【夫の不倫相手は女子大生】慰謝料「1200万円」請求された夫と法律事務所へ<Vol.5>
イラスト(菜園さと)

【夫の不倫相手は女子大生】慰謝料「1200万円」請求された夫と法律事務所へ<Vol.5>

「結婚して5年。まさかこんな裏切りにあうとは思いませんでした」。夫のとんでも不倫に巻き込まれた主婦・直美さん(30代)の体験をもとに、夫が後先を考えずについた嘘が大騒動に発展した事例を紹介します。

(この漫画は弁護士ドットコムに寄せられた相談を元にしています)

●「本当に申し訳なかった」、再構築へ

独身と偽って女子大生(優花)と不倫し、相手から1200万円もの慰謝料を請求された夫の雄介さん。

「恋人」と思って交際してきた優花の気持ちになれば、 裏切られたことへの怒りとして慰謝料を請求したくなるのもわかります。

ただ1200万円は、あまりに高すぎるのではないか…。第一、そんなお金はありません。

呆れながらも情があったので、森本明宏弁護士のもとへ相談に行くことにしました。

「本当に申し訳なかった。完全にどうかしていたと思う」

「許すことはできないけど、生まれ変わって頑張るという言葉を信じるよ。ただ2回目はないからね」

それから半年後、新しい命を授かりました。

雄介さんはパパ教室に通ったり、料理をするようになったり、少しずつ父親、夫として成長しているそうです。(完)

【夫の不倫相手は女子大生】シリーズ一覧はこちら(☆)から

プロフィール

森本 明宏
森本 明宏(もりもと あきひろ)弁護士 四季法律事務所
愛媛弁護士会所属(2002年弁護士登録)。2010~2011年度、愛媛弁護士会副会長。2020年度、愛媛弁護士会会長。日本スポーツ法学会会員。

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部では正社員スタッフ・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

正社員スタッフ・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする