現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
渡邊 寛弁護士

( わたなべ かん ) 渡邊 寛

和田金法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

交通事故

分野を変更する
明朗な料金体系で確実・スピーディに対応!まずは、あなたの賠償額が適切かどうかを診断致します。
和田金法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

≪まずは相談・診断≫
交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に増額するケースが多くあります。
まずは、あなたの賠償額が適切かどうかを診断致します。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
交通事故問題はできる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでご相談に応じます。

≪面倒な保険会社対応を引き受けます≫
保険会社との賠償金を巡る示談交渉や、後遺症認定等に対する不満、悩みの解決のための支援をいたします。

≪弁護士費用特約について≫
最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約を利用することで、弁護士費用をの負担は大幅に減らすことが可能です。
※費用がかからないケースもあります。

-----------------
≪アクセス≫
・築地駅から徒歩2分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
着手金 無料
報酬金 受領額の11%(税込)
備考欄 訴訟の場合は事案により着手金が必要になります。また、上記の報酬設定は弁護士費用特約が利用できない、人身事故の被害者の方に限ります。
詳細は弊事務所ホームページもご参照下さい。
http://www.kohtsu-jiko.com
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(7件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

70%⇒35%、1100万円:過失割合が70%から35%となり解決金1100万円を得た事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、バイクに乗車中に急な進路変更をしてきた車にぶつけられて転倒、お怪我をされました。相手方保険会社は、追越禁止場所である交差点近くでバイクの追越しがあったとして、ご相談者の過失割合を70%と主張していました(金額の提示はなし)。

相談後

受任後、裁判で争った結果、ご依頼者の過失割合を35%と評価した和解により、(自賠責保険金を除いて)解決金1100万円を得ることができました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

過失割合のほかに、後遺障害の評価やバイクの物損評価額なども争われた裁判でした。争点が多いと、判決の見通しも難しくなりますが、粘り強く主張立証を重ねて総合的に有利な条件で和解をすることができました。

交通事故の解決事例 2

0円⇒300万円:解決金額を0円から300万円に増額した事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、深夜幹線道路の横断歩道を歩いているときにバイクにはねられてお怪我をし、14級の後遺障害が残ってしまいました。事故当時の信号の色に争いがあり、相手方保険会社からの示談提示額は、歩行者であるご相談者側が信号赤、過失割合70%を前提に、実質0円(自賠責保険金額のみ)でした。

相談後

受任後、裁判で争った結果、ご依頼者の過失割合を40%と評価した和解により、解決金300万円を得ることができました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

事故状況についての当事者の言い分が異なることは多いですが、過失割合に影響の大きい信号の色について双方が全く逆の主張をすることもままあります。そうした場合、裁判前の示談での解決は難しいことが多いです。本件では原告被告どちらも信号の色について決定的な証拠はありませんでしたが、裁判に移行して主張を尽くすことで、有利な過失割合で和解することができました。

交通事故の解決事例 3

1500万円⇒3000万円:解決金額を1500万円から3000万円に増額した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、同乗していた車の自損事故で大けがをされました。複数の後遺障害が残ってしまい、適切な補償を受けられるよう、治療終了直後の時期にご相談にいらっしゃいました。

相談後

治療終了直後の時期に受任できましたので、後遺障害等級認定申請の段階から関与し、高次脳機能障害等により後遺障害等級8級(併合)の認定を受けました。
その後の示談交渉において保険会社の提示額は、(治療費・自賠責保険金を除いて)約1500万円でしたが、相手方弁護士と粘り強く交渉し、後遺障害の逸失利益を大幅に増額させた結果、提示額の倍の約3000万円での示談となりました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

比較的早い症状固定の段階からご相談いただき申請手続きから弁護士が関与できたことが大きなポイントとなり、適正な後遺障害等級認定を得ることができました。ご依頼されるかどうかは相談結果を踏まえてご検討いただくことで構いませんので、ご不安があればお早めにご相談ください。

交通事故の解決事例 4

560万円⇒1300万円:解決金額を560万円から1300万円に増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、車を運転中、多重衝突事故に巻き込まれお怪我をされました。後遺障害等級11級の症状固定で治療を終了し、相手方保険会社から解決金530万円の支払による示談の提示を受けたところでご相談いただきました。

相談後

増額の見込みがあると判断し受任、後遺障害による損害(慰謝料、労働能力が低下したことによる逸失利益)の評価を中心に交渉し、当初提示の2.5倍弱となる1300万円の解決金額での示談となりました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

ご相談者お住まい、事故現場とも遠方でしたが、ご相談・受任時に出張で対応いたしました。遠方でも出張等により対応できることも多いですから、お気軽にお問い合わせください。

交通事故の解決事例 5

210万円⇒750万円:解決金額を210万円から750万円に増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、バイクで走行中、信号のない交差点で他の車と出合い頭に衝突しお怪我をされました。後遺障害等級12級の症状固定で治療を終了し、相手方保険会社から解決金210万円の支払による示談の提示を受けたところでご相談いただきました。

相談後

受任後、過失割合(被害者40%)については相手方保険会社と見解が一致しましたが、通院慰謝料や後遺障害による損害(慰謝料、労働能力が低下したことによる逸失利益)の評価を中心に交渉を続け、当初提示の3倍の750万円の解決金額での示談となりました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

過失割合は過去の裁判例等を基に類型別に判断基準が整理されており、裁判においてもこの基準が重視されます。本件では、判断の基礎となる事故状況の認識は当事者で一致していましたので、過失割合は大きな争点になりませんでした。

交通事故の解決事例 6

210万円⇒1150万円:解決金額を210万円から1150万円に増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、信号機のない横断歩道を歩行横断中に車にはねられてしましお怪我をされました。後遺障害等級11級の症状固定で治療を終了し、相手方保険会社から解決金210万円の支払による示談の提示を受けたところでご相談いただきました。

相談後

受任後、交渉により金額の明らかな既払い治療費を除いた項目(休業損害、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益)で損害額の増額を得て、解決金1150万円での示談となりました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

絶対額も主張の差も大きい後遺障害逸失利益の評価が中心の交渉となりました。後遺障害によってお仕事や日常生活でご依頼者が負担されている苦痛・不利益・努力を丁寧に具体的に指摘して粘り強く交渉することで、相手方保険会社の理解と大幅な譲歩を得ることができました。

交通事故の解決事例 7

170万円⇒330万円:解決金額を170万円から330万円に増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご相談者は、バイクで走行中、停車中の車列の間を右折してきた対向車と衝突しお怪我をされました。後遺障害等級14級の症状固定で治療を終了し、相手方保険会社から解決金170万円の支払による示談の提示を受けたところでご相談にいらっしゃいました。

相談後

増額の見込みがあると判断し受任、交渉により当初提示の2倍弱となる330万円の解決金額での示談となりました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

相手方保険会社から示談金額の提示を受け、その金額が妥当なものかどうかの判断に迷われてのご相談でした。詳しいお話をお伺いし、分析・見通しをご説明した上で、ご依頼いただくかどうかお決めいただきますので、迷われたときはまずはご相談いただければと思います。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
痴漢/盗撮/事故(加害者)/薬物/傷害/暴行 お任せください!早期、最善の解決に自信があります。
和田金法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

≪強み≫
痴漢/盗撮/事故(加害者)/薬物/強姦/傷害/暴行 に関する実績、ノウハウが豊富です

≪対応の「迅速さ」が早期解決のカギです≫
事件を起こしてしまった際には、直ちに示談を検討しましょう。示談することで不起訴処分、早期の身柄解放を目指します。
※即駆けつけることも可能です。

≪まずは相談・診断≫
刑事弁護は『早期に』弁護士に仕事を依頼することで、見通しが明るくなるケースが多くあります。まずは、今の状況の診断から承ります。

「釈放・保釈してほしい」
「前科をつけたくない」
「執行猶予にしてほしい」
「示談にしたい」
「職場に知られたくない」
「無実を証明してほしい」
「逮捕されそうなので助けてほしい」
上記のようなお悩みをお持ちの、ご本人もしくは、そのご家族、会社の同僚の方など、是非お気軽にご相談くださいませ。

確かな実績にもとづく「的確な判断」と「迅速な対応」によって、早期解決に尽力致します。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください

≪あなたに合った解決方法を見つけましょう≫
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
できる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでご相談に応じます。

-----------------
≪アクセス≫
・築地駅から徒歩2分

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
着手金/報酬金 示談交渉
・着手金11万円、報酬金22万円(いずれも税込)
その他の弁護活動
・着手金36万円(税別)、報酬金36万円~
備考欄 料金は事案に応じて柔軟に対応いたします。
詳細は弊事務所ホームページもご参照下さい。
http://www.taiho-keijibengo.com
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

痴漢事件:示談、不起訴

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

出来心で痴漢をして、捕まってしまった。初めての警察沙汰にどうしていいか分からないうちに事件が検察庁に送られ、刑事罰を受けそうである。
痴漢をしてしまったことは素直に認め、反省している。
被害者の女性にお詫びして、示談していただけないか。

相談後

弁護人が被害者の女性にお会いして、謝罪の気持ちと二度と過ちを繰り返さない旨の誓いをお伝えし、お詫びの示談金をお支払いし、お許しを得る。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

痴漢事件の弁護はこのような、普段は真面目に生活している方が、魔が差したかのように痴漢行為をしてしまうケースが多いです。
被害者の女性は直接のお詫びは拒絶されることがほとんどで、謝罪の手紙すら気持ちが悪いと拒否されることがあります。
もっとも真実反省・後悔しているときは、弁護人を介した間接的なお詫びであっても伝わるものです。そのためには、できるだけ早くに謝罪したい旨の意向を伝えること、弁護人には状況を誤魔化さずにありのまま説明することが大事です。

不動産・建築

分野を変更する
戸建て、建築瑕疵、境界線、騒音、近隣トラブル、相続トラブル等。不動産・建築問題を幅広くサポート致します。
和田金法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

≪強み≫
戸建て、建築瑕疵、境界線、日照、騒音、近隣トラブル、不動産トラブルに注力しております。

≪事案に応じたスムーズかつ有利な解決を目指します≫
不動産にまつわる法律トラブルは多種多様です。
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
不動産トラブルの解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため私は依頼者様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

≪リーズナブルな料金設定≫
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、
支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
「不動産問題」につきましては、特にリーズナブルな料金で高品質なサービスを提供できるよう注力しております。

≪柔軟な料金相談≫
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で明確な料金見積もりを出させていただきますので、まずはお気軽に問合せ、ご相談くださいませ。

-----------------
≪アクセス≫
・築地駅から徒歩2分

不動産・建築

料金表をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
着手金/報酬金 原状回復工事に関するトラブル

■示談交渉
・着手金無料、報酬金経済的利益の26.2%(税込)

■訴訟
・着手金15.4万円(税込)、報酬金経済的利益の26.2%(税込)
備考欄 その他不動産・建築トラブルの料金は事案に応じて柔軟に対応いたします。お気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【英語対応可】残業代請求、パワハラ、セクハラ、残業代請求等。労働問題に強い弁護士が『あなたの力』になります!
和田金法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

≪まずは相談・診断≫
仕事にまつわる問題は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に改善するケースが多くあります。
まずは、あなたの状況の診断から承ります。

≪泣き寝入りはやめましょう≫
仕事にまつわるあなたの権利は、法律で守られています。
弁護士のアドバイスを受けることで、状況が大きく好転するケースが非常に多くあります。

≪あなたに合った解決方法を見つけましょう≫
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

≪リーズナブルな料金設定≫
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、
支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。

≪柔軟な料金相談≫
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で明確な料金見積もりを出させていただきますので、まずはお気軽に問合せ、ご相談くださいませ。

-----------------
≪アクセス≫
・築地駅から徒歩2分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
着手金/報酬金 ■解雇事案
・着手金 4万4000円(税込)~
・報酬金 経済的利益の26.2%(税込)

■残業代請求
・着手金 無料(示談交渉)
・報酬金 経済的利益の26.2%(税込)
備考欄 詳細は弊事務所ホームページもご参照下さい。
http://www.kaiko-bengo.com
http://www.your-roudou.com
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

外資系メーカーの解雇(従業員側)

  • 不当解雇

相談前

ご相談者は、外資系メーカーの日本法人に勤めていましたが、親会社の意向で解雇されることとなりました。

相談後

退職の条件について弁護士と打ち合わせつつまずはご本人が会社側と直接交渉しましたが解決しませんでした。その後の代理人弁護士間の交渉でも、会社から金銭的補償の上積み提示はあったものの合意には至りませんでした。会社が解雇を実行したため、労働審判を申し立て、こちらが提示していた金銭的補償を受けることで和解することができました。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

労働審判は審理期間が短く、早期解決が望まれる解雇事案では有用ですが、申立時に主張立証を尽くすことが重要になります。
外資系の会社は、関連書類が英語であったり(証拠提出の際は日本語訳が必要になります)、日本法人の独立性が弱いと雇用条件や人事政策が一般の内資とは異なる独特のものであったりして、準備時に時間がかかりがちです。本件では、解雇前の早い段階でご相談いただいたため、万全の準備で労働審判に臨むことができ、結果にもつながりました。

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【英語対応可/弁護士直通】企業の法務に強い弁護士が『貴社の力』に。確かな実績キャリアがあるからこそ、現場感、スピード感をもった対応が可能です。
和田金法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

≪強み≫
売買、請負、業務委託、賃貸借、フランチャイズ、製作物供給等さまざまな取引契約にまつわる紛争から
顧客クレーム、労務、事業承継、倒産まで
迅速且つ的確な法的対応をご提案します。

≪迅速かつタイムリーな対応が可能です≫
ストレスのない相談体制を実現するために、基本常に直通でのコミュニケーションが可能です。

≪企業法務弁護士としての確かなキャリアがあります≫
常に企業法務に関する研鑽を積んでおります。
確かな実績キャリアがあるからこそ、現場感、スピード感をもった対応が可能です。

≪単発、軽微なお仕事でも大歓迎です≫
「単発、軽微な案件なので・・・」
「弁護士に依頼をするまでもないかもしれないが・・・」
大歓迎です。
電話相談も可ですので、お気軽にお問合せください。

≪費用に関しまして≫
顧問契約および、交渉や裁判手続き費用等に関しましては、都度お客様との協議の上で決定させていただきます。
※企業規模や状況に応じて、フレキシブルに対応をさせていただいておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

-----------------
≪アクセス≫
・築地駅から徒歩2分

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる 料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
顧問料 月額3万3000円(税込)~
着手金/報酬金 原則として、経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8.8% / 報酬 17.6%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5.5%+9.9万円 / 報酬 11%+19.8万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3.3%+75.9万円 / 報酬 6.6%+151.8万円
・3億円超の場合:
着手金 2.2%+405.9万円 / 報酬 4.4%+811.8万円

※いずれも税込み
備考欄 料金は事案に応じて柔軟に対応いたします。
詳細は弊事務所ホームページもご参照下さい。
http://www.your-komon.com/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(5件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

M&A案件(契約書ドラフト、法務デューデリジェンスなど)

相談前

会社・事業の買収・売却に関するご相談です。

相談後

事業譲渡・株式譲渡などどのような取引形態で実行するかの法的検討、法務デューデリジェンス(買収対象の事業・会社の法的問題点のチェック)、譲渡契約等関連書類の作成・チェックを行います。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

中小企業のM&Aでは弁護士が介入しないで行われることもままあります。しかし、小規模の事業・会社だからこそ法的リスクの管理が不十分なことがままあります。また、M&A関連の契約は定型的ではなく、専門性が要求されます。M&Aは、見えづらいリスクを伴う取引ですから、知識・経験のある弁護士にご相談されることをおすすめします。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

債権回収(支払催告、訴訟提起、差押えなど)

相談前

売掛金や貸金などの債権回収のご依頼です。

相談後

支払いの催促、仮差押えや訴訟提起等の法的手続き、財産の探索、口座差押え等の強制執行などにより債権を回収します。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

相手が債務を認めていても、財産がないと債権回収は不可能になってしまいます。費用対効果の問題もありますのでどこまで手を尽くすか難しいところですが、同じ手段で取り立てるのであれば早いほどよいです。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

労働問題(元従業員からの訴訟への対応など)

相談前

(元)従業員の解雇や残業代に関するもののほか、セクハラ・パワハラやメンタルヘルスに関するご相談が多いです。

相談後

紛争の前後どちらのご相談もありますが、特に解雇・懲戒は、事前にご相談いただき、慎重に進めることで、紛争を予防できます。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

労働問題に関するご相談は、業種・会社規模を問わずありますが、特に急に会社規模(従業員数)が大きくなった会社は、規程の整備や労務管理が追い付ついていないことがあります。後手に回りやすい分野ですので、意識的に会社の成長に応じた労務管理体制を整備することが必要です。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 4

紛争対応(交渉、訴訟対応など)

相談前

取引先との紛争(継続的契約の終了に伴うトラブル、債務不履行に基づく損害賠償請求等)、社内の紛争(労働問題等)や第三者との紛争(知的財産権侵害等)に関するご相談です。

相談後

相談・助言、示談交渉、訴訟代理などの対応を行います。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

紛争を有利に解決するには、問題の法的分析とそれに基づいた裁判の見通しを得ることが不可欠です。裁判までは考えていないようなときも、裁判となった場合の見込みを踏まえることで、メリット、デメリットやリスクを考慮して紛争対応に当たることができますので、早期に弁護士の助言を得ることが大事です。相手方から無理な要求をされていた事案が、弁護士が介入して整理することであっさり解決となることも多いです。
また、継続的契約の打切や解雇など、紛争化する可能性がある場合は、アクションを起こすのに先立って弁護士の助言を得て備えておくことが望ましいです。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 5

契約書の作成・チェック

相談前

契約書の作成やチェックのご依頼です。取引や契約の種類・内容は多岐にわたり、英文契約のこともあります。

相談後

打合せで取引内容やご希望の条件をお聞きして、契約書の作成・修正を行います。

渡邊 寛弁護士からのコメント

渡邊 寛弁護士

基本的に契約書はドラフトする側が有利ですから、事業において基本的な契約-仕入先・卸先との取引基本契約など-については自社でひな型を用意しておくとよいです。取引相手によっては、先方のひな型やドラフトをベースとした契約書とせざるを得ないこともありますが、その場合も自社ひな型があると、自社版との比較でリスクや不利な点を把握できることにもなります。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる 特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
和田金法律事務所
所在地
〒104-0045
東京都 中央区築地1-10-11 ラティオ702
最寄り駅
築地駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
お電話でのお問い合わせは夜間や土日も随時受け付けますが、応答できず留守番電話になってしまった場合はメッセージをお残し下さい。

電話で問い合わせ
050-5828-4598

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

和田金法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5828-4598

※和田金法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
お電話でのお問い合わせは夜間や土日も随時受け付けますが、応答できず留守番電話になってしまった場合はメッセージをお残し下さい。