現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
相原 啓介弁護士

( あいはら けいすけ ) 相原 啓介

高幡門前法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【高幡不動駅徒歩1分】【18年心理カウンセラー経験】【電話相談可】【当日/夜間/土日対応可】
お話をゆっくり伺い、気持ちの整理のお手伝いをサポート致します。
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・離婚の話をしても、まともに相手にしてもらえない。
・離婚後の生活の見通しが立てられるように財産分与などを適切に受けたい。
・相手からDVや侮辱・罵倒を受けている。
・離婚後の子供の面会交流の条件が心配。
・養育費とか婚姻費用とか区別が分からないが何か請求できないか。

お悩みの問題を解決するためには、弁護士との人間的な相性もとても重要です。
一度、直接ご相談いただければ幸いです。

【強み】
・夫婦・男女問題は、まずはお気持ちの整理が重要です。プロの心理カウンセラーとしての経験を活かしながら、初期のご相談・打ち合わせでは、お話をゆっくりお聞かせいただき、お気持ちの整理のお手伝いを重視いたします。
・実際の交渉においては、相手方との関係などで常に状況が変化いたします。法律関係や解決の見通しについても、その都度変化があり得ますが、適宜、状況をお伝えし、打ち合わせを密にすることで、多くの依頼者の方にご満足いただいております。
・法務で最も大切なことの一つとして、各地方裁判所における裁判例の収集が挙げられます。当事務所では、その中でも東京地方裁判所の裁判例の集積に特に優れていると定評の高いWestlaw Japanの判例データーベースを使用し、常に最新の裁判例をもとにご相談の内容についての法的評価を行います。
・夫婦・男女問題は、よく「話し合いでの解決が一番」と安易にアドバイスされることがあります。一般論としては間違いではありませんが、当事者にしてみますと、公平な第三者(裁判所等)にきちんと結論を出してもらわないと真の解決ではないように感じられることも少なくはありません。ですので、当事務所では、交渉による解決を重視いたしますが、必要があれば、依頼者とご相談のうえ、訴訟等の裁判手続への移行を躊躇いたしません。もちろん、訴訟提起後も和解は可能です。

【重点取扱案件】
・離婚の成否が最重要というご相談
・慰謝料請求
・財産分与
・養育費請求
・DVに関するご相談(男性からのご相談もいただいております)

【当事務所の特徴】
・お気持ちの整理と、何を相手に請求していくかは表裏一体です。まずは、お気持ちの整理のお手伝いから始めさせて頂いております。
・まるで弁護士の書斎のような個人事務所ですので、他の依頼者とすれちがうなどの心配もなく、プライバシーが十分に守られます。
・弁護士と依頼者との関係は医師と患者の関係に例えられます。医師だけ、患者だけの努力では病気が治らないように、多くの事件は弁護士の独力では解決できません。どうか、皆さまのお力を弁護士にお貸しください。ご一緒に問題を解決してまいりましょう。

【費用について】
・相談料を4,500円(税別)と標準的な法律相談料よりも安価に設定のうえ、最大2時間程度まで、定額にてご相談いただいております。
・離婚事件は、報酬の算定根拠となる依頼者の経済的利益をいくらと評価するかによって、報酬額が大きく変わってしまいます。当事務所では、費用の明確化のために一定の標準額を設け、お問い合わせ前であっても費用の見通しが立てられるよう努めております。
・ご相談の内容によっては、着手金を低額にし、解決した際の成功報酬で調整させていただく方が適切な場合があるなど、ご相談ごとの個性による違いがかなりございます。依頼者の方と十分にご相談しながら、柔軟に弁護士費用を設定いたします。

この分野の法律相談

お互いの都合があり、公正証書作成前に自作した離婚協議書のみで離婚届をだしました。 離婚協議書には内容を公正証書にする。という項目があります。しかし、公正証書を作りはじめたところ、同意直前に慰謝料や養育費など支払う金額が大きすぎるから弁護士に相談して公正証書を作り直すと白紙撤回してきました。 ...

>わざわざ相手が弁護士と減額した内容の公正証書を作っても、減額するつもりで支払わないのであれば離婚協議書のまま強制執行の訴訟を起こすと伝えてもいいのでしょうか? 訴訟と強制執行の仕組みが複雑で難儀なことと存じますが、訴訟と強制執行は別のものですので「強制執行の訴訟を起こす」という伝え方では伝わらないように思います。 まず、離婚協議書は公正証書にな...

相原 啓介弁護士

連れて行かれた子供を審判で取り戻し、現在離婚調停中です。 折り合わないのは面会交流のみで、こちらは第三者機関を利用しての面会を希望し、相手は直接の月複数回(宿泊も含む)の面会を求めています。 私は、これまでの相手方とのやり取りによる精神的苦痛が大きいのと、相手の精神面の心配(不安定)から、ここに...

すでにご承知おきのことと存じますが、面会交流については何を置いてもまずお子様の福祉を最優先に家裁も判断をいたします。 これを前提に、面会交流の方法については、直接の面会交流が原則であるとか、第三者機関を通じた面会が原則であるとかいった明確なルールや実務上の運用は確立しておらず、あくまで一つ一つの申立ての事情に応じて判断されます。 ですので、相手方...

相原 啓介弁護士

自宅マンションへの妻の立ち入りについてご相談させて下さい。 先週妻と協議離婚し、それまで住んでいたマンションは私が単独で継続して住み、売却手続き中です。 今までは私が不在の際に元妻が荷物を取りに来ていましたが、 お互い信頼関係が崩れてしまったため、 1 鍵を返してもらい、私が在宅の際のみ許...

それまでの経緯にもよりますが、すでに離婚が成立し、売却までの期間は相談者様が居住することとお互いの家に入らないこと、という条項まで明記されているとのことですので、鍵は返却してもらったうえで無許可での立ち入りを断ることは問題がないかと思います。 そのうえで、荷物の引き取りなどはトラブルのないよう、送付でよいのか日時を決めて引き取りに来てもらうか、といった...

相原 啓介弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 40分(初回相談2時間) 4,500円(税別) 延長20分ごと 2,000円(税別)
着手金 標準額(交渉・調停) 148,000円~ 288,000円(税別)
報酬金 標準額(経済的利益200万円まで) 248,000円(税別)~398,000円(税別)
備考欄 標準額からの増減については、どうしても事案の難易度によりますので、法律相談後、正式なお見積もりをさせていただきます。概算でよろしければ、法律相談前にお問い合わせいただくことも可能です(お見積り無料)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻からの暴言に悩む夫からの離婚相談

  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 20代 男性

相談前

比較的お若いころご結婚し、一児をもうけ、10年弱の婚姻期間のある男性のご相談者様です。数年来妻からの暴言にさらされていました。最近では、十分に生活できる収入を稼いでいるにもかかわらず、「収入が思ったほど多くない」といった理由で暴言に拍車がかかってしまったため、耐え切れず、離婚を切り出すようになりました。しかし、妻は、離婚を切り出すとリストカット(常に軽症で入院等に至ったことはありませんでした)を繰り返すなど情緒不安定になり、話し合いは進みませんでした。

相談後

ご相談をお受けした後は、別居を始めていただき、弁護士が交渉の窓口になりました。弁護士が間に入ったことで、徐々に自傷行為をしても誰も楽にならないことをご理解いただけるようになり、比較的スムーズに交渉が進むようになりました。親権についても、妻には子育てに十分な能力がないことを自覚されていたようで、ご依頼者様が親権を取ることも早期にご了承いただきました。

当初、ご相談者様は、「親権さえ取れれば、財産をすべて譲ってかまわない」とお話しされていましたが、子育てにお金のかかる年代に差し掛かっていたことから、無理な譲歩は行わず、ほぼ、共有財産を半分に分ける形で、概ね円満に協議離婚が成立しました。

相原 啓介弁護士からのコメント

相原 啓介弁護士

今回は、裁判上の離婚を目指した場合、必ずしも離婚が認められるかどうかは分からないケースでした。ただ、「法律的には離婚は難しいですね」で終わるのではなく、協議離婚が成立する余地があるのではないかと考え、交渉に入ったことで事態が好転しました。

交渉は、ある意味、裁判以上に手間がかかり、しかも結果はより不透明です。私も、決して万能ではありませんが、微力を尽くした結果、ご相談者様にご満足いただき、しかも、相手方の自傷行為も結果的に防止できたことにホッといたしました。

離婚・男女問題の解決事例 2

不倫相手の妻からの慰謝料請求を事実上回避

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

会社の上司からのお誘いをきっかけに不倫関係になり、発覚後、相手の妻から200万円の慰謝料を請求されました。相手方には弁護士がつき、請求に応じられないなら、訴訟を提起すると言われ、ご相談にいらっしゃいました。

付き合い始めた当時、相手の男性は会社内で「妻とは離婚して今は一人で暮らしている」と同僚に話していて、ご相談者様もそれを信じてお付き合いが始まりました。

ご相談者様は、約1年付き合ったところで、相手が妻と別居はしているが離婚はしていなかったことを知りましたが、その後もあきらめきれず、約半年間のお付き合いが続いていました。

相談後

事情をさらに詳しくおいかがいしたところ、相手のご夫婦は、すでに別居が3年以上続いており、事実上、婚姻関係が破たんしていた可能性があること、男性が独身と偽っていたうえ、上司の立場をある程度利用しながら関係を維持していたことなどが判明しました。

これらをもとに、妻の弁護士と交渉に入り、不法行為が成立しない可能性や、仮に成立するとしても相手方男性の責任が重いことなどを主張し、結局、60万円の和解金で和解できることになりました。

しかも、同時並行で相手の男性とも交渉し、男性がご相談者様に慰謝料として60万円を支払うことでそちらとも和解が成立し、即座に支払いを受けたため、結局、ご依頼者様は実質的に和解金を支払うことなく、解決に至りました。

相原 啓介弁護士からのコメント

相原 啓介弁護士

相手に弁護士がついて「裁判を起こす」などと言われると、強い不安に襲われるのが通常です。しかも、今回のご依頼者様は、ご自身にも非があると感じていらっしゃったので、ご相談にいらしていただけなければ、請求された200万円全額か、それに近い金額での和解に早晩応じていたと思われます。ご依頼者様の感じていた道義的な責任感を否定するものでは全くありませんが、客観的に見れば、妻からの請求も怒りにまかせた過大なものであった面があります。弁護士にご依頼いただけたことで、適切な解決を得られたことに大変ご満足いただきました。

不動産・建築

分野を変更する
【高幡不動駅徒歩1分】【電話相談可】【当日/夜間/土日対応可】
不動産取引を中心に企業法務や個人の賃貸借関係の事件について多数の経験あり。的確な対応が可能です!
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・賃料の滞納が続いており、賃料を回収したうえで建物の明け渡しを求めたい。
・明渡しの際、過大な原状回復費用を請求された。
・入居時の条件と実際の建物の中身が違っていて、営業に必要な機器を設置できない。
・親族と共有している不動産を売却したいが、共有者の一人が承諾しない。
・賃借人が、勝手に他の人にまた貸し(転貸)していて、知らない人がお店を開いていた。

お悩みの問題を解決するためには、弁護士との人間的な相性もとても重要です。
一度、ご相談いただければ幸いです。

【強み】
・不動産取引を中心とする企業法務や個人の賃貸借関係の事件について多数の経験がありますので、ご相談の内容に応じた的確な対応が可能です。
・不動産トラブルは、常に、交渉、訴訟(裁判)、保全・執行といった様々な手段を複合的に検討する必要がございます。保全・執行関係の経験も十分ございますので、そのような複合的な視点を持ちながら、適切な手段をご提案できます。
・更新料、借地条件の変更・これにともなう承諾料等が争いになる事件(非訟事件)についても、経験に基づく確かな知識がございますので、粘り強く依頼者の利益を拡大できるよう努めます。
・明渡等の交渉においては、相手方との関係などで常に状況が変化いたします。法律関係や解決の見通しについても、その都度変化があり得ますが、適宜、状況をお伝えし、打ち合わせを密にすることで、多くの依頼者の方にご満足いただいております。
・不動産・賃貸借に関する紛争では、裁判所において信義則という一見すると曖昧な判断基準が用いられることが多いことから、各地方裁判所における裁判例の収集がとても重要となります。当事務所では、その中でも東京地方裁判所の裁判例の集積に特に優れていると定評の高いWestlaw Japanの判例データーベースを使用し、常に最新の裁判例をもとにご相談の内容についての法的評価を行います。

【重点取扱案件】
・建物明渡し
・更新拒絶・賃貸借契約解除の効力に関する争い
・借地条件の変更・更新料等についての争い
・共有物分割請求
・転貸借(サブリース)から生じる争い

【当事務所の特徴】
・比較的少額の不動産トラブルについても、弁護士が行う業務の範囲や期間を絞るなどして弁護士費用を減額し、費用対効果が現れるような形でのご提案に努めます。
・不動産トラブルは法律関係が複雑で、しかも、争いの金額も大きくなりがちですので、正確な事実関係をできるだけ早期に把握する必要がございます。そのため、当事務所では、初回相談を重視し、十分な打ち合わせができるような料金体系を設けております。
・親族が相手方であるなどの場合、人間関係を必要以上にこじらさないよう配慮しながら交渉に努めます。
・まるで弁護士の書斎のような個人事務所ですので、他の依頼者とすれちがうなどの心配もなく、プライバシーが十分に守られます。
・安価にて出張相談に対応いたしております。受任後の打ち合わせにつきましても、ご希望により、適宜出張いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
・弁護士と依頼者との関係は医師と患者の関係に例えられます。医師だけ、患者だけの努力では病気が治らないように、多くの事件は弁護士の独力では解決できません。どうか、皆さまのお力を弁護士にお貸しください。ご一緒に問題を解決してまいりましょう。

この分野の法律相談

こんにちは、賃貸トラブルです。2年契約、更新物件8年夫婦2人で入居してますが、8月31日が契約最終日でしたが退室していません。1年前大家さんから次回更新しないとの文章の紙がポストにありました。家賃滞納など1回もありませんし、更新しない理由も大家さんが出す騒音で迷惑だから私達の部屋に防音装置をつけるか...

> 大家さんはもう貸してないの一点張りでどうにもなりません、法定更新は意味ありませんか。 詳細が分かりませんので不正確さを含みますが、私の判断としては法定更新になっている状態ではないか、と思います。 要するに、大家さんの一方的な立ち退きの要求は裁判になれば認められない可能性がそれなりに高いと思います。少なくとも、ただ6か月前までに通知さえすれば自...

相原 啓介弁護士

不動産 底地所有者 管理 責任について 所有している土地を貸しておりそこに建物を建てて住んでいる方がいます。 その借地人はいわゆるゴミ屋敷の様な住まわれかたをしております。(会話もろくに出来ない) 隣地の方から、不衛生、樹木の越境などを理由として、「所有者(貸主)は管理責任があるのだから、...

建物については元々相談者様の物ではなく、借主の方の物ですので、ゴミ屋敷の片付けについては土地の貸主である相談者様に責任が発生するということは(どんなケースでも特殊な例外が重なれば別の結論になる場合はありますが)基本的にはないと思われます。 土地については、樹木等から発生する損害については民法上の土地工作物責任というものの延長で責任を問われる場合がありま...

相原 啓介弁護士

賃貸の貸主側です。 ① 賃借人が死亡(相続人全員相続放棄) ② 建物内に賃借人とは別の人物が占有していた。 ③ 占有移転禁止の仮処分(占有者不特定)にて占有者を特定。 ④ 占有者は賃借人と賃貸借契約(契約書なし)を結んでいたと主張。 ⑤ 賃料は6か月滞納中 上記の流れの場合,占有者に...

お困りのことと存じます。 まず、今の占有者に対して仮処分をされているのであれば、少なくとも、当該占有者に対する明渡訴訟を提起されるご準備はされているのだと思います。 そのうえで、厳密には、相続財産管理人という人を選任して、その人に対して賃料不払いを理由とする賃貸借契約の解除を行い、明渡しを受ける、というのが間違いのない方法だと思われます。 ...

相原 啓介弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 40分(初回相談2時間) 4,500円(税別) 延長20分ごと 2,000円(税別)
着手金 標準額(交渉・調停) 148,000円から(税別)
報酬金 標準額 (旧)日本弁護士連合会報酬基準に準拠します。
備考欄 標準額からの増減については、どうしても事案の難易度によりますので、法律相談後、正式なお見積もりをさせていただきます。概算でよろしければ、法律相談前にお問い合わせいただくことも可能です(お見積り無料)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

譲り受けた土地のうえに勝手に建物を建てられてしまった

相談前

「個人事業をやっている親戚から不動産を譲り受けたのだがトラブルになっている」、とのご相談です。親戚の間でしたので、代金だけ支払って登記をしていなかったのですが、売主の方が勝手に建物を建て、別の知り合いの事業主の方に営業所として貸してしまっていました。どうにかして、土地をきちんと自分のものにしたいが、誰に何を請求していいかわからない、とのご相談でした。

相談後

売主や、建物で営業をしている方は、事業譲渡に伴い土地を譲り受けたであるとか、賃借権が対抗力を備えているといった主張をしていましたが、実際には譲渡や賃借権を設定した事実はなく、こちらから一旦訴訟を提起しましたが、すぐに裁判上の和解となり、移転登記をしたうえで、建物の収去に至りました。

相原 啓介弁護士からのコメント

相原 啓介弁護士

不動産関係の法律はとても複雑です。特に、事業者の方、相続がらみ、使用貸借や賃貸借が絡んだケースなど、なかなか専門家でないと法律関係が把握できずに途方にくれる方は少なくありません。本件も、そのようなケースの一つで、きちんと整理さえされれば、相手方も諦めてくださることも多く、訴訟になる前に解決することも多くみられます。

遺産相続

分野を変更する
【高幡不動駅徒歩1分】【出張相談可/電話相談可】
18年の心理専門家として職務経験があり、他の相続人の方との交渉も、一般的な弁護士と比較して強いと自負してます。
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所
高幡門前法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・遺産である不動産のうち、実家のある土地建物だけは絶対譲れないと相続人の一人に言われ、協議が全く進まない。
・遺言で全財産を子供のうちの一人だけに譲るという内容だが、「遺留分も請求するな」とその相続人から言われている。
・不動産を物納しなければ相続税が支払えないが、その前に不動産に関する賃貸借関係を整理しないと、物納すらできない。
・寄与分について他の相続人が理解してくれず、協議が進まない。

お悩みの問題を解決するためには、弁護士との人間的な相性もとても重要です。
一度、直接ご相談いただければ幸いです。

【強み】
・遺産の総額が5億円を超える複雑な案件についても複数の経験があります。
・「遺産の総額が数百万円程であるが受任してもらえるか」といったご相談も常時承っておりますので、ご安心ください。
・税務処理につきましては、税理士とのネットワークを活用して対応いたします。
・心理学の専門家としての10年以上の職務経験がありますので、他の相続人の方との交渉についても、一般的な弁護士と比較して強いと自負しております。

【重点取扱案件】
・遺産分割協議(調停を含む)
・遺留分減殺請求
・遺言執行
・遺言作成
・事業承継

【当事務所の特徴】
・相続財産に、不動産が含まれると弁護士費用が高騰する傾向があります。賃貸などに出して収益をあげている不動産であれば通常の他の財産と同様の扱いで問題ありませんが、居住用不動産などが唯一の遺産、といった場合には不動産の価格を基準に弁護士費用を算出すると不適切である場合もございます。そのような場合、財産の利用状況などの実態に合わせて弁護士費用の減額や分割払いのご利用など、柔軟に対応いたしております。
・お気持ちの整理と、何を相手に請求していくかは表裏一体です。まずは、お気持ちの整理のお手伝いから始めさせていただいております。
・まるで弁護士の書斎のような個人事務所ですので、他の依頼者とすれちがうなどの心配もなく、プライバシーが十分に守られます。
・安価にて出張相談に対応いたしております。受任後の打ち合わせにつきましても、ご希望により、適宜出張いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
・弁護士と依頼者との関係は医師と患者の関係に例えられます。医師だけ、患者だけの努力では病気が治らないように、多くの事件は弁護士の独力では解決できません。どうか、皆さまのお力を弁護士にお貸しください。ご一緒に問題を解決してまいりましょう。

【費用について】
・当事務所では、初回相談を重視しております。そのため、相談料を4,500円(税別)と標準的な法律相談料よりも安価に設定のうえ、最大2時間程度まで、定額にてゆっくりご相談いただいております。
・相続の問題は、ご親族間のこれまでの関係や、現在、何が大きな問題になっているのかについて、ご相談ごとの個性による違いがかなりございます。そこで、ご相談の内容によっては、着手金を低額にし、解決した際の成功報酬で調整させていただくなど、当事務所では、依頼者の方と十分にご相談しながら、柔軟に弁護士費用を設定させていただいております。
・成功報酬については、報酬金について分割払いや、居住用不動産である場合の減額などを行うなど、お支払い方法のご相談に柔軟に対応させていただいたうえで、適切な弁護士費用となるよう努めております。

この分野の法律相談

私(80歳、女性)の遺言を作ろうと公証人の方に相談していますが、私の遺産の範囲についてよくわからないことがありご相談させていただきます。 現在、2年前に他界した主人の遺産分割調停をしています。遺族は私のほかに息子2人です。私はこの主人の遺産を相続する権利(法定相続分)を長男に譲渡することを決め...

なかなか悩ましい状況かと思います。 確かに、公証人の方がおっしゃる懸念は法的には考慮すべき内容です。 普通は、何か財産を他人に譲渡すれば、その時点でもうその財産は他人のものですのでご自身の財産(万が一の際の将来の遺産)の範囲には入ることはありません。 ただ、遺産に関しては包括承継と言って、相続分に応じてプラスの財産だけでなくマイナスの財産(...

相原 啓介弁護士

今年に父が亡くなりました。相続人は、私と、父の後妻さんです。 私は、父の前妻(20年以上前に亡くなっている)の子です。 前妻が亡くなった時に、私が相続した貸家があり、 父が1/4、私が3/4の、共有持ち分となっていました。 ・私がまだ学生だったので、上記貸家は父が管理をしていた。 ・家賃収入は、私の...

ご質問の内容からしますと、お腹立ちであろうこと想像に難くないところです。 法律的にはやや複雑ですが、非常に簡略化して結論を申しますと、取り戻すことはできるが実質的に全額ではない、という状況になるかと思います。 話が錯綜しすぎますので、仮に、お父様だけがあなたの家賃収入(これも仮に600万円とします)を使ってしまったとします。 その場合、不法...

相原 啓介弁護士

夫が亡くなり、相続が発生しました。 法定相続人は、妻である私と、前妻の子供2名です。 (前妻の子供はすでに成人、子ども(夫からすると孫)あり。 夫の両親は他界、兄弟は弟がいます。) 相続手続きに、法定相続人全員の署名捺印が必要な機会が多々ありますが、子供二人が、孫を含めた裁判所での法的な遺産放...

ご不安のことと存じます。 子らの相続放棄をした後に、様々な相続手続に戸籍謄本等が不要になるか、ということですが、法的には相続放棄によりその子らは始めから相続人ではなかったことになりますので、手続にそのような書面等は不要です。 ですので、基本的には、例えば登記手続などでは、相続放棄の手続をとったことを証する書面(相続放棄申述受理証明書というものを家...

相原 啓介弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 40分(初回相談2時間) 4,500円(税別) 延長20分ごと 2,000円(税別)
着手金 標準額(交渉・調停) 148,000円から(税別)
報酬金 標準額 (旧)日本弁護士連合会報酬基準に準拠します。
備考欄 標準額からの増減については、どうしても事案の難易度によりますので、法律相談後、正式なお見積もりをさせていただきます。概算でよろしければ、法律相談前にお問い合わせいただくことも可能です(お見積り無料)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
高幡門前法律事務所
所在地
〒191-0031
東京都 日野市高幡3-11 伊藤ビル301
最寄り駅
高幡不動駅
受付時間
  • 平日10:00 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
【365日・24時間メール予約受付中】
※事務所の電話受付時間は平日10:00~18:30です。
※ご事情により夜間・休日もご予約のうえ対応可能な場合がございますので、まずはご連絡ください。
(1人事務所のため事務所を不在にすることがあり、お電話に出られないことがございます。
その場合には、弁護士の状況に応じて、できる限り翌営業時間内までに折り返すなど適切に対応いたします。)
対応地域

全国

事務所URL

電話で問い合わせ
050-5282-8257

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

高幡門前法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5282-8257

※高幡門前法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
【365日・24時間メール予約受付中】
※事務所の電話受付時間は平日10:00~18:30です。
※ご事情により夜間・休日もご予約のうえ対応可能な場合がございますので、まずはご連絡ください。
(1人事務所のため事務所を不在にすることがあり、お電話に出られないことがございます。
その場合には、弁護士の状況に応じて、できる限り翌営業時間内までに折り返すなど適切に対応いたします。)