現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
持田 秀樹弁護士

( もちだ ひでき ) 持田 秀樹

持田法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
【弁護士歴20年以上】高い交渉力と、不動産に関する知見を持ち、売買・賃貸・仲介等に関するご相談等に幅広く対応します。(立ち退き・賃料増減額)
持田法律事務所
持田法律事務所
持田法律事務所

弁護士歴20年の経験を持ち、数多くの企業様・個人の方をご支援してきました。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

不動産/建設会社・地主/オーナー様からご相談をお受けしています。

不動産は、資産として、また、事業や生活の基盤として重要な財産です。

当事務所では不動産に関する多数の法律問題を解決してきました。相談者の方に、最大の効果と結果をもたらすべく、迅速な対応をいたします。

迅速な解決を目指し、かかるコストを最小限に抑えるよう工夫します。

多くの方が、「大きな紛争に発展させることなく問題を早期に解決し経営に集中したい」とお考えです。裁判等に発展すれば、どうしても時間・コストがかかります。また、ご本人にかかる心理的負担も相当なものです。

加えて、その不動産が収益物件である場合は、大きな痛手でもあります。

不動産に関しては、解決までのスピードがどの程度によって、機械損失の幅が変わります。極力、納得できる最善の結果に、「早期に」着地できることを目指し、ご支援します。

弁護士持田 秀樹の特徴

【1】高い交渉力。難しい相手も含め、対応実績多数
【2】弁護士20年以上の実績
【3】顧問先複数あり (不動産関連企業含)
【4】オンライン対応可(zoom相談・打合せ可能)
【5】スピード感のある対応
【6】必要に応じて不動産現地視察し、多角的に解決方針を判断

ご相談例

  • テナント・収益不動産の賃上げ交渉をしてほしい
  • 借地人・借家人の退去を希望している
  • 不動産関連会社の設立を支援してほしい
  • 事業用地の取得について相談したい

対応体制

お客様にあわせた、迅速で柔軟な対応を心がけています。

  • オンライン相談可能(ZOOM等)

HP

http://www.mochida-law-office.net/

アクセス

都営地下鉄三田線「御成門駅」A5出口から徒歩4分
東京地下鉄日比谷線「神谷町駅」3番出口から徒歩9分
JR山手線「新橋駅」烏森口から徒歩11分

不動産・建築

料金表をみる

この分野の法律相談

明け渡し強制執行 2019年06月25日

現在生活保護受給中の者です。 今住んでいる所の家賃を滞納していて明け渡しの強制執行が後日に控えている状況です。 自力で次の転居先を探し、次の週には引っ越しが確定しているのですが、市役所から支給されるのがその週になる為、どうしてもすぐには動けない状況です。 この場合、強制執行は転居までの少しの...

明渡しの強制執行の日取りは決まっているのでしょうか? 明渡しの強制執行をするためには、訴えを提起して、明け渡しを命ずる判決を得て、強制執行の申立をし、執行官が概ね1か月以内に明渡すように催促をし、期限内に明渡さない場合に、強制執行になります。 すでに明渡しの強制執行の日取りが決まっている場合は、「待ってください」と伝えても待ってもらえないと思いま...

持田 秀樹弁護士

私の父は現在、賃貸の一戸建てに住んでおります。 半年前に建物の老朽化のため取り壊したいとのことで半年後の7月末までに退去してほしいと大家から管理会社を通じて通達がきました。その時、父は立ち退き料の請求が出来ると知らず、最近になって請求できることを知ったため、管理会社に立ち退き料の請求を求めま...

> 1.立ち退き料の請求にいつまで請求しないといけないなどの期限はあるのでしょうか       請求はいつでもできますが、立退料支払いの約束がない限りは、大家側が支払いに応ずることはないでしょうから、事実上は、明渡しをするかどうかの約束が成立するまでということになるでしょう。 > 2.立ち退き料の請求をしたから必ず7月下旬までに退去しなければいけな...

持田 秀樹弁護士

事業用の賃貸借契約をしているテナントの借主が退去する為 室内の確認をしましたが、あきらかに経年劣化ではない傷やクロスの破れがある為 原状回復費用の請求をしましたが一切連絡が無く 何度も電話をしやっとお話しが出来たのですが 自己破産の準備をしている為、弁護士の先生から何も言わないように言われて...

> ①借主が自己破産をした場合、原状回復費用の請求は出来なくなるのでしょうか?   借主が自己破産をした場合、破産手続きの中で債権届出をし、配当を受けることになります。しかし、配当するだけの財産がない場合は配当を受けられないこともありますし、配当があっても債権額の数パーセント程度ということも多くあります。 > ②仮に借主が自己破産し請求が出来ない...

持田 秀樹弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談:1時間5,500円(税込)

2回目~:30分5,500円(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【感謝の声あり/弁護士キャリア20年以上】複雑・難解なご相談も、積極的にお受けしています。経験と知見を活かし、可能性を見出します。(セカンドオピニオンも歓迎)
持田法律事務所
持田法律事務所
持田法律事務所

弁護士歴20年の経験を持ち、数多くの企業様・個人の方をご支援してきました。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

高い交渉力と経験からくるノウハウを活かし、あなたに代わり対応します。

相続問題は、家族だからこそ、話し合いに決着がつかず、長期化してしまうことも少なくありません。そのため、精神的に疲れ果ててしまうこともあるでしょう。



そうなる前に、弁護士に相談することで精神的に楽になり、紛争解決が実現できます。早期解決のためにも、まずはご相談ください。



相続に限らず他分野でも数多くの交渉実績がありますが、時に、暴力団員など非常に難しいタイプを相手とするケースも多々ありました。高い交渉力と戦略をもってご支援します。ご安心ください。




弁護士持田 秀樹の特徴

【1】高い交渉力。難しい相手も含め、対応実績多数
【2】弁護士20年以上の実績
【3】オンライン対応可(zoom相談・打合せ可能)
【4】スピード感のある対応
【5】不動産等は必要に応じて視察し、多角的に解決方針を判断

遺言・相続ホームページ

http://www.mochida-law-office.net/accession/

重点取扱案件

  • 成年後見
  • 遺言書作成
  • 相続放棄
  • 遺留分減殺請求
  • 遺産分割(交渉、調停)

ご相談例

  • 遺産相続でもめている。
  • 親が亡くなったがどうしたらいいかわからない。
  • 争いにならないよう事前に準備をしたい。
  • 両親が高齢で心配なため、財産の管理をして欲しい。
  • 自分の意思を遺言書にしておきたい。
  • 1年の時効期間が過ぎて、遺留分減殺の主張ができなくなってしまった。
  • 自分が他界したあと、家族が遺産を巡って争うのではないかと心配だ。
  • せっかく遺言書を作成したのに、法定の形式が整っていなかったために、無効となった。

遺言書作成について

遺言書作成の際は、弁護士などの専門家に相談し、公正証書遺言にするなどしてできるだけ紛争の種を取り除いておくとよいでしょう。

公正証書遺言の作成には、2人の証人が必要ですが、適切な証人が見つからない場合は、当事務所が証人をご紹介いたします。

出張相談にも対応しています

ご高齢の方、ご来所が難しい方などを対象に、出張相談にも応じております
(遠方の場合、旅費、日当をいただくことがあります。まずはご相談ください。)。

アクセス

都営地下鉄三田線「御成門駅」A5出口から徒歩4分
東京地下鉄日比谷線「神谷町駅」3番出口から徒歩9分
JR山手線「新橋駅」烏森口から徒歩11分

この分野の法律相談

相続について教えて下さい。 夫とは再婚なのですが、夫に子供(成人済み、私と歳が近い)がおり、夫婦の籍にはいっています。私自身には子供はおりません。 夫が亡くなり、その相続は終了しましたが、お聞きしたいのは、もし私が亡くなった時は、血の繋がりがない、同居経験もない、夫の連れ子が私の財産を全...

ご相談者が亡くなった場合、亡夫の連れ子さんは、養子縁組をしていないのであれば、相続人ではありません。 従って、ご相談者の遺産を相続することはありません。

持田 秀樹弁護士

今年初めに主人が亡くなってしまい、主人名義の銀行のローンの額が大きく支払いが困難だったので相続放棄をしました。いま主人の両親の相続放棄の手続き中であります。 先日銀行のローンの代位弁済をした金融会社(CMでもよく見る有名な会社)から「保証実行通知書」というのが届きました。返済方法や振り込み先等記...

相続放棄の手続きが完了したのであれば、その旨、連絡をしてください。 相続放棄申述受理証明書(又はその写し)の提出を求められると思いますので、ご準備の上、連絡するとよいでしょう。 連絡しなければ、代位弁済した保証会社では、相続放棄の事実が分かりませんから、今後も連絡が来ると予想されます。

持田 秀樹弁護士

夫も私(妻)も再婚で、私の連れ子が1人と夫との子が1人います。 夫には前妻の子が2人います。 夫が死後の遺産相続について質問です。 現在私の年収は夫の2倍以上あり、普通車3台の名義、家、大きな預貯金や投資物の名義は全て私か私の子供達です。(ほとんどがシングルマザーの頃に築いたもの) 夫名義な...

ご相談者が夫よりも先に亡くなった場合、相続人は夫と2人のお子さんです。 ご相談者の遺産のうちできるだけ多くを子供さん名義にするためには、まず、子供さんが遺産を取得する旨の遺言をしておく必要があります。 しかし、遺言をしても夫には遺留分がありますので、夫が遺留分の権利を行使すれば、遺産の一部(ご相談のケースでは4分の1)は夫のものになります。 ...

持田 秀樹弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談:1時間5,500円(税込)
2回目~:30分5,500円(税込)
遺言書作成 ■定型
11万円以上22万円以下(税込)

■非定型
(基本)
300万円以下の部分:22万円(税込)
300万円を超え3000万円以下の部分:1%
3000万円を超え3億円以下の部分:0.3%
3億円を超える部分:0.1%

(特に複雑または特殊な事情がある場合)
弁護士とご依頼者様との協議により定める額

(公正証書にする場合)
上記手数料に3万円を加算する。
財産管理契約・任意後見契約 ■契約書作成
11万円〜22万円(税込)
遺産分割調停 ■着手金
33万~55万円(税込)
■報酬金
 ご依頼者が得られた経済的利益に対し次の割合を乗じた額
300万円以下の部分  16%
300万円を超え3000万円以下の部分  10%
3000万円を超え3億円以下の部分  6%
3億円を超える部分  4%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【弁護士歴20年】高い交渉力と法的知見を持ち、トラブルの早期解決に努めます。セカンドオピニオンも歓迎します。
持田法律事務所
持田法律事務所
持田法律事務所

弁護士歴20年の経験を持ち、数多くの企業様・個人の方をご支援してきました。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

特に、中小企業様の経営のサポートに力を入れて取り組んでおります

対応・交渉の難しい相手含め、お任せください。

企業様のトラブル解決・予防策についてご支援を行なっています。20年の弁護士キャリアから、豊富な法的知見を有しているのはもちろんですが、当事務所は、反社会的勢力対策の分野に強みをもっているという特徴がございます。

このため、非常に高い交渉力・戦術を必要とするシーンを多々経験しており、この経験からくる交渉力と先を見通したご支援は、通常の企業様にも、定評をいただいております。

難しい相手との交渉も、貴社に代わり対応します。ご安心ください。

ご相談例

(トラブル解決)

  • 他社との間でトラブルが発生した。
  • 取引先が売掛金を支払ってくれない。
  • 従業員から、ハラスメント・残業代について請求を受けている。
  • 解雇したい社員がいる。
  • 取引先からの、不当要求に悩まされている。
  • クレーマーへの対応について相談したい。
  • 反社会的勢力へ、何かしらの対応を迫られている。

(予防)

  • 社内のコンプライアンス体制の構築を相談したい。
  • 社内規定を見直すとともに、企業体質を強化したい。
  • 就業規則その他の社内規程を改定したい。
  • 契約書の内容に問題がないかチェックしてほしい。

出張相談にも対応しています

社内複数名の方との面談希望をいただくケースもございます。場合によっては、事務所にお越しいただくより、こちらからお伺いしたほうが適切なケースもございます。

お気軽に、ご要望ください。

弁護士持田 秀樹の特徴

【1】高い交渉力。難しい相手も含め、対応実績多数
【2】弁護士20年以上の実績
【3】企業のビジョン・環境を理解し、オーダーメイドサービスをご提供
【4】オンライン対応可(zoom相談・打合せ可能)
【5】スピード感のある対応
【6】セカンドオピニオンも歓迎

企業法務ホームページ

http://www.mochida-law-office.net/minorbusiness/

反社会的勢力(暴力団)問題にお悩みの企業様へ

当事務所は、反社会的勢力対策の分野にも強みを持ち、対応実績豊富です。

暴力団、えせ同和、えせ右翼などの不当要求にお困りの企業、暴力団関連企業との関係を断絶できずにお困りの企業、社内の体制整備をお考えの企業の方は、是非、ご相談ください。

経営者様のリーガルパートナーとして、リスクに強い会社づくりのお手伝いをいたします。

アクセス

都営地下鉄三田線「御成門駅」A5出口から徒歩4分
東京地下鉄日比谷線「神谷町駅」3番出口から徒歩9分
JR山手線「新橋駅」烏森口から徒歩11分

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

今の会社は父親が創業であり、自分は2代目になります。父親はすでに亡くなっており、母親も代表取締役となっていますが、経営にはタッチしていません。会社の株式は父親が100%保有していましたが、母親および兄弟間で相続で揉めており、まだ父親の遺産分割が成立していない状態なので、当社の株主も確定していませ...

 これは悩ましい問題です。  前のご質問をみると、取締役はご相談者とお母様のお二人とのことですから、取締役会を開催できない、従って、株主総会を招集できない、又株式の遺産分割がされておらず相続人間で議決権を行使するものを指定することもできないという状況で、身動きが取れません。  ご要望に沿う回答ではないと思いますが、お母様の取締役解任などの手続を瑕疵な...

持田 秀樹弁護士

中小企業に転職しました。 所謂、オーナー企業で、社長のワンマン経営です。 同期入社で社長と長い付き合いで、縁故採用された方がいます。 因みに、私は正規ルート採用でオファーをいただき採用されました。ミッションとして、組織変革を担うCOOとしての立場です。 社員の中では一番の給与水準です。 ...

当該縁故採用者がその自動車をどの範囲で使用できるかは、結局、社長と当該縁故者との間でどのような約束があったかによります。 会社がリース契約をし、縁故者がリース料を支払っているということからすると、法的には、社長は縁故者に名義貸しをしてリース契約をしたか、リース物件を転貸したかのいずれかであろうと考えられます。 そうだとすれば、リース料の全額を支払って...

持田 秀樹弁護士

■ ご相談の背景 私の勤務する会社主催で、参加者の年齢を問わないMeetUpイベント開催を予定しており、 イベント運営サイトでこれから告知を行います。 イベントの最後にアルコールを提供する懇親会を予定しているのですが、未成年の方の来場も想定されるため、その際に未成年者がアルコールを飲まないよう、何ら...

例えば、成人の方には、成人であることを示すバッジなどをつけてもらい、酒類を提供する際には、そのバッジを提示しなければ提供しないことにして、未成年者に酒類を提供しない仕組みを作りましょう。 また、そのバッジを他人に貸さないことや未成年者に飲酒を勧めないことを、イベントへの参加申込みの際に約束してもらいましょう。さらに、会場内を巡回し未成年者の飲酒があれば制止...

持田 秀樹弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談:1時間5,500円(税込)
2回目~:30分5,500円(税込)
顧問料 ■法人・事業者
月額55,000円(税込)以上で協議により定める額
※顧問契約に基づく弁護士業務の内容は、ご依頼者様との契約に特に定めのある場合を除き、一般的な法律相談です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
持田法律事務所
所在地
〒105-0003
東京都 港区西新橋3-19-12 メディコ西新橋ビル5階
最寄り駅
都営三田線御成門駅
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールでお問合せの場合は2営業日までにご返信をいたします。
対応地域

全国

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築

電話で問い合わせ
050-5815-0928

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

持田 秀樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5815-0928
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールでお問合せの場合は2営業日までにご返信をいたします。