弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

田中 拓弁護士 たなか ひらく

田中 拓弁護士

ひらく法律事務所

香川県高松市西内町5-14西内OTKビル2階
分野を変更する

犯罪・刑事事件

【時間外/休日対応可(要相談)】可能な限り接見し、依頼者と向き合うことで「納得」の弁護サービスを提供いたします。ご家族のケアにも力を入れております。
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所

犯罪・刑事事件の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【基本姿勢】
刑事事件(特に起訴前の被疑者段階)においては、
「1に接見、2に接見、3・4がなくて5に接見」と言われるように、
接見して依頼者との向き合うことを大切にしています。
(接見とは、刑事手続において身体拘束を受けた方が外部の人間と面会等をすることです。)

そのようにして弁護士が依頼者に伴走することが
これまでの良い結果にもつながってきたと考えています。

刑事事件の依頼者は、何よりも身体拘束からの解放、外部との連絡を望まれます。
その要望を、可能な限り、スピーディに実現するため、全力を尽くしています。

また、依頼者やその家族は、手続きの先行きが見えず、不安な思いを抱えておられます。
豊富な経験から、制度や現状、今後の見通しを事件に即して丁寧に説明しています。

【強み①:「納得」のできる弁護サービスの提供】
冤罪を明らかにするため、罪を認めて適切かつすみやかに社会復帰するため、
刑事事件こそ、真に信頼できる弁護士の援助が必要な分野です。
当事務所は、対話を重視した信頼関係の構築に努めており、「納得」のできる弁護サービスの提供を心がけています。

【強み②:豊富な実績】
弁護士になって以来、現在に至るまで、一貫して刑事弁護に注力しており、重大事件や否認事件の経験も豊富です。
裁判員裁判も平成29年1月段階で13件(うち1件は被害者側)を手がけています。

実績として、例えば、覚せい剤取締法違反(自己使用)被告事件において、
依頼者の体内から覚せい剤成分が検出されたにもかかわらず、
覚せい剤使用の故意を争って無罪判決を得たことがあります。
また、自動車運転過失致死被告事件において、
依頼者に過失がなかったとして無罪判決を得たことがあります。

さらに、無罪主張ではない案件でも、
殺人未遂被告事件(裁判員裁判)において
検察官の求刑が懲役8年であったのに対して、弁護活動の結果、
懲役5年(未決参入200日)の判決を得たことがあります。
現住建造物等放火被告事件(裁判員裁判)において
検察官の求刑が懲役5年であったのに対して、弁護活動の結果、
懲役2年6月(未決参入200日)の判決を得たことがあります。

それ以外にも、
否認事件において、
公訴事実の一部が認められなかった事例や過剰防衛が認められた事例、
自白事件において、
情状弁護活動の結果、大幅な減刑を得た事例などがあります。

【強み③:安心の料金体系】
相談の結果、受任に至った場合、相談料は無料です。
また、着手金・報酬金は、基本料金を定めているものの、
事件の性質や依頼者(やその家族)の状況等に応じて柔軟に対応しています。
また、継続して事件受任した場合(被疑者段階から、第一審→控訴審など)、
関連事件として割引をさせていただいています。

個別の接見や弁護活動に伴う示談交渉などは着手金の範囲で行っており、
別料金をいただきません。

【取扱分野】
刑事事件全般を取り扱っております。
犯罪被害者からの告訴や民事訴訟、損害賠償命令申立、被害者参加等も承っています。

他方で、薬物犯罪や窃盗癖の万引き(クレプトマニア)、
アルコール依存を原因とする犯罪などの
いわゆる依存型犯罪(アディクションを原因とする犯罪)について、
医療機関や自助グループ等と連携した弁護活動を数多く行っています。

また、法廷弁護技術について研修やその実践を重ねてきており、
否認事件・裁判員裁判などへの対応に自信があります。

犯罪・刑事事件

料金表をみる

犯罪・刑事事件の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 (通常事件)
起訴前弁護、起訴後弁護(第一審まで):各30万円〜
控訴審弁護、上告審弁護(各審級ごと):各30万円〜

(否認事件・重大事件)
起訴前弁護・起訴後弁護(第一審まで):各40万円〜
控訴審弁護、上告審弁護(各審級ごと):各40万円〜

(裁判員裁判対象事件)
起訴前弁護、起訴後弁護(第一審まで):各70万円〜

(少年(未成年者)事件)
起訴前弁護、家裁送致後の付添人活動 :各30万円〜
報酬金 不起訴・略式命令(罰金)        :着手金と同額
執行猶予                :着手金と同額
求刑の30%以上の減刑         :15万円~30万円
控訴・上告審における判決破棄による減刑 :着手金と同額
少年事件の不処分、保護観察       :着手金と同額
その他 上記金額はいずれも税別です。
接見・示談交渉については、着手金の範囲で行い、別途費用は頂戴しません。
料金は、事件の内容や依頼者のおかれた状況等に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にお問合せください。
関連事件での割引も実施しております(例えば、被疑者から、第一審・控訴審までの受任などの場合)。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

労働問題

【時間外/休日対応可(要相談)】「安心」し「納得」できる場で働けるよう、皆様に寄り添い正当な権利を主張いたします。お悩みの方はまずはご相談を。
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所

労働問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【基本姿勢】
私たちは、家族以外では職場という「社会」に属しているという意識を有しています。
労働問題は、使用者=「職場」という自分の帰属主体を相手方とする孤独な闘いですので、そこには寄り添う支援者が必要です。

私たちは、「安心」し「納得」できる場で働けなければなりません。

職場に対して正当な権利を主張する。
その当たり前の実現のために協力させてください。

【強み①:豊富な実績】
労働問題について、専門的な知見と経験を有しています。

使用者が任意に支払わなかった残業代を労働審判で得た事例、
使用者からのセクハラの嫌疑を争って有利な条件で和解した事例、
過酷な労務環境で心身に故障を生じた損害の賠償を認めさせた事例、
不当解雇を争って雇用契約があることを前提に有利な解決を得た事例
など、多数の依頼者に「納得」いただいております。

上記の通り、基本的に労働者側の相談を承っています。
(使用者側の依頼も受任可能です。)

【強み②:安心の料金体系】
相談の結果、受任に至った場合、相談料は無料です。
また、着手金・報酬金は、基本料金を定めているものの、
事件の性質や依頼者の状況等に応じて柔軟に対応しています。

また、継続して事件受任した場合(労働審判からの訴訟など)、関連事件として割引をさせていただいています。

審判等の過程での示談交渉などは着手金の範囲で行っており、別料金をいただきません。

経済的に困難な状況にある方は、法テラス(公的機関の費用建て替え制度)がご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

【強み③:ご相談環境】
勤務しながらの相談や打合せにも応じています。
まずはお電話いただければ、お仕事に支障のない時間帯や曜日での相談も承っています。

また、働くお母さんのために、お子様連れでも安心してご利用いただけるよう、キッズスペースも用意しています。

【重点取扱案件】
不当解雇、違法な配置転換・出向の命令、労働条件の不利益変更、パワハラ・セクハラ問題、残業代請求など労働問題一般を取り扱っています。
また、使用者の過酷な職務命令や職場環境の整備不十分を理由とする安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求も手掛けています。

【よくあるご相談】
「サービス残業はみんながしているから当たり前だ。」
→違います。ちゃんと残業代が請求できます。
「セクハラを受けるのは自分に原因があるからだ。」
→そんなわけありません。相手が間違っています。
「自分にも落ち度があるから辞めさせられて当然だ。」
→本当にそうでしょうか。過大な不利益を被っていませんか。

過酷な労働環境におかれた当事者の中には、
職を失うか、心身に不調をきたすまで頑張り続ける方が多くいます。
違法な職務命令、ありえない職場環境を漫然と受忍させられているのです。

辛くなったとき、一緒にその職場のどこがおかしいかを考え、
法に基づいた適切な解決を目指すことで、依頼者に「納得」を得ていただいています。

労働問題

料金表をみる

労働問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 示談交渉:30万円〜
労働審判:30万円〜
訴訟  :30万円〜
報酬金 概ね、日弁連旧報酬基準によります。
・経済的利益が300万円以下の部分 16%
・300万円を超え、3、000万以下の部分 10%
・3、000万円を超えて、3億円以下の部分 6%
・3億円以上の部分 4%
経済的利益がなかった場合でも、法的な成果があった場合には
上記に準じて報酬をいただきます。
その他 上記金額はいずれも税別です。
例えば、労働審判で受任しても
その過程での示談交渉については、着手金の範囲で行い、別途費用は頂戴しません。
料金は、事件の内容や依頼者のおかれた状況等に応じて柔軟に対応しますので、
お気軽にお問合せください。
関連事件での割引も実施しております(例えば、労働審判から訴訟までの受任などの場合)。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

離婚・男女問題

【時間外/休日対応可(要相談)】依頼者の言葉に出せなかった想いを共有し、最善の解決に向けて尽力いたします。お一人で悩まずまずはご相談ください。
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所
ひらく法律事務所

離婚・男女問題の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【基本姿勢】
離婚をはじめとする男女問題の依頼者の多くは、
長年、言いたくても言えない想いを抱えて苦しんでいた方です。

まずは、その正直な想いを吐露していただき、
そのうえで人生の立て直しに真に必要なものは何かをともに考えることで、依頼者の「納得」を目指しています。

離婚などの男女問題は、依頼者の人生を左右します。
その転機に、他人には言えないことを共有してともに悩み、
もっとも有利な解決を目指すための助言をする存在が必要です。
そんな存在になりたいと思って弁護活動を提供しています。

【強み①:豊富な実績】
離婚などを中心とする男女問題について、豊富な経験を有しています。

相手方の不貞を立証して損害賠償を勝ち獲った事例、
相手方に連れ去られた子どもについて、依頼者の監護や交流状況について立証を重ねて取り返した事例、
DVを受けた被害者の心身の安全を図りつつ有利な離婚条件を獲得した事例
など、多数の依頼者に「納得」いただいております。

また、特殊な事例として、
死亡した子の親子関係を明らかにして裁判で確認した事例や、
300日問題で無戸籍の子の戸籍を取得した事例なども取り扱ったことがあります。

女性センターなどの行政機関や警察などと連携した事例も多く経験しています。

【強み②:安心の料金体系】
相談の結果、受任に至った場合、相談料は無料です。
また、着手金・報酬金は、基本料金を定めているものの、
事件の性質や依頼者の状況等に応じて柔軟に対応しています。

また、継続して事件受任した場合(離婚調停からの離婚訴訟など)、関連事件として割引をさせていただいています。

婚姻費用の分担請求や示談交渉などは着手金の範囲で行っており、別料金をいただきません。

経済的に困難な状況にある方は、法テラス(公的機関の費用建て替え制度)がご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

【強み③:ご相談環境】
相談・打合せしやすい雰囲気・空間を提供しております。
男女問題の依頼者の9割が女性です。お子様連れの方のためにキッズスペースも用意しております。

【重点取扱案件】
離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与の問題などはもちろん、
子の監護権の取り戻しやDVを受けた方の保護命令の申立て、
婚姻費用の分担請求などまで幅広く取り扱っています。

また、相手方の不貞行為を理由とする損害賠償請求の経験も豊富です。

【よくあるご相談】
離婚においては、金銭的な請求よりも、
子との生活の確保や心身の安定を求められる方が多いです。

依頼者のニーズに応じて臨機な対応を図りつつ、
生活の基盤である金銭請求についても最大限の獲得を目指しています。

離婚・男女問題

料金表をみる

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 示談交渉:30万円〜
離婚調停:30万円〜
離婚訴訟:30万円〜
報酬金 概ね、日弁連旧報酬基準によります。
・経済的利益が300万円以下の部分 16%
・300万円を超え、3、000万以下の部分 10%
・3、000万円を超えて、3億円以下の部分 6%
・3億円以上の部分 4%
経済的利益がなかった場合でも、法的な成果があった場合には
上記に準じて報酬をいただきます。
その他 上記金額はいずれも税別です。
例えば、離婚調停で受任しても
その過程での示談交渉については、着手金の範囲で行い、別途費用は頂戴しません。
また、婚姻費用分担請求などは上記金額の中で行い、別途費用は頂戴しません。
料金は、事件の内容や依頼者のおかれた状況等に応じて柔軟に対応しますので、
お気軽にお問合せください。
関連事件での割引も実施しております(例えば、離婚調停から離婚訴訟までの受任などの場合)。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
ひらく法律事務所
所在地
〒760-0022
香川県高松市西内町5-14西内OTKビル2階
最寄り駅
JR高松駅から徒歩5分
交通アクセス
  • 駐車場あり
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム

電話で問い合わせ
050-5285-8292

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
上記以外の夜間休日でも相談により対応いたします。
※ 折り返し番号は、087-802-6811です。
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
ひらく法律事務所
所在地
香川県高松市西内町5-14西内OTKビル2階
最寄駅
JR高松駅から徒歩5分
ひらく法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5285-8292

※ひらく法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
上記以外の夜間休日でも相談により対応いたします。
※ 折り返し番号は、087-802-6811です。
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談
託児所・キッズルーム