弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2014年02月17日 11時39分

「死刑判決」を出すべきか――裁判所が判断の目安にしている「永山基準」ってなに?

「死刑判決」を出すべきか――裁判所が判断の目安にしている「永山基準」ってなに?

宮城県石巻市で2010年に起きた殺傷事件で、元交際相手の姉ら2人を殺害し、男性1人に大けがをさせたとして、殺人罪などに問われた元少年が、控訴審でも「死刑判決」を受けた。1審では、裁判員裁判の少年事件として初めて「死刑判決」が下された。そのため、控訴審がどう判断するのか、大きな注目が集まっていた。

報道によると、仙台高裁の飯渕進裁判長は1月31日の判決で、無抵抗の被害者を何度も牛刀で刺した点や、2人の死者を出した結果の重大さを指摘。被告人が当時18歳だったことや、幼少期に虐待を受けたことなどを考慮しても、死刑回避の余地はないと判断したという。

ところで、この控訴審判決は「永山基準」に沿って下された、と報じられている。死刑かどうかを判断する際に用いられる基準ということだが、具体的にはどんな内容なのだろうか。刑事事件にくわしい平賀睦夫弁護士に聞いた。

●永山基準では「9つのポイント」が示されている

「『永山基準』とは、1968年に起きた永山事件の最高裁判決(1983年7月8日言渡)で示された基準です。この事件は、当時19歳になったばかりの永山則夫少年が、東京・京都・函館・名古屋で連続して4人を射殺したというもので、社会に大きな衝撃を与えました。

この永山事件における最高裁判決は、死刑を『誠にやむをえない場合における究極の刑罰』と位置づけ、合憲としました。一方で、『その適用は慎重に行われなければならない』と述べ、次の9つのポイントを挙げました。

(1)犯行の性質、(2)動機、(3)態様(殺害の手段方法の執拗性・残虐性)、(4)結果の重大性(殺害された被害者の数)、(5)遺族の被害感情、(6)社会的影響、(7)犯人の年齢、(8)前科、(9)犯行前後の情状。

判決では、以上全てを考慮したうえで、罪と罰のバランスや、犯罪予防という観点からも、極刑がやむをえないと認められる場合には、『死刑の選択も許される』という判断が示されたのです。

これが、『永山基準』です」

●永山基準はいまも「現役」だが……

この「永山基準」は、現在、どのように位置づけられているのだろうか?

「石巻市の3人殺傷事件の裁判でも言及があったようですが、この永山基準はいまも現役の基準として、裁判所によって参考にされています。

ただ、この問題から一歩踏み込むと、そこには『死刑制度そのものをどう考えるか』という大きな問題が横たわっています。

この『永山基準』を、今後もずっと死刑適用の判断基準として使い続けて良いのか、ひいては死刑が『公務員による拷問および残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる』とした憲法36条に、本当に違反しないのか、我々は常に点検し続けていく必要があるのではないでしょうか」

平賀弁護士はこのように述べ、死刑制度に対する議論が深まることを期待していた。

なお、石巻市の3人殺傷事件で被告人の元少年は上告している。今後は最高裁がどのような判断を下すのかに注目が集まりそうだ。

(弁護士ドットコムニュース)

平賀 睦夫弁護士
東京弁護士会所属。日弁連・人権擁護委員会、同・懲戒委員会各委員、最高裁判所司法研修所・刑事弁護教官等歴任。現在、(公財)日弁連交通事故相談センター評議員、(一財)自賠責保険・共済紛争処理機構監事等。
所在エリア:
  1. 東京
  2. 千代田区

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」