現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
永濱 迅人弁護士

( ながはま はやと ) 永濱 迅人

プライム法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
【当日/夜間/土日対応可】【弁護士経験10年】【管財人経験あり】相談実績多数。破産申立等のサポートお任せください。借金でお困りの方の人生の再スタートのお手伝い致します。
プライム法律事務所
プライム法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

◆借金債務整理に遭われた方へ◆
借金問題は,借金だけの問題にとどまらず,依頼者の方の生活の見直しが重要な点となることも多くあります。
例えば加入している生命保険が適切か,無駄遣いはないかなどです。
そうした点の改善についても,アドバイスしています。

弁護士に相談することが,将来の生活に対する不安を解消し,生活の立て直しのおおきな
きっかけになることはよくあります。
まずはお気軽にご相談ください。

◆当事務所の対応体制◆
・24時間メール予約受付中
・当日休日夜間相談可(要事前予約:050-5257-7586)
・法テラス利用可

◆このようなお悩みございませんか?◆
「借金が返せなくなってしまい,途方に暮れている。」
「破産や民事再生というのがどういうものなのか分からないので教えてほしい。」
「少しでも借金を減らしたい。」
「会社の経営が悪化しているが、倒産する場合の手続や諸費用を知りたい。」

上記以外のご相談は弁護士にお任せください。弁護士費用保険もご利用いただけます。

◆特に力を入れている案件◆
個人破産申立、法人破産申立、個人再生、過払金請求、不動産任意売却など

◆弁護士費用について◆
相談料は30分5,000円(税別)です。
着手金や報酬金などにつきましては日本弁護士連合会の旧報酬基準に準拠しています。
※事案によって異なって参りますので、詳細は法律相談の際にご説明させていただきます。

◆事務所HP◆
http://www.prime-law.com/

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 法テラス利用可能。
30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金 1社につき21,600円~32,400円。
破産申し立ての場合は,原則として432,000円のみで成功報酬なし。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

自分が知らないうちに夫が自分名義で多額の借金をしていた

  • 自己破産
依頼主 70代 女性

相談前

相談者は70代の女性。夫が自分の知らないうちに自分名義で借金をしていて気付いた時には借金の総額が数百万円となっており,年金生活の自分には到底返せなくなっていました。

相談後

依頼者の方は,自分の知らないところで多額の借金を負うことになってしまい,はたして依頼者の方が把握している金額が借金のすべてなのかどうかがわかりませんでした。そこで,他の債権者がいるかどうかの調査,闇金からの借り入れの有無の調査,債権者に対する受任通知の送付,債務額の調査を行いました。受任通知を送付すると,債権者からの請求は一度ストップします。これにより依頼者の方にも精神的に余裕ができ,その後の手続きに向けた準備がスムーズに進みました。そして,最終的には自己破産申し立てを行い,無事に免責が許可されました。つまり,借金の返済をする必要がなくなりました。

永濱 迅人弁護士からのコメント

永濱 迅人弁護士

途方に暮れていた相談者の方に,債務整理や破産手続の内容を丁寧に説明し,破産申し立てに向けスムーズに準備活動を行えたことが解決のポイントだと思います。依頼者の方は,将来に強い不安を抱いていらっしゃいましたが,免責許可が出た際には,ほっと安心なさっていました。

借金・債務整理

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【当日/夜間/土日対応可】【千葉中央駅8分】【日弁連刑事弁護センター所属】突然の逮捕・勾留からの早期の解放等お任せください。刑事弁護はスピードが命です。刑事弁護人として身体拘束からの早期の開放を実現した実績が多数あります。まずは,ご相談ください!
プライム法律事務所
プライム法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

◆犯罪・刑事事件に遭われた方へ◆
逮捕・勾留されてしまった被疑者・被告人の方の権利を保護できるのは,弁護士だけです。

本事務所では、警察に捕まってしまった被疑者・被告人のところに駆けつけ,適切なアドバイスをして,不安や疑問を解消し,権利を保護します。
ご家族とも密に連絡をとり,今後どのように進展していくのか見通しが全く想像つかず途方に暮れているご家族のご心配を和らげます。

◆当事務所の対応体制◆
・24時間メール予約受付中
・当日休日夜間相談可(要事前予約:050-5257-7586)

◆このようなお悩みございませんか?◆
・家族が警察に捕まってしまって,この先どうなるのか分からない。
・犯罪行為をしてしまったが,被害者の方に謝罪や賠償をしたい。
・身に覚えのないことで捕まっているので,早く釈放してほしい。

上記以外のご相談は弁護士にお任せください。弁護士費用保険もご利用いただけます。

◆特に力を入れている案件◆
窃盗・万引き・傷害・暴力・道路交通法違反・薬物取締法違反・痴漢・盗撮など

◆弁護士費用について◆
相談料は30分5,000円(税別)です。
着手金や報酬金などにつきましては日本弁護士連合会の旧報酬基準に準拠しています。
※事案によって異なって参りますので、詳細は法律相談の際にご説明させていただきます。

◆事務所HP◆
http://www.prime-law.com/

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
着手金/報酬金 【1.起訴前及び起訴後の事案簡明な刑事事件】
<着手金>
20万円~50万円+消費税
<報酬金>
・不起訴 20万円~50万円+消費税
・起訴前、略式命令 50万円を超えない額+消費税
・起訴後、刑の執行猶予 20万円~50万円+消費税
・起訴後、求刑された刑が軽減された場合 50万円を超えない額+消費税

【2.起訴前及び起訴後の1.以外の事件及び再審事件】
<着手金>
それぞれ 20 万円から 50 万円の範囲内額の一定額以上
<報酬金>
・不起訴 20万円~50万円+消費税
・起訴、略式命令 それぞれ 20 万円から 50 万円の範囲内額の一定額以上 +消費税
・起訴後、無罪 50 万円を最低額とする一定額以上 +消費税
・起訴後、刑の執行猶予 20万円から 50万円の範囲内の一定額以上 +消費税
・起訴後、求刑された刑が軽減された場合 軽減の程度による相当額 +消費税
・起訴後、検察官上訴が棄却された場合 20万円から 50万円の範囲内の一定額以上 +消費税

【3.告訴・告発・検察審査の申立て・仮釈放・仮出獄・恩赦等の手続】
<着手金>1 件につき 10 万円以上 +消費税
<報酬金>依頼者との協議により受けることができる。
法律相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

数ヶ月前の行為が原因で突然の逮捕・勾留。裁判所への不服手続きの申し立てが認められ,早期の釈放につながる。

  • 加害者

相談前

宿泊したホテルの対応が悪かったことから,クレームをつけ,自分の要求を通してしまった。自分としては,少し強めのクレームを付けてしまったという程度の認識で,無理やり自分の要求を通したというつもりはなかった。まさか,これが犯罪に当たるとは思っていなかった。ところが,数ヵ月後に強要罪で逮捕され,勾留されてしまってどうしたらいいかわからない。仕事もあるので,早く釈放してほしい。

相談後

捕まっている警察署に駆けつけて,被疑者ご本人から詳しい事情を聴いたうえで,被疑者の行為が強要罪に当たるものの,長期間の勾留は適切でないと判断しました。

そこで,釈放に向けた活動にすぐに取り組みました。
被疑者ご本人には,反省文・謝罪文の作成してもらいました。
被疑者のご家族や仕事関係の方とお話して,釈放後の身元引受人にもなってもらう約束を取り付けました。
検察官・裁判官とも面接して勾留が必要ないことを説明し,身体拘束に対する不服申し立て(勾留や勾留延長に対する準抗告)を行いました。
結果的にこれが認められて,被疑者の身体拘束が解かれ,釈放されました。その後も,検察庁に対する活動を継続して,最終的にはその事件は不起訴となって解決しました。

この事件では,身体拘束中(勾留中)に,被疑者のお父さまが亡くなってしまいました。被疑者ご本人が葬儀への出席を強く望んでいらっしゃったこともあり,勾留の手続きを一時的に解く手続(勾留執行停止の申し立て)も行い,これも認められました。

永濱 迅人弁護士からのコメント

永濱 迅人弁護士

被疑者ご本人や関係者から聞いたお話からすると,犯罪には当たる行為はしていましたが,証拠隠滅したりや逃亡したりする可能性は低く,身体拘束が適切とは言えない事案でした。
そこで,刑事弁護活動の方針としては,とにかく身体拘束からの解放を第一に考えて事件に取り組みました。逮捕・勾留からの解放というのはなかなか難しいのですが,粘り強く活動し,早期の釈放を実現することができました。
依頼者の方やご家族からは,身体拘束から解放された際に感謝の言葉を頂戴しました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【大手損保勤務経験あり】【弁護士費用保険対応】【1000件以上の相談実績】【夜間/土日対応可】強みは損害保険実務にも即した適切な対応です。ぜひ、お任せください!
プライム法律事務所
プライム法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

◆交通事故に遭われた方へ◆
突然交通事故に遭い,体も痛い中,相手方や保険会社との交渉は大変なことです。
交通事故分野は,判例が蓄積され,保険制度も完備されていることから,法的な知識がないと,何も分からないまま十分な補償を得ることができないことがあります。
ですから,十分な補償を得るためには,弁護士の助力が必要であると考えています。

1000件以上の相談実績、大手損保会社勤務経験を生かし、ご相談者様のトラブルに全力で取り組みます。

◆当事務所の対応体制◆
・24時間メール予約受付中
・当日休日夜間相談可(要事前予約:050-5257-7586)
・法テラス利用可
・弁護士費用保険対応

◆このようなお悩みございませんか?◆
・まだ体が痛いのに,保険会社から治療費打ち切りを伝えられた。
・相手方保険会社からの賠償金の提示金額が妥当なのか分からない。
・認定された(あるいは非該当となった)後遺障害等級が納得できない。
・過失割合について納得がいかない。

上記以外のご相談は弁護士にお任せください。弁護士費用保険もご利用いただけます。

◆特に力を入れている案件◆
死亡事故、人身事故、物損事故、損害賠償・慰謝料、過失割合、後遺障害等級認定など

◆弁護士費用について◆
相談料は30分5,000円(税別)です。
着手金や報酬金などにつきましては日本弁護士連合会の旧報酬基準に準拠しています。
※事案によって異なって参りますので、詳細は法律相談の際にご説明させていただきます。

・弁護士費用特約に加入されている方
 当事務所から、お客様が加入されている保険会社に費用の請求をさせていただきます。
 (弁護士費用特約が適用されない事案もあります。)

◆事務所HP◆
http://www.prime-law.com/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

過失割合と賠償額に争いがあった事案で,客観的な資料を収集して,賠償額の倍増につながった事案。

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

ご家族3人で車に乗っていた際に,一時停止違反の車に突然衝突された事案。事故の加害者(相手方)は自動車運転過失傷害の容疑で捜査されました。ご相談に来られた被害者の方に後遺障害(後遺症)が残るほどの事故でありながら,相手方の保険会社からの提示金額が低く,過失割合にも争いがありました。

相談後

正確な事故状況の確認するために,相手方を捜査した検察庁に対し刑事記録の開示を求め,記録の閲覧・謄写をし,担当の検察官とも面談をしました。その後,相手方の保険会社と交渉を開始しました。過失割合について,おおむねこちらの主張が認められました。賠償額についても,当職に相談に来る前に相手方保険会社からの提示された金額と比べ,3人それぞれがほぼ倍増しました。

永濱 迅人弁護士からのコメント

永濱 迅人弁護士

解決のポイントは,事故状況の把握を正確にするために客観的な資料を手間を惜しまず収集したことだと思います。弁護士会を通じた照会や検察庁への問い合わせなどは,交通事故事件を多く扱っている弁護士でないとできません。この事案のように,こうした活動が事案の解決のきっかけになることはたくさんあります。インターネットなどで,いろいろな情報を取得することはできますが,何といっても専門家に相談することが一番です。まずは,お気軽にご相談ください。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
プライム法律事務所
所在地
〒260-0013
千葉県 千葉市中央区中央3-9-9 エレル千葉中央ビル5階
最寄り駅
葭川公園駅
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城

電話で問い合わせ
050-5257-7586

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

永濱 迅人弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-7586
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 17:00
定休日
なし
備考
ご来所のご相談につきましては事前予約にて定休日・年末年始も対応可
受付時間外はメールにて受け付けております。