お気に入りに追加
稲垣 孝宣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

借金・債務整理24

神奈川県9

( いながき たかのり ) 稲垣 孝宣

交通事故

分野を変更する
【弁護士費用特約利用可】【被害者側に注力|事故直後から対応可能|現地調査】交通事故の交渉は弁護士にお任せいただき、治療等に専念を。最善の解決に向けて尽力します。
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所

平塚駅徒歩2分。親しみやすい弁護士がざっくばらんにお話伺います。

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

■弁護士ドットコムランキング上位(過去最高位神奈川県1位)の弁護士が満足度の高いリーガルサービスをご提供します

交通事故は誰しもが巻き込まれる可能性のある問題です。
しかし、いざ自身が被害者となってしまったとき、どのような流れで解決していくのか、相手保険会社から提示された金額は正しいのかなど、対応に戸惑われるかもしれません。
毎日毎日交通事故案件と向き合っている相手の保険会社の方に対し、きちんと自身の権利や利益を主張できるでしょうか。
そのような場合こそ、あなたの味方の弁護士にご相談下さい。

以前所属していた事務所(弁護士約40名所属)では、交通事故案件をご依頼いただく割合がトップクラスの経験があります。それは、現状や解決するまでの道筋などを被害者目線で丁寧に説明し、ご納得いただけた結果だと思います。
私の場合、特に過失割合に争いがある場合には、可能な限り現地に赴き、積極的に状況の把握に努めてきました。その上で、ご依頼者様と密に連絡をとりながら,ご依頼者様のご意向に沿う解決策をご提案するよう心がけてきました。

適切な手段を通して、ご相談者様が適切な賠償を受けることができるように尽力いたしますので、安心してお任せ下さい。

【事務所Webページ】
https://inagaki-law.com/

|お寄せいただく相談例|
✔︎相手の保険会社から提示された保険金額が少なくて納得できない。
✔︎通院中でまだ痛むのに、治療費の支払いを打ち切ると言われた。
✔︎保険会社の方の説明が理解できないし、話すのが苦痛でしかない。
✔︎後遺障害の申請をしたが、非該当となり、納得できない。
✔︎被害者本人が意識不明の場合、保険や損害賠償手続きはどうすれば良いのか。

|重点取り扱い案件|
・損害賠償請求示談交渉
・治療費・休業損害支払継続交渉
・後遺症異議申立て
・和解あっせん・訴訟

交通事故被害者からのご相談を中心にお受けしております。
お困りの際には、ご遠慮なくご連絡下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
稲垣総合法律事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】24時間予約受付
当事務所では、24時間メールでのご予約を受け付けております。
お問い合わせには全て弁護士が確認・対応いたします。
「質問したいこと」「相談の概要」などをご記載いただけるとスムーズにご案内可能となります。

【2】休日・夜間・電話相談可
土日祝や夜間(20時まで)の対応も可能ですので,事前にご予約下さい。
ご状況に応じて、電話相談・出張相談も対応可能ですので、まずはメールにてお問い合わせ下さい。

【3】医学的用語も分かりやすい説明
交通事故は、法律用語だけではなく、医学的な用語も頻出します。
ご自身の状況をきちんとご理解いただけるよう、普通の言葉で丁寧にご説明いたしますので、ご安心下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎平日初回相談は30分無料です。
延長や2回目以降のご相談や電話相談の場合は、30分ごとに5,000円(税別),土日祝のご相談は60分10,000円(税別)です。
1回の相談が60分を超えると15分ごとに2,500円(税別)申し受けます。

◎弁護士費用特約利用可
自動車保険に弁護士特約がついていらっしゃる方は、ご利用が可能です。
ご相談までにご加入の任意保険の内容をご確認下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
JR平塚駅南口から徒歩2分

この分野の法律相談

先日、私の不注意で信号無視を見落とし、原付バイクとの接触事故を起こしてしまいました。 そして検察に2回呼ばれた日に略式裁判・罰金になる旨を説明され、署名捺印しました。 そこでお伺いしたいことが2点あります。 ⑴担当検察官の方が今後上司に告げそこから裁判所に書類が回り、1ヶ月ほどしたら書面が...

(1) あなたが正式裁判を求めた場合は,正式裁判にすることもできます。 (2) 相手のけがの程度にもよりますが,20~50万円くらいではないでしょうか。

稲垣 孝宣弁護士

人身傷害事故を起こしてしまい略式命令がきました 罰金ということですが(金額が思っていたよりも高い) これはもう確定なのですか 略式命令ということは裁判にはならないということでよろしいでしょうか 加害者でも保険会社に任せず外部の弁護士を頼んだほうがよいという情報をネットでみたのですがいかがなも...

受領してから2週間以内に正式裁判を要求することができます。これを行わない場合は,この略式命令が確定します。 被害者の方に保険金とは別にお見舞金などをお支払いする等すれば,罰金の金額が減少するかもしれません。

稲垣 孝宣弁護士

交差点で左側からくる車とぶつかりケガをしました(私は電動アシスト自転車に乗っておりました)。 示談折衝を始めたところですが、治療費と自転車修理代については先方の保険会社が100%負担するとの 回答を得ております。問題は傷害慰謝料ですが、保険会社が提示する慰謝料が妥当な内容であるか否かを判断す...

傷害慰謝料について,保険会社は自賠責保険の金額を基準に提示してくることが多いと思います。しかし,弁護士や裁判所は「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」という本(いわゆる赤い本)に記載されている金額を基準に示談交渉をすることが多いです。 保険会社は弁護士が就けば,赤い本の基準で交渉に応じてくれることが多いですが,弁護士を就けないとなかなかその基準での交渉に応...

稲垣 孝宣弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料。ただし、当日・延長・2回目以降及び電話相談の場合は30分ごとに5,000円(税別),土日祝日のご相談は60分10000円(税別)とし,前日までにお振込みください。
※1回の相談が60分を超えた場合、15分ごとに2,500円(税別)
着手金 経済的利益の8%(税別)
※最低着手金10万円
※ご状況によって、着手金無料など柔軟に対応可能
報酬金 経済的利益の6~16%(税別)
得た経済的利益が300万円までは16%
300万~3,000万円以下の部分は10%
3,000万円以上の部分は6%
備考欄 弁護士費用特約利用可能。事案によっては、タイムチャージ制(1時間当たり2万円(税別)1分未満切り捨て)とさせていただく場合もあります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

6倍以上・100万円以上もの増額に成功~相手保険会社の20万円弱の提示を弁護士が交渉するだけで120万円超に~

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

交通事故により,入院を余儀なくされ,会社も2か月程度は満足に働けなくなってしまいました。幸い,後遺症は残りませんでしたが,相手保険会社から示談金として提示されたのは20万円にも満たない金額でした。
「あんなに辛い思いをしたのに,こんなにも少ない金額しかもらえないのは納得できません。」。

相談後

保険会社との示談交渉について弁護士にお願いしました。

お願いしてから2か月半頃,弁護士から,120万円超の金額で示談がまとまりそう,と連絡をもらい,その金額で示談をすることにしました。この金額は,当初の相手保険会社の提示から6倍以上,金額にして100万円以上もの増額に成功していることになります。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

この事案は,相手保険会社の提示が低すぎる典型的な事案でした。

相手保険会社の提示する傷害慰謝料は,自賠責保険の金額をベースに算定されていることがほとんどです。しかし,自賠責保険の慰謝料金額は最低限のレベルのものでしかありません。ところが,弁護士に依頼することで,裁判で用いられる基準で交渉することができます。すると,事案によっては大幅な増額を勝ち取ることが可能となってきます。

また,相手保険会社の提示には,専業主婦の場合はともかく,兼業主婦の方の場合に家事労働分まで休業損害に含まれていることは稀です。そのため,弁護士に依頼することで,この分についても請求できる場合はもれなく相手保険会社に請求できます。

このような点で,この事案では示談金額が20万弱から120万超に100万円以上もの増額が可能となりました。

最後に,弁護士に依頼してから約3か月で,このような結果となっている点も見逃せません。
弁護士に依頼したら,裁判となったりして解決までに時間がかかるのではないか,と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,事案によっては,これくらいの期間で解決する場合やもっと早く解決する場合すらあります。

相手保険会社の提示をもらったら,サインする前に必ず弁護士にご相談いただきたいと思います。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

ストレスフルな相手保険会社とのやり取りを弁護士に任せて治療に集中可能に。不合理な主張ばかり繰り返す保険会社も紛争処理センターに申立てて,早期に1000万円超の大満足な内容で解決できた事案。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

約1週間前に,渋滞中の道路の脇をバイクで走行していたところ,車と車の間から,車が走行してきて事故に遭いました。
相手の保険会社の担当者とのやり取りがストレスで仕方ありません。

相談後

まず,きちんと約8か月程度の間,治療を行いました。相手の保険会社との連絡はすべて弁護士に任せられるので,その点は非常に良かったです。しかし,後遺症が残ってしまい,被害者請求をすると12級の認定を受けました。
損害金額について,相手の保険会社が不合理な主張ばかりで,交渉にならないと弁護士から報告を受け,弁護士のアドバイスに従って,紛争処理センターにあっせん申立てすることになりました。
すると,数か月後,ほぼ,こちらの主張どおりの金額で,1000万円を優に超える金額という大満足な内容で解決することができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

事故に遭うと,相手の保険会社の担当者とやり取りをしないといけないことが多いと思います。しかし,保険会社は交通事故の存在が日常なので,対応が極めて事務的であったり,こちらが被害者であるにもかかわらず,あたかもこちらが加害者であるかのような対応をされたりすることがあります。

しかし,弁護士に依頼することで,保険会社との連絡はすべて弁護士に任せられます。これにより,保険会社とのやり取りから解放され,治療に集中することができます。

この事案は,相手保険会社が①慰謝料が理由なく赤い本(裁判基準)の80%とされ,②逸失利益もむち打ち症でないにもかかわらず,10年に制限するなど,挙句の果てには③こちらに前方不注視の著しい過失があるため,こちらの過失が4割が相当である等あまりにも不合理な主張をしてきたため,交渉での解決が困難な事案でした。

保険会社と1対1の示談交渉では,両者が合意しなければ解決できません。そのため,このような場合はステージを変えることが重要となります。
つまり,直接の交渉ではない調停・紛争処理センターなどのADR・訴訟といった方法で解決を目指します。これらのうち,この事案は比較的容易にこちらの主張が認められやすい事案で,単に相手保険会社があまりにも不合理な主張を展開していた点に問題のあった事案のため,紛争処理センターの和解あっせんという方法がベストだと考えました。

紛争処理センターは基本的に3回の期日で解決できるように設計されているため,早期に解決することができます。さらに,センターの担当弁護士があっせん案を提示するにあたっての十分な証拠がある場合,早ければ,初回の期日にあっせん案が提示されることもあります。

今回も初回の期日にあっせん案が提示されました。それは,①慰謝料は赤い本の100%,②逸失利益も67歳までの期間,③過失割合もこちらは20%というほぼ私の読みどおりのほぼこちらの主張どおりの内容のあっせん案で,解決総額は優に1000万円を超え、2回目の期日であっせん案どおりに大満足な解決をすることができました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

弁護士の助言で後遺症併合9級獲得,賠償総額約2300万円獲得した事案

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

半年くらい前に交通事故に遭い,治療を続けてきましたが,相手の保険会社から現時点で症状固定とし,後遺症請求しなければ慰謝料を弊社の基準の2倍出しますなどと言われ,どうしたらよいかわかりません。

相談後

弁護士に依頼し,きちんと通院し,抜釘手術を受けるまできちんと通院しました。後遺障害診断書を医師に書いてもらったのですが,弁護士からもっときちんと書いてもらわないといけないとアドバイスを受け,再度追記してもらうことにしました。

その後,被害者請求の結果,併合9級と認定され,損害賠償の示談交渉を弁護士に行ってもらい,総額約2300万円を獲得することができました。

あのとき,弁護士費用特約が使えなくても,勇気を出して弁護士事務所に相談に言って本当に良かったです。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

保険会社の担当者の中には,何とかして支払金額が少なくできるようにしたいと考え,弁護士などの専門家からすると全く不当な話を持ち掛けてくることがあります。

本件でも,併合9級が認定されるほどの極めて重い後遺障害が生じているにもかかわらず,このように後遺症の認定をさせないように話を持っていくのは極めて不当です。

交通事故に遭った場合,最も重要なことはきちんと通院治療し,適正な後遺症の等級認定を行うことだと考えております。

本件においても,最初に医師が発行した後遺障害診断書には,必要な事項が十分記載されておりませんでした。そのため,ご依頼者様の方にはご負担にはなりましたが,再度,病院に行ってもらい改めて必要な記載を行ってもらった後遺障害診断書を取得してもらいました。

その結果,併合9級という適正な後遺障害等級の認定を受けることができました。

損害賠償の示談交渉において,本件ではもう少し増額する余地もないわけではありませんでしたが,ご依頼者様の総額約2300万円という金額であれば,あえて訴訟提起等を行わずに早期解決をしたいとのご意向を尊重し,示談による早期解決を行いました。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【話しやすい雰囲気作ります】【平塚駅徒歩2分】【不倫慰謝料|離婚・親権・財産分与に注力】“心”が軽くなり、前向きな気持ちになれるよう、お力添えいたします。
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所

平塚駅徒歩2分。親しみやすい弁護士がざっくばらんにお話伺います。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

■少しでも明るい気持ちになれるように弁護士ドットコム離婚・男女問題部門ランキング上位の弁護士が親身に対応いたします

離婚・男女問題においては、これまで積み重ねてきた時間があるからこそ、解決までに時間を要することが少なくありません。感情的な側面だけでなく、子どもの親権や養育費のこと、慰謝料や財産分与などのお金のことも一緒に解決していかなければならないからです。
当事者同士での話し合いは精神的な負担も大きいものですので、お困りの際は一度ご相談下さい。

まずは状況とご相談者様のご意向をお伺いいたします。
その上で、そのご意向を実現するために取り得る手段としてどのようなものがあるかを検討させていただきます。複数の手段のメリット・デメリットをお伝えしながら、その中で最善の選択をしていただけるようにサポートができればと考えておりますので、安心してお任せ下さい。
ご相談後、少しでも明るい気持ちになっていただけるよう努めております。

|お寄せいただく相談例|
✔︎不倫相手に慰謝料を請求したい。
✔︎不倫相手の配偶者から請求された慰謝料が高すぎる。
✔︎財産分与に納得できない。
✔︎長年別居しているが、離婚に応じてくれない。
✔︎配偶者に離婚を切り出したい。
✔︎突然一方的に婚約破棄された。
✔︎親権だけはどうしても譲れない。

当事務所では、男女問わず、幅広い年齢層の方からご相談をお受けしております。
相談しやすい弁護士の人柄のせいか、比較的女性の方からのご相談が多いのも当事務所の特徴です。
まずはご相談だけでも構いません。
少しでもお悩みの場合には、一度お問い合わせ下さい。

【事務所Webページ】
https://inagaki-law.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
稲垣総合法律事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】24時間予約受付
当事務所では、24時間メールでのご予約を受け付けております。
お問い合わせには全て弁護士が確認・対応いたします。
「質問したいこと」「相談の概要」などをご記載いただけると今後のご案内が大変スムーズです。

【2】休日・夜間・電話相談可
土日祝や夜間(20時まで)の対応も可能ですので、事前にご予約下さい。
ご状況に応じて、お電話での相談も対応しておりますので、まずはお問い合わせ下さい。

【3】複数の解決策をご提案
離婚は結婚と同様に人生の中でも大きな決断です。
決断を下すのはご相談者様ご自身ですが、納得のいく決断ができるよう複数の解決策をご提案いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎平日初回相談は30分無料です。
延長や2回目以降のご相談や電話相談の場合は、30分ごとに5,000円(税別),土日祝のご相談は60分10,000円(税別)です。
1回の相談が60分を超えると15分毎に2,500円(税別)かかります。

◎柔軟なお支払い方法
ご状況により分割払いや後払い、着手金無料で対応ができる場合があります。
費用については、相談時にご説明いたしますので、一度ご検討の上、ご依頼下さい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
JR平塚駅南口から徒歩2分

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

妻と別居しており、私が子供2人を引き取り同居しています。 私の方が収入が多いのですが、婚姻費用を請求することは可能ですか? またどのように金額を決めたら良いですか?

婚姻費用の請求は可能です。 裁判所のホームページに婚姻費用の算定票がありますので,それをご参照し,相手にご請求してみてはいかがでしょうか。相手と話し合いで金額が決められない場合は,相手の住所地を管轄する家庭裁判所に婚姻費用分担の調停の申立てをご検討ください。

稲垣 孝宣弁護士

おはよう御座います。 主人の不倫、相手との不貞行為、金銭について相手に自白をさせて慰謝料を取れますか? LINEとレシートの証拠はありますが、他の証拠がないと取れませんよね?

証拠については,LINEやレシートの内容によっては,それでも何とかなる場合もあります。 もし,夫と離婚することまでは考えていない場合などは,夫から念書を取得し,それを証拠とすることも考えられるかもしれません。 いずれにしても,お近くの弁護士に一度ご相談されることをお勧めいたします。

稲垣 孝宣弁護士

財産分与、特有財産かを調べる場合、離婚調停で嫁側の弁護士、嫁が通帳コピーを出さない場合、開示請求、調べる方法はあるのでしょうか?

その銀行がわかっていれば,裁判所から嘱託してもらったり,弁護士会照会をかけることが考えられます。

稲垣 孝宣弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料。ただし、当日・延長・2回目以降及び電話相談の場合は30分ごとに5,000円(税別),土日祝日のご相談は60分10,000円(税別)を前日までにお振込みいただいております。
※1回の相談が60分を超えた場合、15分ごとに2,500円(税別)
着手金 ■不倫慰謝料の示談交渉:20万円(税別)~
※ご状況により、分割・後払い・着手金無料として対応できる場合があります

■離婚協議:20万円(税別)〜
※ご状況により、分割払いとして対応できる場合があります
報酬金 ■不倫慰謝料:経済的利益の16%(税別)~
※ただし、着手金無料として受任した場合は解決報酬金20万円+税が追加されます。

■離婚協議:20万円(税別)~
備考欄 訴訟提起、調停申立等を行った場合やご要望の内容等によっては、追加着手金等が発生する場合があります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞相手の妻からの300万円の請求に対し,不貞の事実を認めず,250万円の減額に成功し,解決金50万円の支払のみで解決した事案。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

突然,弁護士から「○○さんの件です。何のことかおわかりですよね。」と電話があり,私が職場の同僚のAさんと不倫をしたとして,慰謝料300万円を請求する書面が届きました。
確かに,Aさんとは仲が良かったのですが,不倫はしていませんし,不倫していたことが職場に知られることは何としても避けたいです。

相談後

相手の弁護士の持っている証拠である探偵報告書の開示を受けると,確かにそこに写っていたのは私自身でした。しかし,不倫はしていないので,50万円を提示し,それ以上の増額はしませんでした。
こちらの弁護士が粘り強く交渉してくれたおかげで,相手の望んでいた①仕事上の連絡以外の一切の連絡・接触をしないことを誓約するとともに,②求償権を放棄することで,私の求めていた①不貞の事実を認めず,②解決金50万円,③口外禁止条項も入れて和解することができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

不倫の慰謝料の示談交渉においては,訴訟となった場合,どのような判決が出るかという点が重要となってきます。
この点,この事案の場合,相手の証拠からすれば,不貞の事実は認められる可能性が極めて高いけれども,これ以外の証拠がなさそうなので,不貞の回数は1回しか立証が困難であったこと,相手夫婦が離婚する可能性が極めて低いこと等からすると,判決で認められる慰謝料も50~100万円程度と見込まれました。

相手からは,①不貞に対する謝罪,②50万円からの慰謝料増額,③夫との連絡接触の禁止,④求償権放棄を求められました。
しかし,こちらの譲れる③④を譲り,①②は相手に諦めてもらいました。

これは,相手が①~④のうち,一番優先度が高いと考えられるものが③夫との連絡接触禁止であったこと,訴訟を行っても,②50万円から増額されて100万円程度の判決を得られるかもしれませんが,④判決で求償権放棄は困難であるため,最終的に求償権が行使されると実質的にはあまり変わらない状況となることなどから,あえて時間と費用と労力をかけて訴訟を提起するメリットが小さいと相手が判断したこともあり,このような内容で解決することができたのだと考えられます。

交渉においては,様々な要素が複雑に絡み合います。その中で,どの要素を優先し,どの要素について譲るか,結論としてバランスがとれているかなどを見極めながら弁護士は交渉を行っております。
ご自身では難しい場合,弁護士にご相談されることもご検討ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

突然,夫が失踪するも,勤務先を把握していたので,婚姻費用分担調停→審判→給与差押え→裁判離婚が認められた事案。

  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 生活費を入れない
依頼主 40代 女性

相談前

突然,夫が家から出ていきました。生活費もこれまでは,私の管理している口座に入金されていましたが,今月からそれもなくなりました。
これでは生活ができませんし,そもそも夫とはこれまでもあまりうまくいっていませんでしたし,これを機に離婚したいと思います。

相談後

まず,婚姻費用分担調停と離婚調停を申し立ててもらいました。
夫は,調停には来ませんでしたので,婚姻費用は審判で決めてもらい,給与を差し押さえてもらいました。
また,離婚の訴訟を提起したところ,夫は最初の数回は出廷したようですが,途中から来なくなり,子二人の親権も獲得し慰謝料100万円とともに離婚が認められる判決を得ることができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

この事案のポイントは,夫の勤務先をご依頼者様が把握していたことが非常に大きい事案でした。

夫が失踪したため,夫の居所はわかりません。住民票を取得しても妻と一緒に住んでいたところから動かしていませんでした。そのため,調停を申し立てるにしても,送達場所の問題が生じますが,勤務先を把握していましたので,そこを送達場所とすることで比較的容易に調停を申し立てることができました。
勤務先を把握していると,調停が不成立となり審判が出ると,給与の差押えも可能になります。
訴訟も勤務先を送達場所にできますので,特段の調査をすることなく提起することができました。

このように,夫婦関係で突然どちらかが出ていき,居場所がわからないという事案もあるかもしれません。しかし,本件のように勤務先がわかっていれば,特に問題なく権利を実現することができます。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

【離婚せずに】【早期に】【不倫慰謝料200万円】を獲得した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 借金・浪費
  • 親族関係
依頼主 30代 女性

相談前

夫が同じ勤務先の女性と不倫していることが発覚し,その女性に対し,今後,夫と一切の連絡接触禁止を誓約し,これに違反した場合は違約金600万円を支払うことを記載した念書を書いてもらいました。
しかし,この女性は,その後も夫と不倫を続けました。絶対に許せません。

相談後

弁護士に依頼し,相手の女性に対し,内容証明郵便で違約金600万円の請求を行ってもらいました。
相手の女性は20代前半でそんなにお金を支払えないことがわかってましたので,①示談金は200万円とするが,②今後,夫と一切の連絡接触禁止の誓約をしてもらうとともに③これに違反した場合は違約金600万円の支払いをすることとし,④この違約金についてこの女性の両親に連帯保証人となってもらうことで,弁護士に依頼してから数か月で早期に示談解決することができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

不倫の慰謝料について,このような念書を弁護士を通さずに作成することもあるかもしれませんが,本件のように違約金600万円などと記載した書面を作成しても,法的に必ずしも有効とは言えない場合も少なくありません。

本件でも,訴訟となれば違約金600万円が認められたかどうか微妙な事案だったと考えられます。また,仮に有効であり,600万円の請求が認められても,相手に支払い能力がなければ,現実に回収することは困難となります。

そのため,こちらとしては金額もそうですが,何とかしてこの女性に不倫を止めさせることを最優先に考え,そのために両親に監督してもらうことにしました。
これにより,金額としては念書に記載した600万円の1/3ですが,200万円という金額自体はなかなかの高額であったこと,訴訟などと長期化することなく早期に解決することができたことなどから,ご依頼者様も納得し早期解決することができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【平日初回相談30分無料】【弁護士直通】【解決実績多数】【早期解決に自信】多数の債務整理案件を扱ってきた経験から、ご相談者様に合った解決策をご提案いたします。
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所
稲垣総合法律事務所

平塚駅徒歩2分。親しみやすい弁護士がざっくばらんにお話伺います。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

■弁護士ドットコム借金部門ランキング上位の弁護士が解決に向けた引き出しの多さから最適なご提案をいたします。

弁護士登録以降、債務整理案件を一貫して取り扱ってきましたので、解決に向けた引き出しは多いと自負しています。債務整理と一口に言っても、そこでマニュアルどおりに対応するのか、そうではないのかは弁護士によって大きく変わってきます。

私は、同じ案件は二つとないと考えております。ご相談者様の状況やご意向をお伺いし、あらゆる可能性を考慮して、選択肢を複数ご提案できるようにしております。その際、精神的にも自分を追い込んでしまっている方が多いので、問題点を一つひとつ紐解いていくことを大切にしています。

当事務所は、弁護士と密に連絡を取ることができるので、解決するまでの安心感に自信があります。また、弁護士が受任案件数をコントロールしているため、他の多数の案件処理を理由に後回しにされることなく早期解決も可能となります。

借金・債務整理問題では、ご相談が早ければ早いほど、弁護士からご提供できる解決策・選択肢も多くなります。あと少し早ければ…と後悔することのないよう、少しでも不安や疑問を抱えた時点でご相談下さい。

【事務所Webページ】
https://inagaki-law.com/

|お寄せいただく相談例|
✔︎複数の借入先があり、返済しきれない。
✔︎毎月返済しても借金が減らない。
✔︎会社や家族に知られないように自己破産したい。
✔︎過払金の返還を請求したい。
✔︎借金の整理をしたいが、家だけは残したい。

|重点取り扱い案件|
・過払金返還請求
・任意整理
・自己破産
・個人再生

個人の方からのご相談を中心に対応しております。
法人の方の場合は、一度お問い合わせ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
稲垣総合法律事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】24時間予約受付
当事務所では、24時間メールでのご予約を受け付けております。
お問い合わせには全て弁護士が確認・対応いたします。
「質問したいこと」「相談の概要」等をご記載いただけるとスムーズにご案内可能です。

【2】休日・夜間・電話相談可
土日祝や夜間(20時まで)の対応も可能ですので、事前にご予約下さい。
ご状況に応じて、お電話での相談も対応しておりますので、まずはお問い合わせください。なお、電話相談の方からのご依頼は、恐れ入りますが別途面談が必須となります。

【3】メリット・デメリットを明確に
可能な限りご相談者様のご意向を汲んだ解決策をご提案いたしますが、メリット・デメリットをよくご理解いただけるよう分かりやすく説明することを心がけております。
少しでもご不明な点はご遠慮なくご質問下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士費用のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎平日初回相談は30分無料です。
延長や2回目以降のご相談、電話相談や休日相談の場合は、30分毎に5,000円(税別)です。
1回の相談が60分を超えると15分毎に2,500円(税別)です。

◎弁護士費用の分割払いOK
債務整理の弁護士費用は分割払い可能です。
ご状況に応じて回数制限があります。

◎簡易な案件をより安価に
破産や再生は事案の複雑さ等に応じて費用を決めております。
弁護士費用については、ご相談時にきちんと説明いたしますので、ご納得いただいてからご依頼下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■アクセス
JR平塚駅南口から徒歩2分

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

個人再生で再生決定したあと、債権者に同意不同意を得る際に、最近の不同意があったケースについて全国のものをお聞きしたいです。 以前はあまり不同意がないと聞いていましたが、このところ不同意にされるパターンが増えたと聞き、気になっております。 不同意してきた会社など教えてください。

注意が必要な会社はあります。 1社で債権総額の過半数を超えている債権者がいる場合は要注意です。 そのような場合は,債権者に不同意とする機会のない給与取得者等再生での申立てを検討します。

稲垣 孝宣弁護士

和解後に銀行口座の差し押さえは、あるのでしょうか? 裁判により、強制執行が可能になったとします。 その裁判後、任意整理で、和解をしたとします。 和解後に銀行口座の差し押さえは、あるのでしょうか? 教えて下さいましたら幸いです。

和解契約に従った返済を行っていれば,通常は権利の濫用に当たり,差し押さえられることはないと考えられます。

稲垣 孝宣弁護士

生活保護受給中です。 自己破産申立前に車を処分したら問題視されますか? ・20年落ちの車で、ローンあり ・ローン会社は「破産しても車は取らない」と言っているので自分の名義になっている ・生活福祉課としては処分してもらいたいと言われているので廃車手続きをとりたい

上記の事情からすれば,20年落ちの車のため,価値相当額は0円と考えてよく,問題視されることはないと思料いたします。

稲垣 孝宣弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料。ただし、当日・延長・2回目以降及び電話相談の場合は30分ごとに5,000円(税別),土日祝日のご相談は60分10,000円(税別)を前日までにお振込みいただいております。
※1回の相談が60分を超えた場合、15分ごとに2,500円(税別)
着手金 ■過払金請求:0円
■時効援用:1社3万円(税別)
■任意整理:1社4万円(税別)
■自己破産:20~50万円(税別)
■個人再生:30~60万円(税別)
報酬金 ■過払金請求:回収した過払金の20%(税別)~
■時効援用:0円(税別)~
■任意整理:0円(税別)~
■自己破産:0~20万円(税別)
■個人再生:10~30万円(税別)
備考欄 債務整理に関する弁護士費用は分割払いが可能です(ご状況によって回数制限あり)ので、お気軽にお問い合わせください。

また、自己破産・個人再生の着手金・報酬金については、ご状況により大きく変動いたします(事案の難易及び想定される業務量も大きく変わるため)ので、相談時にきちんと説明致しますので、ご納得いただいてからご依頼ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

初回相談から45日で自己破産申立てを完了させ,給与差押えによる実損害回避に成功した事案。

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

突然,勤務先に債権回収業者から連絡が入り,以前住宅ローンの残債約1500万円について判決を取得されており,全く返済を行っていないことを思い出しました。
給与を差し押さえられるのではないかと思い,弁護士に相談することにしました。

相談後

手続費用を一括で支払い,必要書類を1か月弱で集めることで,初回相談してから1か月半で自己破産の申立てを行ってもらえました。
しかし,その1週間くらい前に,予想通り勤務先に給与債権差押命令が届いてしまいましたが,給与の支払日までに破産手続開始決定が出て,差押えについても裁判所から勤務先に連絡があったため,実際には全額給料を受け取ることができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

自己破産の申立てで時間がかかるのは,①債権調査,②費用の準備,③必要書類の収集です。

本件では,①債権者が少なかったため,債権調査にはそれほど時間がかかりませんでした。また,②費用も貯金から一括で準備可能で,③必要書類の収集についても,遅れたら給与の1/4を業者に持っていかれるため,迅速に行ってもらえました。

さらに,裁判所に申立ての際に,給与差押えをされているため,大至急破産手続開始決定を出してもらえるよう連絡を行うとともに,選任された破産管財人に対しても,大至急動いてもらえるように連絡するなどの連携をとることで,給与差押えを実際にされても,業者に回収されることなく実損害なしで自己破産を行うことができました。

自己破産の申立ては,多くの事務所で扱っていると思いますが,このように早急に行わなければならない事情がある場合は,経験豊富な弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 2

【家族にバレずに】【住宅ローンもそのまま】【大幅な債務減額に成功】した事案

依頼主 30代 男性

相談前

住宅ローン以外のカードローンやクレジットカードのリボ払いなどの負債総額が約700万円にもなってしまい,もう返済ができません。家族には内緒の借金なので,家族に内緒のまま家を手放さずに返済金額を減らす債務整理手続はありませんか?

相談後

個人再生の住宅特別条項を付ける方針で,弁護士に依頼しました。弁護士からは,裁判所に提出する添付資料として妻の給与の書類などが必要なので,そのような書類を取得するようにと言われ,なんとか入手することができ,その結果,家族にバレずに住宅ローンもそのままで個人再生の認可がおり,負債も約150万円と大幅に減額することができました。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

債務整理の方法として多くは①任意整理,②個人再生,③自己破産の3つが考えられます。
住宅ローンをそのままとする場合,③の自己破産は取りえません。大幅な減額をしないと返済できないということであれば,①の任意整理も厳しいです。
ということで,本件は②の個人再生で行う方針を決めました。

確かに,家族に内緒というご希望については,①の任意整理にするとほぼ間違いなく叶えられますが,本件ではそれが難しいので,この希望は劣後することになりました。
個人再生をすると家族に内緒にしにくいのは,個人再生の申立てを行う際に奥様の給与明細などの奥様に関する資料の提出を行わなければならないため,それらを入手する際にバレてしまう可能性が極めて高いのです。

本件では,ご依頼者の方がそこをうまくこなし,奥様にバレずに必要な資料を集めてくれましたので,家族にも内緒に個人再生の申立てを行うことができました。

個人再生を行うと,返済金額が負債総額のほぼ2割(事案によっては異なる場合もあります)でよくなりましたので,大幅に負債総額も減額することができました。

この事案は比較的方針について決めやすいものでしたのでしたが,もう少し複雑となるとなかなか難しい場合もあります。そのような場合は債務整理の経験の豊富な弁護士であれば,より多くの解決案をご提案することが可能となります。

単に現状の返済金額が厳しいから何とかしたいというだけではなく,本件のように家族に内緒にしたいや住宅を維持したい等,他にもご要望(自動車の引き揚げは困る,勤務先には知られたくない…)がある場合は,経験豊富な弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 3

時効援用に失敗しても,一括払いで遅延損害金約50万円全額免除となった事案

依頼主 30代 男性

相談前

長年返済していない借金について,突然,請求書が届きました。消滅時効が完成しているはずなので,時効援用して欲しいです。

相談後

弁護士が債権調査すると,住民票を動かしていなかったときに,判決を取得されていたことが判明し,消滅時効が完成していないと言われました。
そのため,弁護士には,元金を一括で支払うので,遅延損害金については免除してもらえるように交渉してもらいました。
弁護士から,その内容で交渉を成立させることができたと言われ,何とか解決することができて本当に良かったです。

稲垣 孝宣弁護士からのコメント

稲垣 孝宣弁護士

業者からの借金については,最後の返済から5年で消滅時効が完成します。
しかし,訴訟を提起され判決を取得されたりすれば,10年に時効期間が延長されます。
そのため,長年返済していない場合,消滅時効が成立している場合もあれば,本件のように自身の知らないところで判決を取得されていたという場合も少なくありません。

このような場合,消滅時効が完成していないため,その借金は返済していかなければいけないのが基本です。そのため,これが返済できなければ自己破産などの法的手続を採らなければならない可能性もあります。

しかし,業者としても自己破産などをされてしまえば1円も回収できないことから,元金さえ支払ってもらえれば遅延損害金については満額返済してもらえなくても良いと考え,本件のように一括で元金を返済してもらうことで遅延損害金は減免するという内容で和解が成立することもあります。

本件の業者はこのような考えのもとで,和解することができました。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
稲垣総合法律事務所
所在地
〒254-0807
神奈川県 平塚市代官町4-15 辻ビル3階
最寄り駅
平塚駅

電話で問い合わせ
050-5259-9197

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
稲垣総合法律事務所
所在地
神奈川県 平塚市代官町4-15 辻ビル3階
最寄駅
平塚駅

稲垣 孝宣弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-9197
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:30
定休日
土,日,祝
備考
※土日祝日のご相談は、事前にご相談ください。メールでのお問い合わせの方がスムーズにご案内可能です。

対応地域