弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年02月12日 09時54分

「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面会交流という難所〈新刊情報〉

「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面会交流という難所〈新刊情報〉
「わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち」

●「わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち」(西牟田靖著、PHP研究所)

夫婦の別居・離婚後、離れて暮らす側の親が、子どもと会うことを「面会交流」という。回数や方法については、民法においても具体的な取り決めはなく、原則として、父母が話し合って決めることになる。

しかし、別居・離婚にいたった夫婦にとって、「面会交流」は容易に進むとはかぎらない。特に、一方が子を連れて別居し、残された側にしてみれば「連れ去りだ」となるようなケースでは、困難を極める。

本書は、「家に帰ったら、配偶者と子どもがいなくなっていた」「家を離れたきり帰ってこなくなった」「追い出されて会えなくなった」当事者の父親たちの声を拾う。著者の西牟田靖氏は、「本で床は抜けるのか」などの著書があるノンフィクション作家だが、自身も「妻が3歳の子どもを連れて出ていき、夫婦関係が破綻した」当事者の1人でもある。

本に収められた父親たちの悲痛な声は、実に生々しく、読む者の心をえぐる。インタビュアーとしての著者の力量もあってのことだが、著者の筆致をとおして、読者は父親の吐露を直接聞いたかのような衝撃を覚える。

「わが子」にとって何が最良なのか。それは子をもつ親なら誰しもが折にふれ、ぶつかる課題だろう。勝ち・負けもなければ、正解・不正解があるわけでもない。どのような面会交流の形が望ましいのかに一律の解はなく、個別事情に大きく左右される難しい問題だ。

離婚後の子どもの養育をめぐっては、養育費の支払いをどう促していくのかという課題もある。個人の感情を脇に置き、「わが子」のために考えを尽くしていくためにも、どのような法整備、社会的な支援が望ましいのか。考えさせられる一冊だ。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。