現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
甲本 晃啓弁護士

( こうもと あきひろ ) 甲本 晃啓

甲本・佐藤法律会計事務所

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
対応地域:全国【きめ細やかな対応をいたします】教育機関からWebサービス/IT関連企業まで幅広く対応しております。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 後払いあり

《特色》
・中小企業、個人事業主の味方です。御社の事業内容をよく理解して最適な解決方法をご提案いたします。
・特許/商標に明るい技術系弁護士として、専門的立場から商品開発や事業展開についてもアドバイスいたします。
・顧問契約がなくとも単発の案件(債権回収、交渉、契約、労働、倒産処理等)かでも快くサポートします。
・特許・商標は審判・訴訟案件だけでなく、侵害調査・警告のほか、出願業務も行っております。
・顧問弁護士が既にいる場合でも、別の顧問弁護士を追加できます。そのような場合には、通常より割安のセカンドオピニオン契約もあります。

《主な顧問先》
IT関連、精密機器メーカー、不動産管理、コンサルティング、イベント運営など

《重点的取扱案件》
・特許・商標・意匠・不正競争防止法・著作権に関する案
・IT関連(B2B/B2Cサイト等)の契約、運営に関する案件
・債権回収/倒産
・労務管理

《このようなお悩みはありませんか?》
・顧問弁護士がいるが、細かいことは聞きにくい。あるいは、自社の商品・サービスや技術をよく理解しておらず、現場との意思疎通がうまくゆかない。
・何か新規の商品・サービスを世に出したいが、法律上どんな手続が必要か、また権利をとっておいたらいいのか、また、他社権利を侵害したとして問題にならないための予防策がわからない。
・法律のことだけでなく、ビジネスのコスト感を意識したアドバイスが欲しい。
・インターネットで事業を展開したい、また、FacebookやTwitterを利用して企業の公式アカウントでお客様に自社をアピールしたいが、お客様相談センターを設けるほどの余裕はない。法的な問題を予防し、また、問題が発生した場合にはどう対応したらいいか。

この分野の法律相談

ディズニーの画像を使いたいのですが、著作権があると思います。それを回避する方法などはありますか?(例えば目を隠すなどです)利用目的は塾のプリントです。お答えしていただければ幸いです。

許諾を得られらなければ、適法に使うことは出来ないので、そのような使い方はされない方がよろしいと思います。回避する方法はあまりせん。 (おそらく申請しても許諾は得られないと思いますが)

甲本 晃啓弁護士

Webライターをしています。 便宜上、執筆した記事の著作権をサイトの運営会社に譲渡していますが、 この運営が別会社に移管された場合、著作権は誰が持っていることになるのでしょうか?

法律で一義的に決まるものではなく契約によります。 基本的には、当該記事の権利を受けた元運営者と、現在の運営者との契約で帰属が決まります。この二者で何も決めていなければ、権利は動かないので元運営者が権利者です。契約がどうなっているのかは、外部から知ることができないので、問い合わせる必要があります。

甲本 晃啓弁護士

ある飲食店から個人でソフトウェア開発を請け負いました。 概算見積もりを提出して、契約書や発注書もなく口約束だけでスタートしました。 今年に入り先方から補助金を使って支払うので見積書、発注書、請求書、領収書を作成するように言われて提出しました。 納品をして費用はいただきました。 ただし作業遅延...

正直もうしまして、ご相談はネット相談でなんとかレベルではなく、いずれにしても、相手方の同意を得て一度仕切りなおしをする必要があります。要件定義、仕様の締め切りをいつまでにするか、開発後の利用販売条件などどのように決めるかなど問題は山積しています。弁護士に契約書の作成や、クライアントとの交渉コントロールのアドバイスを受けた方が良いでしょう。

甲本 晃啓弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
顧問料 月額5万円(税別)より
※事業規模によります。小規模企業、個人事業主はこれより安くなる場合があります。
その他 着手金、成功報酬は事案により異なります。ご状況に応じて柔軟に対応しますのでお気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

インターネット問題

分野を変更する
【全国対応】ネット名誉毀損・著作権侵害に特化、加害者(投稿者)側弁護にも対応。記事削除やIP開示も専門対応。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

インターネット問題の詳細分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • カード払いあり

当事務所は、インターネットの表現活動の自由を守るというボリシーでご対応をしております。ネット投稿により、不幸にも訴えられてしまった方の弁護に力を特に入れております。裁判所から訴状が届いた、内容証明郵便がとどいた、プロバイダから発信者情報開示請求の書類が届いた、なのどの場合は、すぐにご相談ください(これらの場合は無料相談を行っています)。

やむを得ず紛争になってしまった場合、相手方とのやりとりはすべて弁護士にお任せください。相手のある問題ですが、早めにご相談をいただいた場合、訴訟にならずに解決することが大半です。

当事務所にはネットトラブルの交渉は、ノウハウの蓄積がございます。もちろん、ネットに嘘を書かれてしまった被害者側のご相談についても「これは酷い」と思われる表現の自由を逸脱するような案件については、迅速に対応させていただきます。

《全国対応》
全国対応をしております。ご来所での相談はベストですが、必須ではありません。海外や全国各地からご依頼をいただいており、ご来所を頂かなくとも、交渉・訴訟のご依頼は可能です。実際の書込をみるため、メールやチャットで資料を送っていただいて、弁護士が解決の可能性を直接判断します(簡易なご相談は無料です)。

《主な加害者側対応サイト》
・5ちゃんねる(5ch.net/2ch.net)
・Yahoo!知恵袋
・爆サイ.com 
・ホストラブ
・Facebook/Twitter
・転職会議などの企業情報サイト

《特色》
・ 書込削除・IPアドレス開示にスピード対応。
・ サイトごとに特化した専門対応
・ 企業・飲食店・サービス業関係の風評対策、ぜひご相談ください。
・ 民間の「削除業者」とのトラブルにも対応

《関連サイト》
加害者(投稿者)側の専門サイトを開設しています。
「名誉毀損ドットコム」 http://www.meiyo-kison.com

《最近多いご相談事例》
・転職会議に書き込んだら企業から訴えられた。
・ホスラブの投稿を削除して欲しい、発信者を特定して損害賠償請求をしたい。
・P2P(ShareやTorrent)でアダルトビデオを配信して、メーカーから訴えられた。
・LINEいじめを受けているので、学校へ掛け合ってほしい。

《法テラス利用について》
生活保護世帯や収入の少ない方向けの公的な制度です。弁護士の援助を特に必要とする「不当に訴訟を提起され被告となってしまった方」のご利用を優先しております。

インターネット問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

お世話になります。 YouTube等でゲームのプレイ動画を無断アップロードする事は 著作権法違反にあたると思いますが、 無断配信しているユーザーを特定できているにも関わらず、 アカウント停止等の処置を取らない場合、企業側は従犯になりますか? ある企業が半年以上、何の対策も取らず、著作権法違反...

> YouTube等でゲームのプレイ動画を無断アップロードする事は > 著作権法違反にあたると思います 必ずしもそうとは言えません。権利者がそのような利用を望んでいる場合もあるからです。 著作権は著作物を第三者に利用もらうためのルールです。権利者の申立がないのに削除をすることは、そもそもおかしいですし、第三者がとやかく言うことも間違っていると私は思...

甲本 晃啓弁護士

ドラマやバラエティ番組のテレビ画面を録画してSNSにアップするのは違法ですか? また、違法の場合は、番組の一部や写真も違法なのでしょうか?

著作権侵害です。録画でも、キャプチャ画像でも同様です。 (なお、引用が成立場合は、例外です。)

甲本 晃啓弁護士

質問です。以下内容。 ①開示~損害賠償請求までそんなに時間がかかるものなのでしょうか? ②未解決のまま支払いだけして終了は有り得ますか? あるネット掲示板にて個人情報含む、あることないこと(性病移した 他の子を辞めさせた 詐欺をしている 子供が誰の子か分からない 売春してる 日頃の行動範囲 車種...

事件処理の詳しい状況や、本件の具体的な事情が分からないので、概括的な回答にはなりますがご容赦ください。 まず、発信者の特定ですが、IP開示と本人情報開示の2段階です。ログ消失リスクもあるのでIP開示はかかっても2ヶ月でしょう、IP開示があればログを保全して本人情報開示の訴訟にすすみます。訴訟がいつ提起されたかわりませんが、早ければ提訴から3ヶ月程度で開...

甲本 晃啓弁護士

インターネット問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 Web・電話面談/対面相談:30分あたり5000円+税
(銀行振込、クレジットカード、PayPay利用可)
ご依頼の場合にかかる弁護士費用 着手金10万円(税別)より/成功報酬10万円(税別)より
※その他、事件により実費をお預かりします(終了時に精算)
発信者情報開示(被害者側) 掲示板事業者等へのIPアドレス開示請求・開示仮処分:10万円〜、経由プロバイダへの発信者の個人情報開示請求(ログ保全含む):10万円〜、損害賠償請求(交渉・訴訟):10万円〜
発信者情報開示(加害者側) 発信者情報開示の意見照会手続への対応:内容により無料〜10万円、被害者側との示談交渉:10万円〜
違法ダウンロード対応 違法複製物のネット上の監視、侵害者の特定、損害賠償請求:応相談
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる 解決事例をみる

インターネット問題の解決事例(11件)

分野を変更する

インターネット問題の解決事例 1

【名誉毀損】Yahoo!知恵袋で誹謗中傷したら、発信者情報開示請求がされた。

  • 削除請求
依頼主 50代 男性

相談前

プロバイダから発信者情報開示請求について意見照会があったとのことで、ご相談にみえられました。被害者とはもともと同じ業界の知り合いであって、誹謗中傷を確かに書き込んだ事実はあるとのことで、謝罪の意思はあるが、当事者同士での話合いは困難で、丸く収めたいとのことであった。

相談後

まず被害状況を確認して、誹謗中傷について削除申請をして、できる限りの記事を削除しました。並行して、名誉毀損にあたると判断されることから、被害者と連絡をとり、示談交渉をすぐに開始しました。このような書き込みに至る心情的もつれがあったため、示談交渉に2ヵ月ほど時間がかかりましたが、粘り強い交渉の結果、示談が成立しました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

この方の場合、不利な事実を含めて状況を含めて正確に弁護士にお話いただいたので、被害の全容を把握して、適切な示談金額の幅を算定し、交渉に臨むことができました。当事者同士では感情的になってしまい話合いができないような場合でしたが「時間をかけてもいいので、納得できる交渉をしてほしい」とのご要望のもと、示談交渉の専門家である弁護士に全面的に信頼をおいて頂くことができました。相手方(被害者)は弁護士をつけずにご本人様との交渉でしたが、最後には、相手方からも感謝のお言葉を頂戴しました。

インターネット問題の解決事例 2

【名誉毀損】クチコミサイトでブロガーを誹謗中傷したところ、勤務先のLANから接続していたため、発信者情報開示が勤務先に届いた。

  • 発信者開示請求
依頼主 40代 男性

相談前

被害者(ブロガー)が発信者情報開示請求をしたことろ、勤務先のLAN接続履歴からご相談者様が特定され、会社から呼び出しを受けたとのことで、ご相談にみえられました。

相談後

書き込んだ事実について間違いないとのことでしたので、被害者の代理人弁護士と連絡をとり、誹謗中傷の内容に応じた適切な金額で示談をまとめ、法律問題についてはご相談の翌日には迅速に解決しました。また、会社に対して、弁護士から事情説明(休憩中での書き込みであること、内容が犯罪に該当するものではないが、被害者に迷惑をかけた認識があり、謝罪して反省をしていること)をすることにより、会社における不利益を最小限に留めることができました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

書き込み内容が名誉毀損にあたるのか、示談事例や解決事案の蓄積から予測をしつつ、不当に高額ではない金額で示談ができました。ご相談の段階で、解決の見通しや期間、費用について具体的にお話をさせていただきご相談者には納得感・安心感をもってもらえたと感じています。放置をしていれば、訴訟に発展するおそれや、会社から懲戒処分を受ける可能性があった事案であったので、早めにご相談をいただけたことが、迅速・適切な解決につながったと考えられます。

インターネット問題の解決事例 3

【名誉毀損/不正アクセス】2ちゃんねるに名誉毀損の書き込みをしたと身に覚えがないのに訴えられた!

依頼主 60代 女性

相談前

ある特定の弁護士を誹謗中傷する書き込みをしたとして、ある弁護士から訴えられたとのことで、訴状をお持ちなり、ご相談にみえられました。

相談後

ご自宅の訪問のうえ、無線LAN環境にセキュリティ上の問題があることを発見し、ご本人以外の第三者が書き込んだ可能性を訴訟で主張したところ、相手方の請求を排除することができました(ご相談者様の勝訴判決)。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

家庭や小規模なオフィスで共同利用するネットワークから名誉毀損などの違法な情報が発信された場合、第一次的には、ネットワークの契約者に対して損害賠償請求が起こされる事例が多々見受けられます。しかし、丁寧にその方が発信をする動機がないことや、技術的に第三者が介在している可能性を立証することにより、裁判所に状況を正しく理解してもらうことができ、合理的な判断がなされた事案でした。この事案では、絶対に請求が認められてはならないと感じており、弁護士の正義感と結果が見事に一致した訴訟対応となりました。

インターネット問題の解決事例 4

【著作権侵害】「ブログ内容が著作権を侵害しているのでブログを削除しろ」を要求された!

  • 削除請求
依頼主 30代 女性

相談前

「著作権侵害をしているのでブログを閉鎖しろ、さもないと訴える」との主張が電子メールで届き、対応のご相談にみえられました。そのご相談者様は、ネット上で自身の作品を発表している作家さんで、同じジャンルの作家さんに警告をうけたという経緯がありました。

相談後

著作権侵害の成否を検討したところ、侵害にはあたらないとの結論に至りました。相手方に著作権侵害に当たらない旨の回答書を内容証明郵便で送付して、対応窓口を弁護士に移管したところ、程なく要求が止み、今後の活動について覚え書きを取り交わし、解決をみました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

似ていればなんでもパクりだ(著作権侵害だと主張する方がネット上には時々見受けられます。そもそも作品が著作権で保護される程の創作性があるのかどうか、著作権で保護されているとして似ている似ていないのレベルではなく、法的に著作権侵害が成立する状況であるのかは専門家の判断を要します。ご自身で判断をせずに、著作権に詳しい弁護士に判断を委ねることが、適切な解決にとって非常に大切です。

インターネット問題の解決事例 5

【名誉毀損】2ちゃんねるに「▲▲はバカ」と書き込んだら損害賠償請求をされた!

  • 損害賠償請求
依頼主 男性

相談前

2ちゃんねるの同じスレッドに出入りする利用者(いわゆる「コテハン」とよばれるハンドルネームで活動する投稿者)をバカにする発言をしたところ、弁護士に依頼して損害賠償請求をするTwitterで通告され、その後、内容証明郵便が届いた、ということで対応のご相談におみえになりました。

相談後

継続的に多数回、人をバカにする書き込みをしていた事実は確認されたものの、どの投稿も損害賠償請求が認められるレベルの名誉毀損にはあたらないと判断し、要求を拒否する回答をしました。後日、訴訟が提起されましたが、同様の主張をして、相手方の請求を棄却する判決を勝ち取りました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

名誉毀損は、相手の社会的評価を低下させるような事実を明確に摘示していなければなりません。また、相手方がその投稿から合理的に特定できる必要があります(同定可能性といます)。法的に名誉毀損が成立し、損害賠償が成立するというレベルまでいたらないような事案でも、法外な損害賠償を請求してくる事例も多数見受けられます。掲示板上の議論から罵詈雑言の応酬に発展することもあり、逆側(相手方も相談者様(依頼者様)への)の名誉毀損も問題となることもあります。もちろん、例外もありますが、お互い様であるような事案では、断固として相手方の損害賠償請求は突っぱね、訴訟をするとの脅しにも屈しないことが大切だと考えます。

インターネット問題の解決事例 6

【名誉毀損/業務妨害】2ちゃんねるで特定の企業を糾弾するスレッドを更新したら業務妨害だとして訴えられたので、逆に不当訴訟だとして反訴を提起して勝訴した(いわゆるSLAPP訴訟)

  • 損害賠償請求
依頼主 40代 男性

相談前

特定の企業について、社会的な問題意識から,その検証をするため議論スレッドが立てられていることは珍しくありません。そのようなスレッドの書き込みが1000を超えたので、新しいスレッドを立て、冒頭にあるまとめ記事のテンプレートをコピーして投稿したところ、業務妨害にあたるとして損害賠償請求訴訟をおこされたということで、ご相談におみえになりました。

相談後

弁護士が訴訟対応をしました。近時の類似事案の裁判例を摘示して、請求棄却(相手方の敗訴判決)を導き、他方で、訴訟自体が威嚇のための不当訴訟(いわゆるSLAPP訴訟)であるとして、相手方に対して弁護士費用相当額および慰謝料の損害賠償をもとめる反訴を提起しました。反訴請求は一部認容され、安易に訴訟をおこした相手方に制裁を加えると同時に、弁護士費用を相手に支払わせることができました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

相手方に弁護士がついて訴訟を起こされてしまうと、一般の人では、なかなか勝てる気がしないと思います。しかし、適切に請求の根拠を読み解けば、場合によっては、請求自体が理由がないことが明確で、訴えられ方が逆に訴える(反訴といいます)ことができる場合もあります。

インターネット問題の解決事例 7

【名誉毀損】会社の同僚からいきなり名誉毀損で訴えられた

  • 損害賠償請求
依頼主 30代 男性

相談前

同じ会社の別のフロアにいる同僚(派遣社員)から、弁護士を通じて、その会社の裏サイト的な2ちゃんねる掲示板のスレッドで自分のことを悪く書いているとして、名誉毀損に基づく損害賠償請求の訴状が届いたとのことでご相談にみえられました。ご相談者様は、訴訟をおこされたのでお金を払わなければならなくなるのではないかと大変不安でいらっしゃいました。

相談後

本当に書き込んだのあれば、また、名誉毀損にあたる内容であれば迅速に示談をするべきですが、ご相談者様には書き込みをした覚えがなく、この訴訟は言いがかりだと判断しました。

訴訟が起こされた以上は対応せざるをえないのですが、ご相談者様は、同じ会社での争いはできるだけさけたいとのご意志をお持ちだったので、そのご意志を優先して、裁判と並行して相手方代理人と交渉をつづけた結果、判決にいたる前に、実質は相手方の敗訴(ご相談者様の勝訴)を内容とする和解が成立しました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

不当訴訟で相手方に逆に損害賠償請求訴訟を反訴できる事案だと考えられますが、今後の人間関係や会社での立場を考えて、依頼者様もっとも良い結果になったと考えられます。ネットの書き込みに関する訴訟では、通常はIPアドレス等の開示請求をして書き込んだ本人を特定してから訴訟がおこされますが、まれに開示請求をしてもログが残っていなかったり、プロキシサーバーを経由していて本人が特定出来ない場合があり、いきなり訴訟がおこされることもあります。発信者情報開示にかわるような書き込み者を特定できるだけの相当確実な証拠が必要ですが、それがないのに訴訟がおきる場合も少なくありません。

インターネット問題の解決事例 8

【名誉毀損/ストーカー】2ちゃんねるで実名を名指しされて「▲▲は在日朝鮮人」と何度も書き込まれた!

  • 削除請求
依頼主 30代

相談前

ご相談者様は、比較的珍しい名前で、ネット検索でも同姓同名がいない方でした。また、書き込みには出身地などご相談者様のプライバシーに関する情報も記載されているなど、同定可能性がある事案でした。ご相談者様は日本人ですが、ご自身の名前がネットで検索された場合に、国籍を偽っているとか、帰化した事実を隠しているなどと不利に捉えられかねないこと(例えば、就職・結婚など)を心配されてご相談におみえになりました。

相談後

発信者情報開示の手続を踏み、書き込んだ者を特定しました。過去にご相談者様に対してストーカー行為をして警告を受けた方が、相手方でした。訴訟の準備と並行して、示談交渉を進め、訴訟提起の前に示談がまとまり、解決金の支払と情報削除対応についての義務、今後同様の行為をした場合の違約金支払などの条項を主とする和解が成立しました。

訴訟にせずに和解を目指した理由は、本件は過去にストーカー行為があったことから想像していただけると思いますが、感情的なもつれが紛争の根底にある事案でした。訴訟では金銭の支払義務の有無を判断するだけで、将来的な紛争の未然防止の観点からは総合的な解決としては足りないので、和解条項としてその点を盛り込む必要があったからです。相当困難な交渉でしたが、最後は相手方からの信頼をいただくことができ、双方が納得した解決をはかることができました。

その後、加害者側から情報の削除ができないとの報告があり、協議をした結果、加害者の費用負担で当職が迅速に削除対応をおこない、事後対応も完全にでき、ご相談者様(依頼者様)には満足をいただくことができ、また加害者の方にも感謝のお言葉をいただきました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

この事案は被害者側(書き込まれたほう)の弁護です。加害者側(書き込んだほう)の弁護は、被害者側より難しいのです。なぜならば、被害者側の手の内を知り尽くしている必要があるからです。被害者側の対応は、比較的単純で、事実を確認して、正攻法によって対応することができます。弁護士として、自身の正義感に反する依頼は受けませんが、被害者側の弁護もご依頼があれば受任しております。

インターネット問題の解決事例 9

【不正競争防止】自社サイトの内容を真似したコピーサイトが作られ顧客が奪われている!

相談前

ネットサービスを展開する会社様(ベンチャー企業)からのご相談でした。
会社を退職した従業員が、自社(サイト甲)と同様のネットサービス(サイト乙)を展開しており、企業秘密を多数流用しているので、阻止するとともに、そのネットサービス(サイト乙)の運営権を獲得して欲しいとの交渉依頼でした。

相談後

当該従業員にについては、退職時に一定の期間競業避止義務を負う旨を契約しており、それを根拠に交渉をすすめたが、交渉が決裂しました。

やむなく、競業避止義務違反による損害賠償請求とサイト乙の公開停止を求める訴訟を起こしました。裁判を終始有利に進めた結果、当該従業員が多額の損害賠償債務を負う判決が予想されるに至り、当該従業員から依頼者がサイト乙を譲り受けるという内容の裁判上の和解が成立し、無事目的通りの解決となりました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

専門性の高い領域において、適切な和解条項を提案し、また、裁判官や書記官が理解しにくいサイト譲受について執行可能な履行方法の記載などについて的確な助言を行い、感謝の意を表していただくとができました。技術者の知識経験を有する弁護士は多くなく、このような的確な案件に携われたことについて、弁護士ドットコムを通じて私を探してくれた依頼者様にも感謝をしております。

インターネット問題の解決事例 10

【風評対策】わずか数日で風評記事を削除して、被害の拡大を防止できた

  • 削除請求

相談前

自社の信用を毀損する内容の記事が2ちゃんねるに連続して投稿されているとのことで、急遽、当日相談を頂きました。

相談後

当日中に削除およびIPアドレスの開示を請求し、数日で記事は削除され、IPアドレスの開示を受けて、プロバイダに発信者情報開示を請求したところ、発信者から謝罪と示談の提案があり、示談により早期の解決に至った。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

加害者側対応をメインとしていますが、もちろん被害者側(書き込まれて被害を受けている側)の対応もお受けしております。なぜなら、加害者側対応は、被害者対応の手の内を知っていることを前提とするものだからです。

同じ問題について「仮に、加害者側弁護士であったら、この事案はどう対応するのか」という観点を常に持ちながら、基本的には無理だと思われるような請求は受けていません。逆に言うと、迅速に対応をしつつ、並行して綿密に証拠を収集して行くという方針で被害者対応を行っていますので、確度の高い解決が望むことができると考えています。

2ちゃんねるは対応に慣れた弁護士であれば、削除やIPアドレスの開示に時間が少なくて済みますので、IPアドレスが開示されても既にプロバイダの発信者情報のログが消えてしまうというリスクを回避することができます。また、書き込みから短時間で削除を目の当たりにし、発信者情報開示の意見書を受け取ることになることは、発信者にとってもインパクトが大きく、示談が有利に進むことも少なくありません。

対応のスピードでも弁護士を選ぶ必要があるでしょう。

インターネット問題の解決事例 11

【クレーマー対策】特定の企業を攻撃する悪意あるブログの早期削除に成功

  • 削除請求

相談前

クレーマー対応を自社で行っていたところ、企業のお客様対応に対して態度が悪いとか、サービスや商品のクオリティーに関して事実ではない風評を触れ回るようなヘイトブログが開設されてしまったとのことでご相談頂きました。

相談後

ブログの運営会社に即時に削除請求をするともに、トラブルとなったお客様(クレーマー)に心当たりがあった事から、そのお客様に対して弁護士から警告。警察にも被害相談をしつつ、そのお客様が反省の弁を述べられたことから、二度と行わない旨の誓約書をお書き頂いて、早期に対応を終結しました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

クレーマー対応は早期から弁護士に相談することが重要で、状況に応じてすみやかに弁護士に対応窓口を移管することが必要です。この企業のようにクレーマー対応を弁護士を介さずに一方的に遮断した結果、活動場所がネットに移行してしまうとなかなか厄介です。

ネットへの移行後も情報が拡散する前の対応が肝心で、このケースでは、ヘイトブログが1件開設された段階で速やかにご相談にいらしてくださったので、被害が本格的に拡大する前にすべての対応を行うことが出来ました。

インターネット問題

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
ストレスの多い離婚問題や男女問題。お客様に変わって全ての窓口となり、迅速かつ最良の解決に全力を尽くします。ぜひ、ご相談ください!
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

《特色》
・離婚や親権問題についてたくさんの解決実績のある法律事務所です。
・婚姻中の不貞行為や離婚・婚約破棄による慰謝料問題(訴訟、示談交渉)を得意としています。
・養育費・親権問題、認知・親子関係、養子縁組/離縁等もご相談ください。
・ご相談内容により女性弁護士とのチームで対応します。

《ご相談から受任までの流れ》
ご相談では、ご相談者様の状況をよく知って、最適な解決方法をご提案いたします。弁護士によるサポートがご相談者様の利益になるかどうかを検討して、場合によっては受任をお断りし、別の方法をご提案します。その判断のために、まずは時間をかけてお話を十分にお伺いします。依頼者との信頼関係が第一です。受任したほうがあなたの利益になると判断した場合は、費用や報酬、事件解決の見通しについて十分に説明をさしあげます。そして、ご納得がいただけた場合にのみ、ご依頼をお引き受けします。法律相談だけでも気軽にご利用ください。
 
《ポリシー》
 新たな人生、将来に向かって気持ちに区切りがつくように、時として依頼者と同じ目線で、時として第三者の視点から、迅速かつ的確な対応で、事件解決を目指します。

《お話をお聞かせください》
電話相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。身近で相談できる弁護士でありたいと考えています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と悩まずに、聞いてみてください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

次回の期日が、迫っているのですが、担当弁護士との信頼関係に問題があり、解任することになりました。本人は、事情があり出廷出来ません。 代理人も焦って探しても、良くない気がしてどうして良いのか迷うばかりです。 裁判所に連絡したら、期日の延期はお願いできるのでしょうか?

あまりにも直前(今日や明日)ですと対応が難しいと思います。代理人の交代は、裁判所に事情を話せば、期日延期の対応は柔軟に対応してもらえると思います。

甲本 晃啓弁護士

最近まで旦那が不倫をしていました。 その相手の女性と思われる人から匿名で、私のSNSアカウントに ダイレクトメッセージが4,5回届きました。 送ってきた相手は特定できておらず、第三者を装って(?) 「旦那さん不倫してますね」や「不倫して妊娠させて、よく夫婦を続けられますね。すごいですね」 といった...

> 1.この内容、かつ4,5回のダイレクトメッセージで迷惑防止条例などに接触するのでしょうか。 もっと言うと、SNSの運営やプロバイダに情報開示請求して本人特定に成功することは可能でしょうか。 不可能です。非公開のDMは、発信者情報開示請求の対象とする「特定電気通信」にはあたりませんので、開示する法的手続がありません。 > 2.弁護士や警察に相...

甲本 晃啓弁護士

社内不倫をしています。 相手は既婚者、自身は彼氏と同棲中4年目です。 不倫相手とは1年ほどの肉体関係あり。 近頃から、本気になってしまい、諦める事が出来ないので会社に不倫をバラし、全てを壊してしまいたい。いつバラすかわからないと脅されています。 会社では、社内ラインの共有されているラインに「...

弁護士に依頼して警告や、警察に相談してストーカー規制法による警告という対応も考え得る事案ですが、慎重な検討と対応を要すると思います。なぜならば、ご心配のように、こじれてしまうと、どちらも会社にいられなくなるうえ、人間関係の破壊まで引き起こします。 相手の職位(上司なのか、監督指揮が直接及ぶのか)や会社の規模が変わりませんが、セクシャルハラスメントに該当...

甲本 晃啓弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 一般相談: 30分ごとに5400円
事件ご依頼の場合にかかる弁護士費用 着手金10万円(税別)より/成功報酬10万円(税別)より
※その他、事件により実費をお預かりします(終了時に精算)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

結婚の約束をした彼の家でデリヘルの会員証を発見した

依頼主 女性

相談前

ご相談者様は、彼と同居を予定していましたが、結婚を思いとどまり、婚約を解消しました。相手方の原因による婚約の不当破棄にあたるのか、あたるとすれば損害賠償請求ができるのかとの疑問をお持ちになってご相談に見えられました。

相談後

性風俗店でも特に性行為を行っているようなお店に出入りしていることは、結婚をしていたすればいわゆる「不貞行為」にあたり、離婚原因になります。同じように、婚約時には、婚約の解消事由になると考えられますので、不当破棄だと判断しました。

弁護士から相手方に内容証明を送り、解決金(和解金)を請求したところ、相手方も非を認めて適切な金額で合意ができ、無事、解決にいたりました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

ご相談者様が、交際中のやりとりをきちんと記録していたことや、風俗店への出入りしている証拠を保管されていたことから、相手に弁解の余地を与えない交渉ができ、ご相談から数週間で迅速な解決に繋がりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【夜間・土日対応可】相続・遺言の「不安」を「安心」に変えます!熱心に耳を傾け、一緒に解決します。ひとりで悩まず気軽に相談してください。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

《特色》
・遺言・相続問題について多くのご相談および解決実績のある法律事務所です。
・簡単な電話相談は無料です。
・土日・夜間のご相談、また、出張相談にもご対応します(出張対応地域:東京・千葉・神奈川・静岡・埼玉・茨城・群馬・栃木)※その他の地域はお問い合わせください

《ご相談から受任までの流れ》
ご相談では、あなたの状況をよく知って、最適な解決方法をご提案いたします。弁護士を使った方があなたの利益になるかどうかを検討して、場合によっては受任をお断りして、別の方法をご提案します。その判断のために、まずは時間をかけてお話を十分にお伺いします。
依頼者との信頼関係が第一です。受任したほうがあなたの利益になると判断した場合は、費用や報酬、事件解決の見通しについて十分に説明をさしあげます。そして、ご納得がいただけた場合にのみ、ご依頼をお引き受けします。

《ポリシー》
遺言は、子どもや配偶者に対する最期のメッセージです。思いをきちんと伝えることができるよう、また、後々家族に不和が生じることがないよう、弁護士がサポートいたします。
相続は、利害関係が対立するので問題が複雑になりがちです。どうしたら後々の円満な家族・親族関係を保てるのか、どうしたら納得のいく結果に近づけるのか、お困りの状況をよく理解して、一緒に解決に向けて行動します。

《取扱内容》
遺産分割(調停・審判申立・遺産分割協議書作成)、遺留分請求、遺言書作成、生前贈与

《お話をお聞かせください》
簡単な電話相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。
身近で相談できる弁護士でありたいと考えています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と悩まずに、まずは聞いてみてください。

この分野の法律相談

家族が電車への飛び込み自殺をしました。 鉄道会社から概算で損害賠償金100万単位で発生すると通告を受けました。 以下についてご教授頂ければと思います。 1.弁護士電話無料相談へ相談し、「鉄道会社へは苗字と携帯電話以外は一切告げていない」と話したところ、今後連絡があっても一切取らなくてよい。本来...

「鉄道会社から概算で損害賠償金100万単位で発生すると通告を受けました。」とのことですので、相続放棄をすると損害賠償義務も無く、債権者交渉は不要になりますが、相続財産(不動産持ち分)は差押えを受けることがあります。メリットデメリットの問題だと思います。 弁護士であれば、家族関係から推定相続人の住所(住民票上の住所)を割り出すのは比較的簡単で1週間もかか...

甲本 晃啓弁護士

父が今年の7月中旬に70代で他界しました。 1人会社の経営をしておりましたので、国民年金を受給していました。 年金事務所に問い合わせたところ、手続きすれば子の私が受取オッケーとの事でした。母は大分前に離婚しています。 問題は、経営していた会社にまだ数百万の借金があり、生前父から相続放棄するよう...

父親の年金を引出すと法定単純承認となり、相続放棄ができなくなります。相続放棄後でも同様に、相続放棄の効果が否定されます。会社の清算手続もあるので、税理士の援助をうけて手続を進められてください。

甲本 晃啓弁護士

私は3人兄弟ですが、先日生活保護を受けていた弟が借金を抱えたまま、入院中に亡くなりました。 入院費については市で負担してくださることになったのですが、寝巻きやタオルなどのレンタル代は支払って下さいと市で言われました。 後日レンタル業者から私の主人宛に請求書が届きました。まだ支払ってません。 ...

弟さんの財産(貯金等)がないとなると、あなたご自身の財産から支払う分には問題はありません。もっとも、相続放棄をしているので、弟さんの債務のため、これは支払わないでも構いません。 なお「法定単純承認」になる可能性はあるのは、ご自身や第三者のために弟さんの財産を費消した場合です。弟さんの預金がいくらあって、そこから払ってもおそらく「法定単純承認」にはならな...

甲本 晃啓弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 10万円(税別)より
報酬金 10万円(税別)より
その他 成功報酬は事案により異なります。ご状況に応じて柔軟に対応しますのでお気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【夜間・土日も対応】賃貸不動産の家主様および管理会社のサポートを専門としています。賃料の交渉や回収、雨漏/浸水事故の対応、立退き交渉などご相談ください。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 任意売却

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

《特色》
・賃貸用物件のトラブル解決を専門としています。家主さま、入居者さまを問わず丁寧に対応します。
・土日・夜間のご相談/出張でのご相談もいたします。
・よくお話を伺い、迅速かつ最適な解決方法をご提案します。

《ポリシー》
・不動産は大切な生活をささえる基盤です。貸す側も、借りる側も、弁護士の助言を得ることで、あるいは弁護士が間に入ることで、円満に納得した解決ができる場合が多く、そのお手伝いをさせていただきます。
・家賃を滞納されてこまっている家主様、契約や近隣関係でお困りになっている入居者様、ぜひご相談ください。法律ではどうなっているのかという点から、どのように解決すればいいのかというロードマップを迅速に分かりやすくお示しいたします。

《ご相談から受任までの流れ》
ご相談者様の状況をよく伺ったうえで、ご相談者様の利益になるかどうかという視点から、弁護士の関与方法(助言だけか、交渉や訴訟をするのか)を含めて最適な解決方法をご案内いたします。その判断のために、まずは時間をかけてお話を十分にお伺いします。
問題の解決/予防には、依頼者様との信頼関係が第一です。費用や報酬、事件解決の見通しについて十分に説明をさしあげ、ご納得がいただくように努めております。

《お話をお聞かせください》
簡単な電話相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。
身近で相談できる弁護士でありたいと考えています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と悩まずに、聞いてみてください。

不動産・建築

解決事例をみる

この分野の法律相談

賃貸借契約書に捨印を押しました。 捨印で訂正できることはどんなことですか? 金額にかかわることや、契約期間などの訂正はできるのでしょうか? またこちらの合意なく勝手に訂正されたものは有効なのでしょうか? よろしくお願いします。

捨て印は、原則として何でも修正できてしまいます。 なので、信頼できる場合以外には押してはいけません。 契約事項に変更があったら、都度覚書等を作成して変更すればいいだけの話ですから、捨て印はかなり乱暴かつ危険なやりかたでしょう。 ただし、契約書の控えはもらっているでしょうから、契約日において、どのような合意が成立したのかは、それで証明でき、それとの相...

甲本 晃啓弁護士

貸し会議室を経営しております。 一時間数千円などの設定のものです。 新しく作る貸し会議室の内装工事をするときに、ブロック玩具を素材に使用にした内装、お部屋を創りたいなと思っているのですが、著作権などの問題をクリアするにはどうしたら良いでしょうか? また、許可を得たら作ることは可能なのでし...

大量生産品であるブロック玩具に著作権が成立しているのか論者によっては判断が分かれる所ですが、複製をしなければ、そもそも著作権の問題ではありません。したがって、買ってきたブロックをそのままインテリアとして使うこと(1・2)のは全く問題ないと思われます。 なお3は、商標権の問題です。「[ブロック玩具の名称]で作成したインテリア」という程度であれば、(商標権...

甲本 晃啓弁護士

親が中古一軒家を2019年6月中旬契約しまして初めて家に泊まったのですが蛇口内部からサビが大量に出てきていたりシャワーが使えなかったり壁紙からいくつか黒カビがあったり、雨戸の建て付けが悪かったりしています。契約書には全て正常との記載がありますがこの場合瑕疵担保責任で売買契約解除はまだ出来ますでし...

水道や、カビ、建具の不具合は、それが瑕疵担保責任の対象であって、かつ期間内であれば、修繕または減額を請求手きるだけです。契約書に本件で解除がてきるような条項が無い限り、売買契約の解除は難しいです。 修補請求をするとしても、期間制限があるため、少なくとも瑕疵を発見したことは通知し、修繕を求めておいたほうがよいでしょう。

甲本 晃啓弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 一般相談: 30分ごとに5400円
事件ご依頼の場合にかかる弁護士費用 着手金10万円(税別)より/成功報酬10万円(税別)より
※その他、事件により実費をお預かりします(終了時に精算)
文書作成料 合意書や契約書の作成(1万円〜)、内容証明郵便等による更新拒絶通知・契約解除通知などの作成(3万円〜)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

【賃貸管理・クレーマー対応】賃借人(借主)からの不当要求を拒否

  • 賃料・家賃交渉

相談前

投資目的でマンションを一室所有しており、現在賃貸しているという家主さんからのご相談でした。借主からのクレームが多く、対応しきれないし、そもそもどこまで対応すればよいのかアドバイスが欲しいとのことでご相談へおみえになりました。

たとえば、契約時に、前の借主が残置したエアコンを使ってよいが、壊れた場合には借主が自分で修理するか新しいものを入れるとの約束をしていたところ、エアコンが壊れ、その後、借主が修理をあまりにしつこく要求するので、ご相談前に家主が費用を負担して新しいエアコンに入れ替えたとのことでした。しかも、家主は「今回は特別に交換するが、今後壊れたときには、借主が自分の費用で修理するように」とあらためて告げたところ、今後も家主の費用で修理をするという誓約書を借主から要求されたとのことでした。

その他にも雑多なクレームを受けており、家主さんは非常に困惑しておられました。

相談後

弁護士に対応窓口を移管してもらい、弁護士から借主に対し、契約内容を説明し、不当要求をやめるようにとの警告書を送ったところ、クレームが止んだ。また、契約更新拒絶を通知し、現契約の期間満了で立ち退いてもらった。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

弁護士に対応窓口を移管してもらい、弁護士から借主に対し、契約内容を説明し、不当要求をやめるようにとの警告書を送ったところ、クレームが止んだ。

クレーマー対策で話し合いが平行線になり、かつ、相手の要求が法的根拠がない不当なものである場合には、弁護士に対応窓口を移管し、適切な対応をすることが肝要です。また、この事案は、明確な契約解除を事由がなく、家主からの解約が難しい事案でしたが、借地借家法にもとづく更新拒絶期限が迫っていたものの、期限前にご相談をいただけたので、その約半年後に借主に退去をしてもらえたケースです。

不当なクレームに対する対応は、自分が折れるか、弁護士に依頼するかです。
弁護士に依頼することは、一見すると費用がかかりますが、さらなるクレームの増長は確実に防げます。場合によっては、債務不存在確認請求などの訴訟をすることもありますが、弁護士に対応窓口を一本化し、警告を行っただけで効果がある場合も少なくありません。

不動産・建築の解決事例 2

【家賃滞納・立ち退き】2ヶ月滞納があったので、すぐに対応した

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代

相談前

家主の方からのご相談でした。半年ほど前から、家賃が遅れ始め、分割になったりしてなかなか支払われないとのことで、現在の滞納額が2ヶ月分を超えた状態でした。

相談後

借主に対して、弁護士から事情を聴取。家賃を払えようになる見込みがないとの判断で、契約解除と立ち退きを通告しました。同時に保証人に対して未払家賃を請求し、退去についての協力を要請しました。結果、すみやかに退去が実現し、賃料の全額回収できました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

特別な事情がないかぎり、一旦家賃を滞納しはじめると、元どおりに支払われるようになるのはレアケースです。そのまま、放置をすると被害が拡大してしまいますので、すみやかな対応が必要です。借主の態度や保証人の状況によっては、訴訟にならないでスムースに交渉(和解)で解決できることもあります。弁護士に早めにご相談をいただいたことで、このケースは、短期間かつ低額な費用で解決をみることができました。

不動産・建築

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【夜間・土日も対応】貸金の回収はおまかせください!迅速に交渉を開始、必要に応じて訴訟により貸したお金を戻します!勝訴実績多数あり。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

《特色》
・約束したのたのに支払われないお金を支払わせます。貸金、賃料、売掛金等の債権について、債務者や債権の性質、担保の有無等に応じて、費用対効果の最も高い方法回収手段をご提案します。
・回収手段は、債務者(相手方)との交渉による迅速かつ確実な回収、および、裁判手続による回収の2本柱です。

《ポリシー》
・少しでも多く確実に回収したい、少しでも早く迅速に回収したい、というお客様のご希望と、手続費用との兼ね合いを考えて、最もコストパフォーマンスの良い方法をご提案させていただきます。

《ご相談から受任までの流れ》
ご相談では、あなたの状況をよく知って、最適な解決方法をご提案いたします。弁護士を使った方があなたの利益になるかどうかを検討し、費用や報酬、事件解決の見通しについて十分に説明をさしあげます。ご相談の結果、ご依頼なさるかどうかはご自由ですので、ご相談だけでもお気軽にご利用ください。

《まずはお話をお聞かせください》
お電話での簡単なご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。
身近で相談できる弁護士でありたいと考えています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と悩まずに、聞いてみてください。

この分野の法律相談

こんにちは。塾を始めようと考えているものです。著作権についておき聞きしたいのですが、英語の文法問題の過去問を転載するのにあたってどこで出された問題かを晒せば著作権の侵害に当たらないのでしょうか?英文自体は1行でおさまるのでそれほどのものだと著作権自体ないのでしょうか?お答えしてくだされば幸い...

カテゴリが「債権回収」となっていますが「企業法務」ですご注意ください。 あなたが必要とする弁護士からの回答が得られない可能性があります。 > 英語の文法問題の過去問を転載するのにあたってどこで出された問題かを晒せば著作権の侵害に当たらないのでしょうか? → ご自身で作成するしかありません。参考にしても良いですが、単語を変えてください。

甲本 晃啓弁護士

ケーブルテレビで利用していた機器の料金を払うのを忘れてしまっていて 数ヶ月過ぎてしまっていました こちらの機器に関しては五月に解約済みです 期限が過ぎてしまっていたので再度コンビニ支払い用紙を送って欲しいと ケーブルテレビに電話をしたら そちらの件に関しては委託先の法律事務所に回収を依頼...

基本的には、ケーブルテレビの代理人弁護士(法律事務所)から、連絡を待つしかない問題です。 なお、弁護士費用や再請求手数料が課されるかどうかは、先方の「約款」次第です。なお、いくらでもありませんが、年5%の遅延損害金(元金4,000円ならば、半年で100円)は約款に記載がなくても請求されることがあります。

甲本 晃啓弁護士

本人尋問 について こちらは、被告です。 このまま裁判が続くと、最後は本人尋問になると弁護士の先生に言われました。 本人尋問で、どうしても自分が出廷したくない場合、なにか方法はありますか。 相手方と顔を合わせなくていいように、遮蔽措置はしてもらえると聞いていますが、出廷の拒否自体...

拒否してもよいですが、その場合、初めからその人についての尋問を実施せずに、陳述書で代用します。 法定での尋問は、相手方から反対尋問がなされることで信用性・証明力が高いものとなります。それゆえ、「陳述書」で代用する場合には、信用性・証明力が劣りますので、あなたにとって必要な立証ができなくなるという危険が生じます。訴訟に負ける・不利益に判断されるリスクとの...

甲本 晃啓弁護士

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
ご相談 30分ごとに5000円(税別)
※法テラス法律相談援助を申請する場合は無料
事件にかかる弁護士報酬 着手金10万円(税別)より/成功報酬10万円(税別)より
※その他、事件により実費をお預かりします(終了時に精算)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(2件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

【賃料回収】家賃を滞納したまま夜逃げされた!

相談前

家賃を長期滞納したまま退去した賃借人に対して、どのように未納賃料を請求したらよいかということで、大家さんがご相談におみえになりました。

相談後

賃貸借契約書を拝見し、連帯保証人に親族がついていることが分かったので、その親族に対して内容証明郵便で請求を行いました。並行して、その親族が支払の担保となる不動産を所有していることが調査のうえ判明したので、処分禁止の仮処分を申立て、訴訟提起の準備を進めました。そうしたところ、訴訟前に和解が成立し、任意での支払を受けることができました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

夜逃げした賃借人に対する請求が困難な事案でした。ご相談時に契約書をお持ちいただくことができたので、その場で保証人がどこに住んでいるのか、どのような暮らしをしているのか、ご自宅の登記はどうなっているのかなどの調査ができ、おおよその方針を立てることが出来ました。連帯保証人になった方には、支払に対する義務感がないことが多く、必要に応じて訴訟を提起する場合もありますが、訴訟前に解決できる場合も多くあります。

債権回収の解決事例 2

【貸金返還】亡くなった父が知人に貸していたお金が戻って来た!

相談前

数年前になくなった父が、知人に貸していたお金を返して欲しいと考えているが、その方に催促しても払ってくれないとのことで、ご相談におみえになりました。

相談後

お話を伺ったところ、ご相談者様が貸金を単独で相続していることがわかったので、すぐに、相手方(債務者である父の知人)へ請求の手紙を送りました。そうしたところ、大変に申し訳なかったとのお電話があり、すぐに全額の返済を受けられた。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

この事案では、借用書に準ずるような書面が残されていたこと、また、数年に一度、時期をおいて一部の返済があり、都度、消滅時効(10年)が中断してたことから、裁判を起こせば、確実に回収ができる事案でした。それらの証拠も揃っていたことから、訴訟の準備をしていることを相手に的確に伝え、訴訟をしても相手に勝ち目がないことを理解していただいた結果、訴訟を起こす前に返済を受けられたと考えています。

弁護士が内容証明を送る意味は、単に弁護士に依頼して訴訟を準備していることを伝えるだけでなく、法的な見解を正確に表明するところに意味があります。内容証明郵便を受け取った相手方が、他の弁護士へ相談しにいった場合に、争うべきかどうかについてその弁護士が的確な判断ができるような書面を送るように心がけていますので、訴訟に至る前に解決する事例も多数あります。

債権回収

特徴をみる

詐欺被害・消費者被害

分野を変更する
契約解除にともなう高額な違約金・キャンセル料問題。弁護士に任せれば、減額できる場合があります。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

詐欺被害・消費者被害の詳細分野

原因

  • 金融・投資詐欺
  • 訪問販売
  • ワンクリック詐欺・架空請求
  • 競馬・情報商材詐欺
  • ぼったくり被害
  • 霊感商法
  • 出会い系詐欺

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

《特色》
・キャンセル料の減額交渉に長けています。売買、結婚式や旅行、インターネットサービスその他契約解除にかかる高額な違約金請求に対応します。

《ご相談から受任までの流れ》
ご相談では、十分にお話をうかがったうえで、出来れば複数の対応・解決方法をご提案し、同時に費用対効果についてもアドバイスいたします。弁護士の介入により解決が一定程度見込め、かつ、弁護士費用を差し引いてもご相談者様の利益になる可能性の大きい場合のみ受任をいたします。法律相談の利用のみでも歓迎です。

《お話をお聞かせください》
電話相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。身近で相談できる弁護士でありたいと考えています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」と悩まずに、聞いてみてください。

詐欺被害・消費者被害

解決事例をみる

この分野の法律相談

相手側の弁護士より契約金及びそれに掛かる裁判費用を払うことで和解を求められました。 そこで、契約及び訴訟に掛かる費用を現段階で計算したものが下記の通りになります。 1.契約金      290,640円 2.印紙・切手代   21,000円 3.出頭旅費 600円(2期日×300円) 4.出頭日当     7,...

和解は相互に譲歩(互譲といいます)して成立するものです。 もちろん、事案の善し悪し(裁判になったときの想定される結果)次第でどちら寄りの結論になるのかはケースバイケースですが、全く譲歩しないとそもそも和解は成立しないのが一般的です。 本件で、事案であなたの主張の正当性(裁判でみとめられるのかどうか)は分かりませんので、的確な判断はしにくいものの、条件...

甲本 晃啓弁護士

現在、「複数のまとめサイト」のまとめサイトを作成しようと思っています。 内容としては、例えばIT関連の記事をまとめた複数のサイトから、 まずは記事の「タイトル」「リンク」「サムネイル」を拾ってきます。 次に、タイトルはタイトルとして、サムネイルはサムネイルとしてそのまま表示し、 出典を記述しま...

> このようなサイトは著作権法などに反するでしょうか? → 著作権侵害の可能性は大きいです。著作権侵害を回避することは、そもそもとして他人の著作物にフリーライドする構造上、困難なことが多いように思います。「タイトル」については著作権の対象ではない場合も、それを無断で転載をすると、場合によっては民法上の一般不法行為にあたります。 > 個人に閉じて使用す...

甲本 晃啓弁護士

オークションサイトで、雑誌に掲載されていたあるイラストレーターさんのイラストを切り抜き、自ら額装して「額装品・レア」などの表記で販売しているものを見つけました。 ご丁寧にも商品説明欄に「雑誌の切り抜きであること」を表記しているので正規品と偽っているわけではないのですが、違法なのではないでしょ...

> そのような表記がない場合でも、二次的に加工して商品として売るのは著作権侵害にあたるのではないでしょうか? 著作権との関係では,複製行為を行っている訳ではないので問題はないように思います。切り抜きが人格権侵害にあたる可能性はありますが、事例判断です。 なお、著作権侵害は第三者に申立適格はないので、権利者以外の通報により勝手に出品を削除するほうが...

甲本 晃啓弁護士

詐欺被害・消費者被害の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 一般相談: 30分ごとに5400円
事件にかかる弁護士報酬 着手金10万円(税別)より/成功報酬10万円(税別)より
※その他、事件により実費をお預かりします(終了時に精算)
その他 内容証明郵便の文面や、契約解除通知等の書面作成だけでも承ります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる 解決事例をみる

詐欺被害・消費者被害の解決事例(1件)

分野を変更する

詐欺被害・消費者被害の解決事例 1

【結婚式トラブル】挙式費用が当初の見積の倍になったのでキャンセルしたところ高額の違約金を請求された。

依頼主 20代

相談前

想定を超える高額な挙式費用に式場側と折り合いが付かず、挙式前にキャンセルしたとのお客様からのご相談でした。

この方は、挙式から1年以上前に結婚式場のフェアで「総額200万円で挙式可能」とのプランで契約されたのですが、いざ打合せを進めていくと、ひとつひとつの単価が高く、見積額が400万円を超えてしまったとのことでした。ご自身で、式場と費用の交渉をして少しの減額は引き出せたのですが、結局、金額で折り合いがつかずに、挙式を3ヵ月前にキャンセルをしたところ、高額な違約金(150万円程度)を請求されたので、なんとかして欲しいとのご相談でした。

相談後

弁護士が減額交渉にあたった結果、半分以下に減額することで合意ができました。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

キャンセル料(違約金)は消費者契約法で「平均的損害」を超えないという制限をうけています。同法に反する場合には、同法の範囲内への減額を求めることができます。何が「平均的損害」なのかについては法律判断ですからまさに弁護士の専門的な検討を前提として、相手と交渉をすすめ、妥当な金額の支払に落ち着かせることができます。

もちろん交渉ですので、相手が納得しなければ、裁判になることもあります。このケースは、交渉術により相手方会社を十分納得させることができ、和解が成立したケースです。一般には、相手方がどの程度訴訟をやむを得ないと思っているのか、または避けたいと思っているのかを的確によみとりながら、依頼者に最も利益のあるような結論を目指す交渉でした。あまり強く出て交渉が決裂すれば裁判になってしまうので回避をしたし、依頼者に不利な条件での和解は避けたいというジレンマのなかでの交渉でしたが、かなり有利な解決ができたと自負する事案です。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
★インターネットでの【違法配信(著作権法違反)】および【痴漢・盗撮事件】の専門対応。刑事告訴もご相談下さい。都内の痴漢事件は現場へ緊急出動いたします。
甲本・佐藤法律会計事務所

Web面談&案件対応はChatworkを利用します。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

《特色》
・痴漢えん罪事件、インターネット事件に重点対応
・疑われたら、警察に事情をきかれたらまずご相談ください。
・可能な限り即時に出動します。
・被害者への示談交渉も迅速かつ的確に行います。
・国選弁護人が選任されている場合でも、ご依頼が可能です。

《重点対応案件》
・痴漢・盗撮事案
・名誉毀損、業務妨害(インターネット上の行為)
・違法ダウンロード・児童ポルノ等の事案
・薬物犯罪(覚せい剤、危険ドラッグ等)
・窃盗罪(置引き・万引き・侵入盗)、暴行・傷害罪
・著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反

《ポリシー》
逮捕などで身体拘束を受けている場合は、早期釈放に向けた活動を迅速に行います。ご希望により被害者と示談交渉も行います。保釈、起訴猶予(不起訴)処分、執行猶予付き判決の獲得事例も多数あり。

《お話をお聞かせください》
ご家族は本人の同意がなくとも弁護士を依頼することができます。電話相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

中学生3年の息子が強制性交で事情聴取を受けました。被害者の女性は3人で小学生が2人います。 事情聴取を受けに警察署に行きました。証拠からほぼ間違いないので逮捕すると言われました。 どのタイミングで弁護士さんに相談するべきか教えて下さい。警察からは少年審判が終わりしだいと言われました。

相談であれば、一刻も早くと思います。 弁護依頼のタイミング=相談のタイミングではありません。どのタイミングで弁護士がどのような活動をするのが適切かは事案によるので、相談を待つべき理由はないでしょう。

甲本 晃啓弁護士

職場で盗撮の疑いをかけられている地方公務員(教育職)です。 警察に任意で自分のスマートフォン、PCなどを管理職と提出しました。 1ヶ月半ほど前から在宅捜査を受け、そのまま書類送検される運びとなりました。 1.このような場合、書類送検したことを職場へ警察から連絡することはあるのでしょうか? 2.検...

さすがに犯行現場が職場ですし、職場への連絡はあると思います。有罪判決を受ければ、懲戒処分の対象となるので、今の段階から弁護士に直接相談をして、最善の活動をしてもらう必要があります。(刑事事件については、公開された掲示板への投稿は、あなた自身が不利益を負う可能性かありますので、あまり詳細は書かれないようにしてください)

甲本 晃啓弁護士

CDなどでカラオケ音源がない曲の、違法にアップロードされたカラオケ音源を動画共有サイト等から違法とは知らずダウウンロードし、その音源を使って学園祭などでそれを歌った場合、民事、刑事共に処罰されることは考えられますか? 学園祭などは高校の授業の一環であり、営利を目的としていない,入場料をとらない,...

学園祭で、授業の結果の発表などの場合を除き著作権35条が適用されるのは困難と思います。まして、カラオケイベントですよね。ただ、想像するに似たケースはいくらでも横行しているような気がします。 現時点で、特に問題になっていないのであれば、次回以降、問題のない音源を使用するようにしてください。問題になっているのであれば、相談者のためという観点で、権利者や捜査...

甲本 晃啓弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 身柄の状況、被疑事実の範囲、認否により異なります。ご状況に応じて柔軟に対応しますのでお気軽にご相談下さい。
報酬金 成功報酬は事案により異なります。ご状況に応じて柔軟に対応しますのでお気軽にご相談下さい。
緊急出動 痴漢事件(冤罪を含む)についてタイムチャージ制で対応しております。事案に応じ、30分あたり5,400円〜10,800円。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【自転車窃盗事件】逮捕を防ぎ、不起訴処分を獲得し、職場に知られることなく解決。

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

ご相談者様は、ある日、飲み会で遅くなって、つい駅前のコンビニに停めてあった鍵の刺さった自転車を乗ってきてしまったとのこと。後日、被害者からの通報で警察が調べに来たという事案で、逮捕されて仕事に行けなくなったら職を失ってしまうし、事件が職場にわかってしまうと解雇されるかもしれないとご不安をお持ちの状態で、ご相談に見えられた。

相談後

警察に直ぐに連絡をして、ご相談者様の状況を報告、逮捕の必要性が低く、逮捕をしないで在宅で都度出頭しての取り調べを行うように要請。その後、弁護士を通じて取り調べの日程を調整したり、捜査に協力をしつつ、迅速に被害者と示談交渉を行い、示談が成立し、被害届の取り下げを実現した。結果、2ヵ月ほどで不起訴処分(起訴猶予)を獲得し、前科が全く付かない状態で事件が解決できた。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

ご相談者様ご本人に特にみるべき前科・前歴がなく、職業的にも信頼できるような職にあった方で、弁護士の粘り強い交渉と報告で、警察も最後には示談交渉での解決のために被害者への情報提供をするなど、捜査機関と協力・協調関係が築けた事案であった。

刑事弁護活動は、結果は捜査機関ないし裁判所が決めることで、弁護士は保証できないとはいえ、最善の活動を尽くすために尽力します。今回は、ご相談者様の一番の懸念である職の確保という点に重点を置いた対応で、結果として100%のご満足を頂けた案件でありました。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

【少年事件】校内での連続窃盗事件、被害件数が多かったが警察・学校と連携し全件示談。少年審判は不処分の結果、退学を回避し早期の復学を実現した。

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 10代

相談前

未成年のお子さんが学校内で連続して財布を盗んでいたことが発覚して、学校から呼び出されたとの親御さんからのご相談でした。被害規模からすると退学は免れないものとお考えでした。なんとか、お子さんに立ち直ってもらいたいとのことで、最善の弁護活動を依頼いただきました。

相談後

<学校側への対応>
すぐに受任をしらせ、責任をもって被害者対応を行うことを約束。また、処分については、本人の反省状況や両親の監督を考慮して退学処分を選択するべきでない旨の意見書を作成し、学校側へ即座に提出した。同時に、被害者に連絡をとってもらい、示談を進める協力を得た。弁護士が被害者ひとりひとりと面談をして、謝罪。その結果、時間はかかったが、書類送検の前に全件の示談が完了した。

<警察/検察への対応>
示談の進捗状況を随時報告し、本人の取り調べや現場検証にも弁護士が立会い、万全の対策をとった。結果、不処分相当との意見で家庭裁判所に送致された。

<家庭裁判所への対応>
事件発覚から家裁送致まで半年ほどかかった事件であったので、その間の活動や、少年の反省状況として、手紙や日記を事前に作成するように対応しておいた。それらを、調査官に提出し、同時に不処分相当の意見書を提出した。結果、少年審判では不処分となった。

甲本 晃啓弁護士からのコメント

甲本 晃啓弁護士

問題が発覚した段階で一早くご相談をいただいたことから、最良の結果が実現できたたと思います。少年事件は、一般の刑事弁護とは異なり、少年に反省を促しつつ、問題の原因を探ること、また、再犯防止と更生を目指すためにどう親子関係の再構築をしていったら良いのか議論と試行錯誤を繰り返すことが重要です。これらすべての過程に弁護士が関与して、事件後に親子がどのような取り組みをしたのか記録化して、家庭裁判所をはじめ、少年に関係する各機関と調整をはかります。このケースでは、親御さんから全面的な協力と信頼をいただけたこともあり、弁護士活動の効果が最大限発揮できました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
甲本・佐藤法律会計事務所
所在地
〒100-6213
東京都 千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内13階
最寄り駅
JR「東京」駅直結、銀座線京橋駅徒歩3分
対応地域

全国

対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 知的財産
  • インターネット
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で面談予約
050-5265-6663

メールで面談予約

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

甲本・佐藤法律会計事務所へ面談予約

電話番号 050-5265-6663

※甲本・佐藤法律会計事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
面談予約フォームまたはお電話にてお問い合わせください。
対応言語
英語