お気に入りに追加
亀子 伸一弁護士

( かめこ しんいち ) 亀子 伸一

法律事務所みちしるべ

現在営業中 10:00 - 19:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回面談1時間無料】【熟年離婚/不貞/親権絡む離婚に特化】父親側の監護権や親権での実績あり。ご相談者の考えを尊重した上で、アドバイスさせて頂きます。
法律事務所みちしるべ
法律事務所みちしるべ
法律事務所みちしるべ

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

「あなたの立場で、より良い解決に向けたアドバイスを、分かりやすく丁寧にお伝えすること」
を大切にしています。

初回のご相談(面談)は無料

初回のご相談(面談)は無料で、1時間を目安に行っています。
「相談したら、依頼しないといけない」ということはありません。安心してご相談ください。

熟年離婚に関しての実績多数

60代以上の依頼者の方を中心に数多くの熟年離婚を取り扱った経験から、
熟年離婚に関して豊富な知見とノウハウを有しています。
離婚条件の要望を丁寧にヒアリングし、できる限り要望に沿った形で離婚成立できるよう努めます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
  • 相手の浮気が疑われるが、どのような証拠を収集すればよいのか。
  • 親権をとられたくない。
  • 子どもに会わせてもらえない。
  • 長年連れ添った相手と離婚したい。
  • 夫の世話から解放されたい。
  • 相手は退職前だが、(もらえるであろう)退職金は分けてもらえるのか。
  • これまで相手にかけ続けていた生命保険はどうなるのか。
  • 子どもの監護権や親権について(自分が子どもを育てていきたい、親権者の変更)

重点取扱案件

  • 熟年離婚
  • 不貞にまつわる問題
  • 子どもの監護権、親権に関する対応

※「父親側で乳児の監護権及び親権獲得」「父親側で息子の親権及び(母親と同居する)娘の共同監護権獲得」など、難しいと言われる父親側の監護権や親権での実績があります。

子どもの親権や監護権について

子どもの親権や監護権が関わる問題は、専門的な分野です。弁護士までご相談ください。
これまで父親側が親権を取得できた事例を複数取り扱っており、難易度の高いケースにも適切に対応可能です。

不倫の慰謝料問題について

不倫の慰謝料問題については、金額面はもちろん、金額以外の条件など、ご相談者の考えを尊重した上でアドバイスさせて頂きます。
センシティブな面にも配慮してサポートさせて頂きます。

充実したフォロー体制

  • 当日・休日・夜間相談可(ご相談は予約制)
  • 分割払いなど柔軟な支払い体制
  • プライバシーに配慮した完全個室

アクセス

静岡駅から徒歩12分
お車の方は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

ホームページ

https://bit.ly/3oM1Pnc

この分野の法律相談

2年程前から元旦那のギャンブルによる借金と不倫が原因で別居をしています。同居中元旦那の育児参加はなく、ほとんど私一人で家事、育児をしてました。別居中はたまに元旦那から生活費を貰っていましたが、生活面ではまったく頼っていませんでした。 11月に離婚が成立したのですが、成立してすぐに別居中知り合...

> 1、この場合私の不貞行為もありますし、親権は取られてしまうのでしょうか? あくまで記載されたご事情を前提にですが、それほど心配する必要はないと思います。 特に別居後にご相談者がお子さんたちの監護を行ってきたという実績からすると、「ご相談者が親権者として適切」という判断は変わらず、元夫に親権が変更される可能性は(かなり)低いのではないかと思います。...

亀子 伸一弁護士

少し難しい質問なのですが 離婚調停中で 調停委員から一時的な同居を薦められ (必ず帰すなどの取り決めはありません) 別居中で一時的に同居する事なりましたが 帰る日に子供が帰りたくないといい 私は帰るように諭しましたが帰りませんでした。 私は子の福祉を1番に考えて こちらに残らせましたがこの...

一般論としては、子どもが「帰りたくない」と言っても、「一時的」な同居である以上、帰すための努力をする必要があり、帰りたくない理由を聞いて必要な説得などしなければなりません。虐待やネグレクトなど、子どもを帰すと「子の福祉」を害する明らかな事情が判明した場合は別です。 ご相談者としては、必要な説得などの努力をしたことを証明できる証拠を、残しておいた方が安全です...

亀子 伸一弁護士

元妻が私名義の車を返さずに乗っています。自動車保険も家族限定なので事故を起こしたらと思うと心配です。言ってもらちが明きません。法律的になんとかなりませんか。名義の返却をしてほしいです。よろしくお願いいたします。

元妻が交通事故を起こした場合に、自動車名義がご相談者のままですと、ご相談者も「運行供用者」として賠償責任を問われる可能性があり、そのことについてご心配されているのだと思います。 元妻に対しては、自動車の返還請求とともに、「元妻側での自動車使用禁止」というメッセージを、内容証明郵便など、伝えた内容が客観的な記録として残る形で、伝えた方がよいと思います。 そ...

亀子 伸一弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料としています。
2回目以降は、30分5500円(税込)のご相談料が掛かります。
離婚協議書 文書作成料:11万円(税込)を基準としています。
※公正証書による場合は別途ご相談ください。
離婚 <交渉・調停をご依頼の場合>
離婚の交渉、離婚調停の着手金は33万円(税込)を基準としています。
また、交渉や調停で離婚協議が成立せず、離婚訴訟となった場合には、離婚訴訟準備の追加着手金(11万円税込)をいただいております。
詳細はご相談時に確認をお願いします。

<訴訟>
離婚訴訟の段階からご依頼の場合の着手金は、38万5000円(税込)を基準としています。

<報酬金>
交渉・調停・訴訟により離婚が成立した際の報酬金は、着手金同額(税別)に、経済的利益(相手から獲得した財産や、相手への支払を減免した財産)の11〜17.6%(税別)を合計した金額を基準としています。
不貞慰謝料 着手金:22万円(税込)を基準としています。
報酬金:経済的利益(相手から獲得した財産や、相手への支払を減免した財産)の11〜17.6%(税込)を基準としています。
子の監護に関するもの <子の監護者指定・子の引渡し調停、審判>
着手金:33万円(税込)を基準としています。
報酬金:着手金と同額(税込)を基準としています。

<面会交流>
着手金:22万円(税込)を基準としています。
報酬金:着手金と同額(税込)を基準としています。
※面会交流の弁護士立会が必要となった場合には、事前にご了解を得て、日当等のお支払をお願いする場合があります。
備考欄 ●婚姻費用や養育費の請求、離婚後の財産分与請求などについても、ご依頼をお受けしています。
●料金の詳細については、ご依頼の内容や案件の難易に応じて調整いたしますので、ご相談時にご確認ください。ご相談者の経済的状況もなるべく配慮いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

父親の代理人として、乳児の監護者指定(その後、親権も)を獲得した解決事例

  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 男性

相談前

妻が、子ども2人(うち1人は妻の連れ子)を連れて別居する準備をしていることを察知し、夫(依頼者)は長男(当時生後6ヶ月)を連れて自宅を出て、妻と別居しました。
依頼者は、依頼者の母の援助を受けながら、別居先で長男を監護していましたが、別居後すぐに妻から、子の監護者指定・子の引渡しの審判・各保全処分を申し立てられたため、ご相談に来られました。

相談後

監護者指定・子の引渡しの審判事件・各保全処分を受任し、これまでの夫婦関係、子どもの監護の経緯・関与や証拠関係を精査し整理して、審判事件の対応を行いました。
依頼者に対しても、監護する環境や監護補助者の協力態勢を協議し改善して、万全の監護態勢の確立に努めてもらうことや、日々の監護の状況が分かるような監護日誌を作成すること等のお願いをします。調査官による調査(聴き取りや家庭訪問など)での対応のアドバイスも行います。

第一審家庭裁判所での審判では、妻は専業主婦であったため、「同居中の主たる監護者は妻」だと認定されました。しかし一方で、その妻による監護に問題があったとの主張が認められ、結果的に、同居中の妻による監護についてはあまり重視されませんでした。
むしろ、別居後の子どもの発育状態等から、同居中よりも別居後の監護状態が良いことが評価され、夫の監護能力を高く評価してもらうことができました。
また、別居の経緯についても、詳細な主張と証拠関係の整理により、夫が子どもを連れて出て行くことが違法とまでは評価し難い(やむを得ない)と認めてもらうことができました。
結論として、子どもの監護者としては夫が指定され、妻の申立ては却下されました。

不服のある妻は、第一審審判について抗告し、第二審高等裁判所での審理に移りましたが、結論として妻による抗告の主張を認めず、妻の申立てはいずれも棄却され、第一審での判断が確定しました。妻による当初の審判申立てから1年半近く経っていました。

その後、引き続き夫の代理人として、妻との離婚協議を行い、子の親権者は夫とする形で、協議離婚が成立しました。

亀子 伸一弁護士からのコメント

亀子 伸一弁護士

子の監護者指定や子の引渡し審判事件は、同時に保全処分の申立てが付いている場合、裁判所も速いテンポで審理が行いますので、素早く的確な対応が求められます。

残念ながら、裁判所において、夫が子どもの監護者や親権者に認められる例は、極めて限られています。妻が同居中の「主たる監護者」として認められることが多いからです。
この解決事例についても、妻が同居中の主たる監護者と認められましたが、妻の監護の内容や能力の不十分な点について適切な主張を行うことにより、妻による監護が重視されませんでした。
また、夫の監護態勢を整えて、夫による監護に問題がないこと等を適切にアピールすることにより、夫の監護能力が高く評価されました。
夫自身の監護の意欲や熱意が必要なことはもちろんですが、その意欲や熱意を、裁判官に適切に伝わるようにすることも非常に重要です。

今回の解決事例とは異なり、相手に子どもを連れて出て行かれた場合には、「子どもを連れ戻す」ということをしなければならず、大変な労力が必要になります。
子どもの監護権や親権についてお悩みの方は、できるだけ、別居前にご相談いただきたいと思いますし、子どもを連れて別居した・別居された場合には、すぐにご相談いただきたいと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

モラハラ夫との離婚事例

  • 別居
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

依頼者は、夫から長年のモラハラ・暴力を受け、一時的に実家に避難していた方(妻)です。
相談のやり取りの中で、依頼者は今後の人生を考え、離婚を決意され、夫の離婚交渉等をご依頼されました。
今後の対応方針を協議するとともに、別居中の注意点や夫と連絡を取らないようにすることを伝えました。

相談後

まずは弁護士から夫宛てに手紙を送り、夫に対して離婚に対する考えを聞くところから始まります。
しかし、夫は色々と理由を付けて、離婚に応じるつもりがないようでした。
依頼者に説明の上で、早々に交渉を切り上げることにしました。

つぎに行うのは、離婚調停(夫婦関係調整調停)の申立てです。
依頼者から婚姻に至る経緯や婚姻生活について詳しく事情を伺い、それを基に申立書などの書類を作成します。調停をスムーズに進めるためにも、調停委員や裁判官に対して、依頼者が「離婚を決意した」背景や事情、その思いを、しっかりと正確に伝わるように、事実関係を整理します。
今回の事例でも、弁護士が作成した提出文書を読んだ調停委員は、依頼者が離婚を決意した事情に納得・共感し、相手方である夫に対して、粘り強く離婚を勧めてくれました。
しかし、やはり結局、夫は離婚に応じようとせず、調停自体は不成立で終了しました。

離婚調停が不成立となった場合、離婚訴訟(裁判)を起こす必要が出てきます。
ただ、今回の場合、依頼者とも相談した上で、離婚訴訟を起こす前に再度、「離婚訴訟を起こした場合にどうなるか(夫側のデメリット)」をまとめた手紙を作成し、夫に送付しました。
するとしばらくして、夫は「離婚に応じる」という返事と共に、離婚届を送ってきました。
妻は、無事に離婚届を提出して、夫との離婚が成立しました。
ご依頼を受けてから、4カ月のことでした。

また、その後、元いた自宅に残ったままだった依頼者の荷物の引き取り等についても相手方と調整し、無事に引き取ることができました。

依頼者は、離婚裁判を回避しての離婚成立に、精神的にもほっとした様子で、感謝の言葉をいただきました。

亀子 伸一弁護士からのコメント

亀子 伸一弁護士

離婚問題というと、「離婚をしたいけど、どうしたらいいのか」ということでご相談にいらっしゃる方をイメージされるかと思います。
ただ、今回の事例のように、「離婚したいのかどうか」や「離婚するべきなのかどうか」を悩み、ご相談にいらっしゃる方も多くいます。
そうした場合でも、これまでの経緯や事情をうかがい、夫婦の関係を整理して、相談者のおかれている状況を知ってもらうことで、「離婚についてどうしたいのか、どう考えていけばいいのか」について、もう一度冷静に、考えてもらうようにしています。

離婚を決意したとしても、相手方が離婚に応じないような場合には、感情的な対立も大きく、当事者同士では冷静な判断や対応が難しい面があるように思います。
相手方との間で、円滑に、離婚の話し合い(交渉)を進めたいと思ったときには、相手方の性格や立場等をふまえた対応を考えていく必要もあります。
どのような方法、対応、離婚条件(親権、養育費、慰謝料、財産分与)が適切かは、個別の事情で変わってきます。
離婚協議や離婚条件についてお悩みの方は、一度ご相談いただければと思います。
より良い解決に向けて、後押しができれば幸いです。

離婚・男女問題の解決事例 3

不貞相手から300万円の慰謝料を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

長年連れ添って信頼していた奥さんの浮気が発覚した男性は、とてもショックを受けて食事が喉をとおらず夜も眠ることができず、今後もどうしたらいいか分からないという呆然とした状態で、急遽ご相談に来られました。

相談後

これまでの事情を詳しくうかがい、夫婦関係の問題と、不貞(不倫)相手に対する問題をそれぞれ冷静に整理しながら、取りうる法的手段の説明などをやさしく行いました。

夫婦関係の問題(離婚するかどうかなど)については、お子さんや家のこともありすぐに決断はできない状況でしたが、今後考えるべきポイントがわかったようで、すこし安心された様子でした。

一方、不貞相手に対する問題は断固とした対応を取ることを希望され、不貞慰謝料の請求について依頼を受けることになりました。

不貞慰謝料の請求にあたっては、本人の気持ちを丁寧に聞き取り、最大限、不貞相手への通知文に表します(脅迫等にあたらないように配慮はします)。

今回の件で不貞相手に弁護士名での通知文を送付したところ、不貞相手も弁護士をつけることになりましたが、通知文によって依頼者本人の気持ちが伝わったこともあり、不貞相手の弁護士からは「最大限の誠意として慰謝料を300万円一括で支払う」との回答がありました。

亀子 伸一弁護士からのコメント

亀子 伸一弁護士

不貞慰謝料は、不貞行為が発覚したことによる精神的苦痛を、お金として請求するものです。
正直に言って、お金をもらったからといって精神的苦痛が解消できるわけではありません。
ただ、そうはいっても目に見える形で残るものはお金しかなく、法的にも慰謝料請求として金銭的な請求をすることでしか解決の方法がありません。

事情により妥当な慰謝料額は変わりますので、300万円が一概に高いとは言えませんが、今回の案件では、通知文により本人の精神的苦痛が不貞相手にはっきりと伝わり、その結果、不貞相手は金銭的な工面をしてでも一括で300万円を支払うという回答をしたのだと思います。

もちろん弁護士でなくても不貞慰謝料請求はできますが、請求する際の文章の内容として、気持ちが入りすぎて冷静さを失い脅迫的な言葉が入ってしまうと、逆に不貞相手が警察に相談するというトラブルにもつながりかねません。
また、慰謝料請求には交渉としての要素もあります。

一方、慰謝料請求に限りませんが、相手の住所が分からずに対処ができなかったり(通知文も送ることができません。)、相手にお金がないようであればお金を回収できなかったりする例もあります。
そのあたりでは解決が難しいことが多いですが、ご相談によってなにか打開策が見つかるかもしれません。

慰謝料請求でお困りの際は、一度、弁護士にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
法律事務所みちしるべ
所在地
〒420-0034
静岡県 静岡市葵区常磐町2-4-25 イデア常磐町ビル4階
最寄り駅
JR静岡駅
受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜11:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
●事務所営業時間は、平日午前10時~19時となっております。
●平日19時以降の時間外及び土日祝日のお問い合わせは、メールでのお問い合わせをご利用ください。
●メールでのお問い合わせは、営業時間外でも確認後にお返事しています。
●土曜営業日は現在、不定期です。相談ご希望の方は事前にお問い合わせ下さい。
対応地域

北陸・甲信越

  • 山梨

関東

  • 東京
  • 神奈川

東海

  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5281-9908

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 19:00

亀子 伸一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5281-9908
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜11:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
●事務所営業時間は、平日午前10時~19時となっております。
●平日19時以降の時間外及び土日祝日のお問い合わせは、メールでのお問い合わせをご利用ください。
●メールでのお問い合わせは、営業時間外でも確認後にお返事しています。
●土曜営業日は現在、不定期です。相談ご希望の方は事前にお問い合わせ下さい。
設備
完全個室で相談