「過労死を繰り返さないために」11月4日夜に電話相談…ブラック企業被害対策弁護団
写真はイメージです。

「過労死を繰り返さないために」11月4日夜に電話相談…ブラック企業被害対策弁護団

大手広告代理店「電通」の新入社員が過労自殺した事件に注目が集まる中、「ブラック企業被害対策弁護団」(代表:佐々木亮弁護士)は11月4日、長時間労働や残業代未払いなどに関する相談を電話で受け付ける「命を、守る。真夜中の労働ホットライン」を設置する。

ホットラインでは、ブラック企業対策弁護団の弁護士たちが「無料」で相談に応じる。電話番号は03-3503-3370、受付時間は11月4日(金)午後9時〜翌5日(土)午前2時。長時間労働や残業代未払い、パワハラ・セクハラのほか、ひろく「働き方」に悩みを持っている人からの相談を受け付ける。

同弁護団の大久保修一弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「電通の過労死事件をはじめとして、若者の過労死は、過酷な働き方・使い捨ての結果だと認識している。こうした被害が繰り返さないようしたいと考えている」とホットライン設置の背景を話した。

(弁護士ドットコムニュース)

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする