現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 交通事故
  3. 車で自転車をはねてしまった! 「けがはない」と言われたら立ち去ってもいい? 
2019年08月31日 08時54分

車で自転車をはねてしまった! 「けがはない」と言われたら立ち去ってもいい? 

車で自転車をはねてしまった! 「けがはない」と言われたら立ち去ってもいい? 
写真はイメージです(Graphs / PIXTA)

車で交差点を右折中、高校生が乗った自転車を巻き込んで転倒させてしまったが、「救急車はいりません」「何かあれば医療機関等で診てもらいます」と言われて、そのまま何もしなかったところ、後日トラブルになったという相談が弁護士ドットコムに寄せられた。

事故当時、高校生はケガをした様子もなく、自転車も壊れていなかったが、後日、警察に連絡をしたため、ひき逃げ事件として扱われ、相談者が救護義務違反で在宅起訴されてしまったそうだ。

相談者は、高校生が「ケガは大丈夫」「救急車はいらない」と言っていたため、納得していないが、このような場合でも警察に連絡して対応しないと、罪になりうるのか。阿部泰典弁護士に聞いた。

●道路交通法は「救護義務」を規定している

ーー「救護義務」とはどのような義務なのだろうか

「道路交通法は、交通事故があったときは、『当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない』と規定しています(道路交通法72条1項前段)。

なお、ここで出てくる『交通事故』とは、『車両等の交通による人の死傷若しくは物の損壊』とされています(同法67条2項)。

つまり、事故を起こしてしまい、被害者が負傷していたり、物が壊れていたりした場合は、救護しなければならないこととなっています」

●救護義務違反は「やむを得ない」

ーー今回のケースでは、被害者の高校生が「ケガは大丈夫」「救急車はいりません」と言っており、けがをした様子もなく、自転車も壊れていなかったようだ。それでも、救護の必要があるのだろうか

「たしかに、今回のケースでは、救護の必要性がないようにもみえます。

しかし、必要な措置をとらずに、運転者自身の判断で、被害者の負傷は軽微であるから救護の必要はないとしてその場を立ち去ることは許されないとした裁判例があります(最高裁昭和45年4月10日判決)。

この裁判例では、人身事故を発生させたときは、運転者は直ちに車両の運転を停止し、十分に被害者のけがの有無や程度を確かめる必要があると示しています。

そして、被害者がまったく負傷していないことが明らかである場合や、負傷が軽微なため被害者が医師の診療を受けることを拒絶した場合などを除き、少なくとも速やかに医師の診療を受けさせる等の措置はとるべきだとしています」

ーーそうすると、今回のケースでも救護しなければならなかったということだろうか

「はい。事故の直後は、被害者も動揺し、正常な精神状態ではないことも多く、自分のけがの状況について冷静な判断ができているとは言い難いといえます。そのため、被害者の言っていることをすべて鵜呑みにしてよいとは言い切れません。

今回のケースの場合、被害者は高校生です。加害者が大人の場合、相手に気後れをして、十分に自分の意思や感情を表に出せないことも考えられます。

また、被害者は自転車に乗っており、転倒していますから、何らかのけがをしている可能性は高いといえるでしょう。

さらに、被害者は『何かあれば医療機関等で診てもらいます』と言っているので、医師の診察を拒絶しているとはいえません。相談者は、被害者を病院に連れて行き、医師の診察を受けさせるべきであったといえます。

したがって、今回のケースにおいては、救護義務違反で在宅起訴されてもやむを得ないと考えます」

取材協力弁護士

阿部 泰典弁護士
平成7年4月 弁護士登録。平成14年4月 横浜パーク法律事務所開設。平成21年度 横浜弁護士会副会長。平成24年、25年度 横浜弁護士会法律相談センター運営委員会委員長、横浜弁護士会野球部監督

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

堂場瞬三 60代以上 男性

警察への届けはいつの時点ですればいいのでしょうか?

田中 男性 30代

事故を起こしたらすぐ呼ぶ

ほりいてるひこ 男性 50代

53歳なので、恐縮、ですが、交差点、当たりから、

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 男性

ちゃんと助けようとしたのに、救護義務違反が付くというのは、釈然としないなあ。ひき逃げとかとは性質が違うのに、同じ扱い…。
事故ったら問答無用で救急車呼べってことですかね。怪我が軽微で不要だったときに、わざわざ来て下さる救急隊の皆様には申し訳ないですが。

匿名ユーザー

貴方の自己判断での行動を法に定められている行動をしなかったら当然、罰せられることになります。
"助けようとした"は”助けた”ではない事を十分に理解しましょう。
あと、ひき逃げと救護義務違反も全く別のものです。
同列には比較してはいけません。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー 30代 男性

小学生の時に、自転車に乗っていて似たような事故にあったことがある。

相手の運転手は、しきりに「大丈夫?大丈夫? 救急車を呼ぶ?」と心配そうにしていたが、断った記憶がある。

そうすると、そのドライバーは「おばさんは、この先の○○って店の者だから…」といって、去っていった。

突然のことだったし、小学生で後先を考えていなかったのだろうが「とにかく、その場から離れたかった。その状況から脱したかった」という思いがあったと記憶している。

幸い、その後なんともなかったが、もし後でそれなりの怪我をしていると分かったら、多分、親はその店に抗議に行ったと思う。

そうなっていたら、私は親にも運転手にも、どちらにも申し訳がないという思いにかられただろう。

親は「俺に任せておけ」みたいに言うのではなく、子供の話を本当にきちんと聞いたほうが良いと思う。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする

関連記事