現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
亀子 伸一弁護士

( かめこ しんいち ) 亀子 伸一

◆相続案件実績多数◆初回相談無料◆まずはお気軽にご相談下さいませ

法律事務所みちしるべ

遺産相続

分野を変更する
◇静岡駅徒歩3分◇初回面談無料◇相続トラブルの不安を取り除く、「より良い解決」のご提案を心がけています。「1日でも早い解決」に向けて力を尽くします。
法律事務所みちしるべ
法律事務所みちしるべ
法律事務所みちしるべ

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆親族間の調整はお任せください!

はじめまして。静岡の弁護士、亀子(かめこ)と申します。

相続トラブルは、突然のことでどう対処すればよく分からなかったり、また当事者に血のつながりがあるからこそ、当事者同士での解決は難しくなり、長期化することも少なくありません。

問題の解決を後回しにしても、状況は変わらないままで今に至る、ということも多いように感じています。

解決に向けて第一歩を踏み出すためにも、弁護士にご相談ください。
「あなたの立場で、より良い解決に向けたアドバイスを、分かりやすく丁寧に伝える」
を大切に、ご相談をお受けしています。
弁護士がやさしく話をうかがい、より良い解決を一緒に考えます。

相談された方からは、ありがたいことに、
「とても話しやすく、優しい先生で良かったです」
「これからのことが具体的にイメージできました」
などの感謝の言葉をいただいております。

ご相談者の立場やお考えに寄り添い、最善の解決に向けて尽力いたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

◆安心のサポート体制

【1】親身で分かりやすいアドバイスを

ご相談者の立場や気持ちに寄り添い、分かりやすく丁寧なアドバイスを行っています。

・ご自身で対応できそうなこと
・どこから弁護士に任せることを考えるべきか
など、弁護士を依頼するタイミング等についても、お伝えしています。

【2】当日・夜間相談可

当日相談や夜間の相談、土曜日でのご相談についても、できる限り対応しています。お気軽にお問い合わせください。

営業時間外などでは、メールでお問い合わせください。
確認後にメールにて返信します。

【3】初回面談1時間無料

面談での初回相談は、1時間無料で行っています。

「相談したら、依頼しないといけない」ということはありませんので、ご安心ください。
まずはご相談いただき、「この人なら信頼できそうだ」と思うことができるかどうかで、ご依頼についてご検討いただければと思います。
ご依頼くだされば、解決に向けて全力でサポートさせていただきます。

◆このようなお悩みはありませんか?

・遺言書が見つかったが、その遺言の内容が信用できない(納得できない)。
・生前の相続対策について相談したい。遺言書の作成について相談したい。
・生前に財産を管理していた相続人が、お金を使い込んでいた。
・突然、遺留分減殺請求の書類が届いて、どうしたらよいか困った。
・相続に関係して不動産の立ち退きを求められたり、金銭を請求されたりしている。

【重点取扱案件】

・遺産分割協議の対応
・遺言書の作成
・遺留分減殺請求の対応

◆当事務所について

【アクセス】

JR静岡駅から徒歩12分
お車でお越しの方は、近くに有料駐車場をご利用ください。

【相談環境】

プライバシーに配慮した完全個室での相談が可能です。
相談内容は弁護士の守秘義務により第三者に伝わることはございません。

この分野の法律相談

相続放棄についての質問です。 父が亡くなり兄弟間で父の財産を相続をすることとなりました。 実家の家と土地が残ったため、それを兄弟間で相続するということになりました。 父には多少の借入金があったようですが、不動産を処分すればかなりプラスになるだろうということです。 兄の私は父と疎遠だったので、...

結論から申し上げると、家庭裁判所に自分で相続放棄の申述を行うことが安全です。 弟が頼んだ司法書士作成の書類というのは、いわゆる「相続分の放棄」に関するものではないかと思われます。 相続分の放棄では、相続人当事者間では意味がありますが、お金を貸していた第三者には基本的に効果が及ばないため、ご相談者にも借入金の返済義務が生じるリスクが残ります。 第三者...

亀子 伸一弁護士

遺留分請求で裁判中です 弁護士さんからいわれた和解のテーブルに乗るかという言葉がピンと来ません 和解について以前聞いた時には裁判官のところに 交互に弁護士さんが入ってこちらの言い分を言ってくれるという話だったので 調停みたいですかと私は調停のこともよくわからないのですが聞くと 怒られてしまってこ...

和解は「当事者双方が話し合いにより、解決するための条件(和解条件)などを納得して合意して、解決する」というものです。 裁判の場で和解条件について話し合い、和解条件が合意できれば、裁判は終了します。 裁判では、和解ができない場合、最終的に、裁判官が妥当と考える「判決」を出すことになります。ただ、その「判決」の内容に当事者双方が納得できるとは限らず、強い...

亀子 伸一弁護士

相続開始後の使途不明金訴訟で、「不当利得返還請求」と「不法行為に基づく損害賠償請求」を認めてもらうには、どちらの場合も「知らないうちに引き出された」とか「引き出されたことを知らなかった」というように、「無断で・勝手に」ということが必須なのでしょうか?

どちらも「お金を引き出す権限がなかった」ということが必須になります。

亀子 伸一弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料としています。
2回目以降は、30分5500円(税込)の相談料が掛かります。
遺言書作成 11万円(税込み)が基準となります(内容が簡単なもの)。
公正証書での作成希望の場合は別途ご相談ください。
遺産分割(交渉・調停・審判での基準) <着手金>(事件着手時の費用)
22万円(税込)を基準として、事案や遺産の内容等により調整を行います。

<報酬金>
遺産分割の結果の経済的利益(獲得した財産や、他への支払を減免した財産の額)が、
・300万円以下:経済的利益の17.6%の金額(税込)※最低11万円
・300万円を超え3000万円以下の場合:経済的利益の11%+19万8000円(税込)
・3000万円を超え3億円以下:経済的利益の6.6%+151万8000円(税込)
・3億円を超える場合:経済的利益の4.4%+811万8000円(税込)
遺言執行 経済的な利益の額が、
・300万円以下の場合:33万円(税込)
・300万円を超え3000万円以下の場合:2.2%+26万4000円(税込)
・3000万円を超え 3 億円以下の場合:1.1%+59万4000円(税込)
・3億円を超える場合:0.55%+224万4000円(税込)
遺留分侵害額請求 遺産分割と同様です。ただし、着手金の計算は、「遺留分侵害額として請求する額」をもとに行います。
また、請求を受けた方の弁護士費用については、別途ご相談となります。
備考 ●そのほか、生前の使途不明金に関する損害賠償請求や返還請求、相続人に対する債権回収などのご相談、ご依頼もお受けしています。
●料金の詳細については、ご依頼の内容や案件の難易に応じて調整いたしますので、ご相談時にご確認ください。ご相談者の経済的状況もなるべく配慮いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺産分割調停での解決事例(遠方)

  • 遺産分割
依頼主 男性

相談前

父親が亡くなったことによる相続問題で、相続人はご相談者と妹(遠方に住んでいる)の二人でした。
ご相談者は、妹の方から、妹が頼んだ行政書士作成の「遺産分割協議書」などの書類が一方的に送られてきたため、ご相談者は困惑しながらも納得のいかない協議書の内容について、妹と話し合いによる解決を目指していました。
しかし、結局、妹の方が話し合いに応じない様子であったため(行政書士は交渉してはいけないため、妹の方で話し合いによる対応ができなくなったのだと思われます。)、今後の対処についてご相談にいらっしゃいました。

ご相談の中で、今後の対処としては、「遺産分割調停」を家庭裁判所に申し立てる必要があり、それは相手方(今回であれば妹の)住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てることになりますが、妹は遠方に住んでいるため、今後の遺産分割手続に関して依頼を受け、代理人として遺産分割調停を申し立てることになりました。

相談後

遺産関係の資料を精査し、遺産分割調停申立書を作成して、妹の住所地を管轄する家庭裁判所に申立を行いました。
調停については、遠方であるため家庭裁判所を説得して(旅費等の依頼者の負担を避けるためです。)、こちらの事務所内で「電話会議システム」を用いて、電話で参加することとなりました(依頼者にも、事務所に来てもらい、一緒に参加していただいています。)。

妹にも弁護士が就いたため、遺産(負債を含む)をどう分けるか等について円滑に協議を進めることができました。
そして、最後の調停1回のみ、申立をした遠方の家庭裁判所に依頼者と行き、依頼者とともに遺産分割の内容について最終確認をして、双方納得のいく円満な形で、遺産分割調停が無事に成立しました。

ちなみに、調停成立に際して、不動産の登記名義を依頼者へ変更することが必要なものに関しては、依頼者のご希望もあり、登記に精通した司法書士の先生をご紹介しました。

亀子 伸一弁護士からのコメント

亀子 伸一弁護士

相続問題で弁護士への相談にいらっしゃる方は、既に相続人間で関係が悪化したり、感情的になってしまっている場合が多いように思います。
ご相談では、詳しく事情をお聞きして、冷静な第三者の視点から、どのような解決が望ましいかアドバイスすることを心がけています。法律的な問題点や手続についても、丁寧で分かりやすい説明をしています。

相続問題についてお悩みの方はもちろん、相続分(分割内容)について不満を持ちながらも「大ごとにしたくないから、我慢するしかないかな」と思っている方は、協議書や同意書に署名する前に、一度ご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 2

相続に関する協議(遺産分割協議)での解決事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 女性

相談前

相談者様は遠方に住むおばあ様が亡くなった際に、自分の親が先に亡くなっていたため、代襲相続人となりました。
しかし、遠方に住む親族からはお葬式に呼ばれず、当事者同士での話し合いも、感情的な対立もあって困難な状況となっていました。
そこで、今後の対応や解決に向けた動き方について、ご相談にいらっしゃいました。
ご相談では、今後の親族との付き合い方について整理をし、今回の相続問題を法律に基づいて適切に解決することを望まれ、遺産分割協議についてご依頼をされることになりました。

相談後

まず、遠方に住む親族宛に、弁護士名での連絡文を送付し、協議を求めました。
感情的な対立がある場合、これまでに十分な話し合いができておらず、お互いの考えなどについて誤解をしていることも多くあります。
弁護士から相手方に、依頼者様の気持ちや考えを整理して伝えます。また一方で、相手方の考えも聞いた上で、解決のために調整可能な余地がないかを検討することになります。
今回の場合、遺産分割の対象となる遺産(不動産を含む)を確認し、不動産については価値(金額)の評価を検討するとともに、法律に基づいてどのように分割するかの協議を中心に行いました。
また、感情的な行き違いについては、相手方の了解を得て直接会う機会を設定することができ、お葬式での不手際があったことなども自主的に謝罪してもらうこともできました。
協議内容に基づいて遺産分割協議書を作成し、協議書により遺産の分配を行って解決に至りました。

亀子 伸一弁護士からのコメント

亀子 伸一弁護士

感情的な対立が出てきてしまうと、当事者同士では相続問題はなかなか話が進みません。
まずは、具体的にどういったところで対立が生まれているのかを、冷静に把握することが大切だと考えています。
どこでこじれているのか分からずに弁護士が関わることで、反対に「火に油を注ぐ」ことになり、解決が遠のいてしまう場合もあるからです。
この解決事例では、これまでの話し合いがほとんど一方通行で、お互いに誤解も多いように思われたため、感情的な対立の調整についても力を入れ、最終的な解決に結びつけることができました。
ご相談では、詳しく事情を伺って、どのような解決が考えられるかや、弁護士を依頼されるタイミングなども含めて、丁寧にアドバイスさせていただきます。
相続問題に関してお悩みの方は、まずはご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
法律事務所みちしるべ
所在地
〒420-0034
静岡県 静岡市葵区常磐町2-4-25 イデア常磐町ビル4階
最寄り駅
静岡駅
受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜10:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
●土曜日の営業は現在、不定期です。土曜相談ご希望の場合は事前にお問い合わせ下さい。
●メールでのお問い合わせには随時対応しております。
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川

北陸・甲信越

  • 山梨

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 岐阜
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5348-8639

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

亀子 伸一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5348-8639
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜10:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
●土曜日の営業は現在、不定期です。土曜相談ご希望の場合は事前にお問い合わせ下さい。
●メールでのお問い合わせには随時対応しております。
設備
完全個室で相談