現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
浦本 与史学弁護士

( うらもと よしのり ) 浦本 与史学

離婚・男女問題

分野を変更する
【感謝の声あり】【初回相談無料】あなたの人生がより良いものとなるよう、ご支援します(慰謝料・財産分与 ほか)

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 完全成功報酬あり

あなたの最大の味方となり、次へ進むお手伝いをします


離婚を考える時、ご本人の気持ちは大変傷つき、またそれはお金で解決できるような問題ではないものです。これまで築いてきた結婚生活が崩れる時、まるで自分の人生を否定されたような、そんな思いをされる方もおられるでしょう。

しかし、人生は一度きりです。もし「やり直した方がいい」「リセットして、次に進みたい」と思うなら、耐え続ける必要はありません。法律も、やり直す自由を認めています。

あなたのこれまでをきちんと整理し、不安なく未来へ進むため、ご支援します。

慰謝料請求のご相談例

  • 相手側の浮気・不貞が発覚したが、慰謝料請求をしたらどの程度になりますか
  • 夫婦関係は継続したい場合も、夫や不貞相手への慰謝料請求はできますか
  • 慰謝料請求する際のデメリットは何かありますか
  • DV・言葉の暴力・ハラスメントなどを理由に、慰謝料請求はできますか


財産分与のご相談例

  • 相手の不貞が原因で離婚するが、財産分与の比率を調整できませんか
  • 結婚前の預貯金は、どうなるでしょうか
  • ローンや借金がある場合、離婚後も支払う必要があるでしょうか
  • 離婚すれば生活に困ることは明らかで、どうしたらいいでしょうか



ほかにも、離婚・男女問題にまつわる多くのご相談をお受けしてきました。
ぜひ、ご遠慮なく一度ご相談ください。

あなたの人生を、最良のものに

「相談に来てもらったからには、何か1つでも得るものがあってほしい」と思っています。
ですので、相談を受けたからといって、必ずしも弁護士へ依頼する必要は全くありません。

相談の時間だけで、目の前が拓け、心の整理をつけてお帰りになる方もおられます。

あなたの人生がかかっています。
たくさん悩んでください。
たくさん悩んだ上で、今後のことを考えていってください。

大事にしていること

相談者・依頼人のお話を丁寧にうかがっています。
その上で,可能な限り,一般的なメリット・デメリット,相談者・依頼人にとってのメリット・デメリットをお伝えするように努めています。

分かりやすい料金体系

料金表に記載されている「着手金」には、例えば以下のような、離婚に関連して諸問題が発生している際の料金も含まれています。別料金で着手金を請求する、ということはしておりません。

また、弁護士費用はご不安材料の一つと思います。法テラスのご利用、分割支払い等も、取り入れています。


例:離婚にまつわる諸問題

  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 面会交流
  • 慰謝料
  • 年金分割などの問題


アクセス

飯田橋駅徒歩4分

(地下鉄の場合)
地下鉄B1出口を出て,左側に進み横断歩道を渡る
目白通りを北に180m程直進
ファミリーマートの隣りのビルです

(JRの場合)
JR東口より、歩道橋を北に進んで突き当りで降りる
目白通りを北に、180m程直進
ファミリーマートの隣りのビルです

HP

http://uramoto-law.jp/

離婚・男女問題

解決事例をみる

浦本弁護士への感謝の声

1

20代 女性

依頼 離婚・男女問題 2012年4月に解決 投稿者イメージ画像

離婚調停の際、浦本先生に間に入ってもらい納得できる形で離婚することができました。

何度も家裁調停を行い、裁判に持ち込むことも考えましたが、冷静的確な判断でご教示くださり、最善の結果へと導いていただいたと思っております。

当初の担当弁護士の先生の都合で、急遽浦本先生と交代になりましたが、引きつぎなど行われていないとのことで、お詫びとして費用の面でご考慮いただきました。

ありがとうございました。

相談した出来事
父の不倫問題により、約2年間の調停期間を経て、
示談決着となった。
解決方法
調停・裁判外紛争解決手続(ADR)

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 ・初回30分までは相談無料
※超過することもありますが、最大2時間まで5,000円(税別)でご相談承ります

※丁寧にお話を伺い最善の解決策を一緒に考えます

着手金 ・交渉・調停:20万円

・訴訟   :30万円
(「交渉・調停」に引き続きご依頼を受ける場合は,10万円」)
成功報酬金 経済的利益の10%~16%

※上記は目安ですので,具体的には,相談時にお尋ね下さい。


実費・日当 実費負担が発生する場合は, 別途頂きます。
※遠方への出張が必要となる場合は,交通費,日当を頂くことがあります。

備考 上記金額は税別の金額です。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

慰謝料の支払いを拒否されたが、納得できる慰謝料を獲得できた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

夫が不倫したため離婚したという依頼者様。夫から慰謝料の支払いを拒否されてしまい、不倫相手に請求しようとしたが、不倫相手とは連絡がつかなくなってしまい、途方にくれていらっしゃいました。

相談後

弁護士会照会を行い、不倫相手を特定することができました。
その後、夫と不倫相手を相手に訴訟を提起することに。
最終的には、夫及び不倫相手から合計数百万円を支払ってもらう内容で和解し、依頼者さまも納得することができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

昨今の男女のトラブルにおいては、メールやSNSが不倫の重要な証拠となることがあります。まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

交際相手と暮らすために夫と別居・離婚したが親権や養育費を獲得できた事例

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者の女性は、以前から,夫に対して離婚したいと常々仰られていたとのこと。受け入れて貰うことができず長い期間が経っていましたが、夫以外の男性と交際することになり、別居を開始することになりました。
その後、夫に離婚したい旨伝えたところ、親権を放棄することと、慰謝料を支払うことを条件に離婚に応じると言われ、困っていらっしゃるご状況でした。

相談後

交際相手の存在、別居期間数か月という事情はありましたが、依頼者の女性が夫と離婚したいと考えるようになった事情を丁寧にお伺いしたところ、婚姻関係の破綻の原因は主に夫側にあるように思われたため、依頼者さまと相談し、調停申し立てを行うことになりました。

結果として、親権を獲得し、養育費の支払いも獲得できただけでなく、本人の慰謝料の支払いも無しで離婚を成立させることができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

一見すると明確な離婚原因もないようなケースであっても、丁寧にご相談者さまのお話をお聞きすることで、解決への糸口が見えるケースは多くございます。
悩まずまずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

モラハラを受けていたが、離婚を成立させることできた事例

  • 別居
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者は夫からモラハラを受けている離婚したい、という奥様。
モラハラに耐えかねて別居した後、何件も法律事務所に相談に行ったが、全ての弁護士から断られ、困っていらっしゃる状況でした。

相談後

今回の相談者の場合、別居期間がほとんどなく、一見すると明確な離婚原因もないように思えました。
しかし、依頼者の話を丁寧に聞いていくと、離婚原因となる部分が存在することを見出しました。依頼者さまのご状況を確認した後、離婚調停を申し立てましたが、成立させることができませんでした。

そこで離婚訴訟を提起することになり、訴訟の中では、その部分を中心に主張立証を行ったところ、離婚認容判決を得ることができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

一見すると明確な離婚原因もないようなケースであっても、丁寧にご相談者さまのお話をお聞きすることで、解決への糸口が見えるケースは多くございます。
悩まずまずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 4

性格の不一致での離婚を短期間で成立できた事例

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 50代 男性

相談前

長年連れ添った妻と離婚することを考えているご相談者。
しかし、性格の不一致のみで離婚できるかわからない、どうしたらいいとお困りでした。

相談後

ご状況をお伺いしたところ、代理人となってもすぐに解決できる案件ではないと判断したため、顧問契約を締結することになりました。
その後、継続的に相談を受けていたところ、比較的短期間で協議離婚を成立させることができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

全てのケースで上手く話が進むわけではありませんが、継続的に相談を受けることで、少なくとも間違った対応は回避できることが多いです。まずはご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 5

離婚調停で多額の財産分与を要求されたが、その財産を確保できた事例

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は離婚調停を申し立てられた男性。別居開始時の預貯金残高をもとに財産分与を求められていましたが、多額の財産分与を要求されてしまい、困ってしまったとのこと。
もともとは別の弁護士が依頼者の男性の代理人となっていたが、交代で代理人になることになりました。

相談後

当初、別居開始時の預貯金残高をもとに財産分与を行おうとしていましたが、よくよく確認してみると、そのまま財産分与を行うことは、依頼者の男性の利益を害することが判明した。
そこで、依頼者の男性の特有財産を財産分与の対象から除外し、相手方が管理していた依頼者の男性名義の通帳からの支出の一部も財産分与の対象から除外し、財産分与を行うことで、依頼者の男性の財産を確保することができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

どれだけ不利な状況だと思われていても、状況を丁寧に確認してみると、依頼者にとってプラスとなる事情が発覚するケースはございます。
現在のご状況にお困りの場合には、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 6

離婚時の財産分与で、納得できる財産分与を獲得できた事例

  • 財産分与
依頼主 50代 女性

相談前

依頼者さまは離婚を決めた女性。離婚自体に大きな争いはなかったものの、財産分与について、夫側はから「年金形式で支払われる退職金は財産分与の対象に含まれない」と主張され、トラブルになってしまっておりました。

相談後

依頼者さまと相談のうえ、まずは調停を行いましたが不成立となったため、離婚訴訟を提起することになりました。
最終的には要望通り、年金形式で支払われる退職金を財産分与の対象に含んだ上で、財産分与を行う内容で和解することができました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

離婚がスムーズに成立しても、財産分与でトラブルになるケース、は少くありません。財産分与は、その後の人生にも大きな影響を与えますので、妥協せずに必ず弁護士までご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 7

妊娠した後連絡が取れなくなった男性から慰謝料を獲得した事例

  • 慰謝料
依頼主 10代 女性

相談前

10代の女性からのご相談でした。相談者は、相手の男性の子を妊娠しましたが、相手の男性に妊娠したことを伝えると連絡が取れなくなってしまい、妊娠中絶をすることになってしまいました。
相手の男性の本名等がわからないため、相手の男性への慰謝料請求もできず、どうしたらよいか分からないとご相談に来られました。

相談後

弁護士会照会で相手の男性を特定することができたため、本人と接触することになりました。本人と話し合いをした結果、訴訟などは行わず、慰謝料等を支払ってもらう内容で和解することになりました。

浦本 与史学弁護士からのコメント

浦本 与史学弁護士

今回のケースは、相手方の男性のメールアドレスが分かっていたため、そこから相手の男性を特定することができました。
些細な情報であっても、本人を特定することができるケースがございますので、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
浦本法律事務所
所在地
〒162-0814
東京都 新宿区新小川町1-17 三輪田ビル4階
最寄り駅
地下鉄飯田橋駅,
JR飯田橋駅
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5453-5539

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
浦本法律事務所
所在地
東京都 新宿区新小川町1-17 三輪田ビル4階
最寄駅
地下鉄飯田橋駅,
JR飯田橋駅

浦本法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5453-5539

※浦本法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝

対応地域