現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
秋山 慎太郎弁護士

( あきやま しんたろう ) 秋山 慎太郎

秋山慎太郎総合法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
《弁護士歴18年》《無料相談》<総武線沿線 千葉・稲毛・検見川・幕張から好アクセス>
新型コロナウイルスによる、経営悪化、個人の借金、問題をこじらす前にできるだけ早く相談をしてください。任意整理、個人再生、自己破産等の解決策のうち、あなたに合った解決策をご提案いたします。
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

 借金問題は、周囲の誰にも言えず一人で抱え込んでしまう方が多いのも特徴的です。
弁護士に相談すれば、意外なほどに気持ちが軽くなるので、騙されたと思ってご相談してみてください。

【よくあるご相談例】
▶︎カードローンやクレジットカードなどの返済が苦しい
▶︎住宅ローン返済が負担になっている
▶︎事業で失敗して借金が残った
▶︎借金問題を家族に言えずに悩んでいる
▶︎債務整理をしたいけれど、具体的にどのような手続きがあるのかわからない
▶︎不動産を任意売却したが多額の負債が残った
▶︎借入の額を減らしたいが、住宅ローン付の自宅は守りたい
▶︎借りては返すという自転車操業状態で、どうしたら良いかわからない。
▶︎事業の資金繰りが回復する見込みがなく、従業員への給料も払えなくなってきた
▶︎事業停止した会社をたたみたい

ほとんどの借金問題は債務整理によって解決できます。返済が苦しくてお困りの場合には、お早めに弁護士までご相談下さい。

【費用について】
初回相談は無料です。
弁護士に相談すべきか迷っている時でも費用面の心配はございません。
まずはお気軽にご相談ください。

【秋山弁護士からのメッセージ】
18年の弁護士経験の中で、債務整理、自己破産(会社、個人)、過払金請求、個人再生(住宅ローン特約付も多数取り扱いあり)など多数の借金問題を取り扱ってきました。
浪費などの免責不許可事由のある自己破産、住宅ローン特約付き個人再生、解雇や残務整理を伴う事業者や会社の破産など、難しい案件でも対応が可能です。
債務の問題は、対処が遅れれば遅れるほど選択肢が狭まっていくものです。どうにか打開できないかと努力されることも大事ですが、全く身動きが取れなくなる前にご相談ください。

【アクセス】
千葉県千葉市中央区春日2-18-10春日BLD5階
詳しくは当事務所のホームページもご覧ください。
https://akiyamashintaro-law.com/

--------------------------------------------------------------------------------------------------
どのような問題でも、まずはご相談いただくことで、解決の糸口は必ず見つかります。
まずはお気軽にお電話・メールでご連絡ください。お力になります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料
着手金 任意整理 1社4万円
自己破産 30万円
個人再生 40万円~
法人破産 50万円~
成功報酬 過払金 回収額の20%
備考 消費税別
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(2件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

任意整理・自己破産でよくあるご相談

依頼主 30代 女性

相談前

銀行で通帳を作ったときにクレジット機能付のキャッシュカードにしました。クレジット機能を使って買い物をし、リボ払いにしていたのですが、いつの間にか毎月の支払額が大きくなってしまい、支払いをするために消費者金融から借入れをしました。そのうち消費者金融への返済の期限が来ると、それを返済するために別の消費者金融からも借入れをするといった悪循環に陥ってしまい、借金は400万円に膨らんでしまいました。

相談後

任意整理も視野に入れてのご相談でしたが、自己破産を避けなければならない事情もなかったことから、完全に生活を再建させるために自己破産を選択することとなりました。その後、当事務所で手続きを行い、無事に破産・免責決定を得ることができました。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

自己破産を選択すべきか、任意整理を選択すべきか、小規模個人再生を選択すべきかは、それぞれのご事情をお伺いし、メリット・デメリットをよく検討してから一緒に決めていくことになります。ネットで調べても、よくわからないことも多いと思います。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

給料の差押えをされてしまった方の任意整理

依頼主 50代 男性

相談前

消費者金融に120万円程の借金がありましたが、返済しないでいたところ、裁判所から給料の差押えの通知が来てしまいました。勤務先の会社の社長からは、何とかしないとクビにすると言われています。ご相談者から消費者金融の担当者に連絡してみましたが「一括で支払わなければ差押えは取り下げない」と言って取り合ってもらえません。一括で支払うお金なんてありません。

相談後

当事務所で任意整理として受任し、消費者金融の担当者と交渉しました。
今後は分割払い(将来利息カット)で合意し、差押えを取り下げてもらうことができました。会社もクビにならずに済みました。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

弁護士にご相談いただくことで、解決の糸口は見つかります。一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

借金・債務整理

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
《弁護士歴18年》《千葉・稲毛・検見川・幕張など総武線沿線にお住いの方好アクセス》遺言書や遺産相続、財産管理などを適切に行っておかないと、大きなトラブルにつながります。お困りの際には、お気軽に弁護士までご相談下さい。
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

遺産相続において弁護士がお手伝いできることは非常にたくさんあります。お困りごとがあれば、お気軽にご相談下さい。

重点取扱案件:遺留分減殺請求、遺産分割

【よくあるご相談例】
▶︎最低限保証されている相続分があると聞いたが、どうすればよいか分からない
▶︎早いうちから相続の対策をしておきたい
▶遺産の分配でもめているので解決してほしい
▶︎どのように相続の手続きを進めればよいかわからない
▶︎相続人の住所を調査してほしい
▶︎親が残した借金を引き継ぎたくない
▶︎他の相続人によって隠匿された遺産を調査して返還させたい 
▶︎遺言書を書きたいけれど、どのようにしたら良いのかわからない

上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【費用について】
詳細はHPをご確認ください。
あくまで目安です。詳細は諸事情を考慮の上、良く話し合って決定します。
https://akiyamashintaro-law.com/

【秋山弁護士からのメッセージ】
遺産をめぐる紛争では、ほとんどの方が「できれば弁護士に依頼するようなことにはなりたくなかった」と思っていらっしゃることと思います。
しかしながら、ひとたび相続人間での話合いがこじれてしまうと、お互いをよく知った親族同士であるだけに、なかなか当事者だけで解決するのが難しいのがこの紛争の特徴です。
私は、弁護士として、今日まで遺産分割、遺留分減殺請求等数多くの遺産に関する事件を取り扱ってまいりました。大切なのは相続人間の実質的公平です。ご依頼いただいた方に「弁護士に依頼して良かった」と心から満足していただけるよう誠心誠意取り組んでまいります。先ずはお気軽にご相談ください。

【アクセス】
千葉県千葉市中央区春日2-18-10春日BLD5階

--------------------------------------------------------------------------------------------------
どのような問題でも、まずはご相談いただくことで、解決の糸口は必ず見つかります。
まずはお気軽にお電話・メールでご連絡ください。お力になります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円
着手金 [遺産分割・遺留分減殺請求]
30万円~
[成年後見申立]
20万円~30万円
[遺言書作成]
10万円~
※いずれも消費税別
成功報酬 [遺産分割・遺留分減殺請求]
経済的利益の額が
300万円以下      48万円
300万円~3000万円 10%+18万円
3000万円~3億円   6%+138万円
3億円以上        4%+738万円

※消費税別
[成年後見申立]
着手金のみ。報酬はありません。
[遺言書作成]
着手金のみ。報酬はありません。

備考 あくまで目安です。詳細は諸事情を考慮の上、良く話し合って決定します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

兄だけに相続させるという遺言がある場合に遺留分減殺請求をして財産を取得した事例

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 50代

相談前

母が他界しました。兄と私が相続人です。兄から見せられた母の遺言書には、現金200万円を私が相続し、それ以外の財産は全て兄に相続させるとだけ記載されていました。
その後、私は兄から現金200万円を渡されたのですが、母の財産が全部でどれだけあったのかは私には分かりません。
兄に尋ねましたが、兄は「おまえは現金200万円しか相続出来ないのだから、遺産総額を知っても意味がないだろう」と言って教えてくれません。

相談後

最低でもお母様の相続財産に対して4分の1の遺留分がありますので、遺言書に記載されている現金200万円がお母様の相続財産の4分の1に満たなければ、遺留分が侵害されているということになり、その差額をお兄様に請求することができます。例えば、お母様の相続財産の総額が1,600万円とすると遺留分は400万円です。
そうすると、遺言により取得した現金200万円と遺留分400万円との差額である200万円を、お兄様に請求することができます。遺留分が侵害されているか否か確認するためには、お母様の遺産の全容を知る必要がありますので、お兄様に教えてもらうか、教えてくれなければ調査をしなければなりません。
また、念のため遺留分減殺請求の意思表示を時効期間内にしておいた方が良いでしょう。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

内容証明郵便にて遺留分減殺請求をした上で、調停を申し立てました。お兄様は当初は遺留分を理解されていないようでしたが、粘り強く調停を続けた結果、遺留分に相当する金額を支払ってもらうことで調停が成立しました。

遺産相続の解決事例 2

遺言書の有効性に疑問があった事例

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

母親が亡くなりました。姉と私が相続人になるので、私は遺産を2人で平等に分割しようと考えていたのですが、姉から見せられた母の遺言書には、手書きで母の遺産の全てを姉に相続させると記載されていました。その遺言書は、姉が母へ指示をして書かせたもののようです。
姉は遺言書の内容は絶対だと言うのですが、生前母は常々「遺産は二人で半分に分けるように」と言っていましたし、遺言書の作成日を見たところ、母の認知症がかなり進行していたころに作成されたものであることが分かりました。
このようなことから、私は遺言書の信憑性に疑問を感じています。よく見ると、筆跡も母のものとは異なるような気もしてきました。
この様な状況で、どのような手続をすればよいのでしょうか?

相談後

仮に遺言書の筆跡がお母様のものではないとすると、遺言書は偽造ですので無効となります。
また、偽造ではなくお母様がご自身で作成された遺言書であったとしても、作成当時お母様の認知症がかなり進行していたということになりますと、お母様の遺言能力が問題となります。
お母様に遺言能力がない状態で作成された遺言書は無効です。
このような場合、遺言無効確認訴訟を提起して、裁判所の判断を仰ぐことになります。
なお、裁判所に遺言書が有効であると判断される可能性もありますので、その場合に備えて、予備的にお姉様に対する遺留分減殺請求の意思表示を時効期間内にしておくべきでしょう。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

本件は遺言無効確認訴訟を提起しました。通常、筆跡鑑定をして遺言の有効性を争うことになるのですが、本件の場合はお母様の診療録等から遺言能力に相当疑問がありました。このため、費用をかけて筆跡鑑定するまでもなくお姉様側から譲歩があり、遺産を2分の1ずつ分ける形で和解が成立しました。

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
《弁護士歴18年》《千葉・稲毛・検見川・幕張から好アクセス》《不動産会社/物件オーナー様/地主の方》不動産関連トラブルを幅広く取り扱っており、専門的な知識を持っています。不動産関係で頼れる弁護士をお探しであれば、是非とも一度、ご相談下さい。
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所
秋山慎太郎総合法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 当日相談可
  • 夜間相談可

不動産トラブルは種類が多いだけではなく、対応するために専門的な法律知識やスキルが必要です。
民法だけではなく借地借家法、宅建業法などのさまざまな法律が関連しますし、共有など権利関係が複雑になることもあるためです。また価格が高額なので、自分一人で対応しようとして失敗すると損失が大きくなります。
不動産トラブルに備えるには、専門知識とスキルを持った弁護士に依頼すべきです。

【よくあるご相談例】
▶︎不動産賃貸借を巡るトラブル
 ・賃料・地代請求
 ・貸室明渡請求
 ・建物明渡請求
 ・建物収去土地明渡請求 他
▶︎不動産売買を巡るトラブル
 ・契約違反
 ・売買代金請求
 ・契約解除
 ・損害賠償請求
 ・瑕疵担保責任 他
▶︎建築を巡るトラブル
 ・契約違反
 ・建築請負代金請求
 ・損害賠償請求
 ・瑕疵担保責任 他

上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【費用について】
弁護士費用は事前に明確にお伝えします。
当事務所は、弁護士費用の基準を明確に定めております。
事案によってはストレートに基準に当てはまらない案件もありますが、
そのような場合には、事前に弁護士費用のお見積りを明確にお伝えし、
ご納得いただいた上でご契約いただいております。詳しくはお気軽にお尋ねください。

【秋山弁護士からのメッセージ】
事務所は、不動産会社・建築会社の顧問もしており、必然的に不動産や建築を巡るトラブルの取扱い件数が多くなっております。
また、物件オーナー様や地主の方からも、賃料不払いや立退きに関して多くのご相談をいただいております。
交渉はもちろん、調停・訴訟から強制執行まで安心してお任せいただけます。

【アクセス】
千葉県千葉市中央区春日2-18-10春日BLD5階
詳しくは当事務所のホームページもご覧ください。
https://akiyamashintaro-law.com/

--------------------------------------------------------------------------------------------------
どのような問題でも、まずはご相談いただくことで、解決の糸口は必ず見つかります。
まずはお気軽にお電話・メールでご連絡ください。お力になります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(消費税別)
ご相談後、ご依頼いただくことになった場合は無料とさせていただいております。
着手金 20万円~(税別)

※原則として、経済的利益に応じて以下の通り計算します。
300万円以下の場合  8% (最低額20万円)
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円  
3000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円  
3億円を超える場合 2%+388万円  
成功報酬 20万円~(税別)

※原則として、経済的利益に応じて以下の通り計算します。
300万円以下の場合   16%(最低額20万円)
300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合  6%+138万円
3億円を超える場合 4%+676万円
備考 不動産賃貸借、不動産売買、建築、それぞれの事案によって内容も難易度も異なってまいりますので、ご相談をお伺いしてから、具体的な金額を明示させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

訴訟と強制執行により、未払賃料の回収と建物明渡しを受けた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代 男性

相談前

店舗を賃貸している不動産オーナー様からのご相談です。賃借人は色々と難癖を付けて賃料の支払をしないまま、店舗を使用して商売をし続けていました。

相談後

賃料の催告をした上で賃貸借契約を解除し、店舗明渡請求と未払賃料請求の訴訟を提起しました。勝訴判決を得た後、直ちに強制執行手続をして不動産から退去してもらいました。また、未払賃料については、動産執行及び銀行口座の差押えをし、全額とまではいきませんでしたが回収することができました。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

不動産の賃料不払いは、当事者間で何とかしたいと思う方が多いですが、実際には簡単に解決できるものではありません。また、不動産の賃貸借は、借地借家法により賃借人が保護されている面がありますので、法に則った正しい手続を踏む必要があります。
今以上に損害を増やさないためにも早めに手続に着手し、正しい手順で手続することが重要です。

不動産・建築の解決事例 2

建築瑕疵を理由とする損害賠償請求を退けた事例

  • 欠陥住宅
依頼主 男性

相談前

建設会社からの相談です。建物の建築主(施主)から、建物に瑕疵があるとして建設会社が損害賠償請求され、訴訟提起されたことから、代理人として訴訟追行しました。

相談後

建築主(施主)の瑕疵の主張は認められず、損害賠償請求を退けました。

秋山 慎太郎弁護士からのコメント

秋山 慎太郎弁護士

不動産の建築でトラブルが発生した場合、施主と工事監理者、施工業者との間でどのような協議がなされてその施工が行われたのか等が分かるよう、打合せの議事録をしっかりと作成しておくことが重要となります。言った言わないの部分は、証人尋問で決着を付ける必要が出てきます。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
秋山慎太郎総合法律事務所
所在地
〒260-0033
千葉県 千葉市中央区春日2-18-10 春日BLD5階
最寄り駅
JR西千葉駅徒歩1分 京成みどり台駅徒歩8分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5887-0980

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

秋山 慎太郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5887-0980
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
時間外でも当事務所の弁護士が執務中であれば応答致します。※現在新型コロナウィルス感染拡大防止のため、事務局の出勤時間を短縮しております。留守番電話になってしまった場合はメッセージをいただくか、メール予約をご利用ください。メール予約は24時間受け付けております。弁護士が確認次第返信致します。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談