現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
桐井 弘司弁護士

( きりい こうじ ) 桐井 弘司

桐井法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料 / 電話相談可】DV事件の取扱いも多数。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるよう、親身に対応させていただきます。お電話お待ちしています。
桐井法律事務所
桐井法律事務所
桐井法律事務所

初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

離婚や男女間のトラブルは、精神的なストレスが大きく、ご本人にとっても辛いお思いをされていることでしょう。人生の新たなスタートにもなるこの時期に、適切なアドバイスをご提供し、しっかりと寄り添えるようお手伝いをしたいと考えます。以下のようなお困りや疑問はございませんでしょうか。ぜひ力になりたいと思います。

≪ご相談例≫
_______________________

・子どもの親権がほしい。
・暴力・暴言を受けて離婚を決意したので慰謝料を請求したい。
・養育費を適正に決めたい。

弁護士に依頼することにより、相手との交渉窓口が弁護士となります。
法的アドバイスや対応だけでなく、相手とのやり取りを弁護士が代わりにさせていただくので、精神的なご負担も軽減することができますので、上記以外にもお気軽にご相談ください。

≪当事務所について≫
_______________________

離婚事件はその人の今後の人生に関わってくるものですので、単純に法律的な対応をするだけでなく、ご本人のご要望に出来る限り添えるようにしております。
また、未成年のお子さんがいる場合、大人(ご夫婦)の希望だけでなく、お子さんの利益のためにもっともよい方法にも気を配るようにしております。

おかげさまで離婚事件は年間20件以上のご相談をお受けしており、特に、DV事件については公的機関との連係で対応したケースも多数ございます。多くの実績・経験をもとに、ご相談者により良い解決法をご提案しています。

≪体制や特徴について≫
_______________________

▶︎電話相談可
ご状況によっては詳しくお話をお聞かせいただくためにご来所いただくことになりますが、まずは大まかに弁護士の話を聞いてみたいといったケースは、お電話によるご相談も承っております。

▶︎ 柔軟な受付体制
ご心配な想いをされている方のために力になりたいと考え、ご相談は可能な限り柔軟にお受けしております。
休日相談、夜間相談、いずれも可能です。お気軽にお問い合わせください。

▶︎ 初回相談無料
費用面の心配で弁護士への相談をためらわれている方もご安心ください。
初回相談については無料となっているので、まずは弁護士の話を聞いてみたいという場合もお気軽にご連絡いただければと思います。

弁護士への依頼は経済的負担を伴うので、相談の際には、弁護士抜きでできることとできないことをご説明し、ご自分で対応する場合の具体的方策についてもアドバイスします。
まずは一度お話しを聞かせて下さい。
ご連絡お待ちしております。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。
2回目以降は30分5000円(税別)
着手金 着手金30万円~50万円(税別)。
基本は30万円だが、事案の複雑さ、選択する手続の数に応じて50万円まで増額する。
報酬金 30万円~50万円(税別)。
相手から財産を得られる場合は、その価額に応じて報酬を追加する(概ね価額の1割程度)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

性格が合わない夫との離婚を実現したケース

  • 別居
  • 離婚請求
  • 離婚回避
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は、夫と結婚して10年になりますが、社交的な相談者と異なり夫は家にいることを好み、共通する趣味もないため、次第に旅行や外食等にも一緒に行かなくなってしまい、この2~3年は日常会話も必要最低限のものになっていました。
ご夫婦には子どもはおらず、相談者はこのままこの夫とずっと一緒にいなければいけないのかと思い悩み、離婚をして人生をやり直したいと考えるようになり、相談にいらっしゃいました。

相談後

ご相談の内容をお聞きすると、裁判で離婚が認められるような「浮気」「暴力」「暴言」などの事情は認められませんでしたが、相談者は離婚をしたいとの希望を強くお持ちであったので、まずは別居をして、調停の中で離婚の協議をするようにしてはどうかとアドバイスしました。
その後、実際に相談者は別居をし、私が代理人となって調停手続を進めたのですが、初めのうちは夫は離婚は絶対にしないとこちらの要求に応じようとしませんでした。
しかし、調停が3~4回進むと、相談者と夫の共通の知人からの情報として、「夫に交際している女性ができたようだ」と聞かされました(ただし、証拠はありません)。その話を聞き、次回の調停で風向きが変わるかも知れないと予想したところ、夫は急に「離婚をしてもいい。ただし財産は一部しか渡さない。」と言い出しました。
相談者としては、財産の問題よりも夫との離婚が最優先事項でしたので、夫の気が変わらないうちに手続を進めた方がよいと考え、離婚以外の条件は夫の申し出を受け入れる形をとり、無事に調停での離婚が成立しました。

桐井 弘司弁護士からのコメント

桐井 弘司弁護士

性格の不一致は、裁判では離婚原因になりません。
そのため「性格の不一致では離婚できない」と早合点して離婚をあきらめてしまう方もいらっしゃいますが、裁判は離婚のための最後の手段であり、裁判では離婚ができなくても、話し合いや調停で相手が了解をすれば性格の不一致であっても離婚をすることはできます。実際に、初めは離婚を拒絶されても、話し合いや調停の中で強く離婚を求め続ければ最終的に相手が離婚を了解するケースがしばしば見られます。
相手が離婚を了解する理由は、長期間の話し合いに嫌気がさした場合、このままやり直しても以前のような生活はできないと途中で気づく場合、ほかに交際している人ができた場合など様々です。
今回のケースは、夫に交際相手ができたため離婚に応じてきたのですが、相談者から離婚を求めて別居をしなければそのような状況の変化も起きなかったと考えられ、相談者が勇気を持って別居を決意したことにより離婚できたものと言えます。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料 / 電話相談可】他の相続人との交渉や遺産調査など、お困りの相続問題を解決します。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるよう、親身に対応いたします。
桐井法律事務所
桐井法律事務所
桐井法律事務所

初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

遺産相続の問題は、近しい関係の人間との間で争いとなることが多く、感情的な問題をはらむことが多い事件類型です。ご本人にとっても辛いお思いをされていることでしょう。もし以下のようなお困りや悩みがございましたら、ぜひ力になりたいと思います。

≪ご相談例≫
_______________________

・他の相続人とのやり取りが負担なので、間に入って欲しい。
・遺産として何があるのか分からないので、調べて欲しい。
・他の相続人が多く遺産を受け取ろうとしているので、対応してほしい。

弁護士に依頼することにより、相手との交渉窓口が弁護士となります。
法的アドバイスや対応だけでなく、相手とのやり取りを弁護士が代わりにさせていただくので、精神的なご負担も軽減することができますので、上記以外にもお気軽にご相談ください。

≪当事務所について≫
_______________________

依頼者のお話をじっくりと丁寧に聞いて、解決結果に反映できるよう努めております。
特に相続においては、関係当事者が複雑に絡み合うケースも多いため、先入観を持たずあらゆる可能性を探りながら、お話を聞くよう心掛けております。

これまで年間10件以上の相談を受け、調停や審判手続にも多く対応してまいりました。多くの実績・経験をもとに、ご相談者により良い解決法をご提案させていただきます。

≪体制や特徴について≫
_______________________

▶︎電話相談可
ご状況によっては詳しくお話をお聞かせいただくためにご来所いただくことになりますが、まずは大まかに弁護士の話を聞いてみたいといったケースは、お電話によるご相談も承っております。

▶︎ 柔軟な受付体制
ご心配な想いをされている方のために力になりたいと考え、ご相談は可能な限り柔軟にお受けしております。
休日相談、夜間相談、いずれも可能です。お気軽にお問い合わせください。

▶︎ 初回相談無料
費用面の心配で弁護士への相談をためらわれている方もご安心ください。
初回相談については無料となっているので、まずは弁護士の話を聞いてみたいという場合もお気軽にご連絡いただければと思います。

弁護士への依頼は経済的負担を伴うので、相談の際には、弁護士抜きでできることとできないことをご説明し、ご自分で対応する場合の具体的方策についてもアドバイスします。
まずは一度お話しを聞かせて下さい。
ご連絡お待ちしております。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。
2回目以降は30分5000円(税別)
着手金 30万円~100万円(税別)。
争いになっている額に応じて変動いたします。
報酬金 得られた経済的利益が300万円までならその16%、
300万円~3000万円なら10%+18万円、
3000万円~3億円なら6%+138万円(各税別)。

ただし、財産の範囲や相続分に争いがなかった場合は3分の1を減額することができる。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

他の相続人からの嫌がらせが続いたケース

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 40代 男性

相談前

相談者の奥様が、まだお若いのに多額の遺産を残して突然亡くなりました。
相続人は、相談者のほか奥様のご両親(義父母)もいらっしゃったのですが、この義父母は奥様の財産は親が受け取るのが当然だと言って、相談者に連日のように遺産分割協議書にサインをするように迫ってきました。
相談者は、当初は遺産に対する執着はなく、ご両親が多く遺産を相続してもよいと思っていたのですが、あまりにご両親の要求がしつこく、また遺産分割の内容も一方的にご両親に有利な内容になっているので、このような遺産分割に問題はないかとご相談にいらっしゃいました。

相談後

ご相談の際には、まだ相談者は遺産分割協議書にサインをするかどうか迷っていらっしゃいましたが、お話しを聞くと、そのように迷われる大きな原因が、義父母からの執拗な要求にあることがわかりました。義父母は、毎日のように相談者の家に来たり電話をしてきたりしていたため、相談者はこのような煩わしさから解放されたいという思いでサインをしてもよいと考えていました。
そこで、奥様の財産の分け方をそのような事情で決めることは望ましくないのではないかとアドバイスをし、すぐにご依頼を受けて、義父母に対しては今後は相談者に一切接触をしないようにとの通知を出しました。
その後、義父母から相談者への関わりは時々ありましたが、その都度私の方から通知文を出し、次第に連絡もなくなり、最終的には調停の中で法定相続分に従った遺産分割をすることができました。

桐井 弘司弁護士からのコメント

桐井 弘司弁護士

遺産分割の話し合いの中で、弁護士は、法律に基づき受け取れる遺産の割合を検討するなど、法律的な目線で関わることになります。
しかし、話し合いは人と人がするものですので、「法律でこうなっているから」と単純に割り切った話し合いをすることが難しいことも多く、今回のご相談のように他人の意見や干渉に煩わされて本当に納得できる形での解決策をとれないこともあります。
そのような場合には、弁護士を交渉の窓口とすることにより、自分が望む解決は何かを落ち着いて考えていただくことができます。
特に、遺産分割や離婚の場面では、弁護士がそのような役割を果たすことが少なくありません。

遺産相続

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料 / 電話相談可】ローンの支払い、返済条件の変更の交渉など、ご依頼者の負担を軽くしながら、借金問題を解決します。
桐井法律事務所
桐井法律事務所
桐井法律事務所

初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

借金問題では、破産・債務整理について間違った知識や先入観を持っている方が多くいらっしゃいますが、早い段階で制度や手続について正しい情報を得ることが大切です。たとえば、以下のようなお困りや悩みがございませんでしょうか。

≪ご相談例≫
_______________________

・今月のローンを支払えないがどうしたらよいか。
・返済条件の変更の交渉をお願いしたい。
・債権者の請求が精神的に負担なので、どうにかしたい。

弁護士に依頼することにより、相手との交渉窓口が弁護士となります。
法的アドバイスや対応だけでなく、相手とのやり取りを弁護士が代わりにさせていただくので、精神的なご負担も軽減することができますので、上記以外にもお気軽にご相談ください。

≪当事務所について≫
_______________________

借金問題では、目の前の借金の問題に対応するだけでなく、今後長期的に見た生活・事業の再建をどう実現していくかという視点も持ちながら考えていく必要があります。
ご相談者にとってより良い将来が築けるよう弁護士としてお手伝いさせていただきたいと考えています。

これまで、破産管財人の経験も豊富にあり、裁判所の目線から破産申立にあたって必要な準備事項を検討することが可能です。多くの実績・経験をもとに、ご相談者により良い解決法をご提案させていただきます。

≪体制や特徴について≫
_______________________

▶︎電話相談可
ご状況によっては詳しくお話をお聞かせいただくためにご来所いただくことになりますが、まずは大まかに弁護士の話を聞いてみたいといったケースは、お電話によるご相談も承っております。

▶︎ 柔軟な受付体制
ご心配な想いをされている方のために力になりたいと考え、ご相談は可能な限り柔軟にお受けしております。
休日相談、夜間相談、いずれも可能です。お気軽にお問い合わせください。

▶︎ 初回相談無料
費用面の心配で弁護士への相談をためらわれている方もご安心ください。
初回相談については無料となっているので、まずは弁護士の話を聞いてみたいという場合もお気軽にご連絡いただければと思います。

破産・債務整理は、早く対応すればそれだけ無駄な支出を減らすこともできます。
弁護士へ相談すると考えると身構えて不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、ご安心してご相談いただけるよう親身に寄り添って対応させていただきます。
お早めにご相談ください。ご連絡お待ちしております。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。
2回目以降は30分5000円(税別)
着手金 債務整理1社2万円。

個人の破産30万~40万円、
個人の民事再生40万~60万円。

事業者の破産40万~60万円、
事業者の民事再生は50万円~70万円。

会社の場合は規模による(全て税別)。
報酬金 過払い金を回収した場合、回収した額の2割(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借金の解決が他の問題の解決にもなったケース

依頼主 30代 男性

相談前

相談者は、交際相手の自分勝手な言動に嫌気がさし、次第に暴力も振るわれるようになったため、別れたいと思うようになりました。
しかし、相談者は以前に事業に行き詰まったときに交際相手からお金を借りており、その残高がまだ約300万円あったため、別れ話をしても「お金を返さないと別れない」と言われ、別れることができませんでした。
そこで困った相談者は、交際相手と円満に別れたいと相談にいらっしゃいました。

相談後

詳しくお話しをお聞きすると、交際相手の暴力の程度・頻度は相当ひどいもので、このまま交際を続けるといずれ刑事事件にまで発展しかねないと思われました。
他方、相談者は結局事業がうまくいかず、現在はアルバイトをして収入を得ている状態であり、交際相手からの借金はとても返済できるような状況ではありませんでした。
そこで、解決方法としては、交際相手と別れる話と、借金の話を切り離して捉えて、まずは借金について破産をすることをお勧めしました。
その後、破産は無事に認められ、交際相手との関係については、相手に知らせずに別居をし、しばらくは居場所が分からないようにしてもらって、私の方から交際を続けることはできない旨を通知しました。交際相手からは私に対して何度も電話があり、相談者の住所を教えるように執拗に迫られたのですが、丁寧にお断りしていると次第に連絡が来る回数も減り、その後は相談者も平穏に生活をしているとお聞きしました。

桐井 弘司弁護士からのコメント

桐井 弘司弁護士

相談者は、交際相手への借金を返済することを前提として解決方法を考えていらっしゃいましたが、客観的にみて返済をすることは困難であり、そうであれば破産により問題の一端である借金を解決し、そのうえで交際関係解消に向けて動くのがよいと判断しました。
相談者は、破産のことはまったく考えていなかったようですが、一つずつ問題を解決するしかないことをご説明すると理解していただくことができました。
なお、破産の手続でも、交際相手は破産を認めないと裁判所に苦情申立をされていましたが、こちら側は法律に則り対応をした結果、裁判所は破産を認めてくれました。
お一人で考えていると、どうしても問題の全体を見渡した解決策を考えることが難しいので、その問題が法律的なものであれば弁護士に相談をしていただくのがよいと思います。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
桐井法律事務所
所在地
〒461-0001
愛知県 名古屋市東区泉1-21-10 スタメン泉ビル2階
最寄り駅
地下鉄桜通線高岳駅 1番出口徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

東海

  • 愛知
  • 三重
  • 岐阜
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 少年事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 不動産賃貸
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築

電話で問い合わせ
050-5258-3458

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

桐井 弘司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5258-3458
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝・夜間も面談可。
交通アクセス
駐車場近く