現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
加藤 慎之弁護士

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間23時まで相談可】【年100件以上の実績】【24時間面談予約可】一人で悩まず、まずはご相談ください。交通事故は早期対応が肝心です。
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

★豊富な経験と実績★
①交通事故だけで年100件以上の事件を受任しており、交渉・訴訟の豊富なノウハウがあります。
②突然事故に遭い、交通事故や保険のことなど何もわからず戸惑っている方、まずはお電話ください。賠償や保険の基本的な仕組みからご説明致します。


★費用について★
●弁護士費用特約がある場合、原則として依頼者に弁護士費用をご負担頂く必要はありません(※自分の加入している保険に弁特がなくても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。)。
●そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。例えば、今、現金がないという方には、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなどして、初期費用が安く済むように工夫したりしています。


【重点取扱案件】
示談交渉、訴訟、後遺障害等級認定


【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●杓子定規な保険会社の対応に納得できない。
 過失割合に関して、「こういう事故だと、一般的に●:●です。」など、一般論を振りかざすだけで、その事故特有の事情について聞く耳を持ってもらえない。
●治療費を打ち切られてしまったが、まだ治療を続けたい。でも、全額自費ではとても通院できない。どうにかならないか。
●保険会社に提示された示談金が妥当なのか、弁護士に依頼したらどのくらい金額が上がるのか知りたい。
●保険会社だけでなく、病院、会社、組合、修理工場・・・色々な機関と折衝しなければならないが、手続などがわからず、予想以上に時間と労力をとられて困っている。
●その他、交通事故でお困りの際は、お気軽にお電話ください。


◎事務所サポート◎
●忙しくて、事務所に行けない。でも、大丈夫。
 弁護士に相談する場合、事務所まで行かなければならないと思っていらっしゃる方が多いと思います。しかし、普段は仕事や家事もありますし、遠方で事務所に行くことが物理的に難しい場合もあるかと思います。そのような方には、電話・メールでのご相談も受け付けています。事務所へお越しいただく場合でも、平日22時頃までなら対応可能ですし、平日が難しい方には土日にお会いすることもあります。また、立川事務所のみならず、新宿事務所、横浜事務所での相談も可能です。

●夜・休日にトラブル発生。でも、大丈夫。
 トラブルはいつやってくるかわかりません。夜間や休日に起きることもあります。しかし、多くの法律事務所は、夜間や休日に電話してもつながりません。私の所属事務所も基本的に休日はつながりませんが、依頼者には携帯電話の番号をお伝えしているので、夜間や休日にトラブルが起きた場合でもその場でご相談頂けます。

※顧問先の関係でご相談を一切受けられない場合もありますが、何卒ご容赦ください。

----------------------
■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

加藤弁護士への感謝の声

3

50代 男性

依頼 交通事故 2020年3月に解決 投稿者イメージ画像

※非接触事故の立証の難しさ。
私の事故は、相手の飛び出しにより急ブレーキを踏んだ際に発生した「頸椎捻挫」です。
この、非接触事故は、他の衝突事故と異なり相手保険会社が、捻挫の傷害事態を否定して、まして通院期間は1ヶ月が相当と反論していました。
実際通院期間は、2017年4月から2018年2月で症状固定となりました。
1事故目は、2017年4月。2事故目は、2017年5月。どちらも非接触事故。
当初、自賠責は1事故目は、事故と傷害の起因性を認め。2事故目は、事故と傷害の起因性を否定しました。
しかし、相手保険会社は1事故目事態にも疑義があると、慰謝料の支払いを拒否。
ここで、加藤先生は、まず裁判に持ち込むより、非接触事故は裁判でも不利な扱いを受ける可能性があるので、交通事故の斡旋を申請しました。斡旋は、裁判に比べ時間が短縮でき、更に非接触事故でも主張をある程度認めてくれる可能性があるとの為です。
斡旋員会では、当初否定された2事故目の傷害と起因性を認めて頂き、予想以上の良い結果が出ました。
しかし、相手保険会社は斡旋員会の結論に反論してきました。
そこで、代理人の加藤先生は、保険会社に拘束力を持つ審査会を提案し、審査会で再度、双方の主張を協議して結果を見守るよう提案してきました。
相手保険会社、反論するための実験試料を準備して、私の頸椎捻挫は軽傷だと主張。この主張に対し代理人の加藤先生は、的確な反論を行い相手保険会社が時間と費用をかけた実験資料を根底から否定し、審査会も加藤先生の主張を認めました。
結果、1事故目・2事故目の慰謝料も認められました。
※弁護士事務所は、多数あります。
その中で、このような複雑な案件は、どの法律事務所も着手をこばみます。
しかし、弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所の加藤弁護士先生は、快く着手してくれました。
加藤弁護士先生のこれまでの経験、実積が良い結果を導いてくれました。
本当に感謝しております。また、加藤弁護士先生は、大変親切な方です。申立人に負担をかけず、着々と弁護して頂ける先生です。

相談した出来事
私は、2017年に2度非接触事故に遭遇して、頸椎捻挫となりました。
当初相手保険会社は、人身傷害に切り替え保障をする予定としていましたが。
担当者が変更する否や、難航な態度を示し、非接触事故の通院は疑義があると、反論をはじめました。
どのように解決すれば良いか、法律事務所にメール相談をしました。また、弁護士ドットコムにも投稿しましたが、非接触事故は扱えないと断れ続けていました。
そんな中、大西総合法律事務所の加藤弁護士先生が、代理人を着手して頂きました。
裁判外の斡旋を利用し、相手の反論を覆し予想外の成果を出してくれました。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 慰謝料・損害賠償

40代 男性

依頼 交通事故 2018年9月に解決 投稿者イメージ画像

2年前、高速走行中に路側帯を140キロて追い抜かれた車に飛び石で被害を受けた件。警察は対応悪く運転手が判明しなかった為、別の先生にて裁判に。 幸い運転手は判明しこれからという時に、飛び石被害の裁判は、判例もなく難しいとの事で継続辞退となり、困っていたところ、先生に別件でお世話になり相談した所、結果はどうあれ継続しなければと快く引き受けて頂きました。 飛び石被害の裁判は、やはり困難で挫折しかけた事もありましたが、僅かな証拠等駆使して、何とか相手の過失と、満額とは言えないものの被害額の一部を勝取る事が出来ました。 何よりも、飛び石被害の判例が無いと言われる中、判決が出たのは、泣き寝入りする方が減る可能性があり有意義な結果となりました。 ありがとうございました。相手が逃げ得とならず気分的にも感謝します。

解決方法
裁判・審判
  • 物損事故

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談無料(15分)
※2回目以降の相談は、有料です(30分5,400円)。
着手金/報酬金 日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の
経済状況に合わせて相談に応じております。例えば、今、現金がないという方には、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなどして、初期費用が安く済むように工夫したりしています。
弁護士特約 弁護士費用特約がある場合、原則として依頼者に弁護士費用をご負担頂く必要はありません(※自分の加入している保険に弁特がなくても、ご家族等の保険に弁特がついていれば、それを利用できる場合があります。)。

そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【人損】歯牙補綴の逸失利益(11級)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

歯牙補綴で自賠11級の認定を受けた。
しかし、保険会社からは「歯牙補綴は業務に影響ない」として逸失利益0円提示。
そのため、慰謝料などを含めた総額も400万円の提示にとどまっていた。

相談後

保険会社と交渉の結果、逸失利益約800万円の賠償が認められた。
それに加え、インプラント・ブリッジ等の将来治療費も加わり、最終的に受任前から約1000万円プラスの約1400万円で示談成立。

加藤 慎之弁護士からのコメント

加藤 慎之弁護士

本当に業務への支障が皆無と言い切れるのかを突き詰めて交渉し、保険会社から「確かに、業務への支障が絶対ないとは言い切れませんね・・・」という一言を引き出せたのがターニングポイントでした。最終的には無事、依頼者の期待どおり(以上?)の内容で示談を成立させることができました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

【人損】事故後、転職により減収した場合の逸失利益

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

事故当時は年収約800万円だったが、事故後、事故とは関係ない事情で転職し、収入が激減。今は年収200万円程。
相手保険会社からは、「逸失利益は将来の話だから、過去ではなく現在の収入(=200万円)を基準にすべき」と言われている。

相談後

保険会社と交渉した結果、年収550万円を基準にした逸失利益で示談成立。

加藤 慎之弁護士からのコメント

加藤 慎之弁護士

いかに「今後、増益する蓋然性がある」ことを認めさせるかの勝負でした。
・依頼者にも協力してもらって、今後の事業計画を提出したり、
・以前は800万円の収入を得ていた(=それだけの能力がある)のだから、他の企業に再就職すれば800万円近い収入を得られる可能性もある
などと訴え、最終的には賃金センサス平均の550万円を基礎収入とする内容で示談を成立させることができました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

【物損】駐車場でのドア開扉事故

  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
依頼主 男性

相談前

駐車場に戻ってきたら、車の側面に傷があった。
隣に駐車していた人がドアを開けたときにぶつけたのだと思う。
でも、相手は「私じゃない。どこか別の機会に傷つけたのでは?」と言って、認めてくれない。

相談後

交渉しても先方から納得いく回答を得られる可能性は低いと判断し、早期に訴訟提起。
一審では敗訴しましたが、一審判決の論拠を賠償論・車両実務などの観点から問題があると指摘し、控訴審では逆転勝訴。無事、請求満額が認容された。

加藤 慎之弁護士からのコメント

加藤 慎之弁護士

鑑定業者と連携して、専門的な観点から、車両に残った損傷と相手車両ドア開扉との整合性を立証することに注力しました。その結果、無事、控訴審では整合性が認められ、請求が認められました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 4

【物損】ビンテージ車両の時価額

  • 慰謝料・損害賠償
  • 物損事故
依頼主 男性

相談前

私の車両は、数十年前のビンテージ車両です。
ですが、相手保険会社は一般の車両と同じように車両時価額を計算してきます。それでは、全く価値に見合っていないのですが、仕方ないのでしょうか?

相談後

相手保険会社と交渉し、ビンテージ車両の特質や取引実態、購入後に費やしたカスタマイズ費用などを訴えた結果、購入価格を超える金額で示談を成立させることができました。

加藤 慎之弁護士からのコメント

加藤 慎之弁護士

ビンテージ車両の場合、一般車両と異なり、ある意味古ければ古いほど価値があります。
その理屈がそのまま賠償実務で通用する訳ではありませんが、同種車両の取引実態や購入後の改造費などをテコに粘り強く交渉することで、一般車両とは異なる算定方法で時価額の合意にこぎ着けられることもあります。

交通事故

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間23時まで相談可】【24時間面談予約可】一人で悩まず、まずはご相談ください。早期発見・早期対応が円満解決の秘訣です。
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

★豊富な経験と実績★
万引きから被害者死亡事件まで、幅広い経験がありますので、各事案に応じた対応が可能です。
スピード重視の犯罪刑事は、今後の見通しをいち早く把握する為にも、弁護士へご相談ください。

【重点取扱案件】
痴漢事件弁護、窃盗、傷害、飲酒に伴う暴行、違法薬物の刑事全般


【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●一刻も早く留置場から出たい。
●身内が突然逮捕されたが、何をどうしたら良いのかわからない。
●(被害者)金銭賠償だけではなく、刑事裁判の中で意思を伝えたいなど、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。


◎事務所サポート◎
●迅速対応。
 刑事は民事以上にスピードが重要です。例えば、身柄拘束が長引けば、会社や学校などに知られてしまうため、一刻も早く釈放してほしいというケースはよくあります。被害者と早期示談を成立させる等して、一刻も早い身柄解放を目指します。

●忙しくて、事務所に行けない。でも、大丈夫。
 弁護士に相談する場合、事務所まで行かなければならないと思っていらっしゃる方が多いと思います。しかし、普段は仕事や家事もありますし、遠方で事務所に行くことが物理的に難しい場合もあるかと思います。そのような方には、電話・メールでのご相談も受け付けています。事務所へお越しいただく場合でも、平日22時頃までなら対応可能ですし、平日が難しい方には土日にお会いすることもあります。また、立川事務所のみならず、新宿事務所、横浜事務所での相談も可能です。

●夜・休日にトラブル発生。でも、大丈夫。
 トラブルはいつやってくるかわかりません。夜間や休日に起きることもあります。しかし、多くの法律事務所は、夜間や休日に電話してもつながりません。私の所属事務所も基本的に休日はつながりませんが、依頼者には携帯電話の番号をお伝えしているので、夜間や休日にトラブルが起きた場合でもその場でご相談頂けます。


----------------------
■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

加藤弁護士への感謝の声

3

50代 男性

依頼 交通事故 2020年3月に解決 投稿者イメージ画像

※非接触事故の立証の難しさ。
私の事故は、相手の飛び出しにより急ブレーキを踏んだ際に発生した「頸椎捻挫」です。
この、非接触事故は、他の衝突事故と異なり相手保険会社が、捻挫の傷害事態を否定して、まして通院期間は1ヶ月が相当と反論していました。
実際通院期間は、2017年4月から2018年2月で症状固定となりました。
1事故目は、2017年4月。2事故目は、2017年5月。どちらも非接触事故。
当初、自賠責は1事故目は、事故と傷害の起因性を認め。2事故目は、事故と傷害の起因性を否定しました。
しかし、相手保険会社は1事故目事態にも疑義があると、慰謝料の支払いを拒否。
ここで、加藤先生は、まず裁判に持ち込むより、非接触事故は裁判でも不利な扱いを受ける可能性があるので、交通事故の斡旋を申請しました。斡旋は、裁判に比べ時間が短縮でき、更に非接触事故でも主張をある程度認めてくれる可能性があるとの為です。
斡旋員会では、当初否定された2事故目の傷害と起因性を認めて頂き、予想以上の良い結果が出ました。
しかし、相手保険会社は斡旋員会の結論に反論してきました。
そこで、代理人の加藤先生は、保険会社に拘束力を持つ審査会を提案し、審査会で再度、双方の主張を協議して結果を見守るよう提案してきました。
相手保険会社、反論するための実験試料を準備して、私の頸椎捻挫は軽傷だと主張。この主張に対し代理人の加藤先生は、的確な反論を行い相手保険会社が時間と費用をかけた実験資料を根底から否定し、審査会も加藤先生の主張を認めました。
結果、1事故目・2事故目の慰謝料も認められました。
※弁護士事務所は、多数あります。
その中で、このような複雑な案件は、どの法律事務所も着手をこばみます。
しかし、弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所の加藤弁護士先生は、快く着手してくれました。
加藤弁護士先生のこれまでの経験、実積が良い結果を導いてくれました。
本当に感謝しております。また、加藤弁護士先生は、大変親切な方です。申立人に負担をかけず、着々と弁護して頂ける先生です。

相談した出来事
私は、2017年に2度非接触事故に遭遇して、頸椎捻挫となりました。
当初相手保険会社は、人身傷害に切り替え保障をする予定としていましたが。
担当者が変更する否や、難航な態度を示し、非接触事故の通院は疑義があると、反論をはじめました。
どのように解決すれば良いか、法律事務所にメール相談をしました。また、弁護士ドットコムにも投稿しましたが、非接触事故は扱えないと断れ続けていました。
そんな中、大西総合法律事務所の加藤弁護士先生が、代理人を着手して頂きました。
裁判外の斡旋を利用し、相手の反論を覆し予想外の成果を出してくれました。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 慰謝料・損害賠償

40代 男性

依頼 交通事故 2018年9月に解決 投稿者イメージ画像

2年前、高速走行中に路側帯を140キロて追い抜かれた車に飛び石で被害を受けた件。警察は対応悪く運転手が判明しなかった為、別の先生にて裁判に。 幸い運転手は判明しこれからという時に、飛び石被害の裁判は、判例もなく難しいとの事で継続辞退となり、困っていたところ、先生に別件でお世話になり相談した所、結果はどうあれ継続しなければと快く引き受けて頂きました。 飛び石被害の裁判は、やはり困難で挫折しかけた事もありましたが、僅かな証拠等駆使して、何とか相手の過失と、満額とは言えないものの被害額の一部を勝取る事が出来ました。 何よりも、飛び石被害の判例が無いと言われる中、判決が出たのは、泣き寝入りする方が減る可能性があり有意義な結果となりました。 ありがとうございました。相手が逃げ得とならず気分的にも感謝します。

解決方法
裁判・審判
  • 物損事故

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談無料(15分)
※2回目以降の相談は、有料です(30分5,400円)。
その他費用 ●そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金の範囲で接見を行います。別途、日当などは頂戴しません(※勾留場所が遠隔地の場合を除く。)。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【夜間23時まで相談可】【24時間面談予約可】一人で悩まず、まずはご相談ください。早期発見・早期対応が円満解決の秘訣です。
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

★豊富な経験と実績★
男性、女性、離婚を求める側、求められている側、それぞれの立場に応じたスキルと経験があります。

★費用について★
●そもそも弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。
●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。例えば、今、現金がないという方には、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなどして、初期費用が安く済むように工夫したりしています。


【重点取扱案件】
親権問題、養育費請求、財産分与、慰謝料請求、DV


【このようなご相談は弁護士にお任せください】
●一刻も早く子供に会いたい。
●一方的に離婚を切り出されて、困っている。
●離婚したいが、その後の生活が心配。
●配偶者の不倫が発覚した(あるいは、疑いがある)など、このようなトラブルは、早めに相談しましょう。


◎事務所サポート◎
●忙しくて、事務所に行けない。でも、大丈夫。
 弁護士に相談する場合、事務所まで行かなければならないと思っていらっしゃる方が多いと思います。しかし、普段は仕事や家事もありますし、遠方で事務所に行くことが物理的に難しい場合もあるかと思います。そのような方には、電話・メールでのご相談も受け付けています。事務所へお越しいただく場合でも、平日22時頃までなら対応可能ですし、平日が難しい方には土日にお会いすることもあります。また、立川事務所のみならず、新宿事務所、横浜事務所での相談も可能です。

●夜・休日にトラブル発生。でも、大丈夫。
 トラブルはいつやってくるかわかりません。夜間や休日に起きることもあります。しかし、多くの法律事務所は、夜間や休日に電話してもつながりません。私の所属事務所も基本的に休日はつながりませんが、依頼者には携帯電話の番号をお伝えしているので、夜間や休日にトラブルが起きた場合でもその場でご相談頂けます。


----------------------
■アクセス
JR中央線立川駅から徒歩5分

加藤弁護士への感謝の声

3

50代 男性

依頼 交通事故 2020年3月に解決 投稿者イメージ画像

※非接触事故の立証の難しさ。
私の事故は、相手の飛び出しにより急ブレーキを踏んだ際に発生した「頸椎捻挫」です。
この、非接触事故は、他の衝突事故と異なり相手保険会社が、捻挫の傷害事態を否定して、まして通院期間は1ヶ月が相当と反論していました。
実際通院期間は、2017年4月から2018年2月で症状固定となりました。
1事故目は、2017年4月。2事故目は、2017年5月。どちらも非接触事故。
当初、自賠責は1事故目は、事故と傷害の起因性を認め。2事故目は、事故と傷害の起因性を否定しました。
しかし、相手保険会社は1事故目事態にも疑義があると、慰謝料の支払いを拒否。
ここで、加藤先生は、まず裁判に持ち込むより、非接触事故は裁判でも不利な扱いを受ける可能性があるので、交通事故の斡旋を申請しました。斡旋は、裁判に比べ時間が短縮でき、更に非接触事故でも主張をある程度認めてくれる可能性があるとの為です。
斡旋員会では、当初否定された2事故目の傷害と起因性を認めて頂き、予想以上の良い結果が出ました。
しかし、相手保険会社は斡旋員会の結論に反論してきました。
そこで、代理人の加藤先生は、保険会社に拘束力を持つ審査会を提案し、審査会で再度、双方の主張を協議して結果を見守るよう提案してきました。
相手保険会社、反論するための実験試料を準備して、私の頸椎捻挫は軽傷だと主張。この主張に対し代理人の加藤先生は、的確な反論を行い相手保険会社が時間と費用をかけた実験資料を根底から否定し、審査会も加藤先生の主張を認めました。
結果、1事故目・2事故目の慰謝料も認められました。
※弁護士事務所は、多数あります。
その中で、このような複雑な案件は、どの法律事務所も着手をこばみます。
しかし、弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所の加藤弁護士先生は、快く着手してくれました。
加藤弁護士先生のこれまでの経験、実積が良い結果を導いてくれました。
本当に感謝しております。また、加藤弁護士先生は、大変親切な方です。申立人に負担をかけず、着々と弁護して頂ける先生です。

相談した出来事
私は、2017年に2度非接触事故に遭遇して、頸椎捻挫となりました。
当初相手保険会社は、人身傷害に切り替え保障をする予定としていましたが。
担当者が変更する否や、難航な態度を示し、非接触事故の通院は疑義があると、反論をはじめました。
どのように解決すれば良いか、法律事務所にメール相談をしました。また、弁護士ドットコムにも投稿しましたが、非接触事故は扱えないと断れ続けていました。
そんな中、大西総合法律事務所の加藤弁護士先生が、代理人を着手して頂きました。
裁判外の斡旋を利用し、相手の反論を覆し予想外の成果を出してくれました。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)
  • 慰謝料・損害賠償

40代 男性

依頼 交通事故 2018年9月に解決 投稿者イメージ画像

2年前、高速走行中に路側帯を140キロて追い抜かれた車に飛び石で被害を受けた件。警察は対応悪く運転手が判明しなかった為、別の先生にて裁判に。 幸い運転手は判明しこれからという時に、飛び石被害の裁判は、判例もなく難しいとの事で継続辞退となり、困っていたところ、先生に別件でお世話になり相談した所、結果はどうあれ継続しなければと快く引き受けて頂きました。 飛び石被害の裁判は、やはり困難で挫折しかけた事もありましたが、僅かな証拠等駆使して、何とか相手の過失と、満額とは言えないものの被害額の一部を勝取る事が出来ました。 何よりも、飛び石被害の判例が無いと言われる中、判決が出たのは、泣き寝入りする方が減る可能性があり有意義な結果となりました。 ありがとうございました。相手が逃げ得とならず気分的にも感謝します。

解決方法
裁判・審判
  • 物損事故

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談無料(15分)
※2回目以降の相談は、有料です(30分5,400円)。
その他費用 ●弁護士に依頼すべきかどうか気軽に相談できるよう、初回電話相談は無料(15分)としています。

●着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。例えば、今、現金がないという方には、着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなどして、初期費用が安く済むように工夫したりしています。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
所在地
〒190-0012
東京都 立川市曙町2-37-7 コアシティ立川4階
最寄り駅
JR中央線立川駅から徒歩5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5283-3600

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所
所在地
東京都 立川市曙町2-37-7 コアシティ立川4階
最寄駅
JR中央線立川駅から徒歩5分

加藤 慎之弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-3600
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 23:00
  • 土日祝10:00 - 23:00
定休日
なし
備考
※受付時間外でもお電話戴ければ可能な限り対応しています。
メールフォームは24時間受け付けております。
事務所の営業時間は平日の9:30~18:30です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談