現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
渡部 敏広弁護士

( わたなべ としひろ ) 渡部 敏広

たかさき・渡部法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】離婚は早期に解決したい問題です。お子様がいるなら尚更だと思います。弁護士に遠慮する必要はありませんので、最後まで対処はお任せください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【離婚問題の強み】

◆◆ご相談体制が整った環境◆◆
お客様のご都合にあわせられるようご面談は当日・休日・夜間(21時)・電話相談をお受けしております。 ※要予約

◆◆初回相談は無料◆◆
初回のご相談は無料でお受けしておりますので、まずは現状をおうかがいして、今後の見通しをお伝えいたします。

◆◆明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします◆◆
離婚問題は、できる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
料金に関しても、お気軽にご相談していただければと思います。

【重点取扱案件】
離婚・親権・財産分与・養育費・不貞による慰謝料など

【このようなご相談は弁護士にお任せください】
・不貞した相手方に対して慰謝料請求したい。
・財産分与に納得がいかない。
・お互い感情的になって離婚の相談ができない
・養育費、慰謝料に納得がいかない
・相手方から調停を起こされたので、今後の対応を相談したい など
その他、お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

※離婚問題について※
近年、結婚に対する価値観も多様化し、離婚という選択肢を選ぶ人が増えています。 離婚に至るには様々な事情があると思います。 当事務所は、離婚という決断に至った想いをお手伝いいたします。

【アクセス】
西11丁目駅から徒歩で1分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降は60分5,000円(税別)
着手金/成功報酬 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞相手に慰謝料請求訴訟を提起し、慰謝料に加え、相手方の謝罪を含めた和解が成立したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

夫の不貞行為について、奥様から、不貞相手の女性に対する慰謝料請求をしたいとのご相談でした。奥様が相手方と直接やりとりしていましたが、相手方が話し合いを拒絶し不誠実な態度に終始したため、ご依頼を頂き、慰謝料請求訴訟を起こすことになりました。

相談後

ご相談者様は、慰謝料の金額というよりも、不貞行為という責任に対し、きちんと謝罪してもらいたいという思いが強く、謝罪を優先する場合には調停手続きの方が柔軟に解決できる可能性もありました。しかし、相手方の態度からは不貞行為の責任自体を否定する可能性が高く、話し合いが平行線を辿る可能性が高いと判断し、訴訟手続にのせることにしました。訴訟において、主張立証を尽くしたところ、最初は否認していた相手方が事実を認めるに至り、裁判所の席上で相手方から謝罪を受けた上で、慰謝料の支払いを受ける内容の和解が成立しました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

不貞の慰謝料請求は、請求にあたっての基礎となる証拠資料として何があるかがとても重要になります。また、相手方に求める内容によって手続選択も重要になります。
不貞の疑いがあるが、今後もし慰謝料請求をしたいと思った場合に、どのような資料があるとよいか、という点についても、ご相談頂き、アドバイスを受けることで、その後の請求がよりスムーズになることがあります。

離婚・男女問題の解決事例 2

財産分与における不当な主張を退け、適切な財産分与額を確保、回収したケース

  • 財産分与
  • 離婚回避
依頼主 女性

相談前

ご相談者は、すでに元夫と離婚し別居されていましたが、財産分与を一切受けておらず、このままでは財産分与を受けることができないまま、元夫が財産を処分、現金化し費消してしまうかもしれないということでご相談されました。そこでご相談者様からご依頼を頂き、財産分与の調停をおこすことになりました。

相談後

まず、財産の費消を防ぐために、財産の保全処分を行いました。その上で調停に進みましたが、相手方は、財産が自身の特有財産であると主張してほぼ全面的に争い、調停は平行線を辿りました。そのため、調停段階から、当該財産が財産分与の対象となる共有財産であることを丁寧に主張立証し、調停が不成立になった後の審判手続においてもさらに主張立証を尽くしたところ、当方の主張が認められ、適切な財産分与額が認められるとともに、保全財産から認定額全額を回収することができました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

離婚に伴う財産分与や慰謝料の請求にあたっては、事前に相手方の財産を保全しておくことで、相手方による財産費消の心配なく調停や訴訟を進めることができ、将来回収できないというリスクを防ぐことができます。また、財産分与では、特有財産か共有財産かについて、根拠を持って主張立証することが重要です。争点について、重要なポイントを的確に把握し、主張立証することは、ご相談者様の利益に繋がります。お気軽に、弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚事由についての相手方の不合理な主張を退け、離婚、慰謝料、財産分与が認められたケース

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 女性

相談前

夫から暴言、暴行等を受け、別居した奥様からの離婚を求めたいというご相談でした。夫の性格から、任意に離婚に応じる可能性がないことは明らかでしたので、ご依頼を受け、離婚調停及び離婚訴訟を起こすことになりました。

相談後

客観的な証拠が少ないケースでしたが、ご相談者様の主張をできる限り具体的に主張立証するとともに、相手方の主張立証で不合理な部分を丁寧に反論し、尋問手続においても相手方の証言の不合理な部分を指摘しました。その結果、判決において当該不合理な部分をきちんと指摘して頂き、暴言、暴行等の事実と離婚事由が認められました。また、財産分与と慰謝料も確保でき、事前に財産の保全処分をしたことによって全額の回収もできたため、全体的に、ご相談者様の納得のいく解決が得られました。
また、ご相談者様が、相手方から暴行や暴言を受け別居していることから、ご相談者様の所在が相手方に分からないよう、最後まで注意深く対応しました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

離婚調停では話し合いがベースとなりますが、離婚訴訟では、民法で定められた離婚事由の有無が極めて重要となります。証拠資料が少ない事案では、限られた資料の中で説得的な主張立証をすることや、尋問手続での証言内容も重要となります。調停を申し立てる前から、これらの見通しをもって計画的に準備することが大切です。お早めに弁護士にご相談することをお勧めします。

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料・夜間土日対応可】不当解雇、残業代、労災、セクハラ・パワハラなど。分割支払い、後払いなどもできますので、安心してご相談ください。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

当事務所には、老若男女問わず、多くの労働問題のご相談があります。

例えば、
・突然解雇されたが、どうすればよいか
・時間外・休日・深夜などの残業代を支払って欲しい
・配置転換に納得できない
・セクハラ・パワハラを受けている
・労災についての補償をして欲しい
など、様々な不安や疑問をお持ちの方が、ご相談に来られます。

ご相談・ご依頼いただいた結果、
◎解雇が撤回され、職場に復帰することができた
◎解雇が撤回され、金銭補償を受けた上で合意退職できた
◎残業代を支払ってもらうことができた
◎労災について補償を受けることができた
などの解決が得られ、多くの方に満足していただいております。

■これまでのご相談者様からの声
・そんなに残業代が発生しているとは思わなかった
・親身になって相談にのってもらえ、好印象だった
・わかりやすく説明をしてもらえた
・その都度、連絡や書類を送ってもらえ、先のことや進行状況がわかって安心できた
・労働審判などの手続の流れや見通しが理解できてよかった
・もっと早く相談すればよかった
などのお声をいただいております。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降は60分5,000円(税別)
着手金/成功報酬 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

不当解雇に対し、解雇無効と残業代請求とを併せて労働審判を提起し、依頼者の納得のいく条件で解雇を撤回させ、会社から支払いを受けたケース

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 男性

相談前

会社の正社員として勤務していた方からのご相談です。ご相談者様が、未払残業代が相当な金額になっていたので、きちんと支払ってもらいたい旨を会社に申し入れたところ、残業代を請求するなら、地方の支店に異動する(従前より低条件になる)か、辞めてもらうと言われ、当職に相談されました。ご相談者様から依頼を受け、不当な配転命令として撤回を求める通知を出したところ、会社は異動命令を撤回したものの、さらに不当な理由を付けて撤回後わずか1か月でご相談者様を解雇したため、ご相談者様からご依頼頂き、解雇無効と残業代を請求するため、仮処分申立と労働審判をおこすことになりました。

相談後

違法な配転命令に対しては、すぐに違法であることを指摘し撤回を求める通知を出したことで、数日後には撤回させることができました。不当解雇については、まず裁判所に雇用契約上の地位にあることの確認を求める仮処分の申立てを行い、当面の給与の支払いを保障させ、安心して労働審判に臨めるようにしました。労働審判では、ご相談者様は退職前提の金銭解決を希望されたことから、違法解雇であることについて丁寧に主張するとともに、残業代について、会社側からの実質的な拘束時間まで休憩時間にするとの主張や、管理監督者なので残業代は発生しないとの主張に反論し、最終的には、解雇を撤回の上、合意退職とするとともに、ご相談者様の納得のいく条件で、会社からの支払いを受けることが出来ました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

労働事件は専門性が高いことに加え、準備に相当の労力を要する一方、法的手続をとる間の生活の保障の問題など、副次的な課題が様々生じます。できるだけ早い段階でご相談頂き、適切な対応、準備をすることが重要です。ご相談者様は、会社からの圧力で非常に辛い状況に置かれましたが、打合せのたびに頑張ろうと励まし、最後まで闘い抜くことができました。事件が終結したときのご相談者様の安心した表情を見て、私も笑顔になりました。
もしかしたら今後、転勤や解雇の話が出るかもしれない、という可能性の段階でも、まずご相談頂いて、先の見通しや現実化したときの対応方法などを知っておくだけでも安心されると思います。残業代についても、見通しや請求前に準備した方がよいことなど、事前にアドバイスすることができますので、お早めにご相談ください。

労働問題の解決事例 2

上司に命じられた指示書外の作業について、業務中の負傷として会社に安全配慮義務違反が認められたケース

依頼主 男性

相談前

勤務時間中に、上司から、指示書には書かれていない上司が管理している建物の修繕を命じられ、その作業中に相談者様が負傷した事案について、会社の責任(安全配慮義務違反)が認められるかが問題となった事案でした。会社側は、建物の修繕作業は、会社が命じた仕事ではなく、上司との個人的な関係の中での私的な行為であり、その作業中の負傷に対して会社が責任を負うものではないと主張し争ってきました。

相談後

損害賠償請求訴訟を提起し、その中で、建物の修繕作業が会社の業務としてなされていたこと、会社が作業中の負傷の危険を十分に認識予見できたことを、労災記録の資料等から丁寧に主張立証したところ、1審判決において、安全配慮義務違反が認められました。会社側は控訴しましたが、控訴審においても、会社側に安全配慮義務違反があることを前提に、1審判決に近い金額で、依頼者の納得のいく内容の和解をすることが出来ました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

上司に言われて行った作業で負傷した場合に、会社の業務中の負傷なのか、私的な行為の中での負傷なのかが争われることがあります。会社と当該作業の関連性や上司との関係性などを丁寧に主張立証することが重要になりますが、そのためには労災記録などの資料の吟味精査が不可欠です。業務性や安全配慮義務違反のような争点は、法的な専門的知見を特に必要とする問題といえます。早い段階で、弁護士から適切なアドバイスを受けることが大切です。

労働問題の解決事例 3

会社からの管理監督者であり残業代は発生しないとの主張に反論し、残業代を支払わせることができたケース

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 男性

相談前

相当な金額の残業代の未払いがあるとして、会社に対し請求したいと相談された事案です。会社側は、ご相談者様が支店の所長などの地位にあったことを理由に、管理監督者であり、残業代を支払う必要はないと反論しました。

相談後

肩書は所長であっても、裁量的な判断権がほとんどないなど、管理監督者としての実態がないことを丁寧に主張立証したことで、労働審判の中で、ご相談者様が管理監督者とはいえず、会社側に残業代の支払義務があることを前提とした和解をすることができました。

渡部 敏広弁護士からのコメント

渡部 敏広弁護士

会社の内部では管理職と呼ばれる肩書や地位にあったとしても、労働基準法上残業代を支払わなくてよいとされる「管理監督者」には当たらないというケースは非常に多いです。そのようなケースでは、肩書や地位の形式的な名称ではなく、権限や業務内容の実態を丁寧に主張立証する必要があります。この方のケースでも、毎日の仕事の内容や、どのような権限があったかをできる限り具体的に主張立証したことで、会社に残業代を支払わせることが出来ました。

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談料無料】【西11丁目駅から徒歩1分】ご依頼者にとって適切な解決方法が見つかるよう丁寧に対応を致します。お気軽にご相談下さい。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【借金問題はお任せください】
借金問題については、任意整理・破産手続・再生手続等多数経験がありますので、ご依頼者のご希望・ご事情等に沿って、丁寧・適切な解決を目指します。
不明な点はご依頼者が納得できるまで丁寧に説明を致します。

【初回相談料無料】
ご依頼者が相談しやすいよう、初回相談については無料で対応致します。

【重点取扱案件】
過払い金請求、法人・個人破産申立、任意整理、個人再生など

【このような悩みをお持ちの方に】
・借金が多額で返済が間に合わない。
・自宅を確保しながら借金の整理をしたい。
・消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態なので過払金の回収ができるか知りたい。

【お気軽にご相談を】
借金問題は人に相談をできず、一人で問題を抱えがちですが、早期に弁護士に相談をすることにより、生活の再建ができる場合が多々あります。
債務整理事件については、任意整理・破産手続き・再生手続き等多数経験がありますので、ご依頼者のご希望・ご事情等に沿って、丁寧・適切な解決を目指します。

借金・債務整理

料金表をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降は60分5,000円(税別)
着手金/成功報酬 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
たかさき・渡部法律事務所
所在地
〒060-0042
北海道 札幌市中央区大通西10丁目4-133 南大通ビル新館7階
最寄り駅
西11丁目駅から徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 16:30
定休日
土,日,祝
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5288-0706

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

渡部 敏広弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5288-0706

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 16:30
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談