現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
石田 美果弁護士

( いしだ みか ) 石田 美果

池田総合特許法律事務所

労働問題

分野を変更する
【初回相談30分無料】】労働は生活の基盤であり、日々の生活に大きく関わるものです。迅速に解決することが求められますのでまずはお気軽にご相談ください。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

☆はじめに☆
お客様の秘密はすべて守られます。
当事務所では、法律相談にお越しになる前に、まずはお電話にて簡単な無料相談(10分~15分程度)をいたします。お気軽にお電話ください。
お電話のみのご相談でもOKですが、詳細なお話をお伺いする必要があると判断した場合には、ご来所での対面相談をお勧めいたします。
初回の対面相談は、30分無料とさせていただきます。お気軽に当事務所までお電話をください。

《案件への対応姿勢》
企業に勤務経験のある弁護士が、依頼者の立場にたって、迅速に問題を解決します。
労働問題は生活の基盤を揺るがす問題とも言えますので、少しでもお困りの際には、お早めに弁護士へのご相談をご検討ください。
★事前にご連絡をいただければ、当日や休日、夜間のご相談も可能です。

《安心の費用設定》
「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。まず、ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回30分の対面相談料が無料になります。
費用については、ご依頼者の事情に応じて柔軟に対応させていただきますので、ご安心ください。
★分割払いや後払い、着手金無料、完全成功報酬などの対応が可能です。

《重点取扱案件》
✔︎給料・残業代請求
✔︎不当解雇
✔︎パワハラ・セクハラ
✔︎労働条件・配置転換
✔︎労災認定

《このようなお悩みはありませんか》
・未払いの残業代を請求したい。
・会社から突然解雇された。
・上司・部下の関係を悪用したセクハラを受けている。
・子会社に出向することを強いられている。

《ご相談からご依頼までの流れ》
ご相談では、あなたの状況をよく知って、最適な解決方法をご提案いたします。
弁護士を使った方があなたの利益になるかどうかを検討して、場合によってはお断りして、別の方法をご提案します。
その判断のために、まずは時間をかけてお話を十分にお伺いします。
依頼者との信頼関係が第一です。お引き受けしたほうがあなたの利益になると判断した場合は、費用や事件解決の見通しについて十分に説明をいたします。
そして、ご納得がいただけた場合にのみ、ご依頼をお引き受けします。ご相談だけでもお気軽にご利用ください。
★小さなお子様連れのご相談も可能です。お気兼ねなくご来所ください。

《アクセス》
地下鉄丸の内駅徒歩1分(桜通線、鶴舞線)

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回30分の相談料が無料になります。
着手金 11万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

未払い残業代を早期に支払ってもらった例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者は会社を退職しましたが、残業代については、満額支払ってもらっていない状態でした。

相談後

依頼者は、新生活のため、出来るだけ早く残業代を支払ってもらうことを希望していました。
依頼者は、会社を退職する際、自分でタイムカードのコピーを取得し持っていたため、それを元に残業代を算出し、証拠としてタイムカードを会社に示したことで早期に全額支払ってもらうことが出来ました。

石田 美果弁護士からのコメント

石田 美果弁護士

未払い残業代を請求する際には、残業時間を証する証拠があると、話がスムーズに進みます。
今回は、依頼者が自分で証拠をしっかり取得していたので、裁判手続きを経ずに話し合いで早期に解決することができました。
残業時間を証する証拠として、タイムカード等があれば、その写真やコピーを撮っておいたり、残業時間中にやり取りした業務メール等を自分で保存しておくと良いと思います。
仮に証拠がない場合にも、勤務の実情を詳しくお伺いし、何らかの形で残業の実態を証明すべく検討したいと思いますので、まずはご相談下さい。

労働問題

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【実績多数】離婚の増加に伴い、女性からのご相談も増えています。依頼者様に寄り添い親身に対応します。まずはお気軽にお電話下さい。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

☆はじめに☆
お客様の秘密はすべて守られます。
当事務所では、法律相談にお越しになる前に、まずはお電話にて簡単な無料相談(10分~15分程度)をいたします。お気軽にお電話ください。
お電話のみのご相談でもOKですが、詳細なお話をお伺いする必要があると判断した場合には、ご来所での対面相談をお勧めいたします。初回の対面相談は、30分無料とさせていただきます。
お気軽に当事務所までお電話をください。

《特色》
・離婚や親権問題についてたくさんの解決実績のある法律事務所です。
・経験豊富な女性弁護士が親身になってご相談をお受けいたします。

《料金について》
「弁護士に依頼するとどのくらいお金がかかるのだろう・・」 皆様にとって、とても気になるところだと思います。
事案によって、着手金、報酬金の変動はございますが、丁寧にご案内致しますので、安心してお問い合わせください。

《このようなお悩みはありませんか?》
--◆女性のための離婚サポート◆--
 ・子どもの養育費はいくら支払ってもらえるか知りたい
 ・離婚したいけれどすぐに怒鳴り合いになり話が進まない
 ・モラハラで離婚したいけれど うまく説明できない

--◆男性のための離婚サポート◆--
 ・不貞行為を理由に慰謝料請求を受けているが妥当な金額かわからない
 ・面会を拒否されていて子どもに会わせてもらえない
 ・妻のモラハラ発言に耐えられず精神的に追い詰められている

不貞行為の慰謝料(請求する側、請求される側)、財産分与、子どもをめぐる紛争(面会交流・親権・連れ去り)など、ご相談に迷ったら、一度ご連絡ください。
みなさまの不安を少しでも解消できるよう、『現状の整理』からお手伝いします。

《ご相談からご依頼までの流れ》
ご相談では、あなたの状況をよく知って、最適な解決方法をご提案いたします。
弁護士を使った方があなたの利益になるかどうかを検討して、場合によってはお断りして、別の方法をご提案します。
その判断のために、まずは時間をかけてお話を十分にお伺いします。
依頼者との信頼関係が第一です。お引き受けしたほうがあなたの利益になると判断した場合は、費用や事件解決の見通しについて十分に説明をいたします。
そして、ご納得がいただけた場合にのみ、ご依頼をお引き受けします。ご相談だけでもお気軽にご利用ください。

《アクセス》
地下鉄丸の内駅徒歩1分(桜通線、鶴舞線)

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
※初回30分は相談料無料
事件ご依頼の場合にかかる弁護士費用 着手金33万円(税込)より/成功報酬33万円(税込)より
※事案により異なります。個別にご相談に応じますのでお気軽にお問合せ下さい。
法テラス援助制度のご利用について 法テラスの民事法律扶助制度もご利用いただけます。経済的な問題で弁護士へのご相談が難しいと感じている方には、法律相談、事件依頼をした場合の弁護士費用について援助があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不貞行為の証拠がなくても相手の女性から慰謝料が得られた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 50代 女性

相談前

依頼者は、夫の度重なる外泊等で夫の浮気を疑い、夫を問いただしたところ、夫が浮気をしていたことを知りました。
しかし、夫が、浮気相手とやり取りしていたLINEなどの情報を全て消してしまっていたため、不貞行為の証拠が全くありませんでした。
不貞行為の慰謝料請求を行う際には、不貞の証拠がないと、裁判になったときに不貞行為の立証が出来ず負けてしまう可能性が高くなります。
それでも依頼者は、自分の気持ちを治めるためにも、相手の女性に慰謝料請求をすることを強く望んだため、交渉を開始しました。

相談後

不貞行為を証明する直接の証拠は無いながらも、依頼者の日記や夫の車のカーナビの走行記録等、依頼者とともに思いつく限りの証拠を収集し交渉に臨みました。
その結果、相手から相応の慰謝料を取得することができました。また、依頼者に対する謝罪文や、今後二度と依頼者の夫と連絡を取らないことを約束する旨の誓約書も取り付けました。
このことにより、依頼者からは「気持ちが楽になりました。これで明日からようやく前を向いて歩いていける気がします。」との感謝の言葉を頂きました。

石田 美果弁護士からのコメント

石田 美果弁護士

夫(妻)の浮気を知ったら、まずは証拠を取得することが大切です。
通常、相手の浮気を知ることで、大きなショックを受け、すぐに冷静に証拠を収集することは難しいと思いますが、スマートフォンの画面を写真に取っておくなど、すぐに出来ることから行動すると良いと思います。

また、本事例のように、証拠がなくても慰謝料を取得出来る場合もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

また、どのような証拠が必要なのか、証拠の収集の仕方等のアドバイスも行っています。
なお、パソコンや携帯電話のデータが削除されてしまっても、復元できる場合もあります。実績のあるデータ復元会社と提携していますので、必要に応じてそういった会社を使うことも可能です。

離婚・男女問題の解決事例 2

離婚の際、別居中の自営業者の夫が財産を隠してしまったが、交渉の末、最終的には十分な養育費と財産分与を得られた事例

  • 財産分与
  • 養育費
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者とその夫は、性格の不一致等から数か月の別居を経て離婚をするに至りました。
しかし、夫は一部を除いて預金口座を明らかにせず、不動産の名義も自らが経営する会社名義にしてしまっていました。
通常、夫名義の財産が明らかでないと、その部分について財産分与を請求することは困難です。
しかし、夫が他に財産を持っていることは明らかであり、依頼者はこれから一人で子どもの面倒を見なくてはならなくなるため、出来る限り多く財産分与を請求したいと相談にこられました。

また、養育費については、通常、夫と妻双方の所得をもとに算出がされますが、夫が自営業者であり、自らの所得を低く申告していたため、通常の算定方法ではかなり低額なものとなってしまう状況にありました。

相談後

財産分与については、夫の預金口座について調査を行いました。その結果、相当の額の預金があることが判明しました。
会社名義の不動産についても、交渉を行うことで、一定の金額を財産分与に含ませることになりました。
養育費については、夫が所得を過少申告していることを指摘し、話し合いの末、増額に成功しました。
その結果、十分な金額の財産分与と養育費が得られることとなり、依頼者の経済的な不安は解消しました。

石田 美果弁護士からのコメント

石田 美果弁護士

離婚自体には、お互い納得していても、財産分与や養育費などお金については、双方の意見が対立し、まとまらないケースは多くあります。
このような事例については、弁護士が入ることで納得のいく解決を図れる可能性が十分にあります。
離婚を決意したら、早めのご相談が大切です。
まずは、お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

養育費の減額に成功した事例

  • 養育費
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、元妻と離婚の際、月10万円の養育費の支払いを約束し、その旨の公正証書も作成しました。
しかし、依頼者の勤める会社の業績が悪くなり、依頼者は会社を退職せざるを得なくなり、収入が激減しました。
元々月10万円という金額は、退職前の依頼者の収入からしてもかなり高いものでした。
依頼者は、元妻に養育費の減額を要求しましたが、以前に度々養育費の支払いを滞納していたことから、これまでの滞納分をまとめて支払わない限り、減額は認めないと言われ、本人同士では話が纏まりませんでした。

相談後

依頼者から依頼を受け、直接元妻と交渉を始めました。
依頼者の現在の収入から、これまでの金額を維持するのは困難であること、滞納分についても一括の支払いは難しいことを伝え、根気よく交渉を繰り返しました。また、養育費の減額については、こちらから調停を起こすことについても検討しました。
結果、滞納分については5割を一括で支払い残りの5割は免除、今後の養育費については月3万円とすることで話が纏まりました。

石田 美果弁護士からのコメント

石田 美果弁護士

職を失った、収入が減ったなど、養育費を支払えない事情が新たに出てきた場合、養育費減額の調停を起こすことが出来ます。
しかし、本事例では話し合いで解決することが出来ました。
結果として、依頼者の心理的、金銭的負担を最小限に抑えることができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【24時間メール受付中】【IT企業勤務経験あり】《丸の内駅徒歩1分》《単発案件可》企業法務に強い弁護士が、的確な助言で事前予防、社内整備いたします。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

☆はじめに☆
私自身、IT企業での職務経験がございますので、企業法務の際は女性弁護士としてきめ細やかな対応と社内整備に努めます。経営者の方を迅速にサポートさせていただきます。

《特色》
・中小企業、個人事業主の味方です。御社の事業内容をよく理解して最適な解決方法をご提案いたします。
・顧問契約がなくとも単発の案件(債権回収、交渉、契約、労働、倒産処理等)でも手厚くサポートいたします。
・顧問弁護士がすでにいる場合でも、別の顧問弁護士を追加できます。そのような場合には、通常より割安のセカンドオピニオン契約もあります。

《重点取り扱い案件》
・取引上のトラブル
・労働事件
・下請代金法関連事件
・予防法務(契約書のチェック,日常的業務への助言等)

《同じようなお悩みの方はご相談ください》
「会社間の取引で不当な損害賠償を請求されている。」
「下請け代金を減額される。」
「兄弟間で会社の相続をめぐって争いがある。」
「取引先から契約書に押印してくれと言われているが相手方の一方的なことばかり書いてあるような気がして押印するのが心配だ。」
「仕事をしたのだが,契約書も発注書もない。」

《費用について》
弁護士が何をどことまで対応するかを明らかにするとともに、依頼者の規模や相談頻度、ご要望に合わせて顧問料を設定しております。また、定額の顧問だけでなく、契約書作成などの単発の案件も対応可能です。

《アクセス》
地下鉄丸の内駅徒歩1分(桜通線、鶴舞線)

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5500円(税込)
※初回30分は相談料無料
着手金 11万円(税込)より
報酬金 11万円(税込)より
顧問料 法人・事業主 3万3000円(税込)より、個人1万1000円(税込)より
その他 着手金、成功報酬は事案により異なります。ご状況に応じて柔軟に対応しますのでお気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
池田総合特許法律事務所
所在地
〒460-0002
愛知県 名古屋市中区丸の内1丁目17番19号 キリックス丸の内ビル802号
最寄り駅
名古屋地下鉄丸ノ内駅
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5346-7482

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

石田 美果弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-7482
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【電話相談9:00〜20:00】※時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、不在の場合折り返しいたします。)
※依頼者の都合によっては、夜間休日対応も可。
交通アクセス
駐車場近く