現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
吉山 晋市弁護士

( よしやま しんいち ) 吉山 晋市

3万人以上の方の債務整理を取り扱って参りました。安心してご相談ください。

弁護士法人みお綜合法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
【相談は何度でも無料】【費用の分割払い可】
3万人以上の方からご相談をいただいています。
自己破産・個人再生・任意整理など、ケースに応じて解決策を提示します!
弁護士法人みお綜合法律事務所
弁護士法人みお綜合法律事務所
弁護士法人みお綜合法律事務所

JR大阪駅直結、ノースゲートビル14階にございます。JR京都、三ノ宮駅前に支店有

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

個人の方の自己破産、個人再生、任意整理に対応

借金問題の解決は、一歩立ち止まって、現在の状況を見つめ直すことから始まります。借金の総額、借入先、毎月の返済額、家計の収支、資産・負債の状況、借金の原因…。それらを細かくチェックし、専門家に相談することで、借金問題の解決策が見えてきます。

生活再建のためには、自己破産、個人再生、任意整理など各種解決方法があります。みお綜合法律事務所では、これまでに、借金の返済に困った3万人以上の方からご相談をいただいています。そして、それぞれの方にベストの借金整理方法をご提案し、解決に導いてきました。

相談は何度でも無料

弁護士費用は分割支払いが可能です。弁護士に依頼すれば借金の返済が止められますので、返済が無くなった分から毎月お支払いいただくことができます。

任意整理は利息のカット、個人再生は借金の圧縮、自己破産は借金の免責を受けるための手続きです。

ご依頼いただくと、任意整理の場合の債権者との交渉、個人再生・自己破産の場合の裁判所提出書類の作成は、全て弁護士に任せることができます。

まずはお気軽にお問合せください。

過払金の有無を無料で調査します

高い金利で借金をしていた場合、過払金を取り戻すことができます。
あなたの過払い金も取り戻せるかもしれません。
気になる方は、当事務所の【相談料無料】【着手金0円】【完全成功報酬制】の過払金調査サービスをご利用ください。

【過払金調査サービスのポイント】

  • 完済後の過払い金返還請求は、信用情報に影響しません。信用情報が気になるという方も安心して手続きをしていただけます。
  • 【相談料無料】【着手金0円】【完全成功報酬制】の手続きです。調査の結果過払金が発生しなかった‥という場合も費用倒れの心配がありません。
  • 完済から10年で、過払金は消滅時効を迎えます。完済から10年以内に弁護士にご依頼いただくことが重要です。
  • 女性弁護士が複数在籍しています。女性弁護士の方が安心という方にもおススメします。
  • 駅チカの好アクセス。JR大阪駅直結、JR京都駅徒歩2分、JR・阪急・阪神三宮駅徒歩4分の場所に事務所を構えていますので、仕事帰りや他の用事の際にお立ち寄りいただくことも可能です。

 ぜひお気軽にお問い合わせください。

会社の清算手続きについてもお任せください

 当事務所では法人の破産手続きを取り扱っています。弁護士以外にも、不動産の専門家である司法書士、人事労務のスペシャリストである社会保険労務士、許認可に詳しい行政書士など、企業法務をサポートしてきた士業が在籍していますので、万全の体制で手続きを進めることができます。

 初回相談無料で対応していますので、お気軽にお問合せ下さい。お越しいただいた際に、詳しい解決策を一緒に検討させて頂きます。持参頂きたい資料は、お問い合わせの際にご説明させて頂きます。

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 無料(任意整理・個人再生・自己破産・過払金請求・消滅時効援用等いずれも)
任意整理 ★分割でのお支払いが可能です。
・着手金:業者2社までは、1社当たり44,000円。3社目以降は1社当たり33,000円。(10%税込)
・報酬金:下記の①②の合計(10%税込)
① 減額報酬:業者の請求金額から減額となった金額の11%。
② 過払報酬:回収した過払金の22%。訴訟により回収した場合、別途費用が必要です。
・上記の他実費等が必要になります。
個人再生 ★分割でのお支払いが可能です。
330,000円(10%税込)~+実費等
自己破産 ★分割でのお支払いが可能です。
308,000円(10%税込)~+実費等
過払金請求 ★過払金を回収できない場合は、費用はかかりません。
着手金:無料
成功報酬:回収額の22%(10%税込)。訴訟により回収した場合、別途費用が必要です。
法人・事業者の破産 ・初回相談無料
・手数料550,000円(10%税込)~+実費等250,000円程度。負債総額・債権者数・事案の性質等により別途費用が必要になることがあります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(13件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【任意整理】家族3名がそれぞれ借入。任意整理で月々の支払額を圧縮。

  • 任意整理
依頼主 20代 男性

相談前

 Sさんは、学生時代に奨学金の借入をしましたが、卒業後、奨学金の返済のために生活費が不足してしまい、銀行や消費者金融から借入を始めました。初めは、収入から返していける程度の返済金額でしたが、徐々に借入が大きくなり、奨学金以外の借入が約300万円となり、月々の返済が困難になってきたことから、当事務所に借入の返済についての相談に来られました。
 また、Sさんのお父さんは銀行やクレジットカード会社から100万円の借入があり、Sさんのお母さんもクレジットカード会社から50万円の借入がある状態でした。Sさん達は、家族の借金問題を解決したいと考え、3名で相談に来られました。

相談後

 Sさんは、上記300万円と奨学金200万円の借入があり、破産をするか、奨学金を除いて任意整理をするか検討を行いました。その結果、奨学金は親戚が保証人となっており、親戚に債務整理を知られたくないことから奨学金を債務整理の対象から外し、銀行や消費者金融からの借入について任意整理を行うことにしました。
 任意整理の結果、奨学金以外の返済額は月々5万円程度となりました。ご依頼いただく前は、返済してもなかなか元本が減らない状態で借金完済の見通しが立てられない状態でしたが、任意整理をすることで約5年後には借金が無くなる見通しを立てることができました。
 また、Nさんのご両親の借入も、元本が減ることはありませんでしたが、弁護士が交渉することで今後の利息を0%にして元本だけを返済していくことになり、借金完済の見通しを立てることができました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 奨学金を借り入れたために生活費が不足し、その他の借入を始めてしまう方が多くいらっしゃるように思います。このような場合、破産をするか任意整理をするか等の選択肢がありますが、奨学金を整理の対象から外したいという方は、本件のように任意整理の手続きを行うことになります。
 任意整理では、元本は減らなくても将来の利息を0%か低く抑えることで、支払総額を大幅に抑えることができます。
 当事務所では、本件のような任意整理だけでなく、個人再生・破産の手続きも多く取り扱っていますので、借金の返済に困っている方は一度ご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 2

【自己破産】夫が失職。カードで当座をしのいだものの生活が回らず破産手続へ。

  • 自己破産
  • 任意整理
依頼主 50代 女性

相談前

Mさんの夫はもともと自営業をされていて、収入も十分にありました。しかし、不景気のあおりを受け経営が傾き、Mさんの夫は廃業され、転職しようとしましたが、なかなか次の仕事を見つけることができませんでした。夫の収入がなくなったため、Mさんは夫婦のクレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠を使って当座をしのぐことにし、しばらくの間は、借入やカード利用を増やすことで生活を維持していました。しかし、徐々に借入額が大きくなり、月々の返済額も大きくなってきたため、支払が厳しくなってきました。Mさんと夫は知り合いに借金について相談したところ、弁護士に相談するのが一番と勧められ、当事務所に相談に来られました。

相談後

相談に来られた時点でMさんの借入額は300万円に達していました。また、Mさんの夫の借入額も400万円に達していました。MさんとMさんの夫は何とか再就職して一定の収入を得ていましたが、上記合計の700万円を支払える状態ではありませんでした。ただ、Mさんの夫は自宅を所有されローンも完済されていたため、自己破産せず任意整理で借金の整理をしました。一方、Mさんには大きな財産がなかったため、自己破産を選択して借金を0にすることにしました。
お二人とも手続きは順調に進み、Mさんの借金は0となり、Mさんの夫についても月々の支払額を減額することができました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

収入が減ったためクレジットカードを使いだしたものの、回らなくなったという相談を多くお聞きしています。クレジットカードは一括払いができれば利息もなく特に問題ないと言えますが、リボ払いを利用するようになると利息が大きくなり、元本がなかなか減らない状態になってしまいます。
Mさん夫婦のように、自己破産や任意整理、その他個人再生手続を利用して、個人の方の経済的再生のお手伝いをしています。相談料は無料ですので、まずは、お気軽にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 3

【個人再生】自営資金の返済が困難に。個人再生で事業再生を果たしました。

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

自営で美容院を経営されているUさんからの相談事例です。
Uさんは美容学校を卒業し、大手の美容院で腕を磨いた後、自分のお店を持つようになりました。前の美容院のお客さんもついてきて、口コミで新規のお客さんも増えるようになってきました。Uさんはお客さんが増えてきたことから、銀行等から事業資金を借り入れ、事業の拡大に乗り出しました。事業の拡大は当初はうまくいったかに見えましたが、ある時、有力な従業員が顧客を連れて独立してしまい、Uさんのお店の売上が激減してしまいました。それまでは、借入の返済は順調でしたが、売上が減ったため返済が困難になり、借入を増やすことも困難になってしまいました。事業が立ち行かなくなる前に借金を何とかしないといけないと考えたUさんは、個人再生手続をしたいとして当事務所に来られました。

相談後

Uさんは自営されていたこともあり、借入額は1000万円程度に膨らんでいました。月々の返済額も大きくなっていましたが、個人再生をすれば月6万円程度の支払になり、経営の収支を考えれば十分に支払っていけると判断できました。その後、個人再生手続は順調に進み、借金の負担が軽くなったUさんは、美容院の営業を順調に続けられています。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

個人再生手続は、借金を5分の1~10分の1(最低額100万円)に圧縮して、3年で分割弁済をする手続きです。借入の原因は問われませんし、財産があっても財産を手放す必要がありません。本件のように、個人事業をされていて、事業を続けたいという方が利用されることも多くあります。
みお綜合法律事務所では、個人再生だけでなく、破産・任意整理による借金整理のご相談を数多くお受けしております。借金を何とかしたいという方は、一度ご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 4

【任意整理】妻に家計を任せていたところ火の車に。任意整理で解決。

  • 任意整理
依頼主 50代 男性

相談前

 Mさん一家は、Mさん・妻・子3人の5人家族でした。Mさんが正社員として仕事をし、妻はパートとして仕事をし、家計を管理していました。
 ただ、子が3名いるため生活費が多くかかり、貯金はほとんどできない状態になっていました。家計管理を任されていたMさんの妻は、借金だけはしないようにと考えていましたが、子が大きくなって学費などが高くつくようになって、自分名義のカードだけでなく、Mさん名義のクレジットカードでも借入をするようになってしまいました。
 Mさん自身は家計管理に関与していませんでしたが、妻から家計費が足りないと言われた時には、金利の低い勤務先の貸付制度を利用して借入を行い、妻に渡していました。
 ある時、Mさんは、妻から今月のカードの支払ができないと打ち明けられ驚愕。妻から初めて家計状況を教えてもらい、このままではいけないと感じ、借金の整理をすべく夫婦で弁護士事務所に相談に来られました。

相談後

 Mさん名義での借入は、クレジットカードと銀行から500万円、勤務先からの借入が100万円に上っていました。借入額が大きいことから個人再生や破産での債務整理も検討しましたが、勤務先に迷惑をかけたくない、勤務先に債務整理を知られたくないとの思いがあり、勤務先を債務整理の対象から外せる任意整理を選択しました。
 任意整理の手続きを進めたところ、高い金利で取引をしていたカードもあったことから、500万円あった借入は400万円に圧縮されました。残った400万円は、債権者と交渉し、利息を付けず月7万円60回分割で支払っていくことで和解が成立しました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 妻に家計管理を任せていたら家計が火の車になり、多額の借金の返済が必要になった事案です。Mさん自身は家計管理に関わっていませんでしたが、任せた以上は仕方がないとして、任意整理で借金整理されることを決意されました。
 Mさんは、任意整理で借金の額を圧縮するとともに、月々の返済額も大幅に減額しました。Mさんの妻は、破産で借金の返済を免除してもらいました。このようにして、Mさん一家の借金問題は無事解決に至りました。

借金・債務整理の解決事例 5

【自己破産】交通事故や退職の影響で生活が苦しくなった夫婦の自己破産

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

Tさん夫妻からの借金問題のご相談を受けました。
Tさん夫婦は、独立した子どもの生活支援をしていたため、生活が苦しい状態でしたが、何とか借金をせずに生活をしていました。しかし、Tさんの妻が交通事故で骨折して仕事を失ったために収支が狂い、銀行やカード会社から借金をするようになりました。さらに、Tさん自身も定年退職になり収入が大幅に下がってしまい、さらに借金が膨らんでしまいました。しばらくの間自転車操業状態でやりくりをしていましたが、ついにカードのキャッシング枠が上限に達し、支払ができなくなったことから、当事務所に相談に来られました。

相談後

Tさん夫婦からお話をおうかがいしたところ、借金は夫婦で300万円程度あり、家計の収支は借金の返済をとめても1円も残らない状態でしたので、夫婦で破産の手続きを行うことにしました。
Tさん夫婦には大きな財産はなく、借入した事情にも問題がなかったため手続きは順調に進み、Tさん夫婦はともに免責が認められ、借金から解放されました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

本件は、夫婦ともに破産することで借金問題から解放されました。夫婦2人または家族全員が借金をしているという方も多くいらっしゃると思います。そのような場合、片方だけが借金の整理をしても根本的な解決にはなりません。より適切かつ根本的な解決を目指すためには、借金をされたご家族全員でご相談にお越しいただく事が重要です。

借金・債務整理の解決事例 6

【自己破産】年金が少なく生活保護を受給。借入は自己破産で解決。

  • 自己破産
依頼主 70代 男性

相談前

 Hさんは、独身で定年退職を迎えましたが、年金が少なく、体調不良のためあまり働くことができないため、生活保護を受けるようになりました。ただ、現役時代から外食中心で、退職後も外食中心の生活のままであったこと等から生活費が不足し、クレジットカードのカードローンを利用して生活費不足を補っていました。
 リボ払いであるため、月々の支払額は低いように見え、負担感がないと思っていたHさんですが、なかなか元本が減らず、臨時の支出が必要なときは別のカードでさらに借入をしなければなりませんでした。
 そうしているうちに返済額が少しずつ大きくなり、生活が圧迫されるようになってきました。このままでは生活が破綻すると思ったHさんは、破産手続きをしたいとして弁護士に相談をしました。

相談後

 借入額は約100万円と必ずしも大きな金額ではありませんでしたが、Hさんは生活保護を受給されていたことから、破産の手続きを選択しました。借入の原因は生活費不足であり、特に財産はなかったことから、裁判所では問題なく免責が認められました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 Hさんは定年後の年金が少なかったことから生活保護を受けるようになり、それでも生活費が不足することからクレジットカードで借入を行うようになりました。
 生活保護費は、最低限度の生活を保障するものですので、借金の返済のために使うことは想定されていません。生活を改善するためにも、早めに借金整理の相談をされることをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例 7

【個人再生】ギャンブルで膨らんだ借金を個人再生で圧縮。

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

 Mさんは、高校卒業後大学に進学しましたが、両親が離婚していて父親のみの収入で暮らしていたことから生活が苦しく、大学の費用は奨学金で支払うことになりました。大学は無事卒業し、公務員に就職しましたが、ギャンブル(ボートレース)にはまってしまい、給与は生活費とギャンブルですべて使い果たす状態になってしまいました。さらに、最初は給与を使い果たすだけで済んでいましたが、Mさんはギャンブルにのめりこむようになり、銀行や消費者金融から借入をしてギャンブルを続けるようになってしまいました。借入が増えると、家族の援助で完済することもありましたが、借入枠ができるのでまた借入をすることを繰り返してしまいました。
 このように何度も借金でのギャンブルを繰り返していたMさんですが、結婚し、子どもができ、自宅も購入し、このままではいけないと決意し、個人再生で経済的再生を図りたいとして事務所に相談に来られました。

相談後

 学生の時に借り入れた奨学金は、毎月返済を続けていたため、債務は大幅に減っていましたが、ギャンブルで膨らんだ借入が400万円ほどあり、また、公務員の共済から100万円ほどの借入がありました。Mさんが返済できる金額は月4万円ほどであり、このままではMさんの家計が破綻するのは目に見えていました。
 借入の原因がギャンブルであること、Mさんは月4万円であれば返済が可能であること、Mさんが住宅ローンを組んでいること等から債務整理の方針を検討したところ、個人再生で債務を圧縮して返済していくのがベストと判断し、手続きを進めました。個人再生を申し立てたところ、600万円ほどあった借金は120万円まで圧縮でき、毎月の支払は約35,000円と無理のない金額に変更できました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 ギャンブルで増えてしまった借金を個人再生で解決した事例です。個人再生は、ギャンブル等の浪費が原因でも利用できますし、住宅ローンを組んでいる方でも利用が可能です。一定額を支払う必要はありますが、破産より使いやすい手続きと言えます。借金の返済が困難になり個人再生手続を行いたいという方は、再生手続も多く取り扱っている当事務所までご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 8

【自己破産】自宅任意売却後に残った住宅ローン債務を自己破産で解決。

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

 Yさんは、念願のマイホームを購入し、約4000万円の住宅ローンを組みました。当時はボーナスもあり非常に安定した生活をされていましたので、毎月8万円、ボーナス時30万円の返済も順調にされていました。
 ところが、体調不良で会社を退職し無職になってしまったため、これまでの蓄えで住宅ローンを支払うことになりました。しばらくして、再就職先が見つかりましたが、契約社員としての採用であったため、ローン設定時より収入が大幅に下がってしまいました。それでも何とかやりくりして数年は返済を継続していましたが、勤務時間が短くなりさらに収入が下がってしまい、返済不能に陥ってしまいました。
 自宅を残したいという希望を持っていたYさんですが、どうしようもなくなったので、自宅の任意売却を行いました。しかし、自宅は購入時より大幅に価値が下がっており、住宅ローンが約2000万円残ってしまいました。その後、数年間にわたり毎月2万円程度の支払を継続してきましたが、利息が膨らむばかりでローンが減ることはありませんでした。警備員の仕事をしていたため自己破産は諦めていたYさんですが、会社内の配属替えで警備員ではなくなったことから自己破産を決意、当事務所に相談に来られました。

相談後

 Yさんの借入は住宅ローンのみであったため、借入の経緯は特に問題ありませんでした。ご相談に来られる前警備員の仕事をされていたことだけが問題でしたが、ご相談に来られた時は警備の仕事から離れていたため、仕事の点も特に問題になりませんでした。
 破産に必要な資料を収集し裁判所に申し立てを行った結果、無事免責が認められ、Yさんは長年にわたる住宅ローンの支払から解放されました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 警備員の方でも自己破産ができないわけではないですが、自己破産をすると警備員としての仕事ができなくなってしまいます。そのため、Yさんも自己破産は諦めていましたが、幸い警備員の仕事ではなくなったので自己破産を決意されました。
 住宅ローンが支払えなくなった場合、残ってしまう債務額も多額に上ることが多く、自己破産による解決が必要になることが多いと言えます。当事務所では、住宅ローンが支払えなくなったという方の自己破産も数多く申立していますので、お困りの方は一度ご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 9

【任意整理・過払金請求】昭和時代から続く取引で、多額の過払金を回収。

  • 過払い金請求
依頼主 70代 男性

相談前

 Oさんは、昭和の時代に生活費不足からとある消費者金融から借り入れを始めました。10万円を借りただけなのですぐに返せると思っていましたが、返済をしても利息に充当されるばかりで、元金は減りません。そうするうちにまた生活費が不足する事態が生じ、消費者金融から取引枠を増やせると持ち掛けられ、10万円また10万円と借り入れを繰り返すようになりました。取引枠の拡大、利率の引き下げを繰り返しているうち、借入額は200万円に達し、月の返済額は4万円~5万円と生活を圧迫するようになってしまいました。それでも、Oさんは毎月確実に返済を繰り返し、残高は50万円まで減少しました。
 ある時、近所の人と話をすると、そんなに昔から消費者金融と取引しているなら過払金があるのではないかと言われ、半信半疑ではあったものの当事務所に相談に来られました。

相談後

 Oさんから取引状況を確認すると、昭和の頃から取引が途切れることなく続いていることから、50万円の債務はすでに消滅していて、多額の過払金が生じていると見込まれました。そこで、借金の支払いを止めて、消費者金融に対し過払金の請求を行うことにしました。
 調査してみると、Oさんは、昭和50年代から継続して取引を続けており、計算すると1000万円を超える過払金が生じていることが判明しました。
 交渉では、金額が大きいため返還額の合意に至らず、訴訟を提起しました。訴訟では、当方の主張通り1000万円を超える金額で和解が成立しました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 長年にわたり消費者金融との取引を継続した結果、多額の過払金が発生し、回収できた事案です。借りたものだから返さないといけないと考えるとは当然のことと言えますが、消費者金融からの借入の場合、2008年頃より前であれば20%を超える高い利率での取引が多く、利息の払い過ぎが生じることがよくあります。消費者金融と長年取引をしてきたという方は、一度過払金の有無について弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

借金・債務整理の解決事例 10

【消滅時効援用】10年以上前に支払いを止めた借金を消滅時効援用で解決。

依頼主 40代 男性

相談前

 Fさんは、事業に失敗したときの借金を払いきれず、自己破産をしましたが、とある消費者金融からの借入があったことを忘れており、消費者金融からも督促がなかったため、自己破産の手続きから漏れたまま手続きが終了しました。借金問題は解決していたと思っていたFさんですが、自己破産から10年ほど経過したある日、裁判所から訴状が届き、自己破産の時に漏れがあったことを思い出しました。どのようにしたらいいか分からなかったFさんは、解決方法を探るため当事務所に相談に来られました。

相談後

 Fさんに届いた訴状を確認したところ、Fさんがその消費者金融会社に最後に支払ったのは10年以上前であったため、消滅時効援用により解決できると判断しました。そこで、手続きを受任し、消滅時効援用の通知をすることで事件は解決に至りました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 消費者金融からの借入は、5年以上支払いを止めていると消滅時効の援用が可能となります。消滅時効を援用すれば、借金は消滅しますので支払いをしなくてよくなります。
 かつて借入をして返済できないままになっている借金について、長期間経過後突然請求書が来たり、訴状が届いたりすることがあります。そのようなときは消滅時効援用で解決できる可能性があります。また、消滅時効援用で解決できない時は、任意整理・個人再生・破産等の方法で解決を図ることもできます。
 支払いができないままになっている借金について突然請求を受けたという方は、あわてて業者に連絡はせず、一度弁護士にご相談いただければと思います。最も適切な解決方法が見つかると思います。

借金・債務整理の解決事例 11

【個人再生】気分転換のための支出と収入減で膨らんだ借金を個人再生で圧縮。

  • 個人再生
依頼主 30代 女性

相談前

 Oさんは、フルタイムで仕事をしており、仕事が一段落したときには、気分転換のため買い物や旅行に行くなどしていました。ただ、Oさんは買い物や旅行のために使いすぎてしまうことがあり、クレジットカードで決済することも多くありました。初めのうちは次月の給料で一括支払いができる程度でしたが、ある時一括支払い不可能な数十万円の請求が来てしまい、何とか支払いをするためにと、リボ払いに切り替えるようになりました。
 リボ払いに切り替えると、毎月の支払いは1万円に下がり楽になりましたが、余裕ができたためさらにカードのリボ払いを利用するようになってしまいました。複数のカードでリボ払いをしていると、月の支払いが徐々に増えて7万円~8万円になりましたが、Oさんは、十分な給与があったため、何とか支払いをしていました。ただ、支払いが少ししんどいと感じていたところに、タイミング悪く体調を崩していまい、退職することになってしまいました。収入がなくなれば、借入で返済をする自転車操業状態です。一気に借り入れが増え、しばらくして再就職したものの、返済額は月30万円程度になり、とても返せる金額ではありませんでした。
 このままでは、生活が破綻すると感じたOさんは、インターネットで調べて債務整理を弁護士に依頼できることを知り、当事務所に相談に来られました。

相談後

 Oさんの借入は、約10社1500万円にのぼっていました。そのままでは月々の返済は困難な状況でしたが、月65,000円程度なら支払えるとのことでした。個人再生では債務が1500万円であれば、基本的には300万円に債務を圧縮し3年で弁済することになります。また、3年での支払いが難しい場合には、4年または5年での弁済が認められることがあります。
 本件では、3年では月85,000円程度の支払いが必要となり支払い困難になることが予想されましたが、4年であれば月63,000円程度の支払いとなり、何とか支払いしていくことができる状況でした。そこで、個人再生の手続きを進めることにしました。
 弁護士費用は、月々分割し半年程度でお支払いいただき、その後個人再生の申立てを行いました。何とか支払いができる金額になったため、無事個人再生が認められ、Oさんは圧縮した金額で支払いを再開できました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

 リボ払い等で膨らんでしまった債務を個人再生で圧縮し、無理のない返済計画に切り替えた事案です。Oさんの場合、浪費が借金の原因とみることもでき、破産の場合は免責不許可事由がある状況でした。また、Oさん自身は、支払いが不可能ではなく、無理のない範囲で支払いをしていきたいと考えていました。そこで、破産ではなく、個人再生の手続きを進めました。最終的に、無事個人再生が認められ、Oさんは経済的に再生することができました。

借金・債務整理の解決事例 12

【自己破産】子どもの教育費がかさんでの借金。自宅を売却し、自己破産で借金問題を解決。

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

Hさんには、お子様が4名おられたことから、大きな自宅を購入しましたが、教育費がかさむこともあり、クレジットカードで借入を始めました。初めのうちは、年収が1000万円ほどあることから順調に返済していましたが、子供が成長するにつれさらに生活費・教育費がかかるようになり、別のクレジットカードや銀行カードローンでも借入をするようになりました。
しばらくして、一念発起、勤務先を退職して、会社を立ち上げました。初めのうちはうまく経営ができていましたが、徐々に売り上げが減ってしまい、会社をたたむことになってしまいました。Hさんは再就職したものの、収入が以前と比べて半分以下になってしまい、とても返済ができる状態ではなくなってしまいました。
住宅ローンも滞納するようになったHさんは、このままではどうにもならないと決心され、当事務所に相談に来られました。

相談後

相談に来られた時点での借入額は住宅ローンが3000万円、クレジットカード・銀行カードローンが400万円に上っていました。返済額は月20万円以上となっており、収入が減ったHさんにはとても返せる金額ではありませんでした。個人再生も検討したものの、住宅ローン返済が重荷となり返済の見通しが立たないため、自宅を売却し、自己破産を申し立てる方針で手続きを進めることになりました。
自宅の売却は難航しましたが、何とか売却を行い、破産申立を行いました。借入の経緯には特に問題なく、大きな財産もなかったため、破産・免責が問題なく認められました。Hさんは住宅ローンの負担も大きかったのですが、子どもも独立していることから小さめの賃貸に引っ越しし家賃を抑えることもできましたので、今は収入の範囲で借金なしの生活をされています。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

住宅ローンの支払や教育費の支払が原因となって借金をはじめ、返済が困難になったという事例です。借金整理にあたって、住宅ローンがあり自宅は残したいという場合は、個人再生の選択肢がありますが、借金を圧縮しても返済が厳しい場合は、破産を選択せざるを得ません。Hさんも初めは何とか自宅を残したいと考えていましたが、とても支払ができない状況でしたので、引っ越しを決意され、破産申立を行いました。
住み慣れた環境からの引っ越しは必要になりましたが、借金の返済が無くなり、住居費も抑えることで、Hさんの経済的再生を図ることができました。

借金・債務整理の解決事例 13

【自己破産】出産・退職を機に増えた借金を自己破産で解決

  • 自己破産
依頼主 40代 女性

相談前

Iさんは、出産を機に退職しましたが、2人の収入でやりくりしていたころの生活を修正しきれず、不足する生活費を補うために、クレジットカードを使い始めました。その後、子どもが大きくなるにつれ、支出も増加。ただ、パートの収入は大きく増やすことができず、利息の支払いもあり、借り入れをして返済に回す自転車操業状態になってしまいました。最終的に借入額は6社で400万円になり、返済困難に陥ったIさんは、破産で解決したいと考え、当事務所に相談に来られました。

相談後

Iさんの家計は、夫の収入と、Iさんのパート収入でやりくりしていました。ただ、家計はギリギリで、返済をしていくことは不可能な状態になっていました。加えて、Iさんの借入の原因は特に問題なく、大きな財産もないため、自己破産で借金問題を解決することになりました。
弁護士費用は、ご依頼により支払いを止めることができた返済分で分割でお支払いいただきました。申立のために必要となる資料は、事務所からIさんに説明の上収集いただき、破産の申立を行いました。
裁判所では、特に大きな問題を指摘されることなく、破産・免責が認められ、Iさんは、借金の返済に頭を悩ます日々から解放されました。

吉山 晋市弁護士からのコメント

吉山 晋市弁護士

借金は、収入の変化があるときに増えてしまいがちです。本件も、出産・退職のタイミングで借入が始まり、増えていってしまったものです。このような理由での借入はある程度やむを得ないところがありますので、自己破産で解決することが可能です。
本来、借り入れは行わない、借りるとしても無理のない範囲でというのが望ましいですが、様々な事情で借入をせざるを得ず、返済が難しくなったという方は、完全に破綻する前に、自己破産等での解決をお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人みお綜合法律事務所
所在地
〒530-8501
大阪府 大阪市北区梅田3-1-3 ノースゲートビル14階
最寄り駅
JR大阪駅から 徒歩で1分
阪急梅田駅から 徒歩で2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
メールフォームは24時間の受付です。当事務所からお電話を差し上げる際は 06-6348-3055 より発信いたします。
対応地域

東海

  • 三重

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山

中国

  • 岡山
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5572-4059

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人みお綜合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5572-4059

※弁護士法人みお綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
メールフォームは24時間の受付です。当事務所からお電話を差し上げる際は 06-6348-3055 より発信いたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談