2019年11月12日 14時03分

池袋事故で男性を書類送検 警察がつけた「厳重処分」の意見、効力はあるの?

池袋事故で男性を書類送検 警察がつけた「厳重処分」の意見、効力はあるの?
事故直後には現場に献花台が設けられた(2019年4月22日、東京都、弁護士ドットコム撮影)

東京・池袋で暴走した自動車にはねられ、母親と3歳の女の子が死亡した事故で、警視庁は11月12日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、運転していた高齢男性(88)を書類送検しました。報道によると、警察は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたといいます。

この意見とは、警察が書類送検する際に、検察官に対して伝える「処分に関する意見(処分意見)」のことです。

処分意見には、起訴を求める「厳重処分」、起訴の判断を検察官にゆだねる「相当処分」、厳しい処分を求めない「寛大処分」、起訴を求めない「しかるべき処分」の4種類があります。

では、この処分意見は、どの程度検察官が判断するのに影響があるのでしょうか。

刑事事件に詳しい髙橋裕樹弁護士は「法的拘束力はなく、あくまで、いち参考意見。書類送検された後に事情が変わることもあり、最終的には検察官の判断次第」だといいます。

今回の事件について、高橋弁護士は「警察官の見立てとしては、加害者側に落ち度が大きいという判断をしたために、厳重処分の意見を付けたのでしょう」と話していました。

取材協力弁護士

髙橋 裕樹弁護士
無罪判決多数獲得の戦う弁護士。依頼者の立場に立って、徹底的に親切に、誰よりも親切でスピーディな、最高品質の法的サービスの提供をお約束!でも休日は魚と戦う釣りバカ弁護士!

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608