現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
板村 憲作弁護士

( いたむら けんさく ) 板村 憲作

弁護士法人いたむら法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回30分相談無料】【当日/夜間/土日応相談】
最適な解決方法をご提案し、人生の再スタートをお手伝いします。
勇気を出して、最初の一歩を踏み出しましょう。
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所

キッズスペース付きの相談室があるので、お子様連れの相談も安心です!

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に相談料以外の費用は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

詳しい情報は離婚専門サイトよりご覧いただけます。
http://www.itamura-law2.com/

≪メッセージ≫
夫婦間の問題は家庭内のことですので、なかなか他人に相談できず、一人で悩んでおられる方も少なくありません。
いたむら法律事務所に離婚のご相談に来られるお客様の多くも、心に重荷を負っています。
相談中に感情が抑えられず涙を流される方も少なくありません。

私たちは、そのような方々の心に寄り添い、そして、最適な解決方法をご提案することで、人生の再スタートをお手伝いしたいと考えております。
勇気を出して、最初の一歩を踏み出しましょう。

≪当事務所が選ばれる5つの理由≫
【1】離婚事件に熱心な弁護士が安心の料金体系であなたを親身にサポートします。
【2】法的な解決だけでなく、人生の再スタートに向けて心に寄り添った支援を心がけています。
【3】「秘密厳守」を徹底します。(プライバシー保護の厳守)
【4】カウンセリングから離婚協議書の作成、交渉、調停・審判・訴訟まで全てに対応します。
【5】他士業と連携し「ワンストップ対応」を心がけています。

≪事案に応じたスムーズかつ有利な解決を目指します≫
「離婚問題、男女問題」は多種多様です。
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
離婚問題の解決に向けて動く際には、お客様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため、私たちはお客様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力いたします。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
離婚問題はできる限り早い段階でご相談頂くことで、ご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでもご相談に応じます。

-------------------
≪所属≫
・山口県弁護士会
・山口県社会福祉士会

≪役職≫
・平成27年山口県弁護士会副会長

≪主な公務≫
・山口県福祉サービス運営適正化委員会
・山口市高齢者虐待ネットワーク推進会議
・防府市高齢者虐待ネットワーク会議
・権利擁護センターぱあとなあ山口業務監査委員
(H27.4.1現在)

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 初回30分無料
【その他費用(着手金、報酬等)】 ホームページをご参照ください。 →http://www.itamura-law2.com/040/
詳細な金額は案件ごとに変わる可能性がございます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。
【お支払スケジュールについて】 さまざまなご事情を抱えていらっしゃるお客様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で、費用やスケジュールのご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。
【 リーズナブルな料金設定 】 法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※お客様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

相手方が弁護士に依頼し,様々な要求をしてきた。離婚交渉から解放され,離婚後も自宅に住めるようになり,解決金も支払ってもらった事例

  • 養育費
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

・当事務所で法律相談を受けながら当事者間で離婚について話し合いをしていました。
・相手方が弁護士に依頼をし,その弁護士から様々な要求があり,対応が困難となったため,正式に依頼することになりました。

相談後

・相手方は,住宅ローンが残っている自宅を売却するため,依頼者に対して退去を要求してきましたが,交渉の結果,子どものことを考えて,一定期間居住することを認めさせました。
・依頼者の両親が相手方に貸し付けていた金員50万円を,解決金として支払ってもらうことができました。
・養育費(月5万円)や解決金の支払いを担保するため,合意内容を公正証書にしました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・相手方に弁護士がついた場合には,知識等に差がありますので,やはり弁護士依頼をお勧めします。
・弁護士が相手方と交渉しますので,依頼者の方が直接相手方とやり取りすることがなくなり,負担が大幅に軽減されます。

離婚・男女問題の解決事例 2

ダブル不倫の結末とは。クロス払いでの示談をした事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 50代 男性

相談前

たまたま妻の不倫現場を目撃して,不倫の事実を知りました。不倫相手の既婚者男性に慰謝料を請求したいが,慰謝料の相場や交渉方法についてアドバイスを受けたいということで相談に来られました。

相談後

・当初依頼者は,妻と離婚するつもりで交渉を進めており,不倫相手に300万円の慰謝料を請求していました。その後,不倫相手の妻から,妻に対して慰謝料の請求がなされました。
・依頼者は,離婚するかどうかとても悩みましたが,家族と相談のうえ,妻と離婚せずに,不倫相手とは150万円で示談しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・ダブル不倫の場合,不倫相手の配偶者からカウンターで慰謝料を請求されることがあります。その際,自分の配偶者と離婚すれば,慰謝料の増額事由になりますし,自分の配偶者が不倫相手の配偶者から慰謝料請求されても助ける必要がなくなります。
・しかし,離婚は単純な損得だけで決めるべきではありません。今後の自分の人生や家族にも影響することですので,しっかりと考えていただき,弁護士はそれに沿った解決を目指します。

離婚・男女問題の解決事例 3

自分で離婚の交渉を進めたい。離婚サポートを受けながら,ご自身で調停を成立させた事例

  • 不倫・浮気
依頼主 20代 女性

相談前

・夫の不倫が原因で,離婚協議をされていました。
・離婚と親権については合意できたものの,慰謝料,財産分与,養育費の点で合意できなかったため,相談に来られました。

相談後

・ご自身で交渉を進めたいとのご意向でしたので,相談後,当事務所の離婚サポートプラン「りこん安心サポート」に加入されました。その後,協議が難しかったため,ご自身で調停を申し立てました(申立書の記載内容は弁護士がアドバイスしました)。
・期日の間にメールや電話で弁護士のアドバイスを受けながら,ご自身で調停を進め,無事成立しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

ご自身で手続を進めたい方,離婚原因がなく別居中で時々アドバイスを受けたい方,忙しくて継続相談が難しい方などは,当事務所の「りこん安心サポート」がお勧めです。

離婚・男女問題の解決事例 4

弁護士が間に入ることで,不倫相手への慰謝料請求が3ヶ月でスピード解決

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

・夫の不倫をきっかけにご相談に来られ,弁護士のアドバイスをもとに,ご自身で協議離婚を成立されました。
・その後,不倫相手に慰謝料を請求するため,再度ご相談に来られました。

相談後

・弁護士が不倫相手と交渉したところ,肉体関係は否定したものの,責任は認め,慰謝料300万円の支払いで合意を得ました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・本件では相手方が請求に応じましたが,調査事務所の報告書がありましたので,任意の請求に応じなければ早期に訴訟を提起する予定でした。客観的証拠があることで自信を持って交渉でき,結果的にスピード解決に繋がることが多いように感じます。

離婚・男女問題の解決事例 5

未払い婚姻費用の支払いと年金分割の単独手続きのため公正証書を作成した事例

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 生活費を入れない
依頼主 60代 女性

相談前

・依頼者は,離婚や財産分与について相手方の合意を得ていましたが,年金分割についての話合いが進まず,また,婚姻費用の支払いが滞っていたことから,相談に来られました。

相談後

・弁護士が相手方と交渉し,未払い婚姻費用の支払いと年金分割を求めました。相手方が応じたため,離婚後,依頼者が単独で年金分割の手続きが行えるよう,公正証書を作成し,離婚が成立しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

本件は,争点が婚姻費用及び年金分割としぼられていました。相手方が交渉に応じたため,スムーズに公正証書の作成ができましたが,任意の請求に応じない場合には,直ちに調停を申し立てる予定でした。

離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料/着手金無料】【当日/夜間/土日応相談】
スピーディー対応!被害者の方を全力でサポートいたします。
まずはお気軽にご相談ください。
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所

キッズスペース付きの相談室があるので、お子様連れの相談も安心です!

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に相談料(2回目以降)以外の費用は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

詳しい情報は交通事故専門サイトよりご覧いただけます。
http://www.itamura-law3.com/

≪メッセージ≫
交通事故に遭った場合、ケガの治療や仕事への対応などで大変な労力が必要です。
当事務所では被害者の方を全力でサポートいたします。
交通事故でお困りの方は、ぜひ当事務所へご相談ください。

≪まずは無料で相談、診断≫
交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで、大幅に増額するケースが多くあります。
まずは、あなたの賠償額が適切かどうかを無料で診断致します。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
交通事故問題はできる限り早い段階でご相談頂くことで、ご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。

≪面倒な保険会社対応を引き受けます≫
保険会社との賠償金を巡る示談交渉や、後遺症認定等に対する不満、悩みの解決のための支援をいたします。

≪弁護士費用特約について≫
最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約を利用することで、弁護士費用をの負担は大幅に減らすことが可能です。
※費用がかからないケースもあります。
-------------------
≪所属≫
・山口県弁護士会
・山口県社会福祉士会

≪役職≫
・平成27年山口県弁護士会副会長

≪主な公務≫
・山口県福祉サービス運営適正化委員会
・山口市高齢者虐待ネットワーク推進会議
・防府市高齢者虐待ネットワーク会議
・権利擁護センターぱあとなあ山口業務監査委員
(H27.4.1現在)

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 初回無料
【着手金】 無料
【その他費用(報酬等)】 ホームページをご参照ください。 →http://www.itamura-law3.com/220/
詳細な金額は案件ごとに変わる可能性がございます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
【お支払スケジュールについて】 さまざまなご事情を抱えていらっしゃるお客様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で費用やスケジュールのご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
【 リーズナブルな料金設定 】 法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※お客様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(6件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

刑事事件記録を元に人身傷害保険の差額請求を行った事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

・依頼者が青信号の交差点を進行中,信号のない側道から侵入してきた相手方と衝突。
・相手方が依頼者の赤信号侵入を主張し始めたため,やむを得ず,ご自身が加入する人保険会社の身傷害保険を利用して通院していた。

相談後

・弁護士が刑事記録を取得したところ,警察による綿密な操作が行われていたこと,相手方が最終的には事故の過失を認めていたことが判明。
・そこで,追加賠償請求を行い,35万円の賠償を追加で受けることができた(既に受領していた人身傷害保険金は控除)。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・交通事故の相手方は選べません。しかし,幸運なことに,本件では警察の綿密な操作が行われ,相手方の主張が虚偽であったことが判明していました。

交通事故の解決事例 2

交通事故で突然大切な母親を失ってしまった。被害者請求,人身傷害保険,労災保険を駆使して解決した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は,ある日突然母親を失い,悲しみの傷も癒えないまま相手方保険会社との交渉をされていました。
しかし,必要費用の仮払いも満足に受けられず,途方に暮れて当事務所に相談に来られました。

相談後

・弁護士が相手方保険会社に,書面で必要費用の仮払いを要求し,速やかに仮払いをしてもらいました。
・深夜に発生した交通事故で,事故態様に不明な点がありましたので,まず自賠責保険へ被害者請求を行いました。
・また母親の過失も認められる可能性がある事案でしたので,依頼者が加入していた人身傷害保険を利用して賠償金を受領しました。
・さらに通勤途中の事故でしたので,通勤労災として,労災の特別支給金も受領しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

依頼者からは,各種交渉はもちろん,全く頭になかった労災の特別支給金まで受領できたことに感謝されました。

交通事故の解決事例 3

青信号を横断中に轢かれたのに過失があると言われ困惑…交渉により,適正な賠償額を受けられた事例

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は,信号機のある交差点の横断歩道を青信号で横断中,赤信号で進入してきたトラックと衝突しました。
相手方は,最初,赤信号で進入したことをはっきりと認めておらず,相手方保険会社からは,依頼者にも過失があると主張され,大変困惑されていました。

相談後

弁護士が刑事記録を取り寄せたところ,目撃者の供述などから相手方の赤信号無視が明らかとなりました。
また,相手方保険会社は,通院慰謝料について理由なく減額要求をしてきましたので,訴訟提起の可能性も含めて交渉を進めたところ,当方の請求全額を認めたため,示談となりました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

完全な被害事案でしたが,相手方保険会社の対応は終始杜撰なものでした。
交通事故においてはこのような事案もあり,不明な点があれば専門家への相談をおすすめします。

交通事故の解決事例 4

専業主婦が,家事従事者として休業損害と逸失利益を獲得した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

・依頼者は,丁字路の横断歩道を自転車で横断中,後方から左折してきた自動車に衝突されてけがを負いました。
・依頼者は,後遺障害の等級認定結果(12級13号)及び相手方保険会社の提示内容が妥当なのかどうか判断ができず,相談に来られました。
・相手方保険会社の提示内容には,依頼者が専業主婦であったことから,休業損害や逸失利益は含まれていませんでした。

相談後

・後遺障害の等級認定結果については,相手方保険会社から画像等を取り寄せて第三者機関に意見照会を行い,異議申立の要否を検討しました。
・検討の結果,異議申立で等級認定結果が覆る可能性は低いと判断し,損害の点で相手方保険会社と増額交渉を行いました。
・依頼者は事故の数ヶ月前から実弟と同居するようになり,家事を担当されていましたので,家族構成を証明する資料を準備し,家事従事者としての休業損害と逸失利益を請求しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

当初,相手方保険会社は休業損害と逸失利益を認めませんでしたが,弁護士の主張立証の結果一部が認められ,相手方保険会社の提示額よりも約400万円増額となりました。

交通事故の解決事例 5

亡き子どものために何ができるのか。刑事事件への被害者参加や相手方保険会社との賠償交渉など,遺族に寄り添い支援をした事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は,ある日突然交通事故で娘を失い,心の整理もつかないまま,相手方保険会社との賠償交渉を行っていましたが,相手方本人の対応や保険会社の提示内容に納得ができずに相談に来られました。

相談後

・なぜこのような悲しい事故が子どもの身に起きてしまったのかを知りたい等の理由で,相手方本人の刑事事件に,被害者遺族とその代理人として参加して,最後まで見届けました。
・被害者請求を行って自賠責保険会社から保険金の支払いを受けた後,相手方保険会社と交渉して示談金を受領しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

依頼者は,単なる金銭賠償だけを重視するのではない「荷を分かち持つ」当事務所の方針を見られてご依頼いただきました。賠償交渉のプロとしての対応はもちろん,寄り添い共に歩んだ2年でした。

交通事故の解決事例 6

綿密な聞き取りにより兼業主婦の休業損害を認定させ,増額示談した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者は,追突事故に遭い痛みが残存している中で,相手方保険会社から低額の賠償額の提示をされたため,相談に来られました。

相談後

依頼者は兼業主婦(正社員として勤務しつつ夫子あり)であり,職場の休業は3日でした。もっとも,家事については相当支障が出ており別居する親族の助けを借りている状況でした。
そこで,具体的な休業損害(家事労働)を認めるよう交渉し,大幅に賠償額をアップさせることができました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

保険会社によっては正社員として稼動している兼業主婦の場合,家事労働を認めない場合もあります。適正な賠償のためには交通事故に精通した弁護士に依頼する必要があります。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回30分相談無料】【当日/夜間/土日応相談】
遺産相続に強い弁護士があなたの相続問題をトータルでサポート!
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所
弁護士法人いたむら法律事務所

キッズスペース付きの相談室があるので、お子様連れの相談も安心です!

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

※正式に仕事のご依頼をいただくまでは、基本的に相談料以外の費用は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

詳しい情報は相続・遺言専門サイトよりご覧いただけます。
http://www.itamura-law4.com/

≪メッセージ≫
親や兄弟等親族が亡くなったとき、遺産分割等について慣れないことから困惑してしまう方が多くいらっしゃいます。
また、様々な事情から、自分自身が死亡した後の相続争いを極力避けたいと考える方も多いと思います。

遺産相続争いを無くそうとする場合、遺言書を残しておくのが有効な解決法となります。
遺留分という制度もあり100%ご本人の希望が通るとは限りませんが、可能な限り希望をかなえる方法をアドバイスさせて頂きます。
相続問題は弁護士に依頼することで、正確かつ効率的に目的を実現することができます。
まずは、お気軽にご相談ください。

≪まずは無料で相談、診断≫
相続問題は早い段階で弁護士に相談することで、見通しが明るくなるケースが多くあります。
初回相談は30分無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

≪相続問題は複雑、多種多様です≫
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
相続問題の解決に向けて動く際には、お客様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため、私たちはお客様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪あなたに合った解決方法を見つけましょう≫
当事務所では、お客様のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください

-------------------
≪所属≫
・山口県弁護士会
・山口県社会福祉士会

≪役職≫
・平成27年山口県弁護士会副会長

≪主な公務≫
・山口県福祉サービス運営適正化委員会
・山口市高齢者虐待ネットワーク推進会議
・防府市高齢者虐待ネットワーク会議
・権利擁護センターぱあとなあ山口業務監査委員
(H27.4.1現在)

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【相談料】 初回30分無料
【その他費用(着手金、報酬等)】 ホームページをご参照ください。 →http://www.itamura-law4.com/210/
詳細な金額は案件ごとに変わる可能性がございます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
【お支払スケジュールについて】 さまざまなご事情を抱えていらっしゃるお客様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で費用やスケジュールのご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
【 リーズナブルな料金設定 】 法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※お客様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続人が分からず相続手続きが進まない、、、、 弁護士が相続人調査を行い,遺産分割協議を行った事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 80代以上 女性

相談前

被相続人は依頼者の亡夫で,2人の間には子がいませんでした。
依頼者の後見人(社会福祉士)が相続人調査を試みましたが,被相続人のきょうだい及びその代襲者が相続人となっていたため戸籍調査が行き詰まり,ご相談に来られました。

相談後

弁護士が相続人調査を行い,相続人との遺産分割協議を行いました。
依頼者は,被相続人の葬儀費用等を立て替えていたため,全員の同意を得て遺産から立替金を清算したうえで,遺産分割を行いました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・戸籍証明(戸籍謄本・戸籍抄本)を取得できるのは,当該戸籍に記載されている本人以外では、配偶者,直系尊属(親・祖父母),直系卑属(子・孫・ひ孫)だけになり,基本的には兄弟・姉妹の戸籍謄本は取得できません。相続人調査も弁護士にお任せください。
・この様な事案がありますので,ご夫婦のみでお子様がいらっしゃらない場合は遺言書を強くお勧めしています。

遺産相続の解決事例 2

相続人が非協力的で相続手続きが進まない…調停に代わる審判で遺産分割をした事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 70代 女性

相談前

依頼者は,相手方が相続手続きに非協力的であるため,預貯金等については法定相続分での相続手続きを終えましたが,その他の不動産,有価証券等について手続きができないため,相談に来られました。

相談後

相手方と書面での交渉を試みましたが,反応がないため,家庭裁判所に遺産分割調停申立を行いました。しかし,相手方からは答弁書が出たものの,その後は欠席し,反応がありませんでした。最終的には調停に代わる審判となり,審判が確定しました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・相手方が調停に非協力的であったため,相続人や遺産等は全て当方で調査・立証しました。その上で,当方で法定相続分で計算した分割案(当方が代償金を支払う内容)を提示しました。
・最終的には,当方の分割案に近い内容で調停に代わる審判が出ました(代償金は供託しました)。本件のように非協力的な相続人がいる場合,調停の段階から審判による解決を見据えた主張・立証活動が必要になります。

遺産相続の解決事例 3

遺産分割協議は遺産が分かってから。遺産分割協議の無効を主張して和解した事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 30代 女性

相談前

・依頼者は,被相続人が死亡して間もなく,遺産総額を知らされないまま,遺産分割協議書にサインし,遺産総額の6%程度の金銭を受領しました。
・不審に思った依頼者が,被相続人の調査をしたところ遺産総額がなんと約3000万円あったことが判明しました。

相談後

・相手方に受任通知書を送付し,改めて遺産分割協議を行いたい旨の連絡をしましたが,相手方がこれに応じなかったため,遺産分割協議無効に関する調停を提起しました。
・調停では遺産総額が不明なまま行われた分割協議は無効であることを前提に解決金として800万円を受領する内容での勝訴的調停成立となりました。

板村 憲作弁護士からのコメント

板村 憲作弁護士

・書面でなされた遺産分割協議の無効は非常に珍しい事例です。
・もっとも,本件のように受領額が遺産総額とかけ離れている場合には無効を認める裁判例もあり,適切な解決となりました。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人いたむら法律事務所
所在地
〒747-0809
山口県 防府市寿町2-11 吉幸Ⅱビル3階
最寄り駅
山陽本線防府駅から徒歩10分
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

中国

  • 山口
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続

電話で問い合わせ
050-5828-3084

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人いたむら法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5828-3084

※弁護士法人いたむら法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談