現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
植原 健一弁護士

( うえはら けんいち ) 植原 健一

川崎パートナーズ法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆初回相談60分無料◆豊富な解決実績あり◆離婚・男女問題でお困りの方は一度ご相談ください。これまでの経験を生かして、より良い再スタートのために尽力いたします。
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

-----------------------------------
離婚・男女問題に注力しています!
-----------------------------------
事務所全体で年間約300件のご相談を承っており、豊富な経験に基づいて見通しを説明することが可能です。離婚、男女問題には特に注力し、取扱件数も増加しております。

ご相談の内容は一つとして同じものはありませんが、過去の経験を生かしながら、依頼者の方にとって最善の解決策をご提案いたします。人にはなかなか話しにくい問題ですが、弁護士に話すだけでも負担が軽くなるものです。少しでもお悩みの方は、一度ご相談ください。

-----------------------------------
当事務所のサポート体制
-----------------------------------
◆当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日、夜間(21時まで)のご相談に対応しております。
日時等は事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。
また至急ご相談ご希望の場合はメールで問い合わせをお願いいたします。

◆法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)のご利用が可能です。

◆分かりやすさを重視
ご相談の際には、分かりやすい言葉で説明することを心がけております。
少しでもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

-----------------------------------
弁護士費用について
-----------------------------------
お金の心配をせずに遠慮なくご相談いただけるよう、初回相談は1時間無料としています。
また、着手金の分割払いが可能です。
ご依頼をご検討の方には、初回相談の際に、弁護士費用の見積もりをいたしますのでお申し付けください。

-----------------------------------
よくあるご相談例
-----------------------------------
・慰謝料を請求したい
・配偶者からモラハラを受けており、離婚の話し合いが上手く進められない。
・財産分与がどうなるのか知りたい。
・養育費・婚姻費用がいくらもらえるのか知りたい。

◆重点取扱案件◆
・離婚請求
・財産分与
・親権問題
・不貞慰謝料請求

【アクセス】
JR川崎駅徒歩1分
地下街(アゼリア)直結のため、雨の日も濡れずにご来所いただけます。

【離婚専門サイト】
http://www.kawasaki-rikon.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回1時間無料
着手金 20万円〜
報酬金 20万円〜
備考欄 弁護士費用は、ご相談の際にお見積もりさせていただいております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

自らの不貞行為が発覚し、不貞相手の妻から慰謝料約700万円を請求された事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

自らの不貞行為が発覚し、不貞相手の妻から慰謝料請求をされたことからご相談に来られました。相手に弁護士がついていることや請求額が約700万円と高額であったため、ご依頼を受けることになりました。

相談後

不貞行為自体に争いはなく、慰謝料額が問題となりました。
相手方は離婚を余儀なくされたので、250万円以下では納得できないとのことから交渉では和解とならず、相手方から訴訟を提起されました。
訴訟では不貞期間が3ヶ月と短いことや相手方が財産分与として2分の1以上の財産を取得していたこともあり、裁判所での話し合いを通じて150万円を支払うという内容で和解することができました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

不貞行為により離婚に至っていたケースでしたので、慰謝料が200万円を超えることも想定されたケースでした。
ただ、離婚に伴って多額の財産的給付を受けていたので、慰謝料の要素も含んでいるという主張を行い、減額に成功しました。

離婚・男女問題の解決事例 2

離婚には合意していたが、財産分与で合意がとれず分与割合について訴訟で解決したケース

  • 財産分与
依頼主 30代 男性

相談前

夫婦双方とも離婚すること自体に争いなく早く先に進めたいというところでしたが,財産分与,具体的には,共有不動産の売却代金の分割割合について話し合いがつかなかったため,夫から依頼を受け,離婚訴訟を提起しました。

相談後

妻側は5:5の割合での分割を主張しておりましたが,それぞれが財産形成に貢献した程度に応じた分割割合を定めるべきことを主張立証していった結果,判決では夫6:妻4の割合での分割が認められました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

一見難しそうな財産分与の割合に関する事案でした。通常,2分の1ルールが適用されるのが財産の分与ですので,それ以外の方法について詳細な調査などを行い立証を行った事案です。かなり稀なケースだとは思いますが,経営者の方や高額所得者の方,また何らかの事情をもってしっかりと説明ができる場合には,あきらめずにご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

慰謝料の大幅な減額に成功したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

不貞行為が発覚し、相手方から弁護士名で内容証明郵便が届いたことから、ご相談に来られました。
ご自身での対応に不安があったため、代理人としてご依頼を受けることになりました。

相談後

不貞行為自体に争いはなく、慰謝料額が問題となりました。相手方の請求額が500万円と過剰で
あったこともあり、100万円までの減額に成功しました。依頼者様が当初準備していた金額で
示談をまとめることができました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

不貞の事実は争いがないとしても、不貞に至った経緯などを主張することなどで慰謝料の金額を
少しでも減額することは可能です。不貞の内容証明郵便が届いた、
あるいは、訴状が届いた場合には、まずは専門家にご相談されるのがよいでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 4

財産分与と慰謝料の支払いとして不動産を移転し、調停離婚が成立したケース

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
依頼主 50代 男性

相談前

長年,家庭内別居状態にあり,末の子どもの成人を契機に夫から妻に離婚を切り出したところ,夫の不貞を理由に1000万円以上の慰謝料請求及び財産分与を求められたことに対して対応するべく,ホームページを見て当事務所にご相談がありました。
夫としては,財産分与及び慰謝料として,居住していた不動産の持ち分を妻側に移転することを提案していましたが,受け入れてもらえなかったため,当事務所が夫の代理人として受任することになりました。

相談後

財産分与と慰謝料の支払いが大きな争点となりました。
まず,共有の不動産の持分を夫側から妻側に移転しようとしました。すると,妻側から提出された不動産の評価額の妥当性について疑問を生じたため,当事務所と連携する不動産会社での再査定を行ったところ,妻側の不動産査定の根拠に合理性がないことが指摘でき,結果,当方にて提示した評価額を基本に,話し合いを有利に進めることができました。

夫は不貞行為について認めていたため慰謝料を請求されましたが,財産分与と比して圧倒的に少額であるため,基本的には財産分与について話を進めていく中で折り合いをつけていきました。

その結果,不動産の持ち分を移転するだけで,財産分与と慰謝料の支払いとして十分であることを理解してもらうことができ,無事調停離婚が成立しました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

所謂,熟年離婚ということですが,こうしたご相談を数多くお受けしています。熟年離婚の場合には特に,共有財産が大きくなりますし,評価が必要となる財産の扱いは重要です。



今回のように,相手の提示を真に受けずに客観的に対応する上でも,多数の案件を手がける弁護士に相談いただくことですぐにアプローチを再検討できますので,財産分与でお困りの方はお問合せください。

離婚・男女問題の解決事例 5

不貞相手の夫からの慰謝料請求を減額し、家族に知られずに解決できたケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

自分が不貞をしていたところ,不貞相手の夫から500万円の慰謝料請求をされているということで,ご相談に来られました。

依頼者は,自分の家族には内緒にして解決したいということで,依頼されました。

相談後

まず,相手方に連絡をとり,代理人として交渉することで,自宅や家族に連絡が行かないようにしました。
また,慰謝料の金額も200万円とすることで合意ができ,無事依頼者の家族には知られないで解決することができました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

相手方から内容証明郵便などが自宅住所に送付されると,その内容が家族に知られるおそれがあります。

それを避けるためには,相手方に対し,代理人としての連絡を速やかに行う必要があります。

また,家族へ知られないことを最優先で考える場合には,慰謝料の金額も多少高めに支払うことも必要になってきます。

本件では,家族へ知られないことを最優先として交渉した結果,ご依頼から2週間で無事解決することができました。

離婚・男女問題の解決事例 6

調停離婚において相手方が全財産を開示しなかったケース

  • 養育費
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

相手方から離婚を求められており、離婚についてどうしたらいいかということでご相談に
いらっしゃいました。夫は、妻の父親の会社役員でしたが、離婚をするために役員を辞任しました。
夫が離婚調停を申し立てて来たので、代理人として受任しました 。
財産が多く、1人で調停に臨んで、正当な権利を確保できるかどうか不安だったため
依頼されたということでした。

相談後

相手方は、調停手続きの中で全財産を開示しませんでしたが、粘り強く交渉した結果、
1000万円以上の解決金を提示してきたため、離婚に応じることにしました。
養育費については、役員を辞任し無収入となっていたため、算定が困難でしたが、
賃金センサスをベースに私立の学費相当額を加算した金額を主張し、
最終的に毎月17万円の養育費とし、こちらの希望通りの金額で解決することができました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

全財産を開示していなかったので、解決金の金額が財産分与や慰謝料に照らして
相当かどうかが問題となりますが、結婚期間や収入などから、十分な金額であろうと推測できたため、
離婚に応じることにしました。
養育費についても、無収入ではありましたが、相手方の稼働能力等を主張することで適正な
養育費で合意することができました。

離婚・男女問題の解決事例 7

50代会社役員の男性が財産分与と慰謝料の支払いとして不動産を移転し、 調停離婚が成立したケース

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 50代

相談前

長年,家庭内別居状態にあり,末の子どもの成人を契機に夫から妻に離婚を切り出したところ,夫の不貞を理由に1000万円以上の慰謝料請求及び財産分与を求められたことに対して対応するべく,当事務所にご相談がありました。
夫としては,財産分与及び慰謝料として,居住していた不動産の持ち分を妻側に移転することを提案していましたが,受け入れてもらえなかったため,当事務所が夫の代理人として受任することになりました。

相談後

財産分与と慰謝料の支払いが大きな争点となりました。
まず,共有の不動産の持分を夫側から妻側に移転しようとしました。すると,妻側から提出された不動産の評価額の妥当性について疑問を生じたため,当事務所と連携する不動産会社での再査定を行ったところ,妻側の不動産査定の根拠に合理性がないことが指摘でき,結果,当方にて提示した評価額を基本に,話し合いを有利に進めることができました。

夫は不貞行為について認めていたため慰謝料を請求されましたが,財産分与と比して圧倒的に少額であるため,基本的には財産分与について話を進めていく中で折り合いをつけていきました。

その結果,不動産の持ち分を移転するだけで,財産分与と慰謝料の支払いとして十分であることを理解してもらうことができ,無事調停離婚が成立しました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

所謂,熟年離婚ということですが,こうしたご相談を数多くお受けしています。熟年離婚の場合には特に,共有財産が大きくなりますし,評価が必要となる財産の扱いは重要です。

今回のように,相手の提示を真に受けずに客観的に対応する上でも,多数の案件を手がける弁護士に相談いただくことですぐにアプローチを再検討できますので,財産分与でお困りの方はお問合せください。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
◆相談料無料◆法テラス利用可◆経験を生かした迅速な対応とわかりやすい料金体系で、安心してご依頼いただけるよう配慮しております。まずは一度ご相談ください。
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

-----------------------------------
豊富な解決実績を生かします
-----------------------------------
弁護士となって11年間、多くの債務整理案件を取り扱ってきました。そのため、債務整理の方針について的確に見通すことができます。

借金の問題は、深刻化した場合、ご家族をも巻き込む可能性があります。弁護士を間に入れることで、支払いや取り立てをストップさせることができますので、まずは一度ご相談ください。解決するための方法としては、債務整理、自己破産、個人再生などがあります。依頼者の方の置かれている状況の中で最善の解決策をご提案いたしますので、安心してお任せください。

-----------------------------------
当事務所のサポート体制
-----------------------------------
◆当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日、夜間(21時まで)のご相談に対応しております。
日時等は事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。
また至急ご相談ご希望の場合はメールで問い合わせをお願いいたします。

◆法テラス利用可
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)のご利用が可能です。

◆分かりやすさを重視
ご相談の際には、分かりやすい言葉で説明することを心がけております。
少しでもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

-----------------------------------
弁護士費用について
-----------------------------------
お金の心配をせずにご相談いただけるよう、相談料は【何回でも無料】としています。
費用を一括で用意することが難しい方には、分割払いにも応じています。

-----------------------------------
よくあるご相談例
-----------------------------------
・返済を続けているが、なかなか元金が減らない。
・複数社から借り入れをしているため、借りては返すということを繰り返しておりどうしたらよいかわからない。
・住宅を残して債務を整理したい。

◆重点取扱案件◆
・過払金請求
・法人・個人破産申立て
・個人再生

【アクセス】
JR川崎駅徒歩1分
地下街(アゼリア)直結のため、雨の日も濡れずにご来所いただけます。

【債務整理専門サイト】
http://www.saimuseiri-kawasaki.com/

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 任意整理1社2万円(+消費税)
報酬金 任意整理1社2万円(+消費税)
手数料 自己破産 同時廃止事件 20万円(+消費税)
自己破産 管財事件   30万円(+消費税)
個人再生 住宅資金特別条項なし 30万円(+消費税)
個人再生 住宅資金特別条項あり 40万円(+消費税)
備考欄 分割払いが可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(6件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

家族に知られずに破産申し立てを行った事例

  • 自己破産
依頼主 30代 女性

相談前

奨学金や消費者金融など結婚前から負っていた借金が合計400万円にもなり,もはや返済ができなくなったため,破産申立てをすることになりました。
ただし,家族には借金や破産のことを話していなかったため,家族には内緒で進めたいという希望をお持ちでした。
お話を伺ったところ,破産申立てに必要な書類について,家族の協力がなくても用意できるとのことであったため,受任することになりました。

相談後

依頼者に,めぼしい財産もなかったため,同時廃止手続で進めることができ,最終的に免責を受けることができました。また,家族にも知られることなく手続を終えることができました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

破産申立ての際に,裁判所から同居者の収入に関する資料の提出を求められることもあり,その場合には通常家族の協力が必要となるため,家族に内緒のまま破産申し立てを進めることができないことがあります。

今回は,同居者の収入に関する資料も依頼者が管理しているということでしたので,家族に判明してしまうリスクについても了解いただいた上で,依頼を引き受けることになりました。

借金・債務整理の解決事例 2

管財手続となる可能性があったが、同時廃止手続で破産申し立てをすることができた事例

  • 自己破産
依頼主 40代 女性

相談前

夫が病気で仕事ができなくなったことから、借り入れを始め、借金が合計600万円になっていたため相談に来られました。
債権調査の結果、負債が150万円程度にまで減りましたが、それでも返済をすることができなかったため、破産申立てを行いました。

相談後

ご相談に来られた時には手元に残っていなかったのですが、遺産分割により受領した金銭があったため、管財手続になる可能性がありました。
もっとも、その使い途を説明した結果、同時廃止手続で進めることができ、無事免責も受けられました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

申立て以前に多額の財産を保有していた場合、申立て時に手元に残っていないとしても、その使い途を説明できないと、管財事件となる可能性があります。管財事件となると、弁護士費用以外に20万円の予納金が必要となります。
本件は、使い途をきちんと説明することが出来たので、同時廃止手続で進めることができ、依頼者の費用の負担を少なく済ますことができました。

借金・債務整理の解決事例 3

250万円の負債を抱え、再就職活動中であったが、同時廃止手続で破産申し立てをすることができた事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

会社の経費の立て替えを行う必要があったことから借り入れを始め、借金が合計250万円ほどになっていました。
返済を続けていたのですが、会社を退職することになったため、借金についてご相談に来られました。

相談後

就職活動中でしたが、当面再就職の目途が立たなかったことや、奥様が妊娠しており奥様も仕事をすることができなかったため、返済を続けることはできないと判断し、破産申立てを行いました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

退職金の支給を受けていたため、その使途が問題となりましたが、生活費に使ったことをきちんと説明することにより、同時廃止手続で進めることができ、免責が認められました。

借金・債務整理の解決事例 4

ギャンブルが原因で600万円の負債を抱えたが、破産管財人が選任される手続を経て免責が認められた事例

  • 自己破産
依頼主 20代 男性

相談前

負債が600万円くらいになり、毎月の返済が難しくなったため、ご相談に来られました。
借金の使途を確認すると、そのほとんどがパチンコや競馬であったことから免責不許可事由に該当することが判明しました。

相談後

個人再生の申し立ても検討しましたが、返済が困難であったため、破産申立てを行うことになりました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

免責について調査を行うため、破産管財人が選任される手続となりましたが、破産管財人の調査に対し、きちんと協力することで無事免責が認められました。

借金・債務整理の解決事例 5

介護費用のために借り入れが500万円を越え、破産申し立てを行い、免責された事例

  • 自己破産
依頼主 30代 男性

相談前

母の介護費用のために借り入れを始め、借り入れと返済を繰り返しているうちに借金が500万円くらいになっていたことから、ご相談に来られました。

相談後

毎月の収入が20万円程度しかなかったため、返済はできないと判断し、破産申立てを行いました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

預金通帳に馬券を購入していた履歴があったことから免責不許可事由が問題となりました。
実際は、依頼者の父の代わりに購入したもので、依頼者が購入したものではないことを説明することにより、無事免責が認められました。

借金・債務整理の解決事例 6

住宅ローンの残債が2000万円残っていたため、破産申立てを行い免責が認められた事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

住宅ローンの支払をしていましたが、給料が徐々に減ってきたため、その分をキャッシングで借り入れをしているうちに借金が増えてしまい、返済ができなくなりました。

相談後

ご相談に来られた時点で、既に自宅は競売により売却された後で、住宅ローンの残債が2000万円残っていたため、破産申立てを行うことになりました。

植原 健一弁護士からのコメント

植原 健一弁護士

浪費などの事情もなかったため、申し立て後は特に問題もなく、免責が認められました。

借金・債務整理

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◆全国出張対応可◆分割払いあり◆相続問題は、親族間に深刻な溝を生み出すことがありますが、ご相談者様の状況にあわせてアドバイスさせていただいております。
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所
川崎パートナーズ法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

-----------------------------------
地域に根ざした弁護士として
-----------------------------------
これまで地域密着型の弁護士として、相続問題に10年以上携わってきました。

相続は、血の繋がりがあるからこそ長期化してしまうことも少なくありません。将来、家族がもめないように遺言書を作成したい、遺産分割が進まない、遺留分を請求したいなど、相続に関してお困りの場合には、一度ご相談ください。遺言書作成、遺産分割の協議・調停・審判などの各種手続きをサポートします。状況に合わせてアドバイスいたしますので、安心してお任せください。

-----------------------------------
当事務所のサポート体制
-----------------------------------
◆全国出張対応
遠方にお住まいの方やご年配の方のために出張相談に対応しております。
フットワーク軽く対応いたしますので、安心してお任せください。

◆当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日、夜間(21時まで)のご相談に対応しております。
日時等は事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。
また至急ご相談ご希望の場合はメールで問い合わせをお願いいたします。

◆分かりやすさを重視
ご相談の際には、分かりやすい言葉で説明することを心がけております。
少しでもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

-----------------------------------
弁護士費用について
-----------------------------------
相談料:30分ごとに5,000円(税別)
費用は初回相談の際にお見積もりさせていただきますので、ご安心ください。
状況によっては、法テラスの利用や分割払いの対応も可能です。

-----------------------------------
よくあるご相談例
-----------------------------------
・遺産分割協議書に署名しろと言われているが、どうしたらよいかわからない。
・印鑑証明を渡せと言われているが、渡していいのかわからない。
・兄に「全部相続させる」という遺言があるが、自分には何も取り分がないのか。

◆重点取扱案件◆
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・遺言書作成

【アクセス】
JR川崎駅徒歩1分
地下街(アゼリア)直結のため、雨の日も濡れずにご来所いただけます。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 20万円〜
報酬金 経済的利益の10%
備考欄 初回相談の際、お見積もりをさせていただいております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
川崎パートナーズ法律事務所
所在地
〒210-0007
神奈川県 川崎市川崎区駅前本町3-1 NMF川崎東口ビル4階
最寄り駅
JR川崎駅から徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉

電話で問い合わせ
050-5350-4952

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

植原 健一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5350-4952
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土日祝09:30 - 20:00
定休日
なし
備考
メールフォームからのお問い合わせは24時間受け付けております。事前にご予約頂ければ、平日夜間・土日祝日のご相談も可能です。
交通アクセス
駐車場近く