2019年11月08日 14時48分

コインハイブ事件、控訴審初公判 弁護側は無罪を主張

出口絢 出口絢
コインハイブ事件、控訴審初公判 弁護側は無罪を主張
東京高裁(Ryuji / PIXTA)

自身のウェブサイト上に他人のパソコンのCPUを使って仮想通貨をマイニングする「Coinhive(コインハイブ)」を保管したなどとして、不正指令電磁的記録保管の罪(通称ウイルス罪)に問われ、一審・横浜地裁で無罪判決を受けたウェブデザイナーの男性の控訴審初公判が11月8日、東京高裁(栃木力裁判長)であった。

検察側は、「法の解釈・適用を誤っている」として、男性を無罪とした一審・横浜地裁判決を破棄するよう求めた。弁護側は、改めて無罪を主張した。

次回公判は11月29日、被告人質問が行われる予定。

一審・横浜地裁の判決(3月27日)は、事件当時、プログラムコードが社会的に許容されていなかったと断定することはできず、コインハイブが不正な指令を与えるプログラムだと判断するには「合理的な疑いが残る」として、男性に無罪を言い渡している。

検察側、弁護側それぞれの主張については、以下の記事にまとめている。

・一審無罪の「コインハイブ事件」、8日から控訴審 「検察側の主張は的外れ」と弁護側 https://www.bengo4.com/c_1009/n_10344/

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608