2015年11月06日 10時35分

「お金ない」スタバの商品買わず、店外で「Wi-Fi」タダ乗り・・・法的にNG?

「お金ない」スタバの商品買わず、店外で「Wi-Fi」タダ乗り・・・法的にNG?
スターバックスの「Wi-Fi」サービス

コーヒーは買えない、でもネットは使いたい――。就職活動を控えた女子大生のサヤカさんは、商品を買わずにスターバックスの無料Wi-Fiを利用してしまったことを悩んでいる。

サヤカさんは、外出先でネットを使うために、頻繁にスタバの無料Wi-Fiを利用している。スタバの無料Wi-Fiサービスは、簡単な登録をすますと、店舗で無料でWi-Fiを使うことができる。突然の会社説明会の予約や、ウェブテストの受験も、パソコンとスタバがあればすぐに対応できる。お金に余裕はないが、スタバでコーヒーやスナックを購入して利用していた。

ある日、サヤカさんは会社説明会の申し込みなどの手続きをしようと、パソコンを持ってスタバに来たが、財布を開くと中身は空っぽ。あきらめて帰ろうと思ったが、店のすぐ側であれば支障なくWi-Fiが使えることに気づいた。「少しの間だけなら・・・」と考え、サヤカさんはその場でWi-Fiに接続し、作業をした。

飲食店が無償で提供しているWi-Fiを、商品を購入せずに「タダ乗り」することは、法的に問題ないのだろうか。鈴木義仁弁護士に聞いた。

●店舗外での利用を無制限に承諾しているとは考えられない

「『電波』を無断で利用しても、窃盗罪にはあたりません。また、他人になりすましたり、セキュリティを破ってアクセスしたわけではないので、不正アクセス禁止法違反にもなりません」

どうやら犯罪にはあたらないようだ。だが、商品を購入せずに勝手にWi-Fiの電波を利用したということで、損害賠償を求められたりしないのだろうか。

「利用規約を見てみると、11条に禁止条項が定められていますが、『Wi-Fiを利用するためには、スタバでの商品を購入することが利用の条件です』と、はっきり書かれているわけではありません」

規約に書かれていないということは、今回のケースも問題なしということだろうか。

「そうとも言い切れません。無料Wi-Fiは、スタバの店舗利用者へのサービスということが当然の前提となっていると考えられます。そのため、店舗外での利用を無制限に承諾しているとは考えられません。

今回のケースのようなWi-Fi利用は想定外であるか、または想定されていたとしても、許諾しているとは考えられないでしょう。

また、今回のようなケースは、損害賠償責任を負うことはないとしても、利用規約の11条18に定められている『当社が不適切と判断する行為』に該当する可能性はありそうです。

そのため、場合によっては利用停止ということになるかもしれません。サヤカさんも、次回からはきちんとコーヒーなどを購入したうえで、Wi-Fiを利用したほうがよいかもしれませんね」

鈴木弁護士はこのように述べていた。

(弁護士ドットコムニュース)

取材協力弁護士

鈴木 義仁弁護士
元神奈川大学大学院法務研究科教授。前横浜市消費生活審議会会長。著書に「悪徳商法にご用心」(共著:日本評論社)、「訴える側の株主代表訴訟」(共著:民事法研究会)「くらしの法律相談ハンドブック(共著:旬報社)」

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608