お気に入りに追加
橋本 長臣弁護士

( はしもと ながおみ ) 橋本 長臣

弁護士法人リーガルプロフェッション

離婚・男女問題

分野を変更する
【所属弁護士12名/県内トップクラスの離婚取扱実績で安心】離婚、親権、養育費、不貞相手への慰謝料請求、元交際相手とのトラブルまで、幅広くお任せください。
弁護士法人リーガルプロフェッション
弁護士法人リーガルプロフェッション
弁護士法人リーガルプロフェッション

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

■■今後の人生の一助になりますようお力添えします■■

離婚や元交際者とのトラブルなどは、本来信頼していた家族関係、人間関係や財産関係の精算という多大な精神的苦痛を感じる事件類型となっています。
離婚に伴う家族関係や財産関係の清算に向き合うことで、より強い精神的苦痛を感じるお姿を拝見することも少なくありません。そのような精神的苦痛を少しでも和らげるお手伝いができるよう、配偶者からの暴力や暴言、不貞(浮気)、お子様の親権や養育、生活費の問題、財産の分与、慰謝料など、ご相談者ごとの様々な事情を丁寧にお伺いした上で、きめ細やかな対応を心がけています。
当事務所では、常時30~40件程度、離婚をはじめとした男女問題に関する事件を受任しており、実績、経験に基づいた解決方法をご提案させて頂いております。

■■特に力を入れている案件■■

  • 配偶者、不貞相手に対する慰謝料請求
  • 親権、養育費の請求
  • 財産分与の請求
  • 婚姻費用分担請求(離婚が成立するまでの生活費の請求)

■■このようなご相談お任せください■■

  • 離婚したいが、別居した後の生活費が心配。
  • 配偶者から一方的に「出ていけ!」と言われ、小さい子どもを連れて別居したが、生活費が支払われず困っている。
  • 離婚した後の養育費や、離婚成立までの別居期間中の生活費は、どのくらいの金額が相場なのか知りたい。
  • 配偶者から暴力を受けたり、配偶者が不貞(浮気)したりしているが、離婚した場合、慰謝料はどのくらいの金額を請求できるのか。
  • 離婚した場合、住宅ローンが残っている不動産についてはどのように処理すればよいのか。
  • 配偶者が突然家を出て別居状態にあるが、何とかやり直すことはできないか。
  • 配偶者の不貞相手に対し、慰謝料を請求することができないか、どのくらいの金額を請求できるか。
  • 別れた交際相手から、しつこくつきまとわれたり、金銭の請求を受けて困っている。

もちろん上記以外の相談についても承っております。どのようなことでもかまいませんので、ご遠慮なくご相談ください。

■■相談費用・依頼費用について■■

  • ①費用の心配をせずに気兼ねなくご相談いただけるよう、『初回相談は無料』です。
  • ②ご依頼される場合に発生する費用(着手金、報酬金等)については、当事務所HPに掲載している基準に従って見込まれる弁護士費用についてご依頼前に明瞭にご説明いたします。
  • ③一括での支払が難しい場合は、法テラスの利用や、分割払いなどによる柔軟な対応を検討させていただきますので、ご遠慮なくご相談ください。

■■安心のサポート体制■■

  • ◎相談料、ご依頼時の費用(着手金、報酬金等)について、ご相談者、ご依頼者が利用しやすい料金体系を整備しています。
  • ◎初回の相談時に、今後の離婚や男女問題解決手続等の流れ、見通しについて、丁寧にご説明します。
  • ◎ご依頼後、お仕事等で忙しい場合であっても、電話やメール、夜間の面談打合せなどによって、随時、進捗状況のご報告、進行についての協議をさせていただきます。

■■アクセス■■

青葉通一番町駅から徒歩5分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
また、法テラスの民事法律扶助の要件を満たす場合には、同一問題につき最高3回まで無料相談を受けることが可能です。ただし、同一問題につき法テラス地方事務所や他事務所で既に制度を利用した相談を受けていた場合は、その回数は除きます。
着手金 【離婚】
・離婚協議:22万円(税込)
・離婚調停:22万円(税込)
※離婚協議から引き続き受任する場合は11万円(税込)を追加いただきます。
・離婚訴訟:33万円(税込)
※離婚調停から引き続き受任する場合は16万50000円(税込)を追加いただきます。
【養育費請求】
・離婚事件と併せて受任する場合:0円
・単独の事件として受任する場合:22万円(税込)
【不貞相手に対する慰謝料請求】
・請求額が400万円未満の場合:16万5000円(税込)
・請求額が400万円以上の場合:22万円(税込)
報酬金 【離婚】
・離婚協議により終結した場合:22万円+経済的利益の11%(税込)
・離婚調停により終結した場合:33万円+経済的利益の11%(税込)
・離婚訴訟により終結した場合:33万円+経済的利益の11%(税込)
【養育費請求】
 受領額の11%(税込) ※但し、2年分の分割払額を上限とします。
【不貞相手に対する慰謝料請求】
・経済的利益が300万円以下の部分:経済的利益の17.6%(税込)
・経済的利益が300万円を超える部分:経済的利益の11%(税込)
備考 弁護士費用につき、クレジットカードを利用してお支払いいただくことが可能です。また、着手金のご準備が困難な方は弁護士費用立替サービス「アテラ」の利用をご案内可能です。ご遠慮なくご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【離婚調停】夫との離婚協議が難航していたが,妻からのご依頼後速やかに離婚調停を実施し,依頼者の希望どおりの離婚給付が得られた事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 慰謝料
  • DV・暴力
  • モラハラ
依頼主 女性

相談前

長年にわたる夫からの暴言に悩んでいた妻から依頼を受けた離婚の事例です。
夫は,妻に対してだけでなく,お子さんに対してまで暴言や暴力を加えることが日常化していたことから,妻はお子さんの親権を取得して離婚することを希望していました。また,ご自分が離婚することによってお子さんに金銭的な苦労を負わせたくないし,お子さんの将来の可能性を狭めることだけは避けたいと思っていました。
ただ,夫は自身に有利な離婚条件を一方的に妻に提示するのみで,夫婦間で公平な協議を行うのが難しい状況となっており,妻は心身ともに疲弊して当事務所にご来所されました。

相談後

当事務所にご相談,ご依頼いただいた後,夫に対して速やかに文書を送付し,今後は当事務所が窓口になるので依頼者への直接の連絡をされないよう要請しました。
その後,迅速に離婚調停を開始し,夫の財産資料の全てを開示してもらい,依頼者の要望を整理して明確にお伝えした上で話合いを行いました。その結果,親権,財産分与,養育費,慰謝料全ての面において依頼者の要望が受け入れられた離婚条件で合意が成立し,3回目の調停期日で事件解決となりました。

橋本 長臣弁護士からのコメント

橋本 長臣弁護士

離婚事件の場合,ご本人が自身の希望を思うように相手方へ伝えられず,相手方から一方的な条件を突き付けられてお困りのことがよくあります。
そうでなくても,離婚を考えるまでになったご夫婦間では,当事者同士で冷静にお話合いをすることは難しいケースが多く,弁護士にご依頼されることでスムーズに協議を進められることが期待できます。
離婚協議を行うにあたっては,親権,養育費,面会交流,財産分与,慰謝料,年金分割,同居解消,離婚成立までの生活費(婚姻費用),面会交流など様々な問題を解決していかなければなりません。またその際には,離婚後の生活設計を見据えることが重要です。
当事務所では,離婚をはじめとした男女問題の案件を常時多数扱っており,県内では取扱件数が多い法律事務所に属します。
ご夫婦によって様々な事情を丁寧にお伺いし,きめ細やかでスピーディーな対応を心掛けていますので,離婚問題でお困りの際には一度当事務所にご相談されることをお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人リーガルプロフェッション
所在地
〒980-0804
宮城県 仙台市青葉区大町1-2-16 大町カープビル5階
最寄り駅
仙台駅,あおば通駅,広瀬通駅
青葉通一番町駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
・夜間相談可
・コロナ対策:オンライン面談対応可(ZOOM等)
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 債権回収
  • インターネット
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5283-9890

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

橋本 長臣弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-9890
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
・夜間相談可
・コロナ対策:オンライン面談対応可(ZOOM等)
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談