弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2014年09月04日 16時21分

レストランを酷評したら賠償!? 口コミサイトで「美味しくない」と書くのは違法?

レストランを酷評したら賠償!?  口コミサイトで「美味しくない」と書くのは違法?
何を美味しいと感じるかは人によって違う

フランス南西部のリゾート地、カップ・フェレにあるレストランを酷評したブロガーが、店のオーナーに訴えられ、約21万円の損害賠償を支払うはめになったというニュースが8月、日本でも話題を呼んだ。

BBCによると、問題のブログ記事は、ブロガー本人がそのレストランで食事をしたときの経験を書いたもの。店名を名指しして、「カップ・フェレで避けるべき店」というストレートなタイトルが付けられていた。

このブログは固定読者が3000人もいたため、レストランの名前をGoogle検索すると、その記事が上位に表示されることになっていた。フランスの裁判所が、このブログ記事を「営業妨害にあたる」と判断した背景には、こうした影響力の大きさもあったようだ。

一方で、日本の飲食店口コミサイトを見ると、「美味しくない」「サービス0点」「もう二度と行くことはない」といった批判は少なくない。日本でもこうした口コミを書き込んだら、店から訴えられる可能性があるのだろうか。石井邦尚弁護士に聞いた。

●問題となるのは「名誉毀損」かどうか

「今回は、ネットの口コミサイトに『まずい』など批判的な書き込みをした場合に、店から訴えられる法的リスクについて、考えてみましょう。

そうした行為は、『名誉毀損』にあたる可能性があります。名誉毀損とは、ひとことでいうと、他人(企業)の社会的評価を低下させる行為です。

ただし、自由な意見を表明することは、表現の自由として保護されるべきです。飲食店や企業のサービス等について、マイナスの評価を一切口にできないのは、明らかにおかしな社会と言えます。

そこで、社会的評価を低下させる表現でも、一定の条件に当てはまるなら、名誉毀損にならない(違法ではない)とされています」

では、どういう書き込みが「アウト」なのだろうか?

「一番注意すべき点は、ウソや憶測を書くのはダメということです。たとえば、『メニューには和牛と書かれているのに、実際はアメリカ産牛肉を使っている』と書きこむ場合、最低でも、そう推測できるかなり具体的な事実・証拠に基づいて書かないと、名誉毀損になってしまいます」

●飲食店を論評するときに注意すべきポイント

それでは、口コミとして、「私は、あのお店の料理をまずいと思った」といった意見を表明することはどうだろうか?

「飲食店について、個人的な意見や論評を述べる際に、ポイントとなるのは次の3点です。

(1)公益を図る目的があるか

(2)意見・論評が前提とした事実が、主要な部分について、真実だと証明があるか、真実と信じたことに相当な理由があるか

(3)人格攻撃などのように、論評を逸脱した表現になっていないか」

飲食店の口コミを書き込むことは、(1)公益目的と言えるのだろうか?

「実際に飲食店に行った人の感想は、他の人にとって、非常に参考になります。したがって、『公益を図る目的』ということができます。

しかし、たとえば、ライバル店の評判を落とそうとして、あえて『まずい』と書き込むことは、公益目的とは言えませんから、名誉毀損が成立するでしょう」

(2)と(3)はどうだろうか。

「(2)は、間違った事実に基づく論評はダメだということですが、『美味しくない』といった意見・論評は主観的なものですので、単に『まずい』というだけなら問題となりにくいですね。

気をつけるべきなのは(3)で、実際に『まずい』『サービスが悪い』と感じたからといって、あまりに過激な表現をすれば、『論評を逸脱した表現』として、名誉毀損にあたると判断される可能性があります。

ネット上の発言は、かなり過激にエスカレートしてしまうこともあるので、注意が必要です」

それでは、注意点をまとめると・・・。

石井弁護士は「正直に書くことはもちろん、書き込んだ内容に勘違いがないか、きちんと確認すること。そして、あまりに過激な表現にならないよう、注意することが大切です」と指摘していた。

(弁護士ドットコムニュース)

石井 邦尚弁護士
1972年生まれ。専門は企業法務。
小5ではじめてコンピュータを知ったときの驚きと興奮が忘れられず、IT好きがこうじて、IT関連の法務を特に専門としている。著書に「ビジネスマンと法律実務家のためのIT法入門」(民事法研究会)など。東京大学法学部卒、コロンビア大学ロースクール(LL.M.)卒
ブログ「企業法務の基本形! IT法務の未来形!!」:http://www.blog.kakuilaw.jp/
所在エリア:
  1. 東京
  2. 千代田区
事務所URL:http://www.kakuilaw.jp

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」