お気に入りに追加
加藤 寛久弁護士

( かとう ともひさ ) 加藤 寛久

ハイペリオン法律事務所

現在営業中 10:00 - 20:00

遺産相続

分野を変更する
【飯田橋駅3分】【当日/夜間/土日相談可(要予約)】【話し易さに定評あり】【出張相談可能】
他士業と連携し、ワンストップで対応。遺産分割・遺言作成・事業承継などのご相談をスムーズに解決します。
ハイペリオン法律事務所
ハイペリオン法律事務所
ハイペリオン法律事務所

飯田橋駅より徒歩3分の場所に事務所がございます。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【事務所の特徴】
調停や裁判においてポイントをおさえた主張をすることで、スピーディで有利な解決を目指します。親の想いを踏みにじりお金のことしか考えていない他の相続人からの理不尽な要求を認めません。
また、遺言書の作成では様々な事態を想定しながら適切なアドバイスをします。

【これまでの実績】
・相続を得意とする事務所で調停や裁判を数多く経験してきたため、調停においてどのような主張をすると有利になるのか、裁判においてどのような証拠がポイントとなるのかを熟知しております。
・遺産分割協議(遺産分割調停)では、相手方の理不尽な主張を封じ依頼者の正当な権利をしっかりと主張することで、依頼者にとってベストな結果を数多く導いてきました。
・税理士や司法書士などの他士業と連携し、ワンストップで対応が可能です。
・他の相続人による相続財産の使い込み等を裁判により追及した実績が数多くあります。

【費用と特徴】
・着手金・報酬金は日弁連が適切として定めた料金を基準にしており、支払方法はご依頼者様の経済状況に応じて柔軟に対応いたします。
・事務所の報酬規程に沿って計算した着手金が、高額になり過ぎる場合には、一部を報酬金に回したり、減額したりするなどの措置を講じます。

【重点取扱案件】
・遺産分割調停(遺産分割協議)
・遺留分減殺請求
・遺言作成
・遺言無効確認訴訟
・事業承継

【よく受け付けるご相談】
・様々な理由により遺産分割協議ができない。
・相続人に後妻、先妻の子がいるなど人間関係が複雑であるため直接話し合いができない(したくない)。
・遺言無効確認訴訟を提起されるなど、遺言の有効性が争われた。
・他の相続人が相続財産を使い込んだ、もしくは、他の相続人に相続財産を使い込んだと追及された。
・遺留分を主張したい。

【ご依頼者様への対応姿勢】
・相続財産を弁護士費用の支払に充てようとしている方が多くいらっしゃるため、着手金の一部を報酬金に回したり、着手金を減額したりするなど柔軟に対応しております。
・事件の見通しや解決までにかかる目安の時間を適宜お伝えいたします。
・依頼者と弁護士との信頼関係が重要となる案件ですので、初回はお会いしての相談となり、原則電話相談は行っておりません。
・仕事が終わった後の夕方以降からの相談、打ち合わせも行っております。
・事前にご予約いただくことで土日の対応も行っております。
・ご依頼者様の状況によっては、出張相談にも対応しております。全国フットワーク軽く対応いたしますので、ご安心ください。

ハイペリオン法律事務所 ホームページ
http://hyperion-law.com/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間 11,000円、その後30分ごとに 5,500 円
着手金 33万円~(税込)
報酬金 事件ごとに異なりますので、まずはご相談ください。
備考 料金および支払い方法はご状況に応じて柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(9件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺言無効】【遺留分】【使い込み】被相続人の母が兄有利の遺言書を作成しており遺留分しか取り分がなかったが、兄が母の財産を母に無断で消費しているとの疑いがあった事案

依頼主 50代 男性

相談前

母が公正証書により、兄に財産のすべてを相続させるとの遺言書を作成していました。ただ、生前の母の言動から兄が書かせたことが疑われるとのことでした。また、母の財産の管理は兄がすべて行っており、兄が使用したと疑われる出金がいくつか散見されました。

相談後

遺言は、公正証書で作成されていたため、遺言の有効性の有無を争うのは難しい案件でしたが、兄の使い込みが疑われる案件でしたので、遺留分の額を計算するうえで基礎となる金額を争う余地がありました。
証人尋問まで行い、ある程度の金銭について兄が自分のために使用したことを疑うに十分な立証をしたところで、裁判所より和解の勧告がなされ和解により終了しました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

証拠の大半を相手方が保有していたので、どこまで立証することができるかがポイントでした。
通帳の履歴の開示を行い、相手方に合理的な説明を求める等して訴訟を進めていきました。
最終的に和解での解決となりましたが、依頼者の方は遺留分以上の額を相手に認めさせたことの他、訴訟を通じて相手方に自分の思いを伝えることができたことに大変満足されていました。
公正証書遺言だからといって最初から諦めず、証拠を収集しどのような主張ができるか(最適か)検討することも必要です。

遺産相続の解決事例 2

【遺言無効】遺言無効確認請求訴訟を提起され、兄弟姉妹間で遺言の有効性について争われた事案

  • 遺言
依頼主 50代 男性

相談前

被相続人(父)が長男である相談者に有利な遺言書を書いていたため、他の相続人が遺言作成時、被相続人には意思能力がなかったと主張し、遺言無効確認請求訴訟を提起してきました。
訴訟の前に、遺言が無効だった場合の財産確保の目的で仮処分を申し立てられ、それが認められてしまいました。
仮処分が認められてしまったことで依頼者はひどく落ち込んでおり、大幅譲歩の和解も検討している状況下での相談でした。



相談後

仮処分と本案(訴えの本旨である請求、ここでは遺言無効確認請求訴訟)は別であり、仮処分と本案の判断が必ずしも一緒になるとは限らないことを説明し、安易な妥協をする必要はない旨を伝えました。
裁判では相手方の主張に対し、遺言作成前後のカルテ及び遺言作成時の状況を調べる等して、遺言作成当時被相続人の意思能力に問題がなかったことを1つ1つ反論していきました。
証人尋問を経て判決、控訴と続きましたが、いずれも当方の主張が認められ、遺言は有効と判断されました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

訴訟が提起された直後に依頼を受けたため、仮処分と本案の違いや相続全般についての説明ができ、安易に妥協することなく権利を主張することができました。
相続関係はその手続きを調停で行うものと訴訟で行うものとが存在し、手続きを間違えてしまうと取り扱ってもらえません。専門性が要求される分野といえますので、相続発生時にはできる限り早い段階で弁護士に相談されることをお勧めします。

遺産相続の解決事例 3

【遺産分割協議】遺産分割協議に応じてくれない相続人がいた事案

  • 遺産分割
依頼主 男性

相談前

相続人のうちの1人が、依頼者からの遺産分割協議の申出に応じず、そのうち連絡にも応じなくなってしまいました。
遺産分割協議をすることができず、どうしたらよいかと相談に来られました。

相談後

遺産分割調停を申し立て、裁判所を通じて相手方を調停に呼び出しました。
遺言書がなかったため、法定相続分による分割で協議が進み、問題なく調停が成立しました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

当事者同士では話し合いに応じてくれない場合でも、弁護士などの専門家が関与することで態度を軟化させることがあります。
その他にも、手続き等に関するアドバイスもできるので、お早めに弁護士にご相談ください。

遺産相続の解決事例 4

【遺産分割協議】【先妻の子と後妻】父の気持ちを酌まない後妻との遺産分割協議

  • 遺産分割
依頼主 女性

相談前

相続人は、現在の妻(後妻)と子供3名でした。
3名の子らと後妻とは弁護士介入前に何度か遺産分割協議を重ねていたとのことでしたが、突如後妻が話し合いに応じなくなり、弁護士を立てて遺産分割調停を申し立ててきたため、子らも弁護士に相談、受任となりました。

相談後

遺言書はなく法定相続分での分割に争いはなかったのですが、双方感情的になり不動産の帰属・評価、特別受益の有無について、なかなかまとまりませんでした。
法的な主張だけでなく遺品から父(相続人)の生前の思いを推認して主張し、調停委員を通じて相手方にも伝えてもらいました。
結果として、最終的に依頼者の要望に近い分割方法にすることができました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

相続などの親族間の問題は、感情的になりやすく、そのことが解決を難しくしているともいえます。
とはいえ、言わなければならないことは言っておきたい、といった気持ちも理解いたします。言い方やタイミング一つで相手の感情を逆撫でし話し合いにならなくなることもあるため注意が必要です。
弁護士を間に入れることで、依頼者の想いもタイミングを見計らって調停委員や相手方代理人を通じて伝えることができます。また、直接相手方との交渉をしなくてもよくなり、相手方からの理不尽な要求に悩まされることもなくなるため、トラブルになりそうだと感じたらお早めに相談してください。

遺産相続の解決事例 5

【遺留分】遺言書があり、他の兄弟が依頼者の遺留分を侵害していた事案

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 女性

相談前

父(被相続人)が遺言書を残して他界、遺言書の内容は依頼者の遺留分を侵害するような内容でした。
遺留分侵害の他に遺言作成経緯についても不明な点がありましたが、遺言無効の訴えは相談に来られる前に退けられてしまっていました。
相談に来られた時には、遺言無効確認訴訟が提起され敗訴が確定していましたので、遺留分減殺請求について受任しました。
内容証明郵便を送り話し合いでの解決を試みましたが、相手が応じなかったため遺留分減殺請求訴訟を提起することになりました。

相談後

葬儀費用の他、有価証券の評価時期など、遺留分額が争点となりましたが、おおむね依頼者側の主張が認められる形で和解にて終了しました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

遺留分減殺請求は、原則として、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年で時効により消滅してしまいます。そのため、直ちに内容証明郵便にて遺留分減殺請求の通知を出す必要があります。
通常は調停を経てから訴訟提起の流れとなりますが、相手方が任意での協議に応じる姿勢がなかったため最初から訴訟を提起しました。
依頼者の方から、弁護士が間に入ったことで適性な金額の遺留分を算定でき、また、煩わしい遺留分減殺請求の手続きに追われる必要がなくなったと言っていただけました。

遺留分の計算方法は複雑であるため適性な金額を算定できない可能性があります。
また、遺留分の請求をする期間も決まっているため、ご自身の遺留分が侵害されていると思ったら直ちに弁護士に相談してください。

遺産相続の解決事例 6

【遺言作成】公正証書遺言の作成手続き

  • 遺言
依頼主 男性

相談前

先妻との間に子供が2人おり、後妻との間にも子供が2人いるが、後妻との間の子供により多くの財産を残したい。

相談後

先妻との間の子の遺留分(一定範囲の相続人に対して認められている最低限の財産)を侵害する内容の遺言書を作成した場合、後妻とその子供が遺留分減殺請求を求められる可能性があることを説明。本人の判断で遺留分を侵害しない程度の内容にして遺言書を作成。
その他にも会社を有していたため、相続によって会社が混乱しないような内容となるようアドバイスしました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

依頼者から、相続させたい分割内容を聞き取り、骨子を作成、その後公証役場とのやり取りや日程調整などすべて弁護士が窓口となって手続きを進めました。
依頼者から、当日公証役場で手続きをするだけでよく、トラブルを未然に防ぐためのアドバイスももらえたことに感謝の言葉をいただきました。
相続トラブルを多く扱っているからこそ、どのような遺言があればトラブルを未然に防ぐことができるかわかっており、様々なアドバイスができます。

遺産相続の解決事例 7

【遺産分割協議】【先妻の子と後妻】先妻の子供との遺産分割協議

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相続人は、現在の配偶者とその子供1名、及び先妻の子供2名の計4名であった。
依頼者は現在の配偶者とその子供で、先妻の子供とは特に揉めているわけではなかったが揉める前に弁護士を介入させて遺産分割協議を行いたいとのことでした。
遺言書はないものの後妻の子供は現在も大学生であったため、卒業するまでの養育費分の上乗せを希望していました。
相手方にも代理人が付いたので主張を伝え、調停をせずに遺産分割協議を行いました。

相談後

最終的には、子供の大学卒業までの養育費分を多く受領し、現在住んでいる土地建物も代償することで相続することができました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

当事者同士では感情的になってしまい、ちょっとしたことで争いになりかねません。
特に血の繋がっていない相続人同士(配偶者と兄弟姉妹)若しくは血の繋がりが希薄な相続人同士(先妻の子と後妻の子)の場合には揉めやすく、なかなか遺産分割協議が進まずかえって相続人全員に不利益となってしまうことがあります。
今回は、早い段階(揉める前)から双方が弁護士に依頼したため、合理的に話を進めることができ、結果として素早く納得のいく形で解決することができました。
相続人との遺産分割協議を行うことにストレスを感じたら要注意ですので、早めに弁護士に相談し対処法を検討してください。

遺産相続の解決事例 8

【遺産分割協議】【配偶者の兄弟】【相続人多数】夫の兄弟姉妹との遺産分割協議

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 女性

相談前

夫との間に子供がおらず、相続人は妻である依頼者と夫の兄弟姉妹ら(多数)でした。
夫の兄弟姉妹の中には既に他界している方もおり代襲者を含めると10人を超える数になっていました。
全ての相続人が一堂に会するのは現実的でなく、また夫が実家の会社の株式を保有しており分割方法や評価額について争いとなることが予想できました。
そのため、任意の話し合いではまとまらないと判断し、調停を申立てることになりました。

相談後

案の定、調停では会社の株式の評価や取得者について争いとなりました。
株については、夫の実家の会社の株であるため取得を希望しませんでしたが、評価を依頼者に有利となるよう計算して主張し、認められることができました。
相続人が多かったため連絡等の手続きには手間がかかりましたが、裁判所を通じての連絡でしたのでスムーズにいくことができ、結果として早くまとめることができました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

相続人の数が多いと、それぞれがそれぞれの思惑で行動するため、協議がまとまりにくくなります。
特に配偶者の兄弟姉妹との話し合いは、生活の拠点を守りたい配偶者と実家を守りたい兄弟姉妹とで争いになることが多く、本人が対応したのではストレスになります。
また、主張すべきことは主張しなければならない一方で、主張すべきでないことまで感情に任せて主張してしまうと話をこじらせ、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。
弊所では、依頼者の権利・利益を第一に考え、譲れないことと交渉材料とすることを使い分けて主張しますので、ストレスもなく納得する形で遺産分割協議を終わらせることができたとの声を多数頂戴しております。

遺産相続の解決事例 9

【遺言作成】公正証書遺言の作成手続き

  • 遺言
依頼主 女性

相談前

夫婦間に子供がいないため遺言を残しておきたい、とのご相談を受けました。
せっかく作成した遺言が無効とならないよう、公正証書遺言として作成することをお勧めし、作成の手伝いをいたしました。

相談後

「自筆証書遺言にするか公正証書遺言にするか迷いましたが、双方のメリット・デメリットを丁寧にわかるまで説明してくれたので助かりました。」、「遺言についての説明やトラブルを未然に防ぐためのアドバイスももらえて、安心してお任せすることができました。」と言っていただけました。

加藤 寛久弁護士からのコメント

加藤 寛久弁護士

「遺言を作成した方がよいと思っている。」「いずれ遺言を作成したい。」と思っていても自分で書くにはどうしたらいいかわからない、遺産の分け方について希望はあるけどどのように書いていいかわからない、といった方が多くいらっしゃると思います。
また、公正証書遺言の作成となると、「手続きが難しそう。」「公証人と上手く話せない。」、といった不安もあるかと思います。
しかし、弁護士等の専門家が介入することで、遺言の作成が思った以上にスムーズに行うことができるようになります。

本年(2019年)より、自筆証書遺言の方式が緩和されました。
とはいえ、個人だけで作成するのはまだまだ困難と言わざるを得ず、せっかく作成した遺言が無効になってしまう危険性もあります。

相談だけでも可能ですので、遺言の作成をお考えであれば早めにご相談にいらしてください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ハイペリオン法律事務所
所在地
〒162-0822
東京都 新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン919号室
最寄り駅
飯田橋駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 20:00
  • 土日祝10:00 - 20:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間、平日10時から20時まで、事前予約で営業時間外の対応も可能です。担当者不在の場合には連絡先をお伝えください。
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5346-1093

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 20:00

加藤 寛久弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-1093
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 20:00
  • 土日祝10:00 - 20:00
定休日
なし
備考
事務所営業時間、平日10時から20時まで、事前予約で営業時間外の対応も可能です。担当者不在の場合には連絡先をお伝えください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談