現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 民事・その他
  3. 「私権制限は許されない」グローバルダイニング、都の「休業命令」に反発 営業継続を表明
2021年05月18日 19時53分

「私権制限は許されない」グローバルダイニング、都の「休業命令」に反発 営業継続を表明

「私権制限は許されない」グローバルダイニング、都の「休業命令」に反発 営業継続を表明
長谷川耕造社長(2021年3月22日、東京都内、弁護士ドットコムニュース撮影)

外食チェーンのグローバルダイニングは5月18日、東京都が新型インフルエンザ特措法(特措法)に基づき、酒類の提供を続けている飲食店など33施設に出した休業命令などについて、このうち23店舗が同社のものだったと発表した。命令には従わず、営業を継続するという。

命令に従わなければ、30万円以下の過料(行政罰)が課される可能性もあるが、その場合は、徹底的に争うとしている。

同社はこれまで「要請は任意に選択できるから従わない、命令は法的な義務だから従う」としてきたが方針転換となった。

その理由として、今回の東京都の緊急事態宣言は、政府のつくった宣言の指標に達していない「予防的な措置」によるものであるため、私権制限は許されないと主張。今回の休業命令は、「違憲・違法で無効な命令」としている。

また、都の休業協力金は、一定期間全ての協力が要件とされており、これから命令に応じても、補償の有無が分からないことなどもあげた。

グローバルダイニングは前回の緊急事態宣言中だった今年3月にも、都から「時短営業命令」を受けた。このときは20時以降の営業を取りやめた。

しかし、都から命令が出た27店舗中26店舗が同社のものだったことから、「狙い撃ちしたものとしか思えない」と反発。同月、時短命令は違法だとして、都に対して損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。5月21日に第一回口頭弁論が開かれる予定だ。

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

  • 営業継続する4つの理由(https://sites.google.com/a/global-dining.com/corporate-news/home/2021051006/より)

関連記事