お気に入りに追加
荒木 樹弁護士

( あらき たつる ) 荒木 樹

荒木法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
◆JR帯広駅徒歩5分◆セカンドオピニオンとしてのご相談も歓迎◆まだお子さんが小さい方から熟年離婚まで、さまざまな問題を解決して参りました。
一歩踏み出せる解決策をアドバイスします。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

メッセージ

一見、同じようなトラブルであっても、専門家から見れば、多数の選択肢があります。
どれを選んでも、法律的には間違いではありません。
当事務所では、依頼者の意向を最大限配慮の上で、事案の内容に応じた、適切な解決策を提案させていただきます。
他の事務所での相談後に、セカンドオピニオンとしてのご相談も受け付けております。

ご相談例

  • 親権が欲しい。
  • 離婚後は子どもと面会できるか。
  • 夫に離婚を切り出したい。
  • 離婚したときのメリット、デメリットを聞きたい。
  • 離婚するために必要な証拠を知りたい。
  • 性格が合わないので離婚したい。
  • 夫が浮気をしている疑いがあるが、どうすればいいか。

離婚分野においての強み

  • 離婚をしたい方、離婚を要求されている方、それぞれに適切なサポートが可能です。
  • 「財産の確認」「不貞の証拠集め」などの準備もお任せください。

幅広い世代の方からご相談頂いております

男女問わず20〜60代と幅広い世代の方から、離婚のご相談をいただいております。
まだお子さんが小さい方から熟年離婚まで、さまざまな問題を解決して参りました。
数多くの離婚事件を取り扱った経験から、豊富な知見とノウハウを有しています。

費用に関して

着手金や報酬については、事前にお見積書をご提示し、ご納得いただいた上でご依頼を受けるようにしております。

受付時間

  • 月曜日~金曜日 午前9時~午後6時(土日祝日休)

(夜間・土日の相談も可能な場合があります。まずはご連絡ください【割増料金あり】)

アクセス

  • JR帯広駅 徒歩5分

藤丸デパートの横にある、帯広郵便局向いのビルです。
(駐車場がありませんので、近隣の一般駐車場をご利用ください。)

この分野の法律相談

運転免許証の住所変更していないと罰せられる? 現在一緒に暮らす私の母の話です。 5年以上前から、旧住所から運転免許証の住所変更せずにいます。 父の事業が失敗し、母は夜逃げ同然で旧住所を出たのですが、(父に失敗の責任を押し付けられ、出ざるを得なかった様です) (私は既に別居でした) その後 母は...

道路交通法94条により,免許証の記載事項に変更があった場合には,管轄する公安委員会に届出なければなりません。 これを怠った場合には,同法121条1項9号により,2万円以下の罰金又は科料に科されることがあります。

荒木 樹弁護士
中絶について 2012年12月02日

長文で申し訳ございません。 先日別れた彼氏と私の話です。 暴言(死ね・生きている価値がない等)がひどく、別れを告げました。 数日後、元彼氏に暴力を受けながらセックスをされました。 以前同じ理由で別れ話をした時も無理やりセックスをされた事・また仕事上の関係もあるので距離を置きながら付き...

 交際中の妊娠・中絶については,かつては,損害賠償請求は生じないと思われていました。 しかし,東京高等裁判所は,平成21年10月15日(判例時報2108号57頁),交際中に妊娠・中絶した事案について,男性側に損害賠償を命じる判決を下しています。  この判決が,質問者様の事案にそのまま適用されるかどうかは,ケースバイケースですので断言できませんが,...

荒木 樹弁護士

30才女性です。 数ヶ月程度交際していました。。 別れたいと話すと婚約破棄だ!訴えてやるというふうに言われました。何度も嫌がらせのようなメールを送られ、実際会うのにも恐怖を感じたため会わずに無視していました。訴えられてもお金で済むのならいいという心境でした。 嫌がらせのメールで私の今の会社の...

交際してた男性から,別れ話を持ちかけると,「弁護士を通じて,会社や取引先に,婚約破棄をされたという内容の文書を送付する。」と言われた,という意味で理解してよろしいでょうか。 そのような意味であれば,貴女の名誉を害する旨を告知した行為ですから,脅迫にあたると考えられます。 弁護士が,そのような内容の書面を第三者に送付することは,通常,考えられま...

荒木 樹弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 通常時間 30分5,500円(税込)
弁護士費用 離婚に応じない配偶者に対して,離婚調停を申立てる。
着手金     33万(税込)
 (終了時には,報酬がかかります)
備考 弁護士費用の詳細は,当事務所報酬規程に基づきます。
上記は目安です。弁護士費用の支払方法は,個別事情に応じて柔軟に対応可能な場合もありますので,ご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

別居した妻からの離婚請求に対して,当初,親権を争ったものの,方針を変更して,離婚を回避した事案

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚回避
  • 面会交流
  • 性格の不一致
依頼主 40代 男性

相談前

性格の不一致を原因として,一方的に妻が子供(8歳)を連れていき,別居状態となりました。妻からは,離婚と親権を要求されました。妻と婚姻関係を継続するつもりはないので,離婚は応じても良いが,親権については絶対に譲れないと考えています。もし,母親が親権者となるのであれば,養育費を支払うつもりはなありません。別居後,子供とは全く会わせてもらえていない状態で,生活費もまったく渡していません。

相談後

父親の親権取得が容易ではないとの助言を受けて,子供との面会交流を実施することを優先するこにしました。また,離婚についても,すぐには応じないことにしました。子供との面会交流時に,婚姻費用の相場より若干上回る金額を妻に渡すことを続けました。当初,調停申立を検討していた妻の態度も,面会交流を重ねるうちに,徐々に変化してきました。最終的には,妻と同居することができ,離婚を回避できました。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

法律上,養育費や婚姻費用の支払い義務は免れないことを説明し,納得してもらった上で,逆にこれを最大限利用することを提案させていただきました。算定表を上回る婚姻費用を受け取っている場合,妻側から,調停を申し立てるのことには,心理的に強い抵抗感があります(調停の結果,減額される可能性があるため。)。一旦,調停が始まってしまうと,夫婦関係を戻すことは非常に難しいです。また,別居の原因も,「性格の不一致」という事情であることから,離婚訴訟を提起しても,容易に離婚が認められる事案ではないことが,最終的には,妻側にも理解してもらえたということも大きいと思われます。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫の不倫を理由に離婚調停を申し立てて,高額の解決金を取得できた。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
依頼主 60代 女性

相談前

結婚35年を迎えた妻で,すでに,子供は成人して独立している。会社経営者の夫が,従業員の女性と不倫関係にある。絶対に許せないので,慰謝料を請求したい。

相談後

不貞行為の慰謝料は,不貞相手との連帯債務であり,また,裁判上も,請求が認容される金額は,通常,200万円から300万円であることを説明し,むしろ,財産分与を求めるべきであるとして,方針を変更した。
離婚調停を申し立て,不動産を中心とする婚姻後に形成された財産について立証を尽くし,婚姻後に形成された夫名義の財産額が約2000万円であることが明らかになった。これに,慰謝料金額相当額を加算した上で,1500万円の支払いを求めたところ,解決金として1500万円を支払うこと,本件和解内容を第三者に口外しないことを条件として合意するに至り,離婚調停が成立した。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

一般の人が予想するより,不貞行為の慰謝料は低額です。他方で,財産分与については,婚姻期間や形成財産額に大きく左右されるとは言え,婚姻期間が長期に及ぶと,高額になる場合があります。本件では,相手方が,訴訟を回避して早期に解決し,本業の会社経営に専念したいという動機があり,これ以上の悪評を防止するため「口外禁止」条項をを取引条件としたことから,高額の解決金の獲得が実現できました。

離婚・男女問題の解決事例 3

弁護士の介入・調停申し立てによって,DVの夫からの離婚を早期に実現した事案

  • 離婚請求
  • DV・暴力
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 親族関係
依頼主 30代 女性

相談前

夫からのDVを受けており,子供を連れて離婚したいが,夫が全く話しに応じてくれず,全く話し合いにならない。

相談後

弁護士が受任後,すぐに受任通知を発送し,依頼者への直接の連絡を断る旨を通知したたところ,相手方からの直接の連絡が全くなくなった。すぐに,離婚調停及び婚姻費用分担調停を申し立てた。依頼者の希望から,早期の離婚を優先し,調停時に,離婚に応じるのであれば,婚姻費用を放棄する旨の条件を提案したところ,相手方もこれに応じ,一度の調停で離婚が成立した。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

横暴なDV加害者であっても,弁護士から受任通知を受領後は,その通知に従うケースが大半です。依頼者から婚姻費用を請求してほしいとの要望はありませんでしたが,弁護士側から,婚姻費用の調停も併せて申し立て,交渉材料としたほうが良いと提案をさせていただきました。相手方は,金銭については全く支払いたくないとの性格であったため,調停委員を通じた情報によると,婚姻費用の要求に対しては相当に立腹をしていたようですが,婚姻費用を放棄することを条件として提示すると,予想より早く,非常に簡単に離婚に応じてもらえました。

借金・債務整理

分野を変更する
◆JR帯広駅徒歩5分◆プライバシー厳守◆
自己破産は避けたい/裁判所から通知がきた/破産の手続きや清算をお願いしたい…等のご相談承っております。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

メッセージ

一見、同じようなトラブルであっても、専門家から見れば、多数の選択肢があります。
どれを選んでも、法律的には間違いではありません。
当事務所では、依頼者の意向を最大限配慮の上で、事案の内容に応じた、適切な解決策を提案させていただきます。
他の事務所での相談後に、セカンドオピニオンとしてのご相談も受け付けております。

ご相談例

  • 家族や職場に迷惑をかけたくない。
  • 借金の返済が滞っているが、自己破産は避けたい。
  • 自己破産すると借金は最終的にどうなるのですか。
  • 消費者金融からの借り入れを返済できずにいたら、裁判所から通知がきた。
  • 借金が多額で返済できないため自己破産したいが、住宅ローン付きのマイホームがあり、これだけは手放したくない。
  • 何年も前に借り入れが終わっている会社から督促がきたが、どうしたらいいか。
  • 会社をたたむことになったので、破産の手続きや清算をお願いしたい。
  • このままでは資金がショートしてしまう。

債務整理問題においての強み

  • 過大な利息を支払っていた場合、支払額を減少できるケースがございます。
  • 現在の収入や資産によっても、解決方法が異なってきます。適切に助言します。
  • ご希望があれば、家族や勤務先に秘密に知られないための配慮を致します。

費用に関して

着手金や報酬については、事前にお見積書をご提示し、ご納得いただいた上でご依頼を受けるようにしております。

受付時間

  • 月曜日~金曜日 午前9時~午後6時(土日祝日休)

(夜間・土日の相談も可能な場合があります。まずはご連絡ください【割増料金あり】)

アクセス

  • JR帯広駅 徒歩5分

藤丸デパートの横にある、帯広郵便局向いのビルです。
(駐車場がありませんので、近隣の一般駐車場をご利用ください。)

この分野の法律相談

現在、税金滞納による、差し押さえを受けてます。この差し押さえにより、カードローンの返済が出来ず困ってます。差し押さえの減額って出来ないのでしょうか? 差し押さえ後の手取り120000円 家賃 41000 ガス 5000 電気 5000 水道 3000 携帯電話 15000 ポケットWi-Fi 4000 食費・日用品 47...

税金については,最優先で支払うよりほかありません。 支払不能であれば,自己破産を申し立て,免責決定を得ることで,一般の債権(通常の借金・カード)については,支払い義務が免れます。 ところが,税金は,自己破産・免責決定後も,支払義務が残り続けるのです。 税金の差押えにより,他の一般債権の支払が不可能であれば,自己破産を申し立てることを検討すべきかと思います。...

荒木 樹弁護士
連帯保証人 2013年02月04日

夫のマンション建築費用の借入金の連帯保証人になっています。離婚したので、元夫に連帯保証人の変更を頼みましたが応じません。 配偶者だから、という理由だったのですが、離婚しても連帯保証人としての責任はあるのですか?金額が大きいので、私には保証人としての能力はありませんが放置しない方が良いのでしょ...

離婚した以上,元夫の借金まで責任を負いたくない,というお気持ちは分かります。 ただ,残念ながら,法律上は,離婚しても,連帯保証人としての責任は残り続けます。 連帯保証人としての支払い能力がないとしても,法律上の責任とは無関係です。 連帯保証人から外してもらうためには,債権者(銀行など)の同意が必要となります。 元夫の経済状況によっては,将来,...

荒木 樹弁護士

先日、裁判所から持ち家(母親名義)の仮差し押さえの通知がきました。発端は父がバブル期に負った借金です。その債権がサービサーに譲渡され支払いの催促が数回きていました。 問題は借金の保証人を母親にしていたことです。ただ母親は署名した記憶がなく、借入を行った金融機関に出向いたことがないと言っています...

 まず,質問者様のとおり,偽造された可能性のある保証書により,お母さん名義の不動産が差押を受けたのであれば,すみやかに弁護士に相談することを勧めます。  以下は,一般論です。  本人が署名せず,他人が勝手に名前を署名して,保証契約を結んだのであれば,その契約書は偽造されたものであって,保証契約は無効です。  代筆でも有効となる可能性が皆無とは言えま...

荒木 樹弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 通常時間 30分5,500円(税込)
サラリーマンの自己破産申立 33万円(税込)
備考 弁護士費用の詳細は,当事務所報酬規程に基づきます。
上記は目安です。弁護士費用の支払方法は,個別事情に応じて柔軟に対応可能な場合もありますので,ご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

事業の失敗などにより総額3000万円の借金を抱えたが,債務整理するに当たり,自己破産をせず,個人再生手続きにより住宅所有を継続した例

  • 個人再生
依頼主 30代 男性

相談前

個人事業の失敗により取引先等への支払いができなくなりました。住宅ローンの支払もあります。住宅については,できれば今後も住み続けることを希望します。

相談後

住宅資金特別条項付きの個人再生手続きを選択することとしました。安定した再就職先が早期に確保できたため,予想される返済額に応じた毎月の入金を確実に実行した上で,個人再生の申立をしました。住宅ローン以外の債務については,5分の1に圧縮し,住宅ローンは,毎月確実に支払いました。再生計画の終了まで5年間かかりましたが,住宅ローン以外の債務はなくなり,住宅には現在でも居住し続けることができました。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

個人再生は,裁判所の認可を受けて,債務を圧縮して返済する制度ですが,裁判所には,確実に計画が実行できる見込みであることを説明する必要があります。そのため,再生計画認可をする前提条件として,一定期間,弁済見込額と同額を指定口座に入金してもらうことになっています。これを履行テストと呼びます。自営業者の場合,法的整理に着手した場合,失業となってしまうため,この履行テストの実行が難しい場合が少なくないのですが,相談者は,事前相談の段階から再就職先の確保を伝えており,すぐに再就職先を確保できたため,民事再生計画の履行が可能と判断されました。個人再生手続が成功するためには,なるべく早期の事前相談が重要です。

借金・債務整理の解決事例 2

300万円の借金について,依頼者の希望により,配偶者に秘匿したまま任意整理を行った例

  • ヤミ金対応
  • 任意整理
依頼主 30代 女性

相談前

インターネットで,簡単に稼げるアルバイトを見つけて,アイフォンの携帯電話を契約して,その携帯電話機を指定先に送付することを繰り返していた。説明では,電話代金は後から支払わなくてもいいと言われていたが,実際には,携帯電話会社から請求があり,総額100万円以上になってしまった。夫には,秘密にしているままで,債務整理をしたい。

相談後

弁護士から受任通知をすぐに発送したので,自宅に請求書が届くことはなくなった。そのうえで,相談者の収入であるパート収入の大部分を返済資金に充てる内容で,債権者と分割払いによる和解交渉を進め,和解により支払いが可能となった。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

名義を貸すだけの簡単なアルバイトの勧誘がありますが,明らかに犯罪行為であり,決して手を出してはいけません。しかし,不幸にも,そのような行為に加担してしまった場合,名義人としての責任を負うことになります。
債務整理に当たり,弁護士が介入した場合には,ご本人の自宅へ直接請求書が届くことはなくなります。そのため,家族に秘匿したまま債務整理が可能となりました。しかし,和解が遅延すると,債権者が訴訟などの法的措置を講ずる恐れがあり,これは阻止できません。この場合,自宅に訴状が送達されますので,そのような事態に陥る前に,早期に和解をすすめる必要があります。

借金・債務整理の解決事例 3

宝飾品の購入などで作った500万円の借金について,自己破産の上,免責された例

  • 自己破産
依頼主 50代 女性

相談前

鬱で休職中に,たまたま訪れた量販店で,宝飾品売り場のセールスに声を掛けられて,宝飾品の購入すすめられて,ローンで購入をした。複数の商品を購入し,それ以前の商品も含めて500万円以上となり,支払いができなくなった。

相談後

浪費による借金であるとみなされる可能性が高いため,自己破産に当たり,破産管財事件としてとりあつかうために予納金20万円を準備しました。その上で,破産申立を行いましたが,裁判所からは,事案が悪質であることを理由に,更に10万円の予納金の追納を求められたため,毎月の給与の中から追加の積立を行い,破産開始決定がだされ,破産管財人が選任されました。破産管財人からは,主に免責不許可事由について調査され,債務の経緯について詳細に説明を行い,また,反省文も提出しました。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

浪費については,裁判所は非常に厳しい姿勢をとることが多く,浪費であることが明らかである場合には,破産管財人を付するケースが多いです。相談者の場合は,定食に就労していたため,予納金の準備が比較的円滑にすすめることができました。

交通事故

分野を変更する
◆JR帯広駅5分◆弁護士特約ご利用可能◆セカンドオピニオンとしてのご相談も歓迎◆
示談交渉や調停、訴訟などを通して、ご依頼者様が適正な損害賠償を受けられるようにお手伝いします。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

メッセージ

一見、同じようなトラブルであっても、専門家から見れば、多数の選択肢があります。
どれを選んでも、法律的には間違いではありません。
当事務所では、依頼者の意向を最大限配慮の上で、事案の内容に応じた、適切な解決策を提案させていただきます。
他の事務所での相談後に、セカンドオピニオンとしてのご相談も受け付けております。

ご相談例

  • 怪我で仕事ができず生活に困っている。休業損害を賠償してもらいたい。
  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
  • 後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
  • 保険会社が整骨院の治療を認めてくれない。

※症状固定の前に必ずご相談下さい!!※

症状固定を保険会社から勧められ、そのまま示談をしてしまうと慰謝料は一切増額されません。症状固定の前に必ずご相談下さい。

交通事故分野においての強み

  • 示談交渉や調停、訴訟などを通して、ご依頼者様が適正な損害賠償を受けられるようにお手伝いします。
  • 後遺障害認定を争う事案から軽微な物損事故など、多種多様な事件を解決してきた実績があります。

弁護士特約もご利用可能

自動車保険に弁護士特約がついていらっしゃる方は、ご利用が可能です。
ご自身の加入されている保険の加入証書をご確認ください。

受付時間

  • 月曜日~金曜日 午前9時~午後6時(土日祝日休)

(夜間・土日の相談も可能な場合があります。まずはご連絡ください【割増料金あり】)

アクセス

  • JR帯広駅 徒歩5分

藤丸デパートの横にある、帯広郵便局向いのビルです。
(駐車場がありませんので、近隣の一般駐車場をご利用ください。)

この分野の法律相談

知人が追突事故を起こし、無免許更に覚せい剤所持使用で捕まりました。出所からまだ1年も経っておらず前科4〜5だそうですが、本人は争うことなく全て認めておりますが、その場合保釈はききますか?いちよう私選弁護人をつけてはおります。まだ、逮捕された時になっていた車は友人名義ですが、名義人は現在刑務所で...

保釈は,刑事訴訟法の保釈不許可事由に該当しなければ認められます。 押収された車両等の取り扱いは,最終的には捜査機関の判断になるかとは思います。 依頼されている私選弁護人に確認するのが無難かと思います。 第89条 保釈の請求があつたときは、次の場合を除いては、これを許さなければならない。 一 被告人が死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しく...

荒木 樹弁護士

こんにちは。先日、追突事故に遭いました。私と娘がコンビニで買い物を終え、外に出たところ、止まっている私の車にぶつけられました。車には生後5ヶ月の次男がチャイルドシートに乗っていました。慌てて次男の乗っている車に駆け寄り、無事を確認。チャイルドシートに乗って、ベルトをしっかりとめていたため、振...

事故に遭われて大変ですね。全面的に相手に責任がある事故(0:100)のようですから,自分の保険会社担当者は交渉してもらえないこととなりそうです。 一般的には,人身事故扱いの方が,警察は丁寧に捜査をします(物損事故では,図面すら作らないことが多いです。)。こういった警察捜査の結果作成された書類が,後日に損害賠償請求の証拠となることもあるので,人身事故扱いの方...

荒木 樹弁護士

交通事故の内容は100対0。 相手方が飲酒運転で停車中の私どもに追突。 直ぐに逃走を図るが捕獲して警察に引き渡す。 助手席で交通事故に巻き込まれました。 軽症のむち打ちで、8ヶ月の通院(接骨院込み)。 弁護士に委任したので裁判基準(8ヶ月の通院 慰謝料) 1 飲酒運転は重過失(120%)として請求を依頼しまし...

文章の内容だけでは,いかんとも判断ができかねる状況です。 裏付ける証拠書類も分かりませんので,請求額が正しいのかどうかは分かりません。 ただ,一般的には,自分が依頼した弁護士と方針が合わないということはよくあることです。 多くの場合,どちらが悪いというわけではなく,考え方や方針がお互いに合わないということです。 依頼者には,いつでも弁護士を解任する権利が...

荒木 樹弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 通常時間 30分5,500円(税込)
弁護士費用 交通事故の被害者として,加害者に,治療費・慰謝料として200万円を請求したい。
示談交渉時の着手金     11万円(税込)
示談成立時の報酬      22万円(税込)
備考 弁護士費用の詳細は,当事務所報酬規程に基づきます。
上記は目安です。弁護士費用の支払方法は,個別事情に応じて柔軟に対応可能な場合もありますので,ご相談ください。
自動車保険等の弁護士費用特約 自動車保険等に弁護士費用特約が付されている場合には,保険から弁護士費用を支払うことが可能です。一度ご確認を下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害等級非該当の上,転職直後の事故であったため,休業損害認定がなかったものの,訴訟手続において,後遺障害認定を獲得し,休業損害額も認定された事案

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

歩行者として交通事故に遭い,足の関節稼働制限の後遺症が残ったが,制限の度合いが少ないため,後遺障害被害等であった。また,事故当時,転職直後であったため,休業損害も低額した認められなかった。

相談後

非典型後遺障害であるが,交渉による完結は困難であると判断して,民事訴訟を提起し,依頼者の後遺障害内容については,動画を撮影するなどして,具体的に立証した。また,依頼者については,転職前の収入状況を長期にわたり立証し,これまでの就労実績から,今後も,相当額の収入が得られる見込みがあるとの立証した。裁判所からも,14級よりは低額であったものの,後遺障害慰謝料および後遺障害逸失利益を認定してもらうことができ,和解で解決した。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

後遺障害等級については,労働者災害補償保険法の基準が具体的に規定されていますが,この規定にわずかでも逸脱すると,後遺障害認定がなされません。ですが,客観的に後遺障害の存在が明らかな場合には,非典型後遺障害として,訴訟手続の中で認定を求めることになります。非典型後遺障害の認定は容易ではありませんが,丁寧な立証を尽くしたことで,裁判所からの勝訴的和解を勝ち取ることができました。

交通事故の解決事例 2

死亡交通事故に関して,刑事裁判段階から,被害者参加代理人弁護士として手続に参加し,その後の民事訴訟手続においても,適正な損害賠償認定に至った事案

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

家族が,ひき逃げ死亡事故に遭った。その後,警察から,犯人が逮捕されたと連絡を受けたが,被害者として,これからどうした方が良いのか全くわからない。

相談後

刑事裁判と民事裁判は別の手続きであるものの,現実の民事裁判では,刑事裁判記録が重要となってくる旨を説明した上で,まず,刑事事件に関して,被害者代理人として受任しました。刑事事件に関しては,被害者代理人として関与し,担当検察官と連絡をとり,検察官からの事情説明にも同席しました。また,刑事裁判の公判においても,被害者参加代理人として,早期に事前に記録を閲覧し,刑事裁判において,意見を述べました。刑事裁判確定後は,民事訴訟を提起し,ひき逃げについて,慰謝料の増額事由であると主張して,相場より高額の賠償金額を得ることができました。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

刑事裁判と民事裁判は全く別の手続きですが,可能な限り,刑事裁判段階から関与するようにしております。
被害者参加制度を活用することで,刑事裁判記録を早期に閲覧できます。刑事裁判時に入手した事件記録は,そのままでは民事裁判手続きに使用できませんが,事前に内容を把握することができますので,その後の民事裁判手続を円滑に進めることが可能となります。

交通事故の解決事例 3

任意保険未加入で,年金暮らしの高齢の加害者から,物損の賠償金を回収した事案

  • 物損事故
依頼主 20代 男性

相談前

自動車を運転中に,追突される物損事故にあった。あいては,70歳代の高齢者で,任意保険未加入であった。修理費は20万円ほどでかかったが,相手は,年金暮らしのため,支払えないと開き直っている。最近は,電話をかけても,電話にすら出てもらえない。自分の車両保険を使用することも考えたが,翌年から保険料がアップするため,自分の保険代理店からは,できれば使用しないほうが良いと言われていた。弁護士費用特約で依頼をしたい。

相談後

依頼者の弁護士特約を使用して受任し,相手方に対して,民事訴訟を提起しました。依頼者からの電話を無視していた相手方でしたが,裁判所からの呼出状には応じて,裁判所に出頭しました。簡易裁判所での訴訟手続では,損害事実は認めたものの,年金暮らしであって,全額はすぐに支払えないとの申し立てました。裁判所は,分割払いの和解案を提案したところ,相手方も,これに応じることとしました。その結果,分割払いで,損害賠償金を回収することができました。

荒木 樹弁護士からのコメント

荒木 樹弁護士

通常であれば費用倒れとなる事案ですが,自動車保険で,弁護士費用特約に加入していれば,保険会社から弁護士費用が支払われます(ただし,保険会社によっては,弁護士費用の支払いを渋る対応をする場合もありますので,事前に相談をお願いします。)。弁護士費用特約からは,保険金として弁護士費用が支払われますが,他の保険金と違って,翌年以降の保険料が上がることはありません。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
荒木法律事務所
所在地
〒080-0013
北海道 帯広市西3条南9丁目2番地 セントラル十勝ビル8階(旧太洋電気大同生命ビル)
最寄り駅
JR帯広駅 徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
◼︎事務所の営業時間
平日9:30〜17:30
◼︎外部受付時間
平日18:00〜9:30/
土日祝0:00〜24:00
ご相談は,電話にて事前予約をお願いします。
携帯メールからお問い合わせの場合は,PCメールの受信設定をお願いします(返信ができないケースが急増しております)。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 債権回収
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5834-9115

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

荒木 樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5834-9115
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
◼︎事務所の営業時間
平日9:30〜17:30
◼︎外部受付時間
平日18:00〜9:30/
土日祝0:00〜24:00
ご相談は,電話にて事前予約をお願いします。
携帯メールからお問い合わせの場合は,PCメールの受信設定をお願いします(返信ができないケースが急増しております)。
交通アクセス
駐車場近く
設備
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。