お気に入りに追加
野田 侑希弁護士

( のだ ゆうき ) 野田 侑希

野澤・中野法律事務所

労働問題

分野を変更する
【関内駅徒歩1分】解雇・退職紛争や残業代請求に注力。会社の対応に少しでも疑問がある場合には、ぜひご相談ください。【初回相談30分無料】
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

▼労働関係のトラブルのご相談はお任せください

解雇・退職に関する紛争や残業代の未払などの労働・雇用関係のトラブルは、ごく身近に生じうる問題である一方、会社と対立することになる難しい問題です。
会社の対応がおかしいと思いつつも、「声をあげたら会社にいられなくなるのではないか」「周りに迷惑をかけることになるのではないか」と悩まれ、泣き寝入りをしている方も少なくないのではないでしょうか。

また、勇気をだして自ら声を上げても、労働者は会社よりも立場が弱く、まともに取り合ってもらえないこともあるでしょう。
そのような場合でも、弁護士に依頼することによって、会社と対等な立場で交渉のテーブルにつくことができるようになります。

私は、これまで残業代請求、解雇・退職に関する紛争を中心に、労働・雇用関係に関する案件を幅広く取り扱ってきました。裁判や労働審判も数多く経験しています。
また、労働者側・会社側いずれの立場からもご相談をお受けしていることから、両者の視点を踏まえたアドバイスが可能です。

会社の対応に少しでも疑問がある場合には、お一人で悩まず、ぜひ一度お話をお聞かせください。何があなたにとって最適な解決なのか共に考えましょう。

【重点取扱案件】

✔解雇・退職紛争
✔残業代請求
✔その他職場内でのトラブル全般

▼対応体制について

【1】丁寧な説明でサポート
取り得る手段のメリット・デメリットや今後の見通し・スケジュールをわかりやすく丁寧にご説明します。

【2】当日・休日・夜間相談可(要事前連絡)
日中お仕事をされている方もご相談しやすいよう、夜間や、休日のご相談も可能です。
予定があえば、当日のご相談も可能です。

▼弁護士費用について

まずはお気軽にご相談頂けるよう、初回相談(30分)は無料としています。
初回相談では現在のご状況を確認の上、取り得る選択肢や今後の見通しをご説明します。
ご依頼の内容や経済状況を踏まえ、弁護士報酬の金額や支払い方法は柔軟に対応いたします。

▼労働・雇用問題のご相談例

【解雇・退職に関するご相談】
・これまで十分な指導もなかったにもかかわらず、能力不足としていきなり解雇された
・私の言い分をきちんと聞いてもらえずに、解雇された
・上司から執拗に退職を迫られているが、これに応じた方がよいのだろうか など

【残業代に関するご相談】
・長年サービス残業を強いられてきたので、残業代を請求したい
・就業中、長時間の待機を命じられるが、これは残業代の対象とならないのか
・夜勤の仮眠時間中に急遽対応を求められることがあるが、これは残業代の対象とならないのか
・長時間残業が続いているにもかかわらず、残業代は固定残業手当で支払済みだとの説明を受けた。本当にこれ以上残業代は発生しないのか など

▼解決事例

https://www.bengo4.com/kanagawa/a_14100/g_14104/l_572249/#pro5_case

▼著書

『中小企業の残業代紛争 使用者側の実務』(共著、学陽書房)

▼アクセス

関内駅徒歩1分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)。初回相談は30分無料。
労働問題でお困りの方はまずはご相談をください。
着手金・報酬金等 案件ごとにご相談に応じます。
受任の際には適切明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

費用は、適正妥当な金額として日本弁護士連合会が定めていた弁護士報酬基準を基本にしていますが、具体的な事案に応じて支払スケジュールを含め柔軟に対応いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【労働者側・残業代】示談交渉のみで500万円以上の未払残業代を獲得し、スピード解決した事例。

依頼主 50代 男性

相談前

飲食店で調理担当として勤務。厨房は、ほぼ一人で担当しており、テイクアウトの仕事も増えたため、早朝から深夜まで働いているが、会社からは固定給が支払われているだけであり、残業代は一切支払われていないため、残業代を請求したい。

相談後

勤務の実態に照らして、労働時間を把握した上、労働基準法のルールに則った未払残業代を算出し、会社に対し、内容証明郵便でその支払を請求した。会社側も相談者の勤務実態を争わず、その請求を概ね認めたため、裁判や労働審判を使用することなく、示談交渉のみで約500万円以上の残業代を獲得した。

野田 侑希弁護士からのコメント

野田 侑希弁護士

本件では、会社はタイムカード等の労働時間管理を全く行っておらず、実際の労働時間をいかに資料をもとに裏付けられるかがポイントでした。そこで、会社の使用していた業務連絡用のメール・LINEの履歴やその他会社の資料をもとに丁寧に各日の労働時間の算出・裏付けを行い未払残業代の請求をしました。その結果、会社は相談者の労働時間を特に争わず、勤務実態に即した水準での未払残業代を獲得するに至りました。
中小企業においては労働時間管理がきちんとなされておらず、タイムカードがない場合もよくあります。もっとも、そのような場合でも、他の資料(メール・LINE等)をもとに残業代を算出できる場合があります。会社の労働時間管理や残業代の支払に疑問を持った場合には、日々の労働時間の記録に残していくことが重要です。

労働問題の解決事例 2

【労働者側・残業代】待機時間が労働時間に当たることを前提に残業代の請求が認められた事例(労働審判での解決)。

依頼主 20代 男性

相談前

役員付の運転手として勤務。役員の送迎業務を行っており、目的地への送迎後は車内で待機している。役員のスケジュールに合わせて勤務日や勤務時間が変動し、一日の拘束時間も長時間に亘るが、会社からは残業代は支払われていない。

相談後

車内での待機時間も労働時間に該当するものとして、労働時間を算定し、残業代を請求した。会社は、待機時間は休憩時間であるため、残業代は発生しないと主張し、請求に一切応じなかった。そのため、労働審判を申し立てたところ、当方請求額に近い金額での和解に至った。

野田 侑希弁護士からのコメント

野田 侑希弁護士

現実に作業に従事していない時間であっても、労働から解放されておらず会社の指揮命令下にある場合(待機時間、仮眠時間等)には、「労働時間」に該当し、残業代が発生する可能性があります。このような待機時間・仮眠時間は、比較的長時間に亘ることが多く、多額の残業代が発生しているケースも見受けられるところです。
また、本件は示談交渉での解決の見込みが低かったため、労働審判を申し立てました。労働審判は、裁判所で行う手続ですが、通常の裁判に比べて早期解決が期待できます。本件でも労働審判を利用した結果、早期に納得いく水準での和解に至ることができました。

借金・債務整理

分野を変更する
【関内駅徒歩1分】【初回相談30分無料】【法人破産対応可】債務整理・破産事件の対応実績多数あり。債務整理は新たなスタートを切るための大きな一歩になります。
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

▼債務整理は新たな人生への大きな一歩です

「債務整理」や「破産」と聞くと、マイナスなイメージや抵抗感を持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし、債務整理は、借金が支払えなくなってしまった方の経済的な「立ち直り」を支援するものです。
債務整理によって、借金苦から抜け出し、新たな人生への一歩を踏み出すことができるようになります。
「まだ何とかなるのではないか」「破産はできれば避けたい」、そう思っているうちにさらに借金を重ね、莫大な利息が膨らんでしまい、返済ができなくなってしまった方を多く見てきました。
弁護士へ依頼することにより、債権者からの執拗な督促が止まるため、今後について落ち着いて考えることができるようになります。
あなたの抱えている不安は、弁護士に相談すればすぐに解消できるものかもしれません。
新たな人生のスタートのために、お一人で悩みを抱えずに、まずはお気軽にご相談ください。きっとお役に立てるはずです。

債務整理はお任せください【多数の対応実績あり】

債務整理は、個人、法人を問わず、これまで多数取り扱っています。
また、破産については、裁判所への申立てのみならず、裁判所からの依頼を受けて「破産管財人」として破産手続を数多く担当しています。
これらの経験を踏まえて、破産手続における問題点や見通しを的確に把握し、破産申立てに向けて的確な方針を立てることが可能です。
債務整理の方法によっては、自宅や車などの一定の財産を手元に残すことができる場合があります。しかし、債権者への対応やスケジューリングを一歩間違えると、本来ならば残すことができた財産さえ失ってしまう結果を招きかねません。
債務整理の方法には、任意整理、自己破産、個人再生などがありますが、相談者の方の状況やご希望を丁寧にヒアリングした上で、相談者の方にとって最適な解決策をご提案いたします。

▼法人・個人事業主の破産にも対応いたします

法人や個人事業主の方の債務整理は、一般に借入の規模が大きく、銀行・取引先・従業員などの利害関係者が多数いるため、問題はより複雑です。
私は、法人や個人事業主の方の破産についても、破産の申立代理人だけでなく、破産管財人として破産手続を担当していますので、その後の破産手続を見据えた的確な対応が可能です。

▼借金・債務整理のご相談例

・消費者金融から督促の電話が何度もきて、困っている
・今後も借金は返済していきたいが、今後発生する利息はカットしてほしい
・クレジットカードをリボ払いにしていたら、借金が想像以上に増えてしまった
・借金の返済がかなり苦しいが、自己破産には抵抗がある
・ギャンブルが原因で多額の借金をしてしまったが、自己破産できるだろうか
・事業を継続していきたいが、自己破産できるだろうか
・過去に事業がうまくいかず会社を畳んだが、登記が残ってしまっている。自己破産をする上で支障はないだろうか
・コロナの影響で仕事がなくなり、融資への返済ができなくなってしまった
・コロナを機に会社を畳むことを考えている など

▼解決事例

https://www.bengo4.com/kanagawa/a_14100/g_14104/l_572249/#pro1_case

▼弁護士費用について

まずはお気軽にご相談頂けるよう、初回相談(30分)は無料としています。
ご依頼の内容や経済状況を踏まえ、弁護士報酬の金額や支払い方法は柔軟に対応いたします。

▼アクセス

関内駅徒歩1分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)。初回相談は30分無料。
借金問題でお困りの方はまずはご相談ください。
着手金・報酬金等 案件ごとにご相談に応じます。
受任の際には適切明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

費用は、適正妥当な金額として日本弁護士連合会が定めていた弁護士報酬基準を基本にしていますが、具体的な事案に応じて支払スケジュールを含め柔軟に対応いたします
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

時効援用の通知のみでスピード解決した事例。

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

長い間、借入も返済もしていない消費者金融から100万円以上の支払いを求める請求書が届いた。

相談後

消費者金融から取引履歴を取り寄せたところ、最後の取引から10年以上が経過していていた。そこで、消費者金融に対し、消滅時効を援用する旨の通知書を送付したところ、消費者金融からの連絡は一切なくなった。

野田 侑希弁護士からのコメント

野田 侑希弁護士

最後の取引から長期間経過している場合には、消滅時効(一定期間の経過により返済義務を免れる民法上の制度)が成立しており、返済をしなくてよい可能性があります。もっとも、そのためには消費者金融等に対し、「消滅時効を援用(主張)する」旨を記載した通知書を送付する必要があります。
この依頼者の方は当初は自己破産を希望してご相談にいらっしゃいましたが、結果的には消滅時効を援用する通知書の送付のみで終わり、スピード解決に至りました。
なお、この通知書の送付よりも前に少しでも返済をしてしまうと、その後消滅時効の主張をすることが困難になってしまうので注意が必要です。

借金・債務整理の解決事例 2

ギャンブルという免責不許可事由があったが、同時廃止にて免責が認められた事例。

  • 自己破産
依頼主 40代 女性

相談前

会社の同僚から誘われたことをきっかけに競馬にはまってしまった。当初は給料の範囲内で馬券を買っていたが、負けを取り返すために消費者金融から借入れをして馬券を買うようになった。しかし、思うように勝つことができず次第に自転車操業に陥ってしまった。

相談後

同時廃止手続を前提に自己破産・免責の申立てを行い、無事、免責が認められた。

野田 侑希弁護士からのコメント

野田 侑希弁護士

過度なギャンブルにより借金をした場合は、法律上、免責が許可されない事由にあたるため、裁判所は免責を認めるかどうかを慎重に判断します。そのため、裁判所は、別途、弁護士を管財人として選任し、管財人による調査を行うことが多くあります(これを管財手続といいます。)
もっとも、本件は、競馬により負った借金額がかなり多いとまでは言えなかったことや、依頼者の方が自己の行為を反省し自らの意思で競馬を止めた等の事情がありました。
そこで、申立段階から裁判所にこの事情を丁寧に説明をした結果、管財人を選任しない同時廃止手続(管財手続よりも、費用の負担も少なく、早期に解決に至ります。)により手続が進行し、免責についても無事認められました。

借金・債務整理の解決事例 3

事業継続中の会社の破産申立てをした事例。

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

先代から会社を引き継いだが、代表者が体調を崩したこと等をきっかけに会社の売上がかなり落ち、従業員の給与や経費の支払いもできなくなりそうである。今後、事業を続けていくことが難しく、負債も多額であるため、この機会に会社を畳みたい。

相談後

会社の事業停止前から関与し、事業停止のタイミング、申立費用を確保、従業員の対応等の申立てまでの段取りについて助言をした。その結果、事業停止後、速やかに破産申立てを行うことができ、債権者・従業員の間でも大きなトラブルが起きることもなかった。
また、代表者は、金融機関の融資の連帯保証人となっていたため、会社と同時に破産・免責許可を申立て、無事免責となった。

野田 侑希弁護士からのコメント

野田 侑希弁護士

事業継続中の会社の破産申立てにおいては、いかに申立費用を確保するか、債権者等とトラブルが生じないようにいかに早期に申立てをするか等がポイントとなります。
本件は、比較的早いタイミングで会社の畳み方についてご相談頂けたため、資金繰りや申立てのタイミング等、依頼者の方と十分に協議の上、対応することができ、比較的スムーズに会社を畳むことができました。

交通事故

分野を変更する
【初回相談30分無料】【弁護士費用特約利用】【保険会社との交渉に強み◎】スピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所
野澤・中野法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

▼豊富な経験を生かしたサポート

弁護士登録後、一貫して交通事故案件を多数取り扱っています。
また、保険会社側の弁護士として、保険会社からの多数の相談・依頼を受け、解決してきた経験がありますので、保険会社との交渉におけるポイントも把握しています。交通事故については、医学的な要素も必要となりますので、お困りの際には一度ご相談ください。

【重点取扱案件】

✔︎保険会社との示談交渉(過失割合、慰謝料、逸失利益等)
✔︎後遺障害等級の認定請求及び異議申立て
✔︎交通事故訴訟
✔︎その他交通事故全般

▼対応体制について

【1】丁寧な説明でサポート
できるだけ難解な法律用語を使わず、わかりやすい言葉で説明することを心がけています。ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

【2】当日・休日・夜間相談可
事前にご連絡いただければ、当日・休日・夜間相談にも対応可能です。

【3】弁護士費用特約利用可
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、相談料を含め、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

▼弁護士費用について

お気軽にご相談いただけるよう、初回相談30分は無料としています。
初回相談で、今後の大まかな見通しや取るべき対応について、可能な限りご説明します。
事案の内容によっては、弁護士報酬を完全成功報酬とすることも可能です。

▼よくお寄せいただく相談例

・相手方の対応に全く誠意がない。
・まだ痛みが残っているにもかかわらず、保険会社から通院治療の打ち切りを迫られている。
・保険会社から提示された過失割合や示談金の金額に納得がいかない。

治療等に専念いただけるように相手方との交渉は弁護士が引き受けます。
泣き寝入りすることのないようにサポートさせていただきますので、安心してお任せください。

▼アクセス

関内駅北口徒歩1分

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)。初回相談は30分無料。
交通事故問題でお困りの方はまずはご相談をください。
着手金・報酬金等 案件ごとにご相談に応じます。
受任の際には適切明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

費用は、適正妥当な金額として日本弁護士連合会が定めていた弁護士報酬基準を基本にしていますが、具体的な事案に応じて支払スケジュールを含め柔軟に対応いたします
備考 保険会社の弁護士費用特約を利用できる場合、基本的に弁護士費用のご負担はありません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
野澤・中野法律事務所
所在地
〒231-0016
神奈川県 横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル8階
最寄り駅
JR・市営地下鉄 関内駅から徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
※土日祝日のお問合せはメールでお受けします。
翌営業日に折り返しのご連絡をいたします。
メールのお問い合わせは24時間受け付けています。
対応地域

全国

設備
  • バリアフリー
事務所URL

電話で面談予約
050-5450-2740

Webで面談予約

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

野田 侑希弁護士へ面談予約

電話番号 050-5450-2740
Webで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 21:00
定休日
なし
備考
※土日祝日のお問合せはメールでお受けします。
翌営業日に折り返しのご連絡をいたします。
メールのお問い合わせは24時間受け付けています。
交通アクセス
駐車場近く
設備
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。