受付時間はお電話の受付時間となります。
(事務所の営業時間は平日9:00 - 17:00です。)
②メールでの面談予約は,土日祝日を含め,24時間受け付けております。
③ご面談のキャンセルの場合は必ずご連絡ください。
設備
完全個室で相談