弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年04月20日 08時41分

「えっ、酒も規制強化なの」厚労省がアルコール対策室設置で疑心暗鬼に…その狙いは?

「えっ、酒も規制強化なの」厚労省がアルコール対策室設置で疑心暗鬼に…その狙いは?
タバコの次は酒の規制がすすむ?

タバコの次は酒の規制がすすむかもしれないーー。そんな内容の記事が4月中旬、インターネット上で大きな話題となった。はたして、本当に酒は規制されようとしているのか。厚生労働省の担当者に取材したところ、「少なくとも現時点で、酒量や販売の規制までの議論はない。タバコのようにすすめていくことはない」という答えが返ってきた。

●ネットの声「ホントに厚労省って・・・ろくなことをせんな」

話題の発信源になったのは、NEWSポストセブンの記事「呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも」(4月17日掲載)だ。この中では、「タバコの次は飲酒規制だ」といった厚労省内部の声や「厚労省に『アルコール健康障害対策推進室』という部署が新設された。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するためだ」と最近の動向を紹介している。

この記事を受けて、ネット上で「すでに面白くない世の中になっているけど、更に面白くない世の中になるね」「ホントに厚労省って・・・ろくなことをせんな」といった批判的な声が多数あがった。また、少なからず、「酒絡みの事故や事件は多いし、日本もアルコール規制していいんじゃない」という賛同の意見もあった。

●「アルコール健康障害対策推進室」の役割は?

たしかに、世界的にアルコールの有害摂取が問題視されている。WHO(世界保健機関)の総会で2010年、「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」が採択された。この中では、アルコールの有害使用(多量飲酒による疾病)を10%削減するという目標がかかげられている。

こうした動きを受けて、日本でも2013年、議員立法によって「アルコール健康障害対策基本法」が成立。2016年には、「アルコール健康障害対策基本計画」がまとめられた。さらに、厚労省は今年4月、「アルコール健康障害対策推進室」を設置した。この推進室はいったいどんな役割あるのだろうか。

同室の担当者によると、もともと各省庁でアルコール対策をおこなってきた。たとえば、厚労省はアルコールの過剰摂取による肝硬変や生活習慣病について、文科省ならば未成年飲酒について、警察庁であれば飲酒運転の問題について、それぞれ取り組んでいる。

「そのとりまとめを内閣府でおこなっていたのですが、今年4月にその機能を厚労省に移管することになったのです。あくまで、法律・基本計画のスキームに基いて、このタイミングで厚労省に移ったのです」(同担当者)

●厚労省「科学的データや国民的議論がないまま、議論はすすめない」

では、酒の規制の議論をすすめようとしているのだろうか。担当者は「アルコールの社会的影響についてはありますが、少なくとも現時点で、酒量や販売の規制までの議論はありません。また、オリンピック対策や、アルコール対策で医療費を抑えるといった狙いもありません」と釈明する。

同担当者によると、酒の規制は、タバコ以上に経済的な影響があるため、「科学的データや国民的議論がないままに、議論をすすめるということはない」という。同担当者は「WHOの努力目標も、アルコールの摂取自体を減らすということではなく、有害な摂取の仕方を減らしていこうというものです」と付け加えていた。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」