現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
田中 亮次弁護士

( たなか りょうじ ) 田中 亮次

弁護士法人太田川法律事務所

交通事故

分野を変更する
◆交通事故の相談は何度でも無料◆休日・夜間相談可◆
【非該当→14級/14級→12級となった事例多数】
適正な金額での賠償金を得るためには、弁護士にご相談することを強くおすすめします。早期段階でご相談ください。
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所

小嶋病院の向かいのビルの2階です(1階花屋さん)。駐車場2台分あります(北側)。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※弁護士費用特約で弁護士費用が原則無料になります。
※交通事故の被害者の方のサポートに注力しております。
※適正な賠償金獲得のため徹底的なサポートをお約束いたします。

◆豊富な実績と経験にもとづくアドバイス
===================
年間の交通事故解決数80件以上(平成30年実績)。示談交渉のほか、訴訟も多数取り扱っております。また、後遺障害認定は被害者請求により行うことが多く、異議申立も多数行っています。

■非該当→14級/14級→12級となった事例多数

◆具体的な解決事例
===================
■後遺障害12級の認定後、訴訟により適正な損害賠償を獲得した事例
・相談前
症状固定後、被害者請求により12級6号の後遺障害に認定を受けました。
・相談後
損害賠償について、訴訟前の提示が約300万円だったのが和解金額は約1300万円となり、大幅に増額しました。

■後遺障害非該当が、異議申立により14級9号に認定された事例
・相談前
依頼者は半年ほどの通院の後症状固定し、後遺障害認定を受けましたが、「非該当」との結果でした。
・相談後
弁護士に依頼し、14級9号に認定されました。

◆このようなお悩みはございませんか?
===================
・保険会社が整骨院の治療を認めてくれない。
・痛みが続いているのに保険会社が治療の打ち切りを指示した。
・過失割合が分からない。
・治療を打ち切れと言われた。
・後遺障害等級認定で非該当だった。
・休業損害をしっかり払ってもらいたい
・示談金の提案がきたが低すぎる。

【取り扱い案件】
・示談交渉
・後遺障害
・過失割合
・交通事故慰謝料・損害賠償
・交通事故裁判

◆低コストでのご依頼が可能
===================
交通事故に関する相談は、何回でも無料(弁護士費用特約がある場合にはそれに従います。)。弁護士への依頼が不要の場合は、そのようにアドバイスいたしますのでご安心ください。
弁護士費用特約がなくても、着手金は後払い(終了後、受領した示談金から精算)とすることができ、依頼者様に有利です。

◆サポート体制
===================
【1】当日・休日・夜間相談可能
相談者様のご都合に合わせて、当日や土日祝日、夜間(21時まで)のご相談も受け付けております。※事前予約制

【2】メールでいつでもご予約可能
当事務所では、365日24時間メールにてご予約を受け付けております。営業時間内の電話予約が難しい方は、ぜひメールでのご予約をご利用ください。

【3】ご来所時も安心
名鉄太田川駅から徒歩1分で、駐車場完備(2台)で、電車と車どちらでのご来所の場合も安心です。

<ホームページ>
http://ootagawa-law.jp/

この分野の法律相談

不動産の賃貸収入があり 休業補償を払えないといわれました。 不動産の賃貸収入で140万円 固定資産管理費修繕費など経費を引くと50万円に満たない額です。 不労所得があると休業補償を得られないと聞きますが どの程度の額という基準はあるでしょうか? 不労所得には 不動産賃貸収入や株の配当 金利収入が...

不動産所得の部分で減収がなかったのであれば,確かにこれに関して休業損害が発生しないというのは仕方がないです。 しかし,それとは別に事業も営んでいるのであれば,事業収入の減少については休業損害の発生はあり得ます。不動産所得があることからこちらまで直ちに否定されるわけではありません。 問題は前年の収入がゼロであるというところと思いますが,現に事業を営んでおり...

田中 亮次弁護士

交通事故です。 半年か、1年くらい前のことでした。 軽のワゴンで片側2車線道路のセンターライン側を直進していたのですが、進行方向外側の車線には車一台分くらい先に普通乗用のワゴンが走っていました。 普通乗用のワゴンが左折した時に、その車を追い越したのですが、追い越した途端に、その影か...

相手の保険会社が行ったのは自賠責への事前認定と思われます。このままの状態ですと任意保険も自賠責保険も支払いはしません。 方法として,治療費を否認されたことについて異議申立をして,自賠責の判断を変えてもらうという方法が考えられます。異議申立の結果,支払いをするということになれば,少なくとも自賠責の基準額は賠償されます。これは被害者請求(自賠責への直接請求)で...

田中 亮次弁護士

交差点内での交通事故をで、過失割合は8:2と決まりました。8が相手の過失です。 私は助手席に乗っていましたので過失割合ゼロです。 先日知人から「あなたの場合、加害者が相手と自分が乗っていた車の運転手の二人いるのだから自賠責が多いよ!」と言われました。 要するに120万円+96万円=216万円だと言う...

同乗していた時の事故で運転手双方に過失がある場合,加害車両は2台になります。もし同乗者が乗車車両の所有者等の「運行供用者」にあたれば自車の自賠責保険には請求できず,通常通り相手方に対する請求だけ(自賠責は傷害について120万円)になりますが,そうではない場合(例えば,友人の車両に同乗していた場合)は,それぞれの自賠責保険に請求ができます。その結果,傷害に対す...

田中 亮次弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(何度でも)
着手金 原則として11万円(事案に応じ応談)(税込)
報酬金 得られた経済的利益が
・300万円以下の場合は17.6%
・300万円を超え3000万円以下の場合は11%+19.8万円
・3000万円を超える場合は6.6%+151.8万円
(税込み)
備考欄 弁護士費用特約がある場合は同特約に従います。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害12級の認定後、訴訟により適正な損害賠償を獲得した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

骨折、入院を伴う重傷であったことから弁護士に依頼する必要が高いと判断され、通院中に弁護士委任しました。症状固定後、被害者請求により12級6号の後遺障害に認定を受けました。

相談後

後遺障害12級6号の認定に基づいて弁護士が相手方保険会社と交渉しました。休業損害や慰謝料については請求通りの金額(裁判基準)を認めたのですが、逸失利益だけが請求額を大きく下回っていました。
やむを得ず訴訟提起をしたところ、約半年後に裁判所の和解案が提示され、双方が受け入れて和解しました。訴訟前の提示が約300万円だったのが和解金額は約1300万円となり、大幅に増額しました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

後遺障害が14級の場合は裁判基準に近い金額で示談できることも多いですが、12級以上になると特に逸失利益の計算で任意保険会社との主張の違いが大きくなり、訴訟に至ることも多くあります。
ただし、単純に等級だけで金額が決まるのではなく、現実の労働能力の喪失の程度や制限されるようになった労務の内容が重要になります。単に訴訟にすれば良い(増える)ということではなく、残存した症状からどのような主張・立証ができるかによりますので、慎重に判断する必要があります。

交通事故の解決事例 2

後遺障害非該当が、異議申立により14級9号に認定された事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 男性

相談前

依頼者は半年ほどの通院の後症状固定し、後遺障害認定を受けましたが、「非該当」との結果でした。そこで弁護士に相談しました。

相談後

受任後、まず通院していた整形外科からカルテとレントゲン写真を取り寄せ、分析しました。さらに主治医に文書で医療照会をし、その回答を添付して自賠責保険に異議申立をしました。約2か月後に異議申立の結果が出て、14級9号に認定されました。その後、同等級に基づく示談が成立しました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

後遺障害認定手続は原則として書面審査で、提出した資料に基づいて後遺障害該当性を判断します。したがって、出したものしか検討してもらえないのは当然で、被害者側が何か見てもらいたいものがあればそれを用意して提出する必要があります。
本件は認定されるべきものが認定されてよかったのですが、認定されてもよさそうなのに明らかな書類不足で認定されていないケースも散見されます。最低限提出しなければならない書類のほか、何を出すことができるのかは弁護士の意見を聞いておいたほうが良いこともあります。

遺産相続

分野を変更する
◆相続の相談は何度でも無料◆休日・夜間相談可◆ワンストップでトータルサポート◆
遺言書作成/チェック ・不動産相続・遺留分減殺請求・各種相続手続 はお任せください。事前の準備がたいせつです。
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所

小嶋病院の向かいのビルの2階です(1階花屋さん)。駐車場2台分あります(北側)。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆サポート範囲も柔軟に対応
===================
相続人調査・相続財産調査のみのご依頼や、自主解決のサポート的役割のご依頼も可能です。
当事者同士で合意の見込みがない場合、交渉や調停による解決を提案し、どのように進展するかの見通しをお伝えします。

◆具体的な解決事例
===================
■相手方が不動産を取得する代わりに適正額の金銭の支払を受けた事例(代償分割)
・相談前
相続人は2名(依頼者と相手方)で、亡母が残した家に相手方が住んでおり、また亡母名義の預貯金も相手方がすべて管理していました。
依頼者から何度も話し合いを試みましたが、協議自体できませんでした。
・相談後
不動産は全て相手方が相続する代わりに、不動産の時価に基づく適正額を相手方が依頼者に払うことになり、決着しました。

■遺産を全て売却し、売却代金を法定相続分にしたがって分配することになった事例(換価分割)
・相談前
相続人は5人で、多数の不動産と株式が遺産として残されていました。株価が堅調だったので早期に処分すべきとの意見がありましたが、分割方法について相続人間で合意に至りませんでした。
・相談後
株式は売却し、不動産も適正な価格で売却でき、相続人全員が分配を受けることができました。

◆ワンストップでトータルサポート
===================
司法書士や不動産業者と連携体制が整っているため、遺産分割後の登記の変更や不動産の活用方法についてもアドバイスが可能です。

◆このようなお悩みはございませんか?
===================
・自分が認知症になった場合に備えて,所有している収益物件の将来の管理方法を相談したい。
・土地を相続したが、借地権者から何かと先代との合意があるからと言われ、地代を支払ってもらえない。
・なるべく感情的なしこりを残さないよう遺産分割を行いたい。 
・相続人の一部が故人と同居しており、自宅の扱いをどうするか。  
・相続人の一部が相続財産を使い込んでいた。
・自分の没後もめないように遺言書を作成したい。 

【取り扱い案件】
・遺言書作成/チェック 
・不動産相続
・遺留分減殺請求 
・各種相続手続 
・相続放棄

◆低コストでのご依頼が可能
===================
ご相談は何度でも無料です。
また、経済状況に応じて分割払いや後払いにも対応しておりますので、費用のお支払いが不安な方も安心してご依頼いただけます。
調停や審判に進む場合でも、名古屋家庭裁判所半田支部(半田市宮路町)と同本庁(名古屋市中区三の丸)の場合には日当が発生せず、遠方の弁護士に依頼するより低コストです。最終的に依頼者様の手元にいくら残るのかを考えてご意見します。

◆サポート体制
===================
【1】当日・休日・夜間相談可能
相談者様のご都合に合わせて、当日や土日祝日、夜間(21時まで)のご相談も受け付けております。※事前予約制

【2】メールでいつでもご予約可能
当事務所では、365日24時間メールにてご予約を受け付けております。営業時間内の電話予約が難しい方は、ぜひメールでのご予約をご利用ください。

【3】ご来所時も安心
名鉄太田川駅から徒歩1分で、駐車場完備(2台)で、電車と車どちらでのご来所の場合も安心です。

<ホームページ>
http://ootagawa-law.jp/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(何度でも)
着手金 原則として、16万5000円(事案により応談)(税込)
報酬金 得られた経済的利益が
・300万円以下の場合は17.6%
・300万円を超え3000万円以下の場合は11%+19.8万円
・3000万円を超える場合は6.6%+151.8万円
(税込み)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相手方が不動産を取得する代わりに適正額の金銭の支払を受けた事例(代償分割)

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

相続人は2名(依頼者と相手方)で、亡母が残した家に相手方が住んでおり、また亡母名義の預貯金も相手方がすべて管理していました。
これまでに依頼者から何度も話し合いを試みましたが、協議自体できませんでした。

相談後

弁護士が依頼を受け、相手方に通知を送りましたが話し合いに応じてもらえないので、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てました。
調停には相手方も出頭しましたが、自分が母親の面倒を見てきたから遺産は全て自分のものだと主張して譲りませんでした。しかし、何度か裁判所で話をするにつれ、調停委員に説得されて相手方も柔軟な対応を見せるようになり、最終的に、不動産は全て相手方が相続する代わりに、不動産の時価に基づく適正額を相手方が依頼者に払うことになり、決着しました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

相続人同士には永年の確執や対抗心のようなものがあって、なかなか冷静な話し合いができないことがあります。弁護士や裁判所などの第三者が関与することによって法律の定め(法定相続分)を念頭に置いた結論に至ることは多くあります。上記は非常に典型的な事例で、多くの同種の解決結果があります。

遺産相続の解決事例 2

遺産を全て売却し、売却代金を法定相続分にしたがって分配することになった事例(換価分割)

  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

相続人は5人で、多数の不動産と株式が遺産として残されていました。株価が堅調だったので早期に処分すべきとの意見がありましたが、分割方法について相続人間で合意に至りませんでした。

相談後

当事者間で長期間話をしてきたこともあり、受任後すぐに調停を申し立てました。何度か調停期日が開かれた上で、不動産の現物の取得を希望する人がいないとの確認の上、審判に移行しました。
その後、約1か月で換価分割(相続財産を売却して、所定の割合で金銭を分配する)の審判が出て、即時抗告されずに確定しました。その後直ちに株式は売却し、不動産も適正な価格で売却でき、相続人全員が分配を受けることができました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

相続開始により、被相続人の財産のほとんどは相続人の共有(準共有)となり、単独での処分はできません。協議により合意に至ることが容易ではない場合は、裁判所の審判を求めることが考えられます。審判は判決に類似した強制的な紛争解決手段であり、それにより紛争が解決することは多いです。
審判を求めるべき事案(状況)か、審判移行時の主張・立証をどうするかは専門的な知識、経験を要することも多く、弁護士に相談する必要性があることが多いです。

離婚・男女問題

分野を変更する
◆電話相談可◆休日・夜間相談可◆慰謝料請求/財産分与の案件に注力◆離婚事件は特に当事者のストレスが大きいので、早期の解決に尽力します。
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所

小嶋病院の向かいのビルの2階です(1階花屋さん)。駐車場2台分あります(北側)。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

◆まずは弁護士にご相談を
===================
離婚・男女問題では、交渉・調停・訴訟のほか、財産分与・養育費・慰謝料など付随する問題も多いので、弁護士への依頼の必要性が高い分野です。一方、解決までの時間や費用を考えると、弁護士の関与を最小限にしたほうが良いと言える分野でもあります。
そういった部分も考慮し、適切な方法、適切なアドバイスを行い、スムーズな解決を目指してまいります。

◆豊富な解決実績
===================
✔離婚成立多数
✔不貞慰謝料取立多数
✔養育費の取立、強制執行経験あり

豊富な経験をもとに、「養育費を支払ってもらえない」「慰謝料を支払ってもらえない」という案件についてもサポートを行っております。

◆ワンストップでトータルサポート
===================
司法書士や不動産業者と連携体制が整っているため、財産分与後の登記の変更や不動産の活用方法についてもアドバイスが可能です。

◆このようなお悩みはございませんか?
===================
下記のようなお悩みを多数解決してまいりました。
「夫の不倫相手に慰謝料を請求したい。」
「離婚をしたいが、親権は絶対に渡したくない。」
「養育費はどれくらい支払う必要があるのか。」

この他にも、不貞慰謝料、財産分与、といった案件をメインにサポートを行っております。

◆サポート体制を整えてお待ちしています
===================
【1】当日・休日・夜間相談可能
相談者様のご都合に合わせて、当日や土日祝日、夜間(21時まで)のご相談も受け付けております。※事前予約制

【2】メールでいつでもご予約可能
当事務所では、365日24時間メールにてご予約を受け付けております。営業時間内の電話予約が難しい方は、ぜひメールでのご予約をご利用ください。

【3】ご来所時も安心
名鉄太田川駅から徒歩1分で、駐車場完備(2台)で、電車と車どちらでのご来所の場合も安心です。

<ホームページ>
http://ootagawa-law.jp/

離婚・男女問題

料金表をみる

この分野の法律相談

離婚協議中に相手方の弁護士から納得がいかなかった離婚条件を提示された場合、離婚自体を取り下げる事は可能ですか? また、もし取り下げれたとしたらどういう対応をされますか?

離婚届に署名押印して相手に渡していなければまだ協議中の段階と言えますので,離婚自体も保留にしたり撤回することもできると思われます。離婚の条件が折り合って,初めて正式に離婚を決めるというのが通常とも言えます。 相手方としては,協議離婚できると見込んでいたのができなくなったことにより,次は離婚調停を考えることになるか,それとも,もう一度条件を検討し,相談者様寄...

田中 亮次弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税込)
着手金 原則として、16万5000円(事案により応談)(税込)
報酬金 得られた経済的利益が
・300万円以下の場合は17.6%
・300万円を超え3000万円以下の場合は11%+19.8万円
・3000万円を超える場合は6.6%+151.8万円
(税込み)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
◆住宅メーカー勤務経験あり◆24時間予約受付◆不動産売買をはじめとする、幅広い不動産問題に対応可能です。お困りの際には、一度ご相談ください。
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所

小嶋病院の向かいのビルの2階です(1階花屋さん)。駐車場2台分あります(北側)。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

◆実務経験を生かしてサポート
===================
弁護士になる前に、4年間住宅メーカーで勤務していました。そのため、多くの建築請負契約、不動産売買契約に関わっています。また、私自身が不動産賃貸をしているので、家主の立場はよくわかります。費用対効果や、機会損失の回避を考慮した最善のご提案をいたします。

不動産問題は、生活の基盤に関する問題でもありますので、問題が大きくなってしまう前にお困りの際は、お早めにご連絡ください。

◆豊富な解決実績
===================
✔滞納賃料請求、明渡請求
✔賃料増額請求、減額請求
✔不動産売買の代理
✔建築瑕疵による損害賠償請求

上記以外にも、不動産に関する問題は幅広く対応可能です。
問題がこじれる前と後では、解決までにかかる時間や労力も変わってきますので、まずはご相談ください。

◆ご相談しやすい料金設定
===================
相談料金は、30分5,000円(税込)としております。
まずはお話をお伺いし、その上で、事案に応じた費用をご案内いたしますので、ご安心ください。

◆サポート体制を整えてお待ちしています
===================
【1】当日・休日・夜間相談可能
相談者様のご都合に合わせて、当日や土日祝日、夜間(21時まで)のご相談も受け付けております。※事前予約制

【2】メールでいつでもご予約可能
当事務所では、365日24時間メールにてご予約を受け付けております。営業時間内の電話予約が難しい方は、ぜひメールでのご予約をご利用ください。

【3】ご来所時も安心
名鉄太田川駅から徒歩1分で、駐車場完備(2台)で、電車と車どちらでのご来所の場合も安心です。

<ホームページ>
http://ootagawa-law.jp/

この分野の法律相談

賃貸借契約の用語について質問させて下さい。 契約の条項に「明け渡し」、「退去」という文言が出てきますが、 この2つは同じものですか? また、契約の「解約」をすれば「退去」や「明け渡し」をした事に なりますか?

退去は字義通り出ていくこと,明渡は「空けて渡す」の意味で,物を撤去した上で退去することを言います。建物の賃貸借で「退去」だけだと物が残される恐れがあるので,判決では「明渡」を求め,物の撤去まで効力が及ぶようにします。 また,「解約」や「解除」だけでは契約が終了するだけに過ぎず,その後もそのまま賃借人が事実上の使用(建物なら居住等)を続けることがあります。し...

田中 亮次弁護士

私は現在、首都圏に住んでおり、実家は地方にあります。 実家には私の妹夫婦、母が住んでいます。7年前に実家の家を私の名義で建て直しました。土地の名義は両親でした。家を建て直ししてから実家に住んでいる妹夫婦と母は私に家賃を払っていてましたが、約3年前から母親は、お金がないという理由で家賃を払わなく...

建物明渡と,明渡しまでの賃料相当損害金を訴訟により請求し,判決により明渡を求めます。確定判決があれば強制執行はできますのでそちらに進むのが良いと思われます。 警察は,家族間の問題ということもありますが,居住する権原があるかは民事の問題なので立場上関わりにくいということはあるでしょう。

田中 亮次弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税込)
着手金 原則として、16万5000円(事案により応談)(税込)
報酬金 得られた経済的利益が
300万円以下の場合は17.6%(税込み)
300万円を超え3000万円以下の場合は11%+19.8万円(税込み)
3000万円を超える場合は6.6%+151.8万円(税込み)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

家賃を滞納する入居者に話し合いで退去していただいた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者はアパートの家主ですが、入居者が家賃を滞納して困っていました。入居者の収入も安定しないようで、退去を希望していました。

相談後

手紙を送ったうえで、現地で面談しました。入居者の事情も聞き、一部の滞納分は免除し、残りを分割で払ってもらうことで合意し、退去していただきました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

面談や電話で話し合いができる場合は、話し合いで退去してもらうことが早くて費用もかかりません。本件と異なり、訴訟にして判決に基づく強制執行をすることもありますが、時間も費用も多く要します。いずれにせよ、早い段階で弁護士に相談し、損害の拡大を防ぐ必要があります。

不動産・建築の解決事例 2

賃料増額請求が認められた事例

  • 賃料・家賃交渉
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者はビルのオーナーですが、以前から低い家賃で入居している入居者がいました。何度か増額を求めたのですが応じてもらえず、相談に来られました。

相談後

まず簡易裁判所で調停を行いました。現在の適正賃料を示す資料を出しましたが、相手方が一切の増額に応じないとの姿勢であったため、調停は不成立となりました。その後地方裁判所に賃料増額の訴訟を提起しました。訴訟の中で、裁判所が選任した鑑定人(不動産鑑定士)による鑑定がされ、現在よりも高い家賃の鑑定書が提出されました。相手方はそれでも増額に応じなかったので、判決となり、請求前よりも増額されました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

賃貸借の期間が長くなると以前の賃料が不相当になることがあり、賃貸人からは増額請求、賃借人からは減額請求ができます。以前と比べて経済情勢や近隣相場の変動があったか、建物の状況や当事者間の事情などが考慮されます。従前の賃料の額も重要であり、経験上裁判所により大幅な増減がされることは稀です。

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
◆レスポンス重視◆中小企業経営者様の良きパートナーとして◆仕事に集中いただける環境づくりをお手伝いいたします。企業法務でお困りの方はご遠慮なくご相談ください。
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所
弁護士法人太田川法律事務所

小嶋病院の向かいのビルの2階です(1階花屋さん)。駐車場2台分あります(北側)。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 倒産・事業再生

業種別

  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

◆仕事に集中いただける環境作りを
===================
中小企業経営者様の良きパートナーとして、経営者、担当者と密なコミュニケーションをとらせていただき、日頃からリスクマネジメントをサポートします。また、顧問契約いただくことで従業員の方のお悩み相談にも対応でき、仕事に集中いただける環境作りをお手伝いします。

ご相談に対応する上では、チャットワークを使用し、普段から手軽に相談いただけるようにしております。少しでも疑問に思うことや不安な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

◆顧問契約もご検討ください
===================
顧問契約をいただくことにより、相談料は相談種別問わず無料になり、訴訟等一定の手間のかかる仕事も割引(原則3割引)になります。また、顧問契約をした場合、会社や役員からだけでなく、従業員の方からの相談も無料になりますので、福利厚生としての効果もあります。
顧問料は、資本金1,000万円未満の会社の場合月額33,000円(税込)、資本金1,000万円以上の会社の場合月額55,000円(税込)です。

◆このようなお悩みはございませんか?
===================
下記のようなお悩みを多数解決してまいりました。
「取引先が売掛金を支払ってくれない。」
「契約書や就業規則チェックしてほしい。」
「企業内不祥事が発生した。」
「取締役の地位の存否について相談したい。」

【重点取扱案件】
✔︎債権回収
✔︎契約書チェック、契約書作成
✔︎会社支配権に関する争い

◆サポート体制を整えてお待ちしています
===================
【1】当日・休日・夜間相談可能
相談者様のご都合に合わせて、当日や土日祝日、夜間(21時まで)のご相談も受け付けております。※事前予約制

【2】メールでいつでもご予約可能
当事務所では、365日24時間メールにてご予約を受け付けております。営業時間内の電話予約が難しい方は、ぜひメールでのご予約をご利用ください。

【3】ご来所時も安心
名鉄太田川駅から徒歩1分で、駐車場完備(2台)で、電車と車どちらでのご来所の場合も安心です。

<ホームページ>
http://ootagawa-law.jp/

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる 料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税込)
着手金 原則として、16万5000円(事案により応談)(税込)
報酬金 得られた経済的利益が
300万円以下の場合は17.6%(税込み)
300万円を超え3000万円以下の場合は11%+19.8万円(税込み)
3000万円を超える場合は6.6%+151.8万円(税込み)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(2件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

債務者会社からの大幅な債務免除要求に対し満額を回収した事例

依頼主 40代 男性

相談前

依頼者会社と債務者会社とは断続的に取引がありましたが、ある時債務者会社が依頼者会社の風評を聞き、その時点で残る債務の大幅な減額を求めてきました。

相談後

双方弁護士が代理人となり、交渉しました。会社同士ということで商法の条文を使った議論になりましたが、最終的に債務者会社の弁護士が当方の主張を理解し、満額の支払いを受けることができました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

当事者同士で話し合いが進展しない場合、弁護士に依頼することで比較的短期間で解決することがあります。訴訟になった場合のリスク、コストを慎重に判断する必要があります。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

株主権の存否に争いがあり、訴訟上の和解をした事例

依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は、ある会社の共同出資者(株主)の一人でしたが、経営の一線からは退いていました。自分の持つ株式を譲渡したことは一度もないのですが、ある時、会社の株主名簿から自分の名前が削除されていることに気付き、相談に来られました。

相談後

会社に内容証明を送ったうえで、訴訟を提起しました。過去に株主であったことは会社は争わず、その後に譲渡されたことの主張・立証もない(できない)ことで、当方の主張が認められました。最終的には当方の持ち株を相当価格で現在の経営陣に買い取ってもらうことで和解しました。

田中 亮次弁護士からのコメント

田中 亮次弁護士

中小企業では株主名簿の作成や株主の管理が不徹底であるところが少なくなく、それがためいつの間にか会社(現経営陣)が株主として扱う者が変わってしまうことがあります。特に昔は会社設立に発起人(のちに株主になる)が7名必要だったので、お金だけ出した又は名義貸しの株主が特に経営に関与しないのに株主としての地位を保っていることに不満を持つ現経営陣が悪意で株主名簿の書き換えを行うこともあります。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる 特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人太田川法律事務所
所在地
〒477-0031
愛知県 東海市大田町後田212-1 太田川ビル205
最寄り駅
名鉄太田川駅から徒歩1分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
  • 土日祝11:00 - 16:00
定休日
なし
備考
事前にご予約いただければ,夜間・土日祝も対応可能です。
対応地域

東海

  • 愛知
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5355-3511

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人太田川法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5355-3511

※弁護士法人太田川法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
  • 土日祝11:00 - 16:00
定休日
なし
備考
事前にご予約いただければ,夜間・土日祝も対応可能です。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談