弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2015年11月08日 11時00分

「著作権判例百選」が著作権を侵害 「出版差し止め」が認められたのはナゼ? 

「著作権判例百選」が著作権を侵害 「出版差し止め」が認められたのはナゼ? 
著作権判例百選(第4版)

著作権関係の主要な裁判例をおさめた法律専門誌「著作権判例百選」の改訂版が著作権を侵害しているとして、東京地裁は10月下旬、出版の差し止めを命じる仮処分決定を出した。著作権に関する代表的な書物が「著作権侵害」で出版できなくなるという異例の事態となった。

問題となったのは、有斐閣が発行を予定していた「著作権判例百選(第5版)」。旧版の編者の一人だった大渕哲也・東京大学教授が「無断で改訂版の編者から外されたのは、著作権の侵害に当たる」と出版の差し止めを求めていた。

これにより、11月上旬に予定されていた同書の出版は当面、見送られることになった。報道によれば、大渕教授は、第5版の内容は第4版と9割近く一致しており、自身にも編集著作権があると主張していたという。

今回は何が「著作権侵害」にあたるとみなされたのだろうか。「著作権判例百選」の執筆者の一人で、著作権にくわしい桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●「編集著作権」とは何か?

「大渕先生が主張したのは、編集著作物に対する著作権(編集著作権)です。

編集著作権とは、素材の選択や配列に創作性がある場合に認められる著作権です。素材が著作物でなくても、編集著作権が認められることがあります。また、素材が著作物である場合、それに対する著作権とは別に認められます。

著作権判例百選に関していうと、掲載されている個々の判例解説については、各執筆担当者が著作権を持っています。それとは別に、どの判例を、どのように分類し、どのような順序で掲載するかという素材(判例)の選択や配列にも創作性がありますから、それを決めた方に編集著作権が成立するわけです」

●「第4版」で編集内容が一新された

今回、大渕教授に「編集著作権」が認められたのは、なぜだろうか?

「大渕先生が編者となった第4版は、編者が一新され、それに伴い、収録判例や全体の章立て、掲載順序などが旧版とは大きく変わりました。

大渕先生が、他の編者とともにこの一新された編集内容を決めたのであれば、第4版の編集著作権者の一人ということになります。そして、第5版が第4版を基本的に踏襲し、編集内容に本質的な変更がなかったとすると、大渕先生の編集著作権は第5版にも及ぶことになります。

今回の仮処分決定は、そのように判断したと考えられます。

ただ、著作権法のスタンダードな教材ですので、学習者のためにも早く解決して出版されることが望まれます」


桑野弁護士はこのように話していた。

(弁護士ドットコムニュース)

桑野 雄一郎(くわの・ゆういちろう)弁護士
骨董通り法律事務所。島根大学法科大学院教授。「外国著作権法令集(46)-ロシア編―」(翻訳)、「出版・マンガビジネスの著作権」(以上CRIC)、「著作権侵害の罪の客観的構成要件」(島大法学第54巻第1・2号)等。
所在エリア:
  1. 東京
  2. 渋谷
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」