現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. インターネット
  3. 性被害について検索、アダルトサイトを上位表示させないで 信頼性の向上求め署名活動
2021年04月30日 14時48分

性被害について検索、アダルトサイトを上位表示させないで 信頼性の向上求め署名活動

性被害について検索、アダルトサイトを上位表示させないで 信頼性の向上求め署名活動
左から伊東勇気さん、前田かや子さん、中島梨乃さん(4月30日、編集部撮影、厚労省記者会)

インターネットで性に関するキーワードを検索したとき、アダルトサイトなどが上位にくる現状を変えようとする活動「#SEOセックスプロジェクト」がこのほど、署名サイト「change.org」などで始まった。公的機関など、信頼できるサイトが上位に来るように求める。

6月23〜29日の男女共同参画週間までに3万筆を目指し、厚労省や文科省のほか、グーグル、ヤフーなど検索エンジンを運用する企業にも提出する。

性暴力の被害者が「痴漢」や「レイプ」などの言葉を検索したとき、アダルトサイトや加害者向けの情報、被害を伝えるニュース記事などが上位を占めていると、支援につながるのが遅れたり、より傷ついたりする可能性がある。

当事者が性暴力と認識できない場合もあり、「触られた」「道で襲われた」などの内容で検索されることも考えられるという。

また、子どもが初めて性に触れる場所が、アダルトサイトになっている現状があり、信頼できる情報につながってほしいともしている。

たとえば、日本でもグーグルやヤフーで「死にたい」と検索すれば、厚労省の「こころの健康相談統一ダイヤル」がトップに表示されるようになっており、同様の仕組みが考えられるという。

4月30日の会見で、プロジェクトメンバーのひとり伊東勇気さんは、性行為の知識について、ヤフー知恵袋のベストアンサーを参考にしていた友人がいたという経験談を紹介。

「フィルターすれば良い、家庭教育でやれば良いという意見もあるが、それでは情報格差を生んでしまう」

などと話した。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

関連記事