弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2016年12月06日 20時12分

ブラック保育現場「中堅だけでなく、若手の支援を」国の月給上乗せ案にユニオンが注文

ブラック保育現場「中堅だけでなく、若手の支援を」国の月給上乗せ案にユニオンが注文
介護・保育ユニオンのメンバーら

厚労省は2017年度から、中堅保育士の月給底上げを検討している。これに対し、労働組合「介護・保育ユニオン」は12月6日、厚労省記者クラブで会見を開き、「制度自体は画期的で評価できる」としつつ、「若手保育士にもっと支援を」と意見を述べた。

一般的に保育士は役職が少なく、昇給幅の小ささが人手不足の一因と言われている。厚労省が検討中の新制度は経験や技能を積んだ保育士を対象に、新しい役職を設けるというもの。一定条件を満たせば、月給4万円が上乗せされる。

これに対し、介護・保育ユニオンは「厳しい労働実態や低賃金から1〜2年目でやめてしまう若手が多い。中堅にいたらないで辞めてしまう可能性がある」と主張。若手の給与増額や労働環境の是正を訴えた。

●目立つサービス残業

ユニオンには、今年6月の結成以来、保育関係者から86件の労働相談があったという(11月30日時点)。このうち8割で労働基準法違反の可能性があり、賃金未払いについての相談は64件(74.4%)、休憩時間の不足が53件(61.6%)を占めた。特に、行事用の制作物を家で仕上げるなどの「サービス残業」についての相談が多かったそうだ。

相談者の年齢も20代が32.6%でもっとも高く、ユニオンは若手保育士の早期離職を懸念している。実際、相談者の中には、保育士1〜2年目で退職してしまった人もいる。

たとえば、企業が運営する認可保育園で働いていた岩手県の女性(21歳)は、月30〜40時間の残業に加え、自宅でも行事の準備を余儀なくされていた。しかし、残業代はほとんど支払われていなかったという。女性は過労やプレッシャーでうつ病を発症し、約1年で退職。この企業には、賃金未払いや法定の休憩時間を取らせなかったことなどを理由に、労基署から是正勧告が出されている。

同ユニオンは、保育業界でのサービス残業のまんえんを念頭に、仮に国が保育士の給与水準をあげられないとしても、「賃金が適切に支払われるだけで、給与水準は一定程度上昇する」と主張。また、保育士の過労は「保育の質」にも影響するとして、労基法を遵守させるよう、行政の取り組み強化が必要だと訴えた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。