お気に入りに追加
星原 正明弁護士

( ほしはら まさあき ) 星原 正明

現在営業中 09:00 - 20:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【関内駅徒歩5分】財産分与・慰謝料・養育費など離婚問題の解決にはノウハウがあります。豊富な経験と実績、親身な対応でお客様の気持ちにサポートするサービスです
星原法律事務所
星原法律事務所
星原法律事務所

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

【経験に基づく的確な対応】
弁護士経験11年目になります。勤務弁護士時代の4年間、独立開業してから6年間にわたって、離婚・男女問題に注力しております。養育費、財産分与、慰謝料の問題を中心に様々なご依頼に対応してまいりましたので、事案ごとのポイントを把握しております。

【費用や手続きについてわかりやすくご説明します】
離婚案件では、裁判外での協議・交渉のほか、家庭裁判所での調停手続などがあります。
ご相談の際には、手続きの流れや費用、手続きにかかる時間についてもご説明をさせていただいております。
コストパフォーマンスも考えて、解決の手法をご提案いたします。

【オーダーメイドのサービスをご提供します】
当事務所をご活用いただくことで、依頼者様のご不満を解消していただきたいと考えています。
早く解決することを重視されるのか、それとも多少時間がかかってもとことん言い分を主張したいのか、によって進め方が異なってきます。
夫婦の状況はさまざまですので、しっかりお話をうかがい、依頼者様の状況やご要望に応じて、解決までの手法をご提案し、オーダーメイドのサービスをご提供いたします。

《ご相談例》
・離婚したいけれども、話し合おうとしても拒絶され、話にならない。
・不倫相手に慰謝料を請求したい。
・別居しているが、生活費をもらえなくて困っている。
・離婚の際に約束した養育費を払ってもらえなくなった。
・仕事が変わり収入が下がったので、離婚の際に決めた養育費を減らしてもらえるよう交渉したい。

上記のほか、慰謝料請求、財産分与、養育費請求など、離婚・男女問題全般のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

星原弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 労働問題 2019年8月に解決

星原先生に相談して本当に良かったです。
色々と得意分野があるかとは思いますが、会社側の労働裁判は経験がものをいうと思います。いくつもの案件を経験をされているようで的確なアドバイスを頂き、この度の裁判だけでなく今後の会社としての運用や対応の仕方なども合わせて教えて頂きました。
長期にわたっての裁判の中相手の主張がころこと変わり対応に追われることも多々ありましたが最後まで親身に対応して頂き大変助かりました。

相談した出来事
労働者が辞めた後で、不当な未払い賃金請求があり相談をしました。
親身に相談に乗って頂きその後裁判となったので引き続きお願いをしました。
しっかりと守って頂いた結果となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 給料・残業代請求

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,000円(税別)
着手金 20万円(税別)~
※請求の内容(財産分与・慰謝料・婚姻費用等の財産的請求があるか、親権問題があるかなど)、事案の難易度、複雑さなどにより異なります。
報酬金 20万円(税別)~
※経済的利益、事案の難易度、複雑さなどにより異なります。ご契約時にご説明させていただきます。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚後に生活状況が変わったので、離婚調停で決めた養育費を減額したケース

  • 養育費

相談前

前妻と離婚した際、自分で離婚調停をして、養育費の金額を取り決めた。しかし、離婚後しばらく経ち、再婚して生活状況が変わったので、養育費を払うのが難しくなってしまった。

相談後

元妻との間で養育費を減額する交渉して、減額に成功した。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

自分で離婚調停をすると、そもそも養育費の金額が相当だったのかわからないこともあろうかと思います。それでも、いったん調停で決まれば、その金額を払わなければなりません。再婚した場合など、生活状況の変化により、養育費の増減額を申入れできますので、一度、ご相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

不倫相手に慰謝料を請求したケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

不倫相手と話をしたものの、謝罪もなく、「不倫していない」の一点張りで、話にならない。

相談後

訴訟を起こして慰謝料を請求し、当方の言い分が認められた。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

たとえ相手が不倫を認めなくても、きちんと証拠などを準備して裁判に臨むことで、当方の主張が認められることになります。相手の対応にお困りの方、一度、ご相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方が離婚を頑なに拒絶したケース

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 生活費を入れない

相談前

借金があるなどと言って生活費を入れない相手方と離婚したい。
別居はしたが、相手方は頑なに離婚を拒絶している。
とにかく離婚したい。

相談後

離婚の調停を申し立て、その後、離婚請求の裁判を起こした。その結果、裁判で離婚が認められた。
また、婚姻費用の調停も申し立てた。相手方に婚姻費用の支払いを命じる審判が下された。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

当事者同士での話し合いができないと感じたときは、早々に見切りをつけて、弁護士に相談して裁判所での手続きを活用した方がうまくいくことがあります。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 4

財産分与の資料を明らかにさせ、適切な額で合意できたケース

  • 財産分与

相談前

相手方から離婚したいと切り出され、財産分与の請求もされた。
夫婦関係を続けられないので、離婚はやむを得ないと思っている。
しかし、自分名義の財産を明らかにしないまま、財産分与を請求してくることには納得がいかない。財産を明らかにするよう求めても応じてもらえない。

相談後

離婚の協議をする前提として、財産についても明らかにするよう求めた。
その結果、相手方の財産を明らかにすることができ、適切な金額で財産分与の話し合いができ解決した。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

財産分与の金額がいくらかは、離婚後の生活にとって、切実なものです。
そのため、財産の資料が明らかにならないと、適切な離婚の話し合いはできないと考えています。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【関内駅徒歩5分】【法人案件の経験多数】【個人も対応】自己破産、会社清算など借金問題の解決にはノウハウがあります。親身な対応でお客様の気持ちにサポートします
星原法律事務所
星原法律事務所
星原法律事務所

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

【経験に基づく的確な対応】
弁護士経験11年目になります。勤務弁護士時代の4年間、独立開業してから6年間にわたって、借金問題に注力しております。法人・個人の破産申立て、任意整理を中心に様々なご依頼に対応してまいりましたので、事案ごとのポイントを把握しております。裁判所から選任される破産管財人の経験もありますので、裁判所の視点も踏まえながら、お客様に不利にならないよう適切に手続きを進めることができます。


【費用や手続きについてわかりやすくご説明します】
借金問題の解決策には、裁判所を利用するのかしないのか、破産するのか再生するのか、といった様々な手法があります。
どのような手続きで進めるのがいいか、ご相談の際には、手続きの流れや費用、手続きにかかる時間についてもご説明させていただき、解決の手法をご提案いたします。


【オーダーメイドのサービスをご提供します】
当事務所をご活用いただくことで、依頼者様のご不安を解消していただきたいと考えています。
ご自身のケースでは、自己破産の手続きがいいのか、分割して返済するのがいいか、どの手続きを利用するのが適切かご提案いたします。
会社(事業者)の場合であれば、このまま事業を継続するのがいいか、止めた方がいいのか、従業員や取引先のことなども含め、社長のお気持ちも踏まえながら、アドバイスさせていただきます。
状況はさまざまですので、しっかりお話をうかがい、依頼者様の状況やご要望に応じて、解決までの手法をご提案し、オーダーメイドのサービスをご提供いたします。


《ご相談例》
・破産した方がいいのか、分割して返済した方がいいのかわからない。
・会社の経営が悪化しており閉じようと思っている。廃業・倒産する場合の手続や費用を知りたい。
・借りては返すを繰り返し、借金が一向に減らない。どうすればいいかわからない。

会社清算、倒産、借金問題全般のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

星原弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 労働問題 2019年8月に解決

星原先生に相談して本当に良かったです。
色々と得意分野があるかとは思いますが、会社側の労働裁判は経験がものをいうと思います。いくつもの案件を経験をされているようで的確なアドバイスを頂き、この度の裁判だけでなく今後の会社としての運用や対応の仕方なども合わせて教えて頂きました。
長期にわたっての裁判の中相手の主張がころこと変わり対応に追われることも多々ありましたが最後まで親身に対応して頂き大変助かりました。

相談した出来事
労働者が辞めた後で、不当な未払い賃金請求があり相談をしました。
親身に相談に乗って頂きその後裁判となったので引き続きお願いをしました。
しっかりと守って頂いた結果となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 給料・残業代請求

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに7,500円(税別)(法人・事業者)
30分ごとに5,000円(税別)(個人)
着手金 20万円(税別)~
※債権者の数、負債総額、業務の複雑さなどにより異なります。
報酬金 20万円(税別)~
※債権者の数、負債総額、業務の複雑さなどにより異なります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

代表者が亡くなり、会社の破産を申し立てたケース

  • 自己破産

相談前

代表者が亡くなってしまった。社長1人で会社を運営し、従業員もいなかったため詳細は分からないが、債務超過で、債権者約50社、負債総額3億2000万円あった。在庫商品もたくさんあり、どう進めていいかわからない。

相談後

迅速・適切に手続きを進め、破産申立てをおこなった。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

決算書を手掛かりに会社の破産を申し立て、無事、終結しました。
きちんと道筋をつけて進めないと、破産法上の問題を引きおこしかねません。一度、ご相談されることをお勧めいたします。

借金・債務整理

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【関内駅徒歩5分】【当日・夜間相談可】取引先との契約書、労務問題、気になるところはありませんか? 当事務所は、オーダーメイドの中小企業向けサービスです。
星原法律事務所
星原法律事務所
星原法律事務所

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

【トラブル予防を意識したサポート】
事業活動を続けていく中で、こんなお悩みを持たれたことはありませんか。
・取引先から提示された契約書案でそのまま契約して大丈夫だろうか
・ひな型をもとに契約書を作ってみたが、自社のビジネスに合っているだろうか

これから取引先といい関係を築いていこうという中で、トラブルが起きた時のことなどなかなか想定できないと思います。
しかし、少し考えてみて下さい。契約書が役に立つのはどういうときでしょうか?
関係が悪くなった時ではないでしょうか。

契約書を結ぶときにきちんと内容を理解しておかないと、知らず知らずのうちに自分に不利な契約をしてしまっているかもしれません。
ひな型が必ずしも自分に有利にできているとも限りません。

ちょっとした疑問でも事前に確認しておくことでトラブルを未然に防ぐこともできます。
同じ契約をするのでも、事前に法的リスクを把握して契約するのとそうでないのとではビジネスの進め方が違ってはきませんか。


【中小企業の法務に注力】
弁護士経験11年目になります。中小企業の法務にも注力しており、事案ごとのポイントを把握しております。
法律事務所の経営者でもありますので、ビジネスでの経営判断を意識でき、経営者目線で、中小企業経営者のみなさまのお気持ちを汲みながら、案件を進めております。


【スポットでの相談も可能】
定額の顧問制だけでなく、契約書作成などスポットでのご依頼もできます。
どのような方針・ビジネスモデルをお考えなのか、想定されるリスクは何か、などをおうかがいしながら、ビジネスがうまく回るようサポートしております。
会社が発展するに従って、気になることがいろいろ出てきませんか?
契約書、労務関係、債権回収、少しでも気になるようであれば、まずはご相談ください。

また、裁判などの紛争案件では、事案の見通しをお伝えし、先の見えない不安を解消できるようアドバイスしております。その上で、どのように解決するのがベストなのか、経営判断できるための判断材料をご提供しております。
安心して本業に集中できるよう、しっかりとご説明させていただきます。


【顧問契約のメリット】
トラブルが起きてから、限られた時間で適切な弁護士を探すのはなかなか難しいことではないでしょうか。御社の通常業務にも影響が出て損失が大きいと思います。
当事務所では、顧問契約を結んでいるお客様のご依頼を優先的に対応しております。
顧問契約をすることで、ちょっと気になることはすぐに確認して、予めトラブルが起きないよう相談しておくことができます。
また、トラブルが起きた場合でも、問題の大きさを把握して慌てることなく迅速・的確に対応でき、安心感を得られると思います。

当事務所は、企業経営者の皆様にとって気軽に相談できる存在となることで、法律的な不安から解放され、安心して事業を進め社会に貢献していただけるよう、お役に立ちたいと考えております。

《ご相談例》
・取引先には、法務部があって弁護士がいるようなので、当社としても、契約書を締結する前に、法的なことを弁護士に確認しておきたい。
・売掛金を払わない取引先には、どう対応すればいいだろうか。

上記のほかにも、債権回収、労務問題など中小企業の法務に関するご相談を承っております。
安心して本業に集中するためにも、お気軽にご相談ください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

星原弁護士への感謝の声

1

40代 男性

依頼 労働問題 2019年8月に解決

星原先生に相談して本当に良かったです。
色々と得意分野があるかとは思いますが、会社側の労働裁判は経験がものをいうと思います。いくつもの案件を経験をされているようで的確なアドバイスを頂き、この度の裁判だけでなく今後の会社としての運用や対応の仕方なども合わせて教えて頂きました。
長期にわたっての裁判の中相手の主張がころこと変わり対応に追われることも多々ありましたが最後まで親身に対応して頂き大変助かりました。

相談した出来事
労働者が辞めた後で、不当な未払い賃金請求があり相談をしました。
親身に相談に乗って頂きその後裁判となったので引き続きお願いをしました。
しっかりと守って頂いた結果となりました。
解決方法
裁判・審判
  • 給料・残業代請求

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに7,500円(税別)
顧問契約を締結している場合には、相談料は無料です。
顧問先様のご相談を優先的に対応させていただいております。
着手金・報酬金 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
顧問料 月額5万円~20万円(税別)
ご提供する業務内容や業務量、お客様の事業規模などにより、協議の上、決めさせていただいております。
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

裁判にならずに売掛金を回収したケース

相談前

取引先が売掛金を支払わない。どうやって回収すればいいか悩んでいる。

相談後

売掛金を回収する方法について、それぞれの方法のメリット・デメリットなどを検討したうえで、内容証明郵便を出したところ、全額支払われた。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

売掛金を支払わないから即裁判、というものでもありません。自社にとっても、裁判をすること自体負担でしょうし、取引先の対応や経営状況なども勘案して、ケースバイケースでどういう方法がベストかご提案させていただきました。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

辞めた社員から未払い残業代請求の内容証明が届いたケース

相談前

辞めた社員から、未払い残業代を請求する内容証明が会社に届いた。請求を無視して問題ないか対応に困っている。

相談後

早期に対応し、元社員から労働審判を申し立てられることなく解決した。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

会社側としては、裁判をかかえることは負担だと思います。早期に対応すれば、労働審判などの裁判を避けられることもありますので、早い段階でのご相談をお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

取引先に提示する契約書の確認・作成をご依頼いただいたケース

相談前

ひな型をもとに自社で契約書を作ってみたが、確認・修正をしてほしい。

相談後

打ち合わせをする中で、依頼する前には考えつかなかった様々なリスクが想定でき、きちんとした契約書が作成できた。

星原 正明弁護士からのコメント

星原 正明弁護士

契約書の確認・作成にはポイントがあります。ひな型をもとに御社で作成した場合でも、気になる点があれば、一度、ご相談いただくのがよろしいと思います。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
星原法律事務所
所在地
〒231-0014
神奈川県 横浜市 中区常盤町1-2-1 関内電子ビル2階B
最寄り駅
JR関内駅・市営地下鉄関内駅から徒歩5分
交通アクセス
  • 駐車場近く
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5287-5607

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 20:00
定休日
日,祝
備考
事務所の営業時間は、平日9:00~18:00です。ご依頼の内容等によっては時間外の対応もしております。法律相談には事前のご予約が必要になります。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。電話・メールでの法律相談は対応しておりません。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
星原法律事務所
所在地
神奈川県 横浜市 中区常盤町1-2-1 関内電子ビル2階B
最寄駅
JR関内駅・市営地下鉄関内駅から徒歩5分
現在営業中 09:00 - 20:00

星原 正明弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5287-5607
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 20:00
定休日
日,祝
備考
事務所の営業時間は、平日9:00~18:00です。ご依頼の内容等によっては時間外の対応もしております。法律相談には事前のご予約が必要になります。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。電話・メールでの法律相談は対応しておりません。

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く