現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
青木 芙美子弁護士

( あおき ふみこ ) 青木 芙美子

道しるべ法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【川崎駅5分】【近隣で働く方の解決実績多数】【男女両弁護士在籍】解決実績のノウハウを駆使し、依頼者に「あなたに会えてよかった!」と言われる弁護士へ。
道しるべ法律事務所

ご相談時には柑橘系のアロマを使用しており,リラックスしてお話しいただけます。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

はじめに

お悩みの早期解決を目指して、任意交渉、家事調停、民事訴訟など適切な手法ご提案させていただきます。
ご依頼者様のご相談内容により手続きが異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士の離婚・男女問題への思い

自分自身、結婚生活を送りながら一般企業に勤務していた経験があり、ご依頼者様の今後の生活までを視野に入れ、ご依頼者様のライフプランをともに考えることが可能です。
離婚・男女問題はことにプライベートな問題をはらむため、ご依頼者様がリラックスしてご相談いただけるよう、話のしやすい雰囲気づくりやカウンセリングの手法を意識した聞き取りを心がけております。
弁護士に洗いざらい話すことで、ご依頼者様が心の底で願っていたことに気づくことができる場合もあります。お悩みにはとことん付き合います。
ぜひご依頼者様の明るい未来へと踏み出すお手伝いをさせてください。

当事務所のメリット

  • 初回相談無料
  • ご依頼者様のプライバシー厳守
  • アクセス良好
  • 離婚事件取扱多数

このようなご相談は弁護士にお任せください

  • 夫、妻が離婚に応じてくれない。
  • 子供と面会させてくれない。
  • 夫、妻から離婚調停を申し立てられた。
  • 夫、妻の不倫相手に慰謝料を請求したい(請求された)。
  • 不倫の証拠として押さえておくべきものは何か、慰謝料の相場はいくらか等

その他、お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

アクセス

JR川崎駅より徒歩6分、京急川崎駅より徒歩5分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ・初回30分の相談は無料で承ります。
・以降は30分 5,500円(税込)です。
着手金 1 交渉プラン 22万円(税込24万2000円)
2 調停プラン 32万円(税込35万2000円)
3 裁判プラン 42万円(税込46万2000円)
着手金の金額は,事案により異なる場合があります。
その他,実費がかかります。
成功報酬金 1交渉プラン22万円(税込24万2000円)+経済的利益の13%(税込14.3%)
2調停プラン32万円(税込35万2000円)+経済的利益の13%(税込14.3%)
3裁判プラン42万円(税込46万2000円)+経済的利益の13%(税込14.3%)
その他費用 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問合せください。法テラス利用,分割でのお支払も対応可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【協議離婚】【依頼者:妻】夫が子供の面倒をみないことなどを理由に親権,養育費,財産分与を得た事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 30代 女性

相談前

<相談者>
【性別】 女性
【年齢】 30代後半
【子ども】 長女8歳,長男5歳
【ご職業】 専業主婦
【婚姻期間】 10年
【ご希望】
・夫が子どもたちの面倒を全くみないで趣味にばかり夢中になっていて,愛情が無くなってしまったので離婚したい。

・夫に子どもの面倒をみることは無理だろうし,子どもだけが自分の生きがいなので親権は絶対欲しい。

・離婚後に仕事を探すつもりだが,生活が大変そうなので出来るだけ多く養育費をもらいたい。

・夫婦に財産はあまりないけども,夫の預金(約200万円)を折半したい。

・面会交流は月に1回程度にしたい。

相談後

<ご依頼の結果>
親権を妻と定め,養育費を妻の希望額,面会交流を月に1回とし,夫が財産分与として妻に100万円を支払って協議離婚成立。

<今回のポイント>
相談者の方の場合,離婚したい一番の理由が夫が子どもの面倒をみないということで,法律上離婚が認められるケースではありませんでした。
また,夫も自分に非があるとは思っておらず,離婚することを渋っていたため,離婚の話し合いが難航するが予想されました。
いかにして話し合い(調停を含む。)で夫に折れてもらうかがカギとなりそうでした。

<事件の経緯>
ご依頼時は,ひとまず弁護士が夫と話をしてみて,応じてくれなそうだったらすぐに調停を申し立てるという方針を立てました。
早速夫にコンタクトを取ってみると,当初は感情的になっていて離婚することを嫌がっていましたが,奥さんにもう愛情はありませんよ,と伝えると態度が少し変わって少し考えさせて欲しいとのことでした。
時間を置いて繰り返しお話をしていると,「考えさせて欲しい」が「前向きに考えたい」になり,「条件次第で考えたい」に変わってきました。
条件を聞いてみると,「子どもと月1回会いたい。これだけ認めてくれれば構わない。養育費も出すし,預金も子どものために半分までなら渡す。」とのことで,ご依頼者のご希望の範囲内でしたので(少し拍子抜けしましたが),無事離婚することになりました。

青木 芙美子弁護士からのコメント

青木 芙美子弁護士

夫婦だけで離婚の話をしていても,どうしてもお互いに感情的になってしまい,なかなか前向きな話ができないものです。

今回のケースのように,弁護士が代理人となって話をすれば,お互い将来について前向きに考えるきっかけになります。もちろん,どうしてもダメなら調停などをやらなければなりませんが,客観的な目線でサポートしてくれる存在がいれば心強いのではないかと思います。

特に今回のケースのように法律上離婚が認められなそう(離婚原因がないといいます。)な場合には,粘り強く話し合いを重ねられるかがポイントになってきます。

離婚・男女問題の解決事例 2

【夫婦共働き】【依頼者:妻】別居中の妻(派遣社員)が生活費(婚姻費用)を夫から確保したうえで調停離婚した事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 生活費を入れない
依頼主 40代 女性

相談前

<相談者>
【性別】 女性
【年齢】 40代後半
【子ども】 長男18歳,長女12歳
【ご職業】 派遣社員
【ご収入】 相談者200万円,配偶者600万円(公務員)
【婚姻期間】 18年

【ご希望】
・夫の暴力やモラハラに耐えかねて子ども二人を連れて別居を始めて5年になるが,そろそろ離婚したい。

・夫が生活費をまったく払ってくれず,子供たちも大きくなってきてお金がかかるようになり,両親も高齢で頼れないので,まずは生活費を確保したい。

・夫にはこれまで日々暴力を振るわれたりさんざんひどいことをされてきたので,離婚の際に慰謝料を支払って欲しい。

・今後は養育費をちゃんと支払ってもらいたい。

相談後

<ご依頼の結果>
親権を妻と定め,養育費を月額10万円,夫が慰謝料・財産分与として妻に約600万円を支払って調停離婚成立。

<今回のポイント>
離婚を希望している女性に多いのですが,自身の収入が少なく,別居や離婚をした場合に経済的に立ち行かなくなってしまうケースは非常に多いです。
特に今回のように夫がまったく生活費をくれないという場合は,離婚に先立って生活費(法律上は「婚姻費用」といいます。)を確保することがポイントになってきます。
確保するための方法としては,「婚姻費用分担請求調停」を申し立てるやり方が一般的です。

<事件の経緯>
ご依頼にあたっては,法テラスの「民事法律扶助制度」を利用して,法テラスに弁護士費用を立替えてもらうことができました。
「民事法律扶助制度」というのは,弁護士の着手金等の費用を法テラスに立替えてもらって,後で分割払い(月額5000円から1万5000円)で法テラスに返済していくという制度です。
これにより,ご依頼時にまとまったお金がなくとも,弁護士にご依頼いただくことができます。
夫の態度は,妻が勝手に出ていったのが悪いという話を繰り返すだけで,話にならなかったので,早めに話し合いを打ち切り,すぐに裁判所に「婚姻費用分担調停」を申し立てることにしました。
調停でも,夫は過去の出来事を蒸し返して妻が悪いから支払う必要はない,という話を繰り返すだけで,調停委員(裁判所で双方の言い分を聞いて間に立ってくれる方)もこれは話がまとまらないと思ったのか,早々に審判(簡単に言うと裁判所が支払の命令をしてくれる手続,判決のようなもの)に切り替わり,申し立てから3か月ほどで,裁判所は夫に月額12万円をを支払うよう命じられました。
夫もこれで観念したのか,それ以降は毎月12万円ずつ支払うようになりました。
併行して離婚の調停も行い,こちらは時間が少しかかりましたが,なんとか話がまとまりました。
夫は最後まで自分には非がないと信じて疑わなかったようですが,訴訟になった場合により一層不利になる可能性があると調停委員が説得してくれたということもあって,慰謝料と財産分与として600万円の支払と養育費月額10万円の支払を得ることができました。

青木 芙美子弁護士からのコメント

青木 芙美子弁護士

いざ離婚を,と思っても現実的には障害が結構多く,一番障害となりやすいのは,やはり離婚するまでの生活費です。
離婚はしたいけど生活が立ち行かなくなることを恐れて,我慢して結婚生活を送っている方は多いのではないでしょうか。
お金がなくても今回のように「民事法律扶助制度」を利用したり,「婚姻費用分担請求調停」を行って,最終的に財産分与や慰謝料の支払を受ければ,生活の見通しが立てやすく,専業主婦の方や収入が少ない方でも離婚をすることができます。

離婚・男女問題の解決事例 3

【財産分与1/4に減額!】【依頼者:男性】【2500万円→400万円】親の相続を共有財産に含めずに解決できた事例

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は40代の勤務医でした。婚姻期間10年以上の妻とは二人の間に子供が1人います。
現在、妻とは、現在5年以上別居中で、妻から「いい加減そろそろ離婚したい」という連絡があり、代理人をつけて、弁護士から依頼者に連絡が来ました。
当初はネットで検索て見て弁護士を雇わず、自分だけで解決できると考えていました。
そのため妻側の弁護士とやり取りをして、弁護士とは子供の親権や最低限の共有財産に関して支払うところまでは合意できました。
しかし、弁護士とは別に妻から突然電話がかかってきて、男性側の資産である5000万円の半分を共有財産として要求してきたため、状況は急変。
この5000万円はそのほとんどが相続として家族から引き継いだ財産なので、妻には絶対渡したくありませんでした。素人だけでは解決できないと考え、こちらも職場近くで、親身になって相談に乗っていただいた弁護士に相談にいくことを決心しました。

相談後

今回の焦点は、妻側が主張した5000万円が「共有財産」として認められるかどうかが争われました。
判断基準として、相続した財産かどうかの証拠を全て提出しなければいけません。
依頼者は自身も働いていたため、まとまった時間を取ることができなかったので、弁護士は依頼者の状況も踏まえて、依頼者の代わりに全ての資産である、自宅/預貯金(複数)/金融資産(複数)/その他、色々なところに分散細かい財産(相続)の全てをこと細かく調べ、その資産の元を辿った結果、そのほとんどを相続財産であることを立証することができました。
結果、依頼者は当初2500万と言われていた財産分与を400万円と年金分散で解決することができました。

青木 芙美子弁護士からのコメント

青木 芙美子弁護士

熟年離婚の場合、親の相続までを対象として訴えてくるケースが最近後を絶ちません。この場合、その財産の出所がわからないと全て財産分与として認められてしまいます。そのため、早期で弁護士への相談をすることをお勧めします。
インターネットが普及して、誰でも情報にアクセスできる世の中になったとしても、やはり、法律問題は法律の専門家である弁護士に相談することで早期解決につながります。

離婚・男女問題の解決事例 4

【価値観の相違】【離婚切望】「断固として離婚したい」という依頼者の気持ちに応えた事例

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は汐留で働く40代のサラリーマンでした。
妻とは独身時代から気が合い、コミュニケーションも以心伝心でうまく取れたし、価値観もあっていると思っていたため結婚しました。しかし、結婚後に妻は豹変!
具体的には、独身時代は自由にお金を使えていたが、子供のことや将来について考えるとお金の使い方に妻からの制限が出るのもしばしば。。。
依頼者も管理職という立場もあって、結婚してからも仕事上の付き合いで部下への飲みニケーションなど、今までの生活スタイルを変えずに結婚生活ができると思っていたため、依頼者の疑問が募るばかりでした。
また、家族付き合い(母親を大切にしている)を大切にする依頼者にとって、妻はお盆に帰るのも渋ったりとあまり依頼者の家族とのコミュニケーションを取ろうとしなかったため、日に日に妻との価値観が合わないと感じることが多くなってしまいました。
結婚前は全然そういうことがなかったので、戸惑いを隠せない依頼者にさらなる追い討ちとして、日々、仕事で頑張っている自分にボーナスのタイミングでご褒美(10~20万円)を買った際に、妻から激しく怒られてしましました。
このように妻から怒られることは日常茶飯事ではありますが、今回ばかりは「たかだか10万円のモノも自分の意思で買えないのかと!」怒りを超えて、妻との価値観の違いに一気に冷めてしまいました。これがきっかけで離婚を妻に切り出しましたが、妻からは納得してもらえず。
そこで、職場から近く丁寧な対応をしていただいた弁護士に相談に行きました。

相談後

受任後、依頼者は妻と話す気は無いので、弁護士主導のもと妻とのやり取りを依頼者不在で進めてほしいと依頼。弁護士は依頼者の意向を受けて早速、妻に連絡をして離婚の意思を伝えました。
やはり、妻側からは離婚はしたく無いとの一点張りでした。話を聞くと、本人自身、依頼者と離婚したいとまったく思っていないとのこと。
具体的な理由として、「結婚して3年経ったが、依頼者に対しては不満はない。今までの口論については、普通の家庭であれば起こる揉め事であって、些細な内容だし、夫ともこれからも添い遂げられると思っている」と反論し、離婚する理由にもならないと反論してきました。
このままでは、離婚をすることは難しいと感じた弁護士は依頼者の意思を尊重して、裁判所に離婚調停を立てました。
弁護士は「断固として離婚したい」という思いを粘りつよく奥様に伝えた結果、合計5回の調停を経て、妻に離婚に同意する意思決定までこじつけることができました。
依頼者も晴れて離婚ができて新しい人生を歩めることになり、本案件を解決することができました。

青木 芙美子弁護士からのコメント

青木 芙美子弁護士

晩婚の場合、男性側の意見として、今までの生活スタイルを結婚後に変えることは相当難しいというお話は何度も耳にします。
それが原因で、結婚後に価値観の違いから、不仲になり、今回のような状態になるケースを最近よく耳にします。
裁判で離婚が認められない場合であっても、話し合い次第で離婚は可能です。
話し合いを経てお互いが、よりよい人生を歩むための選択として「離婚」という選択肢もあるので、少しでもお悩みの場合は、同じケースを対応している弁護士へのご相談をお勧めしております。

離婚・男女問題の解決事例 5

【財産分与0円/ 親権・養育費獲得】【浮気相手から慰謝料300万】【依頼者:男性】妻が複数男性と不倫関係だと発覚。正当な金額で離婚が出来た事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

相談者は中小企業にお勤めの男性からでした。
夫婦共働きで息子が3人の5人家族です
結婚して二人の間には子供が3人おり、依頼者も家族のために頑張って夜通し働く仕事一筋の人でした。
それまで特に夫婦仲は悪く無かったのですが、妻が某社会人サークルに入ってからというもの、仕事だ出張だと言って帰宅が遅くなり、度々外泊するになりました。また、自分や子どもたちに対する態度もどこかよそよそしく、不審に感じました。
ひょっとして浮気しているのではないかと思い、妻の携帯電話をこっそり調べてみると、LINE上で見知らぬ男と不倫をしているようなやりとりと不倫相手と思われる人物との写真などを見つけました。
一瞬、気が動転して、何が何だかわからなくなってしまいましたが、時間が経つにつれて、自分と子どもたちを傷つけ家庭を壊した妻と不倫相手に対する怒りがこみ上げてきました。
悩んだ末、妻と離婚することを決意し、子供3人の親権を取って、妻と不倫相手に責任を取らせるために、知り合いに相談したところ、良い法律事務所があると言われ、弁護士を紹介されて相談に行きました。

相談後

受任後、弁護士はすぐに妻に対して、離婚調停の申立てを行いました。
依頼者から頂戴した証拠をもとに、短期間で不倫相手との不貞行為を認めさせることができました。
さらに、調停での交渉の結果、慰謝料請求を行わない代わりに、夫名義の共有財産(総額約500万円)の分割を行わないことを認めさせて妻への財産分与を免れ、子供3人の親権と養育費の支払いを認めさせて決着し、納得のいく条件で離婚することができました。
並行して不貞行為相手の調査を行ったところ、不貞行為の相手が2名いることが判明しました。弁護士は各人に対して、慰謝料請求を訴外で行い、各150万円の支払いで示談をすることに成功しました。

青木 芙美子弁護士からのコメント

青木 芙美子弁護士

以前、「昼顔」というドラマが流行ったように、最近サラリーマン男性から受ける相談は、妻の不貞行為を含む不倫相談が年々増えています。
このような相談で、弁護士として依頼者にお伝えしていることは証拠!
証拠が重要なので、弁護士のアドバイスを証拠の獲得を行うか、事前に証拠を抑えてから弁護士に相談するか。後者の相談であればスムーズな解決につながります。
調停でも不貞行為の存在を固められれば、他の離婚条件に関しても有利に進められるので、パートナーが怪しいと思ったら、経験豊富な弁護士への相談をお勧めいたします。
不貞行為の証拠の収集に関してもアドバイスさせていただきます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
道しるべ法律事務所
所在地
〒210-0006
神奈川県 川崎市川崎区砂子1-5-1 KJ砂子ビル4階
最寄り駅
京急川崎駅より徒歩5分
JR川崎駅より徒歩10分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
【24時間メール受付対応中】
※弁護士多忙の場合、3営業日以内返信
※会議や外出のためにお電話に出られない場合もありますが,折り返し、「044-211-1115」からお電話をさせていただきます。
対応地域

関東

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5281-6940

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

道しるべ法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5281-6940

※道しるべ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
【24時間メール受付対応中】
※弁護士多忙の場合、3営業日以内返信
※会議や外出のためにお電話に出られない場合もありますが,折り返し、「044-211-1115」からお電話をさせていただきます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談